2011年5月アーカイブ

2011年5月29日

05/29 【聴】 Destroyed / Moby, EMI(TOCP-71082)

IMAGE
2008年"Last Night", 2009年"Wait for Me"に続く、Mobyの最新作。"Destroyed"と名づけられた意味深なタイトルとどこまでも静謐なハウス・サウンドは、彼自身のコメントによれば深夜2時に聞いてほしい音楽とのこと。ただ、タイミング的には3月の大震災への手向けといってもしっくりくる。日本盤はボーナストラックを含む全16曲。

うーん、なんといってよいのだろうか。

これまでのMobyの作品からすると、極めて内省的なアルバム、といえばよいだろうか。かつてならばアンビエンティック、チルアウトなどと呼んでいただろうテンションを抑えたメロウな曲調。もっとも、かつてのサウンドには、メロウな中にもどこか人の心をざわつかせる激しさがあって、レイヴやクラブにおいてアンセムと称されるにふさわしい「ある種の仰々しさ」を含んでいた。戦略的というか、熟練というか、ベテランらしいツボを抑えたつくりがMobyの特徴であり、そして良さであったはず、なのだけれど。

本作に限ってはそんな「ツボ」だのあざとさは一切感じられない。ただひたすらに静謐で、敬虔さを感じさせるサウンドは、真夜中にじっくりと聞くにふさわしい。彼自身が本作を大震災で命を、家族を失った人々へのレクイエムとして作ったかは定かではないが・・・東北に少なからず縁のある亭主にとって本作は、やはり特別な感情なしには聴くことができない。トラックとして多少の起伏はあれ、全体に流れる鎮魂の思いをかみ締めながら、じっくりと、聴きたい作品。(2011.05.19 Tower Records柏店から)

2011年5月28日

05/28 【聴】 Best of Mijk van Dijk - Past Perfect / Mijk van Dijk, Superstition|Cluster Sounds(CSMC-002)

IMAGE
Marmion, Microglobe名義でも活動、電気グルーヴの"Niji"のリミックス、日本国内ではRidge Racer、攻殻機動隊などのサウンドトラックへの参加、さらには士郎正宗をジャケットに起用したオリジナルアルバムでも知られるテクノ・アーティスト、Mijk van Dijkのベストアルバム。2010年リリース。Star Guitarのリミックスを含む全12曲。

ドライブ感にあふれるテクノが、Mijk van Dijkの真骨頂。アップテンポでぐいぐいとひっぱる展開と、キャッチーなサンプリングネタがシューティング・ゲームの緊張感を髣髴とさせる。もちろん彼自身、名義で作風を使い分けていて、ゲーム的なテクノ・サウンドを主体とするMicroglobeに対してミニマル・テクノのMarmion、スタイリッシュで現代的なテクノの本人名義と様々な表情を見せている。国内における彼のパブリック・イメージ(=ゲームとか、アニメとか)は、彼の一側面にすぎない。

全然関係ないが、Wikipediaの彼の項によれば、昨年Perfumeの東京ドーム公演に、Surgeonとともに目撃されていたのだという。ここ5~6年ほどフルアルバムのリリースのない彼だが、ミックスやDJプレイで活躍しているとのこと。ぜひ新作アルバムを期待したいところだ。(2011.05.19 Tower Records柏店から)

2011年5月26日

05/26 【聴】 Sunny / Towa Tei, MACH|Voltage(MBCD-20111)

IMAGE
古くはDeee-Liteのメンバーとして、最近ではDJ・音楽プロデューサとして活躍するおなじみテイ・トウワの最新アルバム。"Flash", "BIGFUN"に続く、三部作完結篇となる。アルバムのアートワークは前2作に引き続いてのBarry McGee。独特な(ちょっと病的な)キャラクターは控えめに、オーガニックなジャケットデザインが目を惹く。

なんといっても、参加アーティストが豪華。高橋幸宏、細野晴臣、高野寛、小山田圭吾、砂原良徳、高田漣、DJ Fumiya、森俊二(ナチュラル・カラミティ)、ハトリミホ、水原希子ほか、ベテランアーティストが顔をそろえる。ほぼ全ての曲に"featuring..."とゲスト・アーティストがフィーチャーされており、テイ・トウワプロデュースによるコンピレーション・アルバムといった趣でもある。テイ・トウワらしいセンスのよさが存分に楽しめる、完成度の高いアルバム、とでも形容したら良いか。

