2009年9月アーカイブ

2009年9月27日

09/26 日立市 たんぽぽの詩 担炸麺

日立市桜川町。国道6号線諏訪五叉路近くにある小さなラーメン店。
「茨城のうまいラーメン」にも掲載されている有名店で、醤油、味噌、とんこつなど手広い味を手がけている。特にオススメはトロリとろけるチャーシューが入ったゴマ味噌チャーシュー麺とのこと。

以前は「小さな洋食屋」だった。店の前には西岸良平風の絵が描いてあるなどなかなか風情のあるお店で、亭主もときどき通っていた。ラーメン屋になってからも(亭主的には)西岸良平のイメージが強くて一度行ってそれきりだったのだけれど、今回久しぶりに行ってみた、というわけ。ちなみに現在は西岸良平風の絵ではなく、ラーメン店らしい外装へと変更している。

写真は、新しく開発したという担炸麺(たんじゃーめん)。おそらくジャージャー麺にヒントを得たものと思われる。

20090925tanpopo.jpg味噌仕立てのスープの上に、少し辛い肉味噌が乗っている、というダブル味噌のラーメン。味噌ラーメンらしくコーンがたっぷり乗っているほか、お店自慢のチャーシューも(写真では沈んでしまっているけれども)しっかりと入っている。麺は腰強めの中華麺で、少々かんすいのにおいがする。

味について。味噌が2種類入っているが、意外にも食べやすい。とろりとした味噌仕立てのスープに肉味噌の濃い味が加わることで、濃厚で複雑な味わいとなっている。肉味噌には辛味がついているものの、少々感じる程度。この控えめさも良い。中華麺との相性もよいようで、腰の強い麺の個性をスープがうまく受け止めている。

少し不満だったのは、「油」が少なめだったこと。特に肉味噌のひき肉に脂がすくないのか、スープに沈んでいた肉が、まるでマグロのそぼろを食べているようにボソボソしていた。そういえばスープ自体にも脂はあまりなく、全体的にヘルシー指向で仕上げたのかもしれない。ただ、やはり肉味噌のひき肉は、ぷりぷりとしていたほうがうまい。

肉味噌系のメニューの楽しみは、なんといっても最後に、レンゲでスープからひき肉を引き上げ、食べるところにある(と、亭主は勝手に思っている)。この担炸麺にもそんな楽しみがあったらよかったのに・・・と思いつつ、完食。

以前は「脂っぽい」というイメージがあったたんぽぽの詩、意外にもあっさりしていておいしかったです。
ごちそうさまでした(^人^)

2009年9月26日

09/26 誰か、が、寝ている

昼飯を食べにふらふらと外に出た亭主、国道245号の反対車線に車が2台ほど停まっていて、トラックやら一般車両やらが2台を追い抜いてどんどん通過しているのを発見。

ちょうど信号待ちで停まったところ、反対車線に停車していた車2台が出発して、

20090926someone.jpg誰か、が、寝ています。

果たして事件性があるのかないのか、判然としませんが、当人なにやらもぞもぞと動いていました。
どうやら死体ではない様子。その後どうなったか、不明。

続きを読む: 09/26 誰か、が、寝ている

2009年9月25日

09/25 【聴】SHURE アナログカートリッジ SC35C

アナログへの物欲沸々、しかし近所にはDJ用のカートリッジばかりで掘り出し物がない・・・と嘆いていた亭主、しょうさんのアドバイスで喰わず嫌いはイケナイと気持ちを入れ替え、アナログへの門を再度叩くことにしました。

これまで使っていたカートリッジは、Audio TechnicaのVM型カートリッジ。2000年頃に知り合いにプレーヤ(YAMAHA YP-700Cの筐体を流用)を作ってもらった際、ありあわせの物だけれど・・・とオマケでつけてもらったものです。何せ古いため型番不明。YP-700C改のほか、Pro-Ject Perspectiveでも使っていたため見た目にもかなりくたびれています。

20090925atcart.jpgそこで、今回一念発起して、ハドオフでShureのSC35Cを購入しました。

20090925sc35c.jpgSC35Cは、DJユースのほか、一般の放送曲でも使われている定番のカートリッジなのだそうです。理由は、信頼性と安定性、それに壊れてもすぐに交換可能なところだそうで・・・(^^;)

