2005年2月アーカイブ

2005年2月27日

次週予告

「ええ~!中央アルプス市~!?」

えらいことだ。亭主の実家のある長野県某所も、市町村合併で名前を変えようという動きがあるらしい。

夏は登山客、冬はスキー客でにぎわう北アルプス、急峻な山々と天然水が有名な南アルプスときて、いまいちマイナーでぱっとしない中央アルプスを市名に持ってくるあたりに、合併委員会の混乱振りが見て取れる。山梨県に南アルプス市があるのに中央アルプス市というのはいかがなものか。そういえばネットの掲示板でも「中央アルプス市反対」の意見が多いが、地元の人の書き込みがイマイチ活発でないのが不安要素でもある。

本日、「中央アルプス市」か否かを決める住民投票の日だったとのこと。・・・いったいどうなるんでしょうねぇ・・・茨城県民が心配しても詮無い話ではありますけど。

次週四季旬菜どむや

「亭主危機一髪・中央アルプス市ってなんやねん!と突っ込みを入れようにも、完全に旬を逃してしまった現茨城県民の怒りのやりばを探せ!」

ご期待ください。

2005年2月26日

クロの超能力

実家には猫が2匹いるのですが、父親によれば最近もう一匹、「クロ(♂)」という猫が居つき始めたようなのです。真っ黒な毛並みで、近所ではボス的存在。そういえば亭主も実家にいるときに、黒い尻尾をピンと立てて悠然と庭を歩くのを何回か目撃しています。このごろは母親からエサをもらうようになって、ますますふてぶてしくなったクロに「こりゃいかん」と思った父親が、車に乗せて2キロほど離れた(iタウンという)ショッピングセンターに捨ててきたのだそうですが・・・

1時間ほどで戻ってきたそうです(汗)

車中ではカゴに入っていたので途中はわからないでしょうし、実家はショッピングセンターのある国道からずっと離れているので、景色を見ながら戻ってきたとか、偶然辿り着いたなんてことはありえません。猫の嗅覚がどれほどかはわかりませんが、国道を走る車の匂いをトレースするほど正確なのかどうか不明です。

とすれば、どうやって帰ってきたのか?

一般に言われている「帰巣本能」とやらの威力を、電話越しにまざまざと実感してしまったどむや亭主でありました。

車検に行ってきました

18万というベラボーな見積もりに、冷や汗たらたらな亭主でしたが、実際はそれ以下でした。
やはりというかあたりまえというか、購入3年目でヤレるようなヘタレな部品はありませんでした。偉いぞボクのV35(^_^)

一応内訳を書きますと(TABLE形式はあきらめました)

税金・手続き料金(必須):

自賠責保険 \28780
重量税 \37800
印紙代 \1100
代行手数料 \8000
リサイクル料金 \13830
諸費用消費税 \400
--------------------
小計 \90910

ディーラーでの整備料金:

整備料金 \18800
公害防止装置の洗浄 \3000
下回り洗浄 \6000
サビ止め塗装 \3000
ブレーキフルードオイル交換 \2520
A/Tフルードオイル交換 \2800
エンジンオイル交換 \1500
クーラント注入 \1400
完成検査料 \9800
技術料割引 -\4732
--------------------
技術料計 \44088

ディーラーでの部品料金:

塗装剤 \1600
ブレーキフルードオイル \1740
A/Tフルードオイル \6856
エアエレメント \2500
クーラント \2400
部品料割引 -\1509
--------------------
部品代計 \13587

以上合計 \151469でした。

ツワモノは「整備は自分でやるからいいです」と整備料金、部品料金をセービングするんでしょうけど、オイルにせよエレメントにせよ取替え時期だったのでまあいいかと。

さて車を引き取って帰ろうとすると、営業さん(もう長い付き合いになります)が「車検のシールはりますから」とやってきまして。なにやらビックリマンシールよりも小さいシールを貼り付けてくれました。ちょっと曲がっているのが不満ですが・・・まあいいや。

2005年2月21日

最近の悩み(3)

昨日の「最近の悩み(2)」で千の人が寄せてくれたコメントが,亭主の心を動揺させている.

>私のほしいものは生きる為に必要な夢です。

亭主がこれまでblogに書くことを避けてきたそれを,千の人は直球勝負で書き込んでくれた.
そうなのだ.