 一方で、不満もある。完成度の高さからだろうか、どの曲も非常にスムーズで印象に残らない。ゲスト・アーティストの顔も見えない。一曲が短いのだろうか、全12曲をあっというまに聴き終えてしまい「え?もう終わったの?」と思ってしまうほどだ。BIGFUNのインパクト、カタルシスが欲しかったなぁ・・・などと思いつつ、またリプレイを押してしまう。(2011.05.11 Amazon.co.jpから)

2011年5月23日

05/06 【食】 横浜家系ラーメンながせ家(中盛味噌・チャーシュー岩のりトッピング)


20110506nagaseya.jpg 水戸市酒門町。国道6号酒門六叉路近くにある横浜家系ラーメンの店。
ちなみに以前はひたちなか市馬渡にあった。

かなり前にこちらに移転したことは知っていたのだけれど、結婚して以降行くことが出来ず、ずっと気にしていた。開店以来、味の不安定さを見守りながら継続して通っていた店だっただけに、ぜひとも行ってみたかったのだ。

今回もいつもと同じ、味噌味とんこつラーメンの中盛り、チャーシューと岩のりのトッピングを注文した。

味も具も以前と同じく、懐かしい味噌とんこつのラーメン。麺は黄色で少し固め、もりもりと食べられる中太麺。こってりとした味噌味のとんこつスープにはごまが散らしてあって、ごまの風味が良い感じ。これでもかと入っているチャーシュー、その上に大量にかけられたサクサクの岩のりもいつもと同じ。岩のりをハシでスープに沈め、もりもりと食べる楽しさもそのまま。

ちょっと荒削りで野暮ったい、しかし懐かしいながせ家の味だった。

この店、開店当初は(こんなことを言ってよいのかは分からないが)「本当に続くのか?」といぶかしんでしまうほど、不安定な味だったのだ。大量の材料から贅沢にとられた濃厚なとんこつスープと、ボリュームのある中太の麺の組み合わせ。素材はとてもよかったものの、出来上がるラーメンはスープの調味も麺のゆで方もまちまちで、日によって出来不出来の差が激しかったのだ。

このままでは客が離れてしまうかもしれない。

ところが、この店は決してスープにも、麺にも妥協しなかった。多くの店は、儲からなくなるとスープを薄め、麺の質を落としてなんとか儲けを出そうとするのに、この店は決してスープを薄めようとしなかった。麺も、具もその質を落としたり、質を減らそうとしなかったのだ。出来不出来は、ラーメンを作り続けることできっと改善されると信じた亭主、ひたすら信じて通い続け―――。

そして期待通り、見事にラーメンの味は安定した。お客も増え、土日には行列が出来るほどになった。行列の長さに折角行っても食べられないこともあったけれど、それでも亭主は満足だった。

そこに、移転。

どこかの事務所を改装して作ったと思しき店は、入り口が奥まった独特の間取りで、カウンターも、テーブルも以前よりもずっと少ない。しかしその味は懐かしい味、いつものながせ家の味だった。結婚して3年、ひさしぶりにその味を堪能することができた。

大満足でした。ごちそうさんでした(^-^)

05/23 【聴】 Tighten Up / Archir Bell and eht Drells, Warner(WPCR-25219)

IMAGE
テキサスはヒューストン出身のR&Bグループ、Archie Bell & the Drellsのデビュー・アルバム。1968年のU.S.ビルボードにて見事に1位を獲得した"Tighted Up"を含む。1980年にYMOが「増殖」にて"Tighten Up -Japanese Gentlemen Stand Up Please!"をカヴァーしたのはあまりにも有名な話。ちなみにWarner盤はLPからの復刻だろうか、アルバム全体にホワイトノイズがかぶっていて、S/Nはあまりよくない。

