2012年6月アーカイブ

2012年6月30日

06/30 【聴】 Picture This / Moodymann, Scion(Free Download-mp3)

CD
トヨタが北米市場で展開している若年層向け自動車ブランド、サイオン(Scion)のオフィシャルサイトから、MoodymannことKenny Dixon Jr.のアルバムがフリーダウンロード可能となった。MP3だが320kbpsという高音質での配信、全8曲。

ちなみにScionのサイトでは若者向けにポップ・アート、ムービー、音楽など様々なコンテンツが配信されている。特に音楽ではヒップホップ、ガラージ、メタル、ダンスミュージックなど若者が好みそうな分野が網羅されており、デリック・メイやホワン・アトキンスら、デトロイトテクノの分野に関しても言及しているあたり、ポイントが高い。

で、本題であるMoodymannのアルバムについて。このテの企画モノは、アーティスト自体の気合の入れようが強弱極端に振れることが多く、強く振れれば気合入りまくりのオリジナルアルバム、弱ければ習作程度となるのだけれど、本作に限っては強く振れまくり、気合はいりまくりの作品となっている。Moodymannがこれまで指向する「黒いテクノ」の系譜、テクノにはあらざる「アナログ」な揺らぎをもったトラックで構成されている。高音質配信にもかかわらず、アナログらしい音質(いわゆるプチノイズ入り)で曲を構成するあたりは、高音質を「アナログの風合いの再現」に利用した、まさに逆転の発想。面白い。Moodymannらしい「黒さ」も健在なので、ファンにはぜひ聴いてもらいたいところ。

なにしろ、タダだし。


06/29 【聴】 Tracks and Traces reissue / Harmonia & Eno '76, P-Vine(PCD-93552)

CD
NEU!のミヒャエル・ローター、Clusterのディーター・メビウス、そして同じくClusterのヨアヒム・ローデリウスの3人からなるジャーマン・ロック/エレクトロユニット・Harmoniaと、おなじみブライアン・イーノのコラボレーションアルバム。1976年に制作。97年に初めてCD化され、さらに2009年に3曲を追加し再発されたものが本作となる。

70年代ジャーマン・ロック/エレクトロにおける最重要アーティストと目される3人と、アンビエント・ミュージックの創始者として現在も精力的に活動するイーノとのコラボ作、といえば心沸き立たないはずがない。ハルモニアの特徴であるダルでチルアウトなジャーマン・ロックと、イーノによる広大なサウンドスケープとがほどよく融合する作風。たとえば最近のダウナーかつパーソナルなロック(シューゲイザー系)に通じるものがある。派手さを一切感じさせない、(ジャケットからも伝わってくる)モノクロームの世界感は、むしろ沈滞しきった昨今の音楽シーンにこそふさわしい。(2012.06.07)

2012年6月27日

06/27 【読】 「BeatSound Special Edition 坂本龍一[音盤](ステレオサウンド)」

「BeatSound Special Edition 坂本龍一[音盤](ステレオサウンド)」

毎回一組/一人のアーティストにターゲットを定め、あらゆる情報を網羅した本シリーズ。「Beatles」に続く今号では、ライフワークとなる"commmons schola"の最新作"Vol.10 : Film Music"をリリースしたばかりの「坂本龍一」を特集する。執筆陣は伊藤隆剛、小原由夫、田山三樹、牧村憲一、吉村栄一。武田昭彦、宮子和眞ほか。

1975年デビューから2012年現在に至るまでの、教授のあらゆる仕事を網羅している。1976年にリリースされた幻の作品「ディスアポイントメントーハテルマ」から、最新シリーズである"commmons schola"まで、オリジナルアルバム、映画音楽、ライブアルバムなどあらゆる作品が紹介・レビューされている。もちろん、YMOやHASYMO、カクトウギ・セッションなどのプロジェクト作品も含まれており、教授に関する周辺情報はこれ一冊で全て把握できるといっても過言ではない。読み物としても充実しており、坂本龍一へのインタビューは当然ながら、教授の作品に様々な形で関わった人々のインタビューを収録している。多様なメディアで活躍した教授の仕事遍歴が当時の担当者の口から語られる機会はめったに無く、またそれらエピソードが一堂に会しているあたりはファンとしてうれしいところだ。

