2011年3月アーカイブ

2011年3月29日

03/29 被害状況

お疲れ様です。亭主です。

今回の地震(日立:震度6強)での被害状況と、対策結果についてご報告します。
今後の備えの参考になれば幸いです。

1.家
 壁紙が、壁材(ボード)に沿って裂けました。
 1Fはほぼすべての部屋、通路で。
 2Fは亭主の部屋の一部で。
 壁紙をはがして貼りなおす必要がありそうですが、どれほどの額がかかるか
 皆目検討がつきません。

2.家財
 家財で壊れたものは以下。

 コーヒーメーカーのガラス製コーヒーサーバー(テーブルから転げた)
 タイヤを保管するための外置きのスタンド (実は元からかなりこわれていた)
 亭主の部屋のちゃぶだい(学生時代から使っていた)
 亭主の部屋の観葉植物の鉢
 亭主の部屋の液晶ディスプレイ(台座部分がぽっきりと。表示部は一部擦り傷があるものの立てかけて使用可能)


 南北方向に長い食器棚もかなり揺れましたが転倒せず、食器類はまったく割れませんでした。
 転倒防止シートが役立ちました。これはかなりオススメ。

 また、オーディオラックの上に置いたアナログプレーヤも、まったく落ちませんでした。
 こちらは防振用のゲルシート(粘着性)が役立ちました。これもかなりオススメです。

 どちらも同じような形状・仕様のものならばメーカ問わず有効かと思います。

3.オーディオ関係

 CDは、ラックに縦置きしておいたものを中心に、ケースが10枚ほど割れました。
 本体が損傷したものは、ウクレレ教本についてきたCDを含む2枚。
 どちらも不織布ケースに入れて外においてあったものです。

 亭主はCDを衣装ケースに入れて保管しています。ケースそのものがかなりの重量となるため、最上段のケースを含む2段が飛び出した以外は、無事でした。

 スピーカ類はかなり傷が付きましたが、ユニットが破損したものはありませんでした。

 そのほかは、無事。

4.その他

 壁や床は家具がこすれたり、物が落下したりで、傷つき、へこむ程度でした。

以上です。

食器棚が倒れなかったのが幸いでした。
身の危険、片付けの手間もさることながら、精神的ダメージが倍増していたことでしょう。

2011年3月28日

03/28 日々雑感

お疲れ様です。亭主でございます。

3/11の震災から半月が経過しました。
我が家も電気・水道などライフラインが停止し、1週間近く風呂に入れなかったり、飲料水を求めて市役所で4時間並んだりと苦労しました。幸い電気は4日で、水道も1週間ほどで回復し、ガソリンスタンドに2時間並べば燃料も手に入るようになりました。スーパーの売り場はガラガラですが、日一日と事態は回復に向かっているようです。

もちろん今でも福島や宮城、岩手には、家族や家を失い、明日の生活さえもままならない人が大勢いるのですが・・・。

震災当時は、希望をもって前向きに生きよう、なんとか人間らしい暮らしを維持していこうと、気を張り暮らしてきたつもりでした。ところがいざ日常が戻ってくると、どうにも身体が動かないのですね。好きなことにも気が乗らないあたり、ちょっと「うつ」気味なのかもしれません。


2011年3月24日

03/24 【読】「未来型サバイバル音楽論-USTREAM, Twitterは何を変えたのか-(津田大介+牧村憲一、中公新書ラクレ)」

「未来型サバイバル音楽論-USTREAM, Twitterは何を変えたのか-(津田大介+牧村憲一、中公新書ラクレ)」

メディアジャーナリストで一般社団法人インターネットユーザー協会理事。Twitterでの活動をはじめ近年活躍目覚しい津田大介氏と、フリッパーズ・ギターを擁したトラットリア・レーベルなど数多くのインディペンデント・レーベルのプロデュースを手がけた牧村憲一氏による、最新・最強の音楽論。

近年急速なシュリンクが続く音楽業界。「CDが売れない」「メガヒットが出ない」といった逼塞状態に対しては、これまで多くのメディアや評論家が考察・解説を加えている。ただし、具体的にどうしたらよいのか、どうすべきかを提案する論考は、実は、ほとんどない。消費者の嗜好の多様化、音楽業界の構造的欠陥、あるいはWinnyや違法ダウンロードサイトによる著作権の侵害・・・様々な原因が指摘される一方で、建設的な意見、将来を見据えた提言は、ほとんどないのが現状だった。

