2011年10月アーカイブ

2011年10月30日

10/30 【聴】Souled Out / Makoto, Selective Records(YZDI-0017)

IMAGE
Drum'n'Bass系アーティストとしてLTJ Bukemが主宰するGoodlooking Recordsからアルバムをリリース。以降も多様なジャンルを横断しつつ時代の最先端を行くシミズマコトの最新アルバム。

SoulやJazzの魂を、ハウスのフォーマットへと封じ込めたポジティヴでハイスピードなアルバム。というのが本作を聴いての第一印象。 沖野修也、あるいはBlazeの作品に通じる、陽性のサウンドが耳を惹く。得てしてマニアックになりがちなこのジャンルにあって、あえてポップさ、爽快感を全面に押し出しているあたりが本作の特徴と言えるだろう。Makoto自身の原点たるD'n'Bの作品もまた健在。"Keep me Down feat. Angela Johnson"のハイスピード・ドラムンベースとヴォーカルとの掛け合いが最高に気持ちよい。

これでもかと投入されるヴォーカル・トラックと豪華ゲストアーティスト陣、マニアならずとも理屈抜きで楽しめる作品。(2011.10.08)

2011年10月29日

10/29 【読】 龍馬の黒幕(加治将一、祥伝社文庫)

「龍馬の黒幕(加治将一、祥伝社文庫)」

小説、ノンフィクション、カウンセリング本など著書多数。新書「借りたカネは返すな!」がことに有名な作家・加治将一氏が、現在も圧倒的な人気を誇る幕末の志士・坂本竜馬の謎を解き明かす書。10万部突破とのこと、会社のYさんオススメによる。

慶応三年(1867年)、旧暦は十一月十五日(12月10日)、雨の降る寒い夜のこと、坂本龍馬が投宿する近江屋を、松代藩を名乗る武士四人が訪れた。龍馬のボディーガードで相撲取り崩れの籐吉、二階に控える三人の書生のいる間を抜け、来客は龍馬と中岡慎太郎の居る部屋へと入る。「どなたでしたかねえ」怪しんだ様子もなく声をかける龍馬に突然襲い掛かる四人。先頭の武士の刀が龍馬の左の胴を切りつけ、中岡の頭にも刃を振り下ろす。かくして龍馬は絶命する―――。

明治三十三年、「近畿評論」に掲載された龍馬暗殺のくだり、現在も龍馬の特集番組やドラマでは当たり前のように再現されるこのシーンに、作者は疑問を呈する。なぜ龍馬は自身の拳銃を使わなかったのか。暗殺を恐れ、ボディーガードや書生を周囲においていた彼が、無用心にも来客の侵入を許したのか、そして、生き延びたとされる書生たちはその後姿をくらましてしまったのか。あまりにも不自然な事件の顛末、そしてその前に龍馬が陸奥宗光に送ったとされる謎の手紙から、作者は、龍馬(というよりも幕末から明治維新にかけての時代)の背後に潜む、ある秘密組織の存在を指摘する。

フリーメーソン。

ヨーロッパの石工たちの組合に端を発し、神秘学的な儀式と徹底した秘密主義、そして政財界や弁護士、医者などあらゆる人間がひそかに入会しているというこの組織こそが、日本を開国へと促し、現在の国家の礎たる明治政府樹立を成し遂げたのだと言うのだ・・・と書くとあからさまに怪しいが、フリーメーソンとは一種の「セレブ向けの互助会」みたいなもので、当時販路を日本へ拡大せんとしていたイギリスの商人、トーマス・グラバーがフリーメーソンで、よーするにフリーメーソンとは商業や政治におけるヨーロッパ主義を、伊藤博文や五代友厚、坂本龍馬をして日本へと広げようと画策していたようなのだ。もちろんフリーメーソンの活動は明治維新にとどまらず、フランス革命やテンプル騎士団など、歴史における重要な転換点の背後にいるらしい。らしいというのは彼らの徹底した秘密主義と歴史的文献の少なさが、組織そのものを闇の中へと追いやっているからなのだが―――。