参考サイト

このカートリッジのもう一つの特徴は、針圧が4~5gと比較的重いこと。音とびを気にするDJなどでは、針圧の重さはむしろ歓迎されることなのだそうです。

早速聞いてみました。ソースは「音楽図鑑/坂本龍一」「春がいっぱい/大村憲司」ほか。通常のウェイト設定ですと、確かに針圧が重く、音が歪みまくります(汗。ウェイトを少しいじってそれっぽい音にまでしましたが、うーん、こりゃ針圧計が必要ですね。
SC35C、以前のカートリッジがかなりくたびれていたこともあって、ハツラツとした音で鳴ってくれています。ベースなど低域は(針圧調整がまだということで)鈍重。中域から高域は(比較の対象が骨董品のためイマイチ信頼がおけませんが)粒立ちはほどほど、といったところでしょうか。面白いです。

さて、次はどの辺を攻めてみるか。

あまりお金に余裕はありませんが、じっくりと楽しんでみたいと思っています。

09/24 PSP-2000を手放す

以前購入したPSP-2000を、弟に譲りました。

弟はPSPのヘヴィー・ユーザー。初代モデルから数えると3台ほど持っていて、ネットに、ゲームにと活用しているようです。「ノーマルで動くやつも一台欲しかった」・・・って、ノーマルって、何 (^-^;)

亭主がPSPを手放した主な理由は以下のとおり。

  1. 内蔵ブラウザ(これはPS3もほぼ同等)が「致命的に」使いにくい
  2. 文字入力及びかな漢字変換が「壊滅的に」使いにくい
  3. フリーのソフトが(公式な方法では)「絶望的に」使えない
  4. ゲームで目が悪くなった
  5. そもそもゲームをする時間がない

 特に1~3は、当初の目論見だったPSPのモバイルとしての活用を徹底的に否定するもので、死蔵状態、宝の持ち腐れになっていました。1ヶ月に1度電源をつければまだ良いほう。完全放電で内蔵時計が初期化されたこと数知れず。ソフトも「ルミネスII」と「もじぴったん」を最初に購入したのみで、「もじぴったん」などは数度遊んだきり放置していました。

 そもそも1と2に関してはPS3についても同じことが言え、その意味ではPS3もブラウザ及び文字入力は「使えない」の一言に尽きるのですが、DVD/Blu-Rayプレーヤあるいは据え置きのゲーム機器と割り切っているので、こちらは全く問題ありません(PS3にはむしろ発熱という大きな問題があります)。ところがPSPの場合、なまじポータブルだったばっかりに・・・過大な期待をかけてしまった自分が悪いんだなぁ。たぶん。

 3.に関しては、開発環境を含め、SONYから公式アプリが公開されるのではないかと期待していました。せめて「テキストエディタ」だけでもあればブログの記事を書くのに使えるだろうと思ったのですが・・・。Playstation Networkで(iPhoneやAndroidのような)アプリストアがオープンすることもありませんでした。新機種"PSP-Go"を含め、PSPのゲーム機能への特化が果たしてこれからどう影響していくのか、引き続き注目していきたいところです。

 徹底的に目論見がはずれてはしまいましたが、これからは弟のところで、何かしらの活用がなされることでしょう。ノーマルで(^-^;)

--

 さて、そんなわけで目下物欲爆裂中のNetWalker。1~3はどうやらクリアしそうですが、巷にぼつぼつと上がっている人柱報告によれば、どうやらキーボードがペコペコでとっても使いにくいようですね。Ubuntuは文宇コードがWindowsと異なるため、Windowsのテキストを直接読めないというのも微妙。個人的にはMovable Type 4の管理画面(ダイアログボックスが透過型だったりと妙にハイスペック)が、NetWalkerのFirefox(ブラウザで開けるかが気になります。近所の電気店に片っ端からTELして確認したところ、実機が入るのは水戸のケーズ本店のみ、他は入荷の予定すらないようで。

 さて、どうなることやら。

 参考リンク WindowsケータイFAN

 こういうサイトがあるとは知りませんでした。非常に広範囲の情報を扱っている上に、中身も充実していて、参考になりました。

2009年9月23日

09/23 Canon クローズアップレンズ 250D 58mm C-UP58250D

物欲で居ても立ってもいられなくなった亭主、Powershot G9にクローズアップレンズをつけてみました。

Canon C-UP58250D。レンズ先端からのワーキングディスタンスは25cm。接続にはCanon コンバージョンレンズアダプター LA-DC58Hを使用しています。