(例えばアート・ディレクターで教授のアルバムのデザインを手がけた中島英樹氏、デジタルステージ代表でVJやustreamなどメディアサポートを担当する平野友康氏、レコーディングエンジニアとしてYMOより参加する飯尾芳史氏、舞台監督の諌山喜由氏、NHKのチーフプロデューサでschola制作にも関わる佐渡岳利氏、さらにNHK-FMの人気番組・サウンド・ストリート(教授がDJを担当)のプロデュースを手がけた文筆家・湊剛氏ほか)

また、オーディオ雑誌を多く出版するステレオサウンドらしく、教授が最近導入したというモニタ・スピーカ、「ムジーク・エレクトロニク・ガイザイン(取り扱い・バラッド)」の試聴レビューや、オーディオテクニカのヘッドフォン・イヤフォン・ヘッドフォンアンプによる教授の曲の試聴などハードウェアの紹介も収録。オーディオ系の話題がちゃっかり含まれているあたりは面白い試みといえるだろう。

・・・と、ポジショントークはそれくらいにして。

まったく個人的な感想なのだけれど、執筆陣のなかでも田山氏の文章だけが、不自然に稚拙なのが気になった。坂本氏の本に参加することが出来たうれしさがにじみ出たのか、それとも田山氏自身の最近の文体なのかは不明だが、感覚的な説明ばかりできわめて格調が低い。いわゆる「うんちく」をちりばめ、また関係者からヒアリングしたと思しき情報を含めてなんとかプレミアム感を出そうとしている、その努力は認めるのだけれど・・・。

2012年6月26日

06/26 【読】「動員の革命ーソーシャルメディアは何を変えたのかー(津田大介、中央公論新社)」

「動員の革命ーソーシャルメディアは何を変えたのかー(津田大介、中央公論新社)」

ジャーナリスト・音楽評論家でMIAU(インターネットユーザー協会)理事。著作権ビジネス、メディア論に造詣が深いほか、昨今では司会やコメンテーターとしても活躍する著者が、中東革命・東日本大震災などで活躍したFacebook, Twitterなどソーシャルメディアの本質を考察した書。

チュニジアで起こったジャスミン革命、エジプトのムバラク政権の崩壊、ロンドン郊外に端を発しイギリス全土へと広がった若者たちの暴動、そしてアメリカの"Occupy Wall Street"運動ーーー。現代の社会を運動のほとんどは、ソーシャルメディアを通じて拡大している。地理的な距離や社会的な立場を越え、無関係な人々を網の目のようにつなげるのがソーシャルメディアの役割。だが、ネット上でのバーチャルなつながりを、リアルな行動へとシフトさせるためには「動員」の力が必要となる。ソーシャルメディアを通じ、人々はどうやって「動員」されていったのか、どうしたら「動員」へと結びつけて行くのかを考察するのが本書の主眼。「動員」はなにも革命やデモに限ったことではない。ネットによるビジネス展開、商品の販売やライブ動員、あるいは東日本大震災などで注目された災害支援の輪ーーー。氾濫する情報のなかで、いかに人々を動員(ムーブメント)へに導いていくかは、あらゆるシーンで必要なノウハウといえる。

なお、本書では、ソーシャルメディアの分析にとどまらず、実例をあげてのソーシャルメディアの活用法、ソーシャルメディアの将来展開についても論じている。これからソーシャルメディアを使ってなにかをやらかしたい人には絶好のマニュアルとなっているあたり、一粒で二度も三度も美味しい。胡散臭いコンサルタントの意見や、クソ高いセミナーに参加せずともしっかりとその要点が把握できることから、実用書としての価値も高い。各章に挟み込まれた対話編、モーリー・ロバートソン氏、宇川直宏氏(Dommune)、家入一真氏らとの対談も興味深い。この内容で760円は破格にすぎる。

