2014年4月アーカイブ

2014年4月29日

04/29 日々雑感

高校を卒業し、松本にある予備校の寮に入ったこと、それが亭主の全ての始まりだったように思います。

勉強道具と服と布団、少しばかりの本とラジカセ、そしてカセットテープ。これが当時の亭主の全てでした。

大学に合格し、浦和に、また野田に移っても予備校時代の暮らし方・考え方は根強く残り、社会人、ひいては結婚した現在に至っても変わっていません。荷物は圧倒的に多くなったものの、依然として暮らし方・考え方の根幹には予備校時代のそれがあって、家財の内訳もまた予備校時代とあまり変わっていない(たとえば本であるとか、音楽であるとか)ように思うのですね。

亭主が時々、無性に身辺整理をしたくなる、雑多な小物を片付けたくなるのは、予備校時代に比べてあまりにも荷物が多い、フットワークが重いように思うからかもしれません。

--

もっとも、予備校時代の亭主の生活は、簡素で、質素そのものでした。

寮費や学費は別として、亭主は毎月の生活費が(仕送り額である)3万円以内となるよう、倹約生活を送っていました。

特に倹約していたのは食費。予備校に行く日の昼食は、かならず通学途中にあるパン屋さんで、お気に入りのパンを買っていました。これに学校の自販機で買った60円のコーヒー牛乳を付けて、おしまい。一日160円。

いつもおなかをすかせていましたが、大好きなパンを毎日食べられるのがうれしくて、また友人とともに倹約しているのが楽しくて、たいして苦にしていなかったようにも思います。今の身長のまま、現在よりも10kg軽かったのですから、当時はずいぶんとスリムだったのですね。

--

つい先日の帰省の途中、当時通っていたパン屋さんにふと立ち寄りました。

20140426aruru.jpg予備校当時は店の前に大きな駐車場があったと記憶しているのですが、道幅が大きく広がったせいか駐車場が狭くなっています。店内も少し売り場が狭くなって、置いてあるパンの種類も随分と減ったような気がします。

当時大好きだったパンは残念ながら置いてなかったので、かわりに見た目が似ているマロン入りのパンを買いました。

20140426aruru2.jpg久しぶりに食べるパンは、当時を思い出させる懐かしい味。当時はたった1個のパンで満足していたんだ―――と思っていたら、急に現在の飽食の生活が恥ずかしくなりました。なるほど、体重も増えるはずだわと。身体に贅肉がつく以前に、パン1個で満足できない心、心に贅肉がついてしまっていたんだなと強烈に反省しました。

かつてがんばっていた自分を思い出して、これからは昼食のパンは1個にしよう。

高校を出て27年、もういちど自分の原点に立ち返り、贅肉のついた心をシェイプアップしようと決心した、今回の帰省でありました。

2014年4月27日

04/27 日々雑感

4/26, 27の両日、学位取得の報告で実家に帰省しておりました。

26日は朝6:15に出発。これまでは「常磐-首都高速-中央道」を経て実家に戻っていたのですが、中央で大渋滞が発生することを懸念して「常磐-北関東-東北-北関東-関越-上信越-長野-中央道」というルートで帰省してみました。言葉にしてみますと相当面倒くさいといいますか、大冒険のように見えますが、ジャンクションが多い割には道中混雑が少なく、快適なドライブを楽しむことができました。

ちなみに、「どらプラ」にて経路探索をこころみたところ、これまでの「常磐-首都高速-中央道」というルートで帰りますと

料金 9,340円/距離 365.6km/時間 4時間29分
   
北関東道を経由するルートですと、

料金 8,620円/距離 404.9km/時間 4時間34分

と、距離は40kmほど延びるものの時間はほとんど変わらず、また料金も700円ほどお得になっています。慢性的に渋滞の発生している首都高速、そしてゴールデンウィークや観光シーズンには必ず渋滞する中央道の小仏トンネル付近を通過しないという点で、新しいルートをオススメしたいところです。

実家までは、一般道を含めますとおおよそ距離440km。帰りは4時間55分かかりました。トイレ休憩2回、給油1回、お土産を買う余裕もありましたよ(^o^)ノ

--

実家では、家族も皆健在で、久しぶりにゆっくりすることができました。

CanonのPowershot G16を持ち歩いては、あちこち写真を撮ってきましたので何枚かご紹介。

まず1枚目。地元の山の中、自然保護を目的に管理している沢に咲いていたショウジョウバカマ。日陰に咲く花で、山野草としても人気が高いです。この沢にはショウジョウバカマが群生しており、ちょっとしたお花畑になっていました。

20140427shoujoubakama.jpgつづいて同じ沢に咲いていた、ミズバショウ。少し露出を上げて明るめに撮ってみました。この沢はミズバショウのほか、ザゼンソウも群生しているとのことでしたが、少し時期的に遅かったようです。

20140427mizubashou.jpg最後に、ミズバショウの近くの水辺(湿地?)に生えていた菌類。黄色い胞子状のものが綺麗ですが、個人的には水辺のカオスな模様が気に入りました。

20140427kinoko.jpg父親がアマチュアカメラマンということもあって、実家に帰るとあちこち出歩いては草花や景色を撮影しています。亭主にとって、また家族にとって旅行と、写真撮影が良いコミュニケーションの場となっているようです。これまでは忙しくてなかなか帰る機会が持てませんでしたが(両親ともに高齢になってきたことですし)ちょくちょく帰って、顔を見てきたいと思っているところです。

