« 07/08 【聴】 ワイルドで行こう / 小林克也&ザ・ナンバーワンバンド,CROWN(CRCP-165) | ホーム | 07/14 【聴】 Los Miticos Del Ritmo / Los Miticos Del Ritmo(Quantic) ,Sound Way(SNDWCD036) »

2012年7月 9日

07/09 【読】 「いま集合的無意識を、(神林長平、早川文庫)」

「いま集合的無意識を、(神林長平、早川文庫)」

「戦闘妖精雪風」「敵は海賊シリーズ」がことに有名。日本を代表するハードSF作家として活躍する神林長平の最新短編集。2012年3月刊。1996年から2011年までの短編6篇を収録している。

ところで(といきなり本題から外れるかもしれないが)神林長平、1953年生まれと還暦を間近に控えている。いつの間にそんな歳に・・・と正直驚いている。 ベテランを経て、すっかり「御大」となってしまった神林氏の、文庫本収録作品及び各作品の説明は以下。

・「ぼくの、マシン」
2002年刊行の「戦闘妖精・雪風解析マニュアル」所収。地球人類と異星の機械知性?ジャムとの終わりなき戦い、「敵の情報を収集し、かならず帰還する」ことを任務とする特殊部隊を描いた人気シリーズより、主人公である戦闘機パイロット・深井零の幼少時代を描いた外伝的作品。2002年という時代にあって、現在当たり前となっているクラウド・コンピューティングを見事に予見している点が特筆。

・「切り落とし」
1996年、小説工房増刊号所収。マンションの一室で発見された奇妙な他殺体。ばらばらに切り落とされた人体は、首、胴体、腕、足の各パーツがそれぞれの場所に奇妙な形で置かれていた。死体に隠された真犯人の真の意図とは。ミステリ小説ばりのオープニングと、サイバー世界の中で展開される警察と探偵との推理戦が楽しめる。収録作品の中ではもっとも古い作品、サイバー空間を意識すらも共有される世界として解釈するあたりは、士郎正宗の世界観と共通する。

・「ウィスカー」
2000年、SF Japan所収。子供の誰もが精神感応力を持つ世界。主人公である少年・直見は、母親の化粧台から不思議な物体を見つける。ケセランパサランに似たふわふわの物体。直見はこの物体を「ウィスカー」と呼んで育てることにする。「七胴落とし」「言葉使い師」など神林初期作品を思わせる世界観と、神林得意の「猫」描写が楽しい猫SF。

・「自・我・像」
2007年、SF Japan所収。計算機空間に構築された仮想人格「ドゥウェル氏」と、彼にアクセスを試みる人間たちとの対話編。「切り落とし」と同様サイバー空間内で次々と人格が入れ替わるトリッキーな構成が面白い。

・「かくも無数の悲鳴」
2010年、Nova2所収。地球が異星人によって占拠された遠い未来。数少ない人類の一人であり、宇宙的なお尋ね者となった主人公は、久しぶりに戻った地球の酒場で、ある「賭け」の駒となってしまう。彼にゆだねられてしまった地球人類の運命、異星人との戦いのなか、彼がとった選択とは―――なんとなく「コブラ」を想像してしまう(実際は全く違うのだけれど)ハードボイルドSF。酒場にたむろする異星人の描写は、スター・ウォーズの酒場を思わせる。

・「いま集合的無意識を、」
SFマガジン2011年8月号収録。「虐殺器官」「ハーモニー」などのSF作品を残して2011年3月に夭折した伊藤計劃を追悼した表題作。Twitter(作中では《つぶやき》と呼ばれる)の神林氏のタイムラインに突如出現した一連のフレーズは、3月に亡くなったはずの伊藤からのメッセージだった。3.11によって変貌した現実(伊藤は3.11を体験することなく亡くなっている)を介して伊藤計劃の最終長編「ハーモニー」が示した作品世界を批評する。

短編、という分量が災いしてか、充分に物語が収束する前に(読者が存分に世界を楽しむ前に)終了してしまう、という場合が散見され、作品世界にどっぷりと浸りたい神林ファンには少し物足りない分量・構成。もっとも、神林作品に共通する特徴のひとつである、「作品世界はかならず氏自らが構築し、他の作品世界を引用しない」点は本作も健在であり、長編を望むファンには(幾分)溜飲の下がる内容かと。近年の作風である「現実と仮想の混濁」は本作でも健在。長編にはない展開の速さを楽しみたい。 (2012.07.09) 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://domuya.music.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2731

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、かたぎりが2012年7月 9日 22:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「07/08 【聴】 ワイルドで行こう / 小林克也&ザ・ナンバーワンバンド,CROWN(CRCP-165)」です。

次のブログ記事は「07/14 【聴】 Los Miticos Del Ritmo / Los Miticos Del Ritmo(Quantic) ,Sound Way(SNDWCD036)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。