2012年11月アーカイブ

2012年11月30日

11/30 Denon PMA-2000IIの思い出

アンプをONKYO INTEC A-922Mから、DENON PMA-2000IIへと変えたのが、1999年9月のこと。

1999年6月に、CDプレーやをONKYO INTEC C-722MからDENON DCD-1650ARへと変更して、3ヶ月後のことでした。

当時ステレオ誌などではPMA-2000IIとDCD-1650ARが入門機のベストバイとして高く評価されていて、亭主自身この組み合わせを聞いてみたかった、ということもあるのですが、先行して導入していた1650ARにブランドをそろえ、また見た目をそろえたかった、いういささか不純な動機のほうが大きかったような気がします。

もちろん同価格帯の他社製アンプと比較視聴し、納得した上での購入。ただPMA-2000IIを使っていた期間はわずか14ヶ月、その後茨城オーディオ 12V6 p.p.真空管アンプを導入し、PMA-2000IIはその10ヵ月後にハードオフに売却してしまいました。

PMA-2000IIの魅力は、なんといってもその豊かな低域にありました。ベストバイにて評価されるように他社の製品を圧倒する重心の低さ、オーディオをより楽しむための音作りがなされていて、亭主自身このアンプを導入した際には、それまで使っていたINTECとは別次元の、いわゆる「オーディオの音」がしたのには驚きました。

ただ、その喜びが続いた期間は残念ながら長くありませんでした。

12V6 p.p.真空管アンプの低域の豊かさ、懐の深さに魅了された結果、PMA-2000IIの魅力が相対的に低下し、しばらくはアナログ用のアンプとして使っていたものの結果的に売却となったわけです。

オーディオとは、終わりのない(いやお金が尽きたときが終わりともいえますが)勝ち抜き合戦である、と信じていた時期がありました。PMA-2000IIは勝ち抜き合戦に残れなかったアンプだと思っていた頃は、より深い低域を、より解像度の高い高域を求めて、さまざまな機器やアクセサリをとっかえひっかえしていました。それが楽しかったし、オーディオの醍醐味であると思っていました。

ただ、深い低域、解像度の高い高域を求め続けた結果、なにか大事なものを見落としていたのもまた事実。ここにいたるまでにはさらなる紆余曲折があり、それについてはまた次の機会としたいのですが、亭主にとって「勝ち抜き合戦」を始めるきっかけとなったアンプがPMA-2000IIだったのですね。

オーディオへの探求がここで終わらなかった、という点では手放して正解だったのかもしれません。

ただ、いまあらためて思い返してみると、置く場所があったのなら、たとえばリビングなどで小型スピーカを鳴らして気軽に音楽楽しむ、という応用はありだったのかもしれませんね。

11/29 浦和の思い出

浪人生活を脱出し、あこがれの東京・・・じゃなかった首都圏での生活を始めるべく浦和の学生寮に入ったのですが、亭主自身、浦和と、学生寮には最後までなじめなかったように感じます。

もちろん今はいい思い出、浦和という土地にも少なからず愛着を感じていて、かつてはしばしば学生寮のあった場所を訪れたり、好きだった中華そばの店に立ち寄ったりしていました。

ですが、学生寮時代、亭主は浦和という土地、また学生寮という環境のなかで、常に異邦人状態といいますかヨソモノの感覚を味わっていました。市街地にはお気に入りのCD店や書店、古本屋、喫茶店などがあり、浦和の町を十分に満喫していたのですけれど、市街地を外れるとすぐに道に迷い、ただ意味もなく住宅地の中で堂々巡りをすることが非常に多かったように思います。

浦和という街はどうやら複雑な起伏の地形の上に発達した街のようで、かならずしも道路が東西南北方向に、直線的に伸びていないのですね。地形に沿って緩やかにカーブした道と、方向を確認するためのランドマーク(たとえば山)がないため、どうしても方向を失うことが多いのです。

学生寮でも親しい友人は一人しかおらず、しかもその友人もなんやかやと忙しくてほとんど学校にも、また寮にも姿を現しませんでした(姿を現すときはいつも金欠で疲れ果て、ときには失恋でやつれた顔をしていました)し、そもそも学生寮の行事に顔を出したこともありませんでした。寮にいるときは部屋の中で音楽を聴いたり本を読んだり、パソコンに没頭していたり、あるいは誰もいない屋上の給水塔によじのぼっては、遠く武蔵野線を走る電車をぼんやり眺めたり、浦和競馬場の向こうの空の雲を流れるさまを追ったりしていました。寮祭といって、寮の庭で夜を徹してキャンプファイヤーをしたり踊ったりする行事がある日には、浦和駅前の24時間の喫茶店でコーヒー一杯で一晩過ごしたものでした。

そもそも寮の部屋は、まるで病室のような狭さと殺風景さで、リノリウムの床板が常に冷たかったのを思い出します。部屋にはエアコンも、外へつながる電話も、またテレビアンテナすらなく、巨大な木の机と、同じく巨大な木のベッドをようやく部屋の隅におしのけて場所を確保していたくらいです。

寮から大学へは、自転車で30分、京浜東北線で20分、電車待ち合わせが10~20分として東武野田線で1時間。毎日2時間以上をかけて通っていました。朝は6時おき、7時前には寮を出て、帰宅は常に20時を過ぎていました。こんな生活では寮にも、大学にも親しい友人はできず、楽しそうにじゃれあう大学の同期たちの横で、いぶかしそうに彼らを眺めつつ話をあわせる日々が続いたことも思い出されます。

もちろん友人がいない、というのは亭主の勝手な思い込みで、実際にはみなずいぶんと亭主に対して気を使ってくれていたように思います。なにかにつけて話しかけてくれ、また誘ってくれる、気のいい人たちばかりでしたから。それだけ亭主が暗かった、いじけていた、ということもあるのでしょうね。

孤独な大学生活の中で、浦和という土地や、そこに住まう人たちに癒しや救いを求めることがなかった、というのは、今考えてみると非常に不思議というか、今ならば到底耐えられない話なのですが、当時はまるで現実から目を背けるかのように読書や、音楽を聴くことに没頭して、それ以外のことは考えられない、というくらいに閉鎖的な生活を送っていました。当時読んでいた本は、大学を卒業する際にほとんどすべてを処分していて、亭主自身どんな本を読んでいたか・・・本棚を眺めても、当時好きだったつげ義春や高野文子(どちらも漫画)、それに神林長平くらいしかと思い出すことができません。

たぶんいろいろな本を読んでいたのでしょうが、その記憶は、大学生活という暗い思い出とともに脳の深い深い奥へとしまいこまれ、封印されてしまっているようです。

本当に、思い出せないのです。

なんだったんだろう。あの浦和での2年間は。

2012年11月29日

11/29 【聴】 どこにもないランド / 藤本敦夫, Najanaja(FJCD-1001)

