2011年9月アーカイブ

2011年9月29日

09/29 【聴】 2087 / Jeff Mills, Axis(AXCD-043)

IMAGE
デトロイト・テクノの重鎮、Jeff Millsがこっそりリリースした最新作。1966年公開のSF映画、"Cyborg : 2087"に彼自身が独自に曲を当てた、まさにオリジナルのサウンドトラック。

Jeff Millsはこれまでにも映画"Time Machine"、"Metropolis"などのサウンドトラックをリリースしている。いずれも公開年が古く、サウンドトラックはおろか、映画自体に音がないことを逆手にとってのトラックメイキング。彼の得意とするミニマル・テクノを中心に据え、内省的な深さと、宇宙的な広がりとを兼ね備えたダンス・トラックを展開する。亭主自身"2087"を見たことがないことからサウンドトラックとしての完成度については書けないが、アルバム全体からにじみ出る雰囲気は、レトロ・フューチャー的な趣を感じさせてどこかほっとさせられる。古きよき時代の名作―――と身構える必要はまったくない。

デトロイト・テクノの良作、Jeff Millsの最新作として、予備知識なしでも楽しめる作品。亭主的には定番、安心の一枚。

2011年9月28日

09/28 【食】 つけ麺家 俺のそば(土浦駅前店)

20110928orenosoba.jpg
茨城県土浦市。土浦駅下車、駅前通りにあるつけ麺のチェーン店。
いわゆる日本蕎麦を、ラーメンのつけ汁で食べてしまおうという、なかなか野心的なコンセプトを持った店。初めての店・・・ということで勝手のわからなかった亭主、今回はとりあえず、豚スープに岩海苔のトッピング、麺大盛りを注文した。

まずは個別に説明していったほうがいいかもしれない。

麺は、先にも書いたとおり日本蕎麦。かなり太めに切ってあり、フライデイ(地雷源)などに代表されるこってり系つけ麺の太さに準じている。蕎麦の香り、あるいは歯ごたえなどはあまり感じられず、むしろモチモチとした食感。「大盛り」を注文したのだけれど、個人的には少なく感じられた。

麺の上に乗せられた具は、卵、チャーシュー、ノリ、ネギ、そして天かす。チャーシューは煮豚系にしてはかなりジューシー。表面にこれでもかと黒胡椒がふられている。

スープは、いわゆる「つけ麺」のそれ。こちらもフライデイなどのつけ汁に良く似ている。おそらく魚系と肉系をあわせたスープだろう、表面の油とあいまって麺によくからむ。日本蕎麦のあっさりした味わいに対し、こちらは積極的に味を主張する。結果として、モチモチとした麺を、こってり濃厚スープの味で食べることになる

・・・とここまでは良いのだけれど。

上のテキストを読んでもわかるとおり、このつけ麺、蕎麦の良さがさっぱり伝わってこなかった。濃厚なつけ汁が蕎麦の香りを塗りつぶし、極太の麺が歯ごたえやノド越しをないがしろにした状態で、いったい蕎麦の何を語ればよいというのだろうか。極端な話、別の麺にすげかえてもかまわない。うどん、パスタ、あるいは刀削麺やペンネでもよい。モリモリと食べる感触を味わいたいならば、他の麺でも一向にかまわないと思うのだ。たしかにつけ汁は旨い。具も(チャーシューにかかった胡椒が少し邪魔だけれど)旨い。旨いけれど、やはりつけ麺の主役は麺だと思うのだ。

なにかが違う、そんな思いを持ちながら食べ進めていると、店員が蕎麦湯を持ってきた。麺と具を全て食べ終わったあとでつけ汁に蕎麦湯を入れて飲んでみたのだが、つけ汁の味ばかりで蕎麦湯の旨みが感じられなかった。

--

ちなみにこの日は、北松戸に出張していた。
帰宅時に土浦駅駅ビルの天下一品で夕食を取る予定だった。

まさか天下一品が閉店しているとは・・・。

2011年9月24日

09/24 【聴】 Romantheque / Gekkan Probowler, Aorizm(ARZM-002)