ちなみに、巻末にはいとうせいこう氏、中沢新一氏との特別鼎談が収録されている。自由民権運動の際のオッペケペー節、山口県上関町祝島の上関原発反対デモを挙げ、動員ーーー特にデモに関して民俗学からの再解釈を試みる。実践的かつリアリスティックな内容だった本論に対し、こちらはすこしロマンチック、思考を自由に漂わせてのフリーディスカッションとなっている。斬新な発見や、切っ先鋭い指摘はなく、すこし物足りなく感じた。

06/26 【読】「ハーモニー(伊藤計劃、早川文庫JA)」

「ハーモニー(伊藤計劃、早川文庫JA)」

2007年に長編SF「虐殺器官」でデビュー。「ベストSF2007」「ゼロ年代ベストSF」一位を受賞しベストセラー作家となるも、2009年に34歳で夭折した著者が、病床で執筆したという最終長編が本作となる。第30回日本SF大賞受賞、ベストSF2009第1位、第40回星雲賞日本長編部門受賞、フィリップ・K・ディック賞特別賞受賞という輝かしい賞歴とともに、作者を「ゼロ年代最高の作家」と評価せしめた作品。

21世紀後半、英語圏を中心にして発生した大暴動と、それに引き続いて起こった核テロによって、世界は完膚なきまでに破壊・汚染された地球が舞台。人類は、汚染が人体にもたらす影響を最小限に食い止めるとともに、ウィルスや細菌から徹底的に人体を防護するナノ医療システム"WatchMe"を中心に、大規模な福利厚生社会を作り上げていた。人体と精神に対する徹底的なケア・プログラムによって見せかけの優しさに包まれた世界に倦み疲れた2人の少女・トァンとキアンは、天才的な知能を誇る少女ミァハとともに不食や違法薬物による健康への反抗を試みていたーーー。テクノロジーによって生み出されたユートピアで苦闘する少女たちを描いたディストピアSF。

病床にあって、こと生命と健康に対する関心を高めていた著者が、現代の医療のはるか延長線上にある世界を幻視した作品、というのがまず本作の「最初の」立ち位置。もっとも本作では、究極的な医療の発展をかならずしも良しとはしていない。(自らを蝕む)病魔がいとも簡単に駆逐される(著者にとっての)理想社会を、自らの意思ですらも自らの命を絶つことができない、絶望社会と見なすことは、著者に「未来だったら自分はきっと助かる」という逃げ道を与えないのだ。一つの世界に同時存在する理想と絶望は、その世界が苦痛と諦念渦巻く現実と同質であることを著者にあらためて示すこととなる。多くの人が気にする「健康」に対する痛烈な皮肉、それも自らの命をも俎に乗せた、健康社会への強烈な一撃を与えた作品、というのが本作の「第二の」立ち位置といえそうだ。

健康なんてものは、病気との対比から初めて意識できる状態なのだ。病気のない世界で、だれが健康をありがたいと思えるだろうか?熱が下がって、咳が治まって、あるいは歩けるようになって初めて感じる「普通」であることへの喜びこそが健康の本質ーーーだとするならば、本作で描かれる未来社会をなんと形容すればよいのだろうか?

2012年6月25日

06/24 第29回富里スイカロードレース

毎年この時期に千葉県富里市で開催される題記の大会に、妻と一緒に参加してまいりました。

種目は5km(3200名)、10km(9300名)、3km(小中学生500名)の3種目。距離は短いですが、途中に給水所ならぬ「給スイカ所」があったり、来場した人全てが自由にスイカを食べられたりと、富里名物のスイカを存分に食べられる人気の大会です。参加希望者があまりに多いことから、今年度から抽選制を導入。亭主と妻は一次抽選にはずれたものの、幸運にも二次抽選(おそらくキャンセル者がでたものと思います)に当選、参加のはこびとなりました。