IMAGE
YMOの初期サポートメンバーとしてツアーに同行。近年は妻の橋本一子とともに"Ub-X"を発表した藤本敦夫の2010年作品。ちなみに藤本氏、かつてはジャズ・フュージョン系ミュージシャンのアルバムに多く参加していたが、交通事故に遭って以来後遺症に悩まされ、本作は久々の作品、体調不良を圧してのリリースだそう。

メロディ、パーカッション、ベースラインまで、あらゆるパートを自分ひとりで担当・ミックスにより仕上げた作品。ボサノヴァの日本的解釈、本格的なボサノヴァのリズムに、ポルトガル語的なイントネーションの日本語を重ねることで、独自の世界を作り出している。体調を考えてか、最長でも5分27秒、最短では53秒という小品23曲が収録されていて、気軽に聴けるのがうれしい。

それにしてもこの作品が只者ではないと感じさせるのは、その歌詞の特異さ、意味不明さにある。たとえばM1「ぶっとんだ!」では、いきなり冒頭で「吹き飛ばそうとしたら、自分が飛んだ~♪」と聞き手の度肝を抜く。おそらくボサノヴァの歌詞、ポルトガル語の雰囲気を日本語で再現するために単語を注意深く選んだのだろうが・・・はっぴいえんどがロックを日本語化し、いとうせいこうがラップ/ヒップホップを日本語化したのと同じく、藤本氏はボサノヴァを日本語への世界へと引き入れているといったら言い過ぎだろうか。

ちなみに藤本氏、本作にてもうひとつの試み「ポリグルーヴ」の曲を2曲収録している。整数比にて構成されるパーカッシヴなリズムを重ね合わせることで、民族音楽とも、またドラムンベースとも異なる音楽を作り上げている。その方法論は菊池成孔のプロジェクトなどにもおいても頻繁に引用され、前衛音楽/コンテンポラリージャズのなかでは割とメジャーなものとなっていると思われる。作風としては仙波清彦あたりにも近いだろうか。

2012年11月28日

11/28 【読】 「JOJOmenon(荒木飛呂彦+集英社Spur編集部、集英社)」

「JOJOmenon(荒木飛呂彦+集英社Spur編集部、集英社)」

現在はウルトラジャンプにて第8部「ジョジョリオン」が連載中。週刊少年ジャンプ連載開始以来実に25年目となった「ジョジョの奇妙な冒険」がファッション・ブランド情報誌"Spur"と組んで作り上げたファンブック。作者である荒木飛呂彦氏の素顔に迫るPart 1"Hirohiko Araki"と、ジョジョにまつわる様々な企画を集めたPart 2"Stand"の2部から構成される。

漫画家とその作品に集中的に光を当てた、いわゆる「ムック」とは少し異なり、ファッション雑誌らしいレイアウト、コンテンツが多く含まれるあたりが本書の特徴か。連載当時からまったく年をとらない荒木氏の甘いフェイスもあってか、氏の写真がふんだんに掲載され、個人の写真集のような趣も漂っている。内容もコアなマニア向けからジョジョをはじめて読むような初心者まで、また仙台・東京で開催されたJOJO展の最新リポートから二次創作まで、さまざまなジャンル・内容が網羅されていて、全方位を狙った編集方針がよく見える。写真も、イラストも、文章も多めで、当初期待した以上に盛りが多いのもまた本書の特徴だ。

特に注目すべきは荒木氏自身が語るジョジョ25年の歴史。デビュー作である「武装ポーカー」に端を発し、「魔少年ビーティー」「バオー来訪者」「ゴージャス・アイリン」を経てジョジョへとたどり着く経緯、作中のキャラクター・設定に関するこぼればなし、あるいは荒木氏自身の作品に対する思い・・・これまでのインタビューとは一線を画するボリュームが掲載されているあたりは、(亭主を含む)ファンとして快哉を叫びたいほどの充実ぶり。対談も、画家・山口晃、小説家・円城塔、そして俳優のクリント・イーストウッドと、文句のつけようがない。

一方で二次創作ものは(亭主が原作主義ということもあって)ぱっとしない。よしもとばなな氏による小説、ジョジョの各種エピソードを踏まえた句会、初めてジョジョを手に取る人(特に女性)を想定した作品解説などは、読み手としてどのあたりに期待をしたらよいのかがはっきりとわからない。小説は純文学的に、句会は同人ノリでと気分を変えつつ読めばよいのだろうとわかっていても、それぞれに追いついていけないあたりが歯がゆい。もちろん楽しめる人は楽しめるのだろうけれども・・・。

ノリ的にきついところもあるが、ジョジョの世界の奥深さ、間口の広さを感じながら読みたい

2012年11月27日

11/27 【聴】 XX Classics / Wack Wack Rhythm Band, Vivid Sound|High Contrast(HCCD-9535)

IMAGE
1991年に小池 "Koi-K" 久美子(A.Sax)を中心に結成。12人の大所帯バンドとしてTokyo No,1 Soul Setの渡辺俊美が主催するイベントに出演したのをきっかけに、ライブを主体として活動してきたWack Wack Rhythm Bandのデビュー20周年記念アルバム。これまでリリースしてきた3枚のフルアルバムに加え、初期作品、レア・トラック、新曲などを加えた全20曲を収録している。

男女混成のホーン部隊、メンバーを順次入れ替えつつ流動的に変化する編成など、フリー・フォーマットな活動を特徴とするWWRB。ジャンルを限定しない、ファンキーでポジティブ、パワフルなサウンドが彼らの売りだ。曲調や選曲は濃いけれど、その濃さをイロモノとして消費するのではなく、むしろスタイリッシュへと昇華しているあたりが、20年という息の長さにつながっているのだろう。面白い。

聴き所は「男たちのメロディ / SHO-GUN、ドラマ「俺たちは天使だ」主題歌」、"Wack Wack Rhythm Island feat. Rhymester"あたりだろうか。インスト・バンドとしての活動も良いが、彼らの真価は他のアーティストやヴォーカリストとコラボレーションしたときに発揮される。最強のリズム・セクションと最強のホーン・セクションがヴォーカルを強力にバックアップし、極彩色のサウンドを奏でる。

最近はヴォーカリストとしてレモンが参加しているそうだ。2005年以降アルバムリリースのない彼らだが、ぜひ今後も活動を続けてほしいところ。亭主オススメの一枚。

2012年11月26日

11/26 某フライドチキンの話

ケンタッキーのメニューを食べたのは、生涯で2回。

1回目は会社に入って何年目か、寮の同期が買ってくるというので、私もと買ってきてもらいました。

2回目は寮を出て、一人暮らしをして何年目か。ビスケットとやらのCMにそそられ、ビスケットとチキンのセットを買っています。

もとより骨付きチキンは得意ではありません。子供のころにチキンを食べていて肉の中から血管があらわれ気分が悪くなったことがあって、以来(食べろといえば食べるものの)食べることには消極的でした。

