2006年2月アーカイブ

2006年2月28日

[2/28]Nuyorican Soul

今日は肌寒い一日でした。あちこち外を歩き回って体ぽかぽか・・・を期待していたのですが、下からしんしんと凍みてきて、とにかく脚が寒い寒い。明日から雨(あるいは雪)になるとのことで、さらに寒くなりそうな予感です。

--

会社の行き返りはずっと"Nuyorican Soul / Nuyorican Soul"を聴いていました。ハウスの大御所・Masters At Work(MAW : Kenny "Dope" Gonzalezと"Little" Louie Vegaのコンビ)が、Tito Puente, Hilton Ruiz, Roy Ayersらラテン・ミュージックのヴェテランプレイヤーや、Jocelyn Brown, Indiaらクラブ・クイーンをフィーチャー・・・というよりも、彼らに全面協力を仰いで作り上げたのが本アルバム。ハウス系DJ・クリエータであったMAWがシンセを捨て、トラックメイキングに心血を注いだまさに渾身の一作です。ニューヨリカンとは、ニューヨーク生まれのプエルトリカンのこと。摩天楼立ち並ぶ都市の中でしぶとく、そして快活に生きるプエルトリカンたちの魂を、サルサのリズムに乗せて人々に伝えることが、アルバム"Nuyorican Soul"の大きなミッションというわけです。サルサのリズムをダンス・ミュージックにいち早く取り入れたサルソウル・オーケストラの名曲"Runaway"のカヴァーは特に圧巻。オリジナルではLoleatta Hollowayがつとめたソウルフルなヴォーカルを、本作ではIndiaが担当しています。サルソウルに比べるとちょっと綺麗にすぎる感じはありますが、洗練という意味ではIndiaに軍配があがるかな。

 亭主にとって"Nuyorican Soul"は、最初から最後まで衝撃のアルバムでした。MAWというアーティストを知ったのも、またハウスという音楽の可能性に気付いたのもこのアルバムがきっかけでした。

 今のInfinityを買ったきっかけも、"Runaway"のストリングスが一番美しく鳴るスピーカだったからでした。してみると、今の亭主の方向性をがっつり決めてくれたアルバムの一つが、"Nuyorican Soul"ということに。

 ・・・それまでは「ゲイの聴く下世話な音楽」と思ってたんですけどね。ハウスって。"Nuyorican Soul"は国内盤をエイベックスがリリースしているほか、中古屋でも割りと見かけます。興味がありましたらぜひ聴いてみてくださいね(^-^)/


 

2006年2月27日

[2/27]大変だけどBetter

えー、健康のことを書くとキリがないのですが、とにかく絶不調。
昼休みはメシも食べずに突っ伏していました。

動けないんだよぉぉ~(ToT)

絶不調のなか、現場でくい打ち工事を見ること3時間。くい打ちというと、とにかく騒音と振動がすごいという印象があるんですが、最近はくいを入れる穴を掘った後にくいを差し込んで、「あぽろん」なる木槌の親玉で上からトントンと叩くだけ。騒音も振動もほとんどないんですね。エライ!

絶不調のなか、クレーンでの荷物移動を補助。じゃなくて、補助するふりしてボンヤリ。玉掛けのワイヤーを荷物の上の吊り手に引っ掛けて、クレーンでゆっくり持ち上げるらしいです。せーので、エイ!メキメキメキ!荷物とコンクリ床がネジ止めされていて、コンクリ床が思いっきし欠けたのは内緒です。つーか亭主なんにもやってないし。

絶不調のなかWordの前で書類に取り組み、書いたり消したり。6時間かけても全く完成せず(というより、着手前とほとんど変わりなし)。今週末が締め切りだってのに。まったくもう、泣けてきます。

--

電気用品安全法は「新たなる敵」か (Side B)

精神、身体ともに絶不調の亭主が少し明るい気分で居られるのは、この小寺氏のコラムを読んだからだったりします。Side Aに対してSide Bはちょっと長くて、しかも話がいきなりでかいところから始まってしまうので読むほうは大変だとは思うのですが、ぜひそこをグッとガマンして、せめて1と4を読めば話がなんとなく見えてきます(正確に伝えたいのでここでは要約しません)。

議員立法を要求したり、あるいは粗大ごみの山を経済産業省に送りつけてPSE法をぶっ潰さなくとも、リストの改定だけでなんとかなるという氏のアイデアは非常に合理的で、誰も不幸にしない理想的なソリューションだと思います。PCは通産省の管轄だから・・・と思考の外に置くんではなくて、楽器やオーディオやレトロゲーム機をPCと同じやりかたで管轄外に移動する、というのは、まさにコロンブスの卵的発想。亭主としては、このアイデア、非常にスジの良いアイデアだと思うんですが・・・どんなもんでしょうか?

