2010年2月アーカイブ

2010年2月28日

02/28 かっぺらあめん(みそチャーシューめん、日立市金沢町)

本日妻が朝から不在・・・ということで、昼は外食となりました。
あまり遠くに出かける事ができず、近場である日立市金沢町のかっぺらあめんへ。
実はこのお店、どうやらチェーン店のようなのですが(日立市相田町にもう1件ある)、店構えといいメニューといい、どこか田舎な雰囲気が漂いています。なんといいますか、チェーン店によくあるシステマティックな部分が全く感じられないのですね。閑話休題。

前回はとんこつラーメンを食べて後悔していましたので、今回は味噌ラーメンを注文しました。

20100228kapperamen.jpg
麺は少し太めの縮れ麺、中華麺の独特の歯ごたえとつるりとした食感が楽しめます。スープは甘ミソ仕立て。少々の辛味(おそらくラー油)がアクセントとなっています。チャーシューは噛めばほろりと崩れる柔らかさ。その他具として(多くの味噌ラーメンに倣い)モヤシその他が入っていますが、こちらは添え物というかゲスト程度。

以前とんこつチャーシューめんを食べてがっかりしていた亭主、実は今回あまり期待していなかったのですね。まあ味噌ならば(醤油に比べたら)失敗は少なかろう、という消極的な理由でこのメニューを頼んだのですが、食べてみるとこれが実に美味しく、あっという間に食べてしまいました。決め手は、甘く仕上げた味噌のスープ。口に含むたびに、嬉しい不意打ちが舌を襲います。甘めの味噌を使ったメニューは他の店でも味わえるのですが、ここのは甘みがとっても自然で、心地よいんですね。ノド越しが良く、後味すっきり。縮れ麺にしっかりとスープが絡み付いてくるので、最後までスープの美味さを味わうことができました。

もっとも、こうスープが良いと、逆に麺にもう少しボリュームが欲しいところです。麺を多めに、具(もやしとニンジンいため)をてんこ盛りにしたら、さらに満足できるメニューとなったことでしょう。今のままですと麺の個性が弱いので、もう少し「ラーメン」を前面に押し出したほうが良いのではないかと。

日立市内に味噌味専門のお店は他にもありますが、これだけの味を供する店はまだまだ少ないと思われます。随分長く続いているお店です、ぜひこれからも続けていって欲しいものです。

2010年2月27日

02/27 子犬通信

実家で子犬を飼うことになったそうで。
結構大きいねとメールをしたら、母親曰く「4ヶ月、安かった、血統書つき」だそうで。

正直値段も血統書もどうでもいいんですけどね(^^;)

大きいので、最初秋田犬かとおもったのでした。
いや、風貌が結構秋田犬っぽいぞ。ほんとに柴犬なのかな?

現在名前を募集中だそうです。
実家の犬は、「コロ」→「ハヤ」→「ハヤ」→「ハヤ」と代々ほぼ名前が固定されているので、このままだと「ハヤ」になりそうな雰囲気です。

20100227puppy.jpg
全然関係ないですが、子犬って、ウシロ足を横に倒してすわるんですよね(^^*)

2010年2月20日

02/20 ハワイアンバーガー(マクドナルド)

マクドナルドの期間限定・Big Americaシリーズ第3弾・ハワイアンバーガーを、妻と一緒に食べました。

写真からはよくわかりませんが、ハワイの名物料理、ロコモコをイメージしたハンバーガーとのこと。肉の旨味たっぷりのパテを、卵(目玉焼き)、ベーコン、チーズ、レタスなどの具と一緒に、粉チーズを散らしたバンズで挟み込んでいます。味の秘密は、目玉焼きの上にトッピングしたグレイビーソース。このソース、ハワイの名物料理・ロコモコにも使われているそうで、ハンバーガー全体に深い味わいを与えています。

20100220hawaiianburger.jpg実をいいますと、亭主も妻も、食べる前は「ハワイアンとは名ばかり、これって月見バーガーじゃないの?」と言っていたのですが・・・