本書では、津田氏と牧村氏が音楽業界をあらゆる側面(日本のポップス史、文化、ビジネス、著作権、IT技術など)から分析するとともに、従来の業界構造にこだわらない、最新の音楽ビジネスを紹介。「1人1レーベル」をキーワードに、これからのアーティストのありかた、レーベルのありかたを提案する。1970年代に日本発の会員制レーベルとして立ち上がったURC、1990年代に「渋谷系」の代表的レーベルとしてコアな人気を誇ったトラットリア、そして近年坂本龍一が立ち上げたCommmonsなどといったインディペンデント・レーベルの試み、まつきあゆむや向谷実、七尾旅人といったアーティストらによる斬新な音楽へのアプローチは、利権と著作権によってがんじがらめとなった音楽業界に風穴を開け、新たな風を呼び込んでいる。風穴の向こうには希望と喜びに満ち溢れた大地がある。

実は亭主、書店で本書の冒頭部を眺めた際にTwitterだのUstreamだのといったキーワードを目にして「ああ、また流行りものを扱った本が出た」と軽くがっかりしていたのだ。ところが実際に読んでみると、これらキーワードは添え物に過ぎず、むしろ重要なのは過去におけるインディペンデント・レーベル立ち上げのコンセプトだった。停滞した音楽業界を再び活性化させるためのカギは、はるか昔から我々の目の前にぶらさがっていたのだ。

アーティスト、リスナーを問わず、あらゆる音楽関係者・音楽ファンに読んでもらいたい本。オススメ。(2011.03.24)

2011年3月21日

03/21 古い記憶より

妻と話していてふと思ったのですが。

小学生の頃、亭主の好物は一にも二にもカレーで、ラーメンはあまり食べませんでした。実家でチャルメラやサッポロ一番を食べることはありましたが、隣町のユニー(デパートです)の最上階にあったレストランで食べたのはいつもカレー。弟たちがいつもラーメンだったのに対し、亭主はいつもカレーでした。理由は「ラーメンを食べた後はいつも頭が痛くなるから」。なぜ頭が痛くなったのかはわかりません。

亭主が積極的にラーメンを食べるようになったのは、大学時代、友人と浦和にある「かめ福」の中華そばを食べたのがきっかけでした。当時浦和に住んでいた亭主、学校帰りや休日にはいつも「かめ福」のチャーシューワンタンメンを食べていました。ただ、この時もまだラーメンの食べ歩きはしていません。三年生になり、千葉に引っ越し、車を入手し、牛久の「山岡家(この頃はまだチェーン展開していない)」に通うようになってもなお、ラーメンに対するこだわりは薄かったように思います。

してみると、天下一品が水戸駅南店に出店し、通うようになったのが情熱の発端だったのか。いや違うな、もう少しあと、MS-Excelに食べ歩きのリスト(ラーメン・カレーその他含む)を作り始めたのが発端だったのか。いや違うな・・・。

自分のことながら、なんだか近頃わからないことだらけであります。

2011年3月20日

03/20 【聴】 New and Rediscoverd Musical Instruments / David Toop Max Eastley, Obscure|Virgin(7243-8-44380-2-9)



 Flying Lizardsのメンバーとしても知られるDavid Toopと、"The Arc"と呼ばれる自作楽器を駆使する演奏家Max Eastleyによる音響系アンビエントの作品。Brian EnoのレーベルObscureからリリースされた10枚のアルバムのうちの1枚。ちなみに10枚のうち6枚はCD音源化されているものの、残りの4枚は未発売となっている。リリースが待たれる。

 A面(CDでは前半4曲)をMax Eastleyが、B面(後半3曲)をDavid Toopが担当している。Max Eastleyはいずれもオリジナルの自作楽器を使用。各トラックに楽器の音をイメージさせるタイトル("Hydrophone"、"Metallophone"、"The Centriphone"、"Elastic Aerophone / Centriphone")を与えている。自然の織り成す偶然のサウンドは、まさに「環境音楽」と呼ぶにふさわしい。