その"Tighten Up"。YMOのカヴァー・バージョンを聴いた事のある人ならば、YMOの再現度に驚くことだろう。複雑にうねるベース・ライン、ファンキーなMC、その全てが原曲に忠実に、またYMO的・スネークマン・ショー的にアレンジされている。いや、原曲のベース演奏のもたつき、まだるっこさを考えると、ホソノさんの正確きわまるベース・ラインはまさに神業といえる。曲が"Part 1"と"Part 2"に分かれている部分もしっかり再現されている。興味のある方は別バージョンだけれども、Amazon.co.jpでMP3にて売られているので聴いてみるといいかもしれない。たしか1曲100円だ。

YMOのハナシに終始して恐縮です。

個人的にはM5 "Knock On Wood"にも注目したい。おそらくその後に引用されまくっているであろうブラス・サウンド、コーラスは確かタツヤオオエ(a.k.a. Captain Funk)がサンプリングしていたはずだ。Tighten Up以外はパッとしない楽曲が多いものの、聴いてみればやはりソウル・クラシックとしての風格は充分に感じられる。文句なく、名盤の一枚といえるだろう。(2011.05.08 Amazon.co.jpから)

2011年5月22日

05/22 【聴】 Where Will You Go When the Party's Over / Archie Bell and the Drells, SONY(EICP-1352)


IMAGE
テキサスはヒューストン出身のR&Bグループ、Archie Bell、Lee BellらのプロジェクトArchie Bell & the Drellsの5thアルバム。1977年リリース。70~80年代のディスコ・シーンの王道を走る、ブラックソウル/ファンクの作品。ちなみにYMOの"Tighten Up - Japanese Gentlemen Stand Up Please!"は彼らのカヴァーとなる。

近年はとにかく"Tighten Up"が注目されがちな彼らだが、本作にあっては安定感のある、良質なソウルを聴かせてくれる。いわゆるレア・グルーヴ、アフロ・グルーヴという観点からするとクセのない、すっきりとしたサウンドだが、基本はしっかり抑えてあって素直にノれる。楽しめる。目くるめくホーン・セクション、きらきらとしたシンセのサウンド、あるいはぐいぐいとガブリよってくるヴォーカルなどなど。特にM4 "Dancin' Man"のゴージャスな展開はお約束といったところか。

地味ながらもしっかりと楽しませてくれる、まさしく「ソウルのお手本」のような作品。実直さに好感が持てた。(2011.05.06 Tower Records水戸内原店から) 

2011年5月21日

05/21 【読】 日本辺境論(内田樹、新潮新書)

「日本辺境論(内田樹、新潮新書)」

神戸女学院大学文学部教授。フランス現代思想、映画論、武道論などに通じ、思想家としても活躍する内田氏の2009年著作。「日本人は辺境人である」をメイン・テーマに、日本人・日本という国家・あるいは日本の文化を語りつくす日本論の決定版。2010年新書大賞受賞作。

「世界の中心たる「絶対的価値体」との距離の意識に基づいて思考と行動が決定されている」―――。そのような人間を本書では「辺境人」と呼ぶ。古代より、他国との比較でしか自国を語れず、そもそも日本人とは何か、日本人はどうあるべきなのか、日本はどうあるべきなのかという主張を持たないまま現代に至るこの国を、本書ではあらゆる角度から考察する。小さな発見・小さなアイデアを細いロジックの糸として束ねることにより、骨太なロジックへと変貌させてゆく様は、細いロジックの糸を縦横無尽に張り巡らせ、極めて曖昧な(しかし巨大な)思考の球体を作り上げる中沢新一氏と好対照を成す。細いロジックの一本一本には誤謬もみられる。その一本をあげつらい、まるで鬼の首でも取ったかのように自分勝利宣言をする人間もいるが、繰り返し束ねた骨太なロジックの根本は揺るぐことがない。

「学ぶべき見本が外部にあり、それと比べて相対的な劣位にあるわが国の諸制度を改善せねばならない。そういう語法でしか、右翼も左翼も中道も知識人も非知識人も語ることができない。そして、そういう語法でしか語ることができないということに気づいていない」

