2012年8月アーカイブ

2012年8月29日

08/29 【聴】 ぱみゅぱみゅレボリューション / きゃりーぱみゅぱみゅ, Warner(WPCL-11079)

IMAGE
若い女性たちに圧倒的な支持を得るカリスマモデル・きゃりーぱみゅぱみゅのデビュー・アルバム。おなじみ中田ヤスタカ(Capsule)がプロデュースを担当している。そのはじけまくった歌詞がネットユーザーに受けまくった"PONPONPON"、シングルカットされた「つけまつける」ほか全12曲。

中田ヤスタカによる正統派シンセ・ポップのサウンド、きゃりーの愛らしい声、そしていまどきの女の子「っぽい」歌詞が見事に融合した作品。実際には(PerfumeやCapsuleなどと同じく)作詞・作曲ともに中田が担当していて、その作風の「っぽさ」は中田による戦略の一つなのだが、そこを感じさせないあたりがミソなのだろう。もちろんきゃりーの実力も忘れてはいけない。安定した声質と声量、広い音域、そして個性的な歌い口は「歌手が本業」といってもよいくらいの完成度。当初「イロモノ」かと思っていた亭主、いや実際イロモノではあるし、本アルバムにしても企画ものとして終わってしまいそうな気もするのだが・・・なぜかアルバムを聴いた後もメロディをくちずさんでしまうほどにハマっていたりもする。

ちなみに本アルバム、夏休み中は「子供さん向け企画」として2000円で販売しているのだそうだ。子供さんはもちろん、大人さんも2000円で買えるのでぜひ買って聴いてみていただきたいところ。

2012年8月25日

08/25 【読】 「心に訊く音楽、心に効く音楽(高橋幸宏、PHP新書)」

「心に訊く音楽、心に効く音楽(高橋幸宏、PHP新書)」

近年はHASYMO、Pupa、The Beatniksなどで活動。今年還暦を迎えた高橋幸宏さんが、還暦記念に著した「私的ディスクガイド兼半生記」。幼少期の音楽体験から、ドラマーとしての音楽界入り、ミカバンドやYMOへの参加、ソロ活動、そしてHASYMOなど現在のプロジェクトに至るまでのエピソードを、音楽とともに綴った書。

第1章は、ユキヒロさんと音楽との出会いに関する。ビートルズ、ベンチャーズ、シュープリームス、そしてアル・ジャクソン・・・彼がその後の音楽活動に大きな影響を受けたアーティストが次々と登場する。特筆すべきはユキヒロさんがドラマーとなったきっかけがベンチャーズであったこと、当時の若者がビートルズに熱狂したように、ユキヒロさんもまたビートルズに衝撃を受けたという点だろう。ビートルズはその後もカヴァー作品を多く手がけているほか、ポール・マッカートニーとは録音スタジオが隣だったこともあるそうで、その後のユキヒロさんの人生(と本書)に度々登場する重要アーティストの一つだったりする。

第2章は、プロ・ミュージシャンとして音楽界入りし、細野さん、高中正義、トノバン(加藤和彦)、坂本さんらと出会った話。

第3章は、ユキヒロさんが手がけた曲の話。中国女、ライディーン、キューといった他の文献にも登場する曲成立のエピソードがユキヒロさん視点で語られている点が興味深い。

第4章は、映画音楽やボサノヴァ、あるいは同時代の楽しむにアーティストの話。

第5章は、ふたたびユキヒロさんが手がけた曲の話だが、特に「歌詞」を作ることの難しさが語られる。

第6章は、最近の活動。Sketch Show, HASYMO, The Beatniks, pupa, ワールド・ハピネスなど様々なプロジェクトからユキヒロさんの今が明らかとなる。

いずれの章にも、オススメのアルバム、曲の紹介があって、その多くが現在も入手可能(再販含む)というのが嬉しい。ユキヒロさんのファンならばユキヒロさんの音楽体験をたどるもよし、コアな音楽ファンならばユキヒロさんのレビューを参考に今一度手持ちの音楽を楽しむも良い。優しく語り口は、読みやすいこともさることながら、読み手を暖かく包み込み、癒してくれる。亭主自身、本書に語られている音楽の多くをiPod classicにいれていたため、音楽を聞きながら、本を読みながら楽しむことができた。

そういえばユキヒロさんが自分で語るというシーンは(細野さんや教授にくらべ)圧倒的に少ない(自分語りをしないことが一番の理由なのだろう)。滅多にない機会と思いつつ、その語り口に惹かれあっという間に読み終えてしまった。

それにしてもこの頃の世代のひとはみんなビートルズに夢中だったのですね。

我々の世代がYMOに夢中だったように。

08/25 【読】 これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学(マイケル・サンデル、早川文庫)

「これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学(マイケル・サンデル、早川文庫)」

ハーバード大学教授で政治哲学者。1980年代のリベラル-コミュタリアン論争以来、コミュタリアニズムの代表的論者として活躍する氏が、ハーバードで開講している人気哲学講義"Justice"での内容をまとめたもの。早川版は2010年5月刊行。なおNHK教育(Eテレ)においても「ハーバード白熱教室」と題して放送された。本書は早川版を文庫化したもので2011年11月に刊行されている。

本書の目的は、ずばり「正義」とはなにか、なにが「正しく」なにが正しくないかを様々な事例や先人の知恵をもって探求していくことだ。教授は、本書の中で読者たちに様々な事例(というかジレンマ)を紹介することで、読者がこれまで人生の中で体験し、醸成してきた「正義」の認識を激しく揺さぶる。たとえばこんな事例。

「あなたは路面電車の運転士で、時速60マイル(約96キロメートル)で疾走する。前方をみると、五人の作業員が工具を手に線路上に立っている。電車を止めようとするのだが、できない。ブレーキがきかないのだ。頭が真っ白になる。五人の作業員をはねれば、全員が死ぬとわかっているからだ。ふと、右側へとそれる待避線が目に入る。そこにも作業員がいる。だが、一人だけだ。路面電車を待避線に向ければ、一人の作業員は死ぬが、五人は助けられることに気付く。」

