2014年1月アーカイブ

2014年1月31日

01/31 日々雑感(iPod終焉のニュースに寄せて)(追記あり)

"販売激減..."原点"iPod終焉 ジョブズ氏の予言通り CEO示唆 (msn産経ニュース)"

iPhoneの販売の伸びに対してiPodの販売が激減しており、Apple社CEOのティム・クック氏が、iPodの生産中止を投資家向け説明会にて示唆したとのこと。

言うまでも無くiPodは、iPhone, iPod touch, iPadと続くシリーズの原点たる音楽プレーヤであり、iTunesおよびiTunes Music Storeと組み合わせた音楽のエコシステムの中核を担っていた機器であり、CD全盛時代にSONYのCD-Walkmanを窮地に追いやるとともに、当時極めて陳腐なMP3プレーヤしかなかった市場に、「ハードディスク/メモリオーディオプレーヤ」というジャンルを確立した記念碑的機器であります。

大容量メモリに音楽を持ち歩く、という発想は、当時としてもさして斬新というわけではありませんでした。しかし、徹底して管理された品質と、iTunes-iTunes Music Storeとの連携による使い勝手の良さは、当たらし物好きのファンや音楽ファンだけでなく、一般ユーザを大きく巻き込んで大きな市場を形成したといっても良いでしょう。

iPodの機能がiPod touchやiPhone、iPadに継承され、音楽プレーヤ単独製品としての役目を終える、ということは、単純にiPodの人気が衰えたのではなく、他のシリーズがようやくiPodの代替として認知されてきたということでもあるのでしょう。

ただし、コンサバな亭主などはiPodが、やはりiPodは音楽再生専用プレーヤとして継続して販売されるべきであると思っています。

一つはバッテリの駆動時間。iPod touchならば40時間、iPod Classicでも36時間の再生時間を誇ります。iPhoneも現行の5S, 5Cならば40時間の連続再生が可能と歌っていますが、実際は音楽再生だけでなくスマートフォンとしての機能も有することから、日中にバッテリ切れを考えるとどうしても電源を節約しよう、無駄な機能は使わないようにしようと考えがちで、結果として音楽を聴かなくなるようにも思います。

もう一つはメモリの容量。iPod Classicの最大容量は160GB、亭主自身はまだまだぜんぜん容量的に足りないと思っています。今後盛り上がろうとしているハイレゾ音源、高ビットレートによる高音質音源を楽しむならば、個人的には2Tくらいの容量が必要でしょう。

ただしAppleというメーカの「いまの」方針から考えて、マニア向けにラインナップを拡充するはずはありませんから、やはりiPodは消えていくのでしょう。iTunes-iTunes Music Storeというシステムが瓦解しない限りは、音楽は供給され続けるのでしょうが・・・。

"ローソンの電子書籍サービス「エルパカBOOKS」終了 購入代金相当のポイント返金(ITmedia)"

電子書籍の市場では、サービス終了とともに本が読めなくなるという異常事態が発生しており、コンテンツをライセンス付きダウンロード購入するというビジネスの危うさが別の方面から露呈した形となっています。

iTunes Music Storeを含む音楽ダウンロード市場が、また電子書籍市場がなくなってもなお、CDや書籍が生き残っているようにするためには、今のCD店や書店が生き残るよう施策を講じていく必要がありそうです。

え?CD店や書店がなくなってもamazonがあるじゃないかって?

うん、小学生がクレジットカード決済を使えたり、高齢者や身体の不自由な方、PCを使えない方々がパソコンやスマホを使わずに買い物が出来るなら、それもいいんじゃないかな。

--

msn産経ニュースの当該記事ですが、別情報より産経の記事は誤訳に基づくものであるとの情報がありました。
事実はiPodの売上げが低下している、という点のみであり、iPodの製造販売が終了するという情報は、産経が元情報であるBBCの記事を「パクった」際に誤訳が発生したとのこと。

2014年1月30日

01/30 【読】 「アランの幸福論(アラン、ディスカヴァー・トゥエンティワン)」

「アランの幸福論(アラン、ディスカヴァー・トゥエンティワン)」

フランスの哲学者で、本名はEmile-Auguste Chartier。1906年よりフランスの地方紙にコラムを寄稿、のべ5000篇にも及ぶコラムの中から約93篇を抽出したのが本書の仏語版「幸福論」(1928年刊)となる。ちなみに岩波文庫に完全版があり、本書はその中からの抜粋、とのこと。

純白のカバーに金箔押しのタイトル、女性が見たらキュンときそうなデザインの装丁が目を引く。ページ構成も女性向けで、幸福にいたるキーワードと、その解説が1ページに品良く配置されている。キーワードは全てで200篇、「不安と感情について」「自分自身について」「人生について」「行動について」「人とのかかわりについて」「仕事について」そして「幸せについて」の7章から構成されている。

ただし、その内容はといえば、(現代の)女性向けとはあまり言いがたい。

哲学者らしいちょっと斜に構えた抽象論、女性が好む「共感」の文章はほとんどなく、むしろ厳しい内容ともとれる。精神と肉体が不可分であり、ポジティブな考え方が肉体へとフィードバックされるとともに周囲へと良い影響を及ぼすこと、ひいては幸福へとつながっていくという考え方は当時としては非常に先進的で評価に値する。心理学と生理学を実践的なアプローチで再解釈したといっても差し支えない。ただしその内容は徹底的に自らの心の持ちようを変えることへと集約されてしまうので、結果的に自責の念・劣等感にさいなまれる人もいるのではなかろうか。悩める人が真に必要なのは、他者から許され、他者からみとめられ、他者から自らの存在を肯定されることではないだろうか。積極的に「幸せになりたい」と思うことが幸せになるための方法とあるが、本当に悩み、苦しむ人の心へと染み込むかはいまひとつわからない。

ちなみに妻文庫。書店で購入・読み終わった後、だまって亭主の積読棚に置いていった。

2014年1月29日

01/29 【聴】 Heavy Radiq / Radiq Septet, Cirque(CQCD-021)

IMAGE
エレクトロニカ・アーティスト半野喜弘のジャズ・プロジェクト、Radiq。Panic in the Spaceshipに次ぐ7人編成"Radiq Septet"によるアブストラクト・ジャズのアルバムが本作。全8曲、うち7曲を半野が、1曲をMitsuru Watanabeが担当する。

編成はYoshihiro Hanno(Fender Rhodes, Vocal), Mitsuru Watanabe(Drums), Yoshikazu Madokoro(Guitar), Takanori Kameda(Bass), Tetsuya Heike(Alto Sax), Hiroshi Inaya(Tenor & Soprano Sax, Flute), Hiroaki "Chang-woo" Murase(Percussion)。菊地成孔のジャズ・プロジェクト、DCPRGあたりを彷彿とさせるが、菊地と大きく違うのはCDJを使用していない、という点だろうか。ちょっと硬派なアブストラクト・ジャズ、うねるようなベースとはねるようなギターの爪弾きが亭主の琴線にことごとく触れる。良い。半野自身によるヴォーカルは少し狙いすぎているだろうか。ちょっとバタ臭い。

