2009年1月アーカイブ

2009年1月25日

01/24 さようなら、Virgin Megastore

これも土曜日のお話。

妻「そろそろCD店のポイントカードの一枚が期限なんじゃない?」
妻「CD店に行ってきたらどう?」
妻「ポイントカードでぽにょとウィリアム・テル序曲と和田アキ子が紅白で歌ってたCD買ってきてね」

・・・と良くわからないリクエストを受けまして、土曜日の昼、久しぶりに水戸丸井のVirgin Megastoreに行きました。12月11日に行って以来約一ヶ月半ぶりのVirgin。妻の所望するCDを探して店内をうろうろしていたところ、馴染みの店員さんが、ぱたぱたと駆け寄ってきました。

「かたぎりさん、ちょうどかたぎりさんに電話をかけようとしてたんですよ」

訊けば、Virgin Megastore水戸店は、明日(1月25日)で閉店なのだそうです。

Virginグループ(本社イギリス)が日本国内のCD販売事業から撤退し、日本のVirginはそのままTSUTAYA傘下へと入ったことは聴いていたのですが、Virgin Megastoreそのものが閉店するとは想像もしていませんでした。店長さんも、11月あたりから噂は聞いていたものの、実際に閉店の通知を受けたのは3日前だったのだそうです。なんでもVirginの商標を日本で使い続けるには、それ相応のロイヤリティが必要なのですが、Virginというブランドの価値が低くなっている昨今、ロイヤリティを払ってまでVirginという商標を使い続ける理由がない・・・ということで、閉店という措置がとられたのだとか。

国内のVirginは、時期はまちまちですが全ての店舗が閉店するそうです。水戸店は、明日の閉店に向けて、全商品20%オフのラストセール。ただし他の店に送る商品、返品する商品は既に梱包済みのため、売り場はあちこちスカスカになっていました。

20090124virgin2.jpg

店長「かたぎりさんには随分とご利用していただいて」
亭主「いやとんでもない、こちらこそ随分ご無理を聞いていただいて」

店長は広島に転勤とのこと。おそらくTSUTAYAだろうとは言っていますが、実際にどこになるかは良くわからないそうです。

店長のあとは店員さんがやってきてご挨拶。水戸店には女性の店員さんが多く、何人かの店員さんとは雑談したり、個人的な話ができるくらいまで親しくなっていました。

店員さん「せっかく気軽にお話できるようになったのに、残念です」

話をするうち店員さん、涙をぽろぽろ。女性の涙にめっぽう弱い亭主、おろおろ。

--

Virgin Megastoreが水戸丸井内に開店して、15年になるのだそうです。
そういえば亭主が茨城に来たのも、そんな時期でした。当時は丸井のワンフロアのほぼ1/4を占める、かなり大きな店だったと記憶しています。駅前という立地の良さもあって、空間を贅沢に利用した店内には常に人が出入りする活気がありました。音楽と流行の発信基地として、メジャーからインディーズまで手広く扱う品揃えに、亭主も随分利用したものでしたが・・・

昨今の世界不況、そしてCD販売数の落ち込みには勝てなかった、ということでしょうか。
妻が聴きたいといっていた「ぽにょ」のサウンドトラックとウィリアム・テル序曲のCD、それに以前から聴きたかったYMCKとOpiateのアルバムを購入し、店を後にしました。

20090124virgin1.jpg

また一つ、なじみの店が消えてしまいました。
店長のTさん、店員のMさん、Kさんほかみなさん、いつまでもお元気で。

それじゃあ。

2009年1月24日

01/24 さようなら、ひたちなか(その2)

本日、以前住んでいたアパートを解約し、完全に引き払いました。

荷物を引き払ってがらんとした部屋は、亭主がここに引っ越してきたときのまま。
いえ、当時青かった畳は、スピーカと、オーディオラックと、CDラックがあった部分以外が黄色く陽に焼けていて、知らないうちに月日が経過していたことを思い出させてくれました。

亭主がここにやってきたのは、2003年2月14日のこと。引越し当時はオーディオラックはおろかカーテンも、暖房器具すらなく、底冷えのするアパートで布団にくるまり、ぶるぶると震えていたものでした。

20030221myroom.jpg
(写真は引越し当時の部屋の光景です)

そうだ、当時はプリがAccuphase C-275V、パワーがLux M-7fだったっけ。スピーカ(Infinity Kappa6.2i)も、液晶ディスプレイも、キーボードも、テレビも、PS2すらも今は手元にありません。
オーディオシステムやPCの構成だけではありません。職場、マラソン、結婚、そして新居。

