2012年12月アーカイブ

2012年12月31日

12/31 2012年を終えるにあたり

どうもです。亭主です。

本年も、「どむや繁盛記」をご愛顧くださいまして、まことにありがとうございました。
結婚以降がっつんがっつんと更新頻度が減り、もはや風前の灯といいますか、正直人も来ないし、とっとと店をたたんでしまったほうが精神的にも肉体的にもらくだよねと、そんな話も出たり出なかったりしている今日この頃です。

廃墟も、「食」のコーナーも更新停止状態、このまま残しておくのも忍びないのですが、そもそも消そうとしますと、メニューバー(画面の上のほうにあります)を作り直さなければならず、これが実は専用のソフトで作ってあったりして直すのが大変面倒なのですね。様々なデザインを変えようにも時間がなく、リニューアルしようにもアイデアがなく、もうあらゆる部分でないないづくし。

なんだかおかしな話の流れになってしまいましたが、サイトのリニューアルは喫緊の課題。なにしろ「繁盛記」、年間に3件しかコメントがない(しかも2件は自分)というすたれっぷりは異常事態でありまして、まじめにこのままでよいとは思えないのです。

思い返してみるに、2012年は、個人的にはわりかし激動の年でありました。

が、「どむや」にとっては来年こそが激動の年であると思われます。
Facebook, Twitter, はてなブックマーク、Typepad、Rocket BBS、Phile-Webコミュニティ、MixiそしてLacoocan(このサイトです)。

LacoocanにはホームページのほかMovable Typeによるブログ、PukiwikiによるWikiなどがありますが、今後少しづつ(あるいはドラスティックに)変化していくものと思われます。

人は望む望まざるにかかわらず、変わっていくものです。
ならば人を映す鏡たる「どむや」もまた変わっていくものなのでしょう。

2004年5月にリニューアルオープンした「どむや」が今後移り変わってゆくさまを、ぜひ見守っていって欲しいと思っています。

2012年は大変にお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。





2012年12月30日

12/30 【聴】 Out on the Fault Line / The New Master Sounds, P-Vine(PCD-93595)

IMAGE
Eddie Roberts(Guitar)を中心としたイギリスのジャズ・ファンクバンド、The Newmastersoundsの最新アルバム。自主レーベル"One Note"からのリリースだが、日本ではP-Vineからの発売となる。1991年からの活動、2001に1stアルバムをリリースということで、本作は活動21年目、アルバムリリース11年目、ついでに10枚目のアルバムとなる。

一聴してすぐわかる、正統派UKファンク。うねるようなベースラインとハイスピードのエレクトリック・ピアノ、それにファンキーなパーカッションの組み合わせが聴き手をぐいぐいと引っ張る。彼らの身上とする「ディープ・ファンク」と呼ぶにふさわしい「黒さ」「あざとさ」もあって、全編安心して聴くことができる。亭主がはじめてこのアーティストの名前を知ったのは、たしか2001年のオランダ出張、アムステルダムのFAMEというレコ屋が初めてだった。当時もかなりこなれたサウンドだったと記憶しているが、アフリカ系アメリカ人が参加しないファンク・バンドのなかでは、確実にファンクを体現していた。もちろんUKファンクということで幾分控えめだったとは思うのだが、当時も、また本作においても、しっかりと「黒さ」を出してきてくれるのはナイスだ。コーディロイのような「ネタ」に走らないあたりも好感が持ててマル。

2012年12月28日

12/28 巡礼の日々

少し日にちがあいてしまいました。すみません。

独身時代は、毎週CD店と、電気店、オーディオ店、それに本屋をめぐるのが趣味でした。

もちろん中古店も含みますからBook-Off 、Hard-Offもその中に含まれました。

近くは水戸、遠くは土浦、柏、宇都宮あたりまで、思いつくままにぐるぐると回っていました。

福島に足を運んだこともありましたが、不確実な情報(いわゆる知り合いからの又聞き)のまま行ったため、よくわからずに帰ってきた、というのが実態で、その後はあまり行かなくなったのですが。

毎週違う場所を巡っていましたが、店に並ぶ品物というのはそうそう入れ替わるものでもなく、いわゆる掘り出し物、探しているものが早々見つかるわけでもありません。

淡い期待とともに店に入り、ああ、今日も欲しいものはなかった、心を動かされるものはなかったと軽い失望、軽い安堵感とともに店を出る。日々がその繰り返しでした。

なにか目的があるわけでもなく、欲しいものがあるでもなく、ひたすらに車を走らせ、店に入り、出るという行動の繰り返し。「買い物」という本来の行動、行動の意味は失われ、目の前にない「何か」を探す日々はある種の巡礼のようでありました。

ではどれほどのものが、巡礼の結果得られたのかといえば、これがほとんど「無」に近く。

むしろその旅程、行く先々で見る光景や、流れゆく風景にこそ得るものがあったように思います。

結婚してこの巡礼は終わったのですが、今でも様々な光景、風景は心の中に残っていて、時々思い出してはそのときのことを懐かしんでいます。

 