今回はスイカを存分に食べるため5kmのランにエントリ。

当日は(ベネズエラ出張明けということで)非常に疲れていた上、会場近隣に駐車場を確保するため2:00に起床、1週間の出張で満足に練習もできず、前日まで肉やら脂っぽい食い物ばかりを摂っていて体重激増という最悪のコンディションでしたが、沿道の声援を受け楽しく走ることができました。給スイカ所や会場のスイカコーナーでは、おなかを壊すほどにたくさんのスイカを食べまして、案の定おなかを壊しましたが(笑)富里のスイカを存分に楽しんできました。

そうそう、スタート地点にはソフトバンクのカイ君(犬)が居まして、ランナーを見守っていてくれました。妻はわざわざランの途中でカイ君のところに行き、手を出したところ舐めてもらったらしいです。うらやましい。

ちなみに、今年のスイカは大変甘く出来自体はよかったようですが、異常気象のためか収穫量はイマヒトツだったのだそうです。

貴重なスイカをたくさん提供いただいたスイカ農家の方、沿道で応援していただいた皆さん、そして様々な衣装で大会を盛り上げてくれたランナーのみなさん、そして大会を運営していただいたみなさん、

今回も楽しく走ることができました。本当にありがとうございましたヽ(´ω`)ノ

会場での写真はまたのちほど。

2012年6月13日

06/13 【聴】 Electric Carnaval 1982 / Logic System, bridge(EGDS-50)

IMAGE
シンセサイザー奏者・松武秀樹氏のソロ・プロジェクト、ロジック・システムのライブ・アルバム。1982年10月30日に青山学院記念館にて実施したライブの状況を誰だかがカセットにて録音したものだそう。ライブ・メンバーとして清水信之、大村健二、そしてゲストとしてトノヴァンこと加藤和彦が参加している。

基本的には清水信之作曲によるロジック・システムのアルバム曲を中心に構成するが、カヴァー曲も多く聴き所は意外と多い。筒見京平の「哀愁のオリエント急行」、クリームの"Sunchine Of Your Love - Armistice"、Roger Powellの"Prophet"、そしてFozerの「霧のカレリア」(トノヴァン参加)と現在も時々聴かれる曲。当時は相当に人気の曲だったのだろう、聴衆の反応も良く、大いに盛り上がっている。アレンジは(ライブ中松武氏は「テクノ」と呼んでいるものの)いわゆる「シンセサイザー音楽」であり、シンセによるオーケストレーション(というコンセプト)に時代を感じさせる。良いものは時代を経てもなお、良い。

アルバムには松武氏によるMCも収録されている。時代を感じつつ、和やかに聴くのがよろしいかと。

06/13 【聴】 WKND / Ferry Corsten, Flashover(CD 02)

IMAGE
System Fとしての活動がことに有名。ロッテルダム出身、ユーロトランス(特にダッチ・トランス)のオリジネーターとして君臨するDJ、フェリー・コーステンの最新アルバム。Ellie Lawson, Ben Hague, Betsie Larkin, Aruna, Sarah Bettens, Duane Harden, JEN, Pierre In the Air, Amba Sheperd・・・バラエティ豊かなヴォーカリストを起用したほか、盟友Armin Van Buurenとの共作を含む全14曲。

さすが大御所―――とでも言うべき、磐石な作りのユーロ・トランス。豪奢かつ壮大なアレンジと、ユーロ・トランスならではのカツカツと刻む4ビートが心強い。亭主自身は2000年前後にオランダに出張したのだが、出張の少し前にレイヴイベントが開催されたということで、滞在中はずっとユーロ・トランスの強烈な洗礼を受けていた。本アルバム"WKND"にはかつてのユーロ・トランスの強烈なパワーとヨーロッパ独自の美意識、それぞれが内在する。かつてこのジャンルから受けていた圧倒的なカタルシスの一端が感じられ、亭主としてかなりうれしかった。

2012年6月12日

06/07 【食】 肉玉そば「おとど」(千葉県松戸市)

20120607otodo.jpg
千葉県松戸市。北松戸駅前(南口)にあるラーメン専門店。店の名前は漢字で「雲」3つ、「龍」3つという最大画数を有するが、特になんということもない。ちなみにこの店、つくばは天久保にも店舗がある。キャッチフレーズは「日本一ごはんが進むラーメン」。今回は基本の「肉玉ソバ」を食べている。にんにくトッピングはなし、ご飯が無料で食べられるとのことだが、カロリーを気にしているお年頃の亭主、今回は注文を見送った。