自分ではそんなに変わっていないつもりでしたが(青かった畳がいつの間にか黄色になっていたように)いろんなものが変わっていることに気がついた亭主でありました。

--

この日は雪がふっていまして、寒い中で鍵の引渡し。
アパート仲介業者さん立会いの下、部屋の中を点検しました。ふすまも壁も意外と綺麗で、「こんなに綺麗に使ってくれた人は初めてです」とは業者さんの言葉。このあとブレーカを落とし、カーテン(照明器具とともに亭主が残していくものの一つです)を引き、ドアの鍵を閉めて鍵を業者さんに渡しました。ほどなくガス屋さんがやってきて、給湯器の水を抜きました。

--

このあといろいろとお世話になった大家さんの家に行き、引越しのご挨拶。お土産にお菓子を持っていったら、大家さんの家でつくったという乾燥芋をいただきました。
大家さんの家のコロ(雑種)は、亭主によくなついていてくれたこともあって、この日も一度も吼えることなく亭主を見ていてくれました。

アパートとも、大家さんとも、コロともお別れですが・・・

それじゃあ。

20090124apartment.jpg

また逢える日を楽しみに。

2009年1月22日

01/22 肉ばなれ

昨晩、フィットネスクラブで、格闘技系エクササイズを受けていたところ、ふくらはぎに「ばつん」と殴られたような衝撃を感じました。続いて襲ってくる激痛。しかもなかなか治まりません。

後ろに居る人が足を蹴っ飛ばしたのかとも思ったのですが、もちろんそんなはずはありません。痛みをこらえながら約一時間エクササイズを続けたあと、なんとか家へ。湿布で足を冷やしその夜は我慢、本日午後、整形外科を受信したところ

右ふくらはぎの筋肉の一本が肉ばなれしていました。

お医者さんによれば「時間が解決してくれる」とのこと。薬と湿布をもらいました。ついでに地元の治療院に行き、鍼灸と電気治療を受けました。鍼灸師の方によれば、全身の筋肉が疲労していて、すでに限界に近かったのではないか・・・とのこと。ここ1ヶ月は安静にするようにとアドバイスを受けました。

そんなわけで、日曜日の勝田マラソンは、棄権することにしました。

うーん、残念。
もっとも、マラソンの途中で肉ばなれなど起こしたら、余計に大騒ぎになっていたでしょうから―――まあ良かったといえばよかったのかもしれません。

--

自分の不摂生のおかげで、妻や、職場の人に迷惑をかけることになってしまいました。
反省してます。
しっかり養生して、次は無理をしないようじっくりとトレーニングしていくことにします。
とりいそぎ報告まで。

2009年1月19日

01/18 いちご狩り

今年もいちご狩りの季節が到来。鉾田市の「深作農園」さんに(今年も)行ってきました。
一人あたり1300円の入場料を支払い、送迎用のワゴン車でイチゴのビニールハウスへ。
この日は4つのビニールハウスにクイーンベリーが食べ放題でした。

20090118ichigo1.jpg

亭主は知らなかったのですが、イチゴというのは「大きいほうが甘い」のだそうで、今回は特別大きいのを狙って食べています。真っ赤な特大イチゴは、ひたすら甘くて果汁いっぱい。膝から力が抜けるほどのおいしさでした。朝食のすぐあと、ということもあって、32個が限界。でも大満足でしたよ(^~^*)

20090118ichigo2.jpg

帰宅する際には、旧旭村のJA直売所に寄り、野菜を大量に買ってきました。
このごろは高いレタスやほうれん草が、ひと玉100円で買えたのが嬉しかったですね。
しばらくは野菜生活が続きそうです。

20090118ichigo3.jpg

昼食は自宅にて、直売所のあんころもちといなりずしを食べました。どちらも地元の方が作ったそうで、あんころもちはあんこの甘さが上品、いなりずしは中にお赤飯が入っていました。どちらもたいへんおいしゅうございました。
そんなわけで、来月もイチゴ狩りにいく予定です。イチゴをたらふく食べたい人、最近野菜を食べていない人はぜひどうぞ。

--

亭主的「狩り」評価

もみじ狩り : 食べられない。
しおひ狩り : すぐは食べられない。意外と量が食べられない。
いちご狩り : 甘くておいしい。おすすめ。
ニムロデ狩り : よくわからない。たぶん食べられない。