2012年12月27日

12/27 【読】 「語源で楽しむ英単語-その意外な関係を探る-(遠藤幸子、生活人新書)」

「語源で楽しむ英単語-その意外な関係を探る-(遠藤幸子、生活人新書)」

東横学園女子短期大学助教授。英語史家、翻訳化としても知られる氏が、現代英単語のルーツを解説した書。意外な3つの単語を挙げ、ルーツをさかのぼることによって、印欧祖語からどのように言葉が分化していったかを軽妙な語り口で説明する。 動詞、名詞、形容詞、数詞など、解説される単語は相当数にのぼる。2007年3月刊。2009年に第3刷を数える。

英単語のルーツをさかのぼることで、はるか古代にヨーロッパのどこかで生まれた人類文明と、そこに暮らした人々の生活・宗教観・価値観に触れることができる、というのが本書の主眼。英語の勉強にはおおよそならず、単に知識欲、探究心を満足するだけのためにある、といっても過言ではない。もっとも、亭主のような古代史好き、言語好きな人間にとっては、これほど面白いことはない。印欧祖語の持つ独特な語感に、ドイツあたりの森林地帯を音も立てずに行き交う古代の人々の息遣いを感じてしまうのは亭主だけなのだろうけれど。

本書を読むと印欧祖語の辞書が欲しい、とか、印欧祖語に対する解説書が欲しい、とか、総論から各論にいたるまで様々な知識が欲しくなるのが人情―――というかこれも亭主だけなのだろうが、印欧祖語というのは研究者が想定する仮説の言語であるらしい。死海文書のようにどこかからごっそりと文献が見つかったりすれば面白いのだろうが、いまのところは研究者によって書かれた断片を、Webで拾っては細々と読むしかなさそうだ。

2012年12月25日

12/25 【聴】 増殖気味 X≒Multiplies / HMOとか中の人。(PAw Laboratory.), Umaa(UMA-1009,1010)

IMAGE
Vocaroid "初音ミク"をフィーチャーし、YMOのファーストアルバムをまるっとカヴァーした"Hatsune Miku Orchestra"がスマッシュヒット。徹底した原曲への愛着と、ゆるさ丸出しのジャケットが多くのファンを生み出した"HMOとか中の人。(PAw Laboratory)"の最新2ndアルバム。今回はYMOのアルバムから「増殖Multiplies」を、ギャグ込みでカヴァーしている。DVD含めた2枚組。限定版にはねんどろいどの初音ミクフィギュアもついてくるらしい。

(音声合成によって作られた)ミクの声を人間の声・発音に近づけることでVocaroidとしての可能性を提示していた前作。これに対し本作では、むしろ声優を前面に押し出し作品としての完成度を追求している。不自然な発音は影を潜め、全編にこなれた「萌え系」ヴォイスが展開する。英語、日本語ともに聴き取りやすく、身もふたも無く言えば「別にVacaroidに歌わせなくともいいじゃん」という感じすらする。楽曲のカヴァー具合もなかなか手馴れていて、好感がもてる。

一方でいただけないのは、増殖のギャグを真似た、Vocaroidと声優による寸劇コント。言っても詮無い話ではあるが、だらだらとして野暮ったく、聴くに耐えない。SF作家の野尻抱介氏がシナリオを書いたそうだが、想像を絶するつまらなさ。シュールだったり、あるいはほのぼのだったりするが、そもそも声優にまったく興味の無い人間が、これをどう楽しんだらよいのかまったくわからない。途中なにやら必死になってみたり絶叫してみたりと聞き苦しい部分も多い。プレイリストからギャグのみを消そうにも、一部音楽とかぶっているあたりもがっかりだ。

ボーナストラックはThe End of AsiaのライブバージョンおよびTAISO。こちらは気合が入っていて良い。

2012年12月24日

12/24 メリークリスマス

今年もクリスマスがやってきました。

メリークリスマス。

最近はタイなど仏教国でも、クリスマスをお祝いしているそうです。
キリスト教本来のクリスマスではなく、サンタクロースというあらたなアイコンが、クリスマスを世界中に広げています。

いいじゃん。

そしてここには、キリスト教ともサンタクロースとも関係ない方向で、なおかつクリスマスをお祝いすらしていないお方もおりまして。

20121224mahalo.jpg犬用ケーキ。夢中で食べていました。

食べ終わるまで、一度も顔を上げなかったのよ(^^;)

2012年12月23日

12/23 【読】 「勝負脳の鍛え方(林成之、講談社現代新書)」

「勝負脳の鍛え方(林成之、講談社現代新書)」

脳神経外科。日本大学医学部付属板橋病院にて救急救命に携わり、「脳低温療法」など画期的な救命方式を考案する著者が、スポーツや勉強、ビジネスにおける「勝ち方」について脳科学の観点から解説した書。

事故などにより植物状態となった患者の意識を、「脳低温療法」により回復することに成功した著者。植物状態にあっても本人はしっかりとした意識を持ち、外界からの情報を取り込んで自ら感じ、考え、記憶しているという患者の証言から、人間には「内意識」と「外意識」という二つの意識があるという独自の理論にたどり着く。「意識」「心」「記憶」の3つの働きを調整する「ドーパミン系神経群」を「モジュレーション神経群」と名づけ、モジュレーション神経群が人間の「心」「技」「体」へどう影響するかを考察したのが本書―――といったところか。