中太のがっつりした麺と濃厚なスープ、そしてこれでもかとトッピングされた牛焼肉と黄身がこのラーメンの特徴。スープは醤油味とも味噌味ともつかない「すき焼きの割り下」のような濃さ、牛焼肉や黄身とあいまって、まるですき焼きを食べているような気にさせてくれる。麺がスープの濃厚さをしっかりと受け止めていて、全体として「重量級ながらもなんとか麺・スープが拮抗」している。とにかく胃に堪える。こってりさ加減はすき焼きの比ではないため、胃が健康なときに食べてもかなり負担になるラーメンかと思われる。

実は亭主、その前の数日間は広島に出張しており、飛行機で移動するやら、深夜に宿にチェックイン/早朝にチェックアウトするやら、松戸には連日往復するやらでかなりお疲れだった。スタミナをつけるべくこの店に入ったつもりだったのだが、スタミナをつけるところか胃が盛大にもたれてしまい、返り討ちにあってしまった。健康なときに食べればそれなりに美味しいラーメンだと思われるのだが・・・残念。

ひたすらにカロリーたっぷりの濃い味なので、胃が健康な人、痩せ気味の人、常にカロリーの足りない若い人にオススメかと。

2012年6月10日

06/10 【読】「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのかー仏教宗派の謎ー (島田裕巳、幻冬舎新書)」

「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのかー仏教宗派の謎(島田裕巳、幻冬舎新書)」

宗教学者で文筆家。日本女子大学教授などをつとめ、「日本の10大新宗教」「葬式は、要らない」などの著作でも知られる島田氏が、仏教伝来から現在まで連綿と続く日本仏教の歴史を俯瞰した書。2012年2月刊行。

序章によれば、日本の仏教伝来は538年に遡るという(これまで552年という説が唱えられてきたが、現在はこちらの説が有力になっているとのこと)。崇峻天皇が飛鳥に都を定めた592年以降、聖徳太子による法隆寺の創建などを経て国内に仏教が浸透して行くが、宗派が形成された時期は奈良時代にまで下る。当時「南都六宗」と呼ばれた法相宗、倶舎宗、華厳宗、律宗、三論宗および成実宗は宗派というよりもむしろ「学派」であり、僧侶は中国から伝来した最新の学問をそれぞれの宗派で学んでいたのだそうだ。その後に三論宗から真言宗(宗祖を空海とする)が派生、また空海とともに唐へと渡った最澄が天台宗を開くことで日本の仏教は中国とはまた異なる体型へと展開して行く。本書では、南都六宗に加え古代から現代までに成立した主要な宗派、すなわち真言宗、真言律宗(真言宗と律宗から派生)、聖徳宗(法相宗より派生)、天台宗、浄土宗、浄土真宗、融通念仏宗、時宗、曹洞宗、臨済宗、黄檗宗、日蓮宗、日蓮正宗(以上天台宗より派生)について、宗祖と成立の経緯、宗派の特徴、主な僧侶、そして現在に至る経緯を細かく記載している。特に天台宗に関しては、その後の派生宗派が多いことから、各宗派にまたがっての人間関係が詳細に記されていて、極めてわかりやすい。中学高校の日本史で習う仏教史とは比較にならないほどの情報量、しかしその情報のどれもが生々しく、人間味をもって伝わってくる。宗教方面にも少なからず興味のある亭主、最後まで楽しく読むことができた。

で、浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか。

本書では、その答えを明示していない。というよりも、その答えを結論に据えていない。様々な宗派の歴史や特徴を知るうちに、答えはまるで「図と地の効果」のように、絵の背後にじわりと浮き上がってくる。答えは読んでのお楽しみ。

なかなか巧みなタイトルと最初は思ったのだが、書店で目を惹く為の手妻とも考えられる。メタなタイトルと感心するか、「釣り」と思うか。個人的にはどちらでもよいのだけれどーーー。