鶏肉が主食というのに違和感を感じるのはもちろんのこと、食べると口の周りや指が油でべたべたになるとか、ビスケットがパサパサで口の中の水分を吸い取るとか、手で食べることからご飯のおかずにならないとか、車中で食べられないとか、値段が高いとか、消極的な理由ならばいくらでも挙げられます。

それでもTVのCMを見ていると、子供も大人も、タレントさんもたいそうおいしそうにチキンを頬張っていて、「食べてみようかな」という気持ちになってくるのです。最初に食べたときの残念感や違和感はもしかしたら体調が悪かっただけかもしれない、店の作り方が悪かったのかもしれない、あのビスケットとやらは美味しそうだと思い、意を決してお店に行って、テイクアウトで家に戻り2度目のチャレンジ。そしてやっぱり「食べるんじゃなかった」と思うわけです。

今は控えていますが、から揚げは大の好物。チキンナゲットも美味しくいただきます。ですから鶏肉がだめというわけではありません。骨付きチキンは苦手とはいえ、クリスマスなどにはチキンを買ってきますから、子供のころのトラウマはもうないと思われます。

でもなぁ・・・食べたいと思わないんですよねぇ・・・

 

 

2012年11月25日

11/25 昔住んでいたところ

その「場所」は、その「場所」に暮らしている人のためにあるのであって、かつてその「場所」に暮らしていた人の、思い出のためにあるのではない。

そう思いつつその「場所」に行くと必ずかつて暮らしていた風景を追い求めてしまうのは、亭主だけではないと思います。

亭主自身は実家から、松本、浦和、野田、日立、そしてひたちなかへと居を移し、ふたたび日立へと移り住み現在に至っています。松本に1年、浦和に2年、野田に4年、最初の日立には・・・えーと9年、ひたちなかに6年、そして現在の日立。期間はさまざまですが、その土地土地に思い出と思い入れがあって、いまでも楽しい記憶がよみがえってきます(つらいことは全部忘れました。いやホントに忘れました。性分のようです)。

かつては暮らしていた場所を友人らとおもに訪れて、楽しかった思い出に浸ることもありました。訪れるたびに変わっていく風景に寂しさを感じつつ、この場所はもはや自分たちの場所ではないことをしみじみ感じるわけです。

今まさに暮らしている人は、大きな食料品店や、安いドラッグストアや、最新の医療機関やその他いろいろを欲しているわけで、かつての住民がなんと感じようが、大きなスーパーや便利なバイパス道路ができようが関係のない話なんですよね。

私たちはかつて住んでいた場所に対して、徹底的な傍観者になるしかない。

変化が耐えられないのならば、いっそ再び訪れないほうが幸せかも知れません。

2012年11月24日

11/24 Plextor PX-256M5P(SATA 6GB/s 2.5'' Solid State Drive)

お疲れ様です。亭主でございます。

以前からOSの更新を計画していたのですが、今回、意を決してWindows 7 Ultimateを(いまさらながら)導入してみました。ついでにディスクもPlextorのPX-256M5P(Solid State Drive : SSD・・・固体ディスク)に換装。システムディスクに関してはSSDによるゼロスピンドル環境となりました。

昨晩は延々と新しいドライブへの環境移行作業を実施しておりまして、夜8時ころからドライブへのOSインストールを開始、夜0時にはおおむねすべてのソフトウェア、デバイスドライバをインストールし、これまでの環境をあたらしいドライブに移行することができました。

SSDを使っての感想は・・・とにかく静か。HDDに比べディスクアクセスのタイムラグがほとんどないためOSの動作もきびきびとかなり快適です。値段は256GBで19,970円と、HDDに比べたら高めですが、OSやアプリをインストールシステムディスクはほとんどディスク容量を必要としていなかっため、256GBでも十分すぎるくらいの容量でした。(ちなみにSSDはPC-Depotで購入しております。値段はドスパラ通販価格と変わりありませんでした)

問題はユーザデータなのですが、こちらは現在もHDDに入れて別ドライブで管理中。ハードディスククラッシュは怖いですが、頻繁にアクセスするデータをSSDに入れてもよいかどうか判断がつきかねています。結局、こちらはHDDの内容をこまめにバックアップするしかないのでしょうね。

Windows 8ではなく7を選んだ理由は「OSとして十分にバグ出しがなされ、こなれてきたから」。初物でありタブレットPCで十分な威力を発揮するというWindows 8をあえて使う理由は、いまのところ見当たりません。

OSもきわめて快調、こんどはここからユーザデータのバックアップに入ります。

2012年11月22日

11/22 前へ、前へ。

走ることが亭主にとって、ある種の「自己対話」であることは、かつてのエントリにて紹介しました。

「なぜ走るのか」ではなく、「どうしたら走れるのか」を常に自らの中に問いかけながら、ひたすら前へ、前へを進み続ける。そういえば、なぜ走るのかを考えたことって、なかったですね。日々の練習でも、フルマラソンの苦しい中でも走ることに対する疑問は常にありませんでした。走りたいから走る。常にそう思い疑問に思うことは一度としてなかった・・・ように思います。

思うことは常に「前へ、前へ。」

かつては全然走ることができなかった自分が走れていること、それ自体が奇跡であり、進歩であり、大きな喜びとなっているのでしょうね。

何が一番つらいって、練習で早く起きることかもしれません。もともと低血圧なので、朝起きるときは「このまま道に倒れて死んでしまおうか」と思うくらいにテンションが下がっていたりしますので。

--

亭主が走るモチベーションとする作品をいくつか。

「風の卵をめぐって(チベットのモーツアルト所収)/中沢新一(講談社学術文庫)」

チベットの高原を「異常な身軽さ」「信じられないほどの速さ」で駆け抜ける「風の行者(ルン・ゴムバ)」と邂逅した東洋学者のラマ・アナガリカ・ゴヴィンダが、思いがけず実践した「風の瞑想歩行」の体験から、タントラ仏教における身体論や意識論、身体を「管」という構造体としてとらえ、呼吸によって管へと取り入れた「風」から運動を生み出すメカニズムを考察する。

走ることと、自己の内観とを結びつける直接的なきっかけとなった作品。人間を「管」と捉え、呼吸によって「管」へと「風」を取り込み、「風」を運動へと結びつけていくという世界観、ダイナミズムが自身の直感と一致したことが、亭主の走ることへのモチベーションとなったことは確かです。