「状況を変動させる主体的な働きかけはつねに外から到来し、私たちはつねにその受動者である」

などなど、示唆的かつ刺激的な言葉の数々には、問答無用・誰もがふと思い当たる説得力がある。

なお、本書では、そんな「辺境人」たる日本人の思想を否定せず、むしろ「学びに際しては効率が良い」と肯定的に評価している。良し悪しを明確にしない日本人の「辺境人」ぶりに対し、著者である内田氏(彼もまた「辺境人」である)自身、あえて良し悪しを明確にしていない。このメタな構造こそが本書のキモであり、おそらくは内田氏による大仕掛けといえるだろう。残念なのは、冒頭の「はじめに」に並ぶ但し書きが(口語体であることもあって)非常に言い訳がましい点、また最後の章である「辺境人は日本語とともに」がかなり駆け足になってしまった点だろうか。最初は気合が入りすぎ、最後は疲れて早々に退散、という印象。最後の章についてはさらなる著作に期待したいところだ。

小さな発見・小さなアイデアからつむぎだされる壮大な世界を垣間見せてくれる書。ミステリを思わせる知的冒険を味わいたい人はぜひ。(2011.05.21)

2011年5月18日

05/17 【聴】 Brushfire Fairytales / Jack Johnson, Universal(UICY-60067)

IMAGE
ハワイはノースショア出身。シンガー・ソングライターとして、また映画監督、サーファーとしても活躍するジャック・ジョンソンの2001年リリースとなるデビュー・アルバム。アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどでヒットし、特にニュージーランドではチャート1位、アメリカ・ニュージーランドでプラチナディスクを獲得している。アコースティック・ギターを使ったオーガニックな楽曲と、彼自身による滋味あふれる歌声が心地よいアルバム。日本盤はボーナストラック1曲を含む全14曲。

ハワイの自然、あるいはそこに住まう人の気質を感じさせるアルバム、というのが本作を聴いての第一印象。いわゆるロックやポップの不自然なまでの明るさはなく、穏やかで、ほどよく自制されたサウンドが本作の特徴だ。サーフィンにうってつけといわれるノースショアに吹き付ける強い風や、その時々で表情を変える海に対する敬意、あるいはそれら自然と共生する人々への愛情が感じられる。日本人が忘れて久しい「侘び寂びの心」に近いといっても差し支えないだろう。ありきたりな言葉だけれど、「癒される」。M1 "Inaudible Melodies"の詞の一部、"Slow down everyone, You're moving too fast..."が疲れたココロに染み入る。

日本盤のボーナス・トラックには"Inaudible Melodies"のライブ・バージョンを収録。Jack Johnsonと客席との一体感、サビの部分のハーモニーがひたすらに心地よい。オススメの一枚。(2011.05.06 Tower Records水戸内原店から)

2011年5月16日

05/16 【聴】 Fabric 55 / Shackleton, Fabric(Fablic-109)

IMAGE
ダブステップ・シーンにおける最重要アーティストの一人、Sam Shackletonのセルフ・コンピレーションアルバムが、超有名アーティストたちのMixアルバムを専門にプロデュースしているFabricからリリースされた。ShackletonとApplebrimが創設したSkull Discoレーベルからのリリースに加え、未発表曲12曲を含めた全22曲。

期待に違わぬダークなアルバム。サイケデリック・トランスを思わせるエスニック・サウンドと、パーカッシヴなリズム、そして誰とも知れぬ怪しげなヴォイスの組み合わせが実に胡散臭いというか、彼らしい。変幻自在のパーカッションがトラック全体をぐいぐいと牽引していて、聴いていると時間の経つのを忘れさせてくれる。

コンピレーションアルバムなどと紹介してはみたものの、未発表曲の多さ、トラック全体の統一感を考えるとオリジナル・フルアルバムと考えてもよさそうだ。(2011.05.06 Tower Records水戸内原店から)

2011年5月12日

05/12 【聴】 Outside the Box / Skream, Tempa|Hydra(HYDRA-008)

IMAGE
ダブステップ界最初期のアーティストとして圧倒的な支持を受け、BBS Radioなどでも特集が組まれた経歴を持つOliver Dene Jonesのプロジェクト、Skreamの2ndアルバム。2006年のデビューアルバム"Skream!"に続き4年ぶりのアルバムとなる。バラエティ豊かなトラックを盛り込んだ全16曲。