DCPRGに比べるとドライブ感があり、爽快。JazzanovaやKyoto Jazz Massiveに比べるとストイックで、マニアックと実に絶妙なラインを狙えているあたりも、他との差別化という点で良いのではなかろうか。

2014年1月28日

01/28 【聴】 Underwater Dancehall / Pinch, Tectonic(TECCD003)

IMAGE
UKはブリストルのダブステップ・アーティスト、Rob EllisことPinchのデビューアルバム。2007年、彼が主宰するTectonicレコードからのリリース。全10曲。

ダブステップの最重要アーティストの一人と目されるPinch。その作風はデビューアルバムである本作ですでに確立している。地を這うようなベース・ラインに、静謐なメロディ・トラックの組み合わせ。ダブステップ特有のハネるリズムが、暗闇の中をバウンドするボールのように不思議な空間を作り出している。

ただし、Pinchのダブステップの真価はトラック・メイキングにとどまらない。実は本アルバムは2枚組となっていて、1枚は完全なインスト、もう1枚はインストにヴォーカルを乗せたバージョンなのだ。Juakali, Yolanda, Rudey Lee, Indi Kaurらをフィーチャーしガラージ調に仕上げたトラックは、ダブステップの枠を超えた最新のポップ・ミュージックとして響く。単にヴォーカルをカラオケトラックに乗せただけでなく、若干のアレンジも加えている。一粒で二度美味しい・・・とはよく言うが、2枚のアルバムの印象がこれだけ異なると、別タイトルといってもいいかもしれない。

2014年1月27日

01/27 【読】 「パロの暗黒(五代ゆう、早川文庫)」

「パロの暗黒(五代ゆう、早川文庫)」

2009年5月に作者・栗本薫氏が逝去し、未完の大作となってしまったグイン・サーガの続編を書き継ごうとする試み「グイン・サーガ続編プロジェクト」の記念すべき第1作。作者である五代ゆう氏は、1991年に「はじまりの骨の物語」で第4回ファンタジア長編小説大賞を受賞してデビューしたとのこと。

実の子であるスーティ(小イシュトヴァーン)を追い、パロの首都・クリスタルを出てミロク教の聖都・ヤガへと向かったゴーラ王イシュトヴァーン。だが、彼の真の目的は、若き日に結婚を誓い合ったパロの女王・リンダへの求婚だった。巧みに追っ手を撒いてクリスタルへと戻った彼は、盗賊まがいの方法を使って王宮への侵入を試みる。

まず本書が、中途で終わってしまった前巻「見知らぬ明日」の直接の続編ではないことに注意されたい。ミロク教の陥穽へと落ちたフロリーの運命は続巻以降で描かれることとなるそうだが、本作ではあえて舞台をパロに戻し、パロからの再スタートとなっている。五代氏はグイン歴30年、モノ書きとしてのキャリアも20年以上ということで文体も、また作中描写も原作そっくり、作品世界をしっかり継承している。なお、続巻「サイロンの挽歌」は宵野ゆめ氏が担当しているという。すでに外伝は久美沙織氏らが執筆しており、現状では正編は二人がかりの執筆、となるようだ。一体何人がかりとなるのかはよくわからないが、乗りかかった船、なにがなんでも完結して欲しいところだ。

なお、本書のあとがきに盛大な「ネタばらし」があって、一部で大変な物議を読んでいる。「栗本先生なら絶対にやらなかったことをあえてすること」という五代氏の「きまりごと」に端を発する今回の事件、ただ本当に栗本薫がやらなかったかは、(栗本氏自身が亡くなっている今となっては)証明する手立てがない。栗本氏自身は生前に何巻分かのプロットを残していたという話だが・・・ストーリを破綻させなければ(亭主自身は)これもアリだと思っている。

次巻はケイロニア篇とのこと。楽しみに待ちたい。

2014年1月26日

01/26 第62回勝田全国マラソン

茨城県はひたちなか市で開催された題記大会に、妻ともども参加してきました。

01797d1de8d126ab6801af5c748ed0d5c707158e40.jpg種目は男子フルマラソン(約13600人)、女子フルマラソン(約2100人)、男子10km、女子10kmの4種目。亭主・妻ともにフルマラソンに挑み、見事完走することができました。

当日は心配された雨も上がり、ぽかぽか陽気の快晴。10:30に石川運動ひろばをスタートし、東海村までの往復コースで健脚を競っております。スタート当初は少し汗ばむくらいの天気だったのが、12時を過ぎたあたりから様子が急変。どんよりとした厚い雲が出てきたかと思うと強い風が吹き始め、気温がぐんぐんと下がってくるという厳しいコンディションとなってしまいました。薄着だった亭主は、もう体中が冷えてしまい大苦戦。なんとか走り終えましたがせめて手袋ともう一枚ウェアを持っていけばよかったですね。

ランそのものは大変でしたが、タイムはまずまず。28km近辺の豚汁タイムで大きく時間を使ったあと、35km, 40kmとペースが落ちてしまい自己ベストには至らず。ただしこのところ練習不足だった自分としては納得のタイムといったところです。

それにしても勝田マラソンは、豚汁はもちろんのこと沿道の皆さんの声援が非常ににぎやかで、走っていてとても楽しかったですね。今年は特に沿道から差し入れてくれる方がおおかったようで、チョコやバナナ、果ては栄養ドリンクやパンまで、様々なものを差し入れていただきました。充分にいただくことはできませんでしたが、差し入れてくださる皆さんにはできるだけ笑顔と挨拶を返すようにしました。本当にありがとうございました。本当にすばらしい声援、おもてなしでした。

ところで本大会には、マラソンランナーでオリンピック2回連続金メダリストのエリック・ワイナイナさんがスタート地点で皆さんを送ってくれたのですが、7kmあたりを走っていたところうしろからものすごい勢いでやってきたワイナイナさんに、「がんばって」と背中をぽんとたたかれまして非常に感激しました(*^-^*)

まさか金メダリスト、最強マラソンランナーの方に元気をいただけるとは思いませんでしたので。

また、沿道に知り合いの方が何人か居られて、温かい声援をおくってもらいました。こちらも大変元気を貰いました。

いうまでも豚汁は大変美味でしたし(と豚汁の話ばかりで恐縮です)様々な皆様からのおもてなしに、大変気持ちよく走れた42.195kmでした。




2014年1月24日

01/24 【読】 「死後世界地図~日本編(秋山眞人、コスモトゥーワン)」

「死後世界地図~日本編(秋山眞人、コスモトゥーワン)」

哲学博士で超能力者。テレビの超常現象番組ではおなじみの秋山氏が、自身の体験から死後の世界・霊の世界について解説した書。2006年12月刊行。本書もまた父親が貸してくれた「父親文庫」。