--

そうそう、柴犬のさくら(おっとり)はとっても元気でしたよ。

20140427sakura.jpgもちろん、三毛猫のみーこさん(甘えん坊・左)、長身のみみたくん(おしゃべり・奥)、隣の家のキジトラ・にゃむ(人懐こい・手前)も元気でした。

20140427cats.jpg以前、にゃむのことを「にゃご」と書いた気がするなあ。にゃむでしたので念のため。

2014年4月25日

04/25 【読】 「マッキンゼー式最強の成長戦略(パトリック・ヴィギュエリ、スヴェン・スミット、メルダッド・バグハイ、エクスナレッジ)

「マッキンゼー式最強の成長戦略(パトリック・ヴィギュエリ、スヴェン・スミット、メルダッド・バグハイ、エクスナレッジ)

マッキンゼー&カンパニーのオフィス・ディレクターとして企業のM&A、経営コンサルテーションに従事する著者らが、経営者向けに記した成長戦略立案と行動指針の指南書。マッキンゼー社がこれまでに蓄積してきた多数の企業の業績データを基にして、企業が成長戦略を立案する際に必要となる視点・方向性、アーキテクチャーを提供する。3部構成、全14章。2009年刊行。

本書では、企業が成長戦略を立案するに際して二つの有益なキーワードを示している。一つは「粒度(グラニュラー)」。市場は、全世界・全地球規模をあらわすG0から、個々の顧客にミートするG5まで、6段階の顧客層(というか粒度)で表現することができる。グローバルな視野を持った経営者は得てして「地域レベル」「国レベル」で市場を語りがちであるが、ざっくりとした市場ではなく、より粒度の細かい、都市や地方、あるいは個人の嗜好にまで落とし込んでマーケティングをすべきであるという。この「粒度」の考え方は、様々な方向に適用可能。たとえば高齢化に向けて医療ビジネスが今後伸びるといった予測がなされた際には、「医療」という大きな枠組みで市場を語るのではなく、「創薬」や「検査機器」などより細かい市場に着目しなければ、本質を見誤ることになる。

もう一つは「シリンダー」という概念。企業の成長幅には「市場への追い風や逆風・あるいは過去の資産(ポートフォリオ・モメンタム)」、「企業の買収や売却(M&A)」、「シェアの獲得」という3つのシリンダー(成長幅)が存在するという。企業の成長幅は、この3つのシリンダー(成長幅)の合計値であり、自社の成長がどのシリンダーによるものか、またどのシリンダーを伸ばして(燃焼して)いくべきかを決めることが、成長戦略の立案に相当するのだという。ちなみに、3つのシリンダーのうち「シェアの獲得」は他の2つのシリンダーに比べて圧倒的に実現が困難なのだそうだ。 この二つのキーワードを核として、実際の企業の成長例・実績・ビジネス戦略と照らしながら読者に成長戦略の立て方を指南するのが本書、というわけ。章立てが明快である点、例が多く示され、また各章の要点が併記されているという点で非常に読みやすく、また非常に参考になった。また「グラニュラー」「シリンダー」から展開される様々な方法論も重厚で、動機付けから実践までしっかりとケアされている点好感が持てた。

文章も明確で、読み物としても面白い。誰にもオススメできるというわけでもなさそうだが、研修の一環として読み、自身のビジネスに置き換えてみると楽しいと思われる。

2014年4月24日

04/24 【読】 「小暮写眞館(上)(宮部みゆき、講談社文庫)」

「小暮写眞館(上)(宮部みゆき、講談社文庫)」

ミステリ作家として、またゲームのノベライズや妖怪・時代小説作家としても活躍する宮部みゆきが、講談社創業百周年の記念として2010年に書き下ろした作品。どこにでもいる高校生の少年を主人公に、様々な人々の人間模様を描く現代ミステリ。

家族とともに、古い写真館つき住居に引っ越してきた高校生・花菱英一(花ちゃん)。容姿・頭脳・運動神経ともに平均レベル、サラリーマンの父というなんら特徴のない彼の日常は、一人の女子高生がもたらした一枚の写真から変化し始める。かつて写真館で撮られたという古い写真、その中には本来ありえない場所に女性の顔が浮かぶ、いわゆる「心霊写真」だった。写真の謎を解くべく動き出した英一。ツテをたどっての地道な調査は、やがて英一と、彼の周囲の人々を巻き込んだ静かな「事件」へと発展していく

らしい。

らしい、と勿体を付けたのは、本書がまだ「上巻」だから。上下巻あわせて全4話構成、うち上巻には2話が収録されている。 各話は1つのエピソードを軸に語られるが、それぞれのエピソードは登場人物がゆるやかにつながっているほか、前のエピソードが起点となって次のエピソードが始まる、という連鎖構造になっている

らしい。

らしい、としつこく勿体つけたのは、この連鎖構造がまだ1話分しかないからだ。

妻は上巻を読んだだけで「いまいち」と投げ出してしまったのだが、亭主的にはなかなかどうして面白い。物語はミステリ仕立てであるが、全体的には花ちゃんを中心とした「青春小説」で、オトナとの駆け引きあり、冒険あり、女の子とのドキドキありとしっかり青春している。妻が投げ出してしまったのは、おそらくミステリの肝である謎解きの爽快感、名探偵が犯人をおいつめ、一気に形勢逆転するカタルシスが味わえないからだろう。主人公が普通の高校生ということもあるだろうし、まだ上巻ということもあるだろう。とりあえず下巻に期待といったところだ。