IMAGE
yaskikuta, HIDEの兄弟による(テクノ or エレクトロ)ポップユニット、ゲッカンプロボーラー(ゲツプロ)の6枚目となる最新アルバム。HIDEの主宰するaorizmからのリリースとなる。ポップありハードテクノありのオリジナル曲10曲にリミックス2曲を含めた全12曲。ちなみにリミックスは"Positive Noise / System 7"および"London Calling / Crash"。東京ゲームショウ2010のXbox 360テーマ曲「デジタルラヴァー」を収録。

Overrocketのヴォーカル、本田みちよを迎えた"eRevest"、SAWAをヴォーカルに迎えた"eRetro"とデジタル・ポップの王道を突き進んできたゲツプロにあって、本作は少し毛色の違ったアルバム。yaskikutaによるエフェクトかかりまくりのヴォーカルもだが、全体的に強炭酸、脳みそのてっぺんにクるような強烈なデジタル・サウンドを全面に押し出している。彼らが得意とする(ちょっと気恥ずかしい)歌詞、一度聴いたら忘れない親しみやすいメロディからあえてフォーカスをはずし、ひたすらフロア向けにチューンしたサウンドは、ゲツプロの目指す新たな境地ともいえる。ただし歌詞を追ってみればゲツプロの本質はなんら変わっていない。前向きでパワーあふれるメッセージは、アッパーなビートとあいまって、聴く人の視線を自然と前に、そして上にと引き上げてくれる。

余計な話だけれど、亭主が前向きになったのは、学生時代を過ぎてから、だったりする。若い頃がかならずしも前向きというわけではないのだけれど、理想論を語っているわけではないのだけれど、それでもやはり若い頃は前向きであって欲しい。永遠のような時間と、あり余る体力と、何事にも縛られない自由な心を、悩みに費やすのはつまらない。いやそれでもやっぱり悩むのだけれど。ゲツプロ聴いて前向け若い頃の人(2011.09.15) 

2011年9月20日

09/20 【聴】 Adventures in Modern Recording / The Buggles, ZTT|MSI(MSIG-0720)

IMAGE

トレバー・ホーンとジェフ・ダウンズのユニット、バグルスが1981年にリリースしたセカンド・アルバム。前作「ラジオスターの悲劇」が大ヒットを飛ばし、一躍スターダムへと上り詰めた彼らが、イエスへの加入・脱退という紆余曲折を経て作り上げた作品がこのアルバムとなる。オリジナル9曲に、ボーナストラック10曲を加えた(!!)豪華構成。ちなみにボーナストラック10曲のうち、3曲は未発表曲、7曲は未発表のデモ・バージョンとのこと。

世間的には「ラジオスターの悲劇」の評判が高すぎて、本作に対する評価はいまひとつ、といったところ。ただ、亭主的にはこちらのアルバムのほうが好みだったりする。全体的な完成度の高さもさることながら、往年のテクノ・ポップ、エレクトロの要素をふんだんに盛り込んだ王道のサウンドは、他のアーティストの存在を霞ませてしまうほどのインパクトを持つ。ゴージャスでユーモラス、そしてメロウな構成は、イエロー的であり、デーボ的であり、またニュー・オーダー的でもある。もちろんバグルスとしてのアイデンティティもある。方法論にとらわれない自由なサウンドと、その中でしっかりと自己を主張するトラック・メイキングは見事。

ちなみにボーナス・トラックもこれまた良い。明るいギター・リフから始まるフォーキーなトラック"Fade Away"、CANを思わせるインダストリアルなバッキングにDAFばりのヴォーカルを重ねた"Blue Nylon"などなど、往年のエレ・ポップ好きにはたまらない内容かと。オススメ。

2011年9月15日

09/15 【聴】 The Seduction of Claude Debussy + Reduction / Art of Noise , ZTT|Repertoire(REP4902)

IMAGE
トレバー・ホーン率いるZTTから1983年にデビュー。サンプリングを主体とした攻撃的なアレンジで一世を風靡した実験音楽/アンビエントユニット、アート・オブ・ノイズのアルバム。実はアート・オブ・ノイズ、1990年に一度活動を停止しており、当時は「ついに復活」とテクノ界隈でかなり話題となった。本作にはZTTの仕掛け人・トレバー・ホーンのほか、アン・ダドリー、ポール・モーリー、ロル・クレーム(10cc)が参加している。ちなみにオリジナルメンバーはアン・ダドリー(そしてプロデューサのトレバー・ホーン)のみ。