ダブステップの・・・などというマクラはもはや不要、トラック・メイカー、アレンジャー、プロデューサーなど彼の才能が遺憾なく発揮されたアルバム。MursのラップをフィーチャーしたヒップホップM2 "8 Bit Baby"、無機質なヴォイスとSF的なトラックからなるM3 "CPU"、あるいは女性ヴォーカリストLa RouxをフィーチャーしたM11 "Finally"など、ダブステップの枠内にとどまらない、奔放なトラックメイキングが彼の魅力だ。ピアノをフィーチャーしたメロウなアンビエント・ハウスのM12 "Reflections"から、攻撃的なドリルンベースのM14"The Epic Last Song"まで、振れ幅の大きいサウンドは、かつてのSquarepusherのイキオイを髣髴とさせる。全ての楽器を一人でこなし、オーバーダビングによってフュージョン・サウンドを作り上げてしまったSquarepusherのストイックさ、マニアックさはないものの、様々なアーティストとのコラボレーションにより、自身の枠を大きく拡張することに成功したSkreamもまた素晴らしい。

もちろん、アンダーグラウンドの世界にどっぷり浸かりたい、コアなダブステップ・ファンにとって本作はポップすぎると思われる。Skreamとアーティストによるコラボレーションアルバム、と考えるくらいがちょうどいいかもしれない。(2011.05.06 Tower Records水戸内原店から)

2011年5月 9日

05/09 【聴】 Secret Rhythms 4 / Friedman and Liebezeit, Nonplace(NON30)

IMAGE
Atom HeartとのユニットFrangerでも知られるエレクトロニカ・アーティストBurnt Friedmanと元CANのドラマー・Jaki Liebezeitによるエレクトロニカのアルバム。Friedman自身のレーベル、Nonplaceからのリリース。長尺のミニマル・エレクトロニカからなる全6曲。それにしてもNonplaceはアルバムのデザインがいちいちヨイ。

Liebezeitのドラム/パーカッションとFriedmanのウワモノによるセッションが心地よい作品。グリッチ系のミニマル・ミュージックといえばよいか、無機質にならず、また情熱的にならず・・・と絶妙なバランス感覚を有している。破綻なく、淡々と、また上品にリズムを刻んでいて、聴いていて非常に安心する。10~15分という長尺もなんのその、聴く人をぐいぐいと引き込む。

そういえばCANあたりにもこんな曲があったかもしれないなどと思いつつ、穏やかに聴けるアルバム。(2011.05.06 Tower Records水戸内原店から)

2011年5月 7日

05/07 【聴】 Yikes! / London Elektricity, Hospital|UMAA(XECD-1131)

IMAGE

トニー・コールマンを中心とした音楽集団、London Elektricityの最新アルバム。ブレイクビーツ・ドラムンベースを主軸とした爽快感あふれるトラックを聴かせる。エルザ・エスメラルダがメイン・ヴォーカルをつとめるほか、日本盤のボーナストラックには初音ミク(!!)が参加している。11曲に日本向けボーナストラック3曲を含む全14曲。

高速ドラムンベースを得意とするロンドン・エレクトリシティにあって、一切の小細工なし、直球勝負のアルバム。BPM高め、テンション高め、攻撃力高めのサウンドは彼らのお家芸とでもいったところだ。タイトル・ナンバーの"Yikes!"は、サスペンスドラマのサウンドトラックといった趣。不安定かつメロウなイントロと、それとは対照的なヴォコーダのトラックが緊張感を盛り上げる。長い曲間の後の曲、スロー・バラードの曲"Fault Lines"との対比も良い。

本作にあってやはり注目は、初音ミクをヴォーカルに据えた「ラウンド・ザ・ワールド featuring MIKU HATSUNE」だろう。非日本語話者が日本語のヴォーカロイドをどのようにチューニングしていくかは興味の沸くところ。ただし結論から言ってしまうと、ガツガツとしたチューニングはされていない。ニュートラルで、(ヴォーカロイド的に)少し訛った歌声。ミクのコーラスを重層的に使用するあたりに、エレクトロニック・ミュージシャンらしさがにじみ出ている。ナイス。(2011.05.03 Tower Records水戸内原店から)

2011年5月 6日

05/06 【聴】 Denki Groove Golden Hits - Due to Contract / Denki Groove, Ki/oon Sony(KSCL-1775)

