2011年7月アーカイブ

2011年7月31日

07/31 【聴】 Celestial Vibration / Edward Larry Gordon(Laraaji), Universal Sound(USCD30)

IMAGE
民族音楽家、民族楽器奏者として、Laraaji名義での活動がことに有名。1980年にはBrian EnoのAmbientシリーズより"Ambient 3: Day of Radiance"をリリースしたほか、現在に至ってもコンスタントに活動を続けるEdward Larry Gordon (A.K.A. Laraaji)のファースト・アルバム。1978年リリース。Brian Enoをプロデュースに迎え、たった500枚プレスされたのみ、というレア・アルバム。亭主が購入したのは2010年8月に再発されたもの。

ドイツ南部・オーストリアなどで演奏される弦楽器、チター(Zither)を全面にフィーチャーしたアルバム。チターは、ハープや琴のように、複数の弦をかき鳴らすように演奏する楽器なのだそうだ。チェンバロを思わせる繊細な音、即興音楽を思わせる奔放な演奏、そして作品全体を包む空気感は、「アンビエント」と呼ぶにふさわしい風格を備えている。これが1970年代の作品なのだというから恐れ入る。

レア・アルバムとのことで市場では早くも高騰しているようだが、ディスクユニオンなどではまだまだ定価で購入可能。見かけた際にはぜひとも保護しておきたいアルバムのひとつ。(2011.07.19) 

2011年7月28日

07/28 【聴】 A Wha' Him Deh Pon? / Dego, 2000Black(BLACKCD007)

IMAGE
4heroのメンバーとして、また自身のレーベル2000Blackにて活動するDegoの最新アルバム。スタイリッシュかつトリッキー、ブラック・ミュージックの醍醐味たるファンクネスにあふれた作品。全20曲。

2000Black名義でのアルバムリリース、"Good Good"等のコンピレーションでも知られるDego。本作においても彼の持ち味が充分に発揮されている。ビヨビヨとした音色が特徴的なベース・ライン、ブレイクビーツから進化したと思しきタイトなパーカッションはこれまでと同じく。ただし本作では全篇に女性ヴォーカルをフィーチャーしている。これまでのDegoの作品と比べると圧倒的にポップ寄りだろうか。ハウスやブレイクビーツ、ファンクのフォーマットを踏襲しつつ、ポップ(かつマニアック)に仕上げている。

なお本作にはダンス・ミュージックを意識したタイトルの曲が多くクレジットされているが、(先にポップと形容したとおり)作品として「ダンス・ミュージック」のフォーマットを踏襲しているものは少ない。一時的な熱狂、ノリとテンションの高さだけで盛り上がってしまいがちなダンス・ミュージックとは趣を異にする、真摯なトラックに仕上がっている。好感度高し。(2011.07.16)

2011年7月26日

07/26 【聴】 Ambient Selections 1995-2011 / John Beltran, Delsin

IMAGE
Mark Wilsonとのユニット、Placid Angles名義で91年にデビュー。Apollo、Peacefrogなどのレーベルからリリースを重ね、Derrick Mayのレーベル、TransmatからIndio名義でアルバムリリースもある、John Beltranのベストアルバム。全16曲。Transmatからのタイトルリリースから、近年ではデトロイト・フォロワーとして広く認知されている。

いわゆる「アンビエント・テクノ」と呼ばれるタイプの作風。かつてはケン・イシイやC.J.Bollandらが志向した、ダンサブルかつ美麗なテクノを中心に構成されている。特にBeltranの作風は「叙情的」という言葉がしっくりくる。テクノというジャンルにこだわらないアコースティックなトラック、あるいはサンプリングを駆使した絵画的なトラックは、地味ながらも聴く人の心にジワリとしみこむ。波の音、虫の声、あるいはヒグラシの鳴く夏の夕暮れ・・・サンプリングのセンスが日本人の感覚に近く聴きやすい。

いわゆるミニマル、アヴァンギャルドなどといったある種の「躁状態」とは無縁の、人間的な成熟を感じさせるアルバム。

2011年7月25日

07/25 【食】 雷本店(雷そば)

20110725kaminari.jpg北松戸駅近く。松戸の人気店「中華蕎麦とみ田」の直営店。とみ田系列としては3番目の店になる。
ネットのお友達、真ん中さんが前日に食べに行った店だそうで。ぐうぜん翌日北松戸に出張となった亭主、話のネタにと立ち寄っている。

