2013年5月アーカイブ

2013年5月29日

05/29 【聴】 Heavenly Music / Haruomi Hosono, Daisyworld|Victor(VICL-64031)

IMAGE
"Hosonova"に続いて、2年ぶりにリリースとなった細野さん最新作。全編がカヴァー曲、バカラックからボブ・ディラン、クラフトワークまで、あるいはラウンジングからオールディーズ、テクノにいたるまで実に幅広くカヴァーしている。ただしアルバム全体のトーンは、あくまでも細野さんに統一されている。滋味深い細野さんのヴォーカルと、アコースティック楽器の響きとを大切にした話題作。全12曲。

カヴァー曲は"Close To You(カーペンターズ/バカラック)", "Something Stupid (フランク・シナトラ/カーソン・パークス)" ちなみにカーソンはヴァン・ダイク・パークスのお兄さんだそうで。"Tip Toe Thru The Tulips with ME(ニック・ルーカス)"、"My Bank Account is Gone(ジェス・アシュロック)"、"Cow Cow Boogie"および"The House of Blue Lights(エラ・メイ・モース)"、"All La Glory (ザ・バンド)"、"The Song is Ended (アーヴィング・バーリン)"、"When I Paint My Masterpiece (ボブ・ディラン/ザ・バンド)"、「ラムはお好き?Part 2(吉田美奈子)」、"I Love How You Love Me (ロイ・オービソン)"、"Radio Activity (クラフトワーク)"といずれも玄人受けのする、シブい曲ばかり。"Hosonova"や"Harry & Mac"を聴きこんだ人ならばすんなりと心に染み入る曲の数々は、マニアならずとも充分にまったりできることだろう。もっとも"Radio Activity"だけは別格で、坂本龍一が発起人となって開催されたイベント"No Nukes"において"Stop ! Radioactivity"と歌ったように、強いメッセージ性を秘めて演奏されたことがある。大事故を起こした福島第1原発への警鐘を込めるのは坂本氏の意向もあってだろうが、本作ではそのようなカラーは抑えられている。とつとつとした歌声とオルタナ的なアレンジが、アルバム全体をディープに締めくくる。うん、原発反対なんてメッセージはないほうが、アルバムを純粋に楽しめて良い。

もっとも、本作は大震災のあとに制作されたせいか、随所に震災の影響がうかがえる。「天上の音楽」なるタイトルは、本作に収録された音楽(特にヒーリング・ミュージックというよりもポップス寄りであることに注目)が細野さんにとって天上の調べであることに加え、本作が震災で亡くなった方への鎮魂でもあることに由来するらしい。いや、まあ、そういう話もあるんですが、やっぱりメッセージはないほうが・・・

2013年5月28日

05/28 【聴】 Songs Cycled / Van Dyke Parks, Disk Union|V4 Records(VFR-1)

IMAGE
1968年のデビューアルバム"Song Cycle"が圧倒的に有名。おなじみVan Dyke Parks久々となる最新作。デビューアルバムからの発展形となる本作のタイトルはずばり、デビュー作の複数形・過去形。全12曲。

ポピュラーミュージックとワールドミュージックを絶妙な割合でブレンドさせた癒しの音楽。アフロ・キューバンを前面的にフィーチャーしたブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブを思わせる賑々しさ、往年のポップスを思わせるノスタルジーが本作の特徴だろうか。様々なパート・楽器をほぼ同じ音量で同時に発声するアレンジはガムランやロマなど民族音楽の手法でもある。一聴するとかなりやかましいというか、ごちゃごちゃとした譜割がなされていると感じるが、次第に懐かしい、まるで古きよきアメリカのバラエティ番組を見ているかのような錯覚に陥る。ラストの曲「アメイジング・グレイス」などはその懐かしさの演出の最たるものだろう。齢70歳を迎えたVan Dyke Parksが仕掛ける、音楽の時間旅行。"Song Cycle"が「音楽の世界旅行」であったことに注目したい。

2013年5月27日

05/27 睡眠時無呼吸症候群

先月の人間ドック受診の際に、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検診を申し込みました。
1週間ほどして計測キットが到着、鼻に呼吸を検知する管を、指に脈拍を測定するクリップをつけまして一晩計測。
計測結果の入った機械を返送したところ、昨日結果が届いていました。