早速外にでていろいろと摂ってみたのですが・・・レンズをつけたときと、はずしたときの違いがいま一つ良く判りませんでした(^^;)確かに大きくなるものの、いま一つその効果が実感できない、というのが正直なところ。ピントも全然はずれているし・・・まったく作例になっていません。すいません。
使いこなすにはまだまだ修行が必要なようです。

↓クローズアップレンズなし。

20090921CUP58250D1.jpg↓クローズアップレンズあり。

20090921CUP58250D2.jpg

09/23 シルバーウィーク

シルバーウィークは法事で実家に戻っていました。
亡祖父の三回忌と、亡祖母の二十三回忌でした。

行きは八王子料金所で、帰りは笹子トンネルと小仏トンネル、それに調布IC付近で渋滞に巻き込まれましたが、大過なく無事に帰ってくることができました。
行きも、帰りも所要時間は約7時間。普段ならば4時間半で行きますから混んでいたといえば混んでいたのでしょうか。これくらいならばガマンの範囲内、かな?

法要は家族、それにごく近しい親戚だけでささやかに済ませました。
抜けるような青空、それに家の庭に咲いた一面の秋桜が印象的な一日でした。

20090921zikka1.jpg
20090921zikka2.jpg
20090921zikka3.jpgそうそう、行きは谷和原ICで一旦高速を降り、天下一品水海道店でチャーシュー麺の大こってりにんにくなしを食べました。久しぶりの天一。うう・・・うまかったなぁ。またこよう。

20090921zikka4.jpg
当初は天下一品甲府南店で昼食を・・・とも思ったのですが、甲府南店は15~17時までお昼休みとのことで、営業時間内に到着できないことを見越しての水海道店でした。案の定甲府南ICには15:15に到着。ナイス見込み。


2009年9月16日

09/16 薬の併用はやめたほうがいいらしい

このところの運動で腰(というよりも背筋)が痛い亭主、妻に「新パテックスID インドメタシン温感」を勧められました。さっそく入浴後に腰に貼り、ついでに筋肉痛だった足に「ニューアンメルツヨコヨコA」を塗って寝たところ、(腰が)熱いやら(足が)涼しいやらで何がなんだかわけのわからない状態に。ほとんど眠れずに朝を迎えてしまいました。

やっとうとうとし始めた4:30頃にジョギング練習の目覚ましが鳴りましたが、寝不足で頭痛が酷かったため今日は練習を休みました。

ただ、一日練習を休んだ、ということもあってか、腰も足も随分楽になりました。
同時に、外用薬の併用は止めたほうがいい、という教訓も得ましたヽ(´ω`)ノ

ちなみに、パテックスは朝起きると、腰にではなく布団に河岸を替えておりました。
力なく布団にはりついている湿布に、おもわずワビサビの世界を見たりして。

回復ついでに、これからスポーツクラブにトレーニングに行ってきます。

ではヽ(´ω`)ノ

2009年9月13日

09/13 近況報告

最近は妻と一緒に走っている亭主であります。

平日は1時間、休日は2時間のランニング、週4日はジムでトレーニング。

走るのはそこそこに、週5でジムに通っていた頃は「プロレスラー」「着ぐるみ」などとエライ言われようだったのですが、ランを中心にした結果、徐々にではありますが着ぐるみ体型から脱しつつあります。

もともと走力を高めるためのジム通い。ところがいざ通い始めると「胸板が欲しい」だの「お腹の肉を取りたい」だのと欲が出るんですね。通えばそれなりに充実感もありますし、一時的なパンプアップで身体に筋肉がついたように「見える」。自らの肉体を改造する、という面白さがある一方で、目標のないトレーニングにどこか不安を覚え、結局(亭主がスポーツをするきっかけとなった)ジョギングに戻った次第です。ジョギングには「大会」という具体的な目標があります。今年も秋口からいくつかの大会に参加する予定です。

とりあえずは来月の「手賀沼エコマラソン」、そして再来月の「つくばマラソン」。

つくばを越えたら・・・次はハワイ。

東京マラソンにも申し込みをしましたが、こちらはおそらく落選すると思われます。なにしろフルマラソンの申込者数が定員の8.5倍だそうですので。

2009年9月12日

09/12 物欲おっとその前に(09年版)

