2013年9月アーカイブ

2013年9月30日

09/30 【聴】 Raymond Scott Songbook / Raymond Scott, LI'L DAISY|Daisyworld(LDCD-001-2)

IMAGE

作曲家にしてピアニスト、1930年代以降のアメリカ音楽シーンにおける最重要アーティストの一人と目されるレイモンド・スコットのベストアルバム。岡田崇責任編集、アルバム初収録となる音源をはじめ、1930~60年代の代表曲をセレクトしたDisc 1と、Jean-Jacques Perrey、上野耕路、細野晴臣、星野源ほか内外のアーティストによるカヴァーを収録したDisc 2の2枚組。ライナーノーツやブックレットも充実した渾身の自主制作盤。

Raymond Scottといえばアメリカではアニメ音楽、映画音楽として特に有名、年長のアメリカ人ならば彼の曲を聴いたことがない、というくらいに有名なアーティストなのだそうだ。彼自身はアニメ音楽、映画音楽は手がけていないものの、その音源はあらゆるテレビ番組で流されている、らしい。確かに聞いてみるとなるほど、どこかで聞いたことのある曲もちらほらある。親しみやすいフレーズと、効果音のように使われる楽器のアクセントが心にすっと染み込む。デイジーワールドのコンピレーションにも少なからず収録されているので、古いリスナーはもちろん、細野さんの周辺の音楽を追っかけている人ならばおなじみの曲も多いことだろう。

さらにまた、Raymond Scottは電子楽器の発明者としても知られている。ClavivoxやElectroniumなどの電子楽器、シーケンサの発明など彼の活躍範囲は実はきわめて広い。彼自身も電子楽器を使った作品を多く発表しており、後年の実験音楽、エレクトロニカ・アーティストとしての活動は多数のフォロワーへとつながっている。ただ、Raymond Scottの楽曲に限っては、電子音楽に過激さを求めているように思われない。従来の音楽の流れに逆らうことなく、表現手段の一つとして、あるいは音楽を楽しむ人たちに向けての福音として電子楽器を使っていて、聞いているほうもゆったりと、幸せな気分が味わえる。

そんなこんなでカヴァーなのだが、こちらも良い感じで"Raymond Scott"している。いわゆる大外しなリミックスは一切なし、それぞれに原曲の趣をしっかりと残していて、ひたすらにまったり。インスタント・シトロンの片岡知子さんによる"See the Monkey"などは海外の短編アニメを見ているかのような楽しさとエキゾチックさ。しかも次々と転調していく中を、片岡さんのヴォーカルもまた追従しつつ転調するという非常に高度なワザも聴ける。これはスゴイ。

2013年9月28日

09/28 【聴】 Touch / Tone / i am robot and proud, 7ep(epcd071)

IMAGE
カナダはトロント在住、Shaw-han liemことi am robot and proudの最新作。オリジナルとしては5作目のアルバムに当たるという。コロコロとした音色が特徴のエレクトロニカは、まるで夢の国、おもちゃの国にでもいるような愛らしい音楽。全14曲。

中国系カナダ人―――というプロファイルを持つ彼。学生時代より音楽を作り始め、Lullatoneらとともに愛らしいエレクトロニカの立役者として現在も活躍している。1stアルバムより作風はほとんど変化しないようにおもわれるが、よくよく聞いてみるとアコースティック楽器を採用していたり、ポップ・ミュージックの要素を強めていたりと「独特さ」が幾分マイルドになっている。非常に聞きやすい、誰にも愛される作品へと仕上がっているといってもよいだろう。

2013年9月27日

09/27 【聴】 Intence / Armin Van Buuren, Armin Audio B.V.|Avex(AVCD38730)

IMAGE
オランダ出身、ダッチ・トランスのトップDJ、Armin Van Buurenの最新アルバム。2013年8月リリース。世界的にヒットした"This is what it feels like (原題-フィール-愛しき未来)"を含む全15曲。

System F (Ferry Corsten)、DJ Tiestoらとともに、欧州を中心としたトランス・シーンを牽引するArmin。人気DJランキングで5回の1位を獲得するほか、オランダ国王即位の式典で唯一の公式DJに選ばれるなど名実ともに"No.1"である彼が今回発表した作品は、ヴォーカルを積極的にフィーチャーしたメロウなアルバム。歌詞つきだからか、それともArminの最近の曲の傾向かはよくわからないが、かつての降り注ぐようなシンセ・サウンドは影を潜め、女性ヴォーカルのバッキングに徹している。トランスの強烈な高揚感を期待していた人には少し期待はずれだろうか。

亭主は2000年、2002年にオランダを訪れている。当時はユーロ・トランス全盛時代、アムステルダム郊外では巨大レイヴが開催されていたり、市内のCD店では大々的にトランス・ミュージックが流れていたりと非常に盛り上がっていたのを思い出す。当時のトランスはきわめて強炭酸のシンセ・ミュージックで、雨のように降り注ぐシンセ・サウンドと、クラシック音楽からの引用とおもわれる印象的なフレーズに衝撃を受けた記憶がある。亭主がスレたせいだろうか、それとも曲そのものがマイルドになっているせいだろうか、本作を聞いても新鮮な驚きは残念ながら沸いてこなかった。

2013年9月26日

09/26 【聴】 Descendants of the Resistance / Los Hermanos, Los Hermanos(LHCD003JP)

IMAGE
ジェラルド・ミッチェルとDJロランドによるデトロイト・テクノのプロジェクト、Los Hermanos。2004年にUnderground Resistanceことマッド・マイクが主宰するURレーベルからファーストアルバムをリリースし全世界から注目を浴びた彼らの最新作は、ムーディーマンも顔負けの黒いテクノ。