睡眠時間5時間のうち、無呼吸は2回。低呼吸は1回と正常範囲内。

つまらん。

ただ、いびきを多くかいていたようです。

入眠時と、明け方にそれぞれひどい時間帯がありました。
以前から妻には「いびきがうっさい」と言われていて、自分でもときどきいびきをかいていると認識していたので、ああやっぱりねと納得しました。

妻はあまりにわたしのいびきがうっさいため、SASを疑ったわけですが、結果的には「うっさい」以上のものはなかったようです。
もっとも、実家に帰った際や、妻との旅行の際には確実に他者に迷惑をかけているので、SASの疑いが晴れたあとでもやはり憂鬱です。
誰かと寝る際には、口にテープをはるとか、ブリーズライト(鼻腔を広げ呼吸を楽にする)をつけるなどの対策は一応しているつもり。ただ本当に効果があるかは良くわかりません。

亭主の住む町にも「いびき外来」の病院があるそうです、うーん、行ってみようかな?
ただSASについてはわりとはっきりと「診療します」とあるのですが、いびきそのものについてはあまり問題視されていないのか、明確に「いびきのみもOK」という病院は少ないように思います。

そういえば亭主の場合、ストレスがかかってくると歯軋りもするんでした。

朝起きると奥歯がぐらぐら、ということが2008年あたりにはよくありました。

迷惑な話だなぁ・・・。

2013年5月26日

05/26 遠くより知人の便り

高校よりの友人から久しぶりにショートメールがあり、折り返しの電話でしばらくぶりの会話を楽しみました。

亭主は茨城、友人は関西にいて日ごろなかなか会う機会も無く、また互いに仕事も、家族もあれば予定は必然と合わないものです。毎年の年賀状で互いの息災を確認しあう程度・・・とはいえ、昨今は亭主も友人もブログやWebページで近況をそれなりに発信していたりしますので、昔ほどはご無沙汰といった感じもなかったりします。

いや、ブログやWebページの近況というのは基本的に「オフィシャルな」立場から書かれていますから、ブログに書かれている内容が(もしそれが真実だとしても)実態であるかは、本人と直接会話してみなければわからないものです。

来週の大阪行き、友人と会えればよかったのですが、始発で出て終電で帰る日帰りの強行軍、ほとんど自由になる時間がなく、残念。行き先は吹田市の北千里です。

それにしても千里は遠い。始発で出て到着するのが昼ですから。時間からすれば亭主が良く行く広島県の呉市くらい遠いかもしれません。

それでも行くしかないのですなぁ。

千里の道も一歩からと申しまして

・・・

ヽ(´ω`)ノ←着地のポーズ


2013年5月23日

05/23 【読】 「日本男児(長友佑都、ポプラ社)」

「日本男児(長友佑都、ポプラ社)」

イタリアの名門サッカーチーム・インテル所属のディフェンダー。かつてはFC東京、イタリアのチェゼーナに所属し、サッカー日本代表としてWカップ、アジアカップなどで活躍する氏が、自身のサッカー人生を語った書。2011年5月刊。同年に発生した東日本大震災のあとの刊行となったことから、被災者たちへのエールや支援活動などの内容についても記されている。

豊富な運動量と俊敏さを活かしたプレイスタイル、ディフェンスからボールをインターセプトし、あっというまにドリブルで敵地へと踏み込むアグレッシヴなプレイが彼の特徴。本書によればそんな彼のスタイルは、小学生の頃からすでに確立していたらしい。ボールを持ったら絶対に離さない自我の強さと、他人には絶対に負けない、負けたくないというプライドがメンタルとフィジカル、双方の強さへとつながっている。ただし彼の場合、苦労の度合いが半端ではない。小学校時代には名門サッカースクール・愛媛FCを受験するも不合格となり、不良がたむろする中学サッカー部へと入部、思うような成果が残せないまま高校・大学時代を過ごすなど、その時期時期で苦労を重ねている。厳しい状況を打破すべく自身に課したハード・トレーニング、故障寸前まで自らを鍛え上げる徹底振りがすさまじい。持病ともいえる椎間板ヘルニアの克服、あるいはWカップ、アジアカップでの精神的ストレスなど苦労話は枚挙にいとまがないが、そんな苦労を試練として正面から受け止める前向きさ・熱さはさすが長友といったところだろうか。 彼の情熱の源泉は、女で一つで育ててくれた母親と、家庭を犠牲にしてまで情熱を注いでくれた恩師たち、そして同じフィールドで戦うライバルやチームメイト、そしてサポーターたちにある。人々への感謝が、さらに長友自身を磨く糧となる。

