« 08/19 【聴】 "SEIZA" / Smoked Salmon Railway Machine, GardenRecords|Avex(XNHL-18001) | ホーム | 08/25 【読】 これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学(マイケル・サンデル、早川文庫) »

2012年8月19日

08/19 【聴】 The Lost Tape / CAN, Spoon(CDSPOON55)

IMAGE
イルミン・シュミット、ヤキ・リーベツァイト、ホルガー・シューカイ、ミハエル・カローリの4人のドイツ人と、アメリカ人デヴィッド・ジョンソン等からなるロックバンド、CANの未発表音源集。ディスク3枚組、オープンリール向けテープのケースを模した大きな箱に、これまた大きな解説書が同梱されている。2012年6月発表。全31曲。

ジャーマンロックのバンドとしてデビューしたCAN。だが、その作風はロックの範疇をはるかに越え、結果として多くのアーティストに影響を与えている。ロックはもちろん、パンク、ニューウェーヴ、サイケデリック、実験音楽、エレクトロニカなど多くのジャンルを横断した彼らの活動の軌跡はそれぞれのアルバムにまとめられ、現在もリマスター盤として再発されている。本作はそのようなアルバムから漏れた、まさに「忘れられたトラック」の集大成。倉庫の中の膨大なテープの中から発掘されたトラックを、3枚のCDに詰め込んでいる。スタジオセッション録音、未発表の映画音楽、あるいはライブ音源など、実験音楽あり、正統派ジャーマンロックあり、あるいはかなりポップスに振れた曲ありと非常にバラエティ豊かな構成。世間一般に「未発表音源集」と呼ばれて未完成のトラックが雑多に収録されているものとは、かなり趣が異なる。平たくいえば、このアルバムに収録された31曲もまた単独のアルバム(あるいはライブアルバムから)として成立しうる。

なお、これら音源は2008年にHildegardさんという女性がスタジオのアーカイヴから見つけてきたものだそうだ。50時間にもおよぶテープの束から取り出されたセレクトされたトラックは、いずれもしっかりとした個性と方向性を持って聞き手へと迫ってくる。ジャーマンロックが好きな人、CANが好きな人は迷わず買いが正解だろう。 ちなみにテープのケースの箱は、かなりじゃまくさい。ブックレットも相当に大きい。パッケージに凝るのは良いが、ここまでやらなくても・・・と思ったりもする。少々じゃまくさい。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://domuya.music.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2755

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、かたぎりが2012年8月19日 21:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「08/19 【聴】 "SEIZA" / Smoked Salmon Railway Machine, GardenRecords|Avex(XNHL-18001)」です。

次のブログ記事は「08/25 【読】 これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学(マイケル・サンデル、早川文庫)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。