もちろん、このアイデアを実現するに当っては、家電業界や中古業者など様々な業界・業種が結集して、電気製品の安全管理基準に関する「落としどころ」を決める必要が有ると思います。業界・業種にとっては重荷の一つかもしれませんが、署名だの反対運動だのと重荷を消費者に負わせるようなアイデアよりはよほど健全で、建設的です。

亭主としてはこの方法に賛成票1票。あとはどれだけの人がこのアイデアに目を止めるかですね。

ちなみにタイトルはパール兄弟の曲名から。

2006年2月26日

[2/26]ひたちなか市・大進 & 居心地の良い喫茶店募集中

雨がしとしとと降る一日でした。

ブログで話題のスタミナラーメンを食べに、勝田駅前の大進に行きました。
以前から会社の関係で何度もここを通っているのですが、ラーメンを食べるという目的で立ち寄ったのはこれが初めてです。駐車場もないし、亭主の好きな家系ラーメンもないし、ましてや最近話題のスタミナラーメンがここで盛り上がっているとも知らず・・・単なるラーメン店と思っていました。この日はなんと行列まで出来ていて、しばらく待ってお店に入りました。行列ができるとは、恐るべし、スタミナラーメンの人気。

亭主は日頃から、この国の東京とテレビ局を中心にした中央集権的な経済・文化構造に疑問を抱いているので、こういう地方を中心としたムーブメントは大歓迎です。できればこれをきっかけに地元が活性化して、いろんな人たちが、いろんな場所からスタミナラーメンを食べに来てくれるといいなぁと。地方と地方が相互に活性化して、日本各地でそれぞれに盛り上がってくれるといいなぁと思っています。

え?東京への出店?論外ですな(~_~)
食べたければこっちにくればいいんです。地方は東京の下請けじゃあない。

--

市内をぐるぐる回り、読書をしながらゆったりと食事ができるヨサゲな喫茶店がないかと物色していました。日立にいたころは「レナ」や「なおき」があって、特にレナはパンケーキを食べながらボーっとするのが好きだったんですが(そういえばレナにはカムイ伝が揃っていたっけ)、ひたちなか市の喫茶店はまだまだ調査中。できればコーヒーが美味くて、ほどほどにお洒落なところで、居心地の良い場所。ヨソモノがいっても浮かない場所がいいですね。

サザコーヒーも良いんですけど駐車場が狭いし、人気店なので長居できないのがつらいです。

2006年2月25日

[2/25]日立市・満久 & Musical Fidelity B-1

2週間ぶりに日立市にドライブに行きました。

昼食は日立市森山町のラーメン店「満久」。亭主はここのチャーハンが好きで、1~2ヶ月に一度はここのチャーハンを食べています。普通のチャーハンの2~3人前という盛りの良さに対して、お値段なんと600円。安い。この日は亭主定番のコーンチャーハン(650円)を堪能しました。チャーシュー、なると、グリンピース、コーンなど具沢山のチャーハンの山を、スプーンで無心に崩します。途中間があくと満腹になってしまうので、休むことなく、有無を言わせぬスピードで食べるのが大食いのコツのようです(^^;)

--

このあとハードオフ日立店で、以前から目をつけていたMusical FidelityのプリメインアンプB-1(イギリス製)を購入。同社のフラッグシップ機であるA-1の弟分という位置づけのようですが、B-1自体は定価75000円とエントリ向けの価格設定になっています。スリムなブラックボディには、操作端として

・パワースイッチ
・ボリューム
・入力セレクタ
・テープへの出力セレクタ

の4種類があり、入力・出力セレクタは

・PHONO
・CD
・TUNER
・CDV
・TAPE1
・TAPE2(入力のみ)

が選択可能です。その他、ヘッドフォン出力、MM/MC入力の切替もあって、プリメインとしては充分過ぎるくらいの機能。ところが、インパネで発光する部分がパワースイッチのみ(しかもLEDを使わないのでショボイ)だったり、ツマミがプラスチックだったりと、非常に手抜き^H^H^Hローコストな作りになっています。イギリスらしいシンプルさを備えたこのアンプが、PSE法非対応処分特価で22050円(税込)。

高いんだか安いんだか。

早速自宅に戻って試聴開始です。当初左チャンネルから音が出ないというトラブルもありましたが、どうやらアンプ-スピーカケーブル間の接触不良だったようでほどなく回復。QC-66から出てきたB-1の音は、とっても素朴なAB級の音でした。

Musical Fidelityの音を形容して「豪奢な音・シャンパンのような音」などと言うことがありますが、B-1はシャンパンというより、「牛乳」って感じですね(苦笑)。牧歌的で、ボクトツとした音。残念なことに、モニタースピーカQC-66との相性は今ひとつのようです。牧歌的な音が中途半端な攻撃性を帯びてしまい、田園風景を原色の絵具で塗ったような違和感がありました。ものは試しと同じくイギリス製のスピーカCelestion 3を接続してみると、こちらはなかなかよい感じです。ゾンビーズを聴いていると、まるで英国の片田舎にいるような気分さえしてきます。うーん、これはいいかも。

・・・でもこのアンプって、QC-66用に購入したんじゃなかったっけ・・・?(汗

もうすこしいろいろやって見ます(汗

続きを読む: [2/25]日立市・満久 & Musical Fidelity B-1

2006年2月24日

[2/24]テンション低め

会社でちょいと凹むことがあって、定時を過ぎたあたりからテンションとモチベーションはウナギ下がり。「やってらんねぇ!」とばかり早めに会社を引けました。

Virgin Megastore水戸店(引っ越し完了!)でCDを買い、ハードオフ水戸見川店では店内をしばらくうろついたあと帰宅。結局ハードオフではなにも買いませんでした。

物欲も日記も、テンションが低いと、どうにも盛り上がらないですね・・・今日は早く寝て、明日の英気を養うことにします。

おやすみなさい。

2006年2月23日

[2/23]長い名前のカップ麺

出勤時にホームで電車を待っていたら,空高いところから雲雀(ひばり)の囀(さえず)りが聞こえてきました.
もう春なんですね.