その他物欲について簡単に。

・イヤフォン

 iPod nanoで長らく愛用してきたSennheiser MX500に代わるイヤフォンを物色中。
 じつはMX500の表面にあった"L"と"R"の印刷が経年で消えてしまい、左右がわからなくなってしまったのでした(^^;)
 なんらかのしるしをつければいいのでしょうが、新しいイヤフォンで少し気分を変えたいとも思っています。なにか良い機種があれば紹介いただきたいところです。

・カメラアクセサリ

 Powershot G9用クローズアップレンズ、テレコンバーター、ワイドコンバーター。特にクローズアップレンズが欲しいです。先日、草花をマクロ撮影した際、背景にまでしっかりピントがあってしまいごちゃごちゃとした絵になってしまったことから、クローズアップレンズの必要性をひしひしと感じています。

・フォノイコライザー

 候補はPro-JectのPhono Box IIないしTrigon Vanguard II。
 アナログについてはこれまでにも何度か入門しつつ、しかしグレードアップという点では常に優先度が低く、後回しになってきました。個人的にはまだまだ納得できる音ではなく、オーディオにおいて強化したい部分の一つです。

 そのほかにもNetwalker、欲しいCDが何枚かあります。ただ、なかなか買えないんですね。
 自分で稼いだ金だ、自分で好きに使えばよかろう―――と思いつつ、いろいろ我慢している家人を見ると、買いにくいというのが本音です。

09/12 物欲―――新型iPodシリーズは果たして買いか?

9/10に新型iPodシリーズが発表された・・・ということで、亭主も物欲確認のためイロイロ調べておりました。
記事はいずれもITmedia、前の世代との比較は亭主によるものです。

iPod shuffleはカラバリ充実、AppleStore限定モデルも用意(ITmedia)

・4->2/4GB
・8800->5800/7800円
・カラーバリエーションの追加(2->5色)

ビデオ撮影可能な新iPod nano、登場(ITmedia)

・8/16->8/16GB(変更なし)
・17800/23800->14800/17800円
・ビデオカメラ・マイク機能、FMラジオ、音声読み上げ機能、歩数計追加
・液晶2->2.2inch

iPod touchが高速化、価格改定も実施(ITmedia)

・8/16/32->8/32/64GB
・27800/35800/47800->19800/29800/39800円
・処理能力の向上

iPod classicは160Gバイトの "超容量" へ(ITmedia)

・120->160GB
・29800->24800円

 一部にはラインナップから外されると噂されていたclassicもしっかり生き残り、全体としてはマイナーバージョンアップ、価格改定が主と考えてよさそうです。もっとも、nanoに関しては大幅な機能追加、touchに関してはiPhone 3GSに続いて高速化が図られているなど、それぞれに改良されています。ことtouchに関しては使用感の向上が期待できることから「買い」でしょう。なにしろ携帯と違って「2年縛り」もありませんし。

--

一方、

iPod(第3世代,40GB)->nano(第1世代,4GB)->nano(第2世代,8GB)

と推移してきた亭主、現行nanoの容量が限界に達しておりまして、より容量の大きいモデルの購入を考えています。ジョギング中に使用するため選択肢はおのずと(HDDやタッチネルのない)nano一択。ただ、現行の8GBから16GB、というのはグレードアップとしては中途半端ですね。せめて32GB、できれば64GBがあれば文句無く「買い」だったんですが。

 極指摘結論。

・shuffle:新規は買い、グレードアップは待ち(安いiPodがほしい人向け)
・nano:新規は買い、グレードアップは待ち(nanoは現行iPodのメインストリームですので一番気合が入っています。グレードアップの意味はあまりないかと)
・touch:新規は買い、グレードアップももちろん買い(高速化、容量増、1万円安と良いことだらけ)
・classic:新規は買い、グレードアップは待ち(容量増のみ)

 新規購入はすべて「買い」となっていて、亭主的にはどれもオススメ。とにかく安いのがほしい人はShuffle、通常はnano、アプリで遊びたい人・iPhoneが欲しいけどキャリア変更が出来ない人はtouch、PCからとにかく多くの曲を取り込みたい人はclassicと、選び方も比較的明確。

 Apple信者ではありませんが、iPodに関してはデザイン、機能、使い勝手などとにかくオススメな亭主なのでありました。

2009年9月 7日

09/07 物欲―――NetWalkerは果たして買いか?