2009年1月13日

01/13 オーディオルーム始動によせて

年末以来ごたごたしていましたが、ようやく、オーディオ機器に火を入れることができました。

これからの「どむや」の活動拠点たる亭主の部屋は、ホームベースの形をした7畳ほどの洋間。土曜日は、この一角にオーディオ機器を据えて、機器の試運転をおこないました。
初めて聴く我が家のオーディオは・・・物が多いからか、それとも部屋に平行面が少ないせいか、変に響いている箇所はありませんでした。隣室との間には吸音材を入れてありますので、隣や下の階への音漏れも、気にするほどではなく一安心。通常仕様のドアからは盛大に音が漏れますが・・・まあこれは今後の工夫でなんとかしたいですね。

部屋にはオーディオ機器のほか、本棚やら、PCやら、CDラックやらがどっちゃりと入っていて、これからこれらの物をどうしていくかもまた課題の一つです。出来れば、部屋の中はオーディオとラック、CDソフトくらいに押さえたいところです。

杉ちゃんさんが、1000ZXL子さんの画像掲示板で仰っていた、シンプルイズベスト。亭主の好きな言葉でもあります。

20090111domroom.jpg

--

引越しに際しては、本当にたくさんのものを処分しました。

特に一番処分したのは、蔵書類でしょう。
学生時代から愛読していた戯曲やSF、少し前まで入れ込んでいた新本格のミステリ、幻想文学やオカルト関係の資料など、ほとんどのものをブックオフに売り払い、約半分までに減らしました。亭主の好きな京極夏彦や神林長平、士郎正宗も手放しました。古書店でも滅多に手に入らないものや、オークションではプレミアム付きで売られている稀覯本の類も少なからず含まれていて、しかも「コミックとベストセラー本以外は二束三文以下で(しぶしぶ)買い取る」ブックオフに売ったとなれば、売った後の心境は、決して良いものではありませんでした。

蔵書を処分した当時は、

これから先、読み直す事もないだろうから

とか

死んだときにあの世に持っていくことはできないから

などと無理やり納得していたのですが、今、あらためて「家」で本の存在を考えてみると、早計だったと後悔するところも大きかったりします。

--

確かに本は、まず最初に「買った人が読む」ものでしょう。
ですが、その本が最終的に帰属する場所は、買った人や読んだ人などの「人」ではなく、実は「家」なのではないか、と思い始めたのです。

例えば、海外の古い邸宅(例えば英国貴族の館)に見られる、壁いっぱいに、天井まで並べられた図書室の本は、買った人に属しているのではありません。その家が存在する限り、あるいはその家が改築・改装されてもなお、「家」に帰属し、そこに暮らし続ける人々に知識を提供し続けるのです。読む・読まないは人々の自由。ですが知識はいつもそこにあって、誰かが手を取り、読まれることを待っている―――それこそが、本の正しいありかたであり、その家の「代々続く家風」の根底にあるものなのではないでしょうか。

もちろん、高温多湿・大量消費・高コスト社会の日本において、日本家屋で図書室などという仰々しい設備を維持していくことは、大変なことです。ウサギ小屋などと揶揄される日本の家で、膨大な蔵書を継続して管理してくれる、そんな奇矯な息子や娘が都合よくいてくれる保証もありません。あるいは自分の蔵書が文化的に、歴史的に保存するに足る、貴重なものだと言うつもりもありません。

しかし―――。

--

タウンページをお持ちの方は、自分の街にどれだけ個人営業の「古書店」があるかを調べてみてください。

昔はあれだけあった個人営業の古書店がことごとく姿を消し、代わりに「コミックとベストセラー本以外は二束三文以下で(しぶしぶ)買い取る」ブックオフや富士書店、その他チェーン店ばかりが生き残っているとしたら―――

やはり本は売るのではなく、自らの「家」に帰属させて、後世に伝えていくのがよいのではないか。

家を手に入れて、いまさらながら本の処分を後悔している亭主でありました。

2009年1月12日

01/12 東海村新春マラソン大会

新年の走り初め、ということで、日立市の隣・東海村で開催された新春マラソン大会に参加してきました。

当日は明け方に雨が降りまして、県北は各所で路面が凍結していてかなり危険な状況。道路沿いには天井を下にして完全にひっくり返った軽自動車やら、タイヤがバーストして反対車線で停まっているトラックやらを横目に、おっかなびっくり会場に向かいました。
幸い、陽が出てからは徐々に気温が上昇し、絶好のランニング日和となっています。写真は会場の笠松運動公園。