「Steel Ball Run / 荒木飛呂彦(集英社)」

「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる荒木氏が、ジョジョシリーズ第7弾としてウルトラジャンプにて連載したコミック作品。19世紀末のアメリカで開催されたという架空の大陸横断レース"Steel Ball Run"を舞台に、、半身不随となり生きる力を失っていた主人公が再び人生を歩み始めるという物語。基本的には少年漫画のフォーマットを踏襲した「能力バトル」を中心にストーリが展開されるが、作中の登場人物はいずれも自身の人生観をもち、信念のもとに主人公と対立する。

多くのレース参加者が馬によって大陸を横断する中、登場人物の一人、ネイティヴ・アメリカンの若者だけがたった一人、自らの足で走破を試みる。そのエピソードを読んだとき亭主はちょうど身体に変調をきたしていて、高熱の中、自身が若者となって、アメリカ大陸横断に挑まなければならない、という夢をなんども見た。出来るわけがない、という無力感と、これからはるか6000kmを走らなくてはならない、という絶望感に包まれたことを記憶している。

だが、そんな無力感、絶望感は覆されることになります。2011年1月21日、間寛平さんが、実に3年の歳月をかけてランとヨットで世界を一周したとき、亭主のなかにあったあらゆる否定的な感情が一切消えうせ、自身の「前へ、前へ。」の気持ちがさらに磐石となったことに気付かされたのでした。

2012年11月21日

11/21 【聴】 Sound Strategies / Brian Eno, Auditorium(isbn:978-88-86784-69-6)

IMAGE
音楽家Brian Enoの作品より、特に近作から15曲をセレクトした企画盤。Discが1枚と、Enoのバイオグラフィ、ディスコグラフィなどが記載された本1冊とから構成されている。イタリアにてリリースされたもので、15ユーロ。

全15曲は、"Music for Films III (1988)"から1曲、"Music for Airports(1998)"から1曲、"coolAugustMoon (2000)"から5曲、"Gritterburg O.S.T(1994)"から3曲、"Logie (2008)"から3曲、"the Drop (1997)"および"Wrong Way Up(1990)"からそれぞれ1曲という構成。20年間の古いところから新しいところまでを微妙に網羅している。"Music for Airports"からの曲が9分と例外的に長いほかはどの曲も5分以内と、全体的にコンパクトな印象。ただし曲調はアンビエントであったりポップであったりと幅広く、その意味ではEnoの音楽を知る上で非常に良い入門編ということもできる。

ちなみに本のほうは、イタリア語で書いてありさっぱり歯が立たない。全48ページ、「サティ・ケージ・イーノ」と題した評論ももちろん内容については良くわからないものの、リファレンスが充実していて(イタリア語がわかれば)読み応えがありそう。なお本シリーズは現在5巻までがリリースされており、そのほかにもArea, John Cage, Paolo Conte, Capovilla (legge Majakovskij)などがフィーチャーされているそうだ。

11/21 楽しい人生とはなにか。答えはすでに最初に手に入れていた。

高校を卒業して、松本の予備校の寮に入ったのが、亭主の一人暮らしの「最初の一歩」だったりします。

もっとも、最初は高校の友人たちが同じ並びの寮部屋にいまして、まるで修学旅行気分というか、非常に楽しい寮生活でした。夜遅くまで語り合ったり、音楽を聴いたり、未成年ですが夜中に酒盛りをしたり。好きな女の子の話をしたり、ときにはケンカもしたりして、しかしそのたびに皆仲良くなっていきました。

いやあ、青春でした。

寮の部屋は、寝返りを打てば壁にぶつかるくらいの長細い部屋、おそらく3畳もないまさに「勉強と寝ることしかできない」部屋でした。当然ながら荷物も、勉強道具と、衣類と、ラジカセ程度。しかしそんな何もない、ゼロからのスタートがかえって身軽で、気楽でした。何もなかった(というか持ち物の数が少なかった)ことから管理も楽でしたね。それに比べて今はといえば、なんだか要らないものが多すぎます。

何もなくても楽しかったのは、おそらくド田舎で生まれ育った亭主が、松本という地方都市の(それなりに洗練された)文化に触れ、なにもかもが新鮮に感じられた(レコード店や書店やゲームセンターを良く巡りました)ことと、気の合う友人たちと一緒にすごせたからなのでしょう。お金なんかなくても充分に楽しかった。

お金なんていくらあっても、退屈だったり一人だったりしたら、楽しくないよね。

独身時代、何かにとり憑かれたようにラーメンを食べ、中古店を渡り歩いていたのは、退屈で、孤独だったからかもしれませんね。

うん。きっとそうに違いない。今はすっごく楽しいですよ。

2012年11月20日

11/20 【読】 「Jazzdomune(菊地成孔+大谷能生、Dommune Books|メディア総合研究所)」

「Jazzdomune(菊地成孔+大谷能生、Dommune Books|メディア総合研究所)」

インターネット発、クラブ・ミュージックのストリーミングサイト"Dommune"から配信された、菊地成孔と大谷能生による狂乱の特殊ジャズ番組"Jazzdomune"。薀蓄と爆笑のトーク、ひたすらに濃い選曲、最高5枚のアルバムを同時再生するDJ Mix、さらにターンテーブルであらゆるもの(アナログにあらず)を回す狂気のパフォーマンスから、「世界一の視聴者数」をたたき出したライブの模様を活字で再現したのが本作、とのこと。

「東京大学のアルバート・アイラー」などのジャズ講義、菊地のプロジェクトDate Course Pentagon Royal Gardenでのコラボなど、最近同時に居るのがよく見かけられる菊地と大谷。本作にあっても二人の息のあった掛け合いが楽しめる。もともとトークについては二人ともお手の物、毎回テーマにそってセレクトされた音楽をつぎつぎと再生しつつ、ジャズの巨人たちの悪口(失礼、当時の評判)だの、有名無名アーティストの珍盤名盤だの、あらゆるゴシップと薀蓄を語りつくす。もとよりストリーミングには放送コードなど存在しないことから、過激なトークが基本、デフォルト。本来ならば放送にて楽しむのが一番面白く、活字で冷静に読むものではないのだろうが、それにしてもやはり面白い。電気グルーヴの「メロン牧場―花嫁は死神」も相当に面白く、また狂気に満ちているが、狂気の度合いではこちらも負けてはいない。