IMAGE

石野卓球とピエール瀧のユニット、おなじみ電気グルーヴのベストアルバム。これまでシングル化された曲を中心に、VITAMIN以降の曲をアルバム毎に1~2曲セレクトしている。全15曲。砂原良徳により全曲リマスタリングが施されている。

トラックリスト。M1 "N.O.", M2 "富士山", M3 "虹 (A Day in Japan Version)", M4 "誰だ! (Radio Edit)", M5 "Shangri-La (Y.Sunahara 2009 Remodel)", M6 "ポケットカウボーイ (Single Edit)", M7 "Flashback Disco", M8 "Nothing's Gonna Change (Short)", M9 "聖☆おじさん", M10 "少年ヤング (Movie Mix)", M11 "モノノケダンス (Video Edit)", M12 "Fake It! (Video Edit)", M13 "The Words (Japanese)", M14 "タランチュラ (Unreleased Version)", M15 "Upside Down"。

曲リストを見てもらえればお分かりのとおり(分かるか?)、マニアックすぎず、かといってポップすぎず、歌詞は多めだがダンストラックも多く、ライブによく行く人ならばおなじみの曲が多かったり、はたまたテレビ番組で使用された曲、PVが話題となった曲なども適度に含み・・・と、絶妙な選曲がなされている。元メンバーである砂原良徳の曲が自然に避けられていたり、アルバムには収録されないヴァージョンをセレクトしていたりと良く考えられていて、これまで散々電気のアルバムを聴き倒しているファンにも、どこか耳新しい作品に仕上がっているあたりはうれしい限りだ。アルバム"VOXXX"以来、ベストアルバムやシングルの再編集盤が連続してリリースされていて、電気は解散するのか、それとも単なる死ぬ死ぬ詐欺なのか判断に迷う向きもあったようだが、基本的に続ける方向で考えておけばよいようだ。

おなじみの曲が多いためあえて買うまでもなかったと思いつつ、聴けばそれなりに楽しいし、歌えるアルバム。気軽にどうぞ。(2011.05.03 Tower Records水戸内原店から)

05/06 【聴】 Skull Disco - Soundboy Punishments / Shackleton & Appleblim, Rough Trade(XQCY-1009/1010)

IMAGE

UKガラージの進化系と目される新しい音楽ジャンル・ダブステップの代表的アーティスト、ShackletonとAppleblimの共作アルバム。2枚組、全19曲。Disc2には、Ricardo Villalobosによる怒涛のミックス・テイクが収録されている。

アンダーグラウンドを中心としたダブステップ・シーンにあって、特に「暗い」「深い」部分を潜行するShackletonとAppleblim。本作においてもその暗さをしっかりと発揮してくれている。地を這うようなダブのベースラインと、パーカッシヴなリズム・セクションは、どこか湿った土の匂いがする。しかもこの土は、作物を育てる豊穣の土というより、何者をも育てぬ墓場の土だ。シンプルかつストイックなトラックに、果たしてどのようなウワモノがふさわしいのか、亭主には全く想像がつかない。思いをめぐらせる間にも、トラックは不穏なサウンドを響かせつつ、前へ前へと進んでいく。その進みはアフリカの民族音楽のようであり、和太鼓響く中の進軍のようでもあり、かつまたエスニックなトランス・ミュージックだったりもする。Shackletonが13曲、Appleblimが5曲、Gatekeeperがゲストで1曲。

言うまでもないが、ダブステップという音楽の持つ可能性、Burialや2562ほか多くの才能あるアーティストたちが集結し、さまざまなジャンルを巻き込みつつ発展する成長性を、「墓場の土」などという言葉で否定するつもりは全くない。コンセプトは確かに「暗い」が、作品からほとばしるエネルギー、パワーはかつてのドラムンベース隆盛の時代を思わせる。ベースとリズムセクション、そしてほんの少しのウワモノで構成されたこの新しい音楽が、いったいどこへ進んでいくのか、亭主自身楽しみなのだ。(2011.05.03 Tower Records水戸内原店から)