04/24 日々雑感

某2ちゃんねるに、私の部屋の写真が晒されているというので見物に行ってきました。

日本人のオーディオは人真似だと揶揄する内容ですが、正直亭主のシステムが日本代表と言われると、とてもとても。世間にはもっとすごいオーディオシステムを組んで日々研鑽を積まれている方、人生をオーディオに捧げている方がおられる中で、私のシステムを挙げられても「おこがましい!」の一言に尽きるわけです。なにしろ「日本人の」ですから。

そもそも、人生をオーディオに捧げている人、というのは、寝ても覚めてもオーディオ漬けなのであって、とにかく毎日ネタが尽きない。毎日秋葉原に詣でるとか、自作アンプをこつこつ組み上げるとか、ケーブルをとっかえひっかえ試聴するとか、オフ会を企画して毎週のように交流を深めるとか…その集中力と探究心には驚嘆すべきものがあります。

一方で、オーディオにはそれほどのめり込んでいないものの、非常に粋なシステムを構築している方もおられます。こういう人の場合、部屋とオーディオシステムとを一体でデザインしていて、生活のなかにオーディオをおしゃれに取り込んでいます。

ならば振り返って、亭主はどうなのか。オーディオに人生を捧げているわけでもなければ、オーディオシステムをおしゃれにデザインしているわけでもない。しいて言えば亭主の場合は極めて実用的に、音楽を聴くためのデバイスになるでしょうか。


Posted from するぷろ for iOS.

2014年4月22日

04/22 日々雑感

人間ドックに行ってきました。

最後の面接で医者に注意されるのが年中行事となってしまった感があります。注意される側としても、いやあもうなにがどうなっているやら生命の神秘というか人体の不思議というか、自分の身体のことながらなかなかどうして管理できませんよねーあははははーと笑ってごまかすしかないのが正直なところ。

毎年まいとし、体重が重い、尿酸値が高い、便に血が混じるという診断、もうちょっと新機軸は無いものか―――と思っていたのですね。

ところが、今年は少し様相が違っていました。

診断結果を報告するシートのあちらこちらに、標準値を逸脱する「*」のマークがしるされていて、以前のようなピンポイントでマズイという状態とは程遠い状態でした。具体的には体重に「*」、尿検査に「*」、脂質代謝に「*」、肝機能に「*」、腎機能に「*」、便潜血に「*」、ついでにストレス度が非常に高い。

なんというか、これまでなんとか正常を保っていた身体が、ここへ来て一気に破綻をきたし始めたというか、とうとう「老い」が始まったのかという感じ。

ただ、よくよく結果を眺めて見ますと、全体的に「太った」ことに対する影響があちこちにでているようにも見えるのですね。ほぼ持病になってしまった尿酸値と、便潜血(実は痔)はしかたないとして、残りは減量でなんとかなるようにも思えます。確かにここ1年来は本当に忙しく、まともにトレーニングをしていませんでした。

今年は、真面目にトレーニングに取り組んでみようか。

健康のためなら命もいらぬ、とはよく言う話(言うのか)。真面目に減量に取り組んで、なんとかベスト体重(-5kg)まで戻したいと思っています。

うーん、浪人生の頃の体重にまで戻せれば、身長に対する標準体重になるのだけれどな。

-10kgの減量は、きついかな。

2014年4月20日

04/20 どむや年代記終了のお知らせ

Typepad Proの日本語サポートが3/31に終了したことにともない、Typepadに開設していた「どむや年代記」もあわせて終了になりましたのでお知らせします。

ちなみにサポートの終了は以前からメールなどで連絡が来ていたのでしょうが、すっかり見落としておりました。ですので、今回の終了はまったくもって寝耳に水でありました。

当然ながら「どむや年代記」のコンテンツについて、バックアップは一切とっておりません。幸いgoogle検索のキャッシュにテキストのみ残っていたためざっくりと保存しましたが、画像関係は全滅。まあ、画像は亭主のPCのフォルダのどこかに入っていることでしょう。

なお、Typepad Proの移行先としてLekumoビジネスブログというサービスが用意されていたようです。果たして終了になってしまった内容をLekumoへの移行で復活できるかどうか。こちらは現在問い合わせ中です。

--

Webサービスの終了にともなって、コンテンツがごっそり消えるという事態は以前から懸念していたものの、まさかTypepadが終了するとは思っても見ませんでした。たしかにTypepadやMovable TypeなどといったSixapart社のシェアは2012年の時点でも大きく落ち込んでいて、いずれ消滅するなどという憶測が出ていましたから、予想通りという向きもあるでしょう。亭主の場合、このサイト「どむや繁盛記」はSixapart社のMovable Type上で構築されています。今回のTypepad終了がSixapart社のサービス全体にどのような影響を及ぼすか、あらためて注視していきたいと思っています。

今回Typepadがサポートを終了したことが亭主のアンテナにまったく引っかからなかった点は不審というしかいいようがなく、おそらくLekumoビジネスブログへと移行可能であるというニュースがTypepad終了のニュースを亭主に「それほど大きなニュースでもない」と思わせていたのでしょう。

現在Lekumoの運営にTypepad Proの記事のサルベージが可能かを問い合わせています。ただ、このようなことがあった限りはLekumoで堂々とブログを再開するというのにもリスクが少なからずあると思わざるを得ません。「どむや年代記」の今後については、しばらく様子を見ていくことにします。

2014年4月19日

04/19 【聴】 Music for Robot EP / Squarepusher, Warp|Beat(BRE-49)