同じサッカー・プレイヤーが書いた本、といえば大ヒットした長谷部誠の「心を整える」がある。長谷部のメンタル部分を冷静に掘り下げたのが「心を整える」だとすれば、本書は長友のメンタル部分を自身を鼓舞するかのように掘り下げた本といえる。クレバーさが見え隠れし、ともすればビジネス書・心理カウンセリングの参考書としても使えそうな「心を整える」に対し、本書はただひたすらに長友の情熱の描写、彼の心情が強調されている。オトナな長谷部に比べると、長友は圧倒的に単純で、子供っぽい。序盤の子供っぽい文体に慣れることができればあとは面白く読んでいけることだろう。

2013年5月22日

05/22 最後の食事はなににしよう?

今日のクローズアップ現代で終末医療を特集していて、死期を迎えた患者さんに好きな食べ物を供する病院の試みが紹介されていました。

死を目前とした患者さんが所望する食べ物は実に様々。大好きだったバッテラ、白いご飯、あるいは妻と一緒に食べるすき焼き・・・。食べ物には、患者さんの人生が詰まっていて、亭主自身もかなり胸にくるものがありました。

そうだなぁ、自分がもし死ぬとなったら、最後の食事はなににしようか。

浦和のかめ福の五目わんたんチャーシュー麺か、それともひたちなか市一福飯店の刀削麺か、あるいは仙台は太助の牛タンか。

いや、自分が本当に死期を悟ったとするならば、もっともっと自分のルーツに根ざしたもの、家族との楽しかった日々を思い出させるもの、残された人々へのメッセージとして食べたいものを考えるのではないかと思いをめぐらしています。

浪人時代大好きだった、松本のパン屋さんのチーズパン。

同じく浪人時代、土日に食べていたコンビニのソースカツ弁当。

妻と行ったハワイの、カイルアビーチ近くのピザ店で食べた大きなピザ。

子供の頃から大好きだったカレーライス。

祖母が焼いてくれた小麦粉だけのおやき。

実家で作ったお米を炊いた、あつあつのご飯。

なんだ意外とたいしたこと無い、どこにでもある食べ物ばかり。同じものはないにせよ、似たようなものならばいくらでも手に入るものばかり。そんなものは特別でもなんでもないと、笑われるかもしれませんね。

もし自分が死ぬ直前で、たとえば物を飲み込むことすらできないほどに衰弱していたら、何を望むだろう。

初めて飲んだウィスキー、サントリーレッドを口に含ませてもらおうか。

もしかしたらそれだけでも十分に満足して死ねるかもしれません。

うん、それだけでも、いいな。ウィスキーにしよう。

 

2013年5月20日

05/20 近況報告など

お疲れ様です。亭主です。

ここ何回か怪しいリンクを中心とした記事が続いております。
ブログに新展開を・・・とリンクのみの記事を書いてみたり、リンク+レビューの記事を書いてみたりとしたのですが、どうにもしっくりこないというか、面白くありません。画像がないため彩りに欠ける、ということもあるでしょうか。もっとも、テキストのみのサイトであっても、もう少し面白くなるでしょうから、この面白くなさは亭主自身の力量のなさと考えてもよさそうです。ギャグがなければ学びや気付きがあるでもなく、気の利いた文章があるわけでもなく。淡々とレビューを書いたのでは・・・面白くないだろうなぁ。やっぱり。

ともあれ旬ネタを楽しみたい方はTwitterのほうを参照いただければよいですし、動物ネタならばFacebookに時々覗いていただければよいかと思います。試行錯誤はもう少し続くかもしれませんし、続かないかもしれません。長い道行、のんびりとお付き合いいただけると幸いです。

--

最近はとにかく忙しく、いわゆるプライベートというのがありません。
本も読みたい、音楽も聴きたい、オーディオもいじりたいしブログも更新したい。時間が許せば一人で遠くにドライブも行きたい。
問題はやはり時間がないことなのですが、世間一般において時間というのは忙しいなかから作り出すものだそうで、その点で言えば亭主の場合、まだまだ努力がたりないというか、工夫が足りないということなのでしょう。

