« 04/24 【聴】 細江慎治Works Vol.2-Ordyne- / Shinji Hosoe, Supersweep(SRIN-1110) | ホーム | 04/29 車のこと―――帰省のこと »

2013年4月25日

04/24 人間ドック

昨日は休みをとって、近所の健康管理センタにて人間ドックを受けてきました。

毎年報告しておりますので詳細はざっくりと省略しますが、体重が多いこと、尿酸値が高い(男性は2.0~6.9mg/dlが基準ですが、亭主は7.2mg/dlでした)こと、この2点だけで評価は「B」。生活注意。腹囲も、コレステロールも、血圧も、血糖値も、余裕で範囲内なのに「太りすぎ」「痩せましょう」。

人間には個人差というものがあって、同じ身長でも体つきや肉づきはそれぞれ違うはずなのに、「太りすぎ」「痩せましょう」。

あなたにはいい評価は上げられません。

--

亭主自身、かつては人間ドックを健康管理のバロメータと考えて、その結果にはわりと真面目に向き合い、医者からの言葉には素直に耳を傾けていました。これだけたくさんの、身体にかかわる項目をチェックするのだから、自身の不調はかならず項目の中にあらわれて、病気が大事とならないうちに予防できると考えていました。

酒も飲み会や、月に1~2度の晩酌程度しか飲まず、タバコは吸わず、ジムに通って適度な運動を心がけてきました。

しかしそれでも身体には確実に不調を訴えているのですね。たとえば朝起きた際に(充分眠っていたとしても)ものすごい疲労感を覚えるだとか、身体中に皮膚炎ができているだとか、足の中指部分の感覚がないだとか、様々な自覚症状があって、人間ドックの問診でもそれらをなるべく医者に伝えるようにしているのです。

しかし、医者は人間の身体を、項目が標準的な数値からはずれているか、いないかだけで判断し、本人の訴えなどには耳を貸そうともしない。一日70人からいる人間ドックの受診者たちをどう効率よくさばこうか、一人当たりの問診時間をどれだけ機械的に処理できるかしか考えていない。

--

亭主の妻は、ずうっとまえに漢方医から腎臓の機能が低下しているといわれたのですが、人間ドックの検査結果が標準内に入っていたということで、(また医者が苦手ということで)特に治療をうけることなく過ごしてきました。結果的に長い間身体の不調に苦しみ、慢性的な腹痛に悩まされていました。

意を決して鍼灸院にかかったところ、やはり腎臓が弱いとの診断。鍼のほかに自宅でもお灸をするようにと指導を受けたのだそうです。別の漢方医に相談したり、また薬局で症状を伝えたりしても、みな口をそろえて「腎臓」であるとアドバイスをしてくれたのでした。

ほかの街の医者、大都市で最新の医療を取り入れている医者や、最先端の技術を駆使する大学病院・研究機関はしりませんが、少なくともこの辺の医者は、なんにもわかっちゃあいない。(おっと、近所にうでのいい整形外科のお医者さんがおられてこの方は別ですが)少なくとも人間の身体の働きを理解して、また人間の不調の訴えを真摯に聞いて、適切に処置してくれる医者はいない。

検査がその人の身体の状態をどれだけ示しているかなんて、西洋医学の医者はまったくわかっていないのではないか。少なくともわかりやすい部分だけを見て、身体全体のことをさもわかったかのように思っているだけではないか。

妻も、また遅ればせながら亭主も、医者のことは全く信用しない・・・というか風邪薬を処方してもらうくらいの価値しかないと思うようになっています。

弁潜血があったからといって、それが外傷(痔)によるものなのか、腸内からの出血によるものなのかさえもわからないのですからいい加減なものです。

ちなみに毎年あった潜血は、今年は陰性でした。二日つづけて陰性だったから、この部分の検査の結果は「A」ですって。

笑っちゃいますね。単純すぎて。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://domuya.music.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2877

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、かたぎりが2013年4月25日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「04/24 【聴】 細江慎治Works Vol.2-Ordyne- / Shinji Hosoe, Supersweep(SRIN-1110)」です。

次のブログ記事は「04/29 車のこと―――帰省のこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。