IMAGE
ベーシストであり、エレクトロニカ・アーティストでもあるSquarepusherことTom Jenkinsonが、3体のロボットによって構成されたバンド、Z-Machinesの作曲家として参画したアルバム。78本の指を持つギタリストと、22個のドラムをたたくドラマーによる自動演奏はアジア最大の広告祭"Spikes Asia"でDirect部門金賞を受賞したほか、第17回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品としても選出されている。全5曲。

人間の演奏の限界を超えた、高速ブレイクビーツが特徴の本作。いわゆるシンセによる発音ではなく、物理的な楽器から音を奏でている、というのが新機軸といえる。越えるべき限界は人間の演奏技術だけではなく、楽器が奏でうる音の数にもある。特にギターの場合、高速に弾けば弾くほどに響きは失われていく。実際、本作においてもギターの響きがかなり不安定というか不自然な箇所が見られて、実験音楽としては最高にスリリングな瞬間を味わうことができる。

もちろん、本作の魅力はそんな音楽的な破綻だけではない。ゆったりしたテンポのなかで機械がエモーショナルなメロディをつむぐ様には、あたかも人間が奏でているかのような侘びさびが感じられる。Z-Machinesのプロジェクトがこれからも続くのかは判らないが、ぜひこれからも継続し、機械による自動演奏のポテンシャルを追及していって欲しい。

2014年4月17日

04/17 日々雑感

万年筆が欲しいのであります。

会社では、常日頃からフリクションボール(赤・添削用)と、3本の芯が入っているボールペン(黒・赤・青・証票用)を使っています。ただ、フリクションボールを使っていると「いつでも書き間違いを訂正できる」という安心感から、あまり考えずにペンで書き始めるクセがついてしまったような気がするのですね。多少ヘタに書いても直せると思ってしまうと、とりあえず書いた後で、消したり書いたり、紙の上で推敲を始めてしまいます。いいたいことを頭の中で整理し、頭の中で文章としてまとめ、訂正することなく美しい文字で書き連ねる―――という訓練を怠っていたせいか、たとえばこのテキストをPC上で打ち込んでいても、また会社でMS-Word相手に文章を書いていても、すっきりとした文章をしたためるのに非常に時間がかかっているように思います。

会議の席で、フリクションボールで書き損じた文字や図形をノートからごりごりと消しているのに気付いて、「ああ、おれなにやってんだろ、なに体裁をとりつくろってんだろ」と思ったこともまた、万年筆を使おうと思った理由の一つ。

四捨五入すれば50歳、もう一声四捨五入すれば100歳にもなるいいオヤジが、保険会社の代理店の名前が入ったボールペンを使っているのも、なんだか恥ずかしいような気もしていました。

以前、デパートの文具売り場でふと試し書きした万年筆の書き味の軽さに驚いたこともありました。

高級なものでなくともよいので、自分に合った筆記用具がないかなと思い万年筆のことを考え始めた次第です。

--

調べてみると、万年筆メーカは海外の有名どころでモンブラン、パーカー、国内ですとセーラーやパイロット、プラチナ万年筆などがあるそうです。海外はそのほかにもシェーファーやウォーターマン、デュポン、アウロラ、デルタなどのメーカがあって、どれも定評があるとのこと。なかでもパーカーは、インジェニュイティというシリーズに人気があるそうです。ペン先の硬さや柔らかさ、重さ、デザインやリフィルの手に入れやすさなどを勘案し、試し書きで最終決定したいところですね。

そういえば以前も、万年筆が欲しいと騒いだんだったな。
今度は以前に比べれば、非常に真面目に欲しいですね。

2014年4月16日

04/16 【読】 「エリア51~世界でもっとも有名な秘密基地の真実~(アニー・ジェイコブセン、太田出版)」

「エリア51~世界でもっとも有名な秘密基地の真実~(アニー・ジェイコブセン、太田出版)」

1947年、アメリカニューメキシコ州ロズウェルから回収されたUFOと、UFOの乗員である宇宙人が潜む場所として、また極秘裏にUFOが開発されている場所として、UFO研究家ならずとも多くの人が知っているアメリカの秘密基地、エリア51の真相を明らかにしたノンフィクション。近年公開された公文書と関係者への膨大なインタビューから、この基地を含むネヴァダ州ネリス訓練試験場で行われてきた兵器開発の歴史を紐解く。

標高2849メートルのボールド山、グルーム山脈などによって人の棲む地域から隔絶された谷、エリア51。周囲は飛行制限区域に設定され、まともにたどり着く道すら限られる途絶の地にある軍の秘密基地は、これまでにも多くの専門家・研究家がその真相に迫ろうと取材を重ね、また施設へのアプローチを試みてきた。徹底的な秘密主義と、基地から離着陸する正体不明の飛行物体に「UFOの秘密基地」などといわれてきたこのエリアの歴史は、1938年のハロウィーンに放送されたラジオドラマ「宇宙戦争」にまでさかのぼる。火星人の襲来を告げたこの架空の物語は多くの人々をパニックに陥れ、アメリカ国民の持つ不安、脆弱性を完膚なきまでにあらわにした。緊張する世界情勢、ソビエト連邦に代表される大国からの脅威に対抗すべく、核開発の拠点として作られたのがエリア51だったという。ネヴァダ州の核実験エリアに隣接するこの地域では、原子爆弾の研究開発、核弾道ミサイル、あるいは超音速戦闘機、ステルス戦闘機など当時の科学の粋を結集した兵器たちが極秘裏に開発されていた。国内外からの疑惑の目をそらすべく徹底した情報統制を行った結果、エリア51はさらに人々の疑惑の種を膨らませていく。兵器開発には莫大な国家予算と、開発失敗に伴う犠牲と、情報を漏らさないための徹底した口止めが必要となる。アメリカの大統領さえも全貌が把握できない「秘密」を抱えたエリア51は、第2次世界大戦、朝鮮戦争、共産圏との冷戦、ベトナム戦争、そしてアメリカ同時多発テロなどの様々な世界的事件のなかでその枠組みを変えつつ存続していく。UFOの本であると、期待して買った人はまことにご愁傷様。そのスキャンダラスなタイトルとはウラハラの地味で、堅実な内容の本だった。