悪あがきのつもりでiPhone 5やら、あるいはかなり前に買ったNetwalkerやらを引っ張り出してきて、モバイルの真似事などをしております(iPad 2は完全に妻専用となりました(^^;))。iPhone 5からMovable Type(Web上のブログツール)へとアクセスしブログ記事を書こうと思ったらiPhoneのSafariブラウザではMovable Typeの「ブログ記事の作成」画面でうまく編集ができなかったり、Evernoteが頻繁にクラッシュしたりとなかなか一筋縄ではいかないようです。ぜんぜん関係ありませんが昨年の5月に購入したBluetooth Keyboard "Radius RP-BK211W"、キートップに同じ文字が二つあるのを見つけて、不良品を買ってしまった事にいまさらながら気付いてしまっていたりします。微妙にがっかりです。

20130520Radiuskeybrd.jpgこのキーボードをiPhone 5とペアリングしますと確かにキーボードから文字が入力できるのですが、レスポンスがもっさりぎみでストレスがたまります。もともとヘコヘコのキータッチのうえにもっさりでは救いようがありません。せめてデザインだけでもと思うのですが、肝心のデザインもそれほど気に入ったというわけでもなく、なんといいますかぜんぜん満たされておりません。

--

それにしても来週あたりからあちこちへ出張することになり、来週は手始めに大阪、6月は北九州と東京は信濃町、7月は研修で品川に5日ほど泊りがけになりそうです。出張のお供は、iPhone 5, iPod classic, Kindle Paperwhite 3Gあたりでしょうか。iPhone 5はLTE対応で高速通信、Kindleにも3G回線がついていますので、外部と通信しつつ快適なモバイル生活が送れそう。

それにしてもNetwalkerを使っていた頃は通信手段がWi-Fi、あるいはホテルのLAN機能に限定されていてネットワークの使いどころが難しかったように思います。どこでもそれなりに速度が出て、真のモバイル生活を実感するには最低でも3Gで接続したいところ。実際通信回線が確立すると、iPhone 5もKindle Paperwhite 3Gも使う機会がぐんと広がり、それまで絵に描いたモチであった「モバイル」が急速に色をもって目の前に現れました。次のモバイルガジェットはなんだろう。まずはBluetoothキーボードの良いやつが欲しいな。

2013年5月18日

05/18 エナジードリンクの件

Monster Energy

近年コンビニなどに並びつつある、アメリカ発エナジードリンク。日本ではMonster Energy, Monster Chaos(果汁入), Monster Absolutely Zero(ゼロカロリー)の3種が売られていますが、リンクをみればわかるとおりアメリカにはさまざまなバリエーションの製品が売られています。亭主自身はこのドリンクを4年ほど前に、ホノルルのABCストアで知りました。確か最初に買ったときには、現地の食事(サンドイッチやおにぎり)に徹底的に合わず半分ほど飲んだ後捨てています。当時は相当まずいと思っていたのですが、最近は気がつくとMonsterばかりを飲んでいます。その甘ったるさに慣れた、ということもありますが、他のエナジードリンクと比べると分量が多くお得感が強いからと思われます。

Raizin

駅の売店などにぼちぼちと並んでいる、辛口系エナジードリンク。レッドブルなどに比べても辛口ですが、意外と飲みやすく、また後口もさわやかです。サイズが小さく飲みごたえがいまひとつなこと、売っている場所がまだまだ少なくコンスタントに購入できないことなどから亭主自身現在は飲んでいませんが、昨年度までは疲労困憊の中駅にたどり着いてこれを飲むのが楽しみでした。

Red Bull

いわずと知れたエナジードリンクの元祖。自販機などでも売られているので、出張に行った際、駅のホームでついつい飲んでしまいます。一番大きなサイズが300円と高いため小さいサイズを良く買います。発売開始当初、オロナミンCやドデカミン、デカビタCなどとどこが違うのだろうと思っていたのですが、飲みすぎると依存症になったり、死んでしまったりする例がネット界隈にゴロゴロ転がっていて実に危ない飲料であることが伺えます。個人的にはMonsterやRaizinを飲みなれてしまったためか、薄味で物足りません。

Yunker Sparkling

疲れたときにはユンケルが定番、という人には実に魅力的な飲料。カロリーゼロで炭酸飲料でユンケル、ということで効果を期待してしまいますが、原材料をしげしげと見ますとガラナエキスとかナイアシンとかローヤルゼリーとか、これってほかのオロナミンC系ドリンクと何が違うのかな。いやそれならばRaizinあたりの成分だって、たいしたことなさそう。