--

コンビニで、「Yahoo! Japan 延べ138万票が選び出した味!!濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂 日本中が待ってた新定番ラーメン 熱湯5分」なるラーメンを買ってきました。

長い名前ですね(´ー`)

どうやら「ラーメン花月」の味を再現したもののようです。花月は特に日立店に通っていたことがあって、かつてはわりと好物だったので期待して食べてみました。豚骨ベースの粉末スープは、「スーパーカップとんこつ味」にも似た「家畜小屋臭」がして、これはかなりマイナス。ただし、もう一つの醤油ダレは気合が入っています。どろりとしたタレにはゴマペーストをハジメとした、なにやら得体の知れない物質が練りこまれていて、胡散臭いです。ナイスです。

というわけで食べてみましょう・・・(~~ )

ちょっと醤油味が濃いですね(^-^;)

麺はいわゆるカップ麺のそれ。ノンフライではないので基本は「もそもそ」した歯ざわりですが、脂のおかげで食べやすいです。醤油タレは期待した以上にいい感じ。ただし、タレが強すぎて、肝心の「ケモノ汁」というにはちょっと塩辛いような気がします。ラーメン店でこのバランスはかなり厳しいというか、お客を選ぶ味ですが、カップ麺だとこんなもんなのかなぁ。値段なりとは思いますが、これなら花月に行ったほうがよいかもしれませんね。

ちなみに亭主、カップ麺の油・脂がかなり苦手です。ラーメン店ではよほど脂っぽいラーメンを食べても平気なのに、カップ麺の油・脂を食べると、確実に胃がいたくなります。
今回の長い名前のラーメンは・・・うーん、ほどほどに痛いです。普通レベルかな。

2006年2月22日

[2/22]廉価アンプ、売り切れ

19:00ごろ会社を引けて、近所のハードオフ2件を回ってきました。
目的はもちろん、昨日候補に上げたアンプを購入することです。

ところがMusical Fidelity2台以外の廉価アンプ3台は全て売り切れていたほか、Luxのチューナー、ARやヴェロダインのサブウーファなど比較的値引が大きかったもの、レアなものがごっそり店頭からなくなっていました。PSE法に危機感を感じた誰かがこの3日で買い占めたのか、それとも別ルートに流れたのかはわかりませんが・・・

とりあえず、鉄くずになることだけは避けられたんでしょうか。

店は20:00に閉店なので、とりあえずMusical Fidelityのアンプが無事なことだけを確認して帰ってきました。少し高いけど、MFのプリメインにしようかと思ってみたり。でも、この調子だと、今週末には売れてしまってそうですね(^^;)

--

現在はAuratoneのQC-66をOrpheusで駆動しています。パワーループでスピーカを制動するOrpheusと、モニタースピーカらしい粗さの残るQC-66との組み合わせは必ずしもよいとはいえないようです。ソースにもよりますが、ザラザラ・ごつごつした音が耳につくこと2度3度。

スタジオで、ソースのアラを捜すにはよいかもしれませんが、できればアラはうまくカバーして欲しいところ。自宅で聴くには、ある程度まったり型のアンプで聞くのがよいかもしれませんね。

2006年2月21日

[2/21]M&M 12V6-PP真空管アンプ退役

亭主が所有している真空管アンプ(M&M 12V6-PP)の調子がよくありません。

左右の音量差がだんだん大きくなってきたかと思うと、とつぜんドカンと音量が上がったり。
真空管そのものは出力管、整流管ともに少し前に交換しているので、コンデンサの劣化かもしれません。野生的な勘が働いたのか、生来の心配性が出たのかはわかりませんが、どことなくいやーな雰囲気。アンプの故障度合いを進行させても、もちろんスピーカを壊してもいけませんので大事をとってアンプを退役させました・・・いつか復活する日を夢見て。

真空管アンプが使えない、となると、QC-66を駆動するアンプがありません。とりあえず現状はスピーカケーブルをInfinityとAuratoneで繋ぎ換えていますが、PSE法関連で安売りが続いているハードオフで、サブシステム用に小型で、安いアンプでも買おうかとも思っています。

DENON POA-F100-N, BOSE 1705, CEC HD53, あるいは Musical Fidelity A-3, 同じくB-1。
近所のハードオフにあるアンプから選ぶとなると、こんなもんかな?

音はどれも全然聴いたことありませんけど(爆)

続きを読む: [2/21]M&M 12V6-PP真空管アンプ退役

2006年2月20日

[2/20]消えたCD

人知れず、「どむや」の「聴(軟)」のページを更新しています。
更新の項目は「アフェリエイト」「ジャケ画像」「レビュー」「型番号」の4種類なのですが、実際に皆さんにご覧いただけるのは、ジャケ画像を除く3種類。実は過去の「聴(軟)」の項目は、亭主が日記サイトを運営していた頃の内容を転載したものなので、レビューや型番号などがほとんど記載されていないんですね。

過去のデータをもとにラックやケースの中から一枚一枚CDを探し出し、ぽつぽつと打ち込む作業をここ1年ほど続けていまして、ようやく昨日、「型番号」が全部埋まりました。

たった一枚を除いて。

いくら捜しても見つからない不憫なアルバム、その名は"Medicine Man / Soul Drummers"。

どこにいったかさっぱり分かりません。Drum IslandもDrum Clubも、Spirit Drummersも見つかるのに(全部アーティスト名です)、なぜかSoul Drummersだけが見つかりません。

亭主は、CDをおおよそジャンル別に並べていて、ECMならここ、Nonesuchならここ、女性ヴォーカルならここと大体の場所は把握できているのですが、Soul Drummersだけはどのジャンルに入れたのかちっとも思い出せません。過去のデータによれば「ハウス」と書いてありますが、もちろんハウスの棚にも見当たりません。

