2020年1月 1日

--/-- ご案内

トップページはこちらです →「Domuya Portal

2015年10月17日

10/17 【読】 「その返事、ネイティヴはイラッとします(デイビッド・セイン、朝日新書)」

「その返事、ネイティヴはイラッとします(デイビッド・セイン、朝日新書)」

おなじみデイビッド・セイン氏による英会話小ネタシリーズの一冊。英会話の際に日本人がおかしがちなマナー違反、ネイティブが「イラッ」としがちな答え方についてビジネスシーンを例に解説する。2013年1月刊。

本書は全6章から構成される。ビジネスシーンにありがちな「挨拶」「電話の受け答え」「オフィスでの依頼」「休憩時間」「商談」「クレーム対応」のそれぞれについてYES・NOで返答する際にどのような返答ならば相手に好印象を与えられるかをオススメのもんからNGまで段階的に紹介している。たとえば"How are you doing?"と聞かれたとき、"Couldn't be better!"と答えるのがオススメ、上司にも同僚にも好印象が与えられる。逆に"I'm Okay"はあまり積極的な意志が伝えられず、「まあまあかな」程度の意味になるのだという。文法的には正しくとも、ネイティブへと伝わる微妙なニュアンスは実際に英語圏内で英語を体得してきた人間でなければなかなか身につかないだろう。

本書には様々なシーンで好印象を与える返答例が示されているが、特に汎用的に使えるのは"Sure!", "Of course!", "Not at all", "No problem"あたりだろうか。特に"No problem"は我々日本語話者からすると実務的というかそっけなく聞こえるのだが、ネイティブにはこれが好ましく聞こえるというのだから意外だ。これまでの氏の著作と同様、本書も格別理論や体系が示されるわけではなく、いわゆる「小ネタ」程度の話題で1冊ができあがっている。まずは気軽に読んでネイティブの雰囲気を感じ取りたい。

10/17 【聴】 Eels and Peanuts / Soggy Cheerios, P-Vine(PCD-18799)

IMAGE
World Standardの鈴木惣一郎とカーネーションの直枝政広によるギター・ポップ・ユニット、Soggy Cheeriosの2ndアルバム。「あたらしいともだち」ほか爽やかなヴォーカルとアコースティックなサウンドが心地よい全14曲。

前作"1959"で既にしっかりとした世界観を提示したSoggy Cheerios。本作においてもその安定感は変わらない。ポエトリー・リーディングを意識した歌唱法、アコースティック/ロックな楽曲、枯淡な日本語詩などは渚十吾、はっぴいえんどを思わせて、彼らのファンならばおもわずニヤリとしてしまうだろう。「感謝」だの「抱きしめて」だの、通り一遍の、うわっつらだけの精神論を語るしかない逼塞しきった現在の日本語ポップス・シーンからすれば斬新と見えるかもしれないが、実際にはかなり後戻りしている。後戻りして、そこから現在の日本語ポップスとは違うルートで未来を指向する。Soggy Cheeriosにそんな意気込みを感じるのは亭主だけだろうか。

個人的には大好きなサウンド、はっぴいえんどから分岐・正常進化した、もう一つの世界の日本語ポップス。 

10/17 【聴】 Cyber Commando -Shinji Hosoe Works Volume 5- / Shinji Hosoe, Supersweep(SRIN-1124-1,2)

IMAGE
元Namco Sound TeamでDragon Spilit, Ridge Racerシリーズなど多数のゲーム音楽を手がけたほか、インディーズ・レーベルTroubador RecordsではSampling Masters, Oriental Magnetic Yellow(OMY), まにきゅあ団などで活躍。現在はSuper Sweep代表取締役である細江慎治氏のNamco時代のお仕事をまとめたもの。第5弾となる本作では、Cyber Commando, Cyber Sled, Star Bladeの3タイトルを収録。2枚組でDisc 1には前の2タイトル、Disc 2には後の1タイトルが収録されている。

