2009年12月アーカイブ

2009年12月31日

12/31 良いお年をお迎えください

本年も「四季旬菜どむや」をご愛顧いただきまして
まことにありがとうございました。

皆様にとって今年はどんな一年だったでしょうか。
良かった、悪かった、変わり映えしなかった・・・様々な思いがある中で
やはり最後の瞬間に「何事もなく」「いろいろな事があって」「いろいろな事があったけれど」
良かったと言えるならば、きっとこの一年は皆様にとってすばらしい一年であったことで
ありましょう。

亭主にとってこの一年は、本当にいろいろな事がありすぎた一年でありました。
まるで淡水魚が海へと迷い込んだような急激な変化に
自分自身どうしてよいかわからなかった時期もありました。
結果的には大きな怪我も病気もすることなく、何事もなく一年を終えられたこと、
これもひとえに皆様の励ましの賜物と感謝しております。

皆様に頂いた励ましを、これから徐々にお返ししていく、これが
来年の亭主の一つの目標です。

皆様におかれましてもどうぞ健康には充分に留意され、
実りある一年を過ごされることを祈念しまして、亭主の今年最後の挨拶とさせて
いただきます。

それでは、また。

来年も(当サイトにて)お待ちしております。

2009年大晦日 どむや亭主拝

2009年12月30日

12/30 さようなら、ウェンディーズ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/10/news077.html
アメリカのハンバーガーチェーン、ウェンディーズが今年いっぱいで撤退するとのこと。

かつては水戸にも2店舗あり、亭主も週1~2回のペースで通っていました。
マクドナルドやモスバーガーでは決して味わうことの出来ない「肉の味の楽しめるハンバーガー」は日本人よりもむしろ外国人に好評だったようで、地方都市・水戸においてもっとも外国人(特に家族連れ)を見ることができるお店でした。亭主自身、異国の雰囲気の中で、2枚/3枚のパテが入ったボリュームたっぷりのハンバーガーを食べるのがなによりの楽しみでした。

そんなウェンディーズが水戸から撤退して、どれくらい経ったか。

つくばにウェンディーズがあるとの情報を入手して以降は、わざわざつくばまで食べに行くようになりました。亭主にとってつくばは「天下一品つくば花室店」「牛タン太助つくば店」「ウェンディーズつくば天久保店」のある、まさに「こってりヘヴン」。天下一品を食べた後、ウェンディーズでハンバーガーをチェイサーする(おいおい)など、今では考えられない暴挙に出た事もありました。もとよりカロリーたっぷりのハンバーガーに、ラーメンを加えたら・・・人間ドックで最後まで居残りを食らった挙句、別室(説教部屋)で小一時間改心を迫られるハメになることは火を見るより明らかです。

--

ウェンディーズが閉店する、ということで、年末年始の休みを利用してもう一度あのハンバーガーを食べようと思っていたのですが・・・。掃除やら買い物やらで気がつくと既に31日でタイムアップ。

とはいえ、今回の撤退は、ゼンショー参加の日本ウェンディーズが、ウェンディーズの商号・商標権の使用契約を更新しなかったためで、ウェンディーズ自体が無くなった、というわけではなさそう。いまは、新たな会社が日本での販売を再開してくれることを祈るしかないようです。

ひとまずお別れ。

さようなら、ウェンディーズ。

2009年12月28日

12/28 Bridgestone ST-20(スタッドレスタイヤ)

正月に帰省することになり、久しぶりにスタッドレスタイヤを新調しました。

BridgestoneのST-20。カタログには載っていませんが、Blizzakの最新シリーズ(GZ, Revo2, Revo1)に比べるとお安い、いわゆる「コストパフォーマンス・モデル」です。パターンは少し前に流行したBlizzak MZ-03と同じですので、性能はばっちり。なお、このST-20、既に製造中止となっているそうで、店員さんによれば値段・性能・在庫すべての面から今が最後のチャンス、とのこと。

No.785ブリヂストンスタッドレス(小西さん、小西タイヤブログ)

アンケートからも結構ユーザさんに支持されているようです。

VOXYアンケート・今年のスタッドレスは?(All Japan VOXY Owner's Club)