 一方、David Toopは、何気ない鼻歌や梵鐘の音、笛の音などをフィーチャー。前半が「自然」の音だとすれば、後半は「人間」が織り成す偶然のサウンドといえるだろう。積極的な「聴取」を求めない、文字通りのバック・グラウンド・ミュージック。(2011.03.07 Disk Union 千葉店から)

2011年3月18日

03/11 東日本大震災

3/11の地震発生以来、いろいろとご心配をおかけしてきましたが
携帯、電気に続き、本日水道も復旧いたしましたのでご報告いたします。

心配のお言葉、ご支援、お気遣いありがとうございました。

--

地震発生時は会社で仕事をしていました。
揺れが収まらないばかりかだんだんひどくなり
(このとき三陸沖の地震に茨城県沖の地震が連動したらしい)、
机の下にもぐって、いつ終わるとも知れない揺れを凌いでおりました。

揺れがおさまったあと職場全体で屋外に避難。
家の心配をしつつ、しばらくは屋外に待機していました。
強制帰宅命令が出て、ようやくかえったのが17:00。
妻も、また家もなんとか無事でした。

しばらくは電気も、水道もない生活を送っておりましたが、
火曜日の夜に電気が復旧、本日金曜日には水道が復旧し、
なんとか通常の生活に戻ることができました。
風呂に入れず、水の配給やトイレの水汲みに奔走した一週間、
現在でも食料はほとんど手に入らず、ガソリンもない状態ではありますが、
避難所で生活されている皆さん、津波や地震で家や家族を失った皆さんを思えば、
自らの状況はむしろ恵まれすぎています。

宮城や岩手、福島、そして県北や鹿行地域には、まだまだ大変な方々がおられます。
みなさんが一刻も早く、穏やかな暮らしに戻られるよう、

全国の皆さんのご支援をどうかよろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

03/18 【読】 「江戸「うつろ舟」ミステリー(加門正一、楽工社)」

「江戸「うつろ舟」ミステリー(加門正一、楽工社)」

享和三(1803)年、常陸国(現在の茨城県)大洗の海岸に一艘の奇妙な「舟」が漂着した。椀とも釜とも取れる不思議な形状をした舟の中には箱を持った異国の女が一人居て、異国の言葉をしゃべっていたという。江戸時代最大の怪事件に、大学教授で「トンデモ超常現象99の真相」の著書でも知られる加門氏が挑戦する。2008年刊。

大学教授の著書―――ということで論文的な内容(論理的な反面、シンプルで一本道の構成)を想像していたが、違った。文献の調査と分析、そしてフィールドワークによる関連情報の収集から結論を導き出すという、民俗学的なアプローチは論文的なのだが、章が時系列で構成されている点、章を追うごとに新情報が提示され、考察が深まるとともに結論が変化する点は、むしろミステリの構成に近い。とある学会誌に発表したところ、茨城県の郷土史家から連絡があった―――時代をさかのぼる文献が発見された―――など、章を追うごとにどんどんと考察が進むため、読者は最後まで気を抜くことができない。

なお、本書では「うつろ舟」の文献として、最終的に「瓦版刷り物」「鶯宿雑記」「兎園小説」「外国漂流全書」「梅の塵」「漂流記集」(年代順)が紹介されている。どの文献もそれぞれに記載が微妙に異なり、意図的に省略された部分、写本などによって変化した部分もある。これらを手がかりにして「うつろ舟」の真相へと迫るあたりがクライマックスだろうか。江戸時代最大の怪事件にどのように解かれたかは、読んでのお楽しみ。

ちなみに、導入部でUFO事件との関連、UFO目撃の歴史などが語られるが、そこは「トンデモ超常現象99の真相」の著者である。「うつろ舟=UFO」説を信じて疑わない、熱狂的なUFO信者の方はどうか冷静に、最後まで読まれることをお願いする。(2011.03.18)

2011年3月10日

03/10 【聴】 Aurora / Azymuth, Farout|T.A.C.S(TACM-0028)


NHK-FM クロス・オーバー・イレブンのテーマ曲"Fly Over the Horizon"がことに有名。ブラジリアン・フュージョンにおける最重要グループのひとつ・アジムスの最新アルバム。"In My Tree House"の別バージョン2曲を含む。全12曲。