おみそれしました。味も香りもしっかり「ハワイ」でした。

亭主自身はロコモコを食べたことがなく、したがってグレイビーソース自体もしっかりと味わったことがありません。ですが、ハンバーガーの味わいや香りは、たしかにハワイの記憶の中にあるんですね。Cheeseburger in ParadiseやThe Cheesecake Factoryで食べたメニューか、それともAla-Moana Center内のフードコートで嗅いだ香りなのか・・・分りませんが確かにハワイで体験した味と香り。妻と一緒に「そうそう、こんな感じだったよね」と懐かしい思い出に浸ってしまいました。行ったことのある人ならば、なるほどこれぞハワイだと納得する味でしょう。

これが他のブランドのハンバーガーだったら、南国のフルーツや、ココナツミルクあたりでお茶を濁されてしまうんだろうなぁ・・・でも実際のところ、ハワイには南国のフルーツやココナツミルクって意外とないんですよね(^^;)

小細工のない、しっかりと本質を見据えたメニューにマクドナルドの実力を感じました。

続きを読む: 02/20 ハワイアンバーガー(マクドナルド)

2010年2月15日

02/15 オーディオ評論とはなにか(岩崎千明氏)を読んで

岩崎千明氏の「オーディオ評論とはなにか」という記事に以下の記述があり、なるほどその通りと得心。

「海外オーディオ誌は、日本のそれのように夢多い豪華な形ではなく、いうならば実用的な形で、その数も決して多くはない。しかし、その存在するものはそれぞれの国のその分野では、それなりに認められているといってもよい。しかも、その中にはどこにもオーディオ評論家(クリティクス)は存在しない。紹介者(レビュアー)か解説者であってさらにそれは多くが個人的なオーディオ愛好者であり研究者か技術者だ」

さらに、岩崎氏は海外のオーディオメーカやディーラの店主との対話の中で

「ユーザのひとりひとりがオーディオ機器の音を、自分自身の中で解釈し得る素養を持っているからに違いあるまい。それは音楽的な裏づけのある環境から生じたものであろうし、音楽そのものが芽生え、育ち、栄え、現在もそれは大きく豊かに茂り、息吹いている伝統ある土壌の植えに生活環境を持った西欧だからこそなのであろう」

「日本のオーディオ評論に関心の高いオーディオ愛好者達の、音楽的キャリアはといえば、それは多くがここ十年、あるいは十数年のものでしかない。日本全体の社会環境を考えても、西洋音楽がはっきりした形で定着したのは、戦後二十年間にすぎない」

と推測していて、これについてもまったく同感であった。

--

昨今、韓国・中国・ロシアなどが次々と近代化し、インドやブラジルなどもそれに追従して急速に発展を遂げている。一方で、急速な近代化のなかでこれらの国々に様々な社会問題が起きていることもまた事実である。なにか不穏なニュースが起きると、「またあの国か」と眉根をひそめる日本人は多い。だが、かつての日本もまた社会問題の温床であった(しかもそれらは様々な形で現代に存在している)ことを考えると、あまり批難してもいられない。日本人が、かの国々を「またあの国か」と思うのと同様の気分を、かつては、西欧社会も味わっていたに違いない。

社会の急速な近代化―――というよりも急速なイノベーションが、その社会に深刻な歪みを生じさせる、という考え方は、様々な方向に敷衍することができる。

たとえば、2006年に小寺信良氏がITmediaのサイト上で発表した「情報過多が作り出す『level1飛空艇症候群」では、充分な社会経験を経ないまま知識だけを得た新入社員が、現場では全く使い物にならない、という現状を、コンピュータRPGのガジェットを用いつつ批評している。これは情報における急速なイノベーションがもたらす弊害、と考えることができる。

また、現在は下火になったけれども、一時期爆発的な流行を見せた「UFOブーム」「心霊ブーム」なども、高度経済成長や科学技術の急速な発展の中で生まれた歪みの一つと(亭主自身は)考える。実際、これまで日本で頻繁に目撃されてきたUFOは、近年活動の舞台を中国やブラジルに移している(「ブラジル」「UFO」、「中国」「UFO」などでGoogle検索すると膨大な目撃情報がヒットするので、ここでは例を挙げない)。一方、これまで国内でひっきりなしに目撃されていたUFOや宇宙人が、いまではすっかり見当たらなくなったのもまた現実である。