試走してみたところ、以前購入したヨコハマタイヤのスタッドレス(名称失念)よりも静かで快適。現在履いているBridgestoneのEcopia(燃費が向上するタイヤ。オススメ)といい、タイヤの世界も確実に進歩しているようです。もっとも、Blizzak GZなどはさらに快適なのでしょうが・・・結婚して万年金欠病へと転落した亭主にはST-20でも充分に贅沢品なのでありました。これでタイヤの寿命が3シーズンというのですから・・・雪国の方は大変だこりゃ。

今回は実家に数時間滞在した後、松本の温泉に一泊する予定です。

2009年12月27日

12/13 第37回JALホノルルマラソン(6)

12/15(自由行動)

本日自由行動。

朝食:Hyatt Regency Waikikiの朝食バイキング。
 亭主らが宿泊したHyatt RegencyはEwa TowerとDiamond Head Towerのツインタワー構成。タワーの間にはフロント、ロミロミマッサージ、フィットネス、プール、それにテラスがあり、特にテラスではワイキキの海を眺めながら朝食・夕食が楽しめます。なかでも朝食は和・洋織り交ぜてのバイキング形式で、全てを制覇するのが困難なほど種類がありました。先日ご紹介したクヒオ通りのPerry's Smorgyのバイキングに比べても、種類、味、サービスのすべての面でこちらが上。ただし値段もかなり上。

昼食:Royal Hawaiian Shopping Center内えぞ菊で味噌ラーメン。
 本当は天下一品に行きたかったのですが、以前カラカウア通りにあったはずのワイキキ店が見つからず、もう一店の場所もチェックしていなかったために残念ながら諦めました。調べてみるとカパフル通り、アラ・ワイゴルフコースの東にあるそうで・・・。

 そんなわけで、いちばん近場、Royal Hawaiian Shopping Centerにある「えぞ菊」へ。
フードコートの一角にあるお店で、ラーメンのどんぶりはスチロール製。フードコートの席で食べたあとは汁もどんぶりも豪快にゴミ箱へと投入する、なかなか非エコなシステムを採用しています。

 味は・・・うーん、日本のえぞ菊を食べたことがないのでなんともいえないのですが、なんというか・・・学園祭の出店で食べるラーメンっぽいといいますか、おおよそ日本では商売として提供されない素朴な味。麺のゆで方、スープの熱さ、具の個性など全てにおいて中途半端でした。救いはチャーシューが思いのほか本格的だったこと。それ以外は・・・。まずくもなく、かといって美味というほどでもなく。

20091215ezogiku.jpg それでもフードコートの他の店よりは客の入りが良く、昼食の時間を過ぎてもひっきりなしに客が訪れるあたりはやはり人気店なのでしょうね。

夕食:Hyatt Regency Waikiki内Furusato-SushiでTexas-Roll(スペアリブの巻寿司)ほか。

 Furusato-Sushiという「いかにも」な名前、しかしこれが結構美味。特にハワイはマグロが獲れるため、ネタの新鮮さは特筆でしょう。酢メシの具合が良いのはもちろん、ワサビもしっかり効いてくれます。しかも食後にはお茶を出してくれる気の配りよう。
 この店も人気店のようで、人種・年齢に関係なく多くの人が利用していました。亭主も30分ほど待ちました。

 そんなこんなで、以下は駆け足で。

12/16 朝食:ABC Storeで買ったクロワッサン、機中で昼食、軽食。

12/17 昼頃成田着。夕食は日立市の鈴木食堂でラーメンともつ煮。やっぱりラーメンは日本のものがいいですね。

駆け足となってしまいスイマセン。ハワイの報告は以上です。

2009年12月25日

12/24 Merry Christmas!!!