Cyber CommandoとCyber Sledは、多脚戦車を2本のレバーを操作しつつ、バトルフィールド内の他の戦車を殲滅させる対戦型戦車ゲーム。ちょっと見にはカニのような、またフチコマのような戦車が重厚なテクノサウンドとともにサイバー空間上を駆けめぐる。Cyber SledはすでにNamco Game Sound ExpressシリーズとしてCD化されているので、聞いた人も多いかもしれない。骨太なシンセ・ベースとマッドなメロディラインは相変わらずのめがてんサウンド。ただし亭主はこれらのゲームを数度しかプレイしたことがないためまだまだサウンドとゲームのイメージが十分に対応していないのが残念。

一方Star BladeはNamcoを代表するゲームの一つになっているスペースシューティングの傑作。プレイヤーはコックピット型の筐体に乗り込み、太陽系外から侵略する巨大な機械化惑星"Red Eye"を破壊すべく、戦闘機"Geosword"を駆って大宇宙に乗り出す。ハードのメモリ容量の限界から戦闘中は一切BGMが流れず、最後の敵との一騎打ちからBGMが挿入されるという展開は、真空の宇宙空間・ストイックな宇宙戦争という舞台を盛り上げるに一役買っている。なお、本アルバムにはゲーム中の音楽のほか、ゲーム中の映像をビデオ化した「スターブレード」で使用されているキャラクター紹介のBGM、アレンジバージョン、モバイル版Star BladeのBGMなども収録。Star BladeもまたGame Sound Expressシリーズとして以前にCD化されていたが、アルバム未収録の音源も多数含まれていることから改めて購入する意義は十分にあるだろう。Star WarsやStar Trekなど広大なスペース・オペラを好む人には大満足のサウンド。

なお2枚のアルバムともにゲーム中の効果音、音声が収録されている。音楽ではないので不要な人はiPod, iPhoneなどに取り込む際にあえて楽曲リストからはずしてもよいだろう。

2015年10月16日

10/16 【時事】 News Clips 10/10-10/16

2015年10月13日

10/13 【聴】 Lost and Found / Buena Vista Social Club, World Circuit(WCD090)

IMAGE

アメリカのギター奏者Ry Cooderと、キューバのミュージシャンらで結成されたアフロ・キューバン/サルサバンド、Buena Vista Social Clubの通算3枚目となるアルバム。2015年3月リリース。全14曲。

1997年の1stアルバムの大ヒットで国内にアフロ・キューバン流行のきっかけをつくり、同名の映画でソシアル・ダンス流行にも一役買った、Buena Vista Social Club。2008年のライブ・アルバムにつづく3枚目のアルバムが本作となる。3枚目のアルバムはこれまでのアルバムに未収録の作品をあつめたアウトテイク集。歓声に包まれたライブの様子あり、スタジオ・セッションの様子あり、ただし全体としては非常に統一感のある作品に仕上がっている。ラテン音楽でも特に楽しいサルサのリズムと屈託の無い歌声が聴き手をハッピーな気分とさせる。こういうアルバムがもっともっとヒットすればよいのにと、つくづく思う。

ところで、本アルバムに参加したキューバのミュージシャンら、全体的に高齢化が進んでいて、23人のバンドメンバーのうち実に8名が2015年までに亡くなっている。バンドのスピリットは以降も受け継がれていくのだろうか。それともこの3枚で終わりとなるのだろうか。

10/13 Kingjim デジタルメモ Pomera専用ソフトケースセット ブラック DM100Aクロ

以前からテキスト入力用のデバイスについていろいろと検討を重ね、2009年10月にはSharpのNetwalker PC-Z1を、またiPhone購入後の2013年6月にはBuffaloのBluetoothキーボードを購入するなど工夫してきた亭主、つい魔が指してKingjimのPomeraを購入してしまった。

以前に、テキスト入力には物理キーボードのあるNetwalkerが便利だ、などというエントリを上げたものの、そのキーボードの小ささ、キー押下の不確実さには慢性的な不満があり、Netwalkerの代替としてのTablet-PC、あるいはiPad mini4, iPad Air2などを物色していた。ところがふと思い立ってAmazonでPomera DM100を検索したところ、エラいものを見つけてしまったのだ。