でまどさんをして「ブラジルのYMO」と称されるアジムス。スタイリッシュかつ無国籍なサウンドは本作でも健在だ。ハネるようなベース・ラインが印象的な"In My Tree House"、アフリカのビートを駆使した"Te Nessa Ainda Bicho"など聴きどころが多い。全体的にチルアウトで穏やか、いわゆる「ネタ」に走らないストイックさはこれまでのアジムスには珍しい作風といえるが、 そのストイックさが逆にパワー不足、インパクト不足につながっているあたりが残念だ。キャリアが長いだけあって、いずれの曲もソツなく仕上がっているものの、のっぺりと平坦という印象はぬぐえない。ブラジリアン・フュージョンに「ネタ的なテンションは不要」であると重々理解していても、物足りない。旨みはあるのに辛味のないカレーとでもいおうか。

個人的にアジムスは大好きなアーティストのひとつで、毎回チルアウトなフュージョン・サウンドが聴けるのを楽しみにしているのだが、本作は特にオーソドックス、毒にも薬にもならないアルバムとなってしまった。残念。(2011.03.04 Amazon.co.jpから) 

2011年3月 9日

03/09 【聴】 Toomorrow / Wagon Christ, Ninja Tune|Beat(BRC-284)



 Aphex Twin, Squarepusher, Mike Paradinas(μ-Ziq)らと同じく、UKはコーンウォール出身。Plug名義では前述の三人とともに、ドラムンベース4天王などとも呼ばれたLuke VibertのWagon Christ名義となる最新作。この名義では2004年の"Sorry I Make You Lush"以来、実に7年ぶりの作品となる。Luke Vibert名義では2009年に"We Hear You"をリリースしており、お久しぶりという感じはしない。全17曲。日本盤にはボーナストラック2曲を収録を含む。

 サンプリングを駆使したブレイクビーツ/ヒップホップのアルバム。人を食ったようなヴォイスと、ファンキーなサウンドが怒涛のように押し寄せる、文句なしに楽しい作品だ。ある種の子供っぽさ、徹底的に作りこまれたトラックは1990年代に一世を風靡したRephlexレーベルの作品群を髣髴とさせる。同じくWagon Christ名義の"Tally Ho!"(1998年)の聴き比べてみるとエンターテイメント性はさらに高まっている。彼自身のキャリアの中でももっともノリの良い、マスに強く訴求できるアルバムだろう。

 聴き所は全編にわたるけれど、Wagon Christ節全開のM2 "Toomorrow"、エレクトリック・ピアノをフィーチャーしたスパイサウンドM5 "Accordian McShane"、Aphex Twinばりのお子様ヴォイスをフィーチャーしたM12 "Sentimental Hardcore"、ヴォコーダとサンプリングを貪欲に組み合わせたM14 "Harmoney"あたりは必聴。Wagon Christを聴いたことのない人も、ぜひ。(2011.02.28 Amacon.co.jpから)

2011年3月 4日

03/04 【聴】 Venice / Fennesz, Touch(DNCD14)



 エレクトロニカ/アンビエントクリエータ、Christian Fennesz(フェネス)の2004年作品。JapanのDavid Sylvianをゲスト・ヴォーカルに迎えた"Transit"を含む全13曲。ちなみに日本盤にはボーナストラック1曲を含む。

 シンセ・ドローンとノイズとを組み合わせたアンビエントを得意とするフェネスにあって、本作は特に「ノイズ」を意識した作品。シンセによる様々なノイズと、エレクトリック・ギターによるノイジーな持続音とを組み合わせたトラックには、空間に放たれ、なすすべなく消えていくエネルギーをイメージさせる。「空間」は、具体的には凪いだ浜辺や明け方の雑踏のイメージだろうか。けして何もない空間などではない。

 David Sylvianのヴォーカルをフィーチャーした"Transit"が本作の目玉。ニューロマンティックとアンビエントとを組み合わせた侘び寂びのサウンドとSylvianの枯淡な声質が実に良く会う。さらに、Burkhard Stanglがギターを爪弾く"Laguna"も一聴の価値あり。積極的に聴いて楽しむタイプのアンビエントかと。オススメ。(2011.02.23 Diskunion柏店から)