上のドリンクを週1~2ペースで飲んでおりますが、正直あまり効いた経験がなくとりあえず気休め程度といったところです。

2013年5月16日

05/16 執拗なまでの「iPhone、Docomoから」の日経あおり記事

2013年5月15日

05/15 【聴】 Edgeland / Karl Hyde, Universal|Beat(BRC-366X)

IMAGE
UKテクノユニット・Underworldの最初期メンバーの一人・Karl Hydeによるソロプロジェクト。フロントマンとしてヴォーカルをこなすキャリア初のアルバムは、意外にもメロウなメロディを主体としたヴォーカル曲。日本盤はおなじみBeatレコードからのリリース、ボーナストラック6曲を含む15曲に、ヴィジュアル集団Tomato(Underworldがその主体)によるDVDが付属されている。

いきなりのメロウな曲調と、ポップス然とした歌い口。これまでのUnderworldからは想像もつかない作風に面食らった人は多いはず。テクノやダブ、いわゆるダンス・ミュージックとしての枠組みを無視したポップなサウンドに「コレジャナイ」感を味わった人も少なくないだろう。正直言って亭主もどう聴いたものか、Karl Hydeという名前をないものとすれば聞けるのだろうかなどと思っていた。ただこの作風、どこかで聴いたことがある。たとえばBrian Enoの"Here Comes Warm Jet", "Everything that Happens will Happen Today"あたりの手法はまさにこれ。KarlがEnoを意識したかはわからないが、UnderworldとKarlの作品との落差は、Enoのポップスとアンビエントとの落差に良く似ている。もっとも、Enoは二つの方向を実にバランスよく、また長年にわたって続けている。Karlが今後この方向性を(ソロ活動として)どこまで進めていくかはまだまだ未知数だ。

まだまだ彼のカラーが充分に出ていないこともあるし、方向性がしっかりと定まっているわけでもない。ひきつづき今後の展開に注目したいところ。

2013年5月12日

05/22 【動】 第33回鹿沼さつきマラソン大会

20130512kanuma01.jpg

5月12日、栃木県鹿沼市で開催された題記の大会に、妻とともに参加してきました。
ただ、参加といっても今回は応援のみ。まはろくんを妻の実家に預け、妻とともに初夏の鹿沼宿を走る予定でしたが、義母が急病で動けなくなり急遽まはろくんを大会会場に連れて行くことに。亭主はまはろくんとともに、妻の応援にまわりました。母の日ですし、急病の義母の世話は、近くに住んでいる義兄にお願いすることにしましょう・・・とおもったら

義兄も大会に出てました( ̄- ̄;)

種目は5種目。2kmの白玲コース、3kmの貴公子コース、5kmの華宝コース、10kmの晃山コース、そしてハーフの松波コース。全種目で合計11294人が参加するという、比較的規模の大きい大会です。5kmに参加する妻を、まはろくんと一緒にスタート地点の「町の駅」近くで見送ったあとは、歴史ある鹿沼の街を眺めながらぶらぶらとゴール地点である御殿山公園へ・・・とおもったら

途中で5kmの先頭ランナーに追い抜かされました( ̄- ̄;)

20130512kanuma02.jpg

この日は大変に良い天気、先日のかすみがうらとはうってかわっての晴れでしたが、日差しが強すぎたせいか救急車が忙しく走り回っておりまして、少なからず熱中症の方もおられたようです。まはろくんも相当暑かったようで、始終お水を飲んでおりました。妻も、義兄も無事に完走。特に妻は手術のあと久しぶりの大会でしたが、なんと自己ベストを更新!し満足する走りができたようです。

ランナーのみなさん、スタッフの皆さん、暑い中本当におつかれさまでした。
あと、暑い中まはろくんも、妻も、義兄さんも大変おつかれさまでした。

今夜はゆっくりお休みください。



2013年5月11日

05/11 【読】 「オーディオ巡礼(五味康祐、ステレオサウンド)」

「オーディオ巡礼(五味康祐、ステレオサウンド)」

芥川賞作家。剣豪小説家として、また生粋の趣味人、オーディオ人として知られる氏の音楽人生を語った書。1980年初版発行、2009年1月に復刻版が刊行されている。ちなみに亭主は2011年12月に刊行された復刻版第五刷を購入した。