寡作なアーティストやイマイチなCDは、ラックの一角に特設された「雑多なCDコーナー」に集約されているのでかえって見つけやすかったりします。してみると、Soul Drummersは、「雑多なCD」にすらカテゴライズされない不憫な作品ということに。

一体どこにいったやら・・・

2006年2月19日

[2/19]Auratone QC-66

2/18の日記で書いたAuratoneのQC-66を買ってきました。

Auratoneはアメリカのメーカで、録音スタジオなどで用いられる業務用のモニタースピーカを手がけていました。この会社の製品であるキューブ型スピーカ・Auratone 5Cは、現在でもオークションで比較的高価で取引されるベストセラーで,亭主も2セット購入しています(うち1セットはヌシさんのお宅に行きました)。

対するQC-66は、

・ツイータ
・ドーム型スコーカ
・ウーファ2発
・バスレフダクト

の全てが前面に展開する、まさに「重戦車」((c)杉ちゃんさん)な3wayスピーカです。ネットでの情報がほとんどなく、使いこなしやユーザの状況が全く分からないので詳しいことは分からないのですが、個人的にはJBLの4344や4312など、モニタスピーカに近しい(あくまでも「近しい」ですよ!)音がすると感じています。前面に投射されるエネルギーの密度は相当なものですが、いわゆる「タメ」や「色気」のようなものは皆無ですので当然のことムーディーな音楽には向きません。むしろ「タメ」や「色気」すら砲弾として飛ばしてくるタイプのスピーカかと思います(苦笑)

--

実は亭主、かねてからモニタスピーカが欲しいと思っていました。音場型スピーカのInfinityが苦手とするガッツのある音、ジャズなどに見られる、エネルギッシュな演奏がこのQC-66で可能となるのではないかと期待した結果、QC-66を購入するに至りました。約半日の試聴で、QC-66のポテンシャルに手ごたえを感じているのですが・・・

QC-66、予想以上にでかいです(汗
幅420mmは、現在の6畳を縦方向に使用するセッティングでは、限界ギリギリのサイズです。部屋の片面がスピーカ&ラック置き場になってしまい、ものすごい威圧感。サランネットで壁が黒い。持て余しそう。

現在はInfinityとAuratoneとで交互に音楽を聴いていますが・・・これから果たしてどうなりますやら。メインシステムのCDPとあわせて、こちらも要チェックといったところです。

2006年2月18日

[2/18]もしかしてこれって・・・

県内のハードオフ4件(水戸見川、水戸南IC、つくば学園、那珂)を回ってきました。

PSE法で定められた猶予期間が迫っているとあってどこもアンプやCDPを値引販売しているのですが、もともとお目当てのものがあるわけでもない亭主、とりあえず見るだけヽ(´ー`)ノ

ただし、那珂市のハードオフにあったAuratoneのQC-66にはかなり心を動かされています。このスピーカ、5Cに代表されるフルレンジタイプではなくツイータ、スコーカ、ウーファ2発にバスレフという構成なんですね。スタジオモニターとして録音現場で使用されているスピーカが、自宅では果たしてどんな音で鳴るのかと興味津々。Auratoneのファンである亭主としては、ぜひ聴いてみたい機種の一つだったりします。

ちなみに那珂のハードオフには、お昼と夕方、2回行ってます。品物の前でのべ1時間くらい悩みました。悩みすぎて気分が悪くなったりもしてました(苦笑)

もしかしてこれって・・・

2006年2月17日

[2/17]歩け歩け

会社へ。
午後は打ち合わせで茨城大学にいってきました。職場を出て、大学までの道をテクテクと歩きます。以前に暮らしていた町なので道は良く憶えているのですが、歩いたのはこの日が初めてです。30分ほど歩いてようやく大学に到着。

初めて訪れた大学のキャンパスは、思っていたよりずっと静かでした。溢れるほどの若いパワーに思わず目の下の小じわが消えたり、爪が少し伸びたりといったファンタジーを期待していたのですが(笑)、狭めのキャンパスにはちらほらと学生さんがいるだけで、特になんということもなく。寒いからか、テスト時期or春休み時期だからか、それとも工学部だからか。これならうちの会社のほうがよっぽど活気があったりして・・・

1時間ほどで会議は終わり、もと来た道をテクテクと戻りました。これもだいたい30分で、合計1時間は歩いたでしょうか。若いエキスは吸えなかったけれど、いい運動にはなりました。

そういえば東京では、夕方に小雪がちらついたそうで。
歩き回ったおかげで暖かかったんですが、実は寒かったんですね。今日って。人が少なかったのもなんとなく納得。

2006年2月16日

[2/16]わりとずぶぬれだったようです

自転車で会社へ。
帰りは雨の中をすっとばしてきたのですが、それでもかなり濡れたみたい。
部屋の中に干したコートから水が滴り落ちていて、あわてて下にビニルを敷きました。
本人は気づいていませんでしたが、わりとずぶぬれだったようです(^^;)

食事をして、音楽を聴きながらまったり。"Outside by the Swing / 山中千尋"と"Silence in the Secret Garden / Moodymann"をCDで聴いた後は、iTunesで"猫夏" from Album "A / 電気グルーヴ"を聴いて、ふと思い出したように"Star Trek & Black Hole / Meco"をアナログで聴いて、"Dia Novo / 齋藤博人"をCDで聴き終わった頃にはコートはふんわり乾いていました。