なにしろストリーミングでは、ターンテーブルで寿司やらシャンパングラスやら、プチシューやらがくるくると回っている様が放送されたそうだ。

しかもターンテーブルの寿司を放送中に食ったりして。

しかも醤油までつけて。 あたりまえか。

本書(及びストリーミング)に登場するジャズミュージシャンは、マイルス・デイヴィス、チェット・ベイカー、スタン・ゲッツ、ジョン・コルトレーン、MJQ、ハービー・ハンコックなど大物だが、いわゆるコンサバなジャズ親父に軽視されがちな面子ばかりでもある。ジャズ以外にもジョン・ケージやらシュトックハウゼンやら、果ては歌謡曲などもプレイされることから、ジャズ親父にとってはさぞかし苦々しい内容だろう。ファンならばストリーミングで見て充分、残念ながら見られなかった人が、配信当時の雰囲気を楽しみつつ読むのが良いか。

2012年11月19日

11/19 【聴】 Lux / Brian Eno, Warp|Beat(BRC-356LTD)

IMAGE
音楽家Brian Enoの最新作。7年ぶりとなる本作は、イタリアのトリノで開催されたサウンド・インスタレーション展向けに制作されたサウンドトラックをオリジナル・アルバムとして発展させたものだという。かつてEnoが指向したアンビエント音楽と流れを同じくする、静謐なアンビエント。全4曲。

全てが20分弱のトラックから構成される本作、各トラックは内部で大きく構成がわけられ、全部で12のパートからなるという。ピアノを中心とした単音と、残響音から構成されているが、基本的には「ド」から「シ」までの音から5つを選んだ、5音階の組み合わせをバリエーションとしているという。単純な構成が織り成す、人工的な空間表現に懐かしさを感じる人もいるだろう。作品としてはオーソドックスともいえるが、Eno自身は本作をあらたなアンビエント音楽のシリーズと考えている。おそらくこれからさらにシリーズが展開されていくのだろう。ファンとして大いに期待したいところだ。

11/19 PCの履歴など

'82      NEC     PC-6001
'84      FUJITSU FM-NEW7
'88      FUJITSU FM-77AV40 (秋葉原SYSPECで購入, 専用テレビは96年くらいまで使用していた)
'90      EPSON   PC-286X(80286 16MHz, HDD-40MBは後付け, 秋葉原で購入, 後輩に売る)
'93      EPSON   PC-486NAS(80486 25MHz->50MHz, HDD-100MB, 秋葉原で購入, 同僚に売る)
'95      TATUNG  TS-MT590(Pentium 90MHz, HDD 800MB, TSUKUMOより通販で購入, 同僚に売る)
'97      DELL    Dimension XPS200M(Pentium II 200MHz, HDD 2GB)
'98      自作    Pentium II(400MHz, HDD 10GB, 当時の流行にのり448MHzで駆動)
'00      自作    Pentium III(800MHz, HDD 40GB)
'02      自作    Pentium 4(2GHz, HDD 80GB 弟が引き取る)
'06      SYCOM   Radiant GX1000BP(Core2Duo 2.67GHz*2, HDD 120GB)

・・・奇跡的にも現在まで使用中。そろそろ換えたいとおもってるんですけどね。ハードディスクを500GBytesにし、ビデオカードを高速なものへと換装しつつ、しっかりと使ってます。

2012年11月18日

11/18 夢の中の地図

昨晩の夢。

「終電に揺られ、日立駅に到着。駅の改札を降り、駅前タクシーを拾おうとタクシー乗り場に行くが、OLの集団が同じくタクシーを拾おうとしていてなかなかタクシーの順番が回ってこない」

実は亭主、常磐線や日立駅、日立駅前の夢は、これまでにもなんども見たことがあって、そのどれもが(現実のそれとは違う)同じ風景なのであります。

常磐線は、昭和40年代を思わせるみすぼらしい列車。車両の床が高く、まるで2階建てバスのように天井近くに座席がある(もちろん天井はあります)。電車は東海駅で終点、日立駅で終点などとにかくつながりが悪く、一度電車を逃すと体勢を立て直すことができない。日立駅舎はこれまた昭和40年代を思わせる古さで(最近出来た線路上のモダンな建物では断じてありません)、自動改札はあるものの、あわせて駅員さんがぱちぱちと切符にハサミを入れていたりもするのです。

そして極めつけは日立駅前の田舎度合い。開発というものが全く行われていないかのような素朴なまちなみ、地元を流れる宮田川を中心に、川の北側、南側にぽつぽつと家が点在するほかは、駅前に簡単な食堂と履物屋、雑貨屋が並び、簡単な駅前ロータリーがあるという、まさに日本の原風景とでもいえる風景なのでした。

ここ数年、亭主が日立駅の夢を見るときは、かならず決まってこのド田舎の駅舎が登場し、夢の中では、あるいは目が覚めてもすっかりとおなじみの風景となってしまいました。よく、明晰夢(自分で夢を見ていると夢の中で自覚する夢)を見る人が、こんなシチュエーションはありえない、これは夢であろうと気が付く場合があるそうですが、いかにありえないシチュエーションであっても、亭主のように風景を見慣れてしまうと、それがいかにアナクロな、高度経済成長期以前の風景であるとわかっていても、ごくごく当たり前の風景として受け入れてしまうのです。

亭主自身、何度もこの夢を見、また夢の中の街を歩いていたせいで、このありえない街の中をよくよく把握できるようになってしまいました。

YMOが1993年に再生、リリースしたアルバム"Technodon"の3曲目に"Floating Away"という曲があります。この曲には、SF作家のウィリアム・ギブスンが歌詞を提供しており、ギブスンによる歌詞の朗読が、曲の各所にサンプリング・カットアップされて収録されているのですが、その中に

"Psychogeography"(精神地理学)

という言葉があって、亭主などはまさにこれだ!と思ってしまったのですが、関係書籍を読むとどうもスピリチュアルな場所(いわゆる神域と呼ばれる場所)の話で、少し違う話題みたい。

ただ、ネットを検索してみますと、似たような体験をされている方はほかにもおられるようで、「夢の中の地図」というのはあながちレアな体験でもないのだなと、思ったりしています。

亭主自身、「夢の中の地図」なるものがどういう心の働きで出来上がっているのかは、(腹案はあれど)なかなか決定打となるものはありません。子供の頃の記憶か、都合の良いように単純化された記憶か。この世界が無意識を通じて様々な人と繋がっている・・・というのはないな。妄想しすぎ。

また夢に見たいとは思いませんし(過疎過ぎるし電車接続悪すぎる)見たところでどうということもないのですが、駅からまだ家にたどり着いていないのだけは、気になります。

家、あるんだろうか。

2012年11月17日

11/17 たくさんお仕事をした話

長期出張と称して3ヶ月ほど岡山県は新倉敷に居たことがありまして、朝から晩までホテルと事務所をいったりきたり、納期は迫るし仕事は進まないし、それはもう大変だった時期だったと思われるのですが―――思い出されるのは仕事の合間に岡山市に知人に会いにいったり、新倉敷の町を散策して回転すしを食ったり電気店に行ったり、本屋に行ったりという楽しい記憶ばかりなのでありました。