本書が面白いのは、作者が土佐や薩摩、長州といった国びいきの内容、龍馬や西郷隆盛、高杉晋作などを護持する内容になっていないことにつきる。国びいき、歴史上の人物びいきならば、自然と内容はその国・人を持ち上げる内容となる。結果として歴史の都合の良い部分だけが引用されることになる。作者は、日本の歴史を一切美化しないばかりか、龍馬を含めたあらゆる登場人物に一切の感情移入をすることなく、淡々とストーリをつむいでいく。ときに再現ドラマ風に、ときに推理小説風に変化する構成は、作者が読者の興味を引き、最後までその心をがっしりと捕まえるための悪仕掛けでもある。ページを繰るうち龍馬の影は歴史から消えうせ、あるのは幕末という大きな時代のうねりだけだったりする。

もとより、龍馬は土佐藩を脱藩した、一介の下級武士に過ぎないのだ。ならばあえていまさら龍馬をあげつらう必要があるのだろう?

龍馬を殺した真犯人を暴露する最終章まで、一時たりとも気の抜けない作品。これは面白い。(2011.10.29)

2011年10月25日

10/25 【聴】 Benefist / The Ace of Clubs, FirstCask(FSK010)

IMAGE
Luke Vibertの変名プロジェクト、The Ace of Clubsの2007年作品。アシッド・テクノをフィーチャーした全15曲。

アシッド・テクノ・・・というとまずはAtom TM、古くはHardfloor, Fatboy Slimの1stアルバムを思い出す。TB-303のビヨビヨとした音色、Naturalと対を成すChemicalな曲調の電子音楽に魅入られた好事家(具体的にはAtom TMとかLuke Vibertとか)が、アシッドという名前で積極的に作品をリリースしたのが2000年近辺だっただろうか。当時どれほどのファンが居たかはわからないが、外から眺めるに目立った盛り上がりもなく(苦笑)終息したように見える。

ともかく、Benefist。

2007年リリースと言うことで若干遅れてやってきた感は否めないものの、内容としては良くできている。フォーマットに即した手堅いつくり、ファンならずとも思わずじっくり聞き込んでしまう、そんな懐の深さが感じられる。Luke Vibertが得意とするファンクがあえて封印され、ひたすらにケミカルに終始しているあたりもマニアックで良い。ただプロジェクト名も地味、アルバムジャケットも地味、曲もわりとオーソドックスと抑制が効きまくっているので、CDを店頭で手にとってもなかなか食指が動かないものと思われる。

なお、The Ace of Clubsの作品はこれ以外にはリリースされていない模様。もう2転、3転してくれればさらに面白かったかもしれない。(2011.10.08) 

2011年10月22日

10/22 【聴】 Flumina / Fennesz + Sakamoto, Commmons(RZCM-46910,46911)

IMAGE
オーストリア出身のギタリストで、エレクトロニカ・アーティストでもあるクリスチャン・フェネスと坂本龍一の共作によるアンビエント/エレクトロニカの最新アルバム。全2枚組、24曲。テレビ東京系列「宇宙ニュース」のテーマ曲、"0330"を収録。

"0318"から"0429"まで、4桁(ただし最初の桁は0)の数字のタイトル24曲で構成されるアルバム。全篇に坂本氏のピアノ、およびフェネスによるラップトップ音源からなる静謐なエレクトロニカが収録されている。曲間に明確な切れ目はなく、雲の流れを、あるいは大海原の波を眺めているかのように終わりがない。騒がしい世間から離れ、憂いも、悲しみも全て忘れた時間をすごしているかのような心境にさせてくれる。

エレクトロニカ、あるいはアンビエントが好きな人はどうぞ。(2011.10.08) 

2011年10月20日

10/20 【聴】 Frame by Frame / Dave Angel, Plaza in Crowd(PICCD-005)

