« 05/07 【聴】Wishful Thinking / Hot Club of Cowtown, Shock Entertainment(CTX492CD) | ホーム | 05/11 【読】 「オーディオ巡礼(五味康祐、ステレオサウンド)」 »

2013年5月 8日

05/08 日々雑感(オーディオ多め)

たまには雑感などを。

亭主はオーディオシステムとしてメインシステムとサブシステム、二つを使い分けています。

メインシステムはRogers Studio 1とOrpheus、Accuphaseを中心に、アナログプレーヤ、テープデッキ、ユニバーサルプレーヤ、PCなど多彩な機器をつなげて様々なソースを良い音で聞こうというシステム。

サブシステムはAuratone QC-66と真空管アンプを中心に、PC音源を聞こうというシステム。

当初サブシステムは、余っているスピーカと真空管アンプとを有効活用しようとの目論見から組み上げていましたが、iTunes経由でハードディスクに溜めた音楽データを再生する、というのに好都合で、ちゃっかりと常用システムとしての地位を確立しています。PCからの音はメインシステムで聴けますし、ことメインシステムにはHiface EvoというDigital-Digital Converterをつないでより高音質が楽しめるようになっています。ですから本来ならば、メインシステムで音楽が聴ければ充分という話だったりします。

実際のところ、サブシステムから出てくる音はS/N的にはいまひとつ。真空管アンプのボリュームをつまめばハム音が乗りますし、そもそも左右のボリュームも(素人目に見てもしっかりと)位置が異なっていて、おおよそハイファイとは程遠い音なのです。それでも亭主が聴いてしまうのは、深夜などにボリューム絞り気味で音楽を楽しむには充分な音質を備えているからに他なりません。メインシステムも、サブシステムも等しく音楽を楽しむシステムとして使っていきたいと考えています。

いや世の中にはメインとサブのほかにも様々な機器をつなぎかえ、またそれらを均等に使っている人も居るそうですから、あえてここで言うまでもないとは思いますが(^^;)

--

亭主がRogersや真空管アンプ、Auratoneにこだわる理由は、それらが亭主の最初期におけるオーディオ体験に根ざす機器だからにほかなりません。

Rogersは、オーディオというものに興味を持った際、初めて入ったオーディオ店で見かけたスピーカのメーカ。

真空管アンプは上のオーディオ店で、お店の顔として使っていたもの。

そしてAuratoneは、中古店めぐりなどを通じて自身が初めて自力で見い出した「ナイスなスピーカ」のメーカ。

そのほかInfinityのスピーカ、DenonのCDプレーヤなどは、亭主がオーディオを趣味としていくなかで、原体験としての役割を担ったメーカや機器なのです。メーカが製品の生産を中止し、なじみのオーディオ店が閉店し、また結婚などを期に環境が変わっていっても、これら機器に対する憧れや、最初期において得たオーディオの知識はずっと心に残っていて、今も変わっていないように思います。

してみると原体験を与える側のコミュニティの役割は、その人の価値観や人生設計を決めるに際して非常に重要な位置にあるのですね。

メーカのコミュニティ、ショップのコミュニティ、ユーザ間で形成されるコミュニティ、自作派のコミュニティ、評論家を巡るコミュニティ、あるいはオーディオ好きが集まるユーザフォーラム、雑誌の愛読者たちのコミュニティ、あるいはネットの掲示板のコミュニティ。良い悪いは別として、それらコミュニティの方向性が、オーディオ入門者のその後の方向性を決めていくのではないかと思うのですね。

--

残念ながら亭主がはじめて参加したショップのコミュニティは、大変居心地がよかったもののショップの閉店とともに散り散りとなってしまいました。以降、2ちゃんねるのオーディオ関係の掲示板経由で1000ZXL子さんのコミュニティへとたどり着き、現在はこちらにご厄介になっているわけですが、やはり亭主の中のオーディオに関する方向性は、原点であるショップのそれに近いと感じています。

幸いだったのはこのショップが、高級志向にも、また自作などのテクニカルな方向にも傾倒することなく、一方で完成品の真空管アンプやRogersなどといったマニアックだけれどもけして少数派とならない機器を取り扱っていたことでしょうか。

なお、亭主の原体験をさらにさかのぼりますと、長岡鉄男さんにまで到達します。ただ、長岡さんの著書は教科書としてなんども読み返したのに、長岡さんのコミュニティに接近することは全くありませんでした。コミュニティに入ることへの「畏れ」もありましたが、なんといっても茨城在住の亭主が、コミュニティと密接に関係していくためには、まずは「東京に出る」というハードルを越えなくてはならず、時間的にも、また金s年にも余裕がなかったからにほかなりません。

長岡さんはその著書で、「全員が別々のことをやればいい」と述べていて、亭主自身大いに共感した覚えがあります。
長岡さんがオーディオ雑誌などに書いていたことの多くは忘れてしまいましたが、この「全員が別々の~」というくだりだけはどうしたものかずっと覚えています。もしかしたらこれが亭主のオーディオにおける原体験というべきものなのかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://domuya.music.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2883

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、かたぎりが2013年5月 8日 22:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「05/07 【聴】Wishful Thinking / Hot Club of Cowtown, Shock Entertainment(CTX492CD)」です。

次のブログ記事は「05/11 【読】 「オーディオ巡礼(五味康祐、ステレオサウンド)」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。