20091224civiccenter.jpg
日立駅前シビックセンターのクリスマスツリー。
かつて日産テラノのCFで、電気グルーヴのシャングリ・ラをBGMに登場した場所です。
携帯のカメラでスイマセン(^^;)

2009年12月23日

12/13 第37回JALホノルルマラソン(5)

12/14(オプショナルツアー)

朝食:ABC Storeで買ったサンドイッチ。
卵とレタスをライ麦パンに挟んだもので、話のネタにと買ってみました。
見た目にあまりおいしそうではなく、たべてみたらこれが全然おいしくない。パンはぼそぼそ、具も味に乏しく、分量だけの代物でした。

昼食:カイルアのBob's Pizzeriaでペパロニとソーセージのピザ
本日オプショナルツアーということで、カイルアビーチまで足を伸ばしました。
全米でNo.1と評されるエメラルド・グリーンの海で遊んだ後は、Bob's Pizzeriaでちょっと早めの昼食。日本のピザと比べるとシンプルですが、普通においしい。

20091214kailua.jpg昼食の後はレンタルバイクでイリカイビーチへ。別荘地の小路を抜けてビーチにたどり着くと、そこにはカイルアを越えた静寂の浜辺がありました。人はいるのに、なぜかとっても静か。穏やかな浜には波の音すらありませんでした。亭主も妻も、その雰囲気を壊さないように小さな声で喋っていました。

20091214lanikai02.jpgおやつ:Cheeseburger in ParadiseのCheese Burger。
カイルアから戻って、少し小腹がすいたのでCheeseburgar in Paradiseへ。
Cheesecake Factoryのハンバーガーに比べると焼き加減、分量ともに幾分控えめ。パテの上に乗ったチーズの溶け具合が良い感じでした。味もなかなかでおやつには少し多かったかもしれませんね。
それにしても、白と黄色のまだら模様のチーズは、なんという名前なのだろう?

夕食:ワイキキのP.F.Changで麻婆豆腐、エビ蒸し餃子、八宝菜風のチキンの炒め物。
Royal Hawaiian Shopping Center内にあるオープンカフェの中華レストラン。中華と書きましたがアジア料理全般と言った方が正確かもしれません。麻婆豆腐は固めの豆腐を豆板醤で
炒めたもので、ベジタリアン向けの料理。ただし豆板醤の複雑な味わいもあって、物足りなさは一切感じられません。豆腐は高野豆腐のような歯ごたえでした。
エビ蒸し餃子は、エビに加えて挽肉、野菜が入っておりボリューム満点。八宝菜風炒め物はチキンが大きく食べごたえあり。どれも美味でした。

12/13 第37回JALホノルルマラソン(4)

12/13(大会当日)

朝食:ツアー会社が用意してくれた「踊子」のおにぎり弁当。
お弁当の中身はおにぎり2個、焼鮭、鶏の唐揚げ、卵焼きなど。
ちなみに「踊子」はハイアットリージェンシーのちょうど裏側。赤提灯が下がっており飲み屋のような外見でしたが今回は行くことができず、残念。妻によれば踊子のおにぎりは「海外で(お腹など壊さず)安心して食べられる唯一のおにぎり」とのこと。

午前5時、アラモアナ公園前を出走。無事完走。

昼食:ツアー会社の内でカレーとペプシ。
カレーはシェフの方が作ったものでした。少々疲れていて量は食べられず。味はなかなか。

夕食:Royal Hawaiian Shopping Center内、燦鳥(サントリー)のステーキ膳。
サントリー直営の和風レストラン、とのこと。
店内は鉄板焼き、寿司、和食の3つのエリアに完全に分かれており、入り口で何を食べるかを選択します。鉄板焼きと寿司のエリアでは板前さんのパフォーマンスもみられるそうで。和食エリアは日本風の内装、客は全員日本人、店員さんも日本語がわかる・・・と日本尽くし。もちろん板前さんのパフォーマンスもなく、穏やかな雰囲気の中で食事が楽しめました。メインディッシュのステーキは、固形燃料で熱された鉄板に乗ったもの。最初から切り分けられているためお箸でいただけます。和風ソースは醤油と大根おろしをベースにしたあっさり味。これにご飯、みそ汁、小鉢がついており和定食そのものでした。雰囲気よし、味よし、ホノルルで洋食に飽きたらこちらにどうぞ。

12/13 第37回JALホノルルマラソン(3)

12/12(大会前日)

ツアーの企画で、有森裕子さんとのモーニングランに参加しました。
スタートはホテルのロビー。カラカウア通りを経て、カピオラニ公園の周囲3kmを軽く一周したあとは公園内の芝生の上でストレッチング。行動派の妻のおかげで有森さんのすぐ後ろを走れた他、一緒に写真を撮ることもできました。こういうときに前に出られる人はいいなぁ・・・と慎重派の亭主、改めて妻の積極性に感心。