帯には「北島康介絶賛!」「諸見里しのぶ推薦!」などと景気の良い言葉が踊っていて、思わず手にとってしまうインパクトがある。脳科学の専門家が、日ごろライバルたちとしのぎを削るスポーツマンやビジネスマンたちに、必勝のテクニックを伝授する、となれば、誰しもがよしいっちょう読んでやろうではないかと思うに違いない。ただし内容はといえば、「脳科学」というより、「人生指南」に近い。サイコサイバネティックス理論を応用せよ―――と高尚な言葉で期待させるも、次にくる言葉は

「目的と目標を明確にする」
「目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する」
「目標を達成するまで、その実行を中止しない」

うーん。そりゃそうですけどね。

そのほかにも多くの「必勝のテクニック」が語られているのだけれど、どうにもぱっとしないというか、ずばっと心に切り込んでくるものがない。「最初から100%集中せよ」「相手の攻撃は最大のチャンス」・・・などとなにやらそれらしい文句が並ぶものの、読んでみると至極当然、「やられた!その方法があったのか!」という感じがまったくしないのだ。氏が画期的な治療法を開発した医者である、という実績をかって読むから読めるものの、そうでなかったら読む気が起こらない。

さらに不満なのは、持論の正当性を、様々な事例から都合よく引用している点。イチロー、野口みずき、ジム・ブラドック(ボクシング)などそうそうたる面々の業績が引用されるものの、引用するスポーツのジャンルや行動のポイントに一貫性がないため、まるでとってつけたような説明に終始している。いくら実績があるとはいえ、「あれもプラズマ」「これもプラズマ」とやられると、読んでいるほうもいい加減にせいとうんざりしてくる。たとえば氏が一人のアスリートのトレーニングを監修し、たとえば水泳、たとえばマラソンと、ひとつのジャンル・一人の体験に絞って、実績を語るならばまだよいのだが・・・。

事例研究も節度を守らないとわけがわからなくなる、という好事例かと。

2012年12月18日

12/18 ただいま絶賛衰弱中

どうもです。
亭主です。

最近ちょっと精神的にきつい日が続いておりまして、
なんといいますか、もうね、朝のまはろくんとのお散歩のときとか、
会社帰りの道すがらとか、そのまま倒れてしまいたい衝動に駆られております。

倒れないんですけどね。

気分としてそんな感じ。

--

精神的にきついと、夜あまり眠れないのですが、夢もまた良く見たりします。

今朝の夢は、

なぜかはわからないのですが野生の豚を捕獲して、黒いゴミ袋をかぶせている。
ゴミ袋をかぶせられた豚は、よくわからないもののとりあえずゴミ袋をかぶったまま、あちこちうろちょろしている。
亭主自身はといえば、ゴミ袋をかぶった豚を見つつ、巨石がごろごろする川の岸辺をあるいているんですが、どうも川から温泉が沸いているようで、岸辺がレジャー施設になっているのですね。
バーベキューをする親子あり、川岸がホテルの庭園と直結していたり。
でもって亭主が岸から足を川に突っ込むと、なるほど確かに温かくて、でも水と湯が混じっているので時々温かい、時々冷たいと本格的に風呂という感じではないのですね。

私は川岸から少しはなれたところで先ほどのゴミ袋をかぶった豚を捕まえまして、ゴミ袋をとる一方で首輪をつけて、この豚さん(意外と巨大)とお散歩にいこうとするのですが、豚さんはといえば泥の中に鼻先を突っ込んで泥だらけに。
さっき川もあったし、豚さん水浴びにでも連れて行こうかなぁと

思ったところで目が覚めた。

--

目が覚めて、ああ、あの黒いゴミ袋をかぶせられて何も見えずうろちょろしている豚さんは、私だったのだなと。

そんなことを思った朝4時なのでありました。

2012年12月17日

12/17 Ortofon Concorde 105の記事を発掘

そのむかし、OrtofonのConcorde 105という小型ブックシェルフ型スピーカを持っておりました。

2001年12月のこと。

オーディオ界隈では大変に評判の良いスピーカで、多くのユーザが使っていたと記憶しています。実際、マニアの中には、このスピーカを複数購入し、トーンゾイレにして使っていたというつわものもおられるそうで。まあ正直そこまでせんでも良いとは思うのですが・・・。

先日ふと思いついて過去ログをあさっていたところ、購入時のインプレなどが発掘されましたので、虫干しついでにここにおいておきますね。

需要があるのかどうかは、知りません。亭主自身8ヶ月で売ったと書いてありました。

--

<<メーカ概要>>

 Ortofonはデンマークのカートリッジ・メーカで、オーディオ用、DJ用カートリッジを供給。また、同ブランドでスピーカケーブルやRCAケーブルなども販売しており、国内においても良く知られたアクセサリーメーカでもある。Concordeのシリーズ名はこれまでカートリッジにつけられていたもので、オーディオ用スピーカとしてはConcorde 105(\40000/Pair)のほか、Concorde 1614(\80000/Pair) をラインアップしている。