「どうすべきだろうか?」

ここで読者たちは視線を本からはずし、自身の頭の中にその情景を浮かべてみる。そして自分ならば五人を生かすか、それとも一人を生かすか、その理由はなにかと考える。人間の命がそれぞれに重いことは重々承知している。人を殺すのは、それが何人であっても良いはずはない。ならば自分はどちらを選択するだろうか。五人を殺すか、それとも一人を殺すか―――。

荒唐無稽というか残酷というか、こんなシチュエーションはありえないだろうと怒りだす人もいるかもしれない。だが、現実は、空想の世界よりもずっと深刻で、残酷だ。暴走列車の例はともかく、本書にはそういったジレンマ、残酷で悲劇的な事例が数多く登場する。

本書において、教授は「正義」へいたる道筋として、二つの現代思想を例に挙げる。ひとつはジェレミー・ベンサムが提案する「功利主義」。「道徳の至高の原理は幸福、すなわち苦痛に対する快楽の全体的な割合を最大化する」という考え方だ。全ての行動は「効用」の多寡で評価される。多くの人々が幸福になるよう行動することが、正義へといたる道筋だというのがベンサムの主張だ。もうひとつは「自由至上主義」。「どの人間も自由への基本的権利――他人が同じことをする権利を尊重するかぎり、自らが所有するものをつかって、自らが望むいかなることをも行うことが許される権利を有する」という考え方が。人間の自由を束縛すること、それ自体が幸福を阻害するものであり、束縛をなくすことが、正義へといたる道筋だとする。サンデル教授は、この二つの思想に対して反証を掲げ、徹底して反論していく。マイケル・ジョーダンやビルゲイツの資産(お金)は社会へと還元されるべきか、徴兵制と傭兵はどちらが正義なのか、妊娠中絶や同性婚を肯定するか、否定するか―――。様々な事例からサンデル教授が何を導きだすのかは本書を読んでのお楽しみ。

全体的にボリュームが多く、また考えさせる部分も多いため、さらりと読むには厳しい内容かもしれないが、本書が読者に対して多くの気付きを与えてくれることは間違いない。「正義」―――あるいは正義からつらなる「幸福」について考える上での指針は、実は私たちの中に常にある。そこへといたる道筋は、カント、アリストテレスにまで遡る、哲学の時間旅行でもある。

2012年8月19日

08/19 【聴】 The Lost Tape / CAN, Spoon(CDSPOON55)

IMAGE
イルミン・シュミット、ヤキ・リーベツァイト、ホルガー・シューカイ、ミハエル・カローリの4人のドイツ人と、アメリカ人デヴィッド・ジョンソン等からなるロックバンド、CANの未発表音源集。ディスク3枚組、オープンリール向けテープのケースを模した大きな箱に、これまた大きな解説書が同梱されている。2012年6月発表。全31曲。

ジャーマンロックのバンドとしてデビューしたCAN。だが、その作風はロックの範疇をはるかに越え、結果として多くのアーティストに影響を与えている。ロックはもちろん、パンク、ニューウェーヴ、サイケデリック、実験音楽、エレクトロニカなど多くのジャンルを横断した彼らの活動の軌跡はそれぞれのアルバムにまとめられ、現在もリマスター盤として再発されている。本作はそのようなアルバムから漏れた、まさに「忘れられたトラック」の集大成。倉庫の中の膨大なテープの中から発掘されたトラックを、3枚のCDに詰め込んでいる。スタジオセッション録音、未発表の映画音楽、あるいはライブ音源など、実験音楽あり、正統派ジャーマンロックあり、あるいはかなりポップスに振れた曲ありと非常にバラエティ豊かな構成。世間一般に「未発表音源集」と呼ばれて未完成のトラックが雑多に収録されているものとは、かなり趣が異なる。平たくいえば、このアルバムに収録された31曲もまた単独のアルバム(あるいはライブアルバムから)として成立しうる。

なお、これら音源は2008年にHildegardさんという女性がスタジオのアーカイヴから見つけてきたものだそうだ。50時間にもおよぶテープの束から取り出されたセレクトされたトラックは、いずれもしっかりとした個性と方向性を持って聞き手へと迫ってくる。ジャーマンロックが好きな人、CANが好きな人は迷わず買いが正解だろう。 ちなみにテープのケースの箱は、かなりじゃまくさい。ブックレットも相当に大きい。パッケージに凝るのは良いが、ここまでやらなくても・・・と思ったりもする。少々じゃまくさい。 

08/19 【聴】 "SEIZA" / Smoked Salmon Railway Machine, GardenRecords|Avex(XNHL-18001)

IMAGE
 GONTITIのゴンザレス三上と、パーカッショニストの辻コースケによるアコースティック・ユニット、Smoked Salmon Railway Machineのアルバム。2010年3月リリース。ゲストとして遊佐未森。松田幸一、渡辺等、武嶋聡、ミナクマリらが参加している。全15曲。

 GONTITIの「力強い方」担当のゴンザレス三上だけあって、本作もまた実に歯切れの良い、力強いサウンドを聞かせてくれる。ヴォーカルを主体としないインスト・ミュージックは、ときにユーモラスに、ときにメランコリックに、空想世界の情景を切り取る。GONTITIとは異なる世界観、例えば亭主が大好きなリアル・フィッシュあたりの作風に近いと言ったらわかりやすいだろうか(多分わかんないよね。ほとんどの人にとっては)。要するに昨今のインストに求められる機能性、癒しだとか、ラウンジ向けBGMとか、そんなニーズを一切無視して、「音楽としての純粋な楽しさ」を追求しているあたりが「リアル・フィッシュ」っぽいのだ。