風呂にも入ったし、今日は早めに寝よう。

2006年2月15日

[2/15]普段の食事にひと工夫

暖かい日でした。
久しぶりにマフラーを使いませんでした。
首をすくめなくても暖かいなんて、
いやぁ、春ってほんとにいいもんですね。

--

久しぶりに夕食はパスタ。といっても麺は乾麺、ソースは缶入りなので、たいした手間ではありません。茹で上がったパスタにソースをかけて出来上がり。超楽勝。おっと冷蔵庫にパルメザンチーズがあったっけ。

ソースの上にざっこざっことチーズをふりかけ、何気なくチーズの容器(缶の底)を覗いたら、そこにはなにやら怪しげな数字が。

03.10.03

・・・(゚ー゚;)

ソースにかかっているチーズは全部食べましたが、缶に残ったぶんは全部捨てました。
食後一時間が経過。なんともないところをみると、どうやら2年くらいは大丈夫のようですよ。

2006年2月14日

[2/14]お酒で知らない人を偲ぶ

本日大安。
会社でちょっとしたイベントがあって、AMはその準備&イベント本番で走り回ってました。
関係部署から次々とお酒が届いて、ちょっとしたお酒屋さん状態。月桂冠に始まり、一品、至宝、菊水、久保田などなど10数種類20本近いお酒がテーブル上に会すると、それはそれは壮観です。

折角いただいたお酒ですが、全部は呑めないのでイベント終了後にお隣の職場におすそ分け。もちろん久保田の千寿はキープです(笑)。ああ、次の飲み会が楽しみだナァ。

--

自宅に戻り、夕食を摂った後は茨城県里美村の「日の出鶴」を呑みながらまったり。お悔やみのお香典返しにいただいたお酒で、今回はじめて呑んだのですが、甘口でとろりとした飲み口が特徴的です。うん、これはいいかもしれない。好きかもしれない。

亭主自身は故人とは直接面識がないのですけれど、音楽を聴きながらまったりとお酒を味わっていると、自然と弔いの気持ちがこみ上げてきます。おりしも北原白秋の「この道」が、Birdのヴォーカルで流れていて、懐かしさと、寂しさの入り混じった感情に胸が熱くなりました。

―「この道 featuring Bird」は"Music From the Edge of the Universe / 吉澤はじめ"に収録されています―

もともとはソウルやR&Bの歌い手であるBirdが日本の唱歌に挑戦したこの曲、個人的にはとっても気に入っています。この曲だけでも、このアルバムを買う価値はありますね。特にBirdが好きな人にはオススメかと。

亡くなったのは知り合いのお母堂様でした。「この道」に登場する少年の記憶は・・・多分知り合いと、そのお母様の記憶ですね。きっと。

ご冥福をおいのりします。

2006年2月13日

[2/13]回転寿司って怖い

おぉさんは、会社の来客(外国の人5人)の接待でお寿司屋さんに行ったそうで。いいなぁ・・・と自分のことを書かないでどうするって感じですが(汗
おぉさんから「かっぱ寿しに行きます」と連絡が来たので、なんとまあ海外からのお客を回転寿司に連れて行くんですかと驚いたら、日立市内にある古いお寿司屋さんなんだそうです。ちなみにアイタウンページによれば、日立市には、

「河童」
「かっぱ寿し」
「かっぱ寿司」×2

の合計4軒があって、さあどれがどれでしょう?という感じ。亭主はどこでもいいです。店の奥でアルバイトが、酢飯を型押し機に入れていない店ならば・・・

以前に出張で某県に行った折、駅前の回転寿司屋に入ったのですが、ビニール手袋にマスクをしたバイトさんがお客の目の前で酢飯を型押し機に入れているのにひどく落胆した記憶があります(ちなみにその店、出てきた寿司の酢飯に長い髪の毛が入ってました)。その他にも、入ったら客が自分ひとりだけだったり、職人さんが全然寿司を握らなくて、お昼時ほぼ満員だというのに川に寿司が全然流れておらず、お客全員が殺気立っていたり・・・。

回転寿司には軽いトラウマがあるみたいです。

もちろん、全てが全て、そういうお店というわけではないんでしょうけど。

2006年2月12日

[2/12]パソコンショップで悩む

整体を受けに日立市のハヤシ整体へ。整体を終えたあとは、マクドナルドで少し遅めの朝食。トリノ冬季五輪のキャンペーン商品、イタリアンチキンサンドを食べました。イマイチ。期間限定くらいで丁度よいかも。

帰宅時にPC-DepotでCPUを見てきました。Pentium 4の3.6GHzが57k。うーん、高い。秋葉原価格に比べて高いということもありますが、4年前に同じような価格でP4-2.0GHzを購入した人間としては、高クロックのCPUの価格がなかなか落ちてこないのが不満です。

Pentium 4の4GHzが出たらCPUをアップグレードしようと思いつつ、早4年。

現在のCPUの最高クロックは3.8GHzだそうですが、あと200MHzを上乗せするのに、これから何年かかるのやら。おかげでこちらは、余分な出費をせずに済んでいるんですが・・・

3.6GHzで妥協しそうな自分を押さえつつお店を出ると、憑き物がストンと落ちていきなり平常心に復帰。

「別に今のCPUで、パワー不足というわけでもないからなぁ」

「・・・」

「・・・むしろ不足しているのはグラフィック能力かも」

やばい、次の物欲が襲ってきた。今日は帰ろう。

2006年2月11日

[2/11]チキンレース、始まる

会社に行く予定だったのですが、思いがけず休みになりました。
降ってわいた休日をどう謳歌しようかと考えて、とりあえず掃除。
昼食を食べに水戸へ出たついでに、いつものハードオフ巡り。

