2007年4月アーカイブ

2007年4月28日

2007年土浦桜比べ展覧会


仕事をAMで切り上げ、土浦桜比べ展覧会に行ってきました。

土浦の名物・桜をテーマに、国内の画家・陶芸家の作品を一同に介したイベントだそうで、今回が第1回。パンフレットを見ていただければ一目瞭然なのですが、今回、なんと「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズで有名な漫画家・荒木飛呂彦先生の作品も展示されているそうで、高校時代からの荒木先生の熱烈なファンである亭主としては、ぜひとも見に行きたいと思っていたのです。

会場である「土浦まちかど蔵・大徳」は、名前のとおり、古い蔵を改造してつくられた日本家屋。周辺にも歴史ある建物が点在していて、街の中にいながらにして、ちょっとしたタイムスリップ気分が味わえます。

20070428tsuchiura2007a.jpg

20070428tsuchiura2007b.jpg

20070428tsuchiura2007c.jpg

今回書き下ろしとなる荒木先生の肉筆、桜の花びらを身にまとうジョルノの姿には、ついつい細部まで覗き込み、鑑賞してしまいたくなる精緻さと、絵を含む周辺の空気・雰囲気を飲み込んでしまう大胆さがありました。うーん、この絵がヘヴンズ・ドアーだったなら、自分はその場で本になっていたかもしれない(笑)。あまり長くその場に立っていると、おもいっきり「ジョジョファン」と知れてしまうのでほどほどでその場を離れましたが、初めての原画にとにかく感動してしまいました。

そのほか、日本画、洋画、陶芸、写真など多くの芸術家、アマチュア作家さんの作品が展示されているので興味のある方はぜひ。といっても、イベントは残念ながら明日までなのですが・・・


そういえば、会場にはジョジョファンと思しき若い方がたくさん訪れていて、なかには警備員さんに「@JoJoを見て来たんですか?」などと聞かれて、はにかんでいた人もいました(笑)。その方は東京からでしたが、遠くは福岡から、荒木先生の原画を見に来た人もいたのだとか。もうすっかりおっさんな亭主ですが、なんだかたくさんの仲間に出会えたような気がして、とても心強く感じられました。

最初は行こうか行くまいか迷ってたのですが、行ってよかったヽ(´ω`)ノ

2007年4月21日

父からの電話2

「お父さんですけど、Pro1到着しました」

亭主がYahoo! Auctionで落札したCanon Powershot Pro1が、父の元に届いたそうです。

Pro1といえば、もともと生産台数が少なく、店頭ではなかなか手に入らない製品。オークションでも出品されればかならず誰かが入札する人気商品なのだとか。

Pro1がほしくて欲しくてたまらない父親のため、今回は、確実に入手可能(即決あり)で、欠品がなくて、カメラに詳しそうな出品者さんの品物を、即落しました。相場からするとちょっと高めかな・・・と思っていたら、本来ならば別売りのアクセサリー(512MBのメモリカード、専用ケース、レンズ等等)をたくさんつけてもらったそうで、マニュアルその他も新品同様だったそうです。もちろん欠品はなし。父親、いたく感動して、出品した方の自宅にお礼の電話をかけたのだとか。出品者の方は、てっきりクレームの電話かと思ってあせったそうですが、お礼と聞いて一安心。「落札した方が良い人でよかった」と喜んでおられました。

父親、喜ぶ。出品者、喜ぶ。亭主も(よくわかんないけど)喜ぶ。
これぞWin-Winの関係ですね。

「母親には3万といっておこう」

喜び浮かれる父親、さっそく偽装工作を始めたようですが・・・(^^;)

DP-55Vリフレッシュ!

本日、Accuphase DP-55Vが修理から帰ってきました(^o^)v

月曜日に既にメーカの方さんからお話を聞いたところによれば、
今回のDP-55Vからのノイズは、故障ではなく、

「ディスクの品質が著しく悪い」

ことが原因だったのだそうです。ディスクチェックのためAccuphaseの最新機種、ハイエンド機でも再生してみたところ、同じようにノイズは発生して、とても聞けた状態ではなかったのだとか。メーカの方からは「いちどPCでリッピングして、CD-Rに焼きなおせばノイズは無くなります」とのアドバイスがありました。

もちろん、「著しく品質が悪いので、PCで無事に取り込めるかは分かりません」とのこと。

そういえばこのアルバムを再生した後、Panasonicのポータブル機が故障してしまって、亭主は蹴っ飛ばしたのが原因だと思っていたのですが・・・もしかしたらこのディスクが引導を渡してしまったのかもしれませんね。かわいそうなことをしました。