<<仕様>>

 エンクロージャはW140×H218×D207(mm)、2.6kg(1個)。前面には24mmのドーム・ツイータと100mmのペーパーコーン・ウーファがそれぞれ同軸上に配置されている。また、背面にはバスレフポートがあり、小型スピーカ、小口径のウーファが苦手とする低域を補っている。周波数特性は80Hz~25000Hzと高域に向って広帯域。インピーダンスは6Ω、出力音圧レベルは87dB/mと、小型スピーカとしては平均的な性能といえる。防磁設計。

<<インプレッション>>

 音の傾向は、昨日聴いたGale 4が中域を中心とした音場感で聞かせるタイプとすれば、こちらはアンプからの音を素直に再生するタイプ。購入して初めて音を出した際には低域の固さが気になったが、数時間慣らすうちに低域の固さは消え、ある程度の量感が得られるようになった。高域は、当初からしっかりと出る。ただし、色付けが少ない分乾いた音に聞こえる。  幾つかソースを聴いてみた。

"The Joy of Standards / Joe Chindamo Trio, 澤野工房"ピアノ、コントラバス、ドラムのピアノ・トリオ。ピアノソロは右手が硬い。前面にグイグイと出てくるような雰囲気はなく、むしろさっぱりとした印象。コントラバスの感じは出ているものの、ピアノの音と混じると主体性が失われてしまうのが残念。ドラムはシンバルの音が乾いた感じ。

"Matchbook / Ralph Towner, ECM"ギターとビブラフォンの組み合わせ。弦の音はそれほど前に出ず。ビブラフォンの高域に抜ける音はしっかり伸びていて存在感をアピールしている。美しい。ツイータの性能が光る。

"Night Music / Sugiurumn, Midi" 男性ヴォーカル+シンセの音。シンセのふわりとした音は雰囲気良し。ディレイやエコーを使った擬似的な音場も充分に再現される。椎名純平のヴォーカルはまあまあ。

"Expo Expo / m-flo, Avex" 女性ヴォーカル+シンセの音。ヴォーカルのLisaの声はもう少し伸びて欲しいが、金属的な音はしっかり伸びているので録音の良し悪しか。音数が多くなるとごちゃごちゃと混濁する。

<<まとめ>>

 高域は優秀で、キラキラした音はさっぱり気味だが美しい音。中域は控えめでヴォーカルなどは引っ込み気味。低域の量感はほどほど、解像度は今一つ。音が積極的に出てこない点、音数が多くなると音が混濁気味となる点は気になるが、ピアノ・ソロやミニマル・ミュージック、器楽曲のような楽器の見える曲では気持ちよい音が聴ける。駆動力のあるアンプならば、ヴォリュームを上げて部屋を音で満たすのがよい。サブウーファの追加も面白いかもしれないが、キビキビした低音を得るための工夫が先決だろう。

 

2012年12月15日

12/15 【聴】 After Hours 2 / 山中千尋, Verve|Universal(UCCJ-9127)

>IMAGE
おなじみジャズ・ピアニスト山中千尋の最新アルバム。日本ゴールド・ディスク大賞に選ばれた前作"After Hours"の続編としてリリースされた。ギターにアヴィ・ロスバード、ベースに中村恭士、脇義典らが参加、リズム・セクションのない、少し趣の異なるピアノ・トリオが楽しめる。2012年9月にニューヨークにて録音されたもの、とのこと。初回限定盤にはDisc 2としてDVDが付属している。

"Fly Me to the Moon", "Just One of Those Things", "Moanin'", "Autumn Leaves"などなど、超有名曲が居並ぶアルバム。本作にはドラムが参加しておらず、ピアノの調べがそれぞれの曲のリズムを支配している。山中千尋の演奏は基本的に軽快で、陽性のサウンドが大半を占める。本作においてもその方向性は変わらないのだが、ピアノがリズムを支配している、となると、まるでバーの一角で、食事のBGMとして演奏しているかのような印象を受けたりもする。悪くない。主旋律からピアノがすっと引くと同時にロスバードのギターが張り出し、ソロをとるあたりもこれまでのアルバムとは異なる趣向。こちらもまた悪くない。

いわゆる「続編」という立ち位置がもったいないほどに様々な工夫が凝らされているアルバム。冬の夜のお供にどうぞ。

2012年12月14日

12/14 【読】 「日本人のための食養生活―これを食べれば医者はいらない(若杉友子、祥伝社)」

「日本人のための食養生活―これを食べれば医者はいらない(若杉友子、祥伝社)」

今年75歳。23年前に静岡で食事研究のための店を開店、17年前には京都市綾部に移住し、以降綾部で自給自足の生活を続ける「食養研究家」若杉友子氏による食のエッセイ集。一汁一菜、粗食を基本とした食事法が人気を呼び、日々料理教室や講演会のため全国を飛び回っているという氏が、現代日本人の食生活に警鐘を鳴らす。2012年4月刊。