2011年5月 5日

05/05 【読】 「ヒプノスの回廊-グイン・サーガ外伝22-(栗本 薫、ハヤカワ文庫)」

「ヒプノスの回廊-グイン・サーガ外伝22-(栗本 薫、ハヤカワ文庫)」

2009年、著者逝去により残念ながら未完となってしまった群像大河ファンタジー小説の金字塔、グイン・サーガより、最終巻となる外伝第22巻が刊行された。これまでグイン・サーガ・ハンドブックなどに収録されていたエピソード、アニメ化にあたり書き下ろされた新作を含む全6編を収録。これにてグイン・サーガはすべてのエピソードが刊行され、シリーズ終了となる。解説は夫の今岡清。

収録作品について、概要を。

「前夜」・・・グイン・サーガDVD化に際し、アニメ製作会社より依頼されて死の三ヶ月前に執筆されたもの。正篇第1巻「豹頭の仮面」の直前のエピソードとなる、パロ-モンゴール戦役前夜のリンダ・レムス兄妹と、その母親・ターニア王妃との安らかな日常を描く。優しい日々がこのままずっと続いて欲しいという王妃の願いが悲哀を誘う。一方、パロの魔道士団を率い圧倒的な情報量と洞察を持つはずのナリスが全くの無防備であったことに対する言及はなし。

「悪魔大祭」・・・正篇よりはるか未来、パロが闇王朝として中原に君臨する時代。背徳の都イシュタルテー(ゴーラ王イシュトヴァーンが築いたイシュタールとは異なる)にやってきた美しき吟遊詩人アルマンドと、背徳の王ドルス・ドリアヌスによる狂乱の物語。1982年JUNE誌に掲載、その後グイン・サーガハンドブックに再掲されたもの。退廃と耽美と怪奇に彩られた世界感を楽しめるか否かはひとそれぞれ。

「クリスタル・パレス殺人事件-ナリスの事件簿」・・・若き日のアルド・ナリスが主宰した舞踏会で起こった殺人事件を、ナリスの頭脳が快刀乱麻に解き明かすというミステリ仕立ての作品。もっとも、ナリスにとってこの程度の謎は謎ですらないらしく、よって謎解きの場面もあっさりと、ナリスの一人語りに終始してしまう。

「アレナ通り十番地の精霊」・・・モンゴールの首府・トーラスにある居酒屋「煙とパイプ亭」に起きた小さな奇跡。様々な苦難に逢いながらもたくましく生きる庶民代表、ゴダロ一家の物語。グインには珍しくファンタジーのテイストが強い。

「ヒプノスの回廊」・・・表題作にあって、グイン・サーガ最大の問題作。正篇ではほとんど語られることのなかったシリーズ最大の謎「グインは何者で、どこから、何のために来たのか」が、明らかとなる。全くの偶然から物語の核心へと到達してしまううえに、その後のストーリになんら影響を及ぼさない展開をヨシとするか、アシとするかは読者の判断にゆだねられている。もっとも、本作にあっても、「なぜグインが、パロ-モンゴール戦役のただなかに、ルードの森に出現したか」の説明はなされていないため、完全なる解決篇とはなっていないのが残念だ。もっとも、グインは作中で、現在の世界に愛着を抱く一方、自らの過去に執着しないと宣言している。これが作者本人の宣言でもあるとするならば、今後もしシリーズが続いたとしても解決篇など書かれなかったのかもしれない。

「氷惑星の戦士」・・・グイン・サーガ以前、作者が構想していた「ノーマン・サーガ」の第1作目。ヒロイック・ファンタジーの原点であるコナン・シリーズを下書きに超戦士ノーマンが宇宙を舞台に活躍するスペースオペラだが、伏線などは一切なし、単品として完結している。高千穂遥の「美獣シリーズ」に衝撃を受け、急遽グインへと転換を図ったのだそう。

ネットでは表題作に関して賛否あるようだが、作者による物語はこれにて全て語られ、これ以上語られることはない。それを考えれば、われわれに出来ることは、この作品を純粋に、充分に楽しむことだけではなかろうか。(2011.05.05)

2011年5月 4日

05/04 【聴】 Hard Bargain / Emmylou Harris, Nonesuch(525966-2)


カントリー、フォーク、ロック、プログレッシヴ、音響系―――。ルーツ・ミュージックのみならずロック/アヴァンギャルドの分野においても活躍するシンガー、エミルー・ハリスの最新作。全13曲。プロデュースはJay Joyce。

