2009年8月アーカイブ

2009年8月31日

08/31 IHクッキングヒーターの修理

自宅のIHクッキングヒーター(電磁調理器)の修理が完了しました。

全とっかえ、とのことで、新品同様。
といいますか、まだ購入して1年にもならないので新品もヘッタクレもありません。保障期間内で修理代金は無料。とにかく交換が完了しました。同じ仕様のものだったのが幸い、早速夕飯に試運転を兼ねて生さんまを焼きました。

生サンマヽ(´ω`)ノうまーい

今度は故障しないことを祈りたいですね。

--

本日台風で、朝から夕刻まで、風・雨ともに強い状態。
昨日、靴の量販店でダンロップのレインブーツを買いまして、さっそくこれを使いました。ダークグリーンに黄色いストライプのデザイン、起毛のソールがなかなか快適。

風が強いので最初から傘はささず、レインブーツと撥水のポンチョ(学生時代にまつださんと伊豆を歩いて旅した際に、まつださんにもらったもの)で出勤しました。傘をさして通勤している人の中には、強い風に煽られて傘を飛ばしている人、革靴をずぶずぶに濡らしている人もいて(見た目はともかく)レインブーツとポンチョの威力をまざまざと実感。

--

「雨の日に長靴履く人は出世するというよ」

妻がそう言っていたのを思い出しました。

長靴を履いた亭主をおだてているのかはわかりません。
ただ、どこかLifehack(笑)的なニュアンスも感じられて、ちょっと気になっています。

「見た目よりも実利を取るから」なのか、それとも
「濡れるというリスクを回避する先見の明」なのか。
もしかしたら出典があるのかもしれませんね。

とにもかくにも、行き帰りに、身体はほとんど濡れずにすんだ亭主でありました。

2009年8月30日

08/30 【聴】Lux JPX-10000をお借りしました

いつもお世話になっております、
しょうさんからRCAラインケーブル"Lux JPX-10000"をお借りしました。

20090830jpx10000.jpg

ありがとうございます>しょうさん
少しの間お借りしまーす

インプレは後ほど。

2009年8月29日

08/29 これなんだろう(草?花?)

ジョギング中に見つけました。

20090829plant1.jpg

20090829plant2.jpg

表面はガサガサ、中はスカスカ。

なんていう草だろう?

もしご存知のかた、おられましたらぜひともご教示ください。

--

ネット検索によくある要望の一つに「画像からすぐに草花の名前がわかるような検索エンジンが欲しい」というのがありまして、亭主自身もそういう検索エンジンがあると良いなと、かねてから思っていました。

ただ、「集合知」としてのネットを考えた場合、むしろこういうのはどんどん詳しい人に訊いたほうが良いのかもしれませんね。

2009年8月27日

08/27 IHクッキングヒーターの不調

最近、自宅のIHクッキングヒーター(電磁調理器)が不調です。

魚焼き用グリルの操作パネルの表示がおかしくなり、
何を押しても反応しなくなりました。
表示には「マイナス」が出るだけで、取り扱い説明書にあるようなエラー表示は出ていません。

月曜日にハウスメーカの営業さんに相談したところ、水曜日に業者さんが修理にやってきました。
ところが、応対した妻によれば、なにやら業者さんの様子がおかしいんですね。

故障の原因不明、
もってきた部品で修理できるか不明、
その他の部品は在庫が無く、いつ入荷するかも不明。

修理をするにも何をするにもサービスセンターの判断と許可が必要だそうで、外に出ては携帯電話でなにやら連絡をするばかり、ちっともらちがあきません。

早く修理してくれないと料理ができない、困るといったら、新品に交換してくれるとのこと。
妻はよろこんでいましたが、いちおう技術者のハシクレの亭主、そんな対応で大丈夫なのかと心配になってしまいました。

--

故障の原因がわからないのであればさっくりと全とっかえもありでしょう。
しかし、全とっかえにするならば、最初から「故障の原因がわからない」だの「もってきた部品で修理できるかわからない」だの「在庫がなく入荷する時期もわからない」だのと、自らの力不足を露呈させるようなことを軽々しく口にするべきではありません。

いやそれよりもまず、まだ購入して一年にもならない製品の、部品がないとはどういうことか。

故障だからと新品交換にしていたら、製品などいくら作っても追いつかない、利益にならないと思うのですが・・・

修理する側の知識不足か、
修理を担当するサービスセンタの問題か、
保守部品を確保しておかない生産管理の問題か、
それともエラーコードを返せない製品の問題か。

誰に原因があるのかはわかりませんが、もう少ししっかりして欲しいと思った一件でした。

2009年8月25日

08/25 地震発生!そのときあなたは?