--

急激なイノベーションの中にあって、人間は周囲の変化に合わせて順応・適応を試みる。しかし、充分な時間のないまま促成栽培的に注入された情報は、理解されないまま知識の一部となって人間の中にとどまる。理解されない知識を理解するため、また周囲の変化に順応・適応するために、人は自分と知識、自分と周囲の間に都合の良い解釈を作り出し、その溝を埋めようとする。この溝を埋めるもの、それこそが「UFO」なのではなかろうか。一方で、埋められない溝に躊躇すれば、それは昨今の「フィールドに降りられずいつまでも飛空艇から下界を見下ろす新入社員」となる。このとき「UFO」が科学的か、非科学的かはさしたる問題ではない。問題なのはその人にとってそれがしっくりくるか、こないかなのだ。

オーディオにおける種々の評論もまた、機器と聴き手の間を埋める「都合の良い解釈」のために存在している、と言ったら、世のオーディオ評論家の皆さんは気分を害するだろうか。また、オーディオを好む人々に、オカルト、陰謀論、擬似科学、インチキ健康食品に執心する人が多いのは、これらにオーディオ評論に近い匂いがするからかもしれない、と言ったら、世のオーディオファンの皆さんは気分を害するだろうか。

世界的に評価の高いオーディオ機器の多くが、西欧や米国で作られている一方、それらオーディオ機器を感性的な側面でのみ評論する人の多くが日本人であることは、日本人の感性の豊かさ、芸術への理解の高さを表すものではなく、むしろ日本人が社会的に未成熟であることの現れなのではなかろうか。さらに、それがオーディオ以外の様々な分野にもあてはまり、さらには日本に続く様々な国々にも言えることなのではなかろうか、とも。

1974年に書かれた岩崎氏の文章を2010年に読んで、ふとそんなことを考えた。

--

好評でしたら続きを書くかもしれません。


続きを読む: 02/15 オーディオ評論とはなにか(岩崎千明氏)を読んで

2010年2月13日

02/12 ちょっと雑談

・ワインを飲むと、身体がかゆくなり足に赤い斑点が出るようになってしまいました(^^;)

斑点はともかく、身体がかゆいのは問題あり。無意識に掻いているようで、気がつくとかなり皮膚を傷めています。爪から雑菌が入り皮膚が化膿してしまったりも。皮膚の薬(デルモゾール)が切れてしまったので、お医者さんに処方してもらおうかと思ってます。

・サンシャイン牧場、やめました

Mixiで人気の育成ゲーム、サンシャイン牧場をここ数ヶ月ほどプレイしていたのですが、キリがなくなったのでやめました。作物/家畜を育て、収穫物を売り、そのお金で作物の種/家畜の子どもを買う―――の繰り返し。レベルが上がると育てられる作物/家畜の種類が増える、マイミク同士で世話が出来るなど、それなりにいろいろと遊べるわけですが・・・この頃は延々同じ作業を繰り返すばかりで、とっても不毛な気がしたので。

・携帯落っことしました

金曜日の夜に、うっかりフローリングに携帯(au Exilimケータイ W53CA)を落としてしまい、液晶になにやら雪の結晶のような模様が出るようになってしまいました。朝起きると雪の結晶が黒いラインに変わっていて、どうやら液晶が壊れたっぽい。オキニイリの機種だっただけに悲しさ半分、機種変更が出来ると嬉しさ半分。ところがポケットに入れていたら液晶の黒いラインが消えて元通りになっていました。温めたのが良かったのかもしれません。こんどはオキニイリの機種だっただけに嬉しさ半分、機種変更が出来ないと悲しさ半分。

・眼鏡買い替えました

視力がさらに悪くなってしまったので、眼鏡を買い替えました。今回はフレームなし。ただ、度を2段階を強くしたら非常に目が疲れます。結局普段はこれまでの眼鏡を継続使用中。