2011年3月 3日

03/03 【聴】 Parti Colored Irregular Sonic / Dum Dum TV, Dustbin Records

IMAGE

 石野卓球のMix-Up Vol.1でのミックスが殊に有名。一部業種には圧倒的な知名度を誇るにも関わらず、知らない人はまったく知らないDum Dum TVの、おそらく唯一となるミニアルバム。ちなみに市場にはほとんど流通していないらしく、亭主も今回初めて見た。おそらく以降お店で見ることもなかろう。なまんだぶなまんだぶ。

 テレビ/ラジオの音源を執拗なまでにコラージュした、まさに「狂気」を感じる作品。音楽的な要素がほとんどないあたりは、暴力温泉芸者、ヤン富田らの実験音楽に近い。もっとも、彼らアーティストの作品から伝わる計算高さ、ラジカルを意識するがゆえの芸術性は、本作に限ってはまったく感じられない。無欲無心というか―――いまどきの言葉で言えばまさしく「誰得」な音楽。しかしそんな無欲がかえって面白い。日本のテレビ/ラジオの音源を使って親しみやすく仕上げた点もまた、面白さが高まった原因のひとつだろう。

 残念ながら本作はAmazonでの取り扱いがないため、当方スキャンした画像でジャケットを紹介する。(2011.02.23 Diskunion柏店から)

2011年3月 1日

03/01 【聴】 CD / □□□, Commmons(RZCM-46734)



 三浦康嗣、村田シゲ、いとうせいこうからなるラップ/ヒップホップユニット、クチロロの最新作。街にあふれるありふれた「言葉」に徹底的にこだわった、日常のサウンドトラック・・・的な作品。全10曲。ゲストヴォーカルとして内田慈、大木美佐子、金田朋子、RUMI、まつゆうが参加。

 本アルバムに収録されている曲は、ざっくりと3種類に分類することができる。カットアップの手法を駆使し、アブストラクト/音響系サウンドへと仕上げた曲(たとえばM1「はじまり」)、ヒップホップの先駆者たるいとうせいこうをフロントにした曲(M3 「ヒップホップの経年変化」)、そして青春のポップ・サウンド(M4 「恋はリズムに乗って feat. 大木美佐子」)。等身大の歌詞と、徹底的に細分化・再構成されたトラックが、よく冷えた炭酸水のように聴き手の耳を刺激する。クチロロ的には確立されたサウンドなのに、聴くたびに斬新に感じられるのはなぜだろう?

 スピーカから放たれた言葉のストリームは、ぐるりと亭主の周囲をめぐった後、またスピーカへと還ってゆく。次に再びスピーカから放たれるときもまた清冽で斬新な音。(2011.02.23 Amazon.co.jpから)

03/01 やな夢をみた(第28回富里スイカロードレースエントリ開始)

やな夢を見た。

明け方4時頃だろうか、
富里スイカロードレースにエントリしようと、
PCからRUNNETのページにアクセスしようとしたところ、
サイトのトラブルでつながらない。

何回かリロードを繰り返したところ、急に画面に、
白目を向いた気味の悪い女性の写真が出てきた。

反射的にブラウザを閉じたが、PCの画面が乱れたかと思うと、
デスクトップのアイコンやら壁紙が、その女性の写真に変化した。

しまった!攻撃を受けた!
急いでPCの電源を落としたが、富里スイカロードレースのエントリはどうしよう・・・。

--

本日5時おき。6時から富里スイカロードレースのエントリが開始されるのだ。
妻とあわただしく朝の準備をし、6時少し前にそれぞれがPCの前で待機。
6時数分前にRUNNETのページにはいり、エントリしようとすると・・・

なんと!待ち時間が!

20110301runnet0615.jpg
幸いにも妻のPCからのアクセスが成功し、亭主と義兄(PCを持っていない)を含む
3人のエントリが完了したものの、亭主は最後までエントリ画面にすら進むことが
できませんでした。

最近のマラソン人気は喜ばしいことですが、あきらかに異常事態です。

ちなみに7:30現在の状況はこちら。

20110301runnet0730.jpg

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。