IMAGE
UKテクノのトップ・プロデューサー、DJとして1980年代から活躍。Drum'n'BassのユニットGrooveridersとのコラボでも知られ、常にチャートにヒット曲を送り続けるDave Angelの最新アルバム。全11曲。M11"Type-E"はケンイシイとの共作。

デトロイト・テクノ系アーティストの一人とも言われるDave Angel。ただし彼自身は軸足をダンスミュージックに置きつつ、様々なジャンルとのコラボレーションを志向している。本作においてはピュア・テクノを試みつつも、UKハウス、ユーロ・トランスへも接近。ユーロ・トランスに特徴的なエコーのエフェクト、ケミカルなシンセの音色を全面に押し出している。ダブステップの人気に圧倒され、すっかりブームが沈静化したと目されているトランスだが、あらためて聞いてみるとなんというか、ヨーロッパらしい音というか、ユーロ圏の原風景という感じがする。石造りの建物が作り出す音響空間、教会の聖堂を髣髴とさせるエコーに彼の心象風景が重なる。シンプルで端整なテクノ。だが要所には華が添えられていて、決して単調ではない。

ケンイシイとの共作である"Type-E"は、ドスの効いたバスドラ/ベース音とトランシーなウワモノとが交錯するテクノ。途中からのシンバルによる4ビートが妙に盛り上がる。(2011.10.06) 

10/20 【読】 心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣(長谷部誠、幻冬舎)

「心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣(長谷部誠、幻冬舎)」

現ブンデスリーガ・VfLヴォルフスブルクにて活躍。2006年からはサッカー日本代表に選出され、2010年のFIFAワールドカップではチーム・キャプテンとして日本初となるベスト16入りを達成した長谷部誠の、自身初となるエッセイ集。プロスポーツ・プレイヤーとして日々パフォーマンスを向上・維持するために必要となるメンタル・ケアについて、自身のエピソードを交えて紹介している。なお本書は、彼の端整な横顔と、ブルーを基調とした爽やかな装丁が奏功して、100万部を超えるベストセラーとなった。印税は全て東日本大震災の復興支援に充てられているのだという。

アスリートとして、キャプテンとして、またチームの主軸たるミッドフィルダーとして活躍する彼の日々の過ごし方から、自身が心がけていること、意識していることを綴った書。オフの楽しみ方、試合に向けてのモチベーションの高め方のほか、先輩プレーヤとの交流、ピッチでの振る舞い、あるいはベンチでの心がけなど、あらゆる場面における長谷部の考え方が語られている。酒を飲まず、夜更かしをせずといったストイックな生活から、彼のサッカーに対する真摯な思い、周囲の人々への気配りが見て取れる。面白いのは、アスリートとしての自制はもちろんのこと、チームの士気を高め、監督と同じ目線・考え方を持とうとする意識の高さが彼のマネジメント力に繋がっている点だろうか。プロのサッカー・プレーヤーといえども、その実力・有用性を監督に認めてもらえなければピッチに立つことは出来ない。いかに監督に自身の有用性を認めてもらえるか、チームの中でポジションを確保していくかを考える過程が、彼のマネージャーとしての資質を高めている。

本書は特に女性の読者が多いそうだ。なるほど読んでみると好きな歌としてミスチルの詞がそっくり掲載されていたり、海外でのサッカー生活の様子や、大物プレーヤー(三浦知良や長友佑都)たちとの交流が語られていたりと、ファンブックとしての要素もある。ただ、様々な本の紹介(哲学書からビジネス書まで幅広い!)がなされていたり、ニーチェの言葉が引用されていたりと実はかなり硬派な内容だったりもする。

アスリート向けメンタル・ケアのハウツー本、マネジメントの入門書、あるいはファンブック・・・サッカーファンのみならず、様々な人が様々な角度から読める本。これは結構オススメ(2011.10.20)

2011年10月18日

10/18 【聴】 Dartriix / Dartriix, op.disc(op.disc 018)