自らや仲間たちが栽培・収穫した食材を使ったお惣菜、砂糖を使わず、味噌としょうゆ、塩などの調味料だけで味付けした素朴なおかずによって、多くの人の健康を回復してきたという若杉氏。肉や魚、乳製品を使わず、また加工食品にも一切手をつけない徹底ぶりは、菜食主義者のそれを髣髴とさせる。古きよき時代の日本の食生活が日本人にもっとも適しているという考え方は、いわゆる「おばあちゃんの知恵袋」のようなものか

―――と思っていたら。

思想家でマクロビオティック(マクロビ)の提唱者、桜沢如一(ゆきかず)氏の著書「新食事療法」に影響を受けたものなのだという。ナトリウムとカリウムのバランスを易経の陰陽で説明するなど独自の理論展開で知られた桜沢氏の考え方を、「おばあちゃんの知恵袋」的テイストとしてアレンジしなおしたものが若杉氏の食養論といえるだろう。LOHASや菜食主義の人気などとあいまってマクロビにもまた多くのファンがいるようだが、現代において「マクロビ」は疑似科学の一種としてとらえられている。本書においても「好転反応」「原子転換」などといった単語が並んでおり、お年寄りが口にするとは到底思えない、誰かの入れ知恵的な、オカルティックな雰囲気すら感じられる。若杉氏自身は「ここに書いてあることは絶対に守らないといけない、これ以外は全部間違っている、なんて杓子定規に思わないでください」と寛容な言葉を述べているものの、読み進めてみると「危険」「極悪」「愚か者」など物騒な言葉で警鐘を発し、陰謀論に陥っている部分もあって、読むほどにゴリッ、ゴリッと随所に引っかかるものがあった。

もちろん、亭主として共感できる部分は少なくない。医学の最新研究によれば、日本人はカロリーのとりすぎ、肥満が糖尿病や高血圧、がん(!!)などの原因であるのだそうで、その視点からも粗食の大事さは十分に理解できる。精製塩よりも、ミネラルを多く含んだ自然塩のほうが健康に良いことは用意に理解可能であるし、自らが精魂こめて育てた野菜が美味であることは自身も体験しているのだけれど―――。

2012年12月12日

12/12 Luxman M-7f

Ibaraki Audio 12V6 p.p. Tube Ampの次に導入したのが、LuxmanのM-7f。

2001年10月に、柏のオーディオユニオンで買いました。

Luxmanの製品の音は、L-501sを聞いた際に「良いなぁ」と素直に感じていて、いつか使ってみたいと思っていたのですね。甘みがあって、ふくよかな、趣味人のための音。DenonのPMA-2000IIを購入した際にL-501sを比較試聴し、その良さに十分魅了されたものの、少しお高いということで断念していたのでした。

M-7fを聴いたときもやはり「良いなぁ」と素直に感じ、これなら(劣化が心配される)真空管アンプと似た雰囲気が楽しめるかもしれないと期待したのです。当時Control AmpとしてAccuphaseのC-275Vを使っていて、AccuphaseとLuxmanではまったく音の傾向が違うことは重々承知していたのですが、音質劣化をなるべく避けるうえでAccuphaseはベストであり、一方で音にうまみを与えるという点でLuxmanのパワーアンプもまたベストであると思っていました。

果たして自宅で聞いた音は、圧倒的なスケール感をもった雄大な音。

これはすごいと、大満足したのでした。

ただ・・・使い続けるうちにM-7fの特徴である「うまみ」が、いわゆる定位感を阻害しているのではないかという疑念がわき始めたのも確か。当時のスピーカ、Infinity Kappa 6.2iが音場型のスピーカであったことも重なって、音に輪郭のない、どちらかといえばぼんやりとした音に聞こえるようになってしまったのです。

結局、2004年4月に、Orpheus Three S mkIIを買うまでの約3年間この「定位」「輪郭」で悩み、最終的にOrpheus導入を決断した次第。

当時は、M-7fを2台購入し、BTL接続で左右独立にスピーカを駆動しようとか、真空管アンプを低域側、M-7fを高域側にそれぞれ割り当てようとか、いろいろと画策した記憶があります。最終的にはオークションで売却しました。

正直、持っていても良かったのかもしれませんが、とにかく重量があるうえにおき場所に困っていたのですね。

置く場所があったら所有し続けていたか・・・はわかりません。が、やはり亭主はまだLuxmanを使うことをあきらめていないし、そのよさを十分にM-7fで発揮できなかったことを心残りに思っています。

できればいつか、Luxmanのオーナーに再度なってみたいと思いますね。

12/12 【聴】 MS00 - Beyond the Dance - Transmat 4 / V.A., Lastrum(LACD-0235)

IMAGE
Derrick Mayが主催するデトロイト・テクノのレーベル、Transmatより、デトロイト・テクノのコンピレーションアルバムがリリースされた。いわゆる大御所から、Transmat系アーティストまでを満遍なく取り揃えたファン垂涎のアルバム。2枚組、全23曲。