4/1からの電気用品安全法(ここではPSE法と呼んでます)の施行で、ハードオフの機器の多くが安売り状態になっています。とはいえ、高い機器はやっぱり高くて、亭主のようなへっぽこハートの持ち主には、なかなか買う勇気がおきません。ハードオフでいろんな機器を見るのが好きで、それを所有していなくても、お店にあるのを眺めるだけで満足だった自分にとって、これらの機器が店頭からなくなるのはとっても寂しいです。かといって「もったいない」というだけで無分別に機器を買い漁るのもどうかと思うし・・・

今はただ、これらの可哀想な機器たちが、全部、誰かの手に引き取られるのを祈るばかりです。オークションの転売屋でもいいや、使える機器はみんな買われてしまえばいいのにと思っている次第。

店では店員サンと常連のお客さん(?)が、PSE法について延々と議論してました。常連のお客さんが「これみーんなごみになっちゃうの?ひどいよねぇ」と言えば、お店の店員サンも「そうなんですよー、でも法律ですしねぇ」と苦笑気味に言ってました。良く見れば棚に陳列してある、ほとんどのオーディオ機器が今回のPSE法で販売不能になるので、お店の人もどう対応してよいか分からないというのが本音のようです。

ハードオフに3件、ブックオフにも3件寄った後帰宅。欲しいCDはたくさんありましたが、マストアイテムでなかったのでパス。ライブやリミックス、ベスト盤はあとまわしということで・・・

とりあえず投売りは始まりました。あとはどれくらい安くなるか。お店とお客のチキンレースの始まりというところでしょうか

2006年2月10日

[2/10]Virgin Megastore水戸店の引っ越し

会社へ。
しばらくおぉさん(「訪」の投稿者さん)を見ないと思っていたら、風邪でダウンしていたそうです。
熱、頭痛、筋肉痛で朝起きることが出来なかったそうで。先週の亭主の症状と同じです。
見た目にはまったく異常に見えないのに、本人はとってもつらい。それがこの風邪の厳しいところです。辛そうに見えないだけに、他人に「サボっている」と誤解を受けやすい。体よりもまず心につらいのが、この風邪の特徴です。

--

会社を早く引け、水戸丸井内のVirgin Megastoreへ。予約していたCDを買ってきました。店員さんによれば、Virginは19,20日をお休みし、現在の7Fから9Fへと引っ越すとのこと。以前に9Fから7Fに引っ越しているので、古巣(以前の店の位置・東端)に戻る・・・とおもいきや、現在の位置(西端)から2F上に垂直移動するだけなんだそうです。レイアウトはほとんど同じだそうで・・・しばらくお店の店員さんと雑談してしまいました。

以前、ここの店長のSさん(相当な音楽マニアです)が辞めたときには、音楽に詳しい店員さんがいなくなってしまうと心配に思ったものですが・・・最近は店員さんがすごく頼もしく感じられるようになりました。マニアックなインディーズものもしっかり仕入れてくれてますし、リリース延期や入荷のお知らせもきっちりしているし・・・Sさんが知ったら、多分とっても喜ぶんじゃないでしょうか。

「引っ越しでご迷惑をおかけしますが、今後ともよろしくお願いします」とお辞儀をされて、いえいえとんでもない、無理を言っているのはこちらのほうですと恐縮してしまいました。

いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします(^_^)/

2006年2月 9日

[2/9]開発者のひそやかな愉しみ

忙しい一日。
コーヒーを淹れてもすぐ冷めてしまい、常時冷コーヒーをすすっている状態。
部屋が寒いこともあるし、なかなか机に居られないこともあります。

世の中に冷えたコーヒーほど不味いものはそうそうありません。豆を挽いて淹れたならばいざ知らず、フリーズドライのコーヒーならば「冷たいのはとっとと流しに捨てて、新しいの作っちゃえ!」と思うこともしばしばです。結局ぐっとガマンして飲み下すのですが・・・感心しない飲み方ですね(苦

--

こう寒いと、ついつい暖かいものばかりを飲んでしまいがちですが、余りの忙しさにノドが渇いて、ふとカップ自販機で「CCレモン」なぞを飲んでみようと思い立ちました。70円を入れてしばし耳を澄ますと、カコンという渇いたコップの音に続いて、「じょっ」と液体がコップに落ちた音。そのまま何の音沙汰もないので、不審に思いコップを覗いてみたところ、なにやら健康診断でおなじみの尿検査にそっくりな液体が・・・

うぎゃぁぁぁぁぁ!

色、量、紙コップと3拍子そろっていて、あまりのディテールの細かさにドン引きしてしまいました。

あとでサービスの方に70円を返却してもらい、事情を聴いたら「炭酸が切れてました」とのこと。原液の色のあまりのリアルさに、CCレモンの開発者のひそやかな愉しみが垣間見えた一件でありました。

2006年2月 8日

[2/8]今、自分にできること

会社へ。昼頃雨が降り始める。寒い。
部屋の中にいるのにしもやけになる人まであらわれました。
いわゆるクールビズ。地球に優しい職場作りを実践しています。

--

高橋ユキヒロさんのニューアルバムは2/15から3/15に延期になりました。そういえばユキヒロさんのアルバムは本当に久しぶりで、Dearest Fool以来6年ぶりのアルバムとなります(実際はソロを製作していたようですが、Sketch Show名義でリリースしたようです)。新作はコンシピオ・レコードではなく、古巣のTOEMIからリリースされるとか。TOEMIといえば悪名高いCCCDをいまだに作り続けるレコード会社で、今はただユキヒロさんの作品が、CCCDでないことを祈るばかりです。