今回は雷そば(ラーメン)、普通盛りを注文。豚の背脂がたくさん入っているとのことで「脂少な目」と指定した。

--

ちなみに亭主、ここ3~4年ほどラーメンから遠ざかっていて、食堂のあっさりしょうゆラーメンならばまだしも、このテのこってりしたラーメンは本当に久しぶり。ついでにいえば、今回のラーメンがいまどきの「何系」に属するのか、さっぱりわからない。昨今ならば「二郎」系に属するラーメンだろうか。その昔ならば「大勝軒」系と呼んでいたろうが―――なにしろブランクが長い上に、かつて大勝軒にまったく興味がなかった(何軒かは入った記憶があるが)ため、絶対的な評価ができないのがツラい。

乏しい経験と、過去のおぼろげな記憶とに照らし合わせつつのレビューになること、最初にお詫びしておきます。
スイマセン。

--

徹底的にダシをとった魚粉系の濃厚スープ、かるくウエーブして歯ごたえのある中太麺、茹でて盛られたもやしときゃべつ、そしてスープの底に沈んだ大量の背脂からなるラーメン。食べる際には、盛られた野菜がスープの中へ、反対に沈んでいる麺が野菜の上へとなるようにかき混ぜるのがお勧めなのだそうだ。素茹でした野菜がスープと絡んで味がつく一方、野菜の水分がスープへと染み出して濃厚スープが適度に薄まるあたりが(他の大勝軒系列のラーメンと同様の)工夫といえる。

個人的にはスープの濃さ・塩味の加減ともに良好。徐々に薄まりつつも最後まで飽きずに食べることが出来た。ぞばぞばした麺は特に美味。もう少し量が多かったらよかったかもしれない。食べ進むうちにスープの底に大量の背脂が顔を覗かせるが、食べるか、食べないかはお好みで。カロリーを気にする亭主は底に残ったスープともども残したけれど、背脂そのものの食感は悪くない。こってりといえば、巨大なロールケーキじゃなかった、チャーシューのボリューム感といったらない。もちろんこれも美味。

--

ちなみに真ん中さんによれば、食べた後口の中に化学調味料の味が残るとのこと。たしかに、舌の先がびりびりと痺れる感覚がしばらく残ってナルホド化学調味料っぽい(ぽい、というのは本当に化学調味料が入っているかは分からないため)。先ほどの背脂と同じく、気になる人には気になる味だろう。もっとも食べているときはそんなビリビリなど感じる暇はない。もりもり、ぞばぞばと一心不乱に食べるのみ。

亭主的には久々の大勝軒系ラーメンを堪能できて満足でした。
真ん中さん、紹介いただきありがとうございました。

2011年7月22日

07/22 【聴】 Power Drift Original Sound Track / SEGA, Wavemaster(WM-0648)

IMAGE
SEGAが1988年に発表した体感ゲームシリーズのひとつ、パワードリフトのオリジナルサウンドトラックが「なぜか今頃」発売された。以前にも本作のサウンドトラックは(他のゲームタイトルとのカップリングで)発売されているが、今回は本タイトルのみ、というスペシャル版。未収録トラック、プロトタイプバージョン、セガサターン版の楽曲、そしてスペシャルアレンジバージョンを収録している。当時流行していたフュージョンの曲調を前面に押し出した全18曲。

以前サイトロン・レーベルからリリースされた音源は、メドレーの上に曲が充分ループせず(普通2ループくらいは欲しいものだ)、さらに音もあまりよくない、というファンにはかなり残念な録音となっていた。これに対し本作は、曲ごとに収録、2ループ、そして音質も昔に比べて向上している。どうやら基盤から直接録音した「こだわり」の作品らしい。