2012年6月 9日

06/09 【聴】 Total / tha Blue Herb, tha Blue Herb Recordings(TBHR-CD-020)

IMAGE
DJ O.N.O, Ill-Bosstino, DJ Dyeの3人からなるヒップホップ・ユニット、tha Blue Herbの最新4thアルバム。5年ぶりとなるフル・アルバムは、Bossによるメッセージ性の強いリリックと、O.N.Oの美麗なトラックとが交錯するかなりの大作。全13曲。

東京中心主義への批判、北海道への限りない愛着、世界に対する挑発、そして自尊心―――。かつてはBossによる攻撃的なリリックばかりが注目されてきたthe Blue Herbだが、本作のリリックはそんな攻撃性をある種の「力の循環」に昇華している。5年(シングル・ソロあるいは他コンピレーションへの曲提供を含めると2年)の間に何があったのかはいちリスナーの亭主にはわかるはずもない。ただ、彼らを含む様々な状況は、彼らにある種の変革をもたらしたことは確かだ。かつて内側から外側へ、自身から他者へと投射されていた様々なメッセージ(たとえば批判・挑発・自己主張)は、他者へのリスペクトや感謝に満ち溢れている。逼塞した世界を打ち破るのではなく、自身とともに世界そのものを動かし、回すことで世界と時代に新たな変革を呼び起こそうとしているかのようだ。そんなBossの言葉を後押しするO.N.Oのトラックは、ときにメロウ、ときに豪奢と変幻自在。アルバムを重ねるごとにそのバリエーションを増している。

ヒップポップの枠を遥かに超えた意欲作。オススメ。(2012.05.29)

2012年6月 7日

06/07 【聴】 「スティーブ・ジョブズ I, II(Walster Isaacson著, 井口耕二訳)」

「スティーブ・ジョブズ I, II(Walster Isaacson著, 井口耕二訳)」

スティーヴ・ウォズニアックとともにAppleを創業。Apple ][, Macintosh, iPod, iPhoneなど数々のヒット商品を生み出すとともに、フルCGによるアニメ映画の成功、iTunesによる音楽配信ビジネスの普及などにより常に世界を変革し続けたカリスマ、スティーヴ・ジョブズの伝記。言うまでもないことだがジョブズは2011年10月にガンにより亡くなっている。本書はジョブズが生前に著者であるウォルター・アイザックソンに伝記の執筆を依頼していたものだそう。アイザックソンはベンジャミン・フランクリン、アルバート・アインシュタインら著名人の伝記を多く手がける伝記作家である。これまた言うまでもないことだが、本書はジョブズ逝去にともない全世界で多言語翻訳・発売され、日本でもベストセラーとなった。

ジョブズの生い立ちから始まる本書、親友スティーヴ・ウォズニアックとの出会い、ドラッグと放浪に明け暮れたヒッピー時代を経てのアップル創業から、逝去に至るまでの彼の全人生が記されている。関係者への広範囲かつ綿密なインタビューと、当時の文化・経済状況をこと細かく記した内容は、カリスマと呼ばれたジョブズをあらゆる側面から見るとともに、その内面を描くことに成功している。ワガママで辛らつ、暴君と呼ばれた経営者は、一方で未来を幻視し、その強靭な精神力によって様々な不可能を可能へと変える変革者だった。批判と賞賛のなか、ただひたすらに自分を貫いたジョブズの生き方に感銘を受ける人は多いかもしれない。しかし、その生き方は決してほかの人がやすやすと真似のできるものではない。いや、簡単に人を傷つけ、悲しませてもなお前に突き進もうとするジョブズの生き方を真似してはいけない。天才とは、カリスマとはこういうものなのだと、まずは感嘆するくらいが、本書からの正しい影響の受け方、といえるだろう。