では果たして亭主にとっての夢とはなんなのだろうか?

--

(行間)

--

亭主が本当に欲しい物は,CDやオーディオ、デジタルガジェットやパソコンではない。もちろん帽子やカバン,メガネでもない.言うに及ばずNINTENDO DSや謎の村雨城でもない(苦笑).昨晩,「本当に欲しいもの=夢」が何かを書こうとしたのだけれど,それをblogに書く勇気のない亭主は,結局全部消してしまった.

とりあえず,消したあとを(行間)として残しておきます.

「(行間)や キワモノどむが 夢のあと」(どむや亭主)

最近の悩み(2)

亭主が欲しいものは、CDやオーディオ、デジタルガジェットやパソコンだけではない。

いや、CDは亭主にとっては水のようなもの、生活必需品なので、欲しいとか、買えないという感覚はない。オタクさんは食費や衣料代を削ってアニメとかゲームとかに投資するそうだが、亭主もわりとそれに近い。
オーディオに関しては、欲しいとか欲しくないという感覚よりも「目標」に近い。いつかあの機器を手に入れるぞ、と常に憧れ、想いつづけるものだ。
デジタルガジェットに関してはもう以前に書いたので省略して。
パソコンに関しては最近はもうすっかり憑き物が落ちて、いまはただひたすらOSの安定性と、ハードディスクの健全性を願うのみ。


もう一度言うが、亭主が欲しいものは、CDやオーディオ、デジタルガジェットやパソコンだけではないのだ。

欲しいものの一つに「帽子」がある。唐沢俊一氏の愛用するタイプか、映画の金田一耕助がかぶっているようなデザインが好みだ。目深に帽子をかぶり、庇の奥から冷徹に全てを見据えていたい。眼鏡ッ子でサングラスをかけられない亭主にとって、帽子は自らを外界から遮蔽するアイテムの一つなのだ。

二つめは「カバン」。これは単に、通勤が自転車から電車に変わるので、これまでの背負いカバンではなく通勤カバンが欲しいというだけのこと。アタッシュケースでもいいし、皮の通勤カバンでもいい。ただし、出張用ではないのであまり大きなものは必要ない。パソコンも入らなくて良い。トートバッグやマジソンバッグはエンリョしたい。高くて良いもの、安くてイマイチなものはたくさんあるけれど、値ごろで良いものはなかなかない。

そして三つめは「メガネ」。会社に入ってからは「黒ぶち」→「ジョン・レノン型丸眼鏡」→「横長メガネ」と遍歴した亭主だが、最近は道行く人がこぞって横長メガネをかけているので、そろそろ違うデザインにしたいと思っているのだ。ただし今のところ、どんなメガネにするかは全く決まっていない。

ついでに、NINTENDO DSとGameboy Advance用「謎の村雨城」も欲しい。全然関係ないけど。

次週予告

「ええ~!18万~!?」

3年目の車検の見積もりが18万と聞き、目玉が飛び出そうになったどむや亭主。税金と諸手続きで9万円かかるのは分かるけど、その他部品でさらに9万ははっきりいって想像を絶する(ATオイル、オイル+エレメント交換、タイミングベルト交換、下回り清掃+サビ止めなどなど)。ちなみにこの9万にはブレーキパッドの交換料金(前後で2万5千)は入ってない。日ごろからお世話になっているディーラーとはいえ、知らないところで裏ドラを乗せられまくっているどむや亭主の運命やいかに!

次週四季旬菜どむや

「亭主危機一髪・ディーラー車検でハコわれ確定・足元みられた鴨ネギサラリーマンに引導を渡せ!」

ご期待ください。

2005年2月19日

V603SHを買ってきました(3)

・・・とまあ、グチばっかりになってしまいましたが、基本的にはV601SHの延長線上にある機種なので、J-SH5xシリーズ、あるいはV60xSHシリーズで扱いを心得た人ならば、わりとすんなり使える携帯なのではないでしょうか。ただし、機能が豊富な分だけメニュー階層が異様に広くて深いので、シンプルに使いたい人はメニュー画面をみただけでうんざりするかもしれません。