 機能性は作品の外から求められる、作品はその要望に応じるべく自身を「ある定形の枠」へと押し込める。形の揃った作品は、まるでまっすぐなキュウリのように、商品的価値を得る。その点において本作は、外部からの機能性を全く無視した奔放な作品へと仕上がっていて、聞いて妙にたのしい。 

08/19 【聴】 Whisper Not / Vladimir Shafranov Trio, Venus(VHCD-1077)

IMAGE
レニングラード(セントペテルスブルグ)出身。1970年代よりニューヨークとフィンランドを拠点に活動し、ディジー・ガレスビー、アート・ファーマー、ウディ・ショウ、デクスター・ゴードン、ズート・シムズほか数多くのアーティストと共演。現在はフィンランドとスウェーデンの間のオーランド諸島に住むジャズ・ピアニスト、ウラジミール・シャフラノフの最新アルバム。「あなたと夜と音楽と」「クリフォードの想い出」ほか全10曲を収録する。ベースはピーター・ワシントン、ドラムはヴィクター・ルイスのピアノトリオの構成。2012年1月録音。

2000年に澤野工房から"Live at Groovy"が復刻され、以降"White Nights"ほか数多くの復刻作により日本において圧倒的な知名度と、人気を誇るシャフラノフ。本作ではレーベルをヴィーナス・レコードに移し、過去に録音した曲の再演と、新録音とを織り交ぜた自由なアルバムを志向している。軽快なピアノタッチにジャズ全盛時代の奔放さを感じさせる。シャフラノフのピアノを聴いていると、昨今の若手ジャズ・ピアニストらが「肩書き」にしたがる演奏技術や芸術性とは一体なんなのだろうと、あらためて疑問に思ってしまう。複雑怪奇な指運び、繰り返される転調、あるいはジャンルを越えた名曲の大胆なアレンジなどは、ジャズには全く必要ないことが本アルバムを聴けばはっきりとわかる。ジャズとはスウィングであり、グルーヴであり、ソウルなのだとあらためて実感される。澤野からのアルバムリリースが、往年のジャズ・ファンに受けた理由はまさにこれだろう。。

なおアルバムには懇切丁寧な解説を含めたライナーが収録されていて、このレビューを書くに当たり(あるいは作品を楽しむにあたり)大変に参考になった。まさにジャズを楽しみたい人向けのパッケージ、これからジャズを聞いて見たいというひとにも、またジャズをトコトンまで聴き込みたい人にもオススメ。

2012年8月18日

08/18 【聴】 Ondatropica /Ondatropica, SoundwayRecords(SNDWCD045X)

IMAGE
UK出身のテクノ/ハウスクリエータのWill Hollandと、コロンビアの音楽プロデューサMario Galeanoのタッグによるラテン音楽プロジェクト、Ondatropicaのアルバム。コロンビア国内の有名アーティストたちが多数参画、正統派ラテン・ミュージックの真髄を存分に堪能することが出来る。全2枚組、26曲。

参加アーティストはGaleano, Hollandのほか、Michi Sarmiento, Fruko, Anibal Velasquez, Pedro Romaya, Mario Rineon, Markitos Micolta, Wilson Viveros, Nidia Gongora, Freddy Colorado, Eblis Alvarez, Anita Tijoux, El Profe, Chongo, Esteban Copete, Pedro Ojeda, Mareo Fajardo, Armando Hernandez, Wilfredo Pena, Jorge Gaviria, Juancho Vargas, Alfredito Linares, Fernando 'Ovejo' Silvaがクレジットされている。いずれも実力派のプレーヤ、個人の実力もだが、セッションとなるとその真価が発揮されるようだ。特にキーマンは「Ondatropicaのゴッドファーザー」と呼ばれるMichi。老齢ながらアルバム全篇にわたってヴォーカル、サックス、トラックメイキングなどに関わるなどその功績・寄与は高い。また、Michiのほかにも、上記アーティストらがスカやメレンゲ、マンボなど様々なラテン音楽をフィーチャーした作品を寄せており、バラエティは豊か。ただし全体的に"Ondatropica"のカラーに統一されているように聞こえる。プロデューサであるGaleano/Hollandの舵取りによるものだろうか。

ちなみにHollandは、テクノ/ハウス系クリエータから音楽のより深い世界へと足を踏み入れるべくラテン音楽へと傾倒しているのだそうだ。録音機材に4トラックのテープレコーダーを使用するなど、機材もまた原典へと回帰している。アナログ録音の暖かみもまた本作の魅力のひとつといえるだろう。

2012年8月16日

08/16 【聴】 Red Diamond / Tribute to Yukihiro Takahashi, EMI(TOCT-29027)

IMAGE
近年はSketch Show, The Beatniks, Pupaなどのユニットで活動。ソロリリースが長らく待たれるユキヒロさんのトリビュートアルバムが(今春の教授のトリビュートに続いて)リリースされた。国内外のアーティストによって作られた、ユキヒロさんへの愛情がヒシと感じられるアルバム。全12曲。トラックリストは以下。