20090112tokaimarathon1.jpg

亭主は、39歳以下、ハーフの部に参加しています。参加人数はハーフ、10km、3km(中学生)、2km(小学校高学年)、1km(小学生低学年)あわせておおよそ2000人。ハーフにはおおよそ650人が参加しています。1/25に開催される勝田全国マラソンの前哨戦、あるいは調子を整える大会として参加する人も多いようです。いわゆる「お祭り」のような賑々しさはありませんが、ハーフでは16km地点に関門があるなど、なかなかシビアな大会となっています。

亭主はといえば、土曜日、日曜日とスパーク鮎川でそれぞれ30分、1時間30分ほど筋トレをしていた関係で、身体の各所が筋肉痛・・・という状態での参加となりました。

20090112tokaimarathon2.jpg

東海村マラソンの楽しみ、といえば、なんといっても参加者に振舞われる豚汁でしょう。エントリ時に豚汁の無料券が渡されるので、走ってから、あるいは走る前に食べることが可能です。亭主は前回、豚汁を食べてから走ったので今回も・・・と早速行ったのですが、「早すぎですよ、まだ出来てませんよ」と笑われてしまいました(^^;)

20090112tokaimarathon3.jpg

エントリ、開会式のあと、10時よりレース開始。笠松運動公園からさわ野森ニュータウン前を経て、国道245号まで走り、その後245号を原子力機構前まで走ったら、村松の田んぼの中をぐるりと一周した後、東海村文化センター前を経てスタート地点へ戻ります。東海村は東西方向に起伏が多く、レースは常に「登り」か「降り」。かなり厳しいレースでした。筋肉痛で出場した亭主も、最初の5kmでかなりキツイ状態。その後はひたすら我慢のレースに終始しました(・・・って、いつも我慢してますネ)。

なんだかんだ言いつつ、タイムは将門ハーフマラソンよりも3分短縮。ただし、まだまだタイムを縮める必要がありそうです。

戻ってきて、お待ちかねの豚汁コーナーに行ったら―――もう汁しか残っていませんでした。

先に食べておけばよかった、と汁だけの豚汁をすすりつつ、来年のリベンジを心に誓いました。

昼食は、カインズホームの前で売っていた「一口茶屋」のたい焼き2尾と、お汁粉ドリンク。

2009年1月 2日

01/02 ルネサンス棚倉

01/02 ルネサンス棚倉

結婚、ホノルルマラソン、家の新築。引越しやら、新年の準備やらと激動の年末を送った亭主と連れ、今年は帰省せず、新しい家で新年を迎えました。

二人とも疲れがピークに達していて、家事も新年行事もほったらかしで休みたい気分―――ということで、元日と二日は、福島県棚倉町にある複合レジャー施設「ルネサンス棚倉」へ出かけています。

20090101tanagura.jpg

ルネサンス棚倉は、テニス、乗馬、パターゴルフ、フィットネスジム、室内プールなどのスポーツ施設のほか、弱アルカリ性の温泉、バーベキュー施設、それに宿泊施設まで完備したリゾートスポーツ施設です。もっとも、元日に来られるお客さんは、スポーツよりも温泉と食事がメインのようですが(^^;)夕食は宴会料理のほかに、要予約のバイキング料理がありまして、洋食を中心に肉、魚、野菜どっさりの料理が食べ放題。元日から家族連れの皆さんでにぎわっていました。

連れは、疲れているということでひたすら温泉。運動不足の亭主は、施設周囲の森林浴コースをジョギングしました。元日はおおよそ一時間、二日は小雪の舞う中を30分ほども走ったでしょうか。林道あり、獣道あり、沢あり、自然と語らいながらじっくりと森を散策するコースを、山岳ランニングさながらに走ると、短い距離ながらも充分な運動量となりました。

20090101tanagura2.jpg

バイキングでは上げ膳据え膳・・・というわけにはいきませんが、なれない家事を負担に思っていた連れにはなによりの息抜き。ジョギングにお風呂、元日から贅沢を満喫した亭主と連れでありました。

やっぱりお正月はのんびりしないとね。

2009年1月 1日

01/01 謹賀新年

20090101ousesunrise.jpg

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたします。

このサイトをごらんの皆様のご多幸とますますのご発展を、
このブログより御祈り申し上げます。

2009年元旦

どむや亭主拝ヽ(´ω`)ノ

--

写真の初日の出は、元旦朝、茨城県日立市会瀬海岸にて撮影したものです。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。