 AppleのiPhone、King Jimのpomera DM10、あるいはHTCのE30HTなどに興味津々の亭主、このところSharpのNetWalkerに食指が動き始めています。

 Sharp PC-Z1 (NetWalker)

 NetWalkerは電子辞書から進化したA6サイズの小型情報端末。CPUにARM系Freescale i.MX515、OSにUbuntuを採用、標準ソフトとしてFirefox, Thunderbird, OpenOffice 3.0を収録しています。亭主がカスタマーサービスに問い合わせたところ、これら標準ソフトはUbuntuの機能からアンインストールが可能とのこと。無線LANは802.11b/gに対応しており、自宅あるいは無線LANスポットからネットワークにアクセス可能です。

 "Windowsの呪縛"から逃れた超小型マシン――シャープ「NetWalker」に迫る(ITmedia)

 超小型モバイルインターネットツール登場!シャープ「PC-Z1」(西川和久の不定期コラム,PC-Watch)

 世間の評判(具体的にはkakaku.com)を見る限り、iPhoneやスマートフォン、あるいはネットブックなどと微妙に立ち位置が重なるようで、誰もが「諸手を挙げて歓迎」というわけではないようです。ただ、「悪い評価」を見てみると、具体的な指摘は

・常時接続ができない
・でかい、重い(A6サイズ,409g)

くらいで、あとは

・何がしたいのか良く分からない
・UbuntuではなくXubuntuで出したほうが良かったのに
・ブラウザ、ソフト、キーピッチなど、いろいろ中途半端

など、どちらかといえば個人の趣味趣向にからめた部分が多いように思います。亭主としては、「どむや」を連営するにあたって必要な作業、例えば

・ブログ記事などのテキスト書き
・ブラウザ経由での記事作成
・外出先からのメール/ネットのチェック

など可能なことから、本製品にはかなりの期待を持っています。すなわち「買い」。残念に感じるのは、

・アプリケーションがARM/Linux用に限られる点

くらいでしょうか。iPhoneのユニークかつ豊富なアプリ・ライブラリがうらやましいです。

--

 NetWalkerの弱点である「常時接続が無線LANに限られる点」に関しては、携帯電話の併用でカバー可能と考えています。常時接続が必要なWebアプリ、たとえばTwitterやmixi、あるいはメールチェックなどは、片手で操作可能な携帯電話を用いるのが圧倒的に便利だと思うのです。全ての機能を同じハードウェアに詰め込むのではなく、必要な機能が、用途別にコンパクトに集約されている―――それが、亭主の思い描く理想的なモバイルの姿です。

 例えば亭主の場合ですと、こんな感じになるでしょうか。

・長文作成、ネットの閲覧、ブログの管理―――携帯情報端末
・通話、メール、短文作成、掲示板の閲覧―――携帯電話(au W53CA)
・音楽再生―――携帯プレーヤ(Apple iPod-nano)

 さらにこう続きます、

・科学技術計算―――関数電卓(Casio FX-7000G)
・英和/和英/英英辞典―――電子辞書(SII SR-ME7200)

 音楽再生や関数電卓、電子辞書は別々にあったほうが便利です。仕事中に音楽は聴きませんし、ジョギング中に関数電卓を使う事もありませんから。

 携帯型ゲーム機に関しては、(PSP-2000を持っているものの)亭主にはあまり用途がないようです。もったいないハナシですけれど。

2009年9月 5日

09/06 【聴】Lux JPX-10000ファーストインプレッション

しょうさんからお借りしたLux JPX-10000(現行は10000Rです)を少し試聴してみましたので、その感想を。

まず、Orpheus Two(プリ)とThree S(パワー)との間に接続し、バランス(Nordost Blue Heaven XLR)とアンバランス(Lux JPX-10000)とをトグルスイッチで切り替えたのですが、違いらしい違いをほとんど感じることができませんでした。断念。

ところが、Orpheus TwoとAccuphase DP-55V(CDP)との間に接続し、アンバランス(Nordost Blue Heaven RCA)とアンバランス(Lux JPX-10000)とを手作業で切り替えながら聞いてみると、JPX-10000の素性といいますか、音の特徴がなんとなく見えてきました。