音楽とともに育った幼年期、太平洋戦争に出征、生還するも空襲にてすべてを失い、なかばルンペンとして過ごした青年期。食うや食わずの生活のなかでの音楽への渇望、そして芥川賞受賞によって突如訪れた転機―――。オーディオ人である五味氏の波乱万丈の生涯すべてが本書にて語られている。氏が愛用していたTANNOY Guy. R Fountain Autographは現在もたびたび復刻され、またレプリカすらも高額にて取引される名機。そこから流れる音楽はまさに天上の音楽、落涙を禁じえない感動をもたらす音楽だったという。 音楽への限りない愛情は、ときとして痛烈なクラシック音楽(特に作曲者・指揮者)批判、オーディオ・マニアたちへの批判として現れる。しかしそれでもなお氏が多くの人々に慕われ、現在に至ってもオーディオ・マニアたちの師として尊敬されているのは、氏が真のオーディオ人だったからにほかならない。

面白いことに、本書に現れるオーディオ批判、オーディオ・マニアたちへの批判は、過去から現在までのすべてのオーディオに潜む矛盾と、マニアたちの習性を見事に言い当てている。いわく、レコードにはコンサートホールやスタジオなどで楽器から発せられた「ナマの音」など入っておらず、オーディオマニアはレコードから、かつて自身が感激した音、理想の音を取り出そうと努力しているに過ぎない。どんなにメディアが発達し、またサンプリング周波数を高めたとしても、感動は音楽の聴き手自身の中にある。原音再生を追い求めた先が果たして感動かどうか、昨今人気のデジタルオーディオを推進する皆さんはどう考えているのだろうか。

現代にも通じる示唆が随所にある点、時代を超えて(特にオーディオを趣味とする人たちによって)読みつがれることを期待される名著。ちなみに「巡礼」とは、氏があちこちのオーディオマニアのお宅を訪問し、その音を聴く「旅」を指しているようだが、読むほどに「巡礼」が氏の人生そのものであることに気づかされる。

2013年5月 8日

05/08 日々雑感(オーディオ多め)

たまには雑感などを。

亭主はオーディオシステムとしてメインシステムとサブシステム、二つを使い分けています。

メインシステムはRogers Studio 1とOrpheus、Accuphaseを中心に、アナログプレーヤ、テープデッキ、ユニバーサルプレーヤ、PCなど多彩な機器をつなげて様々なソースを良い音で聞こうというシステム。

サブシステムはAuratone QC-66と真空管アンプを中心に、PC音源を聞こうというシステム。

当初サブシステムは、余っているスピーカと真空管アンプとを有効活用しようとの目論見から組み上げていましたが、iTunes経由でハードディスクに溜めた音楽データを再生する、というのに好都合で、ちゃっかりと常用システムとしての地位を確立しています。PCからの音はメインシステムで聴けますし、ことメインシステムにはHiface EvoというDigital-Digital Converterをつないでより高音質が楽しめるようになっています。ですから本来ならば、メインシステムで音楽が聴ければ充分という話だったりします。

実際のところ、サブシステムから出てくる音はS/N的にはいまひとつ。真空管アンプのボリュームをつまめばハム音が乗りますし、そもそも左右のボリュームも(素人目に見てもしっかりと)位置が異なっていて、おおよそハイファイとは程遠い音なのです。それでも亭主が聴いてしまうのは、深夜などにボリューム絞り気味で音楽を楽しむには充分な音質を備えているからに他なりません。メインシステムも、サブシステムも等しく音楽を楽しむシステムとして使っていきたいと考えています。

いや世の中にはメインとサブのほかにも様々な機器をつなぎかえ、またそれらを均等に使っている人も居るそうですから、あえてここで言うまでもないとは思いますが(^^;)

--

亭主がRogersや真空管アンプ、Auratoneにこだわる理由は、それらが亭主の最初期におけるオーディオ体験に根ざす機器だからにほかなりません。

Rogersは、オーディオというものに興味を持った際、初めて入ったオーディオ店で見かけたスピーカのメーカ。

真空管アンプは上のオーディオ店で、お店の顔として使っていたもの。

そしてAuratoneは、中古店めぐりなどを通じて自身が初めて自力で見い出した「ナイスなスピーカ」のメーカ。

そのほかInfinityのスピーカ、DenonのCDプレーヤなどは、亭主がオーディオを趣味としていくなかで、原体験としての役割を担ったメーカや機器なのです。メーカが製品の生産を中止し、なじみのオーディオ店が閉店し、また結婚などを期に環境が変わっていっても、これら機器に対する憧れや、最初期において得たオーディオの知識はずっと心に残っていて、今も変わっていないように思います。