公私共に忙しく、漠然とした考えを文章にしたためる時間がない今日この頃です。もう少しぼーっとできる時間が欲しいものです。

2010年2月 9日

02/09 ニューヨークバーガー(マクドナルド)

PM、水戸に打ち合わせに行った際、少し空き時間があったのをいいことにマクドナルドでニューヨークバーガーなどを食べてしまいました。コーラのMとあわせて600円なり。

20100209newyorkburger.jpg
なんでもニューヨークバーガー、あまりの人気に提供時期を短くせざるを得なかったようで、(亭主は知らなかったのですが)なんと本日(9日)が最終日。確かに、昼過ぎだというのにこれを買い求める人がひっきりなしに来店していて、人気の高さが伺えました。ちなみに買う人買う人全員男性で・・・なぜだ。

ともあれ、ニューヨークバーガー。全粒粉のグラハム・バンズに、パテ、ベーコン、チーズ、トマト、レタスを挟み、マスタードソースできりっと仕上げています。少し大ぶりなパテと、しっかりしたバンズ、それにソースの辛味がよくマッチして、なかなかまとまった味に仕上がっていました。対するトマト、レタス、ベーコンの存在感が希薄だったのは、もしかしたらトマトやレタスの鮮度不足、あるいはベーコンのボリューム不足によるものかもしれません。トマトは少し青みがかかり、レタスはへなへなで黄色く、ベーコンなどは申し訳程度・・・と品不足であることが見た目から容易に伺えたのが印象的でした。

まあ、それなりにボリュームもあるし、味もそこそこだったのでヨシとするかな。

久々のハンバーガーに満足し、打ち合わせ場所に出かけた亭主でありました。

2010年2月 8日

02/07 村松虚空蔵尊で厄落とし

ことしが本厄の亭主、去年に引き続き、村松虚空蔵尊に厄落としにいってきました。

20100207muramatsu.jpg冷たい雨が降っていた昨年(たしか6月)に対し、今年はとはうってかわっての良い天気。昨年は私を含めて6人ほどしかいなかった本堂が、今年はおおよそ100人もいるでしょうか、大入満員となりました。調べてみるに、厄落としは新年〜節分あたりにおこなうのが一般的なのだそうです。子供さんの受験シーズンと重なったこともあるのでしょう。

参道にはたこ焼き、わたあめ、クレープなどの出店が立ち並び、境内においても近在のお年寄りが名物の「福俵」を売っているなどなかなかの盛況。亭主は買わなかったのですが、福俵の中にはあられがはいっているそうです。話のネタに買ってくればよかったかな。

Wikipediaによれば、かつては大厄である数え年42歳に「初老の賀」で祝ったことから「初老」は40歳の異称なのだそうです。「初老」という呼び方はともかく、精神的にはもう少し成熟したい、人間的にはさらに格を高めたいと思っている今日この頃です。いえね、「悪の読書術」を読んだからというわけではなくて、それ以前にもずっと思っていたことですけれども。

亭主にも、少し背伸びをしてハイソな本を読む、そんな時代がありました。

いつから、自らの身の丈を自ら決めてしまったのか。自らの守備範囲を自ら決めてしまったのかと反省しきり。今の自分を捨て去ることなく、さらに高みへと乗り出す好奇心と向上心を持ちたいものです。

ともあれ、厄落としは無事に終了。
今年一年、無事に乗りきれるようにと部屋につくった即席神棚にお神酒を供える亭主でありました。


2010年2月 1日

01/31 第58回勝田全国マラソン大会

 3ヶ月連続フルマラソンに挑戦中の亭主、今回はひたちなか市で開催された勝田全国マラソンに参加しました。

 勝田マラソンといえば、ランニング情報誌「ランナーズ」において毎年「大会100撰」に選ばれるほどの人気の大会。沿道の皆さんの応援が盛大だったり、地元の方々からの差入れが多かったりと地域密着型の大会にファンも多いようです。昨今のマラソンブームを反映してか、今回は10km, フルマラソン合わせて過去最高の約17000名が参加。天気も良く、絶好のマラソン日和のなかの開催となりました。