高度化・高機能化する携帯電話の一到達点として個人的には評価。

ただ、ここまで機能が豊富になると、KOTOやTalby、Infobarなどのあっさりラーメン^H^H^H^Hケータイの良さもかえって魅力に映りますね。

V603SHを買ってきました(2)

30分ほどで機種変更を終えたので、一福で刀削麺を食べながら使ってみました。
V601SHからV603SHへ乗り換えての感想。

(1) 四角いです
 以前も、このシリーズは充分に四角いと思っていたのですが、今回はさらに輪をかけて四角いです。携帯電話の「小型化」「デザイン性」という二つのトレンドにあって、この四角さはいかがなものか。たとえば十字キーを使う際に、これまでならば自然に押せていた上キーが、今回はちょっと押しにくいんですね。なぜかといえば、携帯の下の角がマルではなくシカクになって、親指の付け根が角にあたるから・・・手の小さい人だともっと使いづらいかもしれません。

(2) 背面ディスプレイがなくなりました
 以前は、背面ディスプレイを着信メールの内容確認や時計に使っていたのですが、今回からは背面ディスプレイが廃止されてしまいました。時計を持たない亭主にとしてはちょっと不便。画面を外側に向けることも可能ですけれど、液晶画面が外に露出すると壊れそうで怖いです。

(3) 側面にボタンが多いです
 以前はデジカメのシャッターボタンがあったんですが、今回は側面に(M)キー、(C)キー、上下キー、無名キーと5つが並んでいます。どれが何の機能か、自分で設定しないと分からない上に、使っているときにうっかり押してしまうことが多いです(機能が割り当ててなければなにもおきませんが)

(4) Vアプリが高速です
 個人的にやりこんでいる麻雀ゲーム、他家の思考時間が極端に短くなりました。CPUの性能がかなり向上したらしいです。

(5) シャッター音が異様に大きいです
 スピーカがこちらを向いているからなのかもしれませんが、デジタルカメラを使ったときのシャッター音が不自然に大きいです。他の音はそれなりに小さく出来るようですが、盗撮防止のためシャッター音は消すことが出来ません。ラーメン撮ってるときに響くこと響くこと。
 デジカメの画質は、追ってラーメン画像で確認できると思います。

(6) TV、ラジオ機能は(茨城県北部では)使えません
 都内で使うからいいんです(´д`)

(7) SDカードのデータ管理機能は最強に便利です
 従来のJ-SH5x、V60xSHユーザならば、アドレス、着メロ、メール内容、Javaアプリからデジカメデータに至るまであらゆる設定をSDカード経由で転送できます。お店で電話番号を設定すれば、メモリアドレスなどは全部自分で転送可能。亭主がSharp製を使う理由の一番は、実はこれかもしれません。
 なお、SDカードの差込口が埋め込み式になったせいで、取出しが不便になりました。以前はメカ的な機構で、角にツメをかければ簡単に開けられたのですが・・・。

(8) 操作に冗長性がなくなりました
 機能が増えたせいでしょうか。以前は、いろんなルートで到達できたデータフォルダが、今回はメインメニューからしか到達できなくなりました。ショートカットキーを設定するしかないのかな。

V603SHを買ってきました(1)

雨がそぼ降る市街をボトボトと走っていたら、目に飛び込んできたVodafoneの赤い看板。

そういえば昨日はV603SHの発売日でした。

人気機種だけに予約で一杯、機種交換は無理だろうと思ったのだけれど、ダメモトで店内へ。
入口に「機種交換はご予約分しかありません」という貼り紙があって、ああやっぱりねと思っていたら店員サンがやってきて「ご新規ですか?」「機種交換なんですけど」「どんな機種かお決まりですか?」「V603SHなんですけど」「何色がご希望ですか?」「シルバーかな」店員サンはさっと引っ込み中から箱を持ってきて「これでよろしいですか?」

・・・貼り紙はなに?(´д`;)

いやに竹を割ったような性格の店員サンで、しっかりした目ハナ立ちにぴったりの話し方。

「テレビ機能は一時間しか持ちませんがよろしいですか?」
「着うたはパケット代がすごくかかりますが料金パックは今のままでよろしいですか?」
「カメラを本体側に内蔵したので、アンテナ感度が落ちてますがよろしいですか?」

・・・いわゆるプッシュ型の性格ですか?(´д`;)