UR周辺のテクノといえばダークでミニマル、ストイックな作品が主流だったと記憶している。音楽による革命をもくろむ、「タカ派」の彼らにとってポップ・ミュージックは体制側の音楽であり、彼らが敵と考える「システム」の一部であった。ところが本作のLos Hermanosはファンクやポップなどの方法論を用いてマスへの接近を試みる。ブラック・ミュージックのビートに親しみやすいメロディとヴォーカルが重なって、URレーベルには珍しい、ファンキーなアルバムに仕上がっている。

なお本作はLos Hermanosのアルバムとしてクレジットされているが、実際にはThe Soul Saver, Les Descendantsほかテクノ・アーティストの競作という形が採用されている。全17曲というボリュームたっぷりの構成、適度なポップさが退屈を忘れさせてくれる。

09/26 東京マラソン2014当選のお知らせ

毎度年中行事になってまいりましたが、ご報告です。

このたびは東京マラソン2014にお申込みいただき、誠にありがとうございました。

定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選を行いました結果、当選となりました。

まあいつものことですから・・・って

あれ???

--

9/5に到着した事務局からのメールによれば、

◆申込者数合計(一般募集) 303,386 人 
・マラソン(42.19km)    302,442人 
・10km             944人
マラソンの抽選倍率は10.3倍。以前の当方ブログ記事では

いやあこれは無理だよと。芸能人か局アナか、最強の市民ランナーならばまだしも10人に一人のなかに入るなんてのは夢のまた夢のまた夢のまた夢のまた夢のまた夢のだよと。
などと言ってましたが、どうやら当方もやっと局アナの仲間入りができたようです。

--

早い人は昼ごろにはすでに当落の通知があり、妻は15:00ごろ落選の連絡、周囲も16:30ごろには続々と当落が確定していたのです(というかもっぱら落選の報告でした)が、当方は18:30になってやっとメールが到着、当選となりました。

ただ・・・そうですね、当選したから気持ちが高まっているとか、うれしくてしかたがないとかいうことはありませんで、ひたすら淡々、坦々とした気分の中にいます。実感が沸かないということもあるのですが、やはり妻の落胆振りを目の当たりにすると、自分だけ喜ぶのも気が引けてしまうのです。妻は「おめでとう」といってはくれたものの、よほどショックだったらしく急にやさぐれはじめ、あまりハナシをすることも無く寝てしまいました。

私が落選して、妻が当選すれば、こんなお通夜みたいな雰囲気にはならなかったのだなぁとおもうと、どうにもやりきれません。

まあ、ともかく、練習しよう。


2013年9月25日

09/25 マウスとキーボードの思い出

学生時代のアルバイト先の佐藤君によれば、優秀なSE(System Engineer)には、いつ客先で作業をすることになっても困らないよう、PCに標準でついてくるソフトでプログラムを開発・デバッグするスキルがあったのだそうです。亭主の学生時代といえばPC-9801(およびその互換機)が全盛で、佐藤君言うところの「優秀な」SEさんは当時MS-DOSに添付されていたエディタ"edlin"でプログラムを開発していたとのこと。それを聞いた亭主、背筋がぞっとした記憶があるのですが、果たしてMS-DOSを知らない今の世代、Windows XPあたりがMy First OSの世代にこの恐ろしさをどう伝えようかと考えて、やっぱり伝わらないよなぁと途方に暮れています。うーん、たとえば、Windowsの「メモ帳」でプログラムを開発していたと言ったならば、恐ろしいと感じてくれるのだろうか。今の世代はそもそもプログラムを作りませんから、恐ろしいという感覚はなかなか伝わらないかもしれません。

そんなSEさんの話もあってか(亭主自身はSEではないものの)なるべくシンプルなPC環境で仕事をするよう心がけています。亭主の職場にも、キーボードを自分の使いやすいものに交換したり、便利なソフトウェアをインストールしたりとPCを積極的にカスタマイズしている人がいますが、亭主の場合は会社支給の標準のキーボード、マウスを使い、会社支給のソフト+α程度しかインストールしていません。客先で仕事をするから、というわけではなく、何年に1回かやってくるPCの交換(OSやアプリの動作がおかしくなったり、そもそもPC自体が壊れる)に備えて、新しい環境への移行で自分の仕事が出来るだけ増えないよう配慮したためです。

なるべくシンプルなPC環境を―――という意味では自宅のPCについても同様。ただしこちらは使いたいソフトをそれなりにインストールしていますし、キーボードやマウスもそれなりに厳選したものを使っています。キーボードは、かつてはFILCOの「隼」を使っておりました。かちゃかちゃと賑々しい打鍵音と、メカニカルなキータッチが気に入って随分長く使っていましたが、あるときキーの接触不良で動作が怪しくなって、当時新製品として話題を呼んでいたPFUのHappy Hacking Keyboard Lite 2に交換しています。こちらは打鍵音はそれほどうるさくなく、しかしキー入力は非常に快適。おそらく9年は使っているものとおもいます(ブログでは2006年にこれに関する記載あり)。9年ちかく使ってもヤレがこない、というのは昨今の安かろう悪かろうのPC業界においては異端かもしれません。亭主自身は次もまたPFUにしようかと考えています。

一方でマウスは、マウスボタンが消耗品であるということもあってわりと頻繁に交換していますが、基本的に「有線マウス」を使っています。高いものでなくとも良いので、有線(USB接続)で、手に馴染むデザイン、重さほどほどという条件ならばあとは特に贅沢は申しません。最近はELECOMのM-TG05ULBKあたりを愛用しています。

2013年9月24日

09/24 【聴】 Super Chief -Music for the Silver Screen- / Van Dyke Parks, V4Record(VFR-2)