とにもかくにも、DP-55V。メーカでベルト交換、レンズ清掃、内部点検などをしてもらい(もともと元気なのが)さらにリフレッシュして帰ってきました。

やったぁ~ヽ(´ω`)ノ

PLAYSTATION3は今日でCD再生担当重役を解任。SACD/DVD再生の担当に戻ってもらうことになりました。
久しぶりに聴くDP-55Vの音は・・・

うーん、やっぱりいいわぁヽ(´ω`*)ノ

これからも永く聴き続けていきますよ。

2007年4月16日

父からの電話

「お父さんですけど、電話をください」

職場の飲み会で遅くなった亭主の、携帯電話に1件、固定電話に2件入っていた父親からの電話。
もしや祖父の容態が急変したのでは、と実家に電話をかけました。

22:30だというのに、コール1回で父親が電話をとりました。

「お父さんだけど」
「・・・なにかあったの?」
「Yahoo!!オークションでCanonのPowershot Pro1(デジタルカメラ)が安いんだけど」

・・・( ゚д゚ )

「1円スタートだって」

・・・( ゚д゚ )

「定価13万なのにいま1万円だって」

そこから約30分、オークションの講義。
1万円では買えない(落札できない)であろうことを延々説明するこのむなしさよ。

まあ、ご不幸がなかっただけよしとしよう・・・(_ _;)

2007年4月13日

人間ドック

「できないというな,できる方法を考えろ」

 最近上司が好きな言葉です。
 仕事に対して不満の多い部下を調伏させる,魔法の言葉。どんな場面でも使えるので,なにかにつけて使ってきます。新しい言葉を覚えた子供さんが,調子にのって同じ言葉を連呼するのに良く似ています。言うたびに気分が良くなる上に,言う以外に頭を使う必要がない,というのがこの言葉のポイントです。

 ほかにも,

「天狗様のしわざ」
「CIAの陰謀」
「プラズマ」

などなど,ただ言うだけで全てを説明できる,いや,全てを説明できそうな錯覚に陥ってしまう言葉はたくさんあるようです。時と場所を選べばそれぞれに効果的。もっとも,健康志向な日本人に最も知られた,強力な魔法の言葉といえば,昔は「血液さらさら」。今は

「メタボリック・シンドローム」

かもしれません。

 中性脂肪が高い,体脂肪率が高い,血糖値が高い,γ-GTPが高い,尿酸値が高い,胴回りが85cm以上,これすなわちメタボリック・シンドローム様のおかげなり。高血圧や動脈硬化,高脂血症,通風,糖尿病,あらゆる疾病を総括可能な,医学会の大統一理論です。

 病院の人間ドックにおいても,昨年からは「がん」と「ナントカローム」に絞った判定・評価にしたそうです。異常が見つかったら,とりあえず「ナントカ」と言っておけば間違いありません。

 かく言う亭主,これまでかろうじて「正常」を保ってきた各種数値が,この1年のストレス地獄で一気に破綻しまして,昨日の人間ドックではなんと「要注意」判定を頂いてしまいました(ToT)

「メタボリック・シンドローム予備軍です」

 アドバイスもまた実に的確かつ定石に即していて,聞いていて涙が出てきます。

「運動しましょう」
「食生活を見直しましょう」

 問題は「なぜ運動できないのか」「なぜ食生活が乱れるのか」なのですが,流れ作業のように患者を診断していく病院が,非定型うつに悩まされる亭主の心情など,知ったことではないのでしょう。

 え?できないと言わずにできる方法を考えろって?(汗

 :
 :
 :

 天狗じゃ!天狗様の仕業じゃ!( ̄O ̄)

2007年4月 9日

ラブラブ日記について

ページ冒頭の「ラブラブ日記」は、目標毎日更新。
実際には2~3日おきに更新しています。

過去にこつこつと書き溜めたテキストのなかから「これは」というフレーズを選んでいます。なかなか更新しないメインコンテンツの代わりに、日替わりで楽しんでもらおうという計画の下にスタートしたコンテンツですので、難しい詮索は抜きにして、気軽に楽しんでもらえるとありがたいです。

それにしても今回のは長いですネ。

2007年4月 4日

CDプレーヤの修理(まずは1台)

CDプレーヤ(Accuphase DP-55V)を修理に出しました。

メーカの品証の方からの電話ですと、光学ピックアップが怪しいようです。もしそうであれば、修理価格はメーカのホームページにある額の最大(\31500)。光学ピックアップの交換のほか、ベルトやトレイ部分の点検もしてもらえるそうなので、「オーバーホール」ということにしましょう。