してみると原体験を与える側のコミュニティの役割は、その人の価値観や人生設計を決めるに際して非常に重要な位置にあるのですね。

メーカのコミュニティ、ショップのコミュニティ、ユーザ間で形成されるコミュニティ、自作派のコミュニティ、評論家を巡るコミュニティ、あるいはオーディオ好きが集まるユーザフォーラム、雑誌の愛読者たちのコミュニティ、あるいはネットの掲示板のコミュニティ。良い悪いは別として、それらコミュニティの方向性が、オーディオ入門者のその後の方向性を決めていくのではないかと思うのですね。

--

残念ながら亭主がはじめて参加したショップのコミュニティは、大変居心地がよかったもののショップの閉店とともに散り散りとなってしまいました。以降、2ちゃんねるのオーディオ関係の掲示板経由で1000ZXL子さんのコミュニティへとたどり着き、現在はこちらにご厄介になっているわけですが、やはり亭主の中のオーディオに関する方向性は、原点であるショップのそれに近いと感じています。

幸いだったのはこのショップが、高級志向にも、また自作などのテクニカルな方向にも傾倒することなく、一方で完成品の真空管アンプやRogersなどといったマニアックだけれどもけして少数派とならない機器を取り扱っていたことでしょうか。

なお、亭主の原体験をさらにさかのぼりますと、長岡鉄男さんにまで到達します。ただ、長岡さんの著書は教科書としてなんども読み返したのに、長岡さんのコミュニティに接近することは全くありませんでした。コミュニティに入ることへの「畏れ」もありましたが、なんといっても茨城在住の亭主が、コミュニティと密接に関係していくためには、まずは「東京に出る」というハードルを越えなくてはならず、時間的にも、また金s年にも余裕がなかったからにほかなりません。

長岡さんはその著書で、「全員が別々のことをやればいい」と述べていて、亭主自身大いに共感した覚えがあります。
長岡さんがオーディオ雑誌などに書いていたことの多くは忘れてしまいましたが、この「全員が別々の~」というくだりだけはどうしたものかずっと覚えています。もしかしたらこれが亭主のオーディオにおける原体験というべきものなのかもしれません。

2013年5月 7日

05/07 【聴】Wishful Thinking / Hot Club of Cowtown, Shock Entertainment(CTX492CD)

IMAGE
Elana James(Fiddle, Vocal), Whit Smith(Guitar, Vocal), Jake Erwin(Bass)によるカントリーウエスタン・ユニット、Hot Club of Cowtown(HCC)の2009年作品。本作ではサポート・メンバーとしてDamien Llanes(Drums)が参加。オリジナル曲を含めた全14曲、軽快なカントリーを聴かせる。

オリジナル曲が7曲、カヴァー曲が7曲。カントリーウエスタン調の曲もあるが、全体としてはジャズ的なノリ、アレンジが多く、軽快な中にもしっとりとした「艶」のようなものが感じられる。Hoagy Carmichaelの名曲"Georgia"、Tom Waitsの"The Long Way Home"など有名曲が多いほか、Elenaの"Cabiria"、"Heart of Romain"といったオリジナル曲の完成度が高く、全編を通して「聴かせる」アルバムとなっている。"What Makes Bob Holler"にみられたローファイとはまた異なる雰囲気にHCCの引き出しの多さ、懐の深さが実感できる作品。

2013年5月 5日

05/05 【聴】 What Makes Bob Holler / Hot Club of Cowtown, PROPER(PRPACD014)

IMAGE
Elana James(Fiddle, Vocal), Whit Smith(Guitar, Vocal), Jake Erwin(Bass)によるカントリーウエスタン・ユニット、Hot Club of Cowtown(HCC)の2010年作品。ウェスタン・スウィングのオリジネイターであり"The King of Western Swing"としても知られるBob Willsとその周辺作品をフィーチャーしたトリビュート・アルバム。全14曲。