戦争の世紀であった20世紀、兵器開発によって一気に革新を遂げた人類文明の進歩と、その背後に積み重なる犠牲者たちの悲哀とを感じながら読みたい。デマの発生、陰謀論、なぜUFOと関連付けられることになってしまったかの経緯も細かく書かれている。

ところでロズウェルで回収されたという飛行物体、内側にキリル文字が書かれていたということでソビエト連邦が製造したものであるという結論付けがなされているのだが、この飛行物体の能力である急発進・停止・ジグザグ移動の原理に関してはその出所正体が一切あきらかにされていない。ソビエトはいかにしてこの原理を獲得したのか、またなぜ現在に至るまで他への実用化がなされないのかについてはさらに謎となっている。残念ながら本書にはソビエトの持つ技術について書かれておらず、大いなる謎の一つとなっている。

04/16 【聴】 High School Memory -あなたへ- / mana, Music Love Powered(MLPR-0011)

IMAGE
茨城県日立市出身のシンガー・ソングライター。中学3年生からシンガーとして本格的な活動を開始、県内外のライブハウス・イベントに出演するほか、今年春からは東京に拠点を移したmanaの1stミニアルバム。7曲入り。ちなみにジャケットは日立の河原子海岸、Beachburger 9(海岸沿いにあるサーファー御用達のバーガーショップ。ボリュームがあってうまい)で撮影したもの。

地元のコミュニティFM "FMひたち"で看板番組を持っていたほか、毎夜ツイキャスにてライブを配信するなど、信じられないほどの多忙の中、音楽活動を続けているmana。本アルバムには中学3年~高校2年までに制作した楽曲6曲と、プロローグとなる小品1曲を収録している。ツイキャスでは小柄にはちょっと大きく感じられるアコースティックギターを抱えて、透明で爽やかな声を披露する彼女にあって、本作は予想以上にポップな仕上がり。往年のフォークを想像している人にはちょっと意外な、正統派ポップ・ソングが楽しめる。女の子らしく、失恋の思いをつづった曲もあれば、人との縁・出会いと別れをうたった曲もある。いずれも人のこころにすんなりと染み入る、優しさと悲しさがある。

そんななか、やはり出色は東日本大震災の中で制作された曲「~again~」だろう。ライフラインがずたずたとなり、不安と絶望、悲しみにさいなまれる日々のなかで、なんとか明日への希望を見出そうとする彼女自身の強い気持ちが歌われている。当初は震災の中で抱いた気持ちを残すために作ったそうだが、徐々に自らの応援歌となっていったのだという。亭主自身もこの曲を聴いて随分と勇気付けられたものだ。今回アルバムを買い、自宅でしんみりと聴いていたのだが、何度聴いてもじわりとこころにくるものがある。

ときどきは(FMひたちへの出演などで)地元に戻ってくるそうだが、東京での暮らしに寂しさと、心細さをおぼえているそう。がんばれ。地元から応援していますよ(^o^)ノ

2014年4月14日

するぷろとの連携確認をしています。

投稿テストです。

Posted from するぷろ for iOS.

2014年4月12日

04/12 【聴】 Origato Plastico / Plastics, Victor(VICL-2014)

IMAGE
中西俊夫、佐藤チカ、立花ハジメ、島武実、佐久間正英の5人からなるニューウェーヴ・バンド、Plasticsの1980年アルバム。Plasticsとしては2ndアルバムにあたる。全11曲。

UKに端を発するニューウェーヴの流れと、日本におけるバンドブームの両者の交錯によって生まれたバンドが、Plastics。ロックをより過激に、また実験的に発展させようとした多くのバンドの中で、Plasticsは「ヘタウマ」(当時はこんな便利な言葉は発明されていなかった)なパンクというカテゴリに位置づけられていた。お世辞にも上手いとはいえない演奏と、素人丸出しのヴォーカルの組み合わせ。当時の人間はかなり奇矯に感じたのではあるまいか。その後中西は、チカとともにMelonを結成、レゲエやダブ、スカ、エスニックなどを貪欲に飲み込み、スネークマンショーというアンダーグラウンドな世界に取り込まれつつ、コアなファンにとって唯一無二なバンドへと深化していくことになる。

そんなこんなで、2ndアルバム。微妙に乱れる調性とチカのヘタクソなヴォーカル、そして演奏のファンキーさがPlasticsの個性であり、本作においてもその個性は遺憾なく発揮されている。アルバム全体に広がる「投げやり感」が気になるが、佐久間の作曲、そして中西のセンスの「只者ならぬ」雰囲気が批判をことごとく無効化している。

04/12 日々雑感

2014年4月10日

04/11 【聴】 Singles / はっぴいえんど, Bellwood|King(KICS-8104)