オーバーホール。うーんいい響きだ。

人間で言ったら、温泉旅行かな。命の洗濯。

プレーヤを修理に出している間は、Playstation 3をCDプレーヤとして使っています。システムバージョン1.60からは、CDを入れると自動的に再生してくれるので、普通のCDプレーヤとして使っています。わりと便利かな。音も意外とよいです。透明で、広い音場。ちょっと腰高な音なのはSONYの個性。まあ、ソフトの少ないSACDやBDをちょっと聴きする分にはよいのではないでしょうか。


夕方、ちょっと用事があって、亭主が3月までいた職場に顔を出したところ、夕方から職場で花見をするそうで。そういえば以前にお誘いのメールが来てたっけ。「いっしょにどうですか」とお誘いを受けたのですが、丁重にお断りしました。

用事を済ませて駅へもどろうとしたところ、黒い雲が空を覆ったかと思うと、大粒の雨がぽつぽつと落ちてきて・・・なにやら不穏な雰囲気。

そういえば東京ではみぞれが降ったそうで・・・みんな無事にお花見できただろうか。

2007年4月 3日

骨折通信(完)

本日、骨折の治療が完了しました。

お医者さん曰く

「いくらか変形がみられるがしっかり付いてます」

・・・(´д`;)

ま、まあ普通に曲がるし、伸ばせるからいいか・・・


ぶつかった相手は結局見つからずじまいですが、とりあえずこれで終わりです。
2月6日から約2ヶ月、皆様にはいろいろとご心配をおかけしました。
本当に申し訳ありませんでした。

また、暖かいお言葉、お見舞いをいただきまして、本当にありがとうございました。

骨折通信はこれで(たぶん)おしまい。
繁盛記はまだまだ続きます。

2007年4月 1日

CDプレーヤ(都合3台)故障

20070401.jpg

CDプレーヤ(Accuphase DP-55V)が故障したようです。

Joaquin 'Joe' ClaussellのUn.Chained RhythumsのDisk 2の冒頭で、左チャンネルから「ザ・ザザザザ・・・」とノイズが聞こえてきて、これがどう聴いても効果音に聞こえないんですね。とってもとっても聞き苦しい。1曲目が終わって、2曲目に入ってもこのノイズは続いていて、だんだんおかしいぞと思い始めました。

んで、隣の寝室にあるポータブルプレーヤ(Panasonic SL-S30)で聴いてみたところ、ノイズがぜんぜん聴こえないんですね。

どっか壊れてるっぽい(ToT)

で、スピーカ、アンプ、ケーブルなどを一つ一つ交換しながら確認していったところ、どうやらDP-55Vの問題であることがわかりました。海外製で、値段も比較的お高いOrpheus(アンプ)が壊れていたら、正直、精神的に再起不能になるところでしたが、とりあえず国内製品ではサポートに定評があるAccuphaseなので、安心・・・とはいえ、やはり故障はきついです。

修理に出す間、プレーヤの代替をどうしようと考えて、先ほどチェックしたPanasonicのSL-S30をつなげようとしたら、こんどはこちらの電源が入らない。

不具合チェックのドサクサに蹴っ飛ばしたかららしい(ToT)

3月の初旬に中古で購入したDCD-3300Gは、昨日、ディスクに盛大な傷をつけてくれることが発覚して押入れに封印しています。なんと、昨日と今日で3台のCDプレーヤが機能不全に陥ってしまいました。

SL-S30は購入してもう19年になりますから、そろそろ寿命だったのでしょう。
もったいないと思いつつも、SL-S30だけは処分することに決めました。


ただ、これだけでは終わらないのが面白いところ・・・というかややこしいところ。故障していたと思われていたDP-55Vですが、他のCDを聴くと、ぜんぜん普通に聴こえるんですね。ノイズが載るのはUn.Chained Rhythumsだけで、ほかのCDではノイズが聴こえません。疑って疑って疑い抜いて、意識して聞けばなんとなくノイズが乗っているようにも聴こえるけれど、普通に聞く分にはぜんぜん問題ないんです。そういえば以前も、ちょっとノイズが入るような音がしたっけ・・・と思いつつ放置していたのを思い出して、もしかしたらこの現象、かなり前からその予兆があって、しかもソフトによってその症状が違うのかもしれません。CDのフォーマットの違いとか、録音時間とか・・・よくわかりませんが。

このところトラブルが連続しているので、CDの故障程度で落ち込むほどヤワではないつもりですが、修理代と称してお金が出て行くのは正直勘弁して欲しいです。

問題を放置するか、それともすぐに根本対策に乗り出すか。

長年の経験と勘からすると、気がついたときに根本対策するのが一番効果的。後になればなるほど事態は複雑かつ不可避になりますから、すぐに修理に出すのがよいのでしょうが・・・

きついなぁ。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。