2014年5月アーカイブ

2014年5月31日

05/31 【聴】 「聴く鏡II(菅原正二、ステレオサウンド)」

「聴く鏡II(菅原正二、ステレオサウンド)」

岩手県一関市にあるジャズ喫茶「ベイシー」店主である著者の、ステレオサウンド誌掲載のエッセイ「聴く鏡」をまとめたもの。「II」という名前の通り、先に「聴く鏡」は出版されており、今回は2006年から2014年までのエッセイを集成している。ショート・エッセイ、フォトギャラリー、ロングインタビューなどを含む。 オーディオとジャズに人生をささげた著者の思想・主張・交友関係・事件その他諸々をエネルギッシュかつクールな文体で記す。

本書は大きく分けて3部構成。第1部は2006年から2011年までの「聴く鏡」をまとめたもの。ショート・エッセイを挟んで第2部は2011年から2014年まで。フォトギャラリーをはさんで第3部はロング・インタビュー、過去に「ステレオサウンド誌」「ジャズ読本」などに掲載された記事を収録している。渡辺貞夫や坂田明、村松友視、カウント・ベイシー・オーケストラらジャズ・ミュージシャンとの交友、開店当初から変わることのないフルJBLの超弩級オーディオシステムとの苦闘、インターナショナル・オーディオショーやジャズ・イベントの舞台裏など、濃密な氏の日々が語られている。そもそも氏のオーディオに関するこだわりはオーディオ・ファンならばよく知っており、またその活動の幅の広さ、深さについてはあらためて説明するまでもないだろう。

それでも本書が注目に値する理由は、

ベイシーもまた、あの東日本大震災で大きなダメージを被ったからなのだ。

先に構成を述べたときに気がつかれた方も多いと思われるが、第1部は震災前、第2部は震災後と章立てされている。もっとも、震災後といっても原稿そのものは震災前に書かれていたりするから、必ずしも第1部と第2部の間に活断層があるわけではない。だが、ページを繰る読者たちは、第1部を読みながら、来るべき大災厄、あの忌まわしい震災がいずれこの本にも訪れることを知りつつ読み進めることとなる。2011年の記事に入るにつれてチリチリと首の後ろの毛が逆立つ感覚、崖に向かってスピードを落とすことなく走り続ける車を眺めている心境は、連続テレビ小説「あまちゃん」を見ていた人ならば誰しもが想像できるのではないだろうか。

そしてやってきた大災厄。

ところが、ベイシーの連載はといえば、以前のそれと変わらず濃密な日々をつづっていた。

たしかにベイシーのある岩手県一関市も震度6弱という強い揺れに見舞われ、ベイシーもまた大きなダメージを被っていたのだが、そもそも店は開店以来5度も大地震に襲われていたのだという。地域一帯が停電し、店のなかがめちゃくちゃになったことは確か。しかし菅原氏はといえば再びベイシーの音を取り戻すべく、以前と同じようなオーディオ三昧にふけっていたのだそうだ。不屈の精神は日々のシステム調整のなせる技、といいたいところだが、平静さがかえって精神的なショックや心のダメージの深さをうかがわせる。いや、多分菅原氏は大丈夫なのだろう。もしかしたら大丈夫でないのは、記事を読んでいる読者自身なのかもしれない。

2014年5月28日

05/28 【聴】 Miles in the Sky / Miles Davis, Columbia(CK65684)

IMAGE
いわずと知れた「ジャズの帝王」。トランペッター・マイルス・デイヴィスが電気楽器であるエレクトリック・ピアノをジャズに導入し、世間をあっといわせたという話題作。オリジナルは全4曲だが、CDには別テイク2曲を含む全6曲を収録している。メンバーはウェイン・ショーター(Tenor Sax)、ハービー・ハンコック(Piano, Electric Piano)、ロン・カーター(Bass)、ジョージ・ベンソン(Guitar)、トニー・ウィリアムス(Drums)。1968年録音。