朝食:ワイキキビーチ近くのCheeseburger in Paradiseのパンケーキ。
亭主のオススメのお店の一つです。この店の名物であるパンケーキが大会前日のカーボローディングにうってつけということもありますが、やはり美味しい。今回は2枚重ねにナッツたっぷりのパンケーキ(スクランブルエッグとベーコン付き)を注文しました。大判のパンケーキにメープルシロップとバターをたっぷりつけて、口の中で噛み締めたときの甘味・香ばしさ・歯ごたえは格別です。ちなみにこの日は妻も2枚重ねのパンケーキを注文しましたが、1枚食べたところでギブアップし、残りを亭主が(やっとのことで)食べました。

20091212cheeseburger.jpgところで、ホノルルには同じくパンケーキを供する店にEggs'n Thingsがあります。ただ、雑誌で紹介されたために店の前に日本人観光客が溢れかえっていて、入る気をなくしました。貴重なハワイ滞在の時間を削ってでも並びたい人にはよいのかもしれませんが・・・今の人気はちょっとバブルっぽい。

食後はアラモアナ・ショッピングセンターで買い物。亭主はClarksの靴とCDを一枚買いました。フードコートで休んだ後は、近くのハワイコンベンションセンター内にあるホノルルマラソンのエントリー会場へ。大会のオフィシャルスポンサーであるNikeの物販エリアでお土産を買いました。ことしのNikeは売られているグッズの種類が少なく、元気のなさが気になりました。昨年までは売っていたウェストポーチも、今年はデジタルオーディオプレーヤ用の小型ポーチ1種類のみ。靴下にはホノルルマラソンのロゴが入っておらず、どこでも買えるような品物でした。そういえばワイキキのNike Townも閉店していたし・・・。大丈夫かNike。

昼食:Cheesecake FactoryのGodiva Chocolate Cheesecake。
昨日に引き続きCheesecake Factoryへ行き、今回は(カーボローディングの意味を含め)チーズケーキを食べました。写真はゴディバ(英語ではゴダィヴァと発音)のチョコレートがたっぷりと溶かしこまれたケーキ。こんもりと盛られた生クリームは、どのケーキにも共通の分量です。ケーキの味はもちろん美味。熱いコーヒーと一緒にどうぞ。

20091212cheesecakefactory02.jpg夕食:日本より持参した「きつねどん兵衛」。マラソン前日は相当数のランナーが食事を求めて街に出るため、あらかじめどこかで食事を用意するのがよいようです。ホテルのポットで湯を沸かし、ホテルのバルコニーで夕食。これまでパンケーキやケーキばかりを食べていたため、だし味や塩味が妙にありがたく感じられました。


2009年12月20日

12/13 第37回JALホノルルマラソン(2)(追記あり)

ハワイでの食べ物に関する情報―――とその他旅行の四方山話―――です。

--

12/11(出発日)

本日出発日。15:00に自宅を出発し、国道51号を成田方面へ。
途中何回かの休憩を挟んで17:30頃成田に到着。
21:00のフライトに間に合わせるため、ひとまずなにか食べることにしました。

夕食1:成田空港第1ターミナル内、讃兵衛のぶっかけうどん。
讃岐うどんのお店だそうです。ぶっかけうどんは、ゆがいた讃岐うどんに、専用のだし醤油をかけていただきます。うどんにわずかに残った茹で汁と、醤油の組み合わせがなんとも美味。物足りないかと思いきや、非常に満足度の高いメニューでした。これは次回もまた食べよう。

夕食2:JAL機中。
離陸後すぐに夕食を供されましたが、何を食べたか思い出せません。
ただ、経営再建に乗り出している・・・ということで、全体的にコストが抑えられている、という印象だけはありました。機中に置かれている雑誌の角が(使い古して)ヨレていたり、ひざ掛けが毛羽立っていたりとそこかしこに経営努力が伺えるものの、貧乏臭いという感じは否めません。経営努力の結果か、夕食のメニューも昨年に比べてオカズが一品少なくて、しかもメニューを選ぶこともできませんでした。チキンとビーフなど2種類から選べた昨年に対して、今年はメニューが1種類。