亭主はこれまでに、CCCDフォーマットのアルバムを8枚しか購入していません。そのうち6枚はエイベックス(あるいはエイベックス・ディストリビューション)からのアルバムで、ラックのスミに特設した「CCCDコーナー」でラックの肥やしとなっています。好きなアーティストを応援するために積極的にアルバムを購入している亭主ですが、音質最悪、CDプレーヤに悪影響を与えるCCCDのリリースを機に応援するのをやめたアーティストも少なくありません。この問題が話題となった2002年当時は怒り心頭といった状況で、それこそ各種団体に抗議文を送ったりしたものですが・・・

なんか疲れちゃいました(´・ω・`)

2004年のレコード輸入権、それから今丁度話題となっているPSE法と、音楽とオーディオを巡る環境は日に日に悪化していて、そのたびに自分を含む庶民の無力さを実感する次第です。PSE法が何であるかは、リンク先を参照いただくとして・・・。

いま自分に出来ること、それは、2006年4月のPSE法猶予期間が訪れる前になんとかお目当てのCDプレーヤを確保すること。でなければ来るべき消費税20%時代の前に、なんとかお目当てのCDプレーヤを確保することです・・・って、なんかCDプレーヤのことしか考えてませんね・・・(汗

まあ、そんなこんなです(^_^;)<うやむやのうちに終了

2006年2月 7日

[2/7]ネットの中のもう一人のワタシ

会社へ。
夢のような一日・・・といっても素晴らしい一日という意味ではなく、AをしているとBを忘れ、あわててBをするとAがオロソカになる、てな具合の一日でした。夢によくあるシチュエーションですね。

夜11頃、会社にサイフを忘れてきたことに気がついてあわてて車で会社に行ったのですが、職場に入るためのカードキーを家に忘れてきていて、職場の入口で立ち往生したりしてました。

結局家に戻ったのですけれど・・・ホントに悪夢のようでした。

--

amazonについて。

「おすすめ商品」のページで「興味がありません」のボタンをクリックすると、その項目がリストから外れておすすめの項目を絞り込むことができることは、インターネットを利用している皆さんならば既にご存知のことかと思います。この日、ふと気になって、自分が「興味がありません」と答えたCDの枚数が一体何枚あったのかを数えてみました。

・・・9279枚でした。

管理画面から「興味がない商品」を数えるだけでは、「本」や「DVD」などCD以外の興味のないものもカウントされてしまいますので、CD以外の商品を「興味がない商品」から地道にはずす作業が必要です。
今朝から延べ作業で3時間かかりました(ってヒマですね)

はるかリストの奥深く、9000枚のCDの中に、もしかしたら自分が見落としていた、あるいは後になってその良さに気がついたCDがあるのではないかと思ったのですが、残念ながら自分のセレクトにほとんどブレはありませんでした。ブレがない、というのが果たしてよいことなのか、悪いことなのかは良く分かりません。進歩がないのかもしれないし、首尾一貫しているといえるのかもしれません。

リストを過去へ過去へと遡っていくと、最近ではほとんどおすすめ商品に登場しないJ-Popや、アニメのサウンドトラックが数多く登場しているのに気がつきました。「おすすめ商品」がどういう仕組で商品を選んでいるのかは良く分からないのですが、どうやら亭主の嗜好を学習したみたい。さしずめamazonのサーバの中に、自分のコピーがいるのかな。ちょっと不思議な気分ですね。

皆さんの「おすすめ商品」は、一体どんな感じになっているのだろうか・・・ちょっと見てみたい今日この頃です。

続きを読む: [2/7]ネットの中のもう一人のワタシ

2006年2月 6日

[2/6]サブシステムは要メンテ

会社へ。昼頃雪が降り出しました。
頭が妙に寒いと思ったら、部屋のエアコンから冷風が噴出していたり、後ろで「手がかじかんでキーボードが打てない」とぼやく人がいたり、当方コートと手袋で仕事をしていたり。まったくもう。

--

昨日から気になっていたのですが、ときおり真空管アンプの左右に音量差が発生するようです。今日などは1956年録音の"MAL-1/Mal Waldron"の右側ばかりが盛大に鳴っていて、「あれ?ステレオ録音だっけ?」と思わずジャケットを確認してしまいました。ふと気がつくと音量差が改善していたりするので、部品が劣化しているのかもしれません。このアンプを購入した地元のお店は既に閉店していて、店長さんは東京に出ていて、アンプを設計された方もだいぶ前に亡くなっているので果たしてメンテナンスそのものが出来るかどうかは微妙なところですけれど。

お店のリファレンスだったこのアンプ、なんでも、店長さんのお祖父さんが使っていた部品を流用して組んだのだそうです。いつか連絡を取ろうと思いつつ、いつのまにか4年目の春になります。

そろそろ相談してみようかな。ご無沙汰が続くと、なんとなく連絡しにくくなっちゃいますね。

続きを読む: [2/6]サブシステムは要メンテ

2006年2月 5日

[2/5]萌えクンではないけれど

日曜日はごろごろする日。
洗濯、掃除をしたあと、部屋でごろごろしてました。

夕刻にふと思い立って日立市のハードオフに行き、昨日はあったハズのDENONのDCD-1650Gが売れてることを確認(苦笑)。ついでにスピーカスタンドを買って帰ってきました。メーカ不明、MDF製で高さ345mmの小型のスタンド。5250円。Celestion 3用に使います。