IMAGE
2013年5月にアルバム"Song Cycled"を発表したVan Dyke Parksが、2013年第2弾となるアルバムをリリースした。2013年5月に限定LPとしてリリースされたもののあっという間に完売したという幻の作品、1995年の鉄道によるアメリカ横断旅行を描いたという架空のサウンドトラックが本作となる。全編オーケストラの豪華編成、サウンドトラックと呼ぶにふさわしい小品30曲は、聴く人を壮大な音楽旅行への旅へといざなう。

往年の映画音楽、サウンド・オブ・ミュージックに代表される、古きよき時代を思わせる美しいサウンドが特徴的なアルバム。現代においてはむしろ「のんびり」と形容されがちな鉄道旅行をコンセプトに、まるで各駅に停車していくかのような楽曲構成。「限定」というにはあまりにも惜しい、手間ヒマのかかった作品に仕上がっている。曲名にアメリカの地名がちらほらと見られて、聴き手はあるはずのない映画のワンシーンを、まるで自分が観ているかのような錯覚に陥ることになる。架空のサウンドトラックというコンセプトはこれまでにもあったようにおもわれるが、ここまでリアリティをもって心に迫る作品も珍しい。もちろんサウンドトラックという位置づけをとっぱらい、オーケストラ編成によるレトロ・ミュージックという位置づけで改めて聞いても充分に楽しめる。いずれにせよ1曲が30秒~3分程度である。電車の中でぼうっと外を眺めながら、外の景色にこのアルバム収録の曲にあわせて聞いてみても面白そうだ

2013年9月23日

09/23 【聴】 Dots / Flare a.k.a. Ken Ishii,Sublime(XQLP-1003)

IMAGE
テクノアーティスト/DJのKen Ishiiの別名義"Flare"による、(Flare名義としては)実に17年ぶりとなるアルバム。全10曲。

Ken Ishii本人のクレジットではコンスタントに作品をリリースしているが、Flare名義は、"Refference to Difference", "Grip"以来3枚目のアルバム。これまでアンビエントを意識した浮遊感のあるテクノをメインとしてきたFlareからすると少し異質、というのが本作を聞いての第一印象だろうか。M2"Snowed Under"のように、従来のFlare路線を踏襲したものもあれば、エレクトロニカを意識したM1"Kigoh"などのようなトラックも含まれる。クラブなどでプレイされることを想定しない、どちらかといえば自由な構成―――という意味では本作もしっかり"Flare"といえる。もっとも本アルバムはこれまでの作品に比べて圧倒的にフリースタイルで、ユーモアに満ちている。M6 "Northbound Part1"のトライバルなアレンジはその真骨頂か。

2013年9月22日

09/22 【読-番外編】 「うちの妻ってどうでしょう?(福満しげゆき、双葉社)」

「うちの妻ってどうでしょう?(福満しげゆき、双葉社)」

代表作に「僕の小規模な生活」「僕の小規模な失敗」「生活」など。弱気で卑屈、ときに暴力まで振るう漫画家の「僕」と、九州出身でマイペース、ちょっと不思議系の「妻」とが織り成すおかしな日常をつづった作品。タイトルのとおり、「妻」の奇妙な言行がネタの中心となるが、タイトルの不穏さが示すとおり「僕」のちょっと欝気味の言行もまた本書のテーマだったりする。

典型的なダメ男と、それを支える妻の物語―――というとちょっといい話に聞こえてしまうが、基本的には「僕」の行動に妻が、「妻」の行動に僕が引っ張られて右往左往するハナシといったほうがよいかもしれない。フィクション/ノンフィクションに限らず古くからある良妻賢母な物語ではなく、お互いにしっかりとした世界があって、お互いが相手を適度にどつきつつ、結果的には妻の明るさでなんとなくうまく収まっている、そんなおハナシ。ショートヘアにぽっちゃり体型、ニコニコと笑顔が愛らしい妻、時々なんだかよくわからない行動に出ては「僕」をぎょっとさせる妻の存在が、自己中心的・内省的になりがちな「僕」に客観的な視点を与え、現実社会にとどまらせている。

それにしても本作における「妻」の実在感は、これまで読んだコミックに登場する女性の中で、一番強く感じられる。従来のコミックにおける女性、たとえば「ヒーローの添え物として程度のヒロイン」や、「女性の強さや優しさ、自主独立性を体現したかのようなスーパーウーマン」などは、作者である男性が勝手な女性の解釈の上作り出した、ある種のアイコンだった。これに対して本作の「妻」は、ダメ男の「僕」の言動に振り回されながらも、しっかりと自己を主張し、わが道を行き、またときに優しく「僕」を包んでいる。適度な突き放し感とマイペースさが、圧倒的なリアリティをもって読み手に「女性」の存在を伝えてくれる。もちろん本作は実話を集めたものだからリアリティという意味では担保されているのだろうが、実話という下地がなかったとしても本書における「妻」の存在感、ひいては作者の人間観察の鋭さには驚かされる。

作られたヒロインよりもずっとずっとリアルで、自然な新しいヒロイン像を提案する、という意味で他の作品にはない新鮮さがある作品。

2013年9月21日

09/21 【読】 「傅信幸のオーディオ読本~美しい響きの探求~(傅信幸、音楽出版社)」

「傅信幸のオーディオ読本~美しい響きの探求~(傅信幸、音楽出版社)」

オーディオ評論家。ステレオサウンドのレギュラー執筆陣、CDジャーナルでの連載など多数の雑誌にて活躍する氏が、自身のオーディオ遍歴、音楽遍歴をつづった記事を選りすぐった特別編集本(ムック)。2013年1月刊。亭主は出張先の北九州の書店で購入している。