ただし、音質が向上した、ということは相対的に楽曲の出来そのものに意識が集まる、ということでもある。冷静に聴いてみると―――あちらこちらにアラが見えて、素直に楽しむことができなかった。OPM音源によるシンセブラスの抜けの悪さ、PCM音源によるドラム/パーカッションのエネルギー不足など、音質以前の、音源としてのつまらなさが露呈してしまった感じ。しかもどの曲も判を押したようにシンセブラスを多用していて、アレンジとしてもつまらない。同じく体感ゲームとして時代を切り開いたOutRun, Afterburnerのような完成度の高さが感じられず、かなり不満が残った。対するセガサターンバージョンではテクノロジーの進歩が感じられ、ディストーション・ギターのうねり、ピアノのタッチなど、随所に気配りがみられる。"Like the Wind"のスペシャルバージョン、手弾きを意識したアレンジがイカす。

ところでパワードリフトの楽曲のうち、何曲かはS.S.T.Band(セガサウンドチームによるフュージョン・バンド)によって編曲・演奏されていたはずだ。ライブアルバムほか何枚かのアルバムに分散して収録されていたと記憶している。これら演奏もあわせて収録してあると、さらによかった。(2011.07.16)

2011年7月21日

07/21 【読】 「御岩山(監修 志田諄一、編集 山椒の会、筑波書林)」

現在の日立市入四間町に在って、古くは常陸国風土記にも記載のある「賀毘礼(かびれ)山(正確には毘ではなく田の右に比が並ぶ)」と、その麓にある「薩都(さと)の里」についての論考集。薩都の里に古くから伝わる祭礼の調査研究、あるいは賀毘礼山をめぐるフィールドワークを通じて、賀毘礼山の本質を明らかとする。1992年、筑波書林の「ふるさと文庫」から出版されたもの。

いきなりの解答になってしまって恐縮なのだけれど、風土記に記載される「賀毘礼山」とは、現在の御岩山を指すのだそうだ。「がびれ」という語感から当然ながら「神峰山」を思い出す人もいるだろうが、フィールドワークによる発掘調査、あるいは古文献の記載によれば、「賀毘礼山」とは「薩都川(現在の里川)」流域にあって、御岩神社(これも日立市入四間町)とともに信仰を集めていたのだという。神峰山はむしろ日立市宮田町、すなわち海側の文化圏に属していて、入四間から遠すぎる。信仰が生活と密接に関係していた古代にあって、賀毘礼山―御岩神社―入四間の里を無理なくつなげるには、賀毘礼山=御岩山でなくてはならないとのこと。

ちなみに「賀毘礼」とは、「薩都の里の東の大きい山に神が天降る、つまり『かみふる』が『かふる』、『かひれ』に転化したのか、あるいは落雷を意味する「雷震」すなわち「かんぶる」が「かびれ」に転化したのであろうと、本書では断じている。うむ、たしかにあのへんは大気が不安定で、よく雷が落ちている。

内容は、考古学、民俗学、あるいは地史などを網羅するほか、現在の御岩山と入四間町の解説まで含んでいる。歴史研究のみならず、現在の御岩山など、ハイキングガイド、トレッキングガイドになっているあたりが面白い。歴史好き、地図好きな亭主、最後まで興味深く読むことが出来た。時々通りがかる御岩山に、そんな縁起があったとは知らず・・・。こんなことだったら独身時代にあっちこっちと巡ってみればよかった、と少し後悔。

文体も平易、土地勘のある地元の人ならばさらに興味深く読めるかと。(2011.07.21)

2011年7月19日

07/19 【聴】 Chu's Gospel / Chu Kosaka, Michtam(39MCD-1100-1101)

IMAGE
細野晴臣、松任谷正隆らとともに、国内ロック/フォーク黎明期に活躍。そののち1976年キリスト教に改宗、現在はゴスペル・シンガーとして活動する小坂忠のベスト・アルバム。1976年以降、35年間に作曲したゴスペルの曲、10枚のアルバムから、32曲を2枚のCDに凝縮している。2010年3月リリース。限定盤には大阪城野音、有明コロシアムでのライブ映像を収録したDVDつき。

ゴスペルについていろいろ調べてみるに、1930年代に黒人教会で演奏されはじめたブラックゴスペル、白人クリスチャンが歌っていたホワイトゴスペル、あるいはジャンルとしてプレイズ・ソング、ワーシップ・ソング、インスピレーショナル・ソングなど多種多様なゴスペルがあるようだ(いずれもWikipedia)。では果たして小坂氏のゴスペルがどのようなジャンルに含まれるか・・・は信仰心のない亭主にはわからない。ただ、改宗以前に氏が志向してきたロック/フォークの流れを汲む親しみやすいメロディラインと、どこまでも前向きで優しい歌詞は、そんな亭主の胸にもジンとくるものがある。神を賛美する曲、イエスを慕う曲だけでなく、人々を勇気付け、癒しを与える曲も多く含まれていて、あえて「ゴスペル」と意識する必要はまったくない。むしろ「小坂流ニュー・ミュージック」と考えても差し支えないかと。