IMAGE
op.disc主宰で実験音楽家の半野喜弘と、ミニマル・テクノDJの田中フミヤによるユニット、Dartriix名義での1stアルバム。2007年リリース。なお半野/フミヤはradiq名義でもアルバムをリリースしている。

グリッチを意識したミニマルなビートを全面に押し出したアルバム。アナログレコードなどではむしろ邪魔者として扱われる「プチ」ノイズが本作の主役だ。隙間の多いプチプチというサウンドが、しっかりとファンク/ジャズになっているあたりが凄いというか、すさまじい。Juan AtkinsやMoodymannらが志向する「黒いテクノ」、ブラック・ミュージックの魂が、遠く離れた日本で見事に現出している。これをブラック・ミュージックと呼ばずして何と呼ぶのだ。

個人的には本作、細野さんの"N.D.E."、Burialの"Bulial"に並ぶ、ミニマル・ダブの傑作と評価。万人にお勧めというわけではないが、ひたすらに良い。(2011.09.28)

2011年10月16日

10/16 【聴】 Mesopotamia / Tigris and Euphrates, Transonic(TRS-25030)

IMAGE
鈴木新と藤光段による電子音楽ユニット、チグリス&ユーフラテスの1stアルバム。1999年、アンビエントとテクノの老舗レーベル、トランソニックレーベルからのリリース。ちなみに二人はファンタスティック・エクスプロージョンとしても活躍している。プロデューサーはトランソニック主宰の永田一直。

次の作品"The Moon is in Eclipse"と同じく、タイトルに"Moon"を含むトラックが収録されている。"Shadow Moon", "Babylonian Moon", "Swinging Moon"など全9曲。アンビエントやトラディショナルなテクノが得意なトランソニック・・・ということで、いくらか地味な作風を予想していたが、聞いてみると意外にもポップ。アンビエンティックな電子音響と、その上をハネるようなメロディライン、そしてヴォコーダの声が作品全体を快活、かつ美麗に仕上げている。聴きやすいのはもちろんだが、いわゆるポップ・ミュージックの文脈を取り入れているおかげでトラックそれぞれの個性が生きている。具体的に言えば、口ずさめる。このメリットは大きい。

なお本作には生楽器の参加のほか、いわゆるラップ、民族音楽など多彩な仕掛けが施されていて、そのどれもが作品全体の雰囲気に違和感なく融合している。キワモノのように感じられるかもしれないが、実際に聞いてみると完成度はきわめて高い。オススメ。(2011.09.28) 

2011年10月15日

10/15 【聴】 Let Them Eat Bingo / Beats International, Go!Beat|London|Polydor(POCD-1005)

IMAGE
Norman Cook(現Fatboy Slim)によって結成されたダンスミュージックのユニット"Beats International"の1stアルバム。1990年リリース。当時のメンバーはNormanのほか、ヴォーカリストのLindy LaytonとLester Noel, ラッパーのDavid John-Baptiste, MC Wildski、そしてキーボーディストのAndy Boucher。

レゲエやダブ、ヒップホップ、ハウスなどを貪欲に融合したブレイクビーツ・サウンドが特徴的なアルバム。サンプリングによる大ネタの応酬、とにかくポジティヴで、陽気さを全面に押し出した構成は誰もが素直に楽しめる。その後のFatboy Slimの作品の方向を決定付けた作品、と言ってもよいだろう。ダンスミュージックとしてだけでなく、ポップミュージックとしての質も高い。M5 "For Spacious Lies"のメロディアスなブラス・サウンド、美しいヴォーカルによるカタルシスは一聴の価値あり。

なお本作には様々なアルバムからのサンプリングが使用されている。スライ・アンド・ファミリーストーンズほか有名どころのアルバムのものばかり。詳しい人ならばさらに楽しめることだろう。

2011年10月14日

10/14 【食】天下一品渋谷店(チャーシュー麺の大盛りこってりにんにくなし)

