2009年6月アーカイブ

2009年6月29日

06/28 第26回富里スイカロードレース

千葉県富里市で毎年開催されている「スイカロードレース」に初めて参加しました。
富里は千葉県北部中央に位置する小さな市、東関東自動車道の富里ICが最寄となります。全国でも生産量2位を誇るスイカが名産・・・ということで、会場周辺ではスイカ農家の方が露店を並べるほか、大会会場でもスイカがたっぷりと振舞われます。もちろん、大会で供されるスイカは全て無料。ランナーはもちろん、全国のスイカ好きが思いっきりスイカを堪能できるため、県内外から多数の参加者が詰め掛ける人気のイベントです。

エントリ人数は、近年のランニング人気も手伝って、前回から3000人増の13000人。出走者は約12000人、完走者は11500人とのこと。

富里市のトピックス
スイカロードレースについて

種目は10km, 5km, 3kmの3種類。暑い季節柄ということでコースにはほぼ1kmごとに給水所が置かれるほか、ゴールの約2km手前には給水所ならぬ「給スイカ所」が置かれ、ここでもランナーがスイカ食べ放題。記録を無視し、足を完全に止めてスイカを食べるランナーも多いそうです。

そんなこんなで、亭主も、妻と一緒に「スイカ」の衣装に身を包んで参加してきました。亭主は40歳以上10kmの部で10:50の出走。緑のシャツに赤い(種つき)ランスカ、頭にはスイカをかぶった文字通り「スイカ人間」のイデタチに、他のランナーさん、沿道の人から「スイカさん」と呼ばれつつ、楽しく走ることができました。この日は蒸し暑く、走るには少し不適な気候でしたが、曇りで日差しが無かったのはよかったですね。

会場にはこのようなテーブルがずらりと並んでいます。
出走前、スイカの準備に追われるスタッフのみなさん。

20090628tomisato1.jpg

件のスイカ人間。ポロシャツは雨に濡れるととたんに重くなり、からだにまとわりついて大変でした。

20090628tomisato3.jpg

出走を待つランナーたち。このあとスタート。

20090628tomisato2.jpg

食べ放題のスイカはどれもこれも大変甘く、果汁たっぷりでとてもおいしかったです。亭主も「給スイカ所」でスイカを両手に食べたほか、ゴール後にもたくさんスイカを食べました。さらに、露店の農家の方に「残り物には福」と小玉のスイカ4個を合計500円で売ってもらい、お土産もたくさんできました。帰宅後は行きつけのスポーツジムの温泉でゆったり。

そういえば、会場には、ラッシャー板前さんが居られました。テレビ朝日系列スーパーJチャンネルのコーナー「ラッシャー板前の便利屋大将」の収録とか。大会後に、「釜揚げ讃岐うどん丸亀製麺」でうどんを食べていたら、隣のお座敷にラッシャーさんが座って、びっくり。

本当に楽しい大会でした。

ランナーのみなさん、スタッフのみなさん、農家の皆さん、沿道で声援を送っていただいた皆さん、それにラッシャーさんとテレビ局の皆さん、楽しい大会を本当にありがとうございました。ご苦労様でした。

また来年も富里でお会いしましょう。

2009年6月21日

06/21 厄落とし

今年が前厄の亭主、以前から懸案だった厄を落とすべく、東海村の「村松山 虚空蔵堂」に行ってきました。

村松虚空蔵尊は平安初期に弘法大師が開いたという、由緒のあるお寺。真言宗豊山派、朝熊虚空蔵尊(三重県・伊勢)、柳津虚空蔵尊(福島県・会津)とともに日本三体に数えられる名刹とのことです。ちなみにこの虚空蔵尊のちょうど北東には、茨城の一宮・大神宮(こちらは奈良時代に創立)が隣接しており、原子力研究施設がたちならぶ一帯にあって、厳粛な雰囲気をたたえています。

年末年始や例大祭には参道にずらりと出店が並び、国道245号を含む周辺一帯が大渋滞に陥ることでも有名な村松さんですが、亭主が厄を落としたこの日は大祭などの予定もなく、雨の降りしきる中の参拝となりました。

20090621muramatsu.jpg

山門を抜けて境内に入り、社務所(受付)で厄払いの手続きをしたあと、本堂へ。
本堂のたたみの上でしばらく待っていると、ご住職ほか数名のお坊さんによる加持祈祷が始まりました。
この日は私と、もう一人、男の子の学業成就(か?)の祈祷がありました。護摩を焚き、読経。15分ほどで終了。お札をもらって帰ってきました。

--

「厄」は陰陽道に由来するそうです。
厄というものが本当にあるのか、ないのかは信仰を持たない私にはよくわかりません。
長い人生にあって、自分の健康を見直す節目が「厄」なのだ―――と、どこかで読んだ記憶があります。ただ、室町時代以前の日本人の平均寿命が40歳を切っていたことを考えると、「節目」説は近世の解釈ととらえたほうがよさそう。「厄病」=「疫病」ととらえると、もしかしたら御霊信仰の視点から解釈したほうが自然かもしれません。