電気楽器を導入し、ジャズにイノベーションをもたらそうとした、マイルス・デイヴィス。のちに「エレクトリック・マイルス」などと称される彼の挑戦は、本作が端緒となる。世間的にはエレクトリック・マイルスといえばまず最初に「ビッチェズ・ブリュー」が話題に上るが、当時の空気からすれば、本作リリースの衝撃は「ビッチェズ・ブリュー」をはるかに越えていたのだそうだ。なるほど、ハービー・ハンコックの弾く「電気ピアノ」の音色は、いわゆるピアノのそれよりもずっとスムーズかつ控えめ。振り返ってみれば本作のバッキング、たとえばピアノのスタイリッシュさや、抑制されたドラムなどはその後のフュージョン・サウンドに直結している。マイルスが時代の先鞭となり、チック・コリアがリターン・トゥ・フォーエヴァー(1972年)でブームに火をつけ、あとはフォロワーが大挙したという構図だろうか。

2014年5月27日

05/27 【読】 「渚にて(ネヴィル・シュート、創元SF文庫)」

「渚にて(ネヴィル・シュート、創元SF文庫)」

東西冷戦・1958年のベルリン危機の1年前に刊行。第三次世界大戦終息後の滅び行く世界を精緻に描いた近未来小説の傑作。邦訳は1958年が初出だが、今回は東京創元社の文庫創刊50周年記念として、2009年に新訳されたものを購入している。ちなみに作者であるネヴィル・シュートは1899年イギリス生まれ。航空機技術者、航空関係の実業家として成功した後、第一次世界大戦への従軍経験をもとにした冒険小説家としてイギリスではアガサ・クリスティらとならんで大きな支持を得ている。

ロシアからの核ミサイルの誤射によって引き起こされた第三次世界大戦。各国からのミサイルの反撃の連鎖によって、北半球諸国は死の灰に汚染され、北半球の生物のほとんどが死滅する事態となった。辛くも生き残った南半球の国々、オーストラリアや南アフリカ、ブラジルなどの人々は、残り少ない資源と停止した物流のなか、文明レベルを退行させながらもなんとか国家の維持を試みる。だが、地軸の傾きと自転によって死の灰は確実に南へと進行していた。絶望の状況のなか、不意にもたらされたアメリカからのモールス信号。無人となったはずの北半球でいったい何が起きているのか。外洋で戦火を逃れ、オーストラリアへと身を寄せていた合衆国原子力潜水艦「スコーピオン」は、謎のモールス信号の正体を探るべく、汚染された北半球への潜行を試みる。

・・・などと書くとこれがまた勇気凛々・意気揚々たる冒険小説の趣を感じさせるのだけれど、実際は冒険小説というよりも、人間ドラマといったほうがしっくり来る。「スコーピオン」の艦長、合衆国海軍軍人のドワイト・タワーズ大佐、オーストラリア海軍軍人でスコーピオンとの連絡を担当するピーター・ホームズ少佐の二人を軸に物語は進行。妻と二人の子供を合衆国に残し、故郷への帰還を望むタワーズ大佐と、妻と生まれたばかりの子供との生活をなによりも愛するホームズ少佐の周囲を巡る人間関係、心の動きが詳細に語られる。放射能によって汚染され徐々に秩序を失っていく世界の中で、それぞれに愛情を深めゆく二人の男性の姿に、人間にとって何が大切かが伝わってくる。読み終わった後ただただ深い悲しみと、愛情の気持ちとが残った。

2014年5月24日

05/24 【聴】 Ridge Racer 20th Anniversary Remix / V.A., Supersweep(SRNS-2001-1)

IMAGE
ナムコ(現在のバンダイナムコゲームス)の看板レースゲーム。家庭用ゲーム機のローンチタイトルとしても有名な"Ridge Racer"シリーズの誕生20周年を記念して制作されたリミックス・アルバム。Supersweepのサイトから直接購入した人はディスク2枚+ボーナスディスク1枚の3枚構成。Amazonなどで購入した人は2枚のみの構成となる。ディスク1は全12曲。ディスク2、ディスク3はそれぞれノンストップ・ミックスが3曲および1曲収録されている。

これまでに全12作が発表されている"Ridge Racer"シリーズ。本アルバムには初代から2曲、"2"から2曲、"Rave"から1曲、"Rage"から1曲、"Type 4"から2曲、"V"から1曲、"Ridge Racers"から1曲、"Rige Racer for Playstation Vita"から2曲がセレクト、リミックスされている。"6", "7"などから曲提供が無い理由は良くわからないが、亭主のような古いファンは、初期の作品のほうが音楽も、ゲームも良くわかっているためむしろありがたい。原曲のテイストは最小限に、全体的にゴージャスで、爽快なリミックスに仕上がっているあたりは好感が持てる。リミキサー陣にリッジ音楽の総プロデューサである大久保博、初期リッジサウンドチームだった"Sampling Masters(AYA, MEGA)、sanodg、J99らが参加しているのもうれしい。