渋谷区宇田川町。渋谷駅前からセンター街に入り、しばらく行った右側。
土浦駅ビル内のフードコートから撤退してしまったことにショックを受けていた亭主、池尻出張からの帰りに意識を失い、気が付くと店の前に立っておりました・・・。(嘘です)

冗談はさておき。

20111014tenichishibuya.jpg期待したこってりラーメン、結論から言えばかなり旨い部類に入る。こってりスープの熱さ、濃厚さはもちろんのこと、麺のゆで方がいい。ウェーヴの少ない麺を少し固ゆでに仕上げていて、歯ごたえ、ノド越しが非常に良い。まるでよく出来た長浜ラーメンを食べているかのよう、思わず替え玉が欲しくなってしまった。このゆで加減が本式かどうかはわからないが、最後までダレずに食べることができる。

なお、ラーメン激戦区でもある渋谷の繁華街ということもあってか、店員さんの対応も非常によかった。お客の席への誘導、注文のとりかた、会計のテンポなど完璧で、文句のつけようがない。さすが渋谷、これをみるとかつての水戸駅南店は本当にダメダメ・・・撤退して当然だった。

場所的にもわかりやすいので、渋谷にお出かけの際にはぜひ一度ドウゾ。




2011年10月11日

10/11 東京マラソン2012落選のお知らせ

年中行事としてすっかり定着しました、「東京マラソン2012落選のお知らせ」。
ことしもつつがなく落選し、ほっと一息の亭主であります。

公式サイトによれば、今年の応募倍率は9.6倍。
当たるわけはないよね、でもひょっとしたら当たるかもねと思わせぶりな倍率ではありますが、フタをあけてみれば堂々の落選。妻も落選したことですし、自分だけが当選しても気まずいだけですから、まあよかったかもしれません。

それでもぜひ、一度でいいから東京の町を走ってみたいものです。
皮肉ではなく、正直な気持ちとして。


2011年10月10日

10/10 【聴】Innovator / Derrick May, Transmat|R&S|Beat(BRTMT002)

IMAGE
ホアン・アトキンス、ケヴィン・サウンダーソンとともにデトロイト御三家と称され、デトロイト・テクノという新たな音楽ジャンルをこの世へと送り出した立役者の一人でもあるデリック・メイが、1996年にリリースした唯一とも言うべきオリジナル・ベスト・アルバム―――のBeatからの再発盤。全曲オリジナル・リマスタリング済み。テクノ・アンセムとしてあまりにも有名な"Strings of Life"、彼自身のデビュー曲となる"Nude Photo"ほかを含む。

本作は、野田努が自選したデリックの曲を、デリック自身が日本のユーザのために再構成したアルバムなのだそう。基本的に寡作であり、アルバムはおろか、シングルですらまともに出したことのない彼にとって、本アルバムは彼自身の歴史をたどるうえで非常に貴重だ。もっとも、オリジナルと再発ではかなり曲数も、曲のラインナップも、また曲自体の長さも異なっている。特に大きな違いはといえばPlaystation向けアクションゲーム「攻殻機動隊」のオリジナル・サウンドトラック向けに製作された"To Be or Not To Be"が再発に収録されている部分。ただし全体としてほぼ全ての曲に手が加えられているようで、新作と旧作で共通する曲はほぼ半数、しかも新作と旧作では曲の収録時間もかなりの部分で変更となっている。オリジナルで埋め草のように使われていた短い曲はばっさりと削られたり、あるいは他の曲のイントロに組み込まれていたり、またむやみに長い曲もまた大胆に短くなっていたりする。オリジナルを持っている方はぜひ比べてみていただきたいところ。

なお再発盤はオリジナルからのリマスタリングが施されているのだという。聴いてみるとなるほど、全体的に弱弱しかった音質が見事に力強く、ある意味ダンサブルへと変貌していて確実に音質の向上が見られる。一方でオリジナルアルバムに感じられた線の細さ、初期デトロイト・テクノの特徴である、ナイーブかつ内省的なイメージは少し後退している。オリジナルの侘び寂びを期待している向きには少し物足りないかもしれない。もちろん、デトロイト・テクノの魂は本作にもしっかり感じられ、アルバムそのものは「名盤」であることに変わりない。古くは1987年に製作された、テクノというブラック・ミュージックの根幹を学ぶにふさわしい作品。(2011.09.28) 

2011年10月 9日

10/09 ドッグラン!