19世紀のフランスの作曲家、クロード・ドビュッシーをフィーチャーした"The Seduction ... "と、2000年にリリースしたミニアルバム"Reduction"の2枚組。亭主自身は"Reduction"を未聴だったため2枚組の本作を購入した、というわけ。ドビュッシーの楽曲を断片的に組み込みつつ、アンビエントやハウス、あるいは美麗なブレイクビーツとして仕上げた手腕はおそらくトレバーのものと思われる。偏執的な作りこみの細かさ、ジャンルを超えた大胆なアレンジはさすがアート・オブ・ノイズといったところ・・・というかさすがトレバー・ホーンといったところか。大御所アーティスト/ユニットの復活作としてはあまりにも大作。「普通」の大御所アーティストならば、ブームのノリに担ぎ出されて、久しぶりにメンバーが集まって、昔のテイストを残しつつ地味に無難に作りそうなものを、本作に限っては身の危険すら感じるほどに本気。剛速球。しかもど真ん中。

一方、"Reduction"は"The Seduction"の素材を使いつつ、よりミニマルに仕上げている。前作と比べて地味ではあるが、ヒップホップをフィーチャーしたり、ブレイクビーツやダブの手法を使ったりと玄人好みの構成。7曲と分量少な目なのが残念。

2011年9月 9日

09/09 日々雑感

震災からまだ6ヶ月しか経っていないのに、ずいぶん時間が経っているように思う。
3月11日以前の出来事、2011年の1月や2月のことなどははるか忘却の彼方にあって、まるで3月11日という日に深くて広い溝(おそらくは地割れ)があるように感じられる。

震災以降、たびたび余震が襲ってくる。
1000年に一度の大地震、もうあんな激しい揺れは来ないだろうと思っても、長い揺れのあとに、さらに激しい揺れが来るかもしれないと身構えてしまう。
地面の下のことは、誰にもわからない。もちろん地震学者にも分からない。なにしろ誰も見たこともない。
一枚のプレートの崩壊が、隣のプレートの崩壊に繋がり超巨大地震になると、地震学者は説明する。
ならばこの長い余震のあとに、さらに激しい揺れがこないという保障はどこにもない。

あの地震以来、亭主の心境は確実に変化している。
それが何かと自ら問い直してみるに、どうやら「覚悟」のようなものらしい。
抗っても備えても嘆いても、どうしようもないものが世の中にはあって、厄介なことにいつか確実に、誰の元にもやってくる。
地震、台風、津波、洪水、火砕流、疫病、放射能、テロル、風評被害。
茨城県だけではない。岩手県、福島県、宮城県はもちろんのこと、災厄は日本全国で起きている。

そんなことを思って、自分の昔のブログをなんとなく見ていたら、2004年10月の中越地震の際に、「予報はあてにならない」などと似たようなことを書いていて苦笑した。人間の予想の範囲を飛び越えて問答無用でやってくる災厄を、記事は「覚悟はよいですか」と締めくくっている。

・・・おっかしいなぁ、覚悟していたつもりなんだけどなぁ。

2011年9月 8日

09/08 【聴】 Golden Lady / Reel People, Vithmic(VMLCD-10004)

IMAGE
オリ・ラザルス、トム・ディヴィットソン、マイク・パトゥを中心としたR&B・ソウルユニット。フィル・アッシャー、DJスピナら強力アーティスト陣とのコラボレーションによりヒット作をリリースし続けるリール・ピープルの最新アルバム。今年2月のアルバムとのことだが、亭主全く気が付かなかった。本作ではマイク・パトゥが脱退し、代わりとしてインコグニートのヴォーカリスト、トニー・モムレルが参加。

テクノやハウス、ジャズなど多彩な音楽要素を貪欲に取り込みつつ、常にソウル・ミュージックのメインストリームをかっとばすReel People。本作においてもその手慣ぶりが存分に堪能できる。R&B的ファンク成分はもちろんのこと、特に本作ではクラブ・ジャズのスタイリッシュさが全面に押し出されている。沖野修也あるいはMasters at Workあたりの仕事ぶりを思わせる職人気質のサウンド、といったらどこまで当たっているだろうか?