一方、アルバム全体を俯瞰してみると、全体的に似たような曲調、似たようなテンションの曲が多いことは否めない。全曲を通じて粒がそろいすぎていて、起伏に乏しい、ある種退屈な作品でもある。この「似たようなテンション」の曲の多さはディスク2/3のリミックスに顕著。ディスク2は3人でそれぞれ20分、ディスク3は一つのトラックで60分と長尺だが、"Ridge"の曲ばかりをメガミックス的につないでいるため途中で飽きてくる。新曲・アンビエントな曲などを組み合わせたメリハリのあるアルバムに仕上げたほうがよかったのではなかろうか。

2014年5月21日

05/21 【聴】 Someday World / Eno Hyde, Opal|Warp|Beat(BRWP249X)

IMAGE
ブライアン・イーノと(アンダーワールドの)カール・ハイドのコラボによって生まれたエレ・ポップの快作。アンディ・マッケイ(ロキシー・ミュージック)、ウィル・チャンピオン(コールド・プレイ)、クリス・ヴァタラーロ(アンチバラス)ほか多くの実力派アーティストが飛び入りで参加している。Disc 1に9曲、Disc 2に4曲を収録。

そもそも本作は、イーノが30年来作り続けてきた未完成のトラックを再利用する、というアイデアのもと制作されたのだという。アフリカを意識したポリリズムを持つトラックを、長尺で延々とループしつつけるコンセプト。ところがハイドの参加によってこのコンセプトがどんどんとアグレッシヴな方向へと変化していったのだそうだ。ハイドが手弾きのギター・トラックを追加し、曲に歌詞がつき、ヴォーカルが参加し・・・その結果完成した作品は「歓喜溢れる」エレ・ポップだった。ちょっと聴きにはアンダーワールド的でもあるし、またイーノが以前に発表したポップ・ミュージックの作品にも似ている。しかし曲の幹であるリズム・トラックはどこか異形で、従来のポップ・ミュージックの枠から微妙に逸脱している。

2014年5月18日

05/18 【聴】 Jazz Giant / Bud Powell, Verve|Universal(UCCU-6039)

IMAGE
ニューヨーク生まれの天才ジャズ・ピアニスト、バド・パウエルが1949,50年に遺した名演13曲を1枚のアルバムに集約した作品。参加アーティストはレイ・ブラウン(b)、カーリー・ラッセル(b)、マックス・ローチ(ds)。

バド・パウエルといえばジャズ・ピアニストの中でも特に難解というのがどうやら世間の認識らしい。亭主は大学生の頃、偶然CD店で見かけたバド・パウエルの演奏を好んで聴いていたのだが、当時懇意にしていた某大ビッグバンド研のK氏からは初心者向けとして「セロニアス・モンク」が良いとのアドバイスを貰っていた。確かにバド・パウエルの演奏は内に秘めたものが多く「素人受け」する曲は意外と少ない。亭主自身は「チュニジアの夜」がお気に入りだったが、モノラルの録音は必ずしも音質がよろしくなく、またバド自身がなにやら演奏中に唸っているのが聴こえてみたり、途中で演奏を止めてみたり(おそらくオリジナルの録音テープが切れたのだと思う)と状態があまりよくなかったのは気になるところだった。

残念ながら本作の音質もまたあまりよろしくないのだが、バドによる疾風怒濤の演奏、指が縦横無尽に鍵盤上を動き回るそのエネルギーを充分に感じることができる。ときに流麗に、また時に挑発的に奏でられるピアノの調べは、1940~50年代という時期にかかわらず非常に現代的であり、また洗練されている。

2014年5月15日

05/15 【聴】 Alive and Well in Paris / Phil Woods and His European Rhythm Machine, EMI(TOCJ-5087)

IMAGE
1931年マサチューセッツ州はスプリングフィールド生まれ。チャーリー・パーカーに傾倒し「白人パーカー」とも称されたアルト・サックス奏者フィル・ウッズの1968年作品。当時多くのジャズ・アーティストがヨーロッパへと移り住んだそうで、ウッズもまた1967年に渡欧、「ヨーロピアン・リズム・マシン」なる強力なリズム隊を結成したのだという。