  1. サヨナラ / 宮沢りえ
  2. What Me Worry? - It's Gonna Work Out / Wow Wow Hippies
  3. Forever Bursting Into Flame / Todd Rundgren
  4. 元気なら、うれしいね / pupa
  5. Are You Receiving Me? / ヒダカトオル Band Set
  6. Drip Dry Eyes / O/S/T with Valerie Trebeljahr(from Lali Puna)
  7. X'mas Day In The Next Life / 鈴木慶一
  8. Now And Then / Steve Jansen
  9. Bijin-Kyoshi At The Swimming School - I-Kasu! / Tokyo Ska Paradise Orchestra
  10. Where Are You Heading To? / James Iha
  11. 流れ星ひとつ / 高野寛
  12. Happy Children / MO
「サヨナラ」は、宮沢りえによる歌詞の朗読。優しく、それでいて涼やかな声はまるで高原にでもいるよう。"What Me Worry?"は木暮晋也、高桑圭、白根賢一、LEO今井のユニットによるバンド・チューン。"Forever Bursting Into Flame"はアメリカのロック・ミュージシャン/プロデューサのトッド・ラングレンによる。円熟の歌声が渋い。ちなみにトッド・ラングレンの曲"I Saw the Light"をユキヒロさんがカヴァーしているほか、高野寛のアルバムをプロデュースするなど実は関係が深い。「元気なら、うれしいね」はpupaがカヴァー。原田知世のヴォーカルにほっとする。"Are You Receiving Me?"はBeat Crusadersのヒダカトオルによるメタル・バージョン。邪悪なシャウトが異彩を放つ。

ふう。

"Drip Dry Eyes"は小山田圭吾+砂原良徳+テイ・トウワによる即席ユニット。エレクトロニカをベースに、原曲の雰囲気を限りなく残すヴァージョン。Lali PunaのValerieのウィスパー・ヴォイスが爽やかだが、個人的には原曲のエレクトリック・ベースがオミットされているあたりが残念。"X'mas Day In The Next Life"はBeatniksの鈴木慶一さんが味わい深くカヴァー。Maika Leboutetの美しい歌声に癒される。"Now and Then..."は盟友Steve Jansenによるリミックス。ユキヒロさんの声に彼の演奏を重ね、一見ローファイに仕上げているあたりが凝っている。"Bijin-Kyoshi At ..."はおなじみスカパラによる王道スカ・ヴァージョン。相変わらずの熱い演奏はリミックス/トリビュートには欠かせない磐石の出来。"Where Are You Heading To?"は1980年代から様々な音楽プロジェクトに参加するJames Iha。たった一人で作り上げたというヴァージョンは、どこか懐かしい香りのするアメリカン・ポップスのグルーヴ。

そして。

「流れ星ひとつ」を歌えるのはこの人しかいないでしょう、というくらいにハマっている高野さん。あれ、高野さんって、以前にすでにこの曲カヴァーしてなかったっけ?最後に"Happy Children"は細野さんと教授のユニット、MOによる。おもちゃ箱をひっくり返したようなころころとしたサウンドは、ユキヒロさんへの愛情がもっともひしひしと伝わってくる。

アーティストのジャンルがばらばらなせいか曲調もそろっておらず、全体として聴くと幾分散漫、まとまりのないコンピのようにも感じられるが、この人脈こそがこれまでのユキヒロさんの幅広い活動を物語っている。ふと見ればいずれのアーティストもベテラン級で、完成度はそれぞれに極めて高い。ジャンルの振れ幅を楽しみつつ、まったりと聴きたいアルバム。

2012年8月15日

08/15 【聴】 Invaders Must Die / The Prodigy, Take Me to the Hospital|Victor(VICP-64654)

IMAGE
UKデジロックの最重要アーティスト、本国では子供番組に出演、スタジオ内に設置された滑り台を滑り降りて登場するという国民的アーティストThe Prodigyの2009年2月のアルバム。日本盤はボーナストラック2曲が追加された全13曲。

Prodigy・・・といえば3rdアルバムにして出世作の"Fat of the Land"があまりにも有名。レイヴを意識したハードコアな作風と、全体に通低する不健康なハイテンションが彼らの持ち味だ。彼らのインタビューによれば、本作ではパンクの要素を強めたそう。アグレッシヴなヴォーカル/ヴォイスが、作品をよりパンキッシュに演出している。もっとも、亭主的には"Fat of the Land"以上のインパクトが感じられず、むしろ音数が多く、豪華になった分だけ他のデジロック作品と区別のつきにくい、ある種没個性的な作品になっているようにも感じられる。他のアーティストの質が上がったためともいえるし、あるいはThe Prodigy自体がシーンに強烈な打撃を与えるほどの新機軸を持ち出していないこともあるだろう。

そんなアルバムの中で亭主が特に気になる曲は、11曲目の"Stand Up"。本来のアルバムのラストナンバーということもあって多少他の曲とは異なる趣、アンセム的な曲調に仕上がっている。ファットボーイ・スリムを思わせる大上段なホーン・アレンジ、ファンファーレに癒しを感じた。

08/15 【聴】 Humble Music / Gontiti, EPIC(ESCL-3738)

IMAGE
ゴンザレス三上とチチ松村のギター・デュオ、Gontitiの約10年ぶりとなるギター・デュオのアルバム。2012年9月リリース。ギター2本による素朴な小品・19曲で構成された地球一番快適音楽。

活動初期においてはシンセ(PSY'Sの松浦雅也が参加)とギターとのコラボレーションが、近作においてはドラムやベースと組み合わせた豪奢なサウンドが目立ったGontiti。ただし、彼らの作品の本質はギター・デュオであり、弦の爪弾きが奏でる素朴かつオーガニックなサウンドにある。二人によるギターでの対話、関西人らしいボケとツッコミにも似たかけあいは素朴な作品にユーモアとスパイスを加える。いわゆる「ヒーリング音楽」に終始しないあたりもまたGontitiらしくてよい。

亭主自身はGontitiを"KIT"から聴き始め、その後上流へと作品をさかのぼった。「地球一番快適音楽」なる彼らのキャッチフレーズ(というよりも市場に対する売り文句)がしっくりきたのは、やはり最初のアルバム(2枚のアルバムのカップリング)"Another Mood / 脇役であるとも知らずに」だ。いわゆるアコースティック音楽とは一味も二味も異なる「涼しさ」に惹かれ、彼らの作品を聴く様になった。近年の活動は、どちらかといえば豪華なサウンドへと傾倒していて、「快適音楽」の持つシンプルさ、涼しさに乏しかったように思う。