ソフトケースとのセット
で、定価42,098円(本体価格38,880円)のところ、57%-Offの18,144円。

単品購入すると27,216円。

なぜかソフトケースとセット購入するほうが、8,000円も安い。オプションがあったほうが安い、というのは物質と反物質が対消滅する理屈だろうか。現代素粒子物理学恐るべしの負の金額が、Amazonの世界ではまかり通っているらしい。物理学の法則が乱れたせいか、亭主の思考能力も乱れた。画面上をマウスカーソルが慣性を無視して音も無くすべり、そのまま注文を確定させてしまった。おそろしい話があったものである。

詳細はPomeraのホームページをご覧いただきたいが、

キーボード:JIS配列でキーピッチ17.0mm
ディスプレイ:5.7インチ TFTモノクロLCD(800×600ドット、バックライト搭載)
電源:単3形アルカリ乾電池×2本(約30時間)
寸法:W263×D118.5×H24.6mm
質量:約399g(乾電池含まず)

本体メモリは128MBで、SDカードは最大容量2GB、SDHCカードは最大容量32GBまで使えるという。フタを開くと即座に起動、入力できるのが良い。キーピッチも充分に間隔があるので、余裕を持ってテキスト入力できそうである。ここ数週間ほど出張がないため、なかなかテキスト入力の機会がないが、時間を見つけてブログ記事などを執筆してみるつもりである。残念ながらDM100自体には3G通信機能も、Wi-Fi機能もなく執筆―即投稿というわけにはいかない。東芝のFlash-Air(SDHCカード)があればWi-Fi経由でEvernoteに投稿できるというので、追って試してみる予定。

それにしてもDM100、2011年の製品だそうだが、家電量販店にはまだまだ現行製品として置かれるなど息の長い製品となっている。ぜひブログ記事やレビュー記事の執筆、アイデアメモなどに活用していきたい。

2015年10月12日

10/12 日々雑感

ネットのお友達が、TwitterとFacebookを止めたと、風の噂に聞こえてきた。

二日前に「Twitterやめます」とツイートしたきり、Twitterにも、Facebookにも反応がないという。

周囲では結構な騒ぎになっているようで、これをきっかけに自分もTwitterやFacebookを止めると、言い始める人も出ているようである。そのお友達がTwitterやFacebookを止めた理由は特に聞いていないし、その影響がどう広がっているかにも興味がない亭主にとっては、まあ、いろいろあったのだろうなとコメントするしかない。

亭主もTwitterを随分前に止め、Facebookからも先日コンテンツを引き上げている。状況としてはそのお友達と同じともいえるが、だからといってそのお友達と、亭主が同じ考えで同じ行動に至ったという保障もない。ただ、TwitterにせよFacebookにせよ、それからネットの掲示板にせよ、止めたくなったら止めればいいし、続けたい、始めたいのならば続ければいいし、始めればよいのだ。そこに何の制約があろう?

これらのサービスを止めるにあたって人間関係の悪化を気にする人がいるが、亭主の周囲はわりとドライで、サービスを止めたが最後没交渉になることはざらである。ネットの向こうの人物が、こちらにとって特別な誰かであったとしても、相手にとっては大勢の中の一人にすぎないことを理解すべきだろう。引き止めないのは、こちらの意思を尊重してくれているからなのだと、勝手に理解しても差し支えは無い。

TwitterやFacebookがなくとも、空の向こうで元気でやっていると思えればそれで充分ではないか。

2015年10月11日

10/11 【聴】 メインシステムからの謎のリレー音

公私共に忙しく、オーディオを楽しむ時間も徐々に少なくなっている。

いや、音楽自体は結構聴いているのだが、大音量で音楽を浴びる、いわゆる「オーディオ的」な聴き方が出来ずにいる。最近は深夜にひっそりと、アルバムを1~2枚楽しむことが多い。近所に、脳神経外科の病院長の家があって、犬の散歩中にちょくちょくこの家の脇を通ると、なにやら大音量でジャズやらクラシックを演奏している。どんなシステムを使っているのだろうか、低音が恐ろしいほど出る。犬は低音にビビッているが、いつかお知り合いになってシステムを拝見したいところだ。