内容は、大きく分けて4部からなる。傅氏のオーディオ観、音楽観を概観する第1部(対談に菅野沖彦氏を迎える)、氏が注目する最新のオーディオ機器を紹介する第2部、自身が愛用していた静電型スピーカApogeeと、異形の曲線から構成されるNautilusについて語る第3部、そして雑誌連載されていたオーディオ/音楽エッセイから一部を抜き出した第4部。ハードウェアからソフトウェア、あるいは自身の内面から交友関係・家族の話まできわめて広い範囲の話題を扱っている。オーディオ評論家には珍しくポップスやロック、シンセサイザー音楽を好んで聞いていたり、語り口がソフトで、ユーモアとペーソスが程よく効いていたり、あるいは日々の生活を感情豊かにつづっていたりと読者層を選ばない内容。しかし決してライト感覚というわけではない。氏独特のスタイリッシュさ、オーディオと音楽に対する強いこだわりが感じられる。

亭主自身は、ステレオサウンド、CDジャーナルなどで氏の文章を毎回楽しみにしている。世代としては2回り上(亭主の世代がYMO世代、その上がビートルズ世代ならば、その上・先生の世代はなんと呼ぶのだろう?)にあたるのだが、先にも述べたように非常にスタイリッシュかつソフトな文章に親しみを感じ、共感しているからだ。ヒッピーやニューエイジの文化を通り越してきたかのような髭と眼鏡、ぱりっと着こなすジャケットは、とてもとても60代とは思えない。

もう一つ、傅さんがかつて愛用していたApogeeというブランドが現在1000ZXL子さんの愛用しているスピーカのブランドで、現在愛用しているNautilusが@が所有しているスピーカということも、親しみを覚える理由だろうか。本書に記されたApogeeおよびNautilus導入のきっかけ、使いこなしなどは、1000ZXL子さん、@さんのシステムに通じるものがある。1000ZXL子さんがアンプにKrellを、@さんがMark Levinsonを使う理由がしっかりと記されていて、二つのスピーカを聞いたことのない亭主に、よりわかりやすいサウンド・イメージを伝えてくれている。

一つ残念なのは、第4部のエッセイが雑誌からとびとびに抜き出されてきている点だろうか。ファンとしてはやはり連載当時の記事を一括して読みたいし、そもそもテキストをそのまま埋もれさせてしまうことが勿体無い。もしかしたら抜けのないバージョンが出るのだろうか。期待して待ちたいところだ。

2013年9月20日

09/19 飯田市の思い出

リニア中央新幹線の話題が盛り上がっている。

品川と名古屋を約40分で結ぶという、ある意味「ワープ航法」な移動速度に加え、停車駅が各県1駅づつと最小限だったり、インターネットでしかチケットが買えなかったり、地下40メートルに駅を建設したり、路線の約86%がトンネルだったり―――と新幹線や在来線の延長ではなかなか思いつかない斬新なアイデアが盛り込まれていて、個人的にはかなり面白い試みだとおもっている。ビジネス向けを想定しているのは、在来線との接続のよさや都市の発展計画といった部分を一切切り捨てた結果なのだろう。相模原や甲府あたりは、それでも「都市」であるし、在来線とのアクセスもそれなりに確保されている。ところが長野県唯一の駅である飯田ともなると、在来線である飯田線の不便さ、他の地方都市とのアクセスの悪さが際立ち、交通網の体をなしていない。しいて交通網を挙げるとするならば、地元に根付いた車文化と、中央高速を挙げればよいか。住民たちは飯田線を利用せず、リニアの駅の周辺まで車を利用し、近隣に駐車し、東京や名古屋で用事を済ませたあとは、リニアの駅からさっさと車で帰宅する。これでは街の発展は望めそうにない。なにしろ何にもない街なのだ。

飯田も、その昔はそれなりに県南部の中核都市として栄えていて、小さいながらも動物園があったり、映画館を含めた大きな商店街があったりもした。亭主は高校卒業まで伊那と飯田のちょうど真ん中あたりに住んでいたので飯田にもちょくちょく行っていたのだが、飯田駅を中心とした歴史ある町並みに「品格」を感じそれなりに憧れを感じていたものだ。今、飯田駅前がどうなっているのかはわからない。ただ、郊外への大型店舗の相次ぐ出店と、対照的にどんどん本数が削られていく飯田線のダイヤをみていると、リニアが地域振興のカンフル剤となる可能性は低いようにおもわれる。もちろん地方にはこれからどんどん発展して欲しいから、これから様々なアイデアが生まれることに期待しているのだけれど。

父親と、飯田の映画館に「サイボーグ009超銀河伝説」を見に行ったり、「伝説巨神イデオン・接触篇」のLPを買ってもらったり、正月にウォッチマンというディスカウントショップに行き福袋を並んで買ったり、飯田のユニーで電子ブロックの追加パーツを買ったりと思い出は多い。

ただ、いまひとつパッとしないというか、自分でもネタとして展開するにはあまりにもマイナーネタばかりで、亭主自身これらをどう料理したものかわからない。

そういうマイナーさが飯田なのだというよりも、亭主自身がマイナーを好む人間だったとしたいいようがなく、町おこしよりも自分起こしが先だろという話もあるが、これはまた別の機会。

ともかくも、リニアが通ったら、東京・品川と飯田市の間の移動時間は30分足らずとなる。

それならば現行の中央高速バスを、飯田市を中心とした高速&路線バスに再編したほうが、もしかしたら飯田市の発展に貢献するかもしれない。飯田を観光都市とするよりも、品川や名古屋へのアクセスのためのサービスエリア的な都市、物流や製造業の拠点としての都市として発展するほうがメがあるのかもしれない。

2013年9月16日

09/16 【聴】 Elements of Life Eclipse / Louie Vega Presents, Vega|P-Vine(PCD-93675/6)