ここ1年ほど、亭主の周りには小さなトラブルが続いていて、周囲に心配をかけています。
今回の厄落としはむしろ、自分を含めた周囲の「不安」を鎮めるもの―――なのでしょうね。

2009年6月15日

06/15 Twitterはじめました

Twitterをはじめました。

http://twitter.com/ykatagiri

現在はまだ試用中といいますか、ネットで見かけた有名人さんを徐々にフォローしている途中です。そのうち自分でも有用な「つぶやき」を発信していけたらなーなどと思っていたりして。ただ、携帯電話からだとどうしてもURL付きの「有用なつぶやき」を発信しにくい、あるいは受信したURL付きの「つぶやき」を確認しにくいんですね。会社からTwitterにアクセスするわけにもいかず、iPhoneや、Blackberryなどのような携帯端末が欲しいなあ、などと思っています。現在加入しているauからそれら端末が発売されるとよいのですが・・・。

妻はソフトバンクの「お父さんストラップ」が欲しいらしく「iPhone買ったら」なんていってるんですけどね(^^;)やはり使う側としてはランニングコストも気になります。iPhoneを通信専用機にすれば、auで契約しているダブル定額ライトを最低額に抑えたら、これまでと出費が変わらないかも・・・いろいろと考えるところは多いです。

古くはSigmarion(I / II)やP-in Compact(NTT)、最近ではPSPを導入してモバイル環境の充実を試みていたた亭主ですが、基本的にこういうガジェットというのは日々の生活の中にがっちり組み込まないと活用されないようですね。Sigmarionも、またPSPも充分に活用できず、モバイルの便利さ、有用さがまだ充分に享受できずにいます。

最近の携帯の活用度(Webブラウジングや掲示板への書き込み)などからすると、iPhoneやBlackberryはWeb端末として活躍してくれそうな予感がして、「こんどこそは」などと思ったりもしているのですが・・・

ホームページ、CGI、レンタル掲示板、ブログ、Wiki、独自ドメイン(これは閉鎖した)、自宅サーバ(これも閉鎖した)など、続けたり続けなかったりいろいろやっています。

つぎはTwitter。興味のある方は、どうぞ。

2009年6月12日

06/12 大洗に行ってきました

本日会社が「帰休」というやつでお休み。
昼に大洗に行ってきました。

昼食は「大洗海・山直売センターいきいき」内の回転寿司「お魚天国」。
テレビで芸能人がレポートしていたのをみて、行きたいと思っていたのでした。
この日は平日ということもあって、お客さんは10人ほどしかおらず、しかも「川」というんでしょうか、ベルトコンベアにはほとんどネタが流れていない状態。真鯛、生ホタテなどがオススメとのことで食べてみたのですが・・・

・・・話題のお店、というほどではないかな?(^^;)

食後に(いつもお世話になっています)「ポテト姫の気まぐれ雑記」さんでもたびたび話題になる「みつだんご」を「たかはし」さんで購入。6本で300円。甘い蜜ときなこ、そしてマシュマロのようにふんわりとした団子の組み合わせが絶妙で、(家に帰ってから・・・という予定が)あっという間に6本を平らげてしまいました。でも、温かいみつだんご、最高ですね(^^)v

他のお店のみつだんごも食べ比べてみようと思っています。

06/12 Bridgestone Ecopia EP100 (後日談-その2)

引き続き、Ecopia EP100の燃費を検証中。

走行距離 708km - 給油 69.3リットル
伊勢崎往復-街乗りで10.216km/リットル

走行距離 810km - 給油 71.2リットル
柏往復-街乗りで11.376km/リットル

うん、確かに伸びてる。
トリップメーターが800km台なんて、これまでなかったことですよ。

これでタイヤの寿命が長ければ、まさしく「エコタイヤ」なのですが。
はたして。

2009年6月 1日

05/31 群馬県館林市 らーめんいっ直(しおとろチャーシューめん)

20090531icchoku.jpg

そんなこんなで、5月31日にも伊勢崎にいきまして(^^;)
群馬県館林市、国道354号沿いの「らーめんいっ直」で昼食を摂りました。市街地から少し西の方角に進んで、左側。味は醤油味、塩味、味噌味が選べます。醤油と味噌はどちらも新潟で醸造したものを使っているそうですが、今回はしおとろチャーシューめんを試しています。

スープは濃厚な鶏がらスープ。コクがあり、香りもなかなか。魚粉を少し入れているそうで、一口味わうと魚の風味も感じられます。塩ダレは少し強めでしょうか。麺はまっすぐの細めんでコシあり。しっかり塩ダレが絡みます。チャーシューはボリュームたっぷり、脂がとろとろと溶けてスープに複雑な味わいを与えています。

多少塩味が強いものの、スープ、チャーシューの脂、そしてあっさりした麺と、バランスの良いラーメンでした。

妻はもう伊勢崎方面にはいく予定がないそうですが(^^;)
行きたい店はまだまだあるんですよねぇ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。