ぶた→たぬき→プロレスラー→着ぐるみ→クマ

呼び名がつぎつぎとかわる出世魚のような亭主でありますヽ(´ω`)ノ

はたしてどのへんが出世しているのかはわかりませんが

--

今朝、6時37分頃、自宅で米が炊けるのを待っていたところ、テレビから「緊急地震速報です」とのアナウンスがありました。千葉県東方沖で強い揺れがあり、まもなく強い揺れが来るとのこと。妻と2人でいつ来るか、もうすぐ来るかと待っていたのですが、待てど暮らせど揺れは来ず、ちょうど炊き上がったご飯で朝食を摂りました。

その後のニュースによれば、どうやら一部の地震計が微弱な揺れを大きな地震と誤検知してしまったのだそうです。つまりは誤報。

最近強い地震が連鎖的に起きていたので、揺れが来なかったのは幸いでした。また、緊急地震速報がきたときに自分がどう対応するかが分かったという点では、良い予行演習になりました。

「貴重品の財布を持ち、足をガラスで切らないよう靴下を履き、外出用のパンツを用意した」

のが妻。

「来るか来るかと身構えるばかりで特になにもしない―――というよりも、揺れたらバランスをとって立っていようと身構えている」

のが亭主。

まったく、自分の間抜けぶりに思わず笑ってしまいましたヽ(´ω`)ノ

来るべき大地震のために何をすべきか、よく考えないといけませんね。
いやマジメな話。

2009年8月22日

08/22 亭主が草をむしる理由(わけ)

今週いっぱい夏休みの亭主であります。
8/14~17日まで実家、
18日は自宅でぐったり、
19日は家の用事とスポーツクラブ、
20日は家の用事と早朝ラン、
21日は那須にリゾートに出かけ、
22日は早朝ランとスポーツクラブと、なんやかやと忙しくしています。

自宅にいるときは、時間を見つけて草をむしっています。
冷夏とはいえ目を離すとすぐに草が生えます。
除草剤は、なんだか土に毒を撒いているようで嫌いなんですね。

--

高校卒業後、亭主はあちこちの場所を点々としてきました。
松本、浦和、野田など、住処を何度も変えました。

引越しをして、その土地に来て必ず思ったことの一つに

「ああ、ここも仮の宿りなのだなぁ」

というのがありました。
どこに住んでいても、いつかは其処を離れなければならない、という気持ちがあって、常に「流れ者」のような気分を味わってきました。自分の居場所はココではない、という気持ちが、自らの責任感の無さにつながっていたように思います。

--

現在はといえば、家族の筆頭者となり、自分の家を持ったことで、自らの責任をひしひしと感じています。

自分の役割は、「ただ生きる」ことではなく、家族を生かし、また楽しく生きてもらうことにあるのではないか。

ならば自分が今出来ることとは、家族になるべく気持ちよく暮らしてもらうこと、自らの周囲になるべく心地よい環境を提供することではないか。

ならば家の周囲の環境美化に配慮する事もまた大切なのではないか

―――そんなことを考えつつ、草をむしっている今日この頃でありました。

--

現在、庭に家庭菜園を作っていて、きゅうり、プチトマト、ピーマン、なす、いんげん、ニラ、サラダ菜、シソなどが植わっています。
きゅうりとプチトマトといんげんは豊作で、毎日食べても追いつかない状態。なすは冷夏の影響でさっぱり。なんとか暑さが戻って欲しいものです。

2009年8月17日

08/17 久しぶりのみみた通信

8/14~17まで実家に帰っておりまして、みみた&みーこさんにも会ってきました。

布団の中でのびーるみみたさん。

20090817mimita.jpg

20090817mimita02.jpg

寝ているところを無理やりおこされて迷惑気味のみーこさん。

20090817miko.jpg

20090817miko02.jpg

2匹とも、寝てるか、メシ食ってるか、遊びに行ってるかの3択でした(^^;)

2009年8月16日

08/16 南アルプス上空に浮かぶ銀色の物体の正体は?