V602SHでは、「着うたをいろいろダウンロードしたら2万円も請求された」やら「となりの東芝製が3本立っているのに、シャープ製は圏外だ」やらと多くのクレームが寄せられたそうで、あらかじめ説明しているのだとか。・・・とはいえ、

「テレビ機能」→この辺はUHF受信の地域です
「FM機能」→地元に民放FM局がありません
「着うた」→知ってる着うたがないとです

と、なんだかヒロシみたいなネタで応対するのも切ないので、「・・・いろいろ大変ですね」とだけ答えたら、しっかりした目ハナ立ちがちょっと緩んで、魅力的な苦笑顔が見られました(笑)

そういえば、どうやら今回のV603SH、V602やV601と違って在庫がわりと潤沢らしいです。「予約は6件あったんですけど、各色25台も入荷しちゃって」とは店員サンの言。以前から品不足が予想されていたこのシリーズ、どうやら今回はかなり気合を入れて作ったようです。数を。

以下続く。

2005年2月18日

最近の悩み

 最近物欲をほとばしらせていないなぁと思っていたら,亭主の気になるデジタルガジェットが立て続けに2アイテムも出てしまい,正直目のやり場に困るといった状態.

 一つはVodafoneのV603SH.
 Vodafoneの推し進める3G携帯の流れに逆らい,Sharpが満を持して発売する従来周波数帯のハイエンド機だ.亭主のラーメン画像でも大活躍しているオートフォーカス付きデジカメの機能に加えて,新たにアナログテレビとFMチューナが内蔵となり,現行機よりもさらに暇つぶし機能が強化されている.

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/22691.html

 もう一つはCanonのIXY-Digital 600.600なのに700万画素と控えめな型式がニクイ.
 亭主は初代の頃からIXY-Digitalを愛用していて,初代IXY-Digital, 300, 400と3台を購入している.IXY-Digital, 300は既に処分してしまって手元にないのだが,その時期その時期で画質を比較して,色合い,フォーカス,使い勝手のそれぞれで確実な進化がなされているのを確認している.

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2005/02/18/994.html

 亭主の買い物のポリシーに,「後継機種はいっこ飛ばし」というのがある.携帯ならばV601SH -> V603SH,デジカメならばIXY-Digital 400 -> 600という具合に,型式を一つ挟んで買うと,機能の大幅向上が実感できて満足度がアップする.また,名機と呼ばれる機種の次は大抵不人気機種なので,上手に選べば名機を連続して選ぶことができる(ヘタに選ぶと,不人気機種を連続して選んでしまうので注意が必要).

 そういえば,デジカメも携帯電話も,亭主は同じメーカの機種ばかりを使っている.こだわりなのか保守的なのかはよく分からないけれど,とりあえずハズレ機種にはあたっていないらしい.

2005年2月13日

次週予告

「ええ~!自動車リサイクル税~!?」

1月から、車所有者は一律に支払うことになったという自動車リサイクル税。車を廃車にする際にエアコンやエアバッグなどの処分に使用されるのだそうだ。税金は、自動車購入時に所有者が払うのだが、その車を廃車にする以外で手放す場合(次のオーナーがいる場合)には税金が還付されるシステムなのだという。ただし大抵は次の車を買うときの値引の中に入ってしまうので、還付されているという感じもなく、うやむやになりそうだとは自動車屋をやっているうちの弟の言葉。

そして、1月以前の車所有者は、車検の際にこのリサイクル税を支払う必要があるのだという。

亭主の車は今年3年目、つまり車検の時期を迎えている。自賠責や法定点検のほかにもブレーキパッドの交換やタイヤ交換を予定しており、予想よりもずっと支払額が多くなりそうな様子。おりしもアパートの契約更新の時期と重なり、予想以上のダメージを受けそうなどむや亭主の運命やいかに!