突然現場で呼吸困難を起こして倒れたり(おそらくストレスでしょう)、一ヶ月に280時間の残業をして給料の手取りが80万円を超えたり(液晶ディスプレイを買いました)、仕事がたまたま早く終わったからとCDハウスジュピターに行ってオーディオ談義をしたりと、忙しいながらもそれなりに楽しんで仕事をしていたように思います。

当時は若かったし、自分と、ほんの少しの自分の荷物以外に守るものもなかったし、そもそも生きる目的なんてものもありませんでしたし。

惜しむらくは当時もう少し見識や知恵や経験があり、筋の悪い仕事を丁重にお断りすることができたなら、少しはましなことになっていたのではないかと思うのですが、給料でいろいろな買い物が出来たのも、長期出張と称して岡山を満喫できたのも、またそもそもここでこういう話が出来るのも、当時の自分と、自分の未熟さがあってのことなのでしょう。

何が良くて、何が悪いのか、判断はそれが終わってから初めて出来るもので、物事が進んでいるときにそれを判断するのは難しい。

お祭りのまっただなか、神輿が断崖めがけてつっぱしっているときに、お前らそっちは断崖だよといったところで、いいから神輿を担げと怒鳴られるようなもの、とでもいいましょうか。

人生は選択の連続だ、などと良く言いますが、実際には選択の機会など意識できず、常に無意識にその場その場でよさそうな方向へと進んでいるに過ぎない。

今、辛い思いをしている人に対して「いつか良い思い出になるから」などと、言ったところで何の解決にもならないのでしょうが・・・亭主的には、過ぎてしまえば、乗り越えてしまえば良い思い出になってしまうようです。あとは辛い思い出を、見識や知識や経験として、前向きに蓄積していけるのなら、おそらく良い未来が待っていると期待しています。

自分はそもそもストレスに弱く、体力的にも弱い人間かと思っていたのですが、思い返してみれば結構修羅場もくぐってきたし、それなりに楽しくやってきたなぁと思えばこそ、これからの人生に希望が持てるというものなのでしょう。

個人的なアドバイスとして「若いときの苦労は買ってでもしろ」はちょっとちがうかな。

むしろ「とにかくやれとりあえずやれ」かな。

誰に言ってるか解りませんが、がんばってください。

2012年11月16日

11/16 オーディオシステム考

2000年あたりでしょうか、以下のような構成のシステムを組んでいたことがありました。
  • Infinity Kappa 6.2i
  • 茨城オーディオ 12V6 p.p.真空管アンプ
  • Denon DCD-3300Gold

プリアンプを介さず、パワーアンプ直結とすることによって音質の劣化を抑えたシステム。シンプルですが、実に味わい深い音だったことを覚えています。難を言えばCDの再生に特化したシステムだったため、アナログやカセットなどのメディアを再生できなかったことくらいでしょうか。

間違いの始まりは、アナログが聞きたい、真空管アンプの劣化が怖いと、DenonのPMA-2000IINを購入したこと。以来プリアンプやCDPをAccuphaseにしたり、パワーアンプをLuxにしたりといろいろと迷走してきました。機器を換えるたびに音も変わり、そのたびに良くなったと喜んできたのですが、改めて全体を眺めてみると改善されてきたのはS/Nばかり、アンプの深い音や、CDPの旨みみたいなものはそのたびに薄れていたようにも思えます。雑多な音、S/Nの低い音の中にこそ旨みがあるのではないか、というのが最近の亭主の持論、見解です。

全ての機器をHi-Fiでそろえるのではなく、あえて一箇所をLo-Fi・・・というか隙を作ることにより、システムに味わいを出す。

亭主の現在のメインシステムは、

  • Rogers Studio 1
  • Orpheus Three S mkII
  • Orpheus Two 2003
  • Acchuphase DP-55V

と、あえてスピーカに隙を作っておりますが、出来ればCDPあたりにも隙を作り、納得のいく音にしていきたいと考えております。隙を作るなどデジタル世代にはおおよそ納得のいかない内容かと思いますが、ちょっと古い機器をシステムに組み込むと、急にシステムに個性が出てきますよ。

11/16 【聴】 Good Vibes / Gary Burton, Atrantic|WEA(WPCR-27085)

IMAGE
ヴィブラフォン奏者のGary Burtonが、自身のジャンルであるジャズを離れ、R&B系ミュージシャンとのコラボレーションにより作り上げたアルバム。1970年リリース。全6曲。参加アーティスト多数、各曲ごとにアーティストが一定しないためその音楽性を一言で説明するのは難しいが、全般にフュージョン的なアレンジがなされている。

ジャンルを超えたコラボレーション作はGary Burtonのみならず、様々なジャズ・ミュージシャンによって制作されているので格段に珍しいというわけではない。アレンジも極めてまっとう、いわゆる「奇をてらった」ものではないだけに、印象はといえば意外に薄いというのが正直なところ。もちろんインパクトが全て、というわけでなくそれぞれにグルーヴを感じるのだが・・・インパクトを重視してしまうあたりは常に新しいものを好む亭主の消費者志向とでも言えばよいか。

面白いのはM3 "Boston Marathon"。Chuck RaineyのベースとRichard Teeのピアノによる坦々としたバッキングのなか、Eric Galeのギターと、Burtonのヴァイブがそれぞれにソロを担当しながら曲を進めていく。坦々としたバッキングにマラソン特有のリズムを、また即興音楽的なギターとヴァイブに沿道の風景を感じさせる。面白い。

2012年11月15日

11/15 走るということ

2006年といえば本当に「最悪」の年で、あらゆる不幸が一気に押し寄せてきた年でありました。

人生に疲れ、もうこのまま死んでしまおうかと考えてみたこと数知れず、しかしなんやかやと忙しく、結局死ねずにだらだらと暮らしていました。楽しいことにも身が入らず、好きなラーメンを食べることすら億劫になる日々。もうこうなったら徹底的に自分をいじめてやろう、否定してやろうとして始めたのが

ジョギングでした。

最初は電信柱と電信柱の間の距離を走ることすらできず、少し走っては歩き、また走っては歩きの連続でした。直線距離で2.5kmほど先のローソンまで行き、そこでウィダーインゼリーを買って、飲んではまたひいこらと戻る毎日。