IMAGE
Kenny "Dope" GonzalezとともにMasters At Workとしても活動。ハウス界の最重要アーティストの一人として目されるLouie Vegaの最新アルバム。自身のアルバム"Elements of Life"の世界観を広げたシリーズ作品として、"Elements of Life", "Extension"に続く3枚目のフル・アルバムとなる。

生命のダイナミズムを感じさせる、完成度の高いハウス・ミュージック。これまでのMasters At Workの作品がそうであったように、本作もまた非常にポジティブで、健康的だ。エロティックな面が一切無く、ひたすらに前向きなあたりが本作含めたシリーズの大きな特徴であろうか。アフリカ的なリズムにポジティヴな女性ヴォーカルが重なるアレンジは、むしろアフリカの大地の雄大さ、包容力を感じさせる。

一方で、Masters At Workによるメガヒット・アルバム、"Nuyorican Soul"にみられた強烈なインパクトは感じられず。楽曲もオリジナル曲を中心としており、Fela Kutiの"Overtake Don Overtake Overtake"のカヴァー、Ursula Ruckerのポエトリー・リーディングなど聴きどころも多いが、粒がそろいすぎているからだろうか、それともコンセプトがありきたりになっているのだろうか、いまひとつすごさが伝わってこないのは残念。

2013年9月15日

09/15 【聴】 恋する惑星、果てしない物語 / Her Ghost Friend, Art Union(ARTNT-010)

IMAGE
イラストレーター/デザイナー/ヴォーカリストのおのしのぶと、トラックメイキングを担当するDJ OBAKEの「空想電子ポップ・デュオ」、Her Ghost Friendの最新作。シングル・アルバムと銘打たれているが、全15曲という分量を「シングル」とシレッといいのけて知らん顔してはいけない。前作の「ルミナスモス」のバッハ的解釈を含むリミックス3曲、YMOの「コズミックサーフィン」のカヴァーを含む堂々たるフルアルバム。

愛らしいヴォイスと夢見がちな歌詞、そしてきらきらとしたシンセサウンドが交叉する新感覚テクノ・ポップを開拓したHer Ghost Friend。本作でもその魅力を十二分に発揮して、独自の世界を作り上げている。ジャケットのイラストからも想像のつく童話のような音世界は、(たとえばやくしまるえつこがヴォーカルをつとめる「相対性理論」のような)残酷さや毒、現実批判を一切含まない完全に現実とは切り離された世界。各位、浮世ではいろいろといいたいこともあろうが、音楽の中でそれをいう、ということはある種自らの行動を現実に縛ることを意味する。現実から完全に切り離されることにより発生する「幻想のなかでのリアリティ」が、このユニットの魅力とでもいおうか。幻想のなかでのリアリティをしっかり維持しつつ、新たなアイデアを次々と投入してくる。

ちなみに「コズミックサーフィン」のカヴァーは可愛らしいヴォーカルつき。ニューエイジ的サーフィン・ミュージックの原曲に対し、こちらは箱庭を星空に見立てている感。

2013年9月11日

09/11 【読-番外編】「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(谷川ニコ、ガンガンコミックスONLINE)」

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(谷川ニコ、ガンガンコミックスONLINE)」

Amazon経由で購入。Kindle Paperwhite 3Gにダウンロード・読了した。
オタクで根暗、他者とのコミュニケーションに難ありの女子高生が、モテモテの学校生活を夢見つつ日々いらぬ努力と挫折を繰り返すコメディタッチのコミック。一話12ページ、9話を収録。

本来当サイトではコミックスの類はレビューの対象としないのだけれど、今回は番外編ということで。

主人公である黒木智子(もこっち)は高校一年生。手入れをしないまま伸ばしたざんばら髪と三白眼、そして徹夜でゲームをしすぎたゆえの目の下の隈がトレードマークの腐女子として描かれている。ときおり可愛い姿もみせるのだが、変顔と奇行が彼女のかわいらしさを台無しにしている。普通、このテの作品にはどこかしら「萌え」の要素が入っていて、ヒロインに対してもどこか救いの部分を設定しているはず―――なのに、本作のヒロインたるもこっちは、とにかく救われない。運が悪いし、間も悪い。読後感は必ずしも、良くない。

多くの解説などを見ると、彼女のことを「コミュ障のオタク」と説明している。ただ、彼女が本当に「コミュ障」な「オタク」なのかについては、亭主自身は若干疑問に感じている。本来オタクという人間は自我の殻が非常に強く、自らの行動を肯定するにせよ、あるいは否定するにせよそこに他者の感情が入り込む余地はまったくない。この「殻」はたとえば同好の士ともいえる人間たちによって形成される場合もある。要するにオタクというのは、自ら(ないしコミュニティ)と外側の世界の間に強い壁をこしらえて、壁の内側に楽園を形成しているのだ。

ところがもこっちの場合、この「殻」「壁」が極めて脆弱にできている。もちろん彼女の脳内には怪しげな世界が渦巻いていて、自室に戻ればそこに楽園がある。しかし彼女は外界からの刺激を渇望し、また外界に向かって自らの存在を積極的に問うている。周囲の言動にいちいち喜び、傷つく彼女の姿は、吹雪の中Tシャツ一枚で立っているくらい危なっかしい。もこっちが読者に好意的に受け止められ、また作品自体が人気を博しているのは、この危なっかしさが読者の母性・父性本能をくすぐっているからなのではなかろうか。かくいう亭主もどのように彼女と接したらよいだろう、どうしたら彼女の心を開かせることができるだろうなどと意味の無い思考をめぐらせることがある。良く見れば決して不細工な顔などではないし、奇行も愛嬌の一種と思えば、思えなくも無い。