日立市滑川本町にあるドッグラン"Dogs on Garden"に行ってきました。

ドッグランは初体験のまはろくんでしたが、ほかのワンちゃんや飼い主さんに吠えたり、またケンカをしたりすることなく、広大な芝生で楽しく遊ぶことができました。とにかく人懐こいのがまはろくんのチャームポイント。いろんな方に頭をなでてもらってました。

20111009dogrun01.jpgちなみに写真の中の人物は全て別のワンちゃんの飼い主さん。

20111009dogrun02.jpgどうも自分と同じ、黒(または白黒)のお友達が気になるようです。

実はこのお店、以前とおりがかった際に見つけていたのですが、最近良く見に行く、スターシュナーズ(ミニチュアシュナウザーのファンサイト)にも紹介されていました。犬風呂(!!)あり、カフェあり、ペット用品ありと設備が充実していて、飼い主さんにも楽しめそう。

今回はまはろくんの遊びにつきあいましたが、次はカフェでコーヒーが飲みたいですね。



2011年10月 6日

10/06 【聴】 ハイファイ新書 / 相対性理論, みらいレコード(MRIR-1233)

IMAGE
全天候型ポップ・ユニット、相対性理論の2ndアルバム。2009年1月リリース。メンバーは1stと同じく。やくしまるえつこの愛らしいヴォーカルと、ちょっと病的な歌詞とが交錯する9曲。

恋する女子高生?が憧れの学校の教諭に迫る「地獄先生」はまず抑えておくとして、全体的なトーンは前後2作と同じく。徹底的に韻にこだわりつつ、常に予想の斜め上を行く歌詞は「面白い」というほかはないのだけれど、肝心の演奏、アレンジはどの曲もオーソドックスで没個性的。具体的には前後2作に収録された曲とシャッフルして聞いても違和感がない。相対性理論的といえばそうかもしれないが、アルバムとしての個性、曲としての個性が乏しいため、曲が始まるたびに「ああ、またか」という気分になる。

近作では大谷能生や渋谷慶一郎との共作、坂本龍一、Fennesz、鈴木慶一らによるリミックスがリリースされている。そちらでどのような変化がみられるか、変化がないならば個人的にはもうおなかいっぱい。

10/05 【食】 長浜ラーメンあづま(節骨ラーメン+チャーシュー)

日立市平和通り。市民会館通りとの交差点から西へ少しあるいたところにある、長浜ラーメンのお店。日立店のほか、北茨城店、つくば店とチェーン展開しているのだそう。長浜ラーメンの店だけに、メインメニューは当然長浜ラーメンなのだが、今回はもうひとつの主力メニュー、「節骨(ぶしこつ)ラーメン」に挑戦した。挑戦したが、物足りなかったときの保険とチャーシューをトッピングしてしまうあたりに自分自身の自信のなさが伺える。

20111005aduma.jpgさて、節骨ラーメン。魚介系のスープにとんこつスープを合わせた、ちょいと新機軸のラーメンなのだそうだ。麺は長浜ラーメンよりもかなりボリュームのある太麺。チャーシュー(200円)のほか、メンマ、ネギ、ノリ、そしてほうれん草(だっけ?)がトッピングされている。ちなみにスープは醤油と塩が選べるそうだが、今回は醤油を注文した。

鰹節を含む魚粉のスープと、長浜ラーメン特有の白濁とんこつスープとの組み合わせ。どちらも徹底的にだしがとられて、これがマズイわけがない。面白いのはスープを飲んだ際の味。まず最初に鰹節の香りが感じられたかと思うと、あとからとんこつスープのこってりとした旨みがやってくる。軽やかな魚介系スープと、重心の低いとんこつスープ、性格の異なる二つのスープが、時間差をもって味わえると言うのは非常に面白い工夫だ。時間差により二つの味が互いに相殺されることもないため、最後まで飽きずにスープの味を楽しむことができる。これは良い。