次回四季旬菜どむや

「亭主危機一髪・ディーラー車検は誘惑がいっぱい・もしかしてETCって今が付けどき?なんてなにがなんだかよくわからなくなっちゃってる物欲サラリーマンの財布を締めろ!」

ご期待ください。

ここんとこ連続して

マンガ喫茶に行っていまして、千姐さんにオススメされた「サライ」とか、読んでなかった「神風」の4巻から7巻だとかを読んでます。周りを見るといかにも暇をもてあましてるオジサンが「実験人形ダミー・オスカー」なんか読んでたりして、まあ誰が何読もうと勝手なんですけどね。

亭主が連続して通ってるBe Dreamという店は全国チェーン店なんですが、近所ではマンガ喫茶の草分け、インターネットだのゲーム機だのが置いてない、昔気質なマンガ喫茶だったりするわけです。で、このところはここのカレーに注目していて、味の確認を含めて通っているんですが、

・・・毎回食べるのは同じメニュー、チキンキーマのピラフだったりするんですね。

他のメニューにあまり興味が持てないというか、あらゆる損得勘定を含めて全力で選ぶとどうもこれがベストチョイスになってしまうようです。読む本も、鋼の錬金術師だとかHunter×Hunterだとか天上天下だとかバキだとか・・・まあそういう系統ばっかりで、例えば「実験人形ダミー・オスカー」なんてのは目の前に積まれていても、あるいは店員さんに頼まれたって読む気にならない。無意識に、読む本と読まない本、食べるものと食べないものを選別しているようなんですね。

以前に亭主が受けた研修では、こういう無意識の選別を、「こころの利き手」とかなんとかと呼んでいました。要するに人間は自分の慣れてる事、得意な事、好きな事には自然と意識が向くけれど、逆にはなかなか向きにくいらしいんですね。自然に意識が向いてしまうのは悪いことではなくて、自分の「こころの利き手」がどっちにあるか良く理解することが大事だと教わりまして、なるほどそのとおりだなと、改めて納得してしまったわけです。

今回、千姐さんに勧められた柴田昌弘の「サライ」も、おそらく勧められなければ全く読まなかっただろうコミックのヒトツだったわけですが、読んでみると(というよりも、作者の波長に亭主の波長がだんだんシンクロし始めると)なかなか面白くて、なるほど千姐さんが勧めるのも頷けるなぁと、思ったりするわけです。

今はまだまだ「実験人形ダミー・オスカー」の境地には至ってませんけど、自分の興味のない分野、不得意な分野にも少しづつ挑戦していきたいなと思う今日この頃です。

2005年2月 6日

次週予告

「ええ~!3連休!?」

LFさんからの荷物の到着と、降って湧いた連休に心ここにあらずといったご様子のどむや亭主。ところが背後には幾多の会議と、期末に先行した締め切りの罠が待ち受けていた。おりしもインフルエンザが大流行の兆し、そういえばメシ喰ったあたりから喉に違和感を感じ始めたどむや亭主の運命やいかに!

次週四季旬菜どむや

「亭主危機一髪・この冬五度目の風邪がトドメになっちゃいそうな物欲サラリーマンの私生活を暴け!」

ご期待ください。

2005年2月 5日

地図に迷った

そういえば今日、ネタ捜しに県央/県北地域を右往左往したんですが。

(START)ひたちなか市
→水戸市
→常北町・・・じゃなかった城里町
→桂村・・・じゃなかったまだ城里町
→大宮町・・・じゃなかった常陸大宮市
→瓜連町・・・じゃなかった那珂市
→那珂町・・・じゃなかったまだ那珂市
→ひたちなか市(GOAL)

と、行く先々で町名が変わっていて大混乱でした。
家に戻って調べてみたら、まさに平成の大合併。

http://myami.gozaru.jp/ibaraki/gappei.html

でも、市であるからには、それなりに市街地に凄みが欲しいところです。
タワレコや新星堂の一つくらいはないとね。

洗車でへとへと

コイン洗車に行ってきました。

洗車機の前まで行ったところで小銭入れを忘れたことに気がついて。
お札を近くの自販機でくずそうとしたら、あいにく新券しかなくて。
洗車していた人にお願いして、旧券と交換してもらって、自販機で120円のペプシを買って。
500円玉を洗車機に入れようとしたら「新500円玉は使えません」と書いてあって。
仕方なくもう一度自販機に行ったら「つり銭切れ」の表示が出てて。
結局家に戻って小銭入れを取ってきました。

今飲んでいるペプシは、そういう苦労の末に手に入れたペプシなのだなぁ。

ごきゅごきゅ。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2005年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年1月です。

次のアーカイブは2005年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。