IMAGE
1970年代、日本のロック/フォーク/ポップスシーンに多大な影響を与え、現在もなお影響を与え続けるバンド、はっぴいえんどと、そのメンバーのソロ作品のシングルを集めたアルバム。1974年リリース。12曲入り。1995年に再発となったBellwoodセレクション23枚のうちの4枚目でもある。

はっぴいえんどについては、これまでも充分に語られてきたし、これからも語り継がれていかれることであろうから、亭主自身ここで詳しく語ることはしない。本アルバムは「はっぴいえんど」名義であるものの、メンバーだった大瀧詠一のシングル「恋の汽車ポッポ」およびB面の「それはぼくじゃないよ」、「空飛ぶくじら」およびB面の「五月雨」、細野晴臣のシングル「恋は桃色」およびB面の「福は内鬼は外」が収録されている。さらに、はっぴいえんどの「12月の雨の日」B面は「はいからはくち」、「はないちもんめ」B面は「夏なんです」、「無風状態」B面「さよならアメリカさよならニッポン」を含んでいて、Bellwoodレコードにおける「陽」の部分、特にポップな部分が表出したアルバムとも言える。当時のシーンの様子・戦後から高度経済成長社会へ、学生闘争を経てアメリカから徐々に切り離されていく日本の雰囲気を知るにはもってこいの作品と言えるだろう。

自他共に細野さんファンを認める亭主が、なぜ今頃になってこのアルバムを買ったか(あるいはなぜ今までこのアルバムを買わなかったか)といえば、高校を卒業してより、「シングルコレクション」「ベストアルバム」「ライブアルバム」を(なるべく)買わないよう心がけてきたからだ。学生時代は仕送りのなかからテープやCDを買う金を捻出していたので、正式なフルアルバムとは曲目が「かぶる」これらのアルバムを買うほどの金銭的余裕がなかった。もちろんいくつかの例外はあったものの、今でもこのルールはある種の本能として生きていて、いまでもシングルやベスト、ライブ盤を買うことにはためらいがある。三つ子の魂百までとはよく言ったもので、亭主自身ここまで自分ルールが継続するとは思ってもいなかった。自分ルールも、四半世紀も続ければもう充分だろうと思っていたが、CDを一ヶ月に30枚やそこら買うころは、日々のCDレビューに忙しくてこれら「かぶる」アルバムを買う余裕がなかったし、結婚して何かと物入りな昨今は支出を抑えるという意味においてこのルールは継続している。望む望まざるに関係なく、ルールは今でもしっかりと効力を発揮している。

今回このアルバムをあえて買ったのはなぜかと考えたのだが、どうもうまい理由が思いつかない。「ただなんとなく」というのが正しい気持ちだろう。妻の留守に、ふと思い立って何年ぶりかに立ち寄ったBook-Offの棚にこれが置かれていたのをみてただなんとなく手に取り、レジに行ってしまったのだ。単なる気まぐれなのだろう、それでもやはり「かぶる」アルバムは買わなくても充分かなという気持ちは変わらない。

04/10 【聴】 戦前と戦後 / 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール, Taboo|SONY(VRCL-10114,5)

IMAGE
菊地成孔のラテン・ジャズ・プロジェクト、ペペ・トルメント・アスカラールの最新アルバム。ほぼ全曲にヴォーカルをフィーチャーして、タンゴの香り立つレトロなサウンドが特徴的な作品。SACD/CDハイブリッドのDisc 1には全11曲が、DVDのDisc 2には歌舞伎町クラブハイツ、九段会館、東急シアターオーブなどでのライブ映像11曲が収録されている。

ラテン・サウンドを全面的にフィーチャー、レトロでハイセンスなサウンドが全編に展開される点は、これまでのペペ・トルメントの方向性と同じく。ただし本作のほぼ全ての曲には歌詞が付けられており、菊地氏自身がヴォーカルを披露している。繊細な菊地氏の歌い口によってアルバム全体がポップに仕上がっており、非常に聴きやすい。映画「Wの悲劇」のテーマ曲"Woman"、市川愛がヴォーカルに参加した"I.C.I.C."など聴き所も多く、これまでのスノッブな印象を180度変えている。

亭主などはこのアルバムを聴いた際に、この方向性はどこかで聞き覚えがあると直感していた。つらつらと考え、上野耕路、戸川純、太田蛍一のユニット「ゲルニカ」の現代版であることに思いが至ったとき、それまでのもやもやが払拭された。デカダンな歌詞といい、レトロかつ豪奢なアレンジといい、ゲルニカのそれにそっくりだ。若いときにゲルニカのサウンドに大いに影響を受けた亭主、本作もまた非常に楽しく、また思い出深く聴くことができた。

2014年4月 8日

04/08 日々雑感

お疲れ様です。亭主です。

またもやなんの目的も結論も無いままキーボードの前に向かっております。お暇な方はぜひお付き合いを。

--

Windows XPのサポートが4/8(日本時間では4/9)に切れるそうで、世間ではWindows XPから新たなPC、OSへの更新が進んでおります。

亭主の家にもWindows XPのPCがありまして、これをどうするかが目下の悩みの種。メーカ製のノートPCですので、Windows 7ないし8へのアップグレードが果たして成功するのか、いまひとつ確証が持てないでいます。
このノートPC、アンチウィルスソフトをすでに導入済。ときどき妻がメールやインターネットを覗くくらいで週に1度アクセスするか、しないかであったりと、積極的に活用していないこともアップグレードに二の足を踏む理由です。

