2014年7月アーカイブ

2014年7月30日

07/30 【食】 ラーメンのしめ(濃厚塩チャーシューメン、日立市久慈町)

20140730noshime.jpg

日立市内国道6号線石名坂交差点を海方向へ。右側にあるラーメン・餃子の専門店。何年か前から開店していたようだが、亭主は今回初めて入った。スープの味は、大きく分けて、あっさり味の醤油、味噌、塩と、(あっさりと比べて)こってり味の濃厚醤油、濃厚味噌、濃厚塩の6種類。今回は濃厚塩チャーシューメンを注文した。

ちなみに常陸多賀にあるラーメン店、めんかくぼうの2号店とのこと。

--

塩ラーメンといえば、大学1年生の頃、浦和駅東口の中華食堂で食べた塩ラーメンを思い出す。親からの仕送りで暮らしている身としては、そう度々外食が出来たわけでもないが、月に1度くらい、気が向いたときに食べていた。当時塩ラーメンの専門店などというものはなく、あくまでもラーメンのバリエーションの一つであった。たいした具が入っていなかったからか、食堂のメニューの中で一番安かった。亭主が塩ラーメンを好んで食べていたのは、なにより財布に優しいからだったにほかならない。

安いから、ということで食べ始めた塩ラーメンだったが、すぐにこのラーメンの奥の深さに気がついた。なにしろスープに塩味がついているだけのラーメンである。スープが手抜きであれば単なる塩辛いだけのラーメンとなってしまう。単純なラーメンと思っていたがなかなかどうして、実はかなり力を入れて作らないと、アラばかりが目立つラーメンになってしまうのだなと感じ入ったことを覚えている。

--

ところでのしめの濃厚塩チャーシューメン。この日は非常に暑い日だった、ということもあるのだろうが、味付けが非常に塩辛かった。濃厚なスープはおそらく鶏がらや魚介から作ったのだろう。ところがスープの味がよくわからないほどに塩辛い。麺はかるくウエーブのかかった標準的な太さの中華麺。麺がスープによくからむばかりに、麺もまた塩辛く感じてしまう。個々の素材としてはとてもおいしいと思うのだが、塩味が強いおかげで味をじっくり分析する余裕がなかった。当然スープもほとんど残してしまった。外でたくさん汗をかいていた人向けのサービスなのかもしれない。

2014年7月29日

07/29 【聴】 Techno Recital / Yukihiro Takahashi, Universal(TYCT-69022)

IMAGE
高橋幸宏を中心とした6人のユニット「高橋幸宏&METAFIVE」のライブアルバム。2014年1月17日、EX Theater Roppongiにて開催されたライブの模様を、オーディエンスの歓声入りで収録している。ちなみにMETAFIVEのメンバーは、小山田圭吾、砂原良徳、テイトウワ、ゴンドウトモヒコ、LEO今井。なんだこの豪華すぎるメンバーは。全16曲。

ユキヒロさんのソロ作品、あるいはYMOやSketch Showなどのユニット/プロジェクトのアルバムからセレクトしたベスト的アルバム。"Cue", "Ballet", "La Femme Chinoise"などはYMOから、"Radio Activist"、"Still Walking to the Beat"、"Disposable Love"、"Drip Dry Eyes"などはソロ作品からと、過去から現在まで満遍なく収録している。コアなファンならばイントロ2~3音で判る曲ばかり、原曲にかなり忠実に再現しているのはうれしいところ。一方で、シンセを用いたエフェクトも多用していて、時々曲がエレクトロニカ風味になる。この味付けはおそらくテイトウワによるものと思われる。センスのよさに腰が抜ける。

一方、これらユキヒロさんの作品群を「テクノ」と呼ぶのには若干抵抗がある。かつてYMOや「ニウロマンティック」などで指向した音楽を大きな括りとして「テクノポップ」と呼ぶのは良いとして、「テクノ」はまた別のジャンルとして存在すると、亭主の内なる心が叫んでいる。もっとも、YMO当時はこのジャンルをテクノと言って全く問題なかったのだが・・・テクノにうるさいMETAFIVEの皆さんがヨシとするならばよいか。

2014年7月27日

07/27 【聴】 Somethin' Blue / Chihiro Yamanaka, Bluenote|Universal(UCCQ-9009)

IMAGE
ジャズ・ピアニスト山中千尋の最新作。ニューヨークを拠点に活動を続ける彼女の次なる試みは、トランペット、サックス、ギターを含めた6人編成。表題作"Somethin' Blue(山中)"ほか、"I Have a Dream(Harbie Hancock)", "Un Poco Loco(Bud Powell)", "Funiculi Funicula(Luigi Denza)"含む全11曲。なお限定盤には"On the Shore", "Somethin' Blue"の映像を収録したDVDが添付されている。

これまでトリオによる演奏が多かった山中千尋。今回はトランペットにBenny Benack III, サックスにJeleel Shaw、ギターにLage Lundを迎え、さらにジャンルの幅を広げている。"Somethin' Blue"、"Orleans"などではピアノはむしろサポートにまわっており、サックスやトランペットのパワフルな演奏が特徴的。"I Have a Dream"におけるフルートとピアノの共演はクロスオーバーを意識しており、実にハービーらしい。山中千尋らによる演奏もまたハービーのソウルを見事に受け継いだバージョンとなっている。

2014年7月24日

07/24 日々雑感

サイトリニューアルを図ろうと、アイデアを種々練っている。

アイデアの一つに、「フラットデザイン」がある。iPhoneなどで採用されている凹凸のないシンプルなユーザインターフェースは亭主が以前から好むところ。実際、「どむや」のサイトは、シンプルという観点からすればフラットデザインと見えなくもない。当初の構想として、メンテナンスのしやすさを優先しただけなのだが、同時に飽きることのないデザインにも仕上がっているようで、なかなかサイトをリニューアルできずにいる。

フラットなデザインを理解する上で知っておきたい5つのポイント -Principles of Flat Design(Coliss)

上記リンクに記載のポイントを抜粋すると、

  1. エフェクトは加えない
  2. エレメントはシンプルに
  3. タイポグラフィにフォーカスを合わせる
  4. カラーにフォーカスを合わせる
  5. ミニマリストのアプローチ
の5点になる。1-2あたりはすでに実施済。3-4は、和風の書体と、小豆色を主体としたカラーデザインとして、ごく一部を実装している。ただ、タイポグラフィにせよ、カラーにせよ、もっと積極的であってもいい。

--

亭主が高校生のころ、美術の授業で、手の彫刻をつくったことがある。自分の手をお手本に、ノミを使って角材から自らの手の形を彫りだす授業。失敗をおそれた亭主、角材をちまちま削っていたのだが、それを見かねたであろう美術の教師がおもむろに亭主のところにやってきて、亭主の角材とノミを持つやいなや、すこーんと大きく削ってしまった。

当初はえらいことをされた、大胆に削られてしまったと思ったのだが、良く見ると大胆に削った結果、削り出