実家の縁側から南アルプスを眺めていた亭主、山の上になにやら銀色に輝く物体があるのを発見しました。動きませんが不自然に明るくて、しかもここ1年見たことのない光。

20090816zikka01.jpg
※この写真は翌日比較のためにとったもので、太陽の角度から銀色の物体は写っていません。

父親に物体のことを訊いても「うーん、しらない」との返事。
これはもしやUFOか?と手元にあったPowershot G9で狙ってみました。

20090816zikka02.jpg

ところがこの物体、予想以上に小さくて、手ぶれもあってなかなか捉えることが出来ません。
父親のEOS 50D, 2倍テレコンバージョンレンズ(KENKO C-AF 2X TELEPLUS MC7)、さらには300mmの望遠レンズ(CANON EF300mm 1:4 L IS USM)を持ち出して何とか捕捉・撮影。

20090816zikka03.jpg

さっそくプレビューで見てみると、山の上にあったと思しき物体は、実は山の上にあることが判明。もしかして本当にUFO・・・?と、画像をPCの画像ビューアでさらに拡大してみたところ、

20090816zikka04.jpg

どうやら山肌に設置されたなにかの物体でした(アンテナかな?)
夕日を反射して光っていたようです(^^;)

物体の上には木の幹が、下には物体を支える支柱が見えます。
望遠レンズの威力に、思わずデジタル一眼が欲しくなった亭主でありました。

2009年8月15日

08/15 同窓会

中学校の同窓会に、シブシブ行ってきました。
数年前に一度同窓会があったとはいえ、学年全体での同窓会は初めて。
いまさら25年ぶりの再会なんて・・・と思いつつ、まあこれも付き合いの一つと割り切っての参加でした。

ところで今回の同窓会は、「2度目の成人式」という意味合いもあるのだとか。
会場の文化館(市民会館)では、午前に「成人式」が、午後に「成人式2」が開催されたのだそうです。前年度から引き継がれている非公式行事だそうで・・・幹事の皆様におかれましては、本当にごくろうさまでした。

--

昼過ぎに、父親が運転する軽トラでてれてれと中学校の玄関に設置された受付へ。
ここで記念写真を撮った後、文化館で式典を実施するのだそうです。

ところが玄関に行ってみると、何年か前にクラス会で顔を合わせた人以外は、本当に誰だかさっぱりわからないんですね。知らないおじちゃんおばちゃんたちの中で、所在なげにたたずむ亭主40歳。クラスで親しかった数人を見つけ出すまでは、受付だけ済ませて帰ろうかと、本気で思っていたのでした。

このあと中学時代の担任の先生方と、玄関にて全体撮影、そしてクラスに分かれての写真撮影。クラス毎に分かれてみると、亭主のクラスの出席率が15/36と少々低いという状況でした。ほかのクラスは割りと出席がよさそうで・・・道理で知らない人ばっかりだと妙に納得。

写真撮影後は市民会館に移動し、クラスに分かれての近況報告、さらにホールに全員が集まっての同窓会パーティ。先生への記念品贈呈、母校への記念品贈呈を経てしばしの歓談。気持ちを「社交モード」に切り替え、知っている人を見つけては酌をして周りました。

2次会は、2次会から参加の一人を加え、16人で駅前のお食事どころでの飲み会。3次会は、亭主を含む5人でスナックへ。0時まで呑んだあと、雨のそぼ降る中を徒歩で帰宅しました。

20090815dousoukai.jpg

※写真はイメージです

--

2次会で気になったのは、今回参加しなかった人たちの動向でした。
まったく連絡の取れない人、所用でやむを得ず欠席した人がいる一方で、出席・欠席の返事をしない人も少なからずいたようです。幹事によれば、電話口の声が弱弱しく、精神的に相当参っている人もいたそうで。