アップグレードに失敗するだけでなく、大事なデータが消えてしまったら、このあと一生いろいろといわれ続けることでしょう。妻が必死にお金を貯めて買ったPCだけに、こちらとしても無碍にできません。ファイアウォールを固め、アンチウィルスソフトでプロテクトしてどこまでシステムを守りきれるか。しばらくは様子見とせざるを得ないようです。

詐欺サイトや、トロイの木馬が仕込まれたサイトを見に行って、ブラウザやOSの脆弱性をつかれ被害を蒙る。7や8ならば大丈夫で、XPはダメという状況が、まだまだ充分に実感できずにいます。

--

そもそも亭主も妻も、インターネットに格別はまっている、というわけではありません。
普段良く見るサイトはほぼ決まっていて、検索サイトやリンクをたどって、新しいサイトを見て回ることはほとんどありません。
AmazonやYahooなどの有名サイトから、買い物をしたり、ニュースを見たり。広大なネットには、まだ見ぬサイトがたくさんあるのでしょうが、それを見に行く必要性が感じられないのです。

端的にいえば、かつて林立していたネット上の勝手サイト、「ホームページ」に行く機会がめっきり減りました。

なにか知りたいことがあっても、Wikipediaや、それに関する公式サイトや専門のサイトをあてにして、勝手サイトに頼らなくなりました。

サイトへと到達する手段がもっぱらGoogle検索やYahooの検索となり、ホームページ上に張られたリンクをたどることがなくなりました。

亭主も妻も、インターネットを情報入手の手段として使っています。ですが、その入手方法は、必死に手を伸ばしたり闇雲に探したりするのではなく、ある程度方法が確立されたように思うのですね。

--

亭主はかつて、静的で、永久保存版にしたい情報はTwitterやFacebook、Blogなど時系列にコンテンツがならぶサイトではなく、ホームページにまとめるが良いのではないか、と思っていました。以前のブログ記事にもそんなことを書いたと記憶しています。しかし昨今の状況を眺めていると、永久保存版にしたい情報はすでにメーカのサイトや、Wikipediaや、論文アーカイブなどに統合されていて、残る情報はある意味「日記サイト」にでもふさわしい雑感ばかりなのではないかと、考え方をあらため始めたのでした。

もちろん「日記サイト」が悪いわけではありません。勝手サイトにも有益な情報はたくさんあるでしょう。

しかし、それらサイトへアクセスする手段が、もっぱらGoogle検索やYahooの検索でしかなかったとしたら、GoogleやYahooにおけるそれらサイトのページランクが、サイトの公共性、有用性を決めてしまうといっても過言ではありません。

実際、亭主のサイトもまた上に示した検索エンジンから、たとえば「四季旬菜どむや」のキーワードでたどれるのみ、人の往来のほとんどない、寂れたサイトになっています。

「ホームページ」にも、また亭主のサイトにも、これからの時代を生き残っていくための明確な戦略が求められているのかもしれません。

2014年4月 6日

04/06 【聴】 Works / 三浦康嗣, Commmons(RZCM-59532,3)

IMAGE
エレクトロニカ/ヒップホップユニット、□□□(クチロロ)主宰である三浦康嗣のお仕事を2枚組CDとして集成した作品。Disc 1は他のアーティストへ提供した楽曲やコラボレーション作品を収録。Disc 2はリミックス、CM音楽、イメージ音楽などを集めている。

Disc 1でコラボしたアーティストは、Ryo the Skywalker、Aira Mitsuki、野宮真貴、環ROY、m-flo、Submarine、七尾旅人、坂本美雨、bird、平井堅、土屋アンナ、MEGほか。全13曲。ピアノを伴奏にしたシンプルなヴォーカル曲から、ブレイクビーツバキバキのクラブ・サウンドまで多彩なサウンドをフィーチャーしている。もちろん軸足はヒップホップであり、エレクトロニカ。アーティストらの個性はしっかりと活かしつつ、しっかりと□□□サウンドへと仕上げている。個人的なオススメはbirdとの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」。birdのファンキーでイカした歌い方にブレイクビーツがぴたりと重なる爽快なトラック。

一方Disc 2は彼のお仕事集。森永のウィダーインゼリーCF曲、トップバリュの自転車CF曲、西松屋チェーンのイメージソング、J-Wave開局20周年のジングル、Samsung"Omnia Pop"CF曲、森ビルのイメージ曲などが並んでいる。未発表曲、すでにアルバムに収録した曲の別アレンジなどもある。Disc 2には26曲が収録されていて、その雑多さから全貌を説明することは難しい。ただアルバムからどこかで聞いた曲が聴こえてくると、たとえば外国の街中で日本の曲を偶然耳にしたような懐かしさと親しみを感じる。

□□□らしいアレンジに思わず笑みが浮かぶアルバム。

2014年4月 5日

04/05 【聴】 Kulu Se Mama / John Coltrane, Impulse!|Universal(UCCI-9143)

IMAGE
サックス奏者・ジョン・コルトレーンによる1965年作品。60年代ジャズの最も濃い部分をさらに濃縮したかのような、ブラック・ソウル・サウンドのアルバム。表題作Kulu Se Mamaを含む3曲。参加アーティストはファラオ・サンダース(Sax)、ドナルド/ぎゃレット(Bass)、マッコイ・タイナー(Piano)、ジミー・ギャリソン(Bass)、エルヴィン・ジョーンズ(Drums)、ジュノ・ルイス(Perc, Vocal)。