(1) 全体的に広帯域で見通しの良い音
 これはBlue Heavenとも共通する傾向ですが、上から下まですんなり伸びていて、しかも透明度の高い、澄んだ音。しかも小音量をしっかりと再現してくれます。例えば"Waltz for Debby / Bill Evans"の背後に聴こえるカチャカチャという食事の音、人々のさざめきなど細かいところをしっかりと再生し、しかもそれがとても自然。S/Nの高さを実感させてくれる音、とでもいいましょうか。

(2) 高域、中高域の安定感
 これも"Waltz for Debby"を聴いていての感想になりますが、Blue Heavenでは不安定だったブラシの音が、JPX-10000では力強い、ストレートな音へと変貌しました。ふらふらと自信なさげだったブラシの運びが、突然意志を持ったかのように直線的になり、ざっ、ざっと力強く感じられます。

 もちろんどちらが本来の演奏で、どちらが正しい、というわけではありません。ジャズとして聴いた場合、力強い音が好ましい・・・というのも実は主観にすぎず、むしろ聴く側の精神状態、心理状態からどちらが好ましいか、なのでしょうね。個人的には力強いJPX-10000の音に惹かれつつ、微妙なゆらぎをもったBlue Heavenの音にもまた魅力を感じています。

 ところで、JPX-10000とBlue Heavenはその構造に大きな違いがみられます。JPX-10000はノンツイスト構造で6N導体、シールド付き。一方Blue Heavenはフラットケーブル構造で7N導体に銀皮膜処理を施していますが、シールドはありません。個人的な感覚としては、シールドの有無が音質を左右しているように感じていますが・・・果たして真相はいかに。

09/05 Movable Type 4.2導入しました

本日よりMovable Type 4.2の運用を開始しました。
ブログタイトルも「続・新どむや繁盛記」となりまして、どこかの時代劇みたいですが(笑)
ちょっとだけマイナーチェンジしました。

Movable Typeを以前の3.4から4.2へとアップグレードした理由は、みなさんのコメントが投稿されているのに亭主のところに自動通知が来なかったから。なにか不具合があったからに違いない、と思いアップグレードで不具合解決を試みたのですが、結果的に何をしているのかよくわからなくなってしまったといいますか、自動通知の有無はウヤムヤに、アップグレードだけして満足している状態。

途中2時間ほどいろいろと設定で苦労しましたが、とりあえず正しく表示されるようになったようです。

本当は以前の「うさぎさん」のスタイルがよかったなぁ・・・と思いつつ、取り急ぎご報告まで。

2009年9月 3日

09/03 蜂に刺された

昨日の早朝、眠い目をこすりこすりジョギングをしていたところ、
2kmほど走ったところで突然目の前に虫が飛び込んできました。
右目とメガネの間に入りこんだため、無意識に手を伸ばしたところ目に鋭い痛み。

どうやら飛び込んできたのは蜂だったようです。
まぶたを刺されました。

みるみる右目まぶたが腫れあがり、熱いやら痛いやら。
ジョギングを中止し、家に戻りました。

とりあえず流水で目を洗い、保冷剤でまぶたを冷やしつつ時間が来るのを待ち、スーツ姿で(爪水虫の治療で通っている)近所の皮膚科へ。
ところが診察によれば「スズメバチじゃないんでしょ?じゃたいしたことない」とのことで、薬を処方してもらいました。

ちなみに処方してもらったのはデルモゾールG軟膏(リンデロンVG)
皮膚の湿疹につけているステロイドと同じもので、強力な殺菌効果があるそうです。これうちに何本かあるぞ(^^;)

薬局で「まぶたが痛くて我慢できないんですけど」と訴えたところ、じゃあと言って「バファリンA」を勧められました。「頭痛にも効きますけど、基本痛みにはなんでも効く」とのこと。

蜂に刺されたのに、湿疹の薬と頭痛薬を抱え、釈然としないまま会社に行った亭主でありました。

--

ちなみにバファリンは、(個人的には)あまり効きませんでした(T-T)
今も腫れていて、痛いです。

まあ長い人生これ以上の痛みはいくらでも経験しているので、全く全然大したことないね!

--

ついでに爪水虫は完治しました。
蜂に刺されたときに「爪はもう治ったと思うんですけど」と言ったところ、患部を見ないで「じゃあ治ったんでしょ」と無茶苦茶な診断。あっけにとられて「そうですか」と言うのが精一杯。とりあえず通院は止めました。

4/12に治療を開始して、ほぼ5ヶ月といったところです。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。