電話口の声が弱弱しかった人は、亭主が中学~高校時代と親しくしていた人でした。
大学時代も手紙をやり取りしていたのですが、あるときからぷっつりと手紙がこなくなり、音信不通になっていたのでした。

気になってはいたのですが、日々の忙しさにかまけて、連絡をとっていなかったのが悔やまれます。
今からでも遅くないだろうか、精神的なものだとしたらどう連絡をとったらよいのだろうか、

メールアドレスも携帯の番号もわからず、さてどうしたらよいものか。

--

当初はシブシブの参加でしたが、懐かしい人、親しかった人と再会して、楽しいひと時を過ごすことができました。
幹事のみなさん、参加されたみなさん、どうもありがとうございました。

続きを読む: 08/15 同窓会

2009年8月14日

08/14 長野県駒ヶ根市 福麟楼(台湾ラーメン)

中学校の同窓会のため、シブシブ帰省した亭主であります。

本日は移動日。懸念された中央道の渋滞も「11km」と表示された割には良く流れていて、ほぼ5時間で自宅に到着することができました。

昼は弟夫婦と父と、4人で駒ヶ根市の中華料理店・福麟楼へ。
亭主は「台湾ラーメン」(写真-480円)を食べております。

20090814fukurinrou.jpg

スープはひたちなかの一福飯店の「五香刀削麺」と同じく、シナモンの香りのするしょうゆ味。日本ではなかなか味わえない、「あっさり、草系」のスープです。麺は普通の中華麺。具はたっぷりのひき肉とニラと、タカノツメ。ラー油をたらして、ピリ辛味に仕上げています。麺のゆで方もさることながら、スープの味わいが絶品。五香刀削麺で親しんだ「草系」のスープを、長野県の、それも亭主の地元の近くで味わえるとは思ってもいませんでした。そういえば一福のママさんも台湾出身だったっけ。日本人では絶対に出せない味、とんこつ味や味噌味などとは一味違う味わいを体験してみたい人にはぜひおススメです。スープにたらしてある唐辛子の辛味、レンゲですくってもどんどんでてくるひき肉など、田舎にあって思いがけず満足できるラーメンでした。

ちなみにこの店、コストパフォーマンスが非常によく、お昼のランチ(チンジャオロース、かに玉、麻婆豆腐などの定食)はライス食べ放題、サラダ、デザート、から揚げ2個、漬物、スープなどをつけて880円。この日は定食を二つ、麺類を二つ注文して、合計2700円でした。メニューも多く、コース料理にはなんと北京ダックがついてくるそうです。

店内も中華風で雰囲気満点。ご家族で安心して食事の出来るお店でした。

このお店については、はじめての 信州 駒ヶ根日記(ayytkpraさん)でも紹介されていました。
チャーハンも確かに大盛りで、おいしそうでしたよ!

2009年8月11日

08/11 駿河湾沖の地震

8月11日午前5時7分、駿河湾を震源とするM6.6の大きな地震がありました。
静岡県の伊豆・中部・西部地域は震度6弱、亭主の実家のある長野県南部は震度3の揺れ。もともと東海地震の発生が予想されていた地域なので、ソレ(東海地震)との関連も懸念されたのですが、どうやらこの地震がソレというわけではなく、またソレに結びつく地震というわけでもないのだそうです。

むしろ亭主としては、日曜日の午後8時ごろに発生した、M6.9の地震との関連を心配しています。この地震は地下340kmというかなり深いところで発生し、北海道から中国地方まで、広い範囲に大きな揺れをもたらしています。深部での揺れがより浅い部分のひずみを刺激して、今回の地震につながったのではないか・・・亭主は地震の専門家でもなんでもないのですが、日曜日の地震になにか「いやーな」ものを感じています。