亭主自身本作を面白いかと問われれば、面白いと答えるだろう。ただそれがギャグとして面白いのかというと微妙としかいいようがない。

亭主のようにオジサン度が極まってくると、若者の奇行を笑ったり、憤ったりするよりもまえに「保護者的立場」から暖かく見守ってしまいがちなのだ。

2013年9月10日

09/10 日々雑感

暑い日が続いたせいか、すっかりお疲れの亭主であります。

夏は行ってしまったというのに、アバンチュールの一つもなく、いつのまにか本とCDで埋まった部屋で、深夜にほそぼそとテキストを打ち込むくらいしかすることがない今日この頃です。ふと見回してみるに、本棚に並ぶ本にせよ衣装ケースに詰め込まれたCDにせよ、そのラインナップは独身時代と一切変わるところがなくて、ああ、このまま年老いて行くのかなぁと、定年を迎えてもテクノの本だの、Cプログラミングの本だのを後生大事に抱えていくのかなぁと思うと、なんだか急にわびしくなってしまうのであります。三つ子の魂百までなどといいますが、亭主の生き様は、おそらく死ぬまで変わらないのでしょう。いやいいんですけどね。いいんですけど、いいのか。

亭主の荷物は、実家を出て、予備校の寮に入るために用意したモノを本質として、そこにごてごてと様々なものが塊魂のようにくっついたもの―――と思っています。亭主の荷物の本質は「本」と「音楽」と「コンピュータ」の3つであって、これまでそこから逸脱したことはありませんでした。本が増え、音楽が「オーディオ」と「CD」へと展開し、コンピュータがFM-7からWindows 7マシンになったとしても、また度重なる引越しによってその総量が増えたり減ったりしたとしても、その本質は一切変わらないように思うのですね。他の人ならばこれが「車」だったり、「ファッション」だったり、あるいは「ゲーム」だったりするのでしょうか。ほかの人は、過去をどうやって現在、未来へと運んでいくのだろう。もしかしたら結婚を機に、出産や就職を機に完全に「なかったこと」にしているのだろうか。

亭主の疑問は尽きないのであります。

今ある本をなんとか整理したいと常々思ってはいるのですが、なかなか捨てられずにいるのは、本棚にある本が自分の人生の中においてそれなりの部分を占めているから。ただ、中には完全に旬を過ぎたものもも少なからずあって、たとえば技術書などは持っていても仕方ないものもないわけではないです(ここ少し迷いあり)。「プログラム書法/Brian W.Kernighan、P.J.Plauger」や「文芸的プログラミング/Donald E. Knuth」はプログラマや数学者にとっては「名著」であり、ノンフィクションの読み物として今読み返しても充分に面白くて捨てることなどもってのほか。ですが、流行を追った本であるとか、今あえて読んでも得るものがない本があるのだとしたら(もどかしいようにも思えますが)少しづつふるいにかけて捨てていこうかと思っています。

このごろは新書をよく読むのですが、この新書というのが非常に微妙なんですね。ジャンルを選ばずに読もうと心がけているおかげで、読んでも心に残らない、ありていにいえば毒にも薬にもならないものも少なからずありまして、こーいう本はもう真っ先に捨ててやろうとか思うわけですけれども、いつか知識として役に立つかもしれない、頭の中には入らないけれども、(本という形で)外部に知識として蓄積しておけばよいかもしれないと思うと、なかなか捨てられなかったりもするのです。

少しづつふるいにかけているつもりが、どんどんと溜まっている―――。そんなジレンマを抱えつつ、本棚を見渡してため息をついています。


2013年9月 9日

09/09 【聴】 The Loud Works / Masanori Ikeda, Flower(FLRC-068)

IMAGE
Mansfield名義での活動、DJ Mix "Spinout"シリーズのリリースがことに有名。現在はハウスDJとして活躍する池田正典の実に11年ぶりとなるオリジナル・ソロアルバム。2007年に発表し大きな話題を呼んだWilliam Pittの"City Lights"のカヴァーを含む全9曲。

Mansfieldといえば、かつては小西康陽、Fantastic Plastic Machineとともにモンド・ミュージックに類するアーティストとして語られていた。ところが本作ではその傾向をがらりと変え、King Streetばりのスタイリッシュなハウスへと変貌を遂げている。ヴォーカルなし、サンプリングネタなし、シンセトラックのみというこだわりぶりは、前向きな曲調とあいまって「激変」とでもいえそう。先にも書いたように"City Lights"以来6年がかりで発表されたアルバム、ということもあって、収録曲数の少なさにもかかわらず非常に充実した内容となっている。個人的に一聴してのインパクトはサトシ・トミイエの"Full Lick"あたりをちょい下回るくらいか。下回る―――といっても"Full Lick"の突き抜け感はすさまじいので、本作も平均からいえばかなりのレベルにある。

2013年9月 8日

09/08 祝・2020東京オリンピック開催

本日早朝、ライバル国であるマドリッド、イスタンブールを制して決定したそうで。

スタッフの方々、アスリートの方々、安倍総理、そしてなによりも猪瀬東京都知事のご尽力が実を結んだ今回の当選に、心よりお祝いを申し上げます。

東京開催を素直に喜ぶ声がある一方で、ネット界隈では福島第一原発で次々と発覚する汚染水漏れ、いまなお避難先で不自由な生活を送っている被災された方々の実態を挙げて、オリンピックよりもまず原発対策であろう、被災者支援であろうという声も多く聞かれました。

しかしながら今回の当選によって福島にはより多くの海外からの目が注がれ、結果的に原発事故の抜本的対策が進み、より多くの被災者が支援されていくのではないかと期待しています。暗黙のうちに期限が2020年までと、設定されたことも大きいかと思います。国内の公共投資の増加や産業・観光業界の活性化、スポーツ振興の強化など多くの面にメリットが大きいと予想されます。