メンバーはウッズのほか、ジョルジュ・グルンツ(piano)、アンリ・テキシェ(bass)、ダニエル・ユメール(Drums)。凶弾に倒れたロバート・ケネディの死を悼んで書いた曲"And When We Are Young(邦題:若かりし日)"や、オリバー・ネルソン作曲のスタンダード"Stolen Moments"など5曲を収録している。非常に押し出しの強い、メリハリのあるサックスの音、パワフルな音色が聴き手を圧倒する。音楽としてはもちろん、オーディオとしても面白い(再生のお題となる)アルバムといえるだろう。「若かりし日」のむせび泣くようなサックス、"Freedom Jazz Dance"で放たれる音の塊、"Stolen Moments"のエネルギーの高まり、いずれも非常に「ジャズ」らしく、また「オーディオ」らしい。

ちなみに本作はヨーロッパで録音されたそうで、当時は「ヨーロッパ盤は音が良い」などと話題になったようだ。CD盤はこれにさらに24bitデジタルリマスタリングを施し音質に磨きがかかっている。

2014年5月14日

05/14 【聴】 Up, Up and Away / Sonny Criss, Prestige|Victor(VICJ-60286)

IMAGE
1927年、テネシー州メンフィス生まれのサックス奏者。ロサンゼルスを中心に活動、その後欧州へ渡る。1966年にアメリカに戻った後はハード・バップ・リヴァイヴァルの中心的役割を担ったソニー・クリスの1967年作品。タル・ファーロー(Guitar)、シダー・ウォルトン(Piano)、ボブ・クランショウ(Bass)、レニー・マクブラウン(Drums)のクインテット。全6曲。

ハード・バップの雄として名を馳せたソニー・クリスだが、本作では非常にポップで、かつスウィングの効いたサックスを聴かせる。押しの強いサックスの音色にもかかわらずバタ臭さを一切感じず、むしろジャズの面白さ、楽しさを率直に感じる作品へと仕上がっているあたりがソニーの実力のなせる技、だろうか。彼が少年時代傾倒したといわれるチャーリー・パーカーの"Scrapple from the Apple"は、クインテットという人数以上に厚みを感じさせる迫力の作品。ソニーによるサックスの連射、めまぐるしく変化して一時もその場にとどまらない変幻自在のビ・バップ・プレイはついつい聴く人をジャズの世界へと引きずり込んでしまう。古いスタンダード「柳よ泣いておくれ」、ポップ・グループ、フィフス・ディメンジョンのヒット曲「アップ・アップ・アンド・アウェイ」のカヴァーなど曲数の少なさを感じさせない盛りの良さもまた魅力のひとつと言える。

2014年5月13日

05/13 【聴】 Now He Sings, Now He Sobs / Chick Corea, Blue Note(7243-5-38265-2-9)

IMAGE

ジャズ・ピアニスト・チック・コリアの出世作。スタン・ゲッツやマイルス・デイヴィスのアルバムへの参加でそれまでにも注目はされていたものの、本アルバム発売当時における注目度の高さ、人気は特筆ものだったそうだ。ミロスラフ・ヴィトウス(Bass)、ロイ・ヘインズ(Drums)のトリオ構成。全13曲、1968年六音。

チック・コリアといえば、ブラジル音楽を取り入れた「リターン・トゥ・フォーエヴァー」がことに有名。フュージョン・サウンドのさきがけとして、またフュージョン・ブームの中心的アーティストとして時代の寵児となったことは言うまでもない。しっとりと、しかし軽やかさを併せ持ったコリアのピアノは本作でもいかんなく発揮されていて、聴いているとなんだか心まで軽くなる。ブラジル音楽を取り入れたか否かにかかわらず、その軽快なタッチは人の心を快活に、陽気にさせてくれるようだ。

ちなみに亭主の購入したアルバムは、未発表曲などは一切無し、オリジナルアルバムに忠実な構成となっている。13分という長尺の"Steps / What Was"から2分28秒の"The Law of Falling and Catching Up"まで曲のバリエーションも豊富。

2014年5月11日

05/11 【聴】 Two Sides of Laraaji / Laraaji, All Saints(WAST038CD)