彼女自身による滋味あふれるハスキーヴォイスが存分に楽しめるアルバム。1995年にリリースされたアルバム"Wrecking Ball"で見せ付けた「凄み」は本作においても健在だ。かつての作品で披露したソプラノの美声は老いによって皺枯れ、失われてしまったものの、彼女が本来持っているエネルギー、まるで大地から直接湧き上がってくるかのような膨大なエネルギーは充分すぎるほど伝わってくる。それはもしかしたら、アメリカ建国以前の音楽、ブルーズでもジャズでも、カントリーですらもない音楽。未知の大陸へと踏み出した開拓民たちが感じた、荒ぶる自然そのものの音なのかもしれない。

もちろん、トラックそのものは闊達であったり、チルアウトであったりと様々。すべての作品が「荒ぶる自然」ではないので念のため。タイトル・ナンバーである"Hard Bargain"は、カントリーを意識したスローなバラード。(2011.04.26 Amazon.co.jpから)

2011年5月 2日

05/02 風邪引き通信

先週の火曜日(26日)から風邪を引いている亭主であります。
人間ドックのあった次の日、どうもノドがおかしい、こりゃ風邪かもしれないと
早く会社をひけてみたり厚着をしてみたりしたのですが、どうにも回復せず。

挙句の果てに妻にまで感染してしまい、夫婦そろってこのGWは寝ていました。

今日、夫婦そろって内科に行きまして、二人とも見事に「風邪」との診断をいただきました。
しかも「ご主人のほうが重い、こじらせてます」とのこと(^ー^)b

お薬をたくさん処方してもらい帰ってまいりました。

んで、午後から庭仕事。

--

お医者さんが私のノドを診て言うには、ノドがかなり化膿していて、
ずいぶんとこじらせてしまったようです。副鼻腔炎、気管支炎も併発しているとか。

「これはかなり悪いです、ノド、痛かったでしょう」とお医者さんに言われたので
「いやそうでもないです」と言ったところ、あきれられてしまいました。

--

日ごろきついだの、つらいだのと弱音を吐いてばかりいる亭主ですが、
平時が結構お疲れなので、少々の痛みであるとか、辛いのはほとんどガマンで通してしまいます。
以前に眼にトゲが刺さったときもですが、たいていのことはガマンしますし、
それが当然だとも思っています。

おそらく、亭主の中の「痛み」のスケールが、かなり広めに取られているのかもしれません。
つまり、激烈に猛烈にもんどりうってのたうちまわって痛む「痛みの限界値」があるとするならば、
眼にトゲが刺さっただの、ノドが腫れただのは暴風雨に対するにわか雨のようなもの、
たいしたことではないと思っているのでしょう。

本当に「痛い」ならばこんな痛みではすまないだろう、と。

--

そういえば、亭主が大学3年生の頃だったか、バイクに乗っていて車に撥ねられ、
バイクはそのまま対向車線へと吹っ飛び対向車をおしゃかにし、本人も道路に
投げ出され、本人の足はバイクと車に挟まれてえらい痛かったことがあります。

本人意識ははっきりしていて、足を除いてはわりとぴんぴんしていたのですが、
大事を取って救急車で病院にいき、さて足の治療を受けてもらおうとした際に、

看護士「足はここが痛いですか?」
亭主「痛いです、折れてますかね」
看護士「折れてたらこんな痛みじゃすまないでしょう」

といわれ、はあ、そんなもんですかと妙に納得したことがありました。

--

5年ほど前だったか、自転車に乗っていて車に撥ねられた際もかなり腕が痛く、
2時間ほど職場でガマンして、会社を抜けてひたちなか市のひたちなか総合病院にいったところ
「申し訳ありません新患は10時まででございます」と無碍に断られ、
とぼとぼと職場に戻ってまた2時間ほどガマンして、どうしようもなくなって別の整形外科に見てもらい
「折れてます」といわれて唖然としたときが一番痛い時期だったかもしれません。

とはいえ、痛みの限界、痛さのあまり気を失うような痛みではなかったように思います。

むしろ精神的な痛みのほうがきついね!

--

そんなわけで、なんだかんだ言いつつ、本日も亭主元気でございますので
心配ゴム用に願います。


月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。