それにしても、ジョブズの功績、30年にわたる彼の業績には目を見張るものがある。

  • Apple ][ : 世界初となる家庭向けパーソナルコンピュータ
  • Macintosh : GUI普及/DTP普及のきっかけとなったパーソナルコンピュータ
  • Pixar : 世界初となるフルCG映画を製作
  • アップルストア : ブランディングストアのさきがけ
  • iPod : デジタルオーディオを爆発的に普及させた
  • iTunes : パッケージメディアからファイルへ、音楽市場を変革した
  • iPhone : 携帯電話とウェブ、音楽、写真などを統合しスマートフォンのさきがけとなった
  • iPad : 出版業界を変革した

そして

Apple : 世界一の価値をもつ会社としてジョブズが作り上げた最高・最大の作品。

これら様々なアイテムがジョブズの悪態とともに生まれてくる、そのさまを(ある種動物園の動物たちを見るかのように)興味深くかつ遠巻きに眺めるのが本書。 いうまでもなく、遠巻きに眺めるくらいが一番楽しいものだ。 (2012.06.07)

2012年6月 6日

06/05 【食】ゆうゆう(スペシャル、広島県広島市)

20120605yuuyuu.jpg
画質悪くてスミマセン。先のエントリと同じく広島駅南口、駅を降りて右方向へ。ガード下を思わせるこじんまりとしたお好み焼きの店。

亭主自身広島には入社当時に良く出張で出かけていたが、10年以上間が開いているため昨今のお好み焼き事情は、よくわからない。今回は言われるがままお店のオススメというスペシャルを注文した。

広島風ということでヤキソバの麺をふんだんに使用。おたふくソースとネギ、それにエビをたっぷり散らしている。食べてみるとずいぶんとあっさりしていて、お好み焼きという感じが全然しない。油とソースを使わず、ただ温めただけのヤキソバを薄焼き卵ではさんで具を乗せているという感じ。ソースも最小限で、ソースの味も、またソバの個性も感じられなかった。テーブルにはオタフクソースの瓶があったので、食べたところでガ―――――ッとソースをかけて、ジャンクフード風にしてしまっても良かったかもしれない。亭主の記憶・想像にあるお好み焼きから程遠く、とても上品な味だったのは驚きだった。

06/04 【食】二代目もんごい(もんごい、広島県広島市)

20120605mongoi.jpg
広島県広島市。広島駅南口近くにあるラーメン店。
ガード下を思わせる狭い店内には、カウンターと厨房のみ。店の前にテーブルとイスが置いてあり、複数人で来た際にはここで食べることになる。もんごいとは変わった名前、出張で深夜遅くに広島駅に到着し疲労困憊だった亭主、いちもにも無くここに入り、店の名前「もんごい」を冠したラーメンを食べた。

店内の口上、他のサイトの情報などから、えび油を作る途中にこの味が作り出されたのだそうだ。干しえびや甘エビをつかったスープは、エビの香り・味はあまり感じられず、むしろ魚コク系のがっつり濃厚な舌触り、ノド越しが楽しめる。カツオ節系スープにありがちなクドさ、むやみやたらな塩味がないのが好印象。麺は素直なストレート麺で、表面つるつる。スープはあまり絡まないがそれだけに麺の味が引き立つ。これはうまい。

いわゆる「魚コク系」と安易にカテゴリわけしてしまうのがもったいないほどの力強いスープ、分量少なめだがちょっと食べるには良いかもしれない。

06/06 【聴】 re-platform / Yoshihiro Hanno, cirque(CQCD-012)

IMAGE
テクノ/エレクトロニカ/実験音楽系アーティストでop.disc主宰の半野喜弘が2000年にリリースしたサウンドトラック"platform"の2枚組リミックス。ゲスト・リミキサーとしてSogar, Stephan Mathieu, Terre Thaemlitz, 青木タカマサ, Superdriveらが参加している。

パチパチとしたノイズと、静謐なアンビエントとを組み合わせた実験系エレクトロニカ。手法としてはオーソドックスな部類に入る。明確なメロディを持たず、即興演奏のように漠然と、また雰囲気に任せて綴られていく音楽には郷愁すら感じられる。disc1 2ともに30分という長さの大作がある一方で、カットアップの手法を駆使した20-30秒の小品、10分前後のエレクトロニカが収録されている。特に大作は時間だけでなく空間についても贅沢に使っていて、聞き手はゆったりとした気分のなかで音楽を存分に楽しむことができる。面白い。