大きい地震は来たけれども、背後にさらに大きな地震が控えている。

専門家によって、近い将来、大地震の到来が予見されている―――と理解してもなお「いやーな」お話。

--

亭主はといえば、地震発生当初はもうグーグー寝ていまして、東京に所用で出かけていた妻のメールで地震発生を知りました。

昨日は豪雨、一昨日は地震、洪水に、日照不足。そうそう先月は竜巻もありましたっけ。なんだか随分過酷な状況が続いているようです。

天気予報で「観測史上最高の」とか「記録的な」といった言葉が流れるたび、はたしてこれは自然が本来持っているポテンシャルなのか―――もしかしたら地球温暖化など人間の影響が上乗せされた結果なのかもしれないと、思う今日この頃でありました。

レアケースが連続して発生する状態、それはもはやレアケースと呼べない状態なのかもしれません。

2009年8月 5日

08/05 近況報告

ここ数日体調が悪く、家でも、会社でもぐったりしています。
原因は不明。首筋がいつもゾクゾクして、冷たい汗をかいています。

ここ何日か妻が不在で、食事をあまり摂っていないからか、
それとも、体調が悪いので食欲があまりないのかはよくわかりませんが、
会社でも家でも、もう「倦み疲れて」いる状態。

--

お礼のコーナー

でんきやさんから、今年もメロンをいただきました。
妻と美味しく食べましたヽ(´ω`)ノ
ありがとうございました。

るしやんさんからは暑中お見舞いをいただきました。
早速オーディオに火を入れてまったりと楽しんでおりますヽ(´ω`)ノ
ありがとうございました。

--

そういえば日曜日にSFマガジンの9月号を買いまして、食後や寝る前にぱらぱらと読んでおります。
今号は栗本薫さんの追悼特集。栗本さんの初期短編「氷惑星の戦士」「遙かな草原に・・・」を再録しているほか、栗本さん自身によるヒロイック・ファンタジー論、新井素子さん、鏡明さん、高千穂遙さんら著名人の追悼文、栗本さんの全作品リストなど盛りだくさんな内容です。加藤直之さんによる寂しげなグインの表紙が心に染みます。
そうそう、「栗本薫作家論」に、大学のサークルの一つ上の先輩、柏崎さんが寄稿されていて、興味深く読ませていただきました。ずいぶんご無沙汰していますが、お元気そうで安心しました。

みんな頑張っていますね。

倦みつかれている、なんて言ってる場合じゃない、

腕まくりして、亭主も頑張らなければ。

2009年8月 4日

08/04 茨城県常陸太田市 棚谷神社

阿武隈山地の南端、古くは東北地方への入り口に「風神山」があることはよく知られているのですが、


大きな地図で見る

その北西に「雷神山」があって、その存在が意外と知られていないことに気がついた亭主、この山の由来を求めて現在調査を進めております。


大きな地図で見る

ネットで調べる限り、「雷神山」に関する情報はほとんどなく、こりゃ旧水府村(現常陸太田市)まで文献調査に行く必要があるかな、と思ったりして―――ともあれ、雷神山のすぐ近くにある「棚谷神社」にその手がかりを求めて出かけてきました。

--

結論から言いますと、「棚谷神社」は予想よりもずっと小さな神社で、手がかりというものも一切無く、フィールドワークとして得るものはほとんどありませんでした(^^;)

ただ、写真はたんと撮ってきたので、その一部分をご覧に入れまして、なかなか来ない夏を感じていただこう、というのが今回の趣向です。

雷神山に程近い、常陸太田市松平地区の風景。

20090803tanaya01.jpg

棚谷神社入り口を望む。

20090803tanaya02.jpg

参道と呼べるものはなく、道路によって「切りとおし」となった崖の一部から境内へと入る。

20090803tanaya03.jpg

急峻な斜面に石段が延々と続く。足を踏み外せばそのまま下の道路へ転落は必至。

20090803tanaya04.jpg

棚谷神社外観。縁起、祭神などの説明は一切無し。拝殿と本殿からなる非常にシンプルな社。

20090803tanaya05.jpg

しばらくここで休もうかと思った矢先、やぶ蚊の大群に襲われてやむを得ず撤退してしまいました。
でも、森の中は涼しくて、気持ちよかったですね。

--

おまけ・途中見かけた脱走中の犬。どこへ行くのか。

20090803tanaya06.jpg

相変わらずのオチなしで大変失礼いたしました(^^;)

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。