機内ではうとうとしたり、音楽を聴いたり。

朝食:JAL機中。
ベーグルと水が出されましたが、食欲がなく食べませんでした。

ホノルルには(日付変更線を戻ったため)同日の朝到着。
ツアーのスタッフさん、他の参加者のみなさんとともにホノルルマラソンのエントリー会場でランナーズチップをもらった後は、DFS(デューティーフリーショップ)の4Fにあるブリーフィングルームでツアーの説明。そのあとホテルへ向かいました。ホテルはハイアットリージェンシー。

昼食:Royal Hawaiian Shopping Center内、Cheesecake FactoryのOld Fashioned Hamburger
亭主オススメのお店その1。
チーズケーキの店ですが、ハンバーガー、ステーキ、パスタ、ピザなども食べられます。ワイキキではかなりの人気店で、味はもちろん、サービスも、またお店全体の雰囲気も良いです。
昨年はピッツァを食べた亭主、今回はハンバーガーに挑戦しました。焼き方はミディアムを指定。出てきたハンバーガーは写真の通り、肉の旨味、香ばしさ、分量などどれも満足できるものでした。これに比べれば日本のハンバーガーなんてオモチャみたいなものですね。

20091212cheesecakefactory01.jpg昼食のあとはあちこちでコーヒーを飲みつつぶらぶら。

夕食:クヒオ通りのPerry's Smorgyのバイキング。
一人$10弱でバイキングが食べられるということで、旅行者に人気のお店です。家族連れ、カップルが多いのも特徴でしょうか。
チキン、ローストビーフ、サラダ、芋類、果物など常時20~30種類のメニューが揃っていて、とにかくバラエティ豊か。一度、二度と訪れても飽きません。ただし味は普通レベルで特に美味・・・というわけでもないかな?シーズンオフなのか、メロン、スイカなどの甘みはいま一つ。野菜を食べているという感じでした。もっとも、マンゴーは別格に甘かったです。

--

この日のオススメは、なんといってもCheesecake Factoryでしょう。
日本にもチェーン展開しているようですが、「ハンバーガーの国・アメリカ」の味を体験してみたい人は、ぜひ本場で食べることをおすすめします。アメリカ人ほど肉の食べ方を心得ている国民はいないのではないかと・・・。カロリーが気になる人は、ポテトやオニオンリングはつけない方向で。サラダを食べるのもあまりオススメしません。向こうのサラダはそれこそ牛が食べるほどたくさん出てきますので、メインディッシュが食べられなくなっても知らないよっと。

2009年12月19日

12/13 第37回JALホノルルマラソン

 昨年に引き続き、ホノルルマラソンに参加してきました。

 ホノルルマラソンの概要、歴史は公式サイト(日本オフィシャル現地協会オフィシャル)をご覧ください。ホノルル市街地とオアフ島東部のリゾート地を巡る42.195kmのフルマラソン。7歳以上ならば誰でも出場可能、時間制限なし・・・と初心者向けなのに加え、12月なのに温暖で、観光やショッピングが楽しめ、しかも現地では日本語が通じるなどなどのメリットから、日本からの参加者が多いことでも知られています。

 実際、今年の参加者25000人のうち、14500人が日本人。高石ともやさん、間寛平さん、長谷川理恵さん、久保田智子さん(TBSアナウンサー)など多くの芸能人が参加することでも有名です。もっとも、寛平さんは今年はアースマラソンの真っ最中で不参加ですが・・・がんばれ寛平さん。

--

 亭主はといえば、今回が参加2回目。前回はあいにく雨に見舞われずぶ濡れの中でのランとなりましたが、妻ともどもハワイの魅力に取り憑かれてしまったようで(^^;)性懲りもなく参加と相成りました。

 12月13日(大会当日)は、2:00に起床。3:00にツアー会社のデスク前に集合し、ホテルを出発。アラモアナ公園前を5:00にスタートしました。クリスマスの電飾の美しいホノルル市内、闇の中に聳え立つダイアモンドヘッドを過ぎ、朝焼けの中をカハラの町へ。

20091213honolulu01s.jpg
 カハラの町からハイウェイへと進み、ハワイ・カイまではハイウェイの上をラン。快晴の空、きらめく海が美しいです。ハワイ・カイの内海を囲む別荘地をぐるりと回った後は、カハラの町へ戻ります。