対する本作は、一つ一つの曲を短めに、シンプルながらも味わいのあるギター・サウンドを指向している。本作品を聴いた亭主、やっと本当のGontitiにめぐり合えた、そんな気がした。

2012年8月14日

08/14 日々雑感(まはろくん自由行動作戦)

まはろくんを自由に育ててあげよう、なるべくストレスなく暮らしてもらおうと、試行錯誤している亭主であります。

実家にいた柴犬のハヤは、外で、鎖に繋いで飼われていて、朝晩散歩に連れて行く以外は、ほぼ一日鎖につながれていました。
いちど誤って鎖から放してしまったところ、よほど嬉しかったのかあちこち走り回り、亭主ら家人を一顧だにすることなく、どこかに遊びに行ってしまい、結局三日ほど帰ってきませんでした。
三日経った夜、犬小屋に戻って寝ているところを、そうっと忍び寄って鎖をつけたのでした。

犬にとって、鎖は自身の自由を奪うものでしかありません。自治体の決まりごととして、首輪をつけて飼わなくてはいけないとはいえ、無ければ、ないに越したことはないのです。
その昔、新潟で少女が拉致され、十年近く監禁されていたニュース・・・をここで挙げるのは不適切かもしれませんが、犬にそんな不自由を、絶望の日々を送ってもらいたくはないのです。

--

そんなわけで、まはろくん。

基本的に家では首輪なし、夜寝る時以外はケージの外で暮らしています。
出歩ける範囲は居間と廊下(あと脱衣所)に限られていますが、あとは人間とほぼ一緒、ソファーで寝転んだり、居間や廊下を走り回っていたりします。

外に散歩に行く時は首輪とリードをつけますが、車にひかれたりしないよう、あるいはむやみに他の人たちにとびかからないよう注意する程度。あとは時間の許す限り、好きなように歩いたり、走ったりしてリードをひっぱらないようにしています。

動きを制限せず、まはろくんの行動を注意深く見守っていると、いろいろなことがわかるものです。

例えば、犬はどうやら頭の中にしっかりした地図を持っていて、散歩の際には明確な意志をもってコースを選んでいるようです。
昨日と違うコースを選んで気分を変えて見たり、しばらく行ってないコースを選んで見たり。
驚かされるのは、近所にある公園4箇所を、一筆書きでめぐるコースを見出している点でしょうか。
だれも教えていないのに、300m四方にばらけている4箇所の公園をめぐる最短コースを自分で考え出したりしています。

すこし前に、まはろくんの行動を制限せず、どこまで歩き回れるかを試して見たことがあります。
結果、3時間近く、近所の様々な道を重複して通ることなく歩き回り、亭主が先に降参してしまいました。どこを通り、どこを通っていないのか、まはろくんはしっかりと記憶しているのです。
亭主は毎朝、妻は毎晩近所を散歩しているのですが、散歩するたびにまはろくんの能力に驚かされています。

--

まはろくんは、基本的に人間(特に子供と女性)が大好きです。
犬は相性があるようで、近所ではターボくん、ぎんちゃんときなこちゃん、あんこちゃん、ちゃっぴーちゃん、ハナちゃん、ブラッキーくんとはなかよし。特にターボくんとぎんちゃん、きなこちゃんとはまるで兄弟のように付き合っています。
そのほか、マドレーヌちゃんとは微妙、タクちゃんとマメは苦手、さくらちゃんは向こうが苦手、ダイスケはなぜか吠え掛かってくる、クロはテンションばかり高くてなにがなんだかわからない、といったところでしょうか(ここ備忘録)。あと近所のティーカッププードル(名前なんだっけ)ちゃんの御宅の奥さんと子供さんが大好きだったり、おないどしのプードルちゃん(名前忘れた)は向こうがビビって相手にしてもらえなかったり、犬にも犬なりの社会があるようです。

--

実は亭主、妻に内緒でまはろくんと楽しんでいることが、あります。
それは、リードなしで外に出て、遊ぶこと。
周囲の安全を確認したあと亭主が先に出て、玄関にいるまはろくんに「おいで」と声をかけます。
まはろくんはちょっと躊躇しつつ、外にやってきます。こちらにむかってぴょこぴょことやってきて、頭をなでたあとは、自由行動。
おしっこをしたり、匂いをかいだり、亭主を追いかけたりと、自由にやらせています。
亭主の意図からはずれて間違って外に出てしまっても、また外に出た際に遠くに行こうとしても、けして怒ったり追いかけないようにしています。
犬の習性に「おいかけられると、逃げる」「逃げると追っかけてくる」というのがあるそうで、まはろくんが離れ始めた時には「おいで」と声をかけるか、まはろくんから逃げるように動けば、まはろくんはかならずこちらにやってくるのです。「おいで」は家の中と、散歩中にしつけたものです。

結果、まはろくんはハヤとは違い、外に格段の執着を示すわけでもなく、そもそも脱走することもなくなりました。
通常、お散歩は一日に3〜4回。亭主とときどき外に出ることもある。
いつでも出られるし、出ても怒られない。
そう理解してもらえれば、ストレスはすこしは軽減されるのではないかと期待しています。

ちなみに、先ほど挙げた犬の中にダイスケというのがいましたが、こいつは飼い主がリードなしで散歩させています。ただし、その散歩の仕方はといえば、常にダイスケを叱る、威嚇するやり方で、おおよそストレスフリーとはいえません(ちなみに飼い主はダイスケ以外には愛想がよかったりします)。

もしこの自由行動がうまくいったら、どこか広い草原、あるいは砂浜をまはろくんと一緒に駆け回ってやろうと。

亭主のささやかな野望でありました。

08/14 【読】 電気グルーヴのメロン牧場―花嫁は死神4(電気グルーヴ, ロッキング・オン)