IMAGE

ブライアン・イーノのオブスキュア・レーベルからのアルバムリリースがことに有名。アンビエント・ミュージックの大家であるLaraajiの旧作2枚を、パッケージ化・再発したお得盤が本作・1992年リリースの"Flow Goes the Universe"と、1995年リリースの"The Way Out is the Way in"(Audio Activeとの共作)がパッケージ化されている。ところでなぜAudio Activeとの作品がわざわざ再発となったのかは、不明。亭主は"The Way~"を所有しているので今回は"Flow Goes~"のレビューとなる。

25分におよぶアンビエントの大作"Being Here"から、2分30秒あまりの小品"Immersion"まで、全8曲を収録したのが本作。洞窟の中を水が滴る"A Cave In England"、ジターの爪弾きが美しい"Zither Dance"など、親しみやすいアンビエントが多いのが特徴だろうか。なかでもジターはLaraajiの作品の多くに使われている。空間を描写する残響音と、背後で奏でられるジターとの組み合わせに、ああ「Laraajiの作品らしいなぁ」と不思議な安堵感にとらわれる。"Mbira Dance"で使われているカリンバの素朴な爪弾きといい、先に述べたジターといい、Laraajiの曲は「誰が作った」といわれずともすぐに判る。ミニマルに走りすぎ、あるいは「匿名性」にこだわりすぎて没個性的になりがちなアンビエントにあって、Laraajiの曲の個性は特に貴重といえる。文句なしに名盤。

05/11 au Apple iPhone 5S(64GB)

本日、午前中に少し時間ができたので、auショップに行ってiPhone 5(64GB)から5S(64GB)へと機種変更してまいりました。

昨年の5月にiPhone 5を購入、端末の支払いがあと1年残っていた状態での機種変更でした。幸い、iPhoneの下取りプログラムがあったこと、契約の一部を見直したことで支払いの残額はかなり相殺されまして、心配していたよりも支払いは安く済みそうです。

今回、iPhone 5S(64GB)を購入した直接の動機は、iPhone 5の電源ボタンの不具合に起因するリコールがあったから。調べてみますと亭主のiPhoneも交換対象になっておりました。ただ、交換となりますと代替機が用意されるまでそれなりに時間がかかるようですし、現状不具合がおきていないのに交換、というのもなんとなくおかしな感じがします。世間ではiPhone 6のリリースが噂されていて、いまあえて5Sにする理由もないよなと、なんとなく考えていたのですが

そこは、それ。

一旦物欲が膨らみ始めると、収めるのはなかなか難しいもので、なんだかんだと無理やりに理由を考え付くもののようです。

5Sはプラチナバンドと呼ばれる800MHz付近の周波数帯でのLTE通信に対応するため、高速通信が可能な範囲が5よりも広いとか。

高速のA7プロセッサを採用し、5のほぼ倍のCPUパワーを持つとか。

一方で省電力化も進み、電池のもちが+20%程度よくなったとか。

そういえば最近5の日本語入力がちょくちょくハングアップしていて、メールを打つのが苦痛になっていました。5Sになれば少しは解消するのだろうかとぼんやり思っていたらいてもたってもいられなくなり、

auショップに駆け込んだというわけです。

--

そもそもiPhone 5と5Sの違いは、800MHzでのLTE通信、高速A7プロセッサ、電池の持ちの改善などといった違いのほかにはほとんどありません。目で見てすぐわかるのは、ホームボタンに指紋認証機能がついたこと、カメラに連射機能がついたことくらいでしょうか。
ともあれ、自宅のiTunesで5の内容を全てバックアップしてからauショップに行き、新たに貰ってきた5Sでその内容を書き戻せば機種変更は完了。これがAndroid機だったならばかなりの部分を手動にて設定しなければならなかったことでしょう。iTunesを中心に、iPhone、iPad、iPod、音楽やビデオなどを統合的に管理できるAppleのエコシステムの完成度の高さは特筆に価します。iPhoneユーザがなかなかAndroidへと移りたがらないのは、こういったエコシステムがしっかり完備されているからなのでしょうね。

iPhone 5と5Sの違いおよび5Sの特徴についてはengadgetが詳しいので、こちらにリンクを貼っておきます。

--

そんなこんなで、iPhone 5S。

使い勝手はほとんど5と同じ、アプリも、壁紙も、あらゆる設定が5からの引継ぎということで、まったく違和感がありません。買ってよかった、という実感は沸かないものの、これまでの使い勝手が継承されているため、使い始めからとても快適で、すぐに使いこなすことができました。