自宅に戻り、Celestionで"A night at the Village Vanguard / Sonny Rollins"を聴いてみたり。セッティングもヘッタクレもなく置けるところにポン置きしてあるので、まるでお茶漬けのような薄味サックスになっちゃいました(笑)。結局メインシステムの音が一番なんですね・・・って、これでメインが負けるようでは困るんですけど。

Celestionをしっかりセッティングするためには、ラックの横でふんぞり返っているCSEのTX-2000をどこかに移したいところですが、「ワシはここが定位置だもんね」と根が生えたように動きません(笑)。床置きしているPro-Jectもどうにかしたいところですし・・・こりゃラックを含めた大幅見直しが必要かなぁ・・・と、ごろごろしながら考えてます。
萌えくんではないですが、考えているときが一番楽しいですね(^_^;)

2006年2月 4日

[2/4]StyleCatcher成功!

Movable Typeのプラグインの一つ、StyleCatcher(ブログデザインをGUIから変更するツール)が動かないよ~とぼやいたのが1月27日。ところが2週間経過したこの日、いつのまにかStyleCatcherが動作するようになってました。

こちらは全く設定を変更しておらず、全く放置状態だったのに・・・。以前に、@niftyから送られてきた「お客様満足度アンケート」に

「LaCoocan(@nifty)側の問題か、それともユーザ側の問題かを切り分けないで『操作方法はご案内できない』『cgiのご質問にはお答えできない』とばっさり切るは何事か」

とお小言を書いたことが@niftyを動かしたのかもしれません。スタイルシートが変更できるようになったのは良かったんですけど・・・今ひとつ後味はよくないですね。お小言書いた側としては。

2006年2月 3日

[2/3]節分のお話2題

仕事へ。昼間3回ほど揺れたでしょうか。
たいそう揺れたナァとあちこち点検に走り回ったのですが、ふと外を見ると業者の方がゴンドラのうえで何事もなかったかのように溶接をしていて、いやはやプロの仕事は磐石だなぁと感心した次第(笑)

--

夕刻、仕事を終えて先輩とともにひたちなか市の飲み屋「逢川」さんに行きました。今日も寒い日だっただけに、おでんと熱燗がことのほかありがたく感じます。「逢川」さんのおでんはあっさり味で、気をつけないといくらでも食べられそう。ひと段落付いた頃にママさんから豆といわしの差し入れがあって、今日が節分だったことをはじめて知ったのでした。

そういえば先輩の地元・広島の三原では、節分の際に、子供達が家々を回って豆やお菓子を貰う風習があるのだそうです。どこかで聞いた話だと思ったら、これってハロウィーンそのものなんですね。"Trick or Treat"。ゴブリン(小鬼)の代わりに鬼が家々を回るなんて、日本らしからぬ変わった風習ですよねぇ・・・

ちなみに亭主の実家では、節分に殻つきの落花生を投げます。あとから落花生を拾って食べるので、殻付きなのが基本です。冬がすぎて夏や秋になったころ、部屋の隅から節分に投げた落花生が見つかるのが風物詩だったりします。子供には、この季節外れの落花生すら良いおやつだったりして・・・

以上、ちょっとおかしな節分の話題二つでした。

2006年2月 2日

[2/2]この歳で・・・

熱があるのですが、とりあえず会社へ。
午後に会議2件。新たな仕事数件入りました;;

--

夕食のあと、那珂市の文教堂書店へ。月末に発売された新刊から、「Q.E.D.-神器封殺-(高田崇史,講談社ノベルス)」と、「低俗霊DayDream(奥瀬サキ/目黒三吉, 角川書店)」を買って帰りました。前者は歴史モノ、後者はコミック。

この歳でコミック・・・というのもアレな話ですが、これでもずいぶん読む量・買う量が減っています。大学を卒業する際に大量に処分して、今は贔屓の作家さんの新刊を年に何冊か買うくらいにとどまっています。面白い作品がない、というよりも興味そのものを失っていて、むしろ最近は歴史や宗教・心理関係の本のほうが面白いんですね。現在も鳥羽僧正(鳥獣戯画が有名ですネ)が描いたと伝えられる幻の絵巻物にまつわる本を読んでまして、この本はいずれ「読」のコーナーで紹介する予定・・・歴史モノが面白くなるなんて、歴史嫌いだった昔の自分からは想像できませんでしたねぇ・・・

歳を取ったっていうことかな。

2006年2月 1日

[2/1]安全宣言

体調は依然としてあまりよくありません。他人にメイワクをかけるわけにも行かないのですが、咳やくしゃみが出ないのでとりあえず会社へ行きました。仕事でメイワクをかけるわけにも行かないですし。

昼すぎに社内の診療所で見てもらったところ、インフルエンザ検査は陰性とのこと。ただし「頭痛」「筋肉痛」「熱」は最近の風邪の典型的な症状(これにハナミズが加われば完璧)とのこと。クスリを貰って職場に戻り、安全宣言を出しました。ただしタミフル(インフルエンザのお薬)は接種してもらえなかったので、問題はとりあえず先送りといったところでしょうか。

退勤後は水戸のVirginに寄り、CD2枚を購入。冷たい雨が激しく打ち付ける中をとぼとぼと帰ってきました。部屋の中の、昼間に蓄えたわずかな熱すらも冷え切った体にはありがたいですね。音楽を聴きながらご飯を食べて、ホームページを更新しながらネットを覗いて、お風呂に入ったらとりあえず一日終了。

今日は早く寝ます。明日は回復しているといいなぁ。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2006年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年1月です。

次のアーカイブは2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。