刺激的な歌詞、過激なアレンジのないひたすらに優しいサウンド。アルバムを通じてどっぷりと浸る、というよりも、日々のちょっとした合間に1曲、2曲と楽しむのがよさそう。(2011.06.17)

2011年7月15日

07/15 【聴】 The End of Legal Fiction - Live at JZ Brat - / Hamase Motohiko E.L.F Ensemble & Kikuchi Naruyoshi, Airplane(AP1041)

IMAGE
音楽家、音楽研究家として知られ、1970年代より活動する濱瀬元彦を中心としたバンド"E.L.F Ensemble"の20年ぶりとなるアルバム。本作では菊地成孔をゲストに迎え、ジャコ・パストゥリアスやスクエアプッシャーらを彷彿とさせるテクノ系ジャズを聴かせる。2010年4月13日、JZ Bratにての演奏を収録したライブ盤。全7曲。

濱瀬(フレットレスベース)、菊地(サックス)ほか、成澤功章(シンセ、グランドピアノ)、岡部洋一(パーカッション)、清水玲(ギター)によるクインテット。電子楽器を駆使しジャズというかエレクトロニカというか―――とにかくアヴァンギャルドなサウンドを全篇に展開する。ドラムは全てシンセを使用、等速に刻まれるビートの上を、ベースが、ギターが、そして菊地のサックスが縦横無尽に駆け巡る。随所に挿入されるサンプリング、エフェクトを掛けまくったサウンドは、いわゆるテクノのメンタリティとは少し異なる。むしろ実験音楽に近い。うん、確かにスクエアプッシャーの音楽に近い。テンションとアドリブを駆使し猛スピードで駆け抜ける曲あり、フリー・ジャズを意識した少しゆったりめの曲あり、バラエティ豊かだ。

個人的にお気に入りは、成澤のピアノを中心とした"# Notes of Forestry"と、リピートする電子音が奇妙な空間をつくりだす"Opaque"の2曲。前者はオーガニックな調べが、後者はまるでサウンドトラックを思わせるヴァーチャルな緊張感が素晴らしい。(2011.06.17)

2011年7月13日

07/13 【聴】 Drums Between the Bells / Brian Eno and the words of Rick Holland, Warp|Beat(BRWP214X)

IMAGE
アンビエント・ミュージックの巨匠にして現在もなおハイペースで作品をリリースし続ける、おなじみBrian Enoの最新作。今回はスコットランドの作家、Rick Hollandとのコラボレーションを試みている。ほぼ全曲が歌詞いり、Rick Hollandによる美しい(しかし清冽な)詩をEnoほかGrazyna Goworek, Caroline Wildi, Laura Spagnuolo, Elisha Mudly, Aylie Cooke Nick Robertson, Anastasia Afonina、そしてHolland自身が読み上げる。いわゆる、ポエトリー・リーディングの作品。

本作の特徴として、まず「詩の読み上げ」を挙げたのだけれど、実際には曲もかなり特徴的。タイトルにあるとおり、ハイハット、バスドラ、ベルなどを駆使したリズムと、エレクトロニカ調のトラックにEnoらしからぬアグレッシヴさを感じる。デトロイトテクノを意識させる内省的なテクノあり、未来感あふれるエレクトロニカあり、坂本龍一ばりのピアノ作品あり、Neu!!顔負けのモータリック・サウンドありとバラエティ豊か。もちろんEnoが得意とするアンビエント(っぽい)曲もある。

本アルバムの聴き所は、おそらく議論の余地なくM11 "Sounds Alien"だろう。ブレイクビーツ/ドラムンベースばりのリズムに"Drums Between the Bells"の詩がオーバラップする。どこかで聴いたような、しかしどこでも聴くことのできないスリリングな世界が体験できる。アンビエント・ファンのみならず、ドラムンベースやブレイクビーツ、エレクトロファンにもぜひ聴いていただきたいアルバム。(2011.06.22) 