臨死体験・霊との対話を通じて明らかとなってきた死後の世界を、一問一答の形式で答えたのが本書となる。霊的世界とはなにか、死後人間はどうなるのかといった質問から、霊の目的、霊としての暮らしぶり、人種や宗教による霊の違いなど様々な霊に対する疑問が語られる。一見すると荒唐無稽な話、でたらめな話とも受け取られがちだが、読み始めるとこれがなかなか面白いというか、読んでいて心地よい。秋山氏のあたたかく、慈愛にあふれた語り口と、一般常識・現実世界の光景の延長線としての霊的世界は、(先ほど読んだ矢追氏の荒唐無稽な説とくらべると)非常に無理なく心に染み入ってくる。そのむかし、祖父母が語っていた守護霊たるご先祖様の話に通じるものがあるだろうか。前世であるとか、縁であるとか、霊の話のことごとくが人としてどう生きるべきかにつながっていくあたりは、非常によく練りこまれている。世界がしっかりと構築されている。

最初は半信半疑で読み始めた亭主だったが、最後まで興味深く読むことができた。子供に読み聞かせたら、情操教育に役に立つのではなかろうか。

01/24 【読】 「今、いちばん大切な本です~2012年以降・・・(ロン・バードvs矢追純一、ナチュラルスピリット)」

「今、いちばん大切な本です~2012年以降・・・(ロン・バードvs矢追純一、ナチュラルスピリット)」

全米屈指のサイキックとして警察捜査にも協力。東日本大震災の発生を直前に言い当てたロン・バードと、TVディレクターとしてUFO番組を多くてがけ、現在は「宇宙塾」主宰としても活躍する矢追純一が、UFO、宇宙人、スピリチュアルについて語り明かした対談本。 2012年11月刊行。

UFOはどこから来たのか、宇宙人は存在するのかといった矢追氏お得意のUFO談義から、ロズウェル事件の真相、太陽系に隠された未知の惑星の存在、地球空洞説、3.11地震兵器説などといった科学ともオカルトとも陰謀論ともつかない話題、さらにはこれからの世界はどこに行くのか、日本人の精神はどうあるべきなのかといったスピリチュアルな話題に至るまで、様々な話題について意見を交換するのが本書のメイン・テーマ。ロン・バードによるスピリチュアルな不思議体験と、矢追氏がこれまで追い求めてきた様々なオカルト・陰謀論が余すことなく開陳されている。ただし、二人の会話はかみあっているようで、いまひとつかみ合っていない、というのが本書を読んでの最初の感想。基本構成は「矢追氏がどかんと一発自説をぶちあげる」「バード氏がこれを肯定し、自身の体験談を語る」「それをうけて矢追氏がどかんと一発―――」と一応つながっているようにも思えるが、基本的にはそれぞれが好きなことを言っているだけ、とも受け取れる。「地球の内部は空洞です」であるとか、「エジプトのピラミッドは1万数千年前に滅亡した文明が作ったものです」であるとか、「地球には12種類の宇宙人が来ています」と矢追氏のぶち上げは唐突かつ根拠の無いものが多いのだが、これについて反駁することなく、すべてYESで答えてしまうバード氏の言動もまた不審といえば不審だ。二人の意見が結果的にスピリチュアルを肯定し、資本主義・経済至上主義からの脱却と、幸福の追求という点で合意していて、なんとなく話は収まっているように見えてしまうあたりは苦笑するしかない。

「ブッシュはエイリアン」だの「3.11は地震兵器によるもの」だのと珍説・奇説が続出し、しかも論拠が一切示されないため読み手はかなり限定されるだろう。「幸福の追求=幸福至上主義」という考え方、スピリチュアルの意義そのものは決して否定されるべきではないと思うのだが・・・。

ちなみに本書、亭主の父が貸してくれたものでながいこと積読になっていたもの。

01/24 【読】 「ピエール瀧の23区23時(ピエール瀧、産業編集センター)」

「ピエール瀧の23区23時(ピエール瀧、産業編集センター)」

テクノ・ユニット「電気グルーヴ」の瀧担当。NHK連続テレビ小説「おひさま」「あまちゃん」への出演など近年では俳優としても活躍し、つい先日はブルーリボン賞までとってしまったピエール瀧が、東京都23区の夜を旅した実験本。

「1回につき一つの区」「100円ジュースの自動販売機があったら買って飲む」「23時丁度に写真を撮る」というルール以外は全て自由のこの企画。宵の口から深夜まで、ひたすらにほっつき歩くというのが本企画の趣旨だ。行く場所は毎回様々。夜の神社を歩いてみたり、商店街の飲み屋やCD店をハシゴしてみたり、屋形船で海を行ってみたり、果ては深夜のキャバクラで女の子あいてに世間話をしてみたりと考えうる限りの行動をとってみる。深夜を散歩している人にインタビューを敢行、偶然あいている飲食店や工場を訪ね・・・と予想外の展開もすくなからずある。それにしてもスゴイのは、ピエール瀧の懐の深さ、誰とでもしっかりと話題が続く知識の深さだろうか。気さくに声をかけ、相手の発言を傾聴する態度には感心させられた。近年のテレビ・CMへの出演で随分知名度が高まったとはいえ、まだまだ「アーティスト」の属性が強いピエールである。亭主などはレイヴ・イベントでステージをノシノシと動き回る姿や「体操○○歳」のPVがまず目に浮かぶのだ。

なおほっつき歩きの道行きとしてときおりゲストが登場する。渋谷区の森山直太郎、中野区のじゅんご、板橋区の荒俣宏などが加わって、さらに一味も、ふた味も異なる旅になるのも楽しい。森山直太郎と麻雀を打ち、じゅんごの知り合いという若手芸人のシェアハウスを訪ね、荒俣宏と深夜のパワースポットを行く。ほっつき歩きの中で彼らは何を見、何を感じるのか。それは読んでのお楽しみ。

2014年1月21日

01/21 亭主のTwitter運用方針

亭主のTwitterにおけるフォロールールを、備忘録程度にまとめておきます。

フォローしないアカウント

  • 不正アカウント(マルウェアサイト、不正スクリプトが仕込まれたサイトへの誘導を目的とする)
  • 反社会的アカウント(薬物・偽ブランド商品・出会い系サイトへの誘導ないし宣伝)
  • アフェリエイト用アカウント(アフェリエイトサイトへの誘導のみ)
  • フォロワー増やしを目的としたアカウント(外国語のみをツイートするアカウント、自動生成されたアカウントなど)
  • 休眠アカウント(6ヶ月以上ツイートがない)
  • タイムラインを埋め尽くすほどの連続ツイート、あるいはリツイートを投稿するアカウント
  • 他のアカウントのツイートを盗用するアカウント(ボット含む)
  • デマや偽情報を流布するアカウント
  • 定期ツイートのみをひたすら繰り返すアカウント
  • 不快な投稿を繰り返すアカウント(不快な画像、卑猥な発言、差別発言、単なる悪口など)
なお、亭主がフォロー中のアカウントが、特定のアカウントのツイートを全てリツイートするようなケースでは、リツイートしたアカウントではなく、リツイートされたアカウントをブロックしています。

フォローするアカウントの基準は特に設けていませんが、基本的には亭主が興味を持つ情報をツイートしてくれるアカウント、日々お世話になっているアカウント、個人的にファンのアカウントはフォローしています。

お約束ですが、

「フォロー、アンフォローはお気軽に。挨拶は不要。基本的にフォロー返しはしていません」

「挨拶なしでいきなり@やRTすることがありますがお気になさらず。どうぞよろしくお願いします」

2014年1月20日

01/20 日々雑感(というかデジタルカメラ購入の話再び)

まいどお疲れ様です。亭主です。

溜まりに溜まったJALのマイルをAmazonギフトカードに換えたところ、なんど50000円ぶんにもなりまして。

思わぬ臨時収入に物欲は膨らむばかりであります。

--

そういえばCanonのPowershot G9の電源が故障中で、買い替えとなると必然的に最新機種のG16になるのかなと、思ったりもします。ただ、昨今はもっぱらiPhoneのカメラ機能を活用していて、あえて重たくてかさばるデジタルカメラを持ち歩こうという気力がありません。もちろん、iPhone(あるいはAndroid)よりもデジタルカメラのほうが美しい写真が撮れることは百も承知しているのですが、撮影したいその瞬間にさっと取り出せて、撮って、TwitterなりFacebookなりへと転送できるiPhoneの便利さは魅力です。「良い画を撮る」ことと同様「撮りたい瞬間に撮り、ソーシャルメディアへと展開できる」こともまた大きな価値であると、亭主自身は考えているようです。

言うまでもなくTwitterやFacebookは一過性のメディアであり、時間が経てば写真を見返すことなどほとんどないでしょう。iPhoneで撮った写真は遅かれ早かれPCに保存されるので、最終的には画質の良いデジタルカメラの写真のほうがオトクとも考えられます。それでもiPhoneを使ってしまうのは、それ自体が非常にコンパクトで、電話機としてもブラウザとしても、また手軽に情報を入手・発信できる、という使い勝手のよさに起因しているものと思われます。

いやそれでもデジタルカメラのほうが良いよという向きも居られるでしょうから、あくまでも亭主自身の考えということでご理解いただきたいのですが。

--

こう考えると、本当に欲しいものがなくなったなぁと物欲の枯れっぷりがしみじみ実感されます。

欲しいものは本当にないのかなと考えて、しいて言えばRCAケーブル(RotelのDDR-6とOrpheus Twoの間を接続する)が欲しいか、とも思うのですが、そもそもマイルで交換してよかった!というようなものでもありません。

亭主が独身時代に常に買い換えていたものといえば、携帯と、デジカメと、iPodと、あとPCくらいでしたか。携帯がiPhoneに行き着き、iPodがiPod Classicに固定した今、デジカメとPCに物欲を向けるしかないという状況はあまりにも後ろ向きで面白くありません。

いや実際自分は何がしたいのか、それ自体がわからなくなっているような気もします。

2014年1月19日

01/19 【聴】 Prelude for Afternoon / Tagomago, Transonic(TRS-25019)

IMAGE
Transonic Records主宰、現在はExT Recordings 、Zero Gravityなどのレーベルで活躍する永田一直のプロジェクト、Tago Magoの4thアルバム。1997年作品だが、今回は2002年に再発したものを購入。

日本における音響系ブレイクビーツの草分けとして、また「衝撃のUFO」などの独特なサンプリングミュージックの作り手としての印象が強い永田。本作でも非常に「濃い」作風を見せてくれる。エレクトロニック・ダブの手法を用いたイントロから、無機質なブレイクビーツへとなだれ込むM1 "World Wide Wife"、ピアノやテレビ音声のサンプリングのみで構成されたM2 "Hiromi Feeling"、素朴な笛(民族楽器だろうか?)のソロにブレイクビーツが重なるM3 "Ahh"(どことなく細野さんの「シャンバラ通信」を髣髴とさせる)、インド音楽をアンビエント風に仕上げたM4 "インドと私"など、個性あるトラックが次々と現れる。全体的にはブレイクビーツ多めの構成だが、聴いてみると様々なジャンルが入り乱れているようにも感じられる。

何度聴いても正体のつかめない、不思議なアルバム。

2014年1月17日

01/17 お酒は楽しく飲みたいものです

歳をとったからか、最近は飲み会もずいぶんおとなしくなりました。

飲んだ後吐いたり、意識を失ったりすることも無く、極めて常識的な範囲でお酒を楽しんでいます。その昔は調子にのって大量に飲み、会費の元をとろうとたらふく食べていました。ただ最近はビールを中心に、おつまみをちょっと食べる程度。実は今日も飲み会で、瓶ビールにして一本分とお刺身を5枚ほど食べて帰ってきました。理想はお酒だけ、おつまみなしと行きたいところですが、やはり飲み会をセッティングしてくれた人、料理をしてくれた人の労をねぎらいたいと思い少しだけ口にするようにはしています。

飲む量もですが、1回に飲むお酒の種類も減りました。基本はビール、あとはウィスキーまたはジントニック(ジンライムも可)。日本酒は悪酔い・二日酔いになるので、自宅で熱燗を楽しむ以外には飲みません。焼酎・サワー類は二日酔いにはならないものの、口当たりが良すぎてついつい飲みすぎてしまうので自粛しています。

お酒はほどほど、おつまみを食べず何をしているかといえば、やはり会話が楽しいのですね。

亭主の参加する飲み会は、比較的にぎやかで、明るいものが多いので、人の話を聴きながらお酒を飲むのが実はとても楽しかったりします。亭主を含めて、酒癖の悪い人、というのも居ないように思います。以前に比べると飲めない人も増えているので、あまりハメをはずしすぎる人もいないのでしょう。

この日も飲み会は7時でおしまい、自宅に帰れば8時と、普段の残業くらいの時間に帰る事ができました。

--

学生時代はそもそも「酒」とは何かをよく把握していなかったので、一人のみ、あるいは少人数飲みではかならず「サントリーレッド」を買っていた。

レッドを買っていた理由は至極単純、「安かったから」。当然味などというものはわかるはずも無く、(以前にも書いたが)子供の頃飲んでいた銘柄、というだけの理由で選んでいたのを思い出す。

仲間内で飲むときは、かならず何らかの「話題」を元に飲んでいて、それこそ自分の悩みであるとか、スキな女の子の話であるとかを酔いに任せて語るのが通例だった。酒の力を借りて本音を言う。一種の癒しというか、浄化のようなものだったのかもしれない。

当時はどちらかといえば自分を隠して生きてきたので、酒の力を借りてでも本音が言える場があることは、それなりに大事なことだった。もちろん本音といっても、人の悪口や泣き言ではなく、どちらかといえば「青年の主張」に近かった。お互いに「青年の主張」をぶつけあうことで、親友もできた。結果的に酒に対して悪い印象はほとんどないままこれまで過ごしてこられたものの、一方で非常に体力を消耗するため(当然)、日々の生活にお酒を取り込むという習慣は結局無いまま現在に至っている。

妻と飲む際には「青年の主張」をお休みして、聞き役に徹している。

妻にとっても浄化・癒しになっているとよいのだが。

--

ちなみにおつまみを食べない件、単に体重が気になるからです(^^;)

 

01/17 【聴】 To Milkyway Planet / De De Mouse, Not(NOT0003)

IMAGE
遠藤大介のソロ・プロジェクト、De De Mouseの最新ミニアルバム。自身のレーベル"NOT"よりリリースされた本作では、従来からの奇妙なヴォイスを絡めたエレクトロ・ポップに加え、極めて先進的な変則ブレイクビーツを指向する。全6曲。

ニューアルバムへのイントロダクション、という位置づけだろうか、全体的に「新しさ」が前面に押し出されている。彼が得意とする「東南アジアっぽい、しかしどこにも属さない」チャイルド・ヴォイスは、演歌あるいは民謡のトーンを強め日本的なテイストを強めている。ジャケットにデザインされている提灯からもその雰囲気は伺える。一方、変則ブレイクビーツではチャイルド・ヴォイスを一切使っていない。Aphex Twinばりのアヴァンギャルドなビートが新しいDe De Mouseを強く印象付けている。

2014年1月15日

01/15 日々雑感(ICレコーダーで悩む)

このところ、電気店でICレコーダーを買おうか、買うまいか悩んでいます。

店に入るまでに、悩む。
店頭で品物を手に取り、悩む。
レジに持っていこうとして、悩む。

ところが悩む割には実際に買うところまで至っておらず、結局毎回電気店で悩むはめに陥っているのです。

会議や出張の多い亭主、議論やコメントの内容を録音してあとで議事録を作成したいとか、
重要発言をしっかり記録してあとで証拠どりに使おうとか、
日々の亭主自身の思いを録音することでアイデアを風化させないようにしたいとか、

様々な場面での活用を想定しています。ついでに、FMラジオを受信・録音できる機器を購入すれば、普段なかなか聴く機会のないFMの番組を存分に楽しむことができて楽しいだろうとも思っています。なによりも、最近の機種は非常にコンパクトで、持っていて全く邪魔にならないばかりか、デザインにも優れているので所有欲も満たせそうです。バッテリの持ちもよさそうです。

ところがなかなか購入しないのですね。お店に行って、品物を選んで(もうおおよそ買う機種は決まっています)、レジに持っていこうとしても、結局決められない。傍から見ていると「さっさと買えばいいのに」と思われる思い切りのなさ。しかし亭主には亭主なりの葛藤があったりするのです。

--

葛藤の最たるものは、ICレコーダーを使うシーンが、きわめて限定的であるという点。

会議や出張、重要発言を記録する場面、アイデアの保存などなど用途はいろいろと挙げたものの、それぞれに限定的な場面であってとっさに使うという動作に結びつくかが非常に疑問です。せっかく録音しても、会話というのはそもそもスカスカ。意味のない部分がほとんどであれば、あえて録音し議事録にするよりも、とっさにメモを取ったほうがよほど手間がかかりません。FMラジオの録音も同様、録音しても聴く時間がなければ意味がありません。そもそも音楽を聴くのに加えて、ラジオを聴く時間を上乗せすることなど出来るのだろうかと考えると、やはり聞く時間はないのだろうなと、日々の生活から思ってしまうのです。

会話の録音程度ならばiPhoneでもできますし、録音できなくて良いのならばiPhoneにRadikoがあります。

そう考えると、ICレコーダーを持っていても活用する機会はほとんど無いのではないかと思ってしまいます。

--

亭主にはこういう葛藤と躊躇が結構頻繁にあって、散々悩んで購入したものは案の定使わずじまい、というケースも少なくありません。

たとえば、1000円で売っていたセカンドバック。悩んで悩んで悩みぬいて、意を決して買ったものの「借金取りみたい」といわれて一度使って終わりとか。会社の行き帰りに英語の教材を聴くため、カセットのウォークマンを買うべきか買わざるべきかと悩みぬいて、結局買ってもほとんど使わなかったり。ICレコーダーも結局同じことになるように思うのですね。

本当に欲しいもの、必要なものは悩むことなくさっと買い、しかもガンガン使い倒す。これも一つの「直感」でしょうか。

亭主自身、このテの「直感」をかなり大事にし、信頼することにしています。

直感が働かないのですから、おそらく買っても使わないことでしょう。

いやあよかったよかった。結論が出た。

01/15 【読】 「宇宙消失(グレッグ・イーガン, 創元SF文庫)」

「宇宙消失(グレッグ・イーガン, 創元SF文庫)」

2034年、地球の夜空から突如として星が消えた。太陽系が冥王星軌道の約二倍の大きさを持つ巨大な暗黒の球体に覆われたと知った人類は、大いなる恐慌へと陥ることとなる。宇宙規模の災害に戸惑う人類。途上国では暴動が起き、先進国には怪しげなカルト集団が暗躍する。やがて平静を取り戻した人類は、太陽と月と惑星のみが見える夜空を現実として受け入れるものの、巨大な球体「バブル」の正体は依然として不明であった。

2067年、同じく地球。元警官だったニック・スタヴリアノスは、病院から突如として消えた女性の捜索を請け負う。脳に損傷を負い、動くことすらままない彼女の失踪を「誘拐」と断定したニックは、ナノマシンによって強化された脳を駆使して追跡を開始する。脳から直接ネットへと接続してのハッキング、脳内物質の制御によって得られる超人的な能力と精神力を武器に、徐々に彼女へと迫るニック。だが、捜索の先に待ち受けていたものは、この世界を巻き込む巨大な陰謀だった。

オーストラリア出身、ハードSFの旗手として内外に多くのファンをもつ著者の1992年作品。邦訳は1999年。当時の早川書房刊「SFが読みたい!2000年版」におけるベストSF1999(海外篇)第1位獲得作品。

警官であったニックがハードボイルドばりに活躍する序盤はフィリップ・K・ディックの初期作品群を、ナノマシンのアイデアは士郎正宗の「攻殻機動隊」を、また中盤から後半にかけての飛躍的な世界の広がりはJ.P.ホーガンの「創世記機械」やコリン・ウィルソンの「賢者の石」を髣髴とさせる。量子力学の法則を反映した記述は神林長平的でもありルーディ・ラッカー的でもある。さらにはSFのガジェットを駆使した謎解きはロバート・J・ソウヤーにも通じる―――と、亭主の好きな作家を単にあげつらっただけのような気もするのだけれど(汗)、組み合わせてみれば非常に現代的なハードSFへと仕上がっている。多くの作家を想起させる一方で、作品のオリジナリティは非常に高く、また挑戦的でもある。確かに、ベストSFに選ばれるだけのセンス・オブ・ワンダーを含んでいる。

一方で―――本書をこれからの人生の道連れにしたい、というじわりとした感動はない。エンターテイメント性に秀でる一方で、急速に消費されてしまいがちな危うさも持っている。端的に言えば、「読んで終わり」。それがSFなのだと割り切ったとしても、やはり亭主にはその部分に不満が残る。そもそも亭主がコミックに、SFに、またミステリに熱狂して急速に興味を失った理由でもある。

面白いだけによけいに残念。それとも亭主の要求が高すぎるのだろうか?

2014年1月14日

01/14 【読】「五輪書(鎌田茂雄, 講談社学術文庫)」

「五輪書(鎌田茂雄, 講談社学術文庫)」

生涯不敗、二天一流を極めた剣豪・宮本武蔵が、晩年に記したという武芸の極意書「五輪書」を、現代語訳・解説を含めてまとめた書。解説の鎌田博士は合気道六段、仏教史や禅にも詳しい。

有名な佐々木小次郎との「巌流島での決闘」以降、30年もの間歴史の舞台より姿を消していた宮本武蔵。自身の余命残り少ないことを悟った彼が、熊本市の西・金峰山の雲巌寺に篭って書き表したのが本書であるという。剣術のみならず兵法の指南書として書かれた本書は「地水火風空」の5章からなり、自身が極めたという二刀流、二天一流を含めた戦闘の極意を記している。特に強調したいのは、本書が「人を斬り、勝ち、そして結果として生き残る」ことにきわめて特化した内容である、ということ。いわゆる孫子の兵法などでは「戦わずして勝つ」ことが一番の価値とされているが、宮本武蔵の兵法は、修練に修練を重ねた結果会得される必勝の戦略である。その思想は儒教や仏教、あるいは修験道などと一切共通することのないオリジナリティを持ち、武蔵の孤高さを如実に物語っている。

なにしろ武蔵の兵法とは、勝つためにはそれ以外のあらゆる事物、愛情や慈悲、信仰などというものを一切に捨て去ることから始まっている。生涯不敗、無敵を貫く武蔵の勝利に対する徹底したこだわり、合理主義が本書全体からヒシと伝わってくる。

なお、鎌田氏はその解説・注釈において武蔵の兵法と自身の極める合気道との共通点を論じている。特に強調すべきは「空」の考え方だろうか。武蔵の目指すところの「空」は、いわゆる仏教における「空」のような無の極みではなく、特定の型や流儀、固定観念にとらわれない自在さを示すらしい。他者の力を利用しつつ効率よく相手を打ち負かす合気の世界とも通じるところがあるようだ。

01/14 【読】 「知性と気配りを身につける銀座の教え(日高利美,クロスメディア・パブリッシング)」

「知性と気配りを身につける銀座の教え(日高利美,クロスメディア・パブリッシング)」

16歳で高校を中退。18歳から銀座で働き始め、26歳で銀座のクラブのオーナー、現在は複数の会社を経営する著者が、自身のクラブでの経験をもとにつづった人生訓。2012年7月刊。なお、著者はクラブの経営のほか、働く女性や若手社員、経営者向けにセミナーや講演も実施しているとのこと。

「尊敬できない人には敬語は使わない」と、学生時代から周囲に高圧的な態度をとってきた著者。しかし銀座のクラブで働き始め、多くのビジネスマンやクラブのスタッフらと接するうち、徐々にであるが自身の態度に気付き始めたのだという。身勝手で自己中心的な態度を取る彼女の裏で多くの人々が彼女のサポートに回っていたことを知った彼女は、自身の行為を振り返ると同時に他者への気配りと優しさを身に着けていく。働き始めた当初より「銀座のクラブのママになる」という明確な目標を持っていたこともあって、その後の彼女はどんどんと実績を伸ばし、ついに26歳で独立することになったのだそうだ。 本書には自身のほかお得意様、彼女を育てたスタッフ、また現在の部下たちのエピソードがつづられている。その筆致はきわめて柔らかく、しかしときとして厳しい言葉を含んでいる。いわゆる通り一遍のセミナーでの言葉ではなく、「彼女自身の」言葉で書かれていることに価値がある。銀座のママらしくお客様へのきめ細かい配慮と、公私分け隔てることのないケアは(営業職はともかく)格別ビジネスマン向けというわけではないかもしれない。

ちなみに本書には、彼女がオススメする銀座の名店、美味しいお店を紹介するコラムも併載している。彼女が仕事がえりにちょっと寄る店、隠れ家的に使っている店などその種類は様々。お店の紹介にも彼女ならではのちょっとした心遣いが感じられる。

2014年1月12日

01/12 日立市河原子海岸での海難事故

勝田マラソンを目前に控え、今頃になってあせっている亭主であります。

この日は妻と別行動。スパーク鮎川から、河原子海岸を経て村松虚空蔵尊までの片道15km、往復30kmを走りました。

30kmも終盤、25kmあたりをひーこらと走っていたところなにやら空が騒がしいのですね。「?」とばかり周囲を見回しますと、海には船が何隻か、海岸には消防や警察がいて非常にあわただしい雰囲気。

20140112kawarago1.jpgしばらく進んだところで停められました。なんでも、ヘリコプターが近づく、かなり水や砂を巻き上げるので近づかないようにとのこと。見ていますと、なるほど来た来た!

20140112kawarago2.jpg海岸で誰かを運び上げ、周囲をまたぐるぐると回っておりました。

20140112kawarago3.jpg自宅に帰ってニュースをみたところ、パラグライダーが海に落ちたとの通報があり、探していたようです。ただ、結局人間は発見できなかったとのこと。

20140112kawarago4.jpg現場は通行止めになるなど一時は大混乱、テレビ局が来て取材するなどなにやら久しぶりに大変な雰囲気でありました。
亭主はといえば、30km走の途中ということで再びひーこら走りましたが・・・

ぜんぜん練習になってませんでした(^^;)

2014年1月 9日

01/09 日々雑感(2)

<ドイツ>UFO?で一部の便が欠航(Yahoo!/毎日新聞)

 【ベルリン篠田航一】ドイツ北部のブレーメン空港で、管制レーダーが謎の飛行物体をとらえたため、一部の便が欠航する騒ぎがあり、ドイツ国内では「UFO(未確認飛行物体)か?」と話題を呼んでいる。
今朝方、JALの飛行機がUFOに追いかけ回される夢を見たことを思い出しました。
もっとも私が見たのは、高空を飛ぶ飛行機の後ろを執拗につきまとう黒い点。あれはいったいなんだろうと思っていたら夢の中で妻がやってきて、JALの飛行機がUFOに追い掛け回されたらしいよ、と教えてくれました。

朝目覚めて、布団の中でぼーっとしながら、現実と夢の区別がつかずにおりました。UFOのニュースは何で知ったんだっけ、Twitterだっけ、Yahooのニュースだっけ、それともテレビだっけ。

あ、そうそう妻から訊いたんだった。妻からしか訊いてないということは、

夢だ。

なんだかよくわからない納得をして、布団から出た記憶があります。
でも、UFOのニュースは確かにあったんですね。飛行機会社はJALではなかったようですが。

2014年1月 8日

01/09 日々雑感

<冷凍食品農薬>複数回混入か 製造日、1カ月の幅(Yahoo!ニュース/毎日新聞)
異常訴え、全都道府県に=長崎で女児ら嘔吐―農薬混入(Yahoo!ニュース/時事通信)

我が家は冷凍食品というものをほとんど食べないので、今回の騒ぎは完全に蚊帳の外といった感じです。
もっとも、「ほとんど」ということは、たまには食べるということでもあります。ごそごそと冷凍庫の奥を探っていたら、随分昔に購入した冷凍スパを見つけた妻、捨てようか捨てまいかと悩んでいます。

マルハニチロの製品でも、アクリフーズの製品でも、さらに言えば毒が混入された時期のものでもない。

亭主から見たら「完全にシロ」なのですが、妻はといえば「不安だ」「体調を崩したらいやだ」と捨てたそうだったので、勿体無いとは思いつつ捨てました。

--

完全にシロな案件ですら不安に感じるひとは、妻だけではないと思われます。「不安だ」「いやだ」「気持ち悪い」と感情や好悪で判断すること、それ自体は悪いことでもなんでもなく、人として当然の、心の働きであるといえるでしょう。

さらに言うならば、「不安だ」「いやだ」「気持ち悪い」と危険をあえて避ける意識は、「リスクを最小限に、万が一の際の被害を最小にする」という観点から重要な戦略でもあります。病弱な人、体調を崩しやすい人、毒に対する耐性の無い人ならば、積極的にリスクを避けてより安全な方向を選ぶのも仕方の無いことと思います。

妻の場合、たとえばエスニック料理などはお腹を壊すと絶対に手をつけませんし、ミネラルウォーターも海外のものは飲みません。日本料理のお店も、よほど清潔な店でなければ衛生を気にして入りません。あらゆるリスクを回避しようとします。

逆に亭主のような人間は、リスクと考える範囲がきわめて限定的で、あえてリスクをとる場合も少なくありません。身体が妙に頑健で、ちょっとやそっとのことでは体調を崩さないという自信からくるものなのでしょう。

--

ただ、今回の事件に限って言うならば、リスクは「マルハニチロ」や「アクリフーズ」にあるのではなく、包装工程で食べ物に農薬を混入させた人間が今も何食わぬ顔をして日常生活を送っている、という点に尽きるかと思います。動機は、目的は、犯行の方法は、そしてもちろん「誰がやったのか」は依然として不明。再犯の可能性があること、模倣犯が出現する可能性があることは、むしろさらに大きなリスクとなるでしょう。追い詰められた犯人が自暴自棄となり、より深刻な問題を引き起こす可能性も否定できません。

オソロシイはなしではありますが、もし冷蔵庫の中に入っていたまったく関係のない冷凍食品を「不安だ」というのならば、むしろリスクは「アクリフーズの全社員」のほうが高いのではないでしょうか。

もっとも、不安がっている人間に感情や好悪での判断が不合理と説いたところで、不安感は払拭されないものと思います。

一刻も早く犯人が逮捕されることを望みます。

それでなくても川崎では脱走犯がどこかに潜伏しているというのに。

まったくもって、リスクだらけですよこの世の中は。

01/08 【読】 「足底筋膜炎を治す~30日で治療、60日でフルマラソン自己ベストを達成した話~(小林真比古, kindleストア)」

 「足底筋膜炎を治す~30日で治療、60日でフルマラソン自己ベストを達成した話~(小林真比古, kindleストア)」

アラフォーで東京在住の一般的なサラリーマン(と本人が自己紹介)。5年ほど前からランニングを始め、第2回東京マラソンに当選したことから熱心となり、現在はフルマラソンを3:47で走る著者が、足底筋膜炎を患い、治療し、完治にいたるまでの経緯をつづった体験記。kindleのオリジナルコンテンツ、電子書籍としての配信のみ。350円。

当てにならないことで有名なWikipediaによれば、足底筋膜炎とは

足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い
病気なのだそうだ。 亭主も罹患したことがあるが、とにかく朝の痛みが辛く、朝起きて階段を下りることが難しいほどに足裏が痛む。しばらくすると痛みが引き、普通に動けるようになるためついつい放置してしまいがちだが、悪化すると骨の変形などを伴うという。治療法はとにかく安静にすること、Wikipediaには3ヶ月~3年で治癒するとある。

本書の著者もまたこの病気の名前をWikipediaで知ったという。最初はぼんやりとした違和感が徐々に強い痛みへと変わるうちに「これはまずい」と思い始め、40日後の大会に間に合わせるべく医者へ行く決意を固めたのだそうだ。ところが、最初にかかった近所の整形外科では、「足底筋膜炎」という病名すらあいまいにされ、早く走りたいという思いすら無碍にされて診察が終わってしまう。思い直した著者、ランニング仲間にオススメの医者を紹介してもらい、本格治療へと乗り出すこととなる。

本書は大きく分けて3部構成、治療段階を記した部分、復帰後の練習とレース本番の部分、そして治療から得た教訓や著者自身の思いをつづった部分からなる。注意したいのは本書がいわゆる「ノウハウ本」ではなく、「体験記」である点だろうか。病院でどのような施術を受けたか、ランニングトレーナーにどのようなアドバイスを受けたかなどの情報は最低限の記載にとどめており、あくまでも著者のケースに特化したものである。具体的な方法や一般的な知識、系統だった説明はいっさいなされない。なにしろ病院の名前やトレーナーの名前すらも伏せられているので、本書をたよりに同じ病院、同じトレーナーを探すことすら(よほどの人脈を駆使しなければ)難しい。それでも大いに参考になるのは、最初にかかった医者にあいまいにされてもなお、病気の原因を徹底的に追究し、人脈をたどり、できうる最良の治療とアドバイスを受けて見事に復帰を果たした、そのアグレッシヴさにあるだろう。著者は、足底筋膜炎の治療に当たって留意すべき点として、

  • ちょっとした痛みはカラダの異変と受け止めて専門家の意見を傾ける
  • 痛みには必ず理由がある。自らのカラダを知ることが大事
  • 自己流の治療は危険
  • カラダの理解が進むほどランナーとして成長する
  • 信頼できるトレーナー、専門医を見つける
などを強調していて、なるほどとうなずける。足底筋膜炎をわずらう人にとって直接の回復策とはなりえないが、それでもどちらに進むべきか、なにを考慮すべきかの参考になるだろう。ちなみに亭主は、2年ほど前に都内の某スポーツ専門店でアドバイスを受け、自らにあった靴と院ソールを作ってもらい、ストレッチをすることで回復している。

なお本書はkindleのオリジナルコンテンツであり、いわゆる「自費出版」のようなものに近い。著者は作家やライターなどではなく、普通のサラリーマンである。それでもなお非常に読みやすい文章に仕上がっている点はすばらしい。

2014年1月 7日

01/07 【聴】 Tetra Pop Theater / Monokuro Mirai, Dyna Rec(DR-002)

IMAGE
滝川ヒロユキ(Vo., Guitar)、吉野ソウイチ(Guitar)、瓦吹ケイ(Bass)、渡邊ノゾム(Drum)の4人からなるギター・ポップ・バンド、モノクロミライの1stシングル。2009年リリース。「カシスソーダ」「ある夏の日」「せせら」の3曲入り。滝川さんから進呈いただいた。

2005年に大学のサークル仲間によって結成。ヴィヴィッドな歌詞と、どこまでも陽性のギター・サウンドは、ネオ渋谷系という雰囲気をたたえている。バンドおよび曲のコンセプトは「短編小説」。聴いた後なにかが突っかかる、そんなインパクトを持った曲作りを心がけているそうだ。聴いてみるとなるほど、いわゆる爽やかな歌詞を並べただけの従来のポップ・ミュージックとは一線を画する、不思議な余韻の曲が多い。ストーリー性を重視しているからか、それとも歌詞に巧妙な韻が含まれるからか。面白い。

なおモノクロミライは本シングルのほか、2012年にはミニアルバムをリリースしているそうだ。現状活動はどうなっているのかはわからないが、ぜひ続きが聴きたくなった。

2014年1月 2日

01/02 帰省に際しての移動手段について

大学時代、それから会社に入って数年は、年末年始や夏休みの帰省に電車を利用していた。

大学時代は、浦和から京浜東北線、山手線、中央線と乗り継いで飯田線へ。

会社に入って数年は、常磐線、山手線、中央線と乗り継いで飯田線で実家まで帰っていた。

本来ならば山手線を新宿で降りて、中央高速バスで実家に帰ればかなり旅費を節約できたのだが、年末年始や夏休み、それにGWなどはとにかく高速道路が渋滞するので遅延のない電車をもっぱら利用していた。電車の中ならば本も読めるし(バスで本を読むと必ず酔った)、駅弁を食べるという楽しみもある。なにより、電車の乗り換えの際に時間ができれば、途中下車して駅周辺をうろつけるという自由さもあった。

もちろん、電車に不自由が無かったわけではない。

高速道路が渋滞するのと同様に、電車の中も混雑する。遅延がないといっても電車の中は常に混雑しているし、金欠で自由席にしか乗れなかった(というか指定席に乗るという考えすら浮かばなかった)亭主にとって、自由席の混雑は耐え難い苦痛だった。そもそも常磐線は特急ではなく、各駅の鈍行を利用していたから、お金がいくらか節約できるからといって、何時間もシートに座っていることが時間の無駄に思えてならなかった。

それでも、当時はそれ以外に帰省の手段が無かったのだから、そんな苦痛は当然のものと考えていた。いや、こういう苦痛はあって当然。じっとこらえて、我慢すればいつか過ぎ去る。浪人の頃も、大学時代も、また社会人になっても我慢するのは得意だったが、それが逆に「何を考えているかわからない」「はっきりとモノを言わない」と周囲の不興の原因だったことを思い出した。

勘違いされると困るのだけれど、我慢している状態は決して「イヤ」な状態ではなく、むしろ「イヤ」でも「スキ」でもない中立な状態に近い。違うことを考えていれば、うっかり時間が過ぎているような状態とでも言えばよいか。

もっとも、大学時代にも車を持っていてあちらこちらと出かけていたのだけれど、首都高速が怖かったことと、高速道路料金+ガソリン代がかかることから一度も車で帰省しなかった。社会人になってあらためて車を手に入れ、車で実家に戻ったときは、車という移動手段の自由度の高さに感動したものだ。ただ、電車に比べると本は読めないし、運転は疲れるし、渋滞に入るとにっちもさっちも行かないしと不便も多かった。

それでも電車に戻る気がしないのは、重い荷物を抱えて駅を右往左往しないでよかったから、車中ほかの人に気を使う必要がなかったからだ。

音楽を流しながら深夜や早朝の高速道路を走れば、それだけで充分に気晴らしになる。

移動時間、交通費、考えることはいろいろあるが、ほかの人に気を使わなくてもよい、というのはこと内向的な亭主にとっては案外重要なポイントなのかもしれない。

で、えーと、なんだ、結局何が言いたいのかわからなくなってきた。

すいません、結局今回もまとまりませんでした。

2014年1月 1日

01/01 日々雑感

Facebookはなぜ衰退したのか?そしてこれからのSNSとは?(GIGAZINE)

今やSNSの中心となったFacebookですが、欧米では10代のFacebookユーザーが離れ、メッセンジャーアプリに移行している兆候が見られるという報道がされ、2013年の第3四半期にはアメリカにおける10代のアクティブ・ユーザーが第1四半期に比べ16%減少、オランダでは52%減少したと言われています。
言うまでもなく私企業のサービスには必ず終わりがあり、また人の嗜好に移り変わりがあるのが世の習いです。サービスとして結晶化した感のあるmixi、衰退しつつあるFacebookを例に挙げるまでもなく、あらゆるサービスやプラットフォームはいずれ終焉を迎えるわけで、大事なのはそんな中で自分がどうあるか、これまでの自分の蓄積したものをどう未来へと継承していくか、それに尽きると思っています。

亭主自身まだmixiの会員であり、FacebookやTwitterにもアカウントがあって、それなりに活動はしているのですが、mixiにせよFacebookにせよ、またTwitterにせよ自らのコンテンツを蓄積するほどにサービスに信頼を置いていない、というのが正直なところです。mixiには一時期エッセイらしい日記を書いていましたが、度重なる会員規約の改悪に嫌気がさしてコンテンツを全て引き上げましたし、Facebookは「いいね!」要員に徹していて、よほどのネタが無い限りは自ら記事をアップロードすることはありません。Twitterは良かれ悪しかれ流行りモノであって、永続的にコンテンツを蓄積する場所ではありません。そのほかMovable Type, Wordpadなどにもコンテンツを上げていますが、こちらはまだまだ様子見の段階。テキスト形式でバックアップが取れれば、他への引越しもできるだろうと考えています。

個人的に一番信頼がおけるのは「ホームページ」と「htmlによるコンテンツ作成」と考えていて、この思いは「Plannet」解説当初より一切変わっていません。おそらくこれからも、コンテンツは全て自らのPCに保存・蓄積し、必要に応じてホームページにアップしていくものと思います。

ホームページというホームグラウンドがあるからこそ、サービスやプラットフォームの栄枯衰勢に惑わされること無く、足に地をつけて活動し続けられる。

そもそもこのサイトを立ち上げた当時はそんなことなど考えてもいなかったのですけどね(^^;)

結果的に磐石になっちゃいましたね。

01/01 謹賀新年

20140101sunrise.jpg新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

世間のごたごたの中にあっても、それらに一切惑わされず、
何事もなかったかのように、あたりまえのように昇る太陽のように
生きていきたいと思っています。

01/01 【聴】 Reunion / Alex Barck, Sonar Kollektiv|P-Vine(PCD-93765)

IMAGE
DJ/音楽プロデューサー集団として活躍するJazzanovaのメンバーの一人、ALex Barckのソロデビューアルバムが本作。2013年10月リリース。音楽プロデューサーらしくヴォーカリストを積極的にフィーチャーした意欲作。

ハウスやガラージを意識したサウンド。Jonatan Backelie, Pete Josef, Cristine Salem, Stee Downes, Fetsum, Bea Anubisといったヴォーカリストを起用し、ポップで、親しみやすいアルバムへと仕上げている。音数を絞り込んでいるため曲そのものの見通しは良く、ついくちずさんでしまいたくなるキャッチーなメロディやサンプリングが楽しい。Jazzanovaのようなシックさ、スタイリッシュさとは方向性が異なるものの、これはこれで良い。

いやむしろこちらのほうがお疲れな亭主には耳心地が良い。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。