ところで、深夜にアルバムをしんみり聴いていると、ちょっとした物音が妙に気になるものらしい。この日もPCをいじりつつ以前に買ったDaft Punkのアルバムを聴きなおしていたのだが、PCを操作するたびにメインシステムのどこかで、リレーが切り替わる音がすることに気がついた。PCからの音楽信号は、USB~HiFace Evo (DDC)~Rotel RDD-06 (DAC)経由でメインのプリアンプに繋がっている。しかし再生しているのはCDであり、PCから音を出しているわけではない。

当初はRotel RDD-06が壊れたのだろうかと思ったが、ふと思い立ってHiFace EvoからRDD-06へと信号を送っている2本のデジタルケーブルのうち1本を外してみた。HiFace EvoからRDD-06へは、オプティカルとコアキシャル2本のケーブルが繋がっていて、RDD-06側でオプティカルとコアキシャル、どちらか一方を選択できるようになっていたのだ。オプティカルを外してみたところ、アラ不思議リレー音は聞こえなくなった。どうやらRDD-06内部になにやら信号が入り込み、リレーが切り替わっていたらしい。

普通はオプティカルとコアキシャル、2本を並列につなぐようなことはしないから想定外の使い方と言えるが、こういう不測の事態に機器がどう動作するかを(ユーザとして)把握していて損はないだろう。いや、把握すべきはPC側の動作、オーディオと無理やり接続している側の動作だろうか。

このところいろいろあって睡眠時間が平均でも4時間程度、昼間はかなり調子が悪いし風邪も引いているので、あまり不安の種を夜寝るときまでひっぱりたくない。今回はとりあえずケーブル1本引っこ抜くことで対策できたのでよしとしよう。

2015年10月 9日

10/09 【時事】 News Clip 2015/10/03-10/09

from Natalie

野宮真貴アルバムに豪華ゲスト、小西康陽もバカラック訳詞で参加

細野晴臣、沖田修一映画の主題歌に新曲「MOHICAN」

BOOM BOOM SATELLITES活休前ラスト公演中止「闘い抜いて戻って来る」

Perfume、武道館で「彼氏募集中」披露!すごろくコーナーにファン歓喜

Perfume、地元広島で10DAYS完走「ほんまにもう幸せ」

テーマは男前!電気グルーヴ映画キービジュアルで卓球&瀧がシリアス顔

Perfume武道館&広島ライブ、終了翌週にWOWOWで2時間オンエア

「WIRED CLASH」で石野卓球×KEN ISHIIがB2Bセット披露

rei harakamiのオリジナルアルバム&企画盤8作品が再発

タワレコPerfume展、後編は3人と一緒に「見といた方がえぇおもうよ?」



from CD-Journal

谷本早也歌、『まほうのおんがく』リリース・パーティを渋谷・2.5Dにて開催

ダブステップ・オリジネイターDigital Mystikz(MALA + COKI)が〈DBS〉19周年に登場



from CINRA.net

松田龍平の「モヒカン」を細野晴臣が歌う、沖田修一映画の主題歌

Phewの20年ぶりオリジナルアルバムは『ニューワールド』

坂本龍一を追うドキュメンタリー番組『坂本龍一の700日』

HALFBYの4年ぶり新アルバムにビーサン、cero橋本ら参加

Perfumeの歴史を生放送で振り返る『MJ』特番、MCはハリセンボン

『WIRED CLASH』にKEN ISHII、CITIZENNら追加、全14組出揃う

rei harakamiの8作品がリイシュー、『暗やみの色』『Unrest』も



最近のコメント

アイテム

  • 20151011mainsystem.jpg
  • 20150930kiwami.jpg
  • 20150929booksbest10.jpg
  • 20150912wanari.jpg
  • 20150909houkaramen.jpg
  • 20150904domuya.jpg
  • 20150821aloha02.jpg
  • 20150821aloha01.jpg
  • 20150707shurem44g.jpg
  • 20150616koumen.jpg

月別 アーカイブ