巷ではちらほらとiPhone 6の話題も出てきているようですが、Appleに限らず、デジタルガジェットはとかく初期不良・トラブルが多いようです。急いでiPhone 6に乗り換えず、トラブルがほぼ出尽くした5Sを使うほうが、個人的にはストレスが少なくて良いと思いますが、果たして。

2014年5月 9日

05/09 【読】 「HOSONO百景~いつか夢に見た音の旅~(細野晴臣、中矢俊一郎編、河出書房新社)」

 「HOSONO百景~いつか夢に見た音の旅~(細野晴臣、中矢俊一郎編、河出書房新社)」

音楽家・細野晴臣が、自身の歩んで来た人生をそのときどきの音楽体験とともに振り返ったエッセイ集。2014年3月刊行。

本書のざっくりとしたコンセプトは「旅」。幼少から現在に至るまで、細野氏が訪れた(あるいは夢に見た)様々な土地や風景をテーマに、テーマにまつわる音楽を次々と紹介している。エイプリル・フール、はっぴいえんど、YMO、Sketch Show、Human Audio Sponge、あるいは自身のソロ活動当時のエピソードや楽曲を紹介することもあれば、その土地に根ざした音楽、その時代にまつわる音楽を語ることもある。

とはいえ、精神世界への旅、宇宙や未知の世界への憧れを話題にすることもあるので「旅」というテーマも実はかなり曖昧。話題のうつろうまま、心の赴くままに記憶を辿り、記憶のレコード棚から音楽を引き出しているという感じもする。細野氏の作品に対する裏話、作品に隠された真意が語られる場合もある一方で、ファンならばよく知っているエピソードもたびたび引き合いに出されるので、まるで古い書物を読んでいる、そんな面持ちになることもしばしばだ。特に細野氏の音楽を語る上でキーとなる作品、たとえば"Omni Sight Seeing", "Medicine Compilation", "Tokyo Frankfurt-New York", "Hosono House", "HAPPY END"などについては川勝正幸氏による特別インタビューとしてまとめられている。特に"Medicine"や"Tokyo-"はこれまで語られることが少なかった作品だけに、細野氏の語りもどこか新鮮に感じられる。

なお本書で紹介された音楽、アルバムは、欄外にその詳細が記されていて、ちょっとしたディスク・ガイドとしても使うことが出来る。興味のある方はぜひ細野氏の音楽遍歴を過去から現在に(あるいは現在から過去へと)たどってみてはどうだろうか。(2014.05.09)

2014年5月 6日

05/06 【聴】 Ridmik / Luke Vibert, Hypercolour(HYPECD002)

IMAGE
90年代にはコーンウォール一派としてAphex Twin、SquarepusherらとともにUKテクノの一翼を担い、Wagon Christ、Plugなどの名義でも活動するLuke Vibertの最新作。Mike Paradinas(μ-Ziq)が主宰するPlanet Muからのリリース(レーベルはHypercolour)、全11曲。

全体的にはファンキーなエレクトロニカ。ビヨビヨとしたシンセサウンドからはアシッドの成分、ハネるようなリズムからはヒップホップな成分がいくらか滲み出しているような気がしないでもない。どこか人を食ったような、明るい曲調が彼の通常運転。いわゆるキラー・トラックと呼べるものがなく小品集という印象は否めないものの、多作で知られる彼にとって本作は一つの通過点に過ぎないのだろう。曲名もどこか人を食ったものばかり。"Acrobot"、"Proper Gander"など由来はわからないものの、つぶやいているとなにやら愉快な気分になる。

2014年5月 3日

05/03 【聴】 Concert by the Sea / Erroll Garner, Sony(SICP-30232)

IMAGE
アメリカはペンシルヴァニア州ピッツバーグ生まれ。ピアニストとして、もっぱら自身のトリオで活動したエロール・ガーナーの1956年作品。エディ・キャルホーン(Bass)、デンジル・ベスト(Drums)のトリオ編成、1955年にカリフォルニアで録音したライブを収録している。全11曲。