参加アーティストはJohn Arnold, Digital Justice, Choice, Louis Haiman, Psyche, Double Helix, Tony Drake, Sans Soleil, A Scorpion's Dream, Silent Phase, Karim Sahraoui, Microworld, Rennie Foster, Yotam Avini, Chronophone, Kenny Larkin, Greg Gow, Zak Khutoretsky, Deep'a Biri, Gene, Craig Sherrad, Stephen Brown, DJINXX, そしてDerrick May。2曲を提供したアーティストは一組(Karim Sahraoui + DJINXX)のみ、あとはすべて1曲づつの提供となっている。いずれも正統派・正調・ガチなデトロイトであり、いわゆる変化球・クセ球が一曲もないあたりが清清しい。具体的には、たとえばヴォーカル曲は含まれていないし、Moodymannのようなブラックな曲、サンプリングやカットアップを多用した曲もない。Derrickの作品に向かう意気込み、真摯さが伝わってくる。彼自身の新曲も、Rythim is Rythimらしい曲調で抜群の安定感を誇る。

2枚組みということで分量は多め。シンセの音色と、デトロイトならではのエモーションを感じたい人はぜひどうぞ。

2012年12月11日

12/11 【読】 「日本の歴史をよみなおす(全)(網野善彦、ちくま学芸文庫)」

「日本の歴史をよみなおす(全)(網野善彦、ちくま学芸文庫)」

山梨県出身の歴史学者。日本中世史を主たる研究対象とし、「無縁・公界・楽」「異形の王権」など多数の著書を著す氏が、日本中世史の真実を克明に表した書。本書は2005年刊だが、もともとは1991年に刊行された「日本の歴史をよみなおす」および1996年刊の「続・日本の歴史をよみなおす」を併せて1冊としたもの。

大学での講義録・網野氏の語りを筑摩書房の編集者たちがテキストに起こしたもの、ということで、全般的に平易な文体で書かれている。中世における日本人の識字率の高さとひらがな・かたかなの成立を述べた第1章「文字について」、中世にも貨幣経済が存在し、いわゆる現代の銀行業務のようなものまであったとする第2章「貨幣と商業・金融」、さらに中世における「非人」が、いわゆる蔑視の対象ではなく、むしろ神との交信・ケガレをはらう聖なる職業であったとする第3章「畏怖と賎視」など、興味深い内容がならぶ。その多くは、我々の習ってきた・・・というか我々が当然と考えてきた知識とは真っ向から食い違うという点が本書の注目すべきポイントだろうか。識字率の高さ、金を貸して利子を取る金融業務の存在などはいうまでも無く、それ以降の章でも我々の知識はどんどんと覆る。中世の女性は圧倒的に自由であり、権力者として、また職能集団として権威を振るっていた・・・とか、日本は農村社会ではなく、海路によって形成された海洋国家である・・・とか、いわゆる「水呑百姓」には豪商が含まれていた・・・などなど、古代から中世の日本がいかに豊かで、また生き生きとしていたかを思い知らされる。

失われた日本の姿を明らかにする知的冒険。「すべての日本人が読むに値する数少ない本」という帯の惹句は、ダテではない。オススメ。

2012年12月 9日

12/08 ウイスキーの思い出

中学生の頃だったか、父親につれられ埼玉の長瀞に蜂の巣をとりに行ったことがあります。

亭主の実家のある地方では蜂の巣を取ることを「スガレ追い」といいましてクロスズメバチの巣(だと記憶しています)を探し出しては巣からハチノコや成虫になるまえの幼虫をとって、寒露煮にして食べるのです。

スガレ追いの方法は至極簡単。現地で蛙を調達し(鶏のささ身でもよい)、皮を剥いて肉を木の枝などに刺しておきます。しばらくするとスガレが来ますので、肉に夢中のスガレの足に、そっと白い綿(脱脂綿などでよい)で作ったこよりをくっつけます。スガレが飛び立ったら、白い綿を追ってひたすら巣の方向へ。

スガレの巣は地面の中にありますから、入り口を見つけたら煙幕などを巣の中に突っ込み、いぶします。スガレの動きがにぶくなったら、そのまま入り口を掘り返し、蜂の巣もろともビニール袋に突っ込み、ミッションコンプリート。あとは家に戻ってハチノコをとって甘露煮に。

亭主の実家のあたりではイナゴのほか、ハチノコ、ザザムシなどを食べる習慣がありまして、世間様からはずいぶん奇異の目で見られるわけですけれども、ハチノコは滋養強壮、栄養補給に効果がありまして、甘露煮にすれば非常に美味しく食べられます。体験したことの無い人はぜひ体験していただきたいなあと思うしだい。

ザザムシは、知りません。

--

そうそう、今回はスガレ追いの話ではありません。

スガレ追いのため、父親のワゴン車で中央自動車道を走っていたときが、亭主の始めての本格的な飲酒でした。

土曜日深夜3時過ぎ、のどが渇いていたのですが、日帰りの埼玉行きに道を急いでいた父親、亭主にサントリーレッドの小瓶を渡して「これでも飲んでろ」と。父親にしては冗談のつもりだったのでしょうが、言われるがままにレッドを口にした亭主、高速道路のオレンジ色のナトリウムランプを眺めながら、ウイスキーの甘い香りと強烈なアルコールに朦朧としていました。以降ナトリウムランプのオレンジ色は、亭主の心象風景にしっかりと焼き付けられ、亭主の最も好きな色、郷愁を誘う色となっています。