一方、麺はいただけない。ゆで方が悪いのだろうか、それともそもそもこういう麺なのかはわからないが、10cmほどにぶつぶつと切れていて、食べていてもちっとも楽しくない。味もソボソボとしてそっけなく、折角の太麺の良さが生かされていない。太麺ならば豪快に、ぞばぞばと食べたいもの。今のままではあまりにもビンボ臭い。

具はオーソドックスで特筆すべきモノはなし。チャーシューは(写真ではわからないかもしれないけれど)脂がスープにほどよく溶け出し、つやつや。ジューシーな歯ざわりが楽しめる。もっともあまり厚く切っていないため、ボリュームはあまり感じられない。

全体的にはおいしく食べられたのだけれど、やはり麺に不満が残った。もっとも従業員さんの一人が新人?だったようで、さらに腕を磨けばおいしいラーメンに仕上がるのかもしれない。今後に期待、といったところか。

2011年10月 5日

10/05 【聴】 シンクロニシティーン / 相対性理論, みらいレコード(XNMR-12345)

IMAGE
全天候型ポップ・ユニット、相対性理論の2ndアルバム。2010年4月リリース。メンバーは1stと同じく。やくしまるえつこの愛らしいヴォーカルと、不思議系の歌詞とが交錯する全12曲。

パーティへと向かうシンデレラを原チャで送る「シンデレラ」、突然おとずれた非日常を綴った「ミス・パラレルワールド」など―――基本的には前作と同じ作風。疾走感は増しているものの冒険はなく、いずれも想定の範囲内といったところ。意表をついた歌詞と可愛い声を楽しんで吉といったところか。

個人的にはジャケットがツボ。(2011.09.23)

2011年10月 4日

10/04 【聴】 シフォン主義 / 相対性理論, みらいレコード(XQEH-1002)

IMAGE
2006年に結成。ライブを中心に活動した当初から現在に至るまで、コアなファンによって地道に支持される全天候型ポップ・ユニット、相対性理論の1stアルバム。2007年、自主制作音源としてライブ会場と通販のみで売られたにもかかわらず4000枚を販売、その後2008年にリマスター版として全国に流通したものが本作となる。ヴォーカルで歌詞を担当するやくしまるえつこ、ギターの永井聖一、ベースの真部脩一、ドラムスの西浦謙助の4人から構成される。

やくしまるえつこの愛らしいヴォーカルと、徹底的に韻にこだわった不思議系の歌詞が特徴的なアルバム。「スマトラ警備隊」「LOVEずっきゅん」「夏の黄金比」「おはようオーパーツ」「元素紀行」の5曲が収録されている。小難しい、どこか人をくったようなマニアックな歌詞を、ヘタウマ系で舌足らずなやくしまるが歌う、というミスマッチが彼らの魅力、というところか。思わず口ずさんでしまう親しみやすいメロディ、アヴァンギャルドや実験音楽に走らない、シンプルな楽曲構成も当世風。狙いすぎていて、むしろあざとい((c)ぃょRさん)という評価があるのもうなづける。

亭主としては、「狙いすぎ」と思いつつ何度も聞き返し、「LOVEずっきゅん」などはYOUTUBEで「弾いてみた」系動画を見てしまったりと結構気に入ってしまった。5曲という分量も、腹八分目という感じでちょうどよい。(2011.09.23)

2011年10月 3日

10/03 【聴】 Unbalance / 2562, Tectonic|Boundee(DDCB-12019)

IMAGE
オランダ出身のダブステップ・アーティスト、2562(Dave Huismans)のアルバム。2009年リリース。ダブステップ・レーベルとしては最大手となるTectonicからの、自身としては4枚目となるフル・アルバム。