長時間のアンビエント作品、というとAtom TMあたりのアンビエント(アルバムに一曲、二曲の曲しか入っていない)を思いださせるが、あちらは「聴くぞー」とモチベーションを高めなくてはいけない。翻ってこちらは、ごく普通にアルバムを楽しむ感覚で聴ける。なんだろうこの気軽さは。 (2012.05.29)

06/06 【聴】 #1 plays japanese club classics / Version City Session, Pool(POOL-0009)

IMAGE
名古屋発、鈴木一彰(プロデュース、DJ)、沼田ヨシタカ(DJ)、山下佳孝(Dr)の3人からなるジャズ・ユニット、Version City Sessionsのデビュー・アルバム。日本クラブ・シーンのクラシック・ナンバーをジャズ・アレンジしたものが本作となる。Jazztronikの"Samurai", Tei Towaの"Technova", DJ Krushの"Kemuri", 坂本龍一の"Riot in Lagos", Mondo Grosso+BOAの"Everything Needs Love", birdの"Game", T.P.O.の"Hiroshi's Dub"の7曲を収録。ゲスト・ミュージシャンとして渡辺ショータ(Pf)、大久保健一(Bs)、碓井雅史(T-Sax, Flute)が参加している。

メイン・メンバーの沼田がドラムを叩くほかはゲストによる演奏だったり、アレンジが吉沢はじめやSleep Walkerなどのテイストだったりと、クラブ・ジャズに近しいトラックが並んでいる。適度なスウィング感とシンプルな編成、端正なアレンジが品のよさを感じさせる。調性を原曲からあえてずらしていたり、メロディを変えていたりと随所に工夫が施されていて、いわゆる「原曲派」の皆さんがどう思われるかは微妙なところ。亭主自身原曲派ではないものの、Technovaの印象的なヴォーカルが舌足らずなサックス・アレンジへと変化していたのには少し戸惑った。聴くうちに戸惑いは薄れ、これもまた一つのヴァージョンと聴けるようにはなったのだが―――。音楽に対する「気持ちよさのツボ」はひとそれぞれ、彼らのアレンジがそのツボを押したか否かもまたひとによる。個人的にはもう少しハード・バップ的な黒さがあってもよいなとは思ったりもして。

もちろん、クラブ・ジャズの気持ち良い部分、勘所はしっかりと押さえてある。通好みの抑制されたメロディ、ボサノバやヒップホップを品よく仕上げるテクニックは手練れの仕事で、クラブ・ジャズファンには文句なく楽しめるアルバムかと。もっとも、ジャズファンには少し綺麗に聞こえ過ぎるかもしれない。(2012.05.29) 

2012年6月 2日

06/02 【聴】 Shameful / 電気グルーヴ, Ki/oon SONY(KSCL-2003)

IMAGE
石野卓球とピエール瀧によるエレクトロ・ポップユニット、電気グルーヴの最新シングル。2年半ぶりとなる本作は、LOTTEのガム"Zeus"CF曲とのこと。なおPVはニコニコ動画、Youtubeなどにアップされているのでこちらも参照されたい。

このごろの電気の作風である、ハードなエレクトロを基調としたテクノ・ポップ。"Shameful", "Shame"及びそれぞれのインストバージョンを含む4曲が収録されているが、基本的にはいずれの曲もアルバム"J-Pop", "Yellow"と同じ。いわゆるネタ控えめ、シリアスかつダーク、少しイっちゃってる歌詞(というかライム)を特徴とする。くちずさめるものの、それ自体にメッセージ性は一切無く、むしろトラックの一部分にあって変則的なビートを刻んでいる、という感じか。ダンス・ミュージックに、J-Popのテイストを消極的に組み込んでいるように聞こえるのは、当方だけだろうか。Ki/oon SONYというメジャー・レーベルで活動する上での枠組みでもあるのだろうか。

いずれにせよ久々の電気の新作にワクワクさせられた。これはアルバムが楽しみだ。(2012.05.29) 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。