20091213honolulu02s.jpg 最後の難関は、37km地点、カハラからダイヤモンドヘッドへと続く坂道。それまで快調に走っていた亭主でしたが、ここでガクンとペースが落ちてしまいました。それでもなんとか足を動かし、なんとかゴールのカピオラニ公園に到着。

20091213honolulu03s.jpg 残念ながらタイムはつくばマラソンのそれには及ばず。ただ、一年間の仕事・ランの総決算ということで、走った後の爽快感、達成感は格別でした。同じく完走した妻と、ツアー会社のテントで食べるカレーが最高のご馳走になりました。

 えー、そんなわけで、また来年も参加したいと思います(^^;)

 いつもお世話になっている整体の先生(今回はBCAAを差し入れしてくれました)、栄養補給用サプリメントを送ってくれた義兄さん、ツアー会社のスタッフの皆さん、沿道で声援を送っていただいた皆さん、給水ポイントのボランティアの皆さんなどなど、今回も多くの方々にサポートを頂きました。

 楽しく走ることができました。
 どうもありがとうございました。


2009年12月11日

12/11 あとはよろしく

目の回るほど忙しい一週間でした。

年末になると急に予定が立て込み始め、会議や、資料提出の締め切りがやってくるのは毎年のこと。ただ今年は特別忙しく、ここ一週間は本当に息をする事も忘れて仕事に没頭していました。資料を作り、見積もりを取り寄せ、企画をプレゼンし、外注先と打ち合わせ、問題点を対策し・・・etc。

木曜日の夕刻、すべての仕事を(自分ができる範囲まで)片付け、上司・同僚向けに仕事引渡しのメールを書いていたところ、8件の仕事を同時に進めていたことが判明。どーりで忙しいわけだ。メールに書かれた案件一覧を眺めながら、よくまあこれだけの分量をさばききれたものだと、しばし呆然としていました。

とりあえず。

あとはよろしくお願いします。

これから南の島にバカンスに行ってきます。

JALホノルルマラソン2009。12/13(日)午前5時スタートです。


それでは、また

2009年12月 5日

12/05 【聴】Lux JPX-10000ラストインプレッション

しょうさんからお借りしたLux JPX-10000(現行は10000Rです)をメインシステムに組み込んでおおよそ3ヶ月が経過しました。



3ヶ月間いろいろなソースをじっくり聞き込んで、充分に耳を慣らしたところで元のケーブル Nordost Blue Heaven RCAに戻したところ、それまでは判りづらかったケーブルの特徴がはっきりと見えてきました。

たとえばブラシでシンバルを撫でる音。

Nordost Blue Heavenではあっさりとシンバルの表面をなでているように聴こえるのに対し、JPX-10000はしっかりとシンバルを擦っているんですね。

音でたとえるならば、前者はさらり、後者はざらり。

「さ」と「ざ」の違いですが、そこには明確なエネルギーの違いが感じられます。
JPX-10000の高域には力強く、そして荒々しい音作りがなされているようです。イントロがドラム・ソロの曲の場合、「おっ」と思わず聴きいってしまう説得力があります。

たとえばピアノの鍵盤を叩く音。

Blue Heavenではあっさりとピアノを叩いているように感じ、JPX-10000ではしっかりとピアノを叩いているように聴こえます。アタック後の響きに芯があり、余韻が力強いのが好ましいです。。

音でたとえるならば、前者は「ぴん」、後者は「ぴんん」。

こちらは「ん」が1個あるかないかの違い。特にJPX-10000で聴くピアノ・ソロには確固たる意志が感じられました。

しょうさんが以前、コメントで

>中域の太さと密度、静けさがそれまでのケーブルより上

と仰っていて、なるほどそういうことだったのかと、いまさらながらに実感しました。ジャズに向いているケーブル、というよりも、エネルギーを必要とするジャズに向いているケーブル、といったところなのでしょうね。対するNordostは上品で、おとなしい音。どちらが良いかは一概に言えません。ECM系のジャズを好む人ならばむしろNordostの穏やかな音に心が傾くかもしれません。

以上で試聴はおしまい。ケーブルは本日、しょうさんあてに返却いたしました。
大変貴重な経験をすることができました。
しょうさん、どうもありがとうございました。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。