 亭主自身は(以前ひたちなか市に住んでいたというのに)勝田マラソンは初挑戦。東海村新春マラソン大会で調子を上げて、いざ勝田・・・と思っていたのですが、実は30km付近で左膝を傷め、それをかばった結果35km付近で右股関節に痛みが走って、あまり納得できないタイムでのゴールとなりました(といってもタイム自体はホノルルとほぼ同じだったのですが)。痛みを耐えつつ走ったため、沿道の方々の応援・差入れにも応えられず・・・残念。先日のエントリでご紹介いただいたアランフェスさんのご家族にもお会いできず。申し訳ないです。膝の痛みに、マッサージの存在すら忘れておりました。

  亭主のタイムはともかくとして、この大会、準備の周到さ、サポートの皆さんの手際のよさが際立つ、非常にこなれた大会でした。駅から会場までのバス送迎、大会エントリ、荷物の取り出し、出走時の誘導、そしてゴール後の記録証発行に至るまですべてが迅速。さすが58回も大会を運営してきただけある・・・と感心してしまいました。唯一大変だったのは荷物預け入れ時の混雑でしたが、これは人数が多いだけに仕方ないように思われます。

 お楽しみの参加賞は、勝田名物の完走イモ。もちろん「乾燥」と「完走」をかけております。乾燥イモは勝田が本場だそうで、町中に広い芋畑がみられるほか、冬の朝などには芋を蒸したときにでる湯気が、あちらこちらから上がっています。亭主がひたちなかに住んでいたときには、朝早く、お芋のふんわりと甘いにおいが近所から漂ってきましたっけ。なつかしいなぁ。

20100131katsutamarathon.jpg ところで「乾燥イモ」、地元でもその名前は一定していないようで、「かんそいも」「干し芋」などとも呼ばれています。ちなみに亭主の実家の長野では「いもぼし」と呼んで、子供の頃から慣れ親しんでいました。亭主などは、いもぼしは長野にしかないものと思っておりましたが・・・意外と全国区な食べ物なのかもしれません。いもぼし。

 あと、忘れてはいけないのは完走記念のシャツ。今回は汗を吸収する長袖シャツでした。色は白。胸に勝田マラソンのワンポイント、背中にマラソンロゴがプリントされているというシンプルなデザインでした。冬場は寒いので、長袖というのがいいですね。トレーニングのときに着るとしましょう。

 そんなわけで勝田マラソン、苦しかったけれども、楽しく走ることができました。
 膝の痛みはともかくとして、課題も、やることも見えてきたのでヨシとしよう。足を引きずりつつも、気分は意外と晴れ晴れとしている亭主でありました。

 ランナーのみなさん、大会運営のみなさん、そしてボランティアの皆さん、本当にご苦労様&ありがとうございました。

 また次回、勝田でお会いしたいと思います。

 あっ、そうそう、食べ物について。

 この日は、出走前にSAZAコーヒー(一杯100円)、走ったあとにけんちん汁(400円)、それに帰宅時に(同じくマラソンに参加した義兄さんと)勝田駅前のフライデー勝田店で濃厚つけ汁そばを食べています。濃厚つけ汁そばは、名前のとおり、ケモノ系の濃厚なつけ汁と、軽く波打った幅広の麺の組み合わせ。つけ汁の塩分と油分、麺の炭水化物が疲れた体にしみわたります。麺を浸すうち、つけ汁がさめてしまうのは残念でしたが、久しぶりのフライデーを存分に堪能して、個人的には満足。

 マラソン大会の醍醐味といえば食べ物。会場には様々な名物・ジャンクフード・旨い物が並んでいて、どれを食べようかと毎回困ってしまいます。ところがランナーは、出走前にはなかなか食べる状態にないんですね。しかも走った後はすっかり売り切れていて、実はあまり食べたことがありません。今回もいろいろとおいしそうな食べ物があったなかで、「温かいから」という理由だけでけんちん汁を食べています。

 トレーニングでなんとかなるランと違って、会場で何を食べるかは、ランナーにとっては永遠に悩みの一つかもしれません。 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。