--

しかし、そのようなメリットがあってもなお、亭主自身は今回の決定を素直に喜べないのです。

たしかに開催はうれしいのですが、うれしさの奥に引っかかるものがあって、それが常に心の中に影を落としています。

ごく近い将来、関東や中部、東海地方を襲うと予想されている、南海トラフを震源とする大地震。東京から関西へのインフラをずたずたにし、東京を完全に機能停止させるだけの破壊力を持った大地震の存在を忘れて喜ぶことができないのです。

亭主自身、地震によってインフラがずたずたにされた様をその目で見ています。

地震によってうねった道路、底が破壊され使い物にならなくなったプール、体育館は天上が落ち、陸上競技場もまた地割れなどで大きなダメージを負うものと思っているのです。

せいぜい耐震化を進め、将来やってくる東京の大地震をなんとかやり過ごすしかありません。
果たして震度6強、7クラスの地震が東京を襲ったときどのようになるか。

東京オリンピックが「復興東京五輪」にならないことを祈るばかりです。

09/08 【聴】 20 Years Metroplex 1985-2005 / Juan Atkins, Metroplex|Tresor(IMFYL055)

IMAGE
デトロイト・テクノのオリジネータの一人。Model 500、Cybotron、Infinitiほか多彩な名義を使い分けるJuan Atkinsが、自らのレーベルMetroplex 20周年を記念して企画したベストアルバム。全2枚組、23曲。

レーベルは20周年とのことだが、本作はデトロイト・テクノが始動した1980年の作品を中心にまとめている。クラフトワークやYMOを素地とした彼の作品は、現在ではむしろ「エレクトロ」に分類されるものも多いだろうか。シカゴハウスに影響を受けつつひたすらにストイックな世界を追求するトラック、クラフトワークの「しかめつら」しさ、あるいはブラック・ミュージックのリズム感をもったトラックは、デトロイトのコンセプトとともに多くのフォロワーを生み出してきた。Cybotron名義の"Cosmic Cars"、Model 500名義での"No UFO's"にはSun-Raの影響も垣間見える。ただし、Sun-Raが現実世界から完全に脱却してしまったのに対して、Juan Atkinsはといえば抑制されながらもしっかりと大地に根を下ろしている。ジャンルの由来となったデトロイトが(自動車産業の衰退によって)自治体として財政を破綻させても、街の中が荒廃しきっていても、彼の作品は相変わらずデトロイトのアイデンティティをもって都市の中央に聳え立っている。全くブレがない。

2013年9月 7日

09/07 日々雑感

ここしばらくサブシステムのスピーカとしてAuratone QC-66を使っておりましたが、思うところありCelestion 5に交換して楽しんでおります。

そもそもサブシステムはiTunesの音を再生するためのもので、音質はさておきPCを使いながら、快適に音楽を楽しむためのシステムです。久々に聴いたCelestion 5とサブシステムの真空管アンプの組み合わせ。深夜の音楽再生ということで出音はかなり控えめで、正直いって音質を楽しむまでにはいたっておりません。何曲か再生し、とりあえず各パートが想定の範囲内で鳴っていることのみ確認して、あとはごくごく小音量にて聴いています。

Celestionの素性のよさ、特に5の音質については当方独身時代に確認しています。弟分である3に比べればはるかにレンジが広がっている上に音もクリアで、ブックシェルフ型としては完成度が高いという評価。英国スピーカにしては素直な明るい出音は音楽のジャンルを選ばないようにも思えます。もっとも、出音が明るく、レンジの広いスピーカはCelestion 5だけではありませんし、そもそもCelestionの音自体どちらかといえば古色蒼然と言うか枯淡というか、マニア好みの音なのですが(^^;)

自室のスピーカでよい音決定戦を始めてしまいますと(サブシステムに限っては)QC-66一択となりそうですので、今回はとにかくとっかえひっかえ交換して楽しみたいと思っています。

IMG_0440.JPGカラーボックスの上にぞんざいにおいてありますが、あくまでもサブシステムですので念のため。DACにはAudinst HUD-MX2を使用しています。重厚なシステムも良いですが、こういうシンプルなのも、いいでしょ。

2013年9月 6日

09/06 日々雑感

メール送信方法が変わるので、メーラの設定を変更して欲しいと@niftyより連絡あり。完全移行は10月になるものの、あらかじめ変更しても問題ないとのこと。

そういえばこのところメールは受信ばかりで送信してないなぁと思った亭主、忘れないうちにとメーラの設定を変更して、テストメールを自分の携帯アドレスに送ってみました。

ところが待てど暮らせどメールは届かず。

だんだん不安になってきたため、設定を元に戻したりあるいは変更したりといろいろ試してはみたのですが、携帯はうんともすんとも言いません。念のためと携帯の迷惑メール設定を見直して見たものの、設定でメールを拒否している様子もありません。

しかたがないので、携帯アドレスを含めた5つのメールアドレスに対し同時にテストメールを送信したところ、会社、yahoo, gmailのアドレスには正常に到達したものの、@nifty(自分自身ですね)と携帯アドレスのみメールが届かず、携帯に至っては「宛先不明」のエラーメッセージを返して知らん顔というていたらく。

うーん、なにが悪いのだろう?

