« 11/28 【読】 「JOJOmenon(荒木飛呂彦+集英社Spur編集部、集英社)」 | ホーム | 11/29 浦和の思い出 »

2012年11月29日

11/29 【聴】 どこにもないランド / 藤本敦夫, Najanaja(FJCD-1001)

IMAGE
YMOの初期サポートメンバーとしてツアーに同行。近年は妻の橋本一子とともに"Ub-X"を発表した藤本敦夫の2010年作品。ちなみに藤本氏、かつてはジャズ・フュージョン系ミュージシャンのアルバムに多く参加していたが、交通事故に遭って以来後遺症に悩まされ、本作は久々の作品、体調不良を圧してのリリースだそう。

メロディ、パーカッション、ベースラインまで、あらゆるパートを自分ひとりで担当・ミックスにより仕上げた作品。ボサノヴァの日本的解釈、本格的なボサノヴァのリズムに、ポルトガル語的なイントネーションの日本語を重ねることで、独自の世界を作り出している。体調を考えてか、最長でも5分27秒、最短では53秒という小品23曲が収録されていて、気軽に聴けるのがうれしい。

それにしてもこの作品が只者ではないと感じさせるのは、その歌詞の特異さ、意味不明さにある。たとえばM1「ぶっとんだ!」では、いきなり冒頭で「吹き飛ばそうとしたら、自分が飛んだ~♪」と聞き手の度肝を抜く。おそらくボサノヴァの歌詞、ポルトガル語の雰囲気を日本語で再現するために単語を注意深く選んだのだろうが・・・はっぴいえんどがロックを日本語化し、いとうせいこうがラップ/ヒップホップを日本語化したのと同じく、藤本氏はボサノヴァを日本語への世界へと引き入れているといったら言い過ぎだろうか。

ちなみに藤本氏、本作にてもうひとつの試み「ポリグルーヴ」の曲を2曲収録している。整数比にて構成されるパーカッシヴなリズムを重ね合わせることで、民族音楽とも、またドラムンベースとも異なる音楽を作り上げている。その方法論は菊池成孔のプロジェクトなどにもおいても頻繁に引用され、前衛音楽/コンテンポラリージャズのなかでは割とメジャーなものとなっていると思われる。作風としては仙波清彦あたりにも近いだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://domuya.music.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2795

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、かたぎりが2012年11月29日 23:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11/28 【読】 「JOJOmenon(荒木飛呂彦+集英社Spur編集部、集英社)」」です。

次のブログ記事は「11/29 浦和の思い出」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。