闇を走るような疾走感。ダークさと、爽快さとが両立するサウンドが本作の魅力といえる。変則的なブレイクビーツにミニマルテクノ/IDMを髣髴とさせるトラックが重なって、絶妙なクロスオーバー感が生まれている。手を替え品を換え、様々な方向からダブステップというジャンルを再構築しようとする試みは面白い。

実は亭主、このアルバムを2年前に神戸のタワレコで聞いて、買おうか買うまいかと悩んでいた。当時このアルバムを買わなかった理由は、クロスオーバーな作風に違和感を感じていたから。ダブステップというジャンルに徹底的な暗さを求めていた当時の亭主には、本作は「ぬるい」という評価だったらしいが・・・改めて聴いてみると、そのぬるさもまた心地よかったりする。まったく、亭主の評価もあてにならない。(2011.09.23)

2011年10月 2日

10/02 近況などを

先日、水戸のメガネの黒沢本店に行きまして、眼鏡を作ってきました。
これまで使っていた眼鏡が、度が合わなくなるは、顔からずりおちるわで不便していたためです。
特に、顔からずり落ちるのは、スポーツにとっては致命的です。

新しく作ったのは、EyemetricsのRutaシリーズ。色はブルー。Eyemetricsといえば、元ヤクルトの古田敦也さん、サッカー日本代表の監督を務めた岡田剛史さんも愛用しているブランドなのだそうです。
ちなみにアイメトリクスシリーズ、メガネを作る際、計測装置で顔の形状をかなり詳細に計測します。出来上がったメガネは鼻梁の形、顔の幅などに絶妙にフィット。非常に快適。耳のツルの部分が特殊形状となっていて、1ヶ月ほど経つとツルの形が個々人の耳にフィットするようになるのだそうです。もちろん視力測定も完璧で、今回3段階度を上げたにもかかわらず、違和感なくかけることができました。

亭主自身、他のメガネの店(チェーン店含む)などでメガネを作ってもらったことがなんどかありましたが、お店では見えやすいものの、いざ実際に使用してみるとイマヒトツ―――ということがほとんどで、ここまでフィットするメガネがあるとは正直想像だにしていませんでした。

もちろん、亭主のメガネも完璧にフィット。本日もラン&ジムでのエクササイズをこなしましたが、それまでクセだったメガネを鼻の上にずりあげる仕草を一度もしませんでした。

値段はおおよそ8万円弱(亭主の視力が悪すぎるからです)と張りますが、スポーツをされる方には特にオススメかと。


2011年10月 1日

10/01 【聴】 Credo / The Human League, Wall of Sounds(WOS085CD)

IMAGE
フィリップ(フィル)・オーキー、スーザン・アン・サリー、ジョアンヌ・キャトラルの3人からなるUKテクノポップ・バンド、ヒューマン・リーグの最新作。テクノポップ黎明期である1977年から活動を続け、現在にいたるまで(スローペースながらも)アルバムをリリースしている。2011年3月のリリース。全11曲。

ヒューマン・リーグの特徴であるエモーショナルな歌詞と、ポップなメロディラインはデビュー当初と変わらず。朗々と歌い上げるフィルのヴォーカルが実にヒューマン・リーグらしい。30余年のときを経てもなお変わらないテクノポップ、奇をてらわず、極端に走らず、(インスト曲を作らず)、ただひたすらにみずからのスタイルを貫く姿はもはや「職人」の域に達している。特に本作ではディスコティークな音作りがなされていて、まるで1980年代のディスコ・ブームを髣髴とさせるレトロなサウンドが楽しめる。ワンパターンと揶揄する声もありそうだが、ヒューマン・リーグが実験音楽や前衛音楽を試行する姿は想像に難い。
古きよきテクノポップを今に伝える、職人芸的アルバム。旧来のファンはぜひ一聴を。新規参入の方は、このアルバムをきっかけに懐かしい世界へとイラッシャイ。(2011.09.23)

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。