なお本作には、Reel Peopleに縁の深いアーティスト5組が、自身のクレジットにて参加している。BTSC、Restless Soul Fun Band、Choklate, Simon Grey, Renn。いずれも美麗なサウンドを披露する。こちらもヨイ。(2011.08.30)

09/08 【聴】 Reminiscence / Chihiro Yamanaka, Verve|Universal(UCCJ-9124)

IMAGE
ジャズ・ピアニスト山中千尋の音楽活動10周年記念作品。ベースにラリー・グレナディア、脇義典、ドラムにバーナード・バーディ、ジョン・ディヴィスらを迎え、ポップス、ソウルなど多彩なジャンルの曲をフィーチャーした意欲作。全10曲、初回限定盤にはライブ映像、ボーナス・コンテンツが収録されたDVDが添付されている。

バート・バカラックの"(They Long to Be) Close To You", ショーン・レノンの"Dead Meat", マルコス・ヴァーリの"Ele E Ela"あるいはキャロル・キングの"You've Got A Friend"からコルトレーンの"Central Park West"へと続くメドレー曲などなど、話題曲、有名曲ばかりがラインナップされている。トリオ編成によるジャズ・アレンジがなされているものの、原曲の雰囲気、ノリはしっかりと継承されていて、彼女の原曲に対する思い入れ、あるいは聴く人への敬意が伝わってくる。彼女自身によるオリジナル曲"Rain, Rain and Rain"は、雨の日曜日、部屋の窓から外を眺めているかのような、少し物憂げな、そして少しユーモラスな曲。

いわゆる「技巧派」や「アヴァンギャルド」に類する音ではなく、また「天才肌」という感じでもないことからどちらかといえば地味にうつりがちな彼女の作品、だがその実直な音からは、時代や流行を超えた普遍的な楽しさがにじみ出ている。(2011.08.30)

2011年9月 6日

09/05 【読】ダンゴムシに心はあるのか-新しい心の科学-(森山徹、PHPサイエンスワールド新書)

「ダンゴムシに心はあるのか-新しい心の科学-(森山徹、PHPサイエンスワールド新書)」

信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点助教。比較認知科学、動物心理学を専門とし、ダンゴムシ、オオグソクムシ、ミナミコメツキガニなどの行動実験から「心」の本質を追求する著者による、あらたな「心」論。ダンゴムシに惹かれた著者が、行動実験の末に発見したダンゴムシの「心」から、あらゆる存在の「心」を考察した書。2011年3月刊。

本書の構成は以下。

・著者による心の定義を述べた第1章「心とは何か」。
・ダンゴムシとの出会いの経緯、そして行動実験からダンゴムシに「心」を発見した顛末をつづった第2章「ダンゴムシの実験」
・動物行動学的な見地から前章の実験を振り返った第3章「ダンゴムシ実験の動物行動学的意味」
・タコやミナミコメツキガニへの実験を通じて、新たな科学を提案した第4章「『心の科学』の新展開」

著者のダンゴムシへの偏執的なこだわりをいぶかしみつつ、また第2章の徹底的な自分語りに閉口しつつ・・・とあまり気乗りのしないまま読み進めた亭主、とはいえ著者による「心」の定義には考えさせるものがあった。森山氏によれば「心」とは、未知の状況に置かれた個体が発現する「予想外の行動」なのだそうだ。葛藤の末に発現する行動は、かならずや何らかの意味と、意思があるとのこと。比較的頭が良いといわれるタコのみならず、カニや、ダンゴムシにも「心」があるとの氏の主張は、亭主のかねてよりの「うすぼんやりとした『心』観」にわずかな光明を与えてくれた。人間だけでなく、動物や昆虫もまた心を持っているということは、心というのが「精神」や「魂」といった非実在のモノによって説明されるものではなく、「生命」あるいは「存在」の結果としてごく当たり前に「在る」ものであることを意味するのだ。心が「生命」あるいは「存在」の結果として在ることは、同時に「生命」あるいは「存在」なくしては在りえないことを意味するのではないか。であるとするならば、死後の世界などは存在するはずもない。死によってもたらされるものはただひたすらの「無」であり、ビッグバン前の宇宙、あるいは人間として誕生する前の状態である。ならば何を恐れることがあるだろうか?

全体としてアクの強い文章。好き嫌いは分かれるものと思われる。ダンゴムシに興味のある方はじっくりと、ないかたは細かい部分にとらわれず、あっさり読んで吉かと。(2011.09.06)

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。