「電気グルーヴのメロン牧場―花嫁は死神4(電気グルーヴ, ロッキング・オン)」

音楽情報誌ロッキング・オン・ジャパン連載中。電気グルーヴによる語り下ろしの同タイトルコーナーを単行本化したものが本作となる。連載開始15年目という長寿コーナーより2008年から2011年までの4年間の内容を収録。下ネタ満載、どこから読んでも、どう読んでもくだらない内容が延々と続く人気作。

その話題のヤバさ、節操の無さに、多くの業界人(特にロッキング・オン関係者とテクノDJ)から恐れられている本コーナー。単行本においてもそのパワーは衰えることがない。アルバム制作、テクノ・イベントの裏話や、ピエール瀧の大河ドラマ出演の舞台裏などはともかくとして、ありとあらゆる下品な話題が全篇に繰り広げられる。石野卓球の奇妙な性癖、ピエール瀧が大河ドラマロケ先に置き忘れた性具(笑)、あるいは彼らのマネージャ道下氏の奇妙な言動など、よくもまあネタが尽きないものだと感心してしまう。訊けば電気グルーヴのお二人、今年で44歳なのだという。鬼才というか異才というか、国内テクノ系DJのオリジネーターとして、常にシーンの先頭を走り続ける彼らならではの尖ったエピソード・・・といったところだが、それにしても(^^;)いや、いいんですけどね。面白いから。

ハイテク関係(特にケータイ・スマホ)の話題には一切興味がなかった彼らにしてはめずらしくTwitterの話題が出てくるなど、時代の移り変わりが感じられるものの、全体的には電気グルーヴと同世代(亭主とか)のおっさん向けにカスタマイズされた内容になっていることは否めない。逆に言えばこの本、亭主ら同世代の人間がこれまで失ってきたものを補完した作品といっても良い。

これからますます大御所になっていく彼らがどこまで壊れていけるか、亭主も見守っていきたいと思っている。

2012年8月12日

08/12 さよならタワーレコード水戸内原店

どうもです。亭主です。

最近の亭主の動きについては、Twitter経由でチェックされている方も多いと思います。
正直、Twitterで日々つぶやいておりますと、このサイト(ブログ)で書くことなど皆無で、要するに亭主の日常などはブログにするまでもない、つぶやきレベルだったのだなぁと痛感する次第。CDや読んだ本の感想を逐一上げてはおりますが、ニッチな感想文など誰が得するわけもなく、世間的にはまあ生存証明くらいにはなっているかな、程度の話なのであります。

最近ちょっとショックだったのは、TowerRecords水戸内原店が9月6日に閉店する、というニュースでしょうか。大甕のCDハウスJupiterが閉店したのが2001年12月、水戸のVirgin Megastoreが閉店したのが2009年1月。そして水戸Virginが閉店するきっかけとなったタワーレコード水戸内原店もまた2012年9月に閉店と、ちCD店は軒並み閉店に見舞われています。そういえば、笠間のマルキレコードも2009年2月には閉店、常陸多賀駅前のディスクフタバもいつのまにか(ここ数年のうちに?)閉店していたっけ。マニアはともかく、ごく普通の音楽ファンがCDを買い求めるには、日立駅前の新星堂か各所のワンダーグー、ツタヤに行くくらいしか方法がなくなってしまいました。いや、Amazonで買えばいいだろうという話もあるんですけどね。インターネットでの買い物ができない人たち(子供さんだけでなく大人も含む)に音楽を提供する場がなくて、本当にそれでよいのでしょうか。

「増える 書店ゼロの街(東京新聞)」

同じことは書店にも起きているようです。TSUTAYAやGEOがあるから大丈夫、という地域もあるでしょうが、亭主の実家の近く、飯田市あたりのTSUTAYAはビデオレンタルとゲームソフト販売が主力をなしており、本などはほんとうにお情け程度。音楽同様、本もまた地方では手に入りにくい状態に陥っているようです。

で、何が言いたいのかといいますと・・・。

うん、まあ、もういいや。2001年にも2009年にも似たようなことを言っているので、もうここには何も書きませんし、言いません。必要なものはAmazonと、都内のTower Recordsで調達しますので・・・。

それにしてもほんっとうにCDって、売れてないんですねぇ・・・。こりゃなんとかしないといかんぞ。

08/12 【聴】 Late Night Blues / Yasushi Ide, Tartown(XQKF-1025,6)

IMAGE
オリジナル・ラブ、小沢健二、ボニー・ピンクなど渋谷系アーティストのアルバムをプロデュース。以降はスタイリッシュかつチルアウトなハウス・ミュージックのレーベル"Grand Gallery"を主宰するDJ/音楽家の井出靖が、実に14年ぶりとなるソロ作品をリリースした。2枚組で、1枚目"Late Nighe Blues"はオリジナルアルバム。2枚目"Late Night Lounge"はノンストップミックスのコンピレーション。

James Chance, Tom Verlaine, The Funky Metersらがゲスト・アーティストとして参加する本作。ダブの手法とダークな彼らの演奏とを組み合わせることによりオールド・アメリカンな雰囲気をかもし出すことに成功している。明確なリフを設定しないミニマルな構成に、職人気質を感じさせる。14年のブランクを経ての作品としては少々地味な気もするが、その徹底的な作りこみと、藍色に統一された世界感はさすがというところ。

もっとも、ゲスト・アーティストの演奏(の素材)は1998年頃(つまりブランク以前)には全て収録しており、本作はそれら演奏を切り貼りしているのだという。14年越しで世へと送り出された彼らの演奏は、井出によって見事にそのパワーを開花させている。

Disc 2のコンピレーションには中西俊夫、Kenji Suzuki, クニ杉本、Afterlife, Dr.Echo-Logic、bent, Something ALaMode, Nanase, Struttin Unlimited, MONDAY満ちる、Katia B, Hitomi Shimazaki, Tica, Bei Bei&Shawn Lee, Urban Blues Quartet, Matsunagota Rhythm Section, 金原千恵子らが参加。ダビーなサウンドと、どことなく漂う南国の香りがMajor Forceレーベルを髣髴とさせる。(2012.08.04)