ところが続けるうちに少しづつですが歩く間隔が短くなり、いつの間にか5km程度ならばなんとか走れるまでになったのでした。

走っている途中亭主がいつも考えていたのは、「どうしたらこの苦しさから逃れられるのか」ただひとつ。

走っているときの呼吸の仕方が悪いのかもしれない、走るフォームが悪いのかもしれない、あるいはエネルギーの使い方が悪いかもしれないと、常に内側に意識を集中していました。取り込んだ空気をどのように身体の中に届けるか、体内の気の流れをどうコントロールしていくか。中沢新一氏の著書「チベットのモーツァルト」のひとつの章「風の卵をめぐって」によれば、広大なチベット高原の台地には「風の行者」なる仏教修行者が居て、大小小石の散在する荒野を、異常な身軽さ、信じられないほどの速さで、まるで空中に浮かんでいるかのようにバウンドしながら瞬く間に通り過ぎていくのだそうです。

亭主自身、この「風の瞑想歩行」なる走法に魅了され、現在に至るまでずっと体内の気の流れを意識しつつ走っています。呼吸とともに取り込まれるのは酸素だけにあらず、植物や大地、風の持つエネルギーを体内に取り込み、自らの身体に蓄積したエネルギーとともにぐるぐると体内を巡らせることで、長距離を走る力を得ています。もちろん、一般的に言われるランニング方法、たとえば腹筋や内転筋などの内側の筋肉を使った走法とか、体重の移動方法なども意識しているのですが・・・

いわゆる体育会系の人たち、さしたる努力をしなくてもそこそこ走れてしまう人たちにはおおよそ思いつかない、「気」の流れを意識した走り方には、運動の苦手な亭主なりの工夫があったのでした。

自分を否定し始めて以降、彼女(現在の妻です)が出来たり、仕事がうまくいき始めたりと急に周囲の状況が展開しはじめ、気が付いたらこの有様です。良いのか悪いのか、正直よくわからないのですが・・・まあ、妻と、まはろくんと、楽しい毎日が送れているのだから、良いといえるのかな?

人生に疲れた方は、走らなくても良いので、ぜひとも一度「自分の苦手なこと」にチャレンジしてみることをオススメします。

膠着した状況、逼塞した状況が、逆から風を通すことで急に動き始めるかもしれませんよ。

2012年11月14日

11/14 茨城オーディオ12V6 p.p. 真空管アンプとは

2000年11月、かつて大甕にあったCDハウスジュピターのオーディオコーナーで購入したもの。

当時ジュピターには真空管アンプが多数おいてあって、そのどれもがいい音で鳴っていたのですが、特にこのアンプは店の顔とでもいうべきアンプでした。

もともとこのアンプは、ジュピターの店長、渡辺さんのお父様が、勝田駅前で営んでいた「茨城オーディオ」当時の部品を流用して作ったものだと聞いています。作ったのは千葉在住のアンプ専業の技術者さん(銘板にはS.Moritoとあります)。特にInfinityのスピーカとの相性は抜群で、ジュピター店内では9.2iと組み合わせて壮大な音場を奏でていました。

亭主自身もこのアンプの音にとことん惚れ込み、こちらから頼み込んでやっとお店の顔というべきアンプを売ってもらったという、思い出深いアンプです。

その後ジュピターは、市内に大規模な店舗(TSUTAYA及びケーズデンキ)が開店したあおりを受けて閉店、店長さんは東京のオーディオ修理会社へと修行もかねて就職してしまいました。しばらくは東京と茨城を往復する生活を続けておられましたが、半年もすると生活のメインがあちらに移り、同時期に亭主も寮を出た結果、互いに連絡を取り合う術を失い音信不通となりました。

さらに、アンプ製作者であったMoritoさんは、やはり2000年頃にガンを患い死去。大甕にあったジュピターの店舗も最近取り壊されてしまい、ジュピターの影は亭主の前から完全に消えてしまいました。

ジュピターは消えてしまいましたが、真空管アンプの豊かな音は現在も健在。12年という時を超え、PCをミュージックサーバーにAuratone QC-66を駆動し続けています。

もし縁があったら渡辺さんとももう一度お会いしたいところです。

渡辺さんのお父様の思い出がつまったこのアンプを、できればお返ししたいなとも、思っています。

11/14 どむや繁盛記とは、あるいはどむや年代記とは

現在はもっぱら読んだ本、聴いた音楽をひたすら記録するだけのブログとなっておりますが、本来は日々の亭主の記録を綴った、いわゆる日記のようなものでありました。

繁盛記・・・という名前は、アフェリエイトサイトとして商売繁盛を狙ったものではなく、無意味で、つまらない人生をなんとか盛り上げようという思いから命名していて、実際このブログを始めた頃は、それなりに読者もたくさん居て、毎日が充実していたものです。アフェリエイト収入はほとんどなく、そもそもAmazonへのリンクは、CDのジャケット写真を自サイトでも使えるからというデザイン的な理由によるものでした。その意味においてはブログ開設当初からサイトの目的を達成していたと言え、まあ現在に至るまでおおむね満足していたりするわけです。

そもそも亭主が、あのようなサイトで、あのような記事を書き始めた理由は、もうずばり自らの生存証明というか定時連絡をするためでしたから、継続的に何か記事をアップロードしていれば、それでよかったともいえるかもしれません。

亭主自身は技術系の人間で、曖昧な記事や、感情に任せた記事を書くことに非常に抵抗がありました。いくばくかの感想は添えたとしても、基本的にブログの記事は事実に基づき、全体から細部へ、一般論から各論へと話題が進むように書いてきたつもり。さらに言えば、限られた時間の中で、どれだけのクオリティの記事が書けるかというある種の「瞬発力」「アドリブ力」を鍛えるトレーニングになればと思って文章をものしていました。結果的に画一的な、「定型」に沿った記事ばかりになってしまいましたが・・・。

本来この「年代記」は、「繁盛記」の中のいちコンテンツに加えたほうが、読者の混乱も少なかったのでしょうが、曖昧な記事、感情に任せた記事、あるいは日記というにはあまりにも時間感覚に乏しい昔話をコンテンツに加えるのは不適切と考え、今回この「年代記」を別ブログとして立ち上げた次第。

構想なし、お役立ち情報なし、亭主自身の視点から、だらだらと書き連ねた「駄文」に関するブログでありますが、どうぞよろしく、ご笑覧ください。

2012年11月13日

11/13 【読】 「ほんとうの親鸞(島田裕巳、講談社現代新書)」

ほんとうの親鸞(島田裕巳、講談社現代新書)

現代日本における最大宗派・浄土真宗の開祖・親鸞。近年は悪人正機説を綴った「歎異抄」の解説本によってさらに知名度を増した親鸞について、宗教学者の島田氏が謎解きよろしく解説した書が本作となる。「歎異抄」に登場する有名な一節「善人なをもて往生をとぐ。いはんや悪人をや」は、日本思想史研究で知られる家永三郎氏が「否定の論理」として高く評価したもので、先に述べた解説本はもちろん、受験問題などにも頻出している。