亭主の友人や妻からは携帯宛にメールがあり届いていますので、@niftyないし亭主のメールに問題があるのかとは思いますが・・・と書いていて思い当たりました。メールの最後に追加する署名(シグネチャー)にURLが書かれててそれをフィルタが弾いていたんだ(´・_・`)

ともかくメール送信テストは完了です。お騒がせしました>自分

--

亭主は現在、仕事用と個人用あわせて5つのメールアドレスを所有しています。それぞれに用途があって有効に活用している―――ならばよいのですが(^^;)実際にはほとんど使っていないものもありまして、まあいつか何かの役に立てば良いと思いつつ、ときどきメールボックスを覗いております。Twitterなどもそうですが、世の中には複数のアカウントを上手に使い分けている方も少なからず(というか意外と多いかもしれません)居られます。用途を変えているということはそれだけ様々なことに意識を向け、興味を持って活動しているということでもあって、もうそれだけでウラヤマシイ。

つい先日、2ちゃんねるが大規模なハッキングの被害に遭い、有料会員の個人情報がほぼ全て漏洩した結果、匿名での書き込み(特に誹謗中傷や荒らし行為)が個人と断定されて大混乱になっていたようです。

表と裏の顔を使い分けることもまた一つの才能。融通の利かない亭主には、それなりにウラヤマシイ才能だったりします。

2013年9月 5日

09/05 日々雑感

東京マラソン事務局より連絡がありました。

--

----------------------------------------------------------------------
 東京マラソン2014一般エントリーの抽選結果通知は、9月26日(木)です!
----------------------------------------------------------------------

東京マラソン2014にお申込みいただき、誠にありがとうございました。
8月31日(土)17時で一般エントリーを締切りました。
申込総数(マラソン・1km)は、約30万3千人となり、マラソンの抽選倍率は、約10.3倍となりました。エントリーの抽選結果通知は、9月26日(木)にお申込みの方全員のご登録のメールアドレスに、抽選結果通知をお送りする予定です。ご当選の時にお支払いいただく参加料の振込期限は10月10日(木)を予定しております。

◆申込者数合計(一般募集) 303,386 人 
・マラソン(42.19km)    302,442人 
・10km             944人
--

ちなみに定員はマラソン:35,500人、10km:500人。

いやあこれは無理だよと。芸能人か局アナか、最強の市民ランナーならばまだしも10人に一人のなかに入るなんてのは夢のまた夢のまた夢のまた夢のまた夢のまた夢のだよと。

アテにしないで待つことにします。

東京マラソンに出場した人に話を聞く機会があって、いろいろと様子を伺っているのですが、皆さんどなたも非常によい大会だというのですね。沿道の応援のあたたかさもさることながら、普段走れない東京の道を堂々と走れるだの、都庁から東京タワー、浅草などなど東京の有名どころが見物できるだの、スタートとゴール位置が異なるものの荷物の預け入れ引き出しが非常にスムーズだのとオオヨソ悪い感想を聞いたことがありません。一度くらいは走ってみたいなぁと、これはもう本当に素朴な感想です。

--

10kmはU-18・視覚障害者・知的障害者・移植者・車いすの各男子・女子の参加でありまして、こちらの応募が非常に少ないのが意外でした。定員も少ないが応募も少ない。こちらはむしろもっと盛り上がって欲しいところですね。

2013年9月 4日

09/04 【聴】 May the House Be With You / Sugiurumn, Warner(WPCL-11375)

IMAGE
元Electric Glass Balloonのギタリスト。バンド解散後はクラブ・ミュージックのDJ/テクノクリエータにジョブチェンジし、荒木飛呂彦によるジャケットのソロアルバムリリースでリスナーの度肝を抜く。いまやクラブには欠かせない定番アーティストとなった杉浦英治ことSugiurumnの実に7年ぶりとなるフルアルバム。

すべての曲に、畠山美由紀、沖野俊太郎、曽我部恵一、日暮愛葉らゲスト・アーティストをフィーチャした意欲作。Sugiurumnらしい前向きかつ濃密なハウスにゲスト・アーティストの一味をトッピングすることで個性たっぷりの作品へと仕上げている。ビッグ・ビートを思わせるサウンドの"Black Shadow feat. Kram"、モータリックなミニマルテクノにヴォーカルを重ねる"Soul to Sell feat. Shuntaro Okino"など、攻撃的な作品が多い。その源流には間違いなく彼の出自であるロックがあって、どの曲もココロを沸き立たせるエネルギーに満ちている。歌詞もまたエネルギッシュかつ前向きで、暗い闇から光の中へと一歩一歩踏み入れていくかのようだ。

2013年9月 2日

09/02 日々雑感

9/1は関東大震災の起きた日、防災の日。
9/2はあまちゃんの作中で東日本大震災が起きた日。
そして9/2は越谷市~松伏町~野田市に竜巻(らしきもの)が発生し、多くの家を破壊した日。

竜巻の被害に遭われた方に、こころよりのお見舞いを申し上げます。
松伏町には以前にお世話になった方もいて、ここ5年ほど連絡をとっていないため心配です。

先日の島根の豪雨でも、やはり友人の実家が避難対象になっていました。興味本位で訊いているのではないにせよ、とってつけたように安否確認するのも気が引けて、こちらもまだ連絡を取っておりません。

--

先週金曜日(8月30日)放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」は、2011年3月11日、現実世界において震災が起きる数時間前のエピソードでした。本日(9月2日)放送分においてやはり震災は発生し、主人公の天野アキ含む登場人物たちもまた現実世界と同様不安な日々を送ることになるようです。

ところで、先週金曜日の放送回を見た人のなかには、まるで自分が予知能力者にでもなったような気分を味わった人も多かったのではないでしょうか。全知全能の神―――とまではいかないものの、将来起こりうる災厄を確実に予見するという体験は貴重です。そして同時に、災厄を確実に予見しつつ、実際にはどうすることもできないという無力感もまためったに味わえるものではないように思います。

これが小説やコミックの主人公ならば、災厄を回避しようと奔走するのでしょうが―――。


月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。