08/12 【聴】 坂本龍一トリビュート / V.A., Electric Sheep(ELSP-0011)

IMAGE
いわずと知れた巨匠・坂本龍一のこれまでの作品を、Bajune Tobeta、Atom、半野喜弘ほか内外のエレクトロニカ/テクノアーティストがカヴァーした作品。2012年1月リリース。全14曲。トラックリストは以下。

  1. Merry Christmas Mr.Lawrence / Bajune Tobeta
  2. War and Peace / yuanyuan
  3. Riot in Lagos / Atom TM
  4. Perticepation Mistique / 半野喜弘
  5. 美貌の青空 / Ngatari
  6. Self Portrait / Fugenn & The White Elephants and Shintaro Aoki
  7. Ballet Mecanique / MimiCof
  8. 1919 / Sabi
  9. サルとユキとゴミのこども / antennasia
  10. Thatness and Thereness / DJ Yogurt
  11. Tibetan Dance / no.9
  12. The Last Embepror / Sabi
  13. The Other Side of Love (feat. Cokiyu) / Bajune Tobeta
  14. 電脳戯話 (feat. 大貫妙子) / Bajune Tobeta
なかでもアルバム中で中心的な役割を担っているトベタ・バジュンは、音楽家・映画監督として活躍する気鋭のアーティスト。オリジナルアルバム「青い蝶」制作のほか、「青い蝶」のPVのプロデュース、映画「西の魔女が死んだ」「バオバブの記憶」などでは映画音楽も手がけているという。カヴァーとしてはオリジナル曲の雰囲気を生かす正統派カヴァー。叙情的かつ繊細なアレンジと、エレクトロニカとの大胆なコラボレーションは、聴く人に有無を言わせぬ説得力を与える。坂本作品の世界を壊すことも、世界に阿ることもなく、ひたすらに坂本と、その作品への畏敬と慈愛に溢れている。

yuanyuanは宮本賢志を中心とした10人編成によるアンサンブルで、"War and Peace"をアコースティック+エレクトロニカでカヴァー。Atom TMの"Riot in Lagos"は彼の別プロジェクトSenor Coconutsに共通するラテン系テクノ。半野による"Perticepation Mistique"はダブを基調としたジャジーなエレクトロニカ。ヴォーカリストJessicaとコンポーザーの須山真怜によるユニットNgatariによる「美貌の青空」は、Jessicaの声を使ったコーラス・アレンジにより原曲をよりメロウにアレンジしている。

いずれも原曲から大きく外れることがないからか、首尾一貫した構成、安定感の強い作品に仕上がっている。

ネットレーベルMizukage Records主宰で作曲家・ピアニストの青木晋太郎と、半野の主宰するProgressive FOrMからアルバムをリリースするエレクトロニカ・アーティスト、Fugenn & The White Elephantsとのコラボ作"Self Portrait"は、 美麗なピアノ(おそらくは青木)をフィーチャーしたインダストリアル・ミュージック。ドイツはベルリン在住・MimiCofことMidori Hiranoの"Ballet Mechanique"は、静謐と躍動感とが拮抗するエレクトロニカ(個人的には坂本氏のエスペラントに通じるものを感じた)。 Sabiの"1919"、"The Last Emperor"はいずれもノイズを多用したアヴァンギャルドなエレクトロニカ。ただし1919のほうがピアノ成分多め。トリビュートの中では特にラディカルな部類に入ると思われるが、クオリティは高い。

ヴォーカルのSanとプログラミングのNerveのユニット・antennasiaの「サルとユキとゴミのこども」は愛らしいヴォーカルとダブとの組み合わせ。最新型ポップ・ミュージックといった趣。ハウス/トランス系アーティストとして亭主が大ファンでもあるDJ Yogurtの"Thatness and Thereness"はリヴァーブを大胆に使ったスノッブなエレクトロニカ。Takayuki Joeのソロ・プロジェクト、no.9の"Tibetan Dance"は原曲のイメージをさらに膨らませ、オーガニックなダンス・チューンへと進化させている。

Progressive FOrMからの参加アーティストが多いこと、作品の方向性が全体としてダブやエレクトロニカへと向かっていることからアルバムとしての完成度が高いのはもちろんだが、作品全体に教授へのリスペクト、愛情が存分に感じられ、いわゆるパラノイアックなファンにも安心して聴けるアルバムとなっている。オススメ。(2012.08.04) 

2012年8月10日

08/10 【聴】 Because / Chihiro Yamanaka, Verve|Universal(UCCJ-2102)

IMAGE
ジャズ・ピアニスト山中千尋によるビートルズのカヴァー・アルバム。基本はジョン・ディヴィス(Dr), 中村修士(B)のトリオ・編成だが、ゲストにタブラ奏者のジョン・ノレンが参加したり、山中自身がウクレレやハモニカ、シンセを使ったりとオルタナティブな雰囲気に包まれている。2012年7月リリース。全11曲だがM6は3曲をメドレーで演奏しており1曲分。全13曲。

亭主自身はビートルズから下った時期の世代であり、実際ビートルズに関してはほとんど知識がない。収録曲を調べてみるに、アルバムAbbey Roadからは"Because"、Revolverから"For No One"及び"Here, There and Everywhere"、Help!から"Yesterday"(別テイク含む2曲分)、Rubber Soulから"Drive My Car", "Michelle", "The Word"、Magical Mystery Tourから"Your Mother Should Know"、White Album(The Beatles)から"Honey Pie"と、6枚のアルバムから10曲がセレクトされていて、残りの3曲は山中自身のオリジナル。"Yesterday"を除いて亭主自身原曲を意識して聞いたことがないが、いずれの曲もどちらかといえば余りメジャーな曲ではないように思う。ヒット曲をあえて避けたか、あるいはアレンジ的にあまりメジャーな曲でないほうが自由度が高かったか。