浄土真宗と親鸞に関しては、他著(たとえば「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのかー仏教宗派の謎」)においても言及している島田氏だが、本書では親鸞の正体について、様々な角度から徹底的な考察を試みている。そもそも親鸞は、ほとんど自筆の書・著作を残しておらず、たとえば「歎異抄」は親鸞の弟子とされる唯円が、親鸞の死後30年を経て親鸞の言葉を著したものなのだそうだ。親鸞に関する情報の多くは絵巻物や弟子への書状からうかがい知るのみ、妻であったとされる恵信尼の言葉もまた彼女が80歳を超えて語られたものであり、かなりの部分が不確実なのだそう。しかも、それら情報のほとんどが相互に関連しておらず、裏をとることすら不可能―――と、ミステリ顔負けの謎に、島田氏が果敢に切り込んでいく。その結論はおそらくは浄土真宗の関係者にとってはかなり都合の悪い、頭の痛い内容と思われるのだが―――そこは読んでのお楽しみ。

もっとも島田氏が本書を記した目的は、浄土真宗という宗派を貶めることではなく、これまで開祖として神聖視され、曖昧にされてきた親鸞の「人間性」を明らかにすることにある。本書から明らかとなった「ほんとうの親鸞」は、師であった浄土宗祖・法然の教えに忠実である一方、自らの信仰に大いに苦悩する一人の人間であったという。乏しい資料と、時代背景から浮かび上がる親鸞の姿に、亭主自身大いに共感するものがあった。

とはいえ、Amazonほかのレビューによれば、島田氏の主張には多くの事実誤認・定説無視が見受けられるようで、かなり厳しい評価が並んでいる。島田氏の実力か、それとも謎解きエンターテイメントとしての割りきりかが判断できないあたり、自らの知識不足が歯がゆく感じられた。 

2012年11月11日

11/11 【動】 第22回坂東市いわい将門ハーフマラソン大会

茨城県県南の坂東市にて開催された題記大会に参加してきました。
天気予報では雨も心配されていたのですが、ほぼ一日にわたってうす曇の天気。
暑からず寒からず、風もないという絶好のコンディションの中、過去最高7827人のランナーが健脚を競いました。

種目は、車いす、ハーフマラソン、10km, 5km(一般)、5km(中学生)、3km(小学生)、親子ペアの部の7種目。特に亭主の出場したハーフマラソンは、岩井市のメイン商店街をスタートに、のんびりした田園地帯を抜け、利根川の広大な河川敷をとおって陸上競技場を目指すコースとなります。全体的に工程差が5m以内と少なく、また難所と呼ばれる場所も比較的少ない(笑)ということで走りやすいレースとして評判なのだとか。

亭主自身は、平日はほとんど走れていなかったものの、土日あわせて30kmのランをこなしておりまして、この日もまあまずまずのコンディション。大会ということでは先日の手賀沼以来2週間ぶりとなりまして、徐々に調子は上がっておりました。

結果は・・・といえば、手賀沼にくらべてタイムは11分短縮(グロス。いや手賀沼はスタートの号砲があっても全然列が前に進まなかったので実際は6分くらいですか)。4700人がエントリしたなかで、おおよそ真ん中より少し前の順位でゴールすることができました。もちろん自己ベストを更新。これまで亭主、順位はといえばせいぜい真ん中より少し後ろが多かったため、このタイム短縮は個人的にかなりうれしいものでした。

それにしても今大会、「走りやすい」という評判どおり、非常に快適に走ることができました。ゆるやかな傾斜が続くコースとなっているため、特に上りを練習してきた亭主にとってはとても楽。難所と呼ばれる、他のランナーがつい歩いてしまいそうな後半のポイントも鼻歌混じりで上ることができました。いや実際、日立の海岸沿いのコース走ってたらちょっとした坂なんかは平坦と一緒ですよ。実際。

途中、近隣の皆さん、ボランティアのスタッフの皆さんから多くの声援をいただきました。また他のランナーの皆さんの激走がなければ、実力以上のペースを維持することはできませんでした。

本当にありがとうございました。

会場では、福祉施設の方が作ったというカレーパン(おいしかった)と、将門煎餅を購入しました。
お餅と、トン汁も食べたかったのですが・・・こちらは大行列ができていて、断念。



2012年11月 3日

11/03 【聴】 Afrodita / Tokyo Zawinul Bach, Airplane(AP-1048)

IMAGE
キーボーディスト・坪口昌恭のジャズ・プロジェクト、東京ザヴィヌルバッハの最新作。これまでジャズ的なアプローチを重ねてきた氏のプロジェクトにあって、異色のエレクトロニック・サウンド。自動変奏シーケンスソフト"M"なるものを駆使した本作では、フェンダー・ローズによる自由闊達かつトリッキーな演奏が楽しめる。全9曲。

エレクトロニックを全面的にフィーチャー・・・とあるが、手法そのものはジャズ/ファンクといったブラック・ミュージックをベースにしている。ヒップホップやアフリカ民族音楽、あるいは変拍子と、そのこだわり・徹底した作りこみは尋常ではない。奇妙な側面ばかりがクローズアップされがちだが、フェンダー・ローズから奏でられるメロディの流麗さは、一度聴いたら病みつきになるほどの常習性が潜んでいる。ローズ・ピアノの耳心地の良さ、マイルドな音色が癖になる。

2012年11月 1日

11/01 【聴】 Sky was Dark / De De Mouse, not(NOT0001)

IMAGE
遠藤大介のソロ・プロジェクト、De De Mouseの最新5thアルバム。子供の声を思わせる不思議なヴォイス・サンプリングと、叙情的なエレクトロニカ・サウンドを得意とする彼が次に到達した境地は、「一夜限りの過去への旅」。全11曲。

初期アルバムである"Tide of Stars", "Sunset Girls"の作風を受け継ぐ懐かしいメロディと、エレクトロニカ的なキラキラ・ころころしたハイスピード・リズムが本作の特徴だろうか。以前のようなある種の「あざとさ」は影を潜め、エレクトロニカの要素がさらに強まっている。亭主自身、当初はキワモノと思っていたのだけれど、アルバムを重ねてみると一過性ではない個性がはっきりと際立ってきている。表題作である"Sky was Dark"あるいは"Star Appears"ではハードなブレイクビーツ(というよりもドラムンベース)を組み合わせ、まったりとした曲の多いアルバムの中に緊張感を与えているあたりも面白い。

アルバムのコンセプトがイマヒトツ伝わってこない(オリジナル・ストーリを記したブックレットまで同梱されているのに!)のは残念だが、情景描写を目的としたサンプリング音が一切含まれて居ないのだから仕方ない。音楽から情景を再構築するのは難しいだろう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。