亭主自身は、HCC以外のカントリー・バンドやジャンルの歴史についてほとんど知識を持たないため、本作の位置づけであるとか、演奏のよしあしであるとか、あるいはカントリーの現在の状況についてはまったくわからない。陽性のオールド・アメリカン・ミュージックとして(陰性のオールド・アメリカンであるブルーズとの対照として)ビッグ・バンドの延長上に聞く限りでは本作は実に楽しく、またウィットにあふれている。音量を絞り気味に、ローファイ気味に聴くと西部劇のような趣で雰囲気が出る。女性を含むトリオ構成、ヴィジュアル的には都会的な印象なのに、その作風からは古きよきアメリカの香りが感じられる。

2013年5月 2日

05/02 引越しの思い出

亭主は松本の某予備校に通うために松本に引っ越して以来、浦和、野田、日立、ひたちなか、そして現在の日立まで、6回の引越しを経験しています。

特に最初の松本への引越しは、(以前にも書いたかと思いますが)予備校に入るため、と荷物のほとんどを実家に置き、布団、着替え、勉強道具そしてラジカセだけを携えての引越しでした。子供の頃から持っていたおもちゃや教科書、パソコン関連の書籍やソフトの類はダンボール数箱にしまいこみ、「復活の箱」という名前をつけ、納戸に封印していました。

この箱のうち、何箱かは大学入学時に浦和へと持ち込み、その後も実家に帰省した際にちょこちょこ開封しては持ち出していたのですが、オルゴールやビー玉、シール、クレヨンなどといった子供の頃からのおもちゃの類は結局開けることなく現在に至っています。

いってみればオルゴールやビー玉などといったおもちゃは、復活には必要のないアイテム、その後の人生において不要なアイテムだったということなのでしょう。

以降、浦和から野田へ、野田から日立へと転戦していくわけですけれども、そのときどきでかなりの物品を処分していて、そのたびに所有物が厳選されていくのを実感しています。

大ファンだった作家の作品を泣く泣く手放してきた一方で、しっかりと生き残っている作家の著作もあります。改めて本棚を眺めるに、これが亭主の原点なのだなと思ったりもして。それにしても昨今の乱読ぶり、妻からどんどんと回ってくるスポーツ選手のエッセイだとか、自己啓発本だとかが本棚にたまっていく有様は(亭主的には)まったく不本意だったりもします。いや確かに面白いし、勉強にもなります。しかし本棚にそれらを並べてみると、そこに亭主の原点は無いように思えてなりません。

もともと妻からの本なのですが、妻は「部屋が狭くなる」からと受け取ろうとせず、亭主の本棚にたまっていくばかり。

おそらくここが亭主の終の棲家となるのでしょうが、それにしてももう少し本や所有物を整理して、気分すっきりといきたいものです。

2013年5月 1日

05/01 国営ひたち海浜公園に行ってきました

ゴールデンウィークということで、家族で国営ひたち海浜公園までネモフィラとチューリップを見に行ってきました。

朝から曇りの天気、散策には少し肌寒かったのですが、丘一面に咲いたネモフィラの青い花畑、林の中に色とりどりに咲いたチューリップがとても綺麗でした。まはろくんも久しぶりのお出かけがうれしかったようで、ほかのお客さんが連れてきたわんちゃんと交流しつつ、公園を楽しく散歩することができました。

朝9:30開場、園内で花を見て、13:00には自宅に到着。まはろくんは疲れたようで午後はずっとお昼寝。

--

そういえば、公園へはCanon Powershot G9を持参したのですが、現地で写真をとろうとしたところ、なぜか電源が入りません。
おととい使ったときには普通に使えていましたから、電池が完全に放電したとも考えられません。とりあえずその場はiPhone 5のカメラ機能を存分に活用しました。iPhoneは、iCloudのフォトストリームという機能によって、撮影した写真をiCloudのサーバを通じてiPadやPC上で閲覧できるため、早速自宅でiPadから写真を見たりしています。その意味においてはPowershotではなくiPhoneで撮影してよかったと思ってみたり(^^;)

自宅に戻って"Powershot G9 電源 故障"のキーワードで検索したところ、Kakaku.comのとあるスレッドにヒット。どうやらこの故障、G9特有の不具合のようでほかにも突然死されている方が多数おられました。いずれも亭主の症状と全く同じ、電源が突然つかなくなるという不具合は、電源基盤の交換で修理できるとか。ただ、修理代金が12000円とタダではないうえに、約6年前の機器ということで部品を交換するにも部品の在庫がないかもしれません。

修理か、新品購入かはこれから決めたいと思っています。

さて、どうしたものか。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。