2011年7月 9日

07/09 【聴】 Days of Being Wild and Kind / Sketches for Albinos, Nothings66(N66CD002)

IMAGE
アイスランド、レイキャビク出身。Matthew Collingのソロ・プロジェクト"Sketches for Albinos"による初のフル・アルバム。2010年8月リリース。シンセのみならずテープ、楽器演奏などを駆使したオルタナティヴ・ロック。全16曲。

オルタナティヴ・ロック・・・と書いては見たけれど、亭主自身この作品をオルタナ系にカテゴライズしてよいものかどうか、迷っている。ギターをメインにすえた楽曲構成、少し前ならばMumやTortoise(まさにオルタナ系)などと同系統の作品と捉えただろう。ただ、最近はこのジャンルも元気がなく、むしろシューゲ(シューゲイザー)系のダウナーなロックにカテゴライズするほうが自然だ。いずれにせよジャンルのはっきりしない、辺境の音楽であることは確か。おそらく彼自身によるものであろう、ささやくようなヴォーカルが全編にフィーチャーされている。侘び寂びの世界。(2011.06.11)

2011年7月 8日

07/08 【聴】 id. / Cyclo, Raster-Noton(r-n 127)

IMAGE

池田亮司とカールステン・ニコライ(aka Alva Noto)、二人の実験音楽家によるプロジェクト、cycloのアルバム。2008年リリース。グリッチとノイズ、可聴域を超えたパルスやドローンらを巧みに組み合わせた実験音楽。全11曲。

カールステン・ニコライがAlva Noto名義で発表した"Aleph-1"とコンセプトを同じくするアルバム。おおよそ「音を楽しむ」とは言えないノイズやピーという高周波音、ドンドンという打撃音を戦略的に配置することで、独特のグルーヴを創出している。ベルのような打撃音を配置した"Aleph-1"に対し、こちらはノイズ、グリッチ、高周波音などの様々な「音」。ドンドンという音が規則的に繰り返されれば、そこにリズムが生まれる。白黒の模様が描かれたコマを、高速回転することで色が見えてくる。あの感覚に近い、といえば想像がつくだろうか。

徹底的に暗いミニマルな作風は、細野さんによるダブのアルバム"N.D.E."にも共通する世界感。さらに(個人的には)「ファンク」の成分が強く感じられた。ブラック・ミュージックの特徴である「2拍目」「4拍目」の強調はみられないものの、作品全体から漂うウィットネスは「ファンク」の「それ」を連想させる。モノクロームの世界から突如カラフルな世界が見えるあの感覚は、白黒テレビを見た世代でなければわからないかもしれないけれども。(2011.06.11)

2011年7月 7日

07/07 iida INFOBAR A01 HACCA

本日、auショップに行きCasio CA003をiida INFORBAR A01 (android 2.3)に機種変更してきました。色は少し悩んで緑色のHacca。在庫はどれもあるようで、すんなりと手続きを終えることができました。

亭主がスマートフォンに興味を持ち始めたのはいつの頃だったか、iPhoneにはずいぶんと心を動かされたものです。Softbankのあまりの通話品質の悪さに、auへとキャリアを変更した関係上Softbankに戻る気もなく、かといってauに欲しいスマートフォンが現れず・・・ということで、ずいぶんと遅い導入になってしまいました。

具体的に購入を決意したのは、先月東京に行った際のこと。電気店の店頭に置かれていた体験機をいろいろと触り、操作感やスピードなどの面からなんとか使える機種が登場した、という感触を得ていたのですね。そこから先は仕様をいろいろと調べたり、評判を聞いたり。結果的に、サクサクと軽快に動作し、文字入力がソフトウェアのフルキーボードではなく(指が大きいのです)、c-mailやお財布ケータイなど従来ケータイのサービスが引き続き利用可能なINFOBAR A01に決定しました。

この日はEdyの移行やTwitter、Facebook、Mixiなどアカウント関係の設定に追われてなかなか使いこなすには至れませんでしたが、タッチパネルの操作感、タッピングの感度も良好。サクサクと軽快に使えることを確認しました。