実際、曲自体はジャズに向けて相当ラジカルなアレンジがなされているようだ。いわゆる原典主義者というか、熱烈なファンはこのアルバムを聴いてどう感じるのか興味のあるところだが、基本的には山中の指向するスムーズ&ライトなコンテンポラリー・ジャズ。既存の作品から切り離して聴いてもまったく違和感がない。個人的にビートルズに思い入れの少ない亭主としては面白く聴くことができた。有名な曲がカヴァーされていたならさらに楽しく聴けただろうが、ラジカルなアレンジがかえって有名曲の「旨み」を消し去ってしまったかもしれない。この辺は非常に難しいところ。

2012年8月 8日

08/08 【聴】 Fantastical Adventure / Pax Japonica Groove, Apt.|New World Records(NWR-2035)

IMAGE

黒坂修平によるソロ・プロジェクト、Pax Japonica Grooveの2ndアルバム。前作"Pax Japonica Groove"に引き続きStudio Apartment主宰のレーベル"Apt."からのリリースとなる。尺八・フルート、ホーン・セクションなどの生楽器と、シンセとを組み合わせたオーガニック・サウンドはダンサブルなヒーリング・ミュージック。2010年12月リリース。

前作といい、ジャケット・デザインがMiles Davisの"Bitches Brew"に似ているのは偶然ではあるまい。サウンドそのものは"Bitches Brew"と全く関係はないものの、アルバム全体から溢れてくるフリー・ソウルな雰囲気は、"Bitches Brew"に繋がるものがある。M1 "彩り-once upon a time-"は、ヒーリング・ミュージックとして一世を風靡したアルバム"Image"に収録されていそう。M2以降はハウスを意識したスタイリッシュなサウンドへと仕上がっている。ハウス・ビートに重なるYoshikoのヴォーカルが心地よい。

ジャケットの濃さに気後れする無かれ、上質で美麗な最新ハウスミュージック。

2012年8月 6日

08/06 【聴】 Still Working /Chihiro Yamanaka, Verve|Universal(UCCJ-2096)

IMAGE
ジャズ・ピアニスト山中千尋によるミニアルバム。最新作「レミニセンス」には収録できなかった曲、別テイクの曲あわせて5曲からなる「追補」的な作品とのこと。2012年5月作品。1800円と少しお安くなっている。

スタンダードからモダンジャズ、民謡からオリジナルまで多彩なジャンルと大胆なアレンジを得意とする山中サン。近作ではビートルズのカヴァーまでこなすというからそのバイタリティはすさまじい。本作では3曲のカヴァーと2曲のオリジナルを収録している。彼女の持ち味である、「まるでスキップをするかのような軽快なピアノタッチ」は本作でも健在。あるときは跳ねるように、またあるときは宙返りをするように奏でられるピアノは、心底演奏を楽しんでいるかのようだ。

これらの曲が「レミニセンス」のどの部分に入る予定だったのか、あるいはどのような経緯で入らなかったのかは良くわからない。もしかしたら「蛇足」のようなもので、「レミニセンス」の完成度を考えたら、あえて発表する必要のない曲だったのかもしれないが、個人的には本作もまたひとつの「ミニアルバム」として独立して聴いている。本作だけでも充分に楽しいし、気軽に聞ける分量でもある。一方で、ファンとして山中さんに凄みのある曲、メロウな曲を求めるのは・・・贅沢なハナシだろうか。

2012年8月 4日

08/03 【聴】Victor TD-V521

Nakamichi RX-505の調子が悪く、確認したいテープがあるのに聴けない日々。Nakamichiを修理すればよいのでしょうが、家事やらトレーニングやらで業者に連絡をとる時間、また宅急便を送る時間がない・・・という日々を送っていた亭主であります。

今日ひょんなことから3時間ほど自由な時間がとれたので、車を飛ばして水戸赤塚のハードオフに行ってきました。

久しぶりの(本当に久しぶりの!)ハードオフは、なにやらMarantzの真空管アンプ、Mcintoshの真空管アンプ、それにAccuphaseのチャンデバばかりが目に付いてあまり落ち着かなかったのですが、それでも久々のオーディオ売り場の雰囲気を存分に堪能しました。

買う、買わないではなくいろんな機種が並んでいるのを見るのが楽しいんですよね。中古というのは。

中古品売り場を一通り巡ったあとは、ジャンク売り場へ。値札の横の「動作確認しました」という言葉だけが頼りのジャンク(もちろん保障なし)、濡れそぼった野良犬たちがこちらをさびしそうに眺めているかのような絵面に多少うんざりしつつ、そろそろ帰らないと、などとスマートフォンの時計をちらちらと眺めていましたら

ありました。Victor TD-V521

録音・再生どちらもOKという言葉はもちろん、リモコンや取扱説明書がしっかりと添付されているのをみて、前オーナーさんが大事に使っていたことが伺われて、即確保とあいなりました。

詳細はオーディオの足跡~Audio Heritageさんにお任せするとしまして、深夜の自宅でメインシステムに組み込み、試聴。多少レベルが低いような気もしますが、テープ走行は安定していて90分テープをA面B面最後までしっかり聞くことができました。音質は・・・うーんまったり。もっともデジタルソースが全盛の現在にあって、まったりなる基準はおそらくテープメディア全てに当てはまりますから、はっきりしたことはいえないのですが・・・。

実はまだ置く場所が確定しておらず、メインシステムのラックの前に不恰好にポン置きとなっておりますが、いずれはラックの中に組み入れたいところですね。

Nakamichi RX-505も修理するとして、今はとりあえず、こちらで。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。