初めて本格的に飲むレッドの味は・・・正直、おいしかったです(^^*)

以来、スコッチやバーボン、ウイスキー一般は亭主の大好物となりました。浪人生の頃、大晦日に友人の部屋で飲んだのも、また大学に入り、同期が寮に訪ねてくれたときに用意したのもウイスキー。

亭主にとってウイスキーは子供の頃からの長い付き合い。日本酒よりもワインよりも、ずっと身近なアルコール。今もウイスキーはお酒の中で一番好きだったりします。

そうそう、高速道路を行く車内からは、ジャン・クロード・ボレリーのトランペット、それに深夜のラジオ放送が流れていて、酔った頭にとても心地よかったのを覚えています。深夜ラジオは、たしかTBSラジオ深夜3:00から5:00までの「パノラマワイド・よーいドン」という番組。当時は高橋進さんと泰葉さんがDJでした。泰葉さんの"Flyday Chinatown"というデビュー曲がよくかかっていたっけ。番組中のコーナーに、「野田秀樹の三時のあなたにあいましょう」というコーナーがあって、以降毎週エアチェックしていました。

野田秀樹さんの戯曲・小説を読み始めたのは、これがきっかけだったかな。

音楽、小説、ラジオ、お酒・・・今につながる様々な趣味趣向の基点・起点となった、長瀞行きでありました。

2012年12月 8日

12/08 【聴】 Her Ghost Friend / Her Ghost Friend, Artunion(ARTD-5572)

IMAGE
Shinobu OnoとDJ Obakeによる電子ポップ・ユニット、Her Ghost Friendの1stアルバム。2011年9月リリース。きらきらとしたエレクトロニカにShinobu Onoの愛らしいヴォーカルとを組み合わせた、まるでソーダ水のようなポップス。

女性ヴォーカルと、男性によるトラックメイキングの組み合わせは他にもたくさんあって、それ自体は格別に珍しくない。ヴォーカルがヘタウマだったり、舌足らずだったり、ちょっと少女趣味だったりするのもまた特に珍しいものでもない。個性を強調するあまり「出オチ」になるユニットが多い中で、このHer Ghost Friendは異色といってもいいかもしれない。夢見がちで癒し系な作風は全曲に共通するが、ポップスあり、ラップあり、あるいはヒーリングありと様々なジャンルを網羅しつつ、その一つ一つが(ジャケットにもあるような)愛らしい世界観を形作っている。曲の完成度も非常に高く、印象的。何度も聴きたくなる魅力がある。

オススメはなんといってもM3 "ルミナスモス"。ヒカリゴケを題材に、アンビエントとラップとを組み合わせた意欲作。どうしてこれまでこういうジャンルがなかったのだろう、と思うくらいに、癒し系のアンビエント。多くの退屈なアンビエントと、我ばかりが強いラップの双方を駆逐するインパクトを持つ。これはすごい。

2012年12月 6日

12/06 東京にいったこと

亭主が始めて秋葉原に行ったのは、おそらく高校生の頃。

父親に連れられ、夜、多くの店が閉店しようとしている秋葉原に行ったことを記憶しています。

秋葉原駅前にナカウラというアンコウがトレードマークの電気店、その2階にパソコンソフトの売り場があって、そこでFM-7/77用のソフト"F-15 EAGLE"というゲーム(フライトシミュレータ)を購入しました。残念ながらこのF-15 EAGLEというゲーム、当時のパソコンゲームのレベルからみても相当に難易度が高く、亭主自身ゲームを楽しむまでには行きませんでしたが・・・秋葉原に行って買った初めてのソフトということで大変に思い出深いタイトルでした。

現在の秋葉原は、メイドとアニメとフィギュアの街に変貌していて当時の面影はほとんどありません。これについては特にいうこともなく、(以前に書いたように)街は人とともに変わっていくものなのでしょうから、いまある姿というのがもっとも今を「それらしく」反映していると、前向きに捉えたいと思っています。

今回は、そんな話ではなくてですね。

--

実は亭主、初めて秋葉原に行ったときのことを、上の情景とソフト以外に覚えていないのです。

秋葉原以外のどこにいったのか、そもそも何の用事で行ったのかを、まったく覚えていません。かろうじて父親の車に乗って行った事だけは覚えているものの、そもそも弟はどこにいたのか、母親はどうだったのか、まったく記憶にないのです。

東京に行ったのならばそれなりに用事があったはずで、そもそも秋葉原に行ったのもなにかのついでだったはず。ついで以外のことを一切合財忘れ、ネオン輝く秋葉原の町並みと、買ったソフトしか覚えていないとはどういうこっちゃ。