とりあえず次は日本語入力になれることと、カメラ機能の確認でしょうか。
いろいろと試してみたいと思っています。

--

以前、このブログに亭主の携帯機種変・キャリア変更履歴を書いた記憶があるのですが、様々な資料をあさってみると、どうもこれが正解というか、正しい履歴のようなので再掲しておきます。

1997/xx/xx J-Phone Kenwood DP-134 (ドルフィンデザイン)
2000/xx/xx J-Phone Toshiba J-T04
2001/07/22 J-Phone Sharp J-SH07
2002/07/27 J-Phone Sharp J-SH51
2003/12/13 vodafone Sharp V601SH
2005/02/19 vodafone Sharp V603SH

2006/04/08 au HITACHI W41H
2007/08/11 au CASIO W53CA (Exilim ケータイ)
2010/05/03 au CASIO CA003 (Exilim ケータイ)
2011/07/07 au iida INFOBAR A01 Hacca

ストレート端末はDP-134, J-T04。以降はCA003まで折りたたみ。
カラー液晶はJ-T04より。
カメラはJ-SH07より。
ワンセグ受信はW41Hより。
そしてスマートフォンはINFOBARより。

いやあ懐かしいなぁ。でも15年も経つのですね。

2011年7月 6日

07/06 【聴】 Con Ritmo / Burnt Friedman, Nonplacd(non26)

IMAGE
ケルンを拠点に活動。Atom Heartとのユニット"Flanger"でも知られるエレクトロニカ・アーティスト、Burnt Friedmanの2009年作品。レゲエ、ダブなどラテン系のサウンドに、エレクトロニカを重ねた野心作。全12曲。

ラテン+エレクトロニカという構成は、Atom Heartが"Senor Coconuts"名義で試行しており、その相性の良さ、作品としての面白さはすでに保証付き。伝統音楽を電子楽器で再構築するという手法もさることながら、ラテンというサウンドの輪郭をさらにはっきりと、個性的に捉えなおることで、伝統音楽の面白みを新たなリスナーに提供したという意味において、Atomの功績は大きい。一方、電子音楽というツールを用いず、作り手(アレンジャー)自身がラテンの中に飛び込んで新たな地平を見出したアーティストにQuanticがおり、理論、実践、フィールドワークなど多方面から検討がなされている、というのが実情だ。偉大なる先人の試みに対してBurnt Friedmanの作品は、「ラテン(特にレゲエ)とエレクトロニカとの融合」はもちろん、その配合度合いが曲によって大胆に変更されている。すなわち、がっつりレゲエの曲あり、エレクトロニカの曲あり、もちろんその中間もある。インパクト面では他に譲るが、全体としての品のよさ、ソツのないつくり、作りこみの細かさ、伝統音楽の素朴さなど、必要な部分はちゃんと押さえられている。

ラテンとエレクトロニカ、双方の個性が渾然一体して楽しめるアルバム。(2011.06.11)

2011年7月 3日

07/03 【命名】マハロ

20110703mahalo.jpg
マハロ...ハワイの言葉で「感謝」「ありがとう」。

いろいろ考えたんです。「豆太郎」とか「豆吉」とか。
諸事情ありまして「豆」関係は自主規制になりまして。

マハロ。

まあーこやつが元気モノで、お疲れ夫婦からさらに元気を吸い取っております。
家族が増えたらやることも増えて、本当に大変です。
ですが、ちょこちょこと必死に走るさま、豊かな表情を見るたびに癒されています。

もともと夫婦は血がつながっていませんし、マハロとも当然血はつながっていないのですが、
何かの縁で家族になった2人と1匹、これからも仲良くしていきたいと、思っています。

あっと、子供は作らないわけではないですからね!
それとこれとは別の話。

--

そういえば「マルモのおきて」が最終回を迎えました。
毎週楽しく見てました。

なんといいましょうか、「救いようのある」ドラマとでもいいましょうか、
誰もがみんな幸せになっていく、そんなストーリ展開が大好きでした。

何かの縁で家族になった3人と1匹、彼らの物語をもっともっと見ていたかったですね。
放送日は未定ですが、スペシャル番組が放送されるとのこと。楽しみです。

2011年7月 1日

07/01 家族が増えました


20110701dog.jpg
オスのミニチュアシュナウザーです。ことしの2月生まれです。よろしくね。

名前はまだ考え中。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。