流麗で、快活。ラグタイムのような溌剌さを見せたかと思えば、「枯葉」ではしっとりと叙情的な演奏を聴かせるガーナー。格別に「ジャズっぽい」というわけではないが、かといってピアニスト然とした孤高さを感じるでもなく、非常にバランスのとれたピアノが楽しめる。ジャズ喫茶いーぐるの店主・後藤氏の著書によればガーナーのピアノには、タッチの際に思い切りタメを聞かせることで、独特の躍動感を生み出しているという(ジャズ喫茶四谷「いーぐる」の100枚、集英社新書)。ピアノ・トリオでありながらアルバム全体の雰囲気をガーナー自身が掌握していて、演奏によっても、また曲によっても雰囲気が180度変わる。結果として非常に起伏のはっきりした、楽しいアルバムへと仕上がっている。

2014年5月 2日

05/02 【聴】 Four & More / Miles Davis, Sony(SICP-30220)

IMAGE

トランペッター・ジャズの帝王と称されるマイルス・デイヴィスの1966年作品。ジョージ・コールマン(T.Sax)、ハービー・ハンコック(pf)、ロン・カーター(Bass)、トニー・ウィリアムス(Drums)の編成、1964年2月12日、NYはリンカーンセンター、フィルハーモニックホールでのライブの演奏を収録したもの。オリジナルは全6曲だが、再発にはメンバー紹介を含む"Go-Go"の2バージョンを含む8曲が収録されている。

亭主はこれまで、マイルスのアルバムをわりと漠然と聞き流していた。わりと初期から後期まで、完璧ではないものの要点は絞って聞いてきたように思うのだが・・・心の琴線にひっかかるというか、聴きに聞いたというアルバムはこれまで無かったように思う。たいしてこのアルバムは、購入以来なにかに付けて聴き、車ではリピートで聞き、電車での移動中も聞くというヘビーローテーションぶり、1ヶ月も経たないうちに、他のマイルスのアルバムを聞いた回数をはるかに越えて聞き込んでいるようだ。トニー・ウィリアムスの高速ドラミング、ハービー・ハンコックの踊るようなピアノ、そしてジョージ・コールマンとマイルスが双璧を成すホーン―――ジャズの楽しさ、面白さがこの1枚に集約されているから―――いや、違うな。上手く説明できる自身が全く無いまま説明を試みるとするならば、全てにおいて「丁度良い」からなのだ。「ビッチェズ・ブリュー」のように突き放したような前衛でもなく、かといって「スケッチ・オブ・スペイン」のように理解しやすい作品でもない。適度にスリリングで、適度に親しみやすく、適度にスノッブであり適度に判りやすい。長からず短からず、ミニマルでなければ豪奢というわけでもない。この中庸さ、加減のよさが本作の魅力といったら伝わるだろうか。

ちなみに再発盤には、メンバー紹介のトラックが含まれている。このメンバー紹介もまた非常に気が利いているというか、親しみやすさを演出している。再発盤のほうがさらにライブ感を感じられて良いのではなかろうか。

2014年5月 1日

05/01 【聴】 Magnetica / Quantic, Tru-Thoughts|Beat(BRC-415)

IMAGE

現在はコロンビアに活動の拠点があるUK出身のDJ/クリエータ、Quanticの最新作。ヴォーカルにAlice Russell、Pongo Love、Dereb the Ambassador、Nidia Gongoraらをフィーチャーし、クロスオーバーなサウンドを聴かせる。国内盤は全15曲。

これまでは中南米系のサウンドに傾倒してきたQuantic。ラテン系サウンドをフィーチャーしたダンス・トラックを製作したほか、地元のバンドやヴォーカリストらとともによりディープなラテン・ミュージックを指向してきた。これに対して本作は、そんな中南米への指向を全世界へと拡散。サルサやカリプソ、レゲエなどといった音楽のみならず、その食指をアフリカや西欧にまで伸ばしている。特に特徴的なのはM5 "Arada feat. Dereb the Ambassador"。フェラ・クティあたりを思わせるアフロ・ビートと思いきや、これが日本の演歌に非常に近い。ダンチョネ節のようなメロディ、こぶしのきかせ方、ヨナヌキの音階が日本人の耳にはかなり下世話な大衆音楽に聴こえるから不思議だ。アフリカ音楽と日本の大衆音楽が苦も無く接続されてしまう手腕は、Will Hollandのものか、それとも単なる偶然か。いずれにせよ世界の音楽をいともかんたんに横断してしまう彼の天才ぶりには驚かされる。

UKハウスから始まった彼の音楽遍歴は、この作品を聴く限りは中南米で終わりそうも無い。これから彼がどこにいくのか、どんな音楽を作り出していくのかは引き続き注目していきたいところだ。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。