さらに思い返してみるに亭主、そのほかの機会に東京を訪れた際の記憶もほとんど無いことに気がついて愕然としていたりします。

親戚の家で出前の寿司を食べ過ぎて腹を壊し、叔母が薬局に胃薬を買いに行っている、だの、

東京タワーに上ろうとしたらエレベータが大行列で、みなで外の階段を使って歩いた、だの、

一つ一つの強力なイメージは残っているものの、前後の記憶がごっそりと消えていて、一日単位でのお話にならないのですね。

かつてあったことが、あったはずのこととなり、まるでなかったことのように、あたりまえのように消えていく。亭主自身妻に忘れっぽい、言うことがそのたびに違う、いい加減だ、無責任だ、と散々なじられていますが、古い記憶の中には、本当に忘れてしまって思い出せないことがたくさんある。

このままどんどんと、なかったことになっていくことに一抹の不安と恐怖を感じる今日この頃なのでありました。

2012年12月 4日

12/04 広告メールの配信をお断りする地道なお仕事

一日に10通近い広告メール/メルマガがくるようになり、たいがい読みきれなくなってきたことから、ここ一ヶ月間、広告メールの配信を停止する作業を地道に進めてました。ネットショッピングなどで商品を購入する際、サイトの会員に登録するついでに「サイトの最新情報をメールで受け取る」というチェックボックスをうっかりオンにしていたら、たまりたまって一日に10通近い広告メールが来るようになり・・・日々膨れ上がるメールボックスにネをあげてのこと。
もちろん、毎日メールを送ってくるマメなサイトというのは(楽天とかヤフー以外には)ほとんどありませんから、それこそ20~30くらいのサイトのメールがとっかえひっかえ来ていた計算になるでしょうか。
サイトで買い物をする際には、少なからずその商品に関心がありますからそれなりに最新情報も欲しいと思いますが、そうそう年がら年中その商品ばかりを追いかけているわけでも、ましてや買っているわけでもありません。
そんなわけで、やってきた広告メールを地道にオプトアウトで停止していました。
--
どこの広告メールが一番迷惑だったとか、送りつけてくるメールの量が多かったとか、その手の報告もまたありかなとは思い、たとえば・・・と具体的なサイトの名前を挙げてみようかとおもったのですが、まあなんというか、過ぎてしまえば熱さ忘れるとでもいいましょうか。
どうでもよくなっちゃった(苦笑)
--
年々増大するネットワーク・トラフィックの軽減と、メールボックスのチェックの面倒さの軽減を兼ねての広告メール停止作業ですが、作業を始めてみると実に多くのサイトに個人情報を登録し、また多くのサイトから広告を送るよう「亭主が依頼していた」ことがわかりました。ちりも積もればなんとやら、たまにはメールボックスも整理しないとね。

2012年12月 2日

12/02 浦和の思い出(2)

そもそも大学に入学して、なぜ大学から2時間も離れた浦和に通っていたかといいますと、当時浦和に長野県の学生寮がありまして、そこにご厄介になることになっていたのですね。

確か家賃は月額14000円で、当時としてもかなり安かったほうだと記憶しています。

もっとも、通学のために定期券は必須(JR+東武野田線)でしたし、自転車も必要でしたし、一日4時間強の時間を通学に費やさなければなりませんでしたから、全体のコストとしては消して安くはありませんでした。定期券を落として青くなったこともありました。

寮の食事は別料金で、お金のないときは寮の食事を削って、カップ麺やパンなどで済ませたこともありました。もっとも寮の食事はけして美味しいというほどでもなく、しかもカロリーばかりあったので、運動をしない亭主、寮に入って2年で体重が8kgも増えてしまいました・・・

周辺には長崎ちゃんぽんリンガーハットだの、怪しげな食堂(となりは小さなゲームセンター)だのがありましたが、寮の周辺で食事をとることはほとんどなく、浦和駅西口のかめ福(中華そばの店でおいしかった)とか、浦和駅東口の中華料理店(名前失念、今は区画整理でなくなってしまいました、塩ラーメンがおいしかった)などで食べていました。特にラーメンが好き、というわけではなく、学生が一人でも入りやすかったんですね。お金もなかったですから呑みに行くなどということもほとんどなく、駅前のパン屋で50円でもらったパンの耳を水で流し込んだり、親戚からもらった草加せんべいを食事がわりにしたり、夕飯がのど飴だったり、貧乏生活というやつは一通り体験した気がします。

当時は仕送りを月6万円くらいもらっていて、ほかの人に比べて多いか、少ないかはわからなかったのですがとにかくそれをやりくりして生活していました。長距離通学なのでバイトをする時間もなく、しかし食事にほとんどお金をかけずに本と、CDと、パソコンソフトに使っていました(今考えると大変にすまんかったです)。当時はとにかく、読書にせよ音楽にせよ、目に入るもの耳に入るもの、すべてが新鮮で、楽しかったんですね。浦和は京浜東北線一本で東京に出られますから、秋葉原や神田神保町に行くのを楽しみにしていました。もちろん浦和にも古本屋やCD店がたくさんあり、様々なところにでかけては掘り出し物を探すのも楽しみでした。言葉のとおり寝食を忘れて情報をひたすらに取り込み続けたといってもいいかもしれません。

それでも8kg太ったんですから・・・不思議だ。

 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。