ジュノ・ルイスによる泣きのヴォーカルと、コルトレーンによる奔放かつスノッブなサックス・サウンドをメインに構成。ソウル・ミュージック、あるいはゴスペルやアフリカン・サウンドなどに共通する、原初の力を秘めた作品とでもいおうか。けして聴きやすい、親しみやすいサウンドというわけでもないが、聴くほどにぐいぐいと引き込まれるものがあって、油断していると延々とループで聴いてしまう。現代ならばDate Cource Pentagon Royal Gardenあたりがカバーしていてもおかしくない。民族音楽を思わせるコルトレーンのサウンドが、ぐるりと世界の裏をまわって現代の最新モードへと接続した感じ、とでもいおうか。

2014年4月 4日

04/04 日々雑感

毎度お疲れの亭主でございます。

会社で、また家庭でもかなり凹むことがありまして、妻が居ない夜と言う事で普段ならば外食としゃれ込むところ。ところが今日にかぎってはどうにも気分がすぐれないため、冷蔵庫にあったおかずで夕飯を済ませました。

独身の頃ならば、気分転換・・・というかくさくさした気持ちを収めるため、車を飛ばして牛久なり、つくばなり、宇都宮あたりにまで出かけるのでしょう。ただ、今はまはろくんという大事な家族が居ますから、無碍に外に出て行くわけにもいきません。

炊いてあったご飯と、鮭のはらす、切り干し大根、それにヨークベニマルで買ってきたとんかつをおかずに、夕食。

食後ちょっと気分がすぐれず食卓につっ伏していたところ、まはろくんが「がー」とちょっかいをかけてきて、亭主の落ち込みタイムは、そのままお遊びタイムとなってしまいました。

おそらく、これでよいのでしょう。家族と暮らすということは、こういうことなのでしょうね。

--

今日は午後から休みを取って、妻のことなどいろいろする予定でしたが、会社で凹む事態があったことから15:30くらいまでは昼食もとらずになんだかんだとやっていて、そのあとすぐに家に戻りました。

途中、車で国道六号を走っていたところ豪雨やら、雷やら、しまいには雹までふってきて、もうなんでもありだなと思ったりもしました。

豪雨に大雪、最近は地震も頻発しています。そもそも社会そのものの信頼度が揺らいでいて、その中にいる人間の翻弄され具合たるやこれまでの日ではないのではないかと。

--

そういえば最近、採用活動ということで学生さんと面談をしています。

最近の学生さんは皆非常に優秀で、勉強はもちろんクラブでも立派に活躍をされています。

その優秀さに、かつて亭主が学生だったころの成績では、おそらく今の会社には採用さません。優秀な学生さんを採用しようとする企業と、とにかく優秀な成績で卒業しようとする学生さんとがしのぎを削る昨今、なかなか平安には暮らしてはいけないようです。

昔はのんびりとした、良い時代でした。

対する今は、とにかくあらゆる事柄に余裕というものがありません。結果として人間関係は常に競争状態、ストレスのかかりまくる状況となっているようです。

指数関数的に増大するストレスをどのように処理して言ったら良いのが、社会はもう後戻りのできないところにまで来ているのではないかと思う昨今です。

2014年4月 1日

04/01 【読】 「光圀伝(冲方丁、角川書店)」

 「光圀伝(冲方丁、角川書店)」

1996年に小説「黒い季節」でデビュー。SF作家として「マルドゥック・スクランブル」「蒼穹のファフナー」などを発表するほか、2010年には時代小説「天地明察」が話題となった冲方丁の2012年作品。水戸徳川家の藩主、のちに水戸黄門として知られる徳川光圀の一生を描いた渾身の歴史小説。 2013年本屋大賞ノミネート、第2回山田風太郎賞受賞、週刊朝日「2012年歴史・時代小説ベスト10」第1位獲得の話題作。

お供をつれての全国漫遊、諸国で悪を懲らしめ、エンディングで高らかに笑う好々爺―――というイメージがすっかり定着している水戸黄門。「先の副将軍」であり、「ラーメンを日本で最初に食べた人物」であり、「大日本史を編纂した人物」であるという基礎知識は誰もが持っているものの、その人となりは意外と知られていないというのが実情だろう。本書では、イメージばかりが先行している徳川光圀の生涯を、様々な人々との関わり、時代背景(および先のイメージを示すエピソード)とともに濃密に描写している。ただし、本書では、単なる光圀の一生を伝記として描くにとどまらない。冒頭に、水戸藩家老であり光圀の忠臣だった藤井紋太夫を光圀自らが殺す、というシーンを描いて読み手の度肝を抜く。物語は「なぜ光圀は忠臣の紋太夫を殺さねばならなかったのか?」という大きな謎とともに動き出す。いわゆるミステリでいうところの"Why Done It?"の構成。

なお、冲方丁は前作「天地明察」にも光圀を登場させていて、「天地明察」のワンシーンが、「光圀伝」のワンシーンとオーバーラップしている。「天地明察」に登場した光圀は、野獣のような殺気と、覇王のごとき豪胆さを兼ね備えた人物として描かれている。本作ではそんな光圀の人となりを幼年期から老年期まで描くことで、その人間性をさらに深く、深く表現する。その中心にあるのは、光圀がもっとも重んじた「義」の精神。運命に翻弄されつつも「義」を通さんがゆえに深く苦悩する彼の姿は、現代人にはなかなか理解しがたい価値観かもしれない。しかしこの「義」こそがこの物語の根幹であり、冒頭の"Why Done It?"を解決するキーワードでもある。

久々にスゴイ小説を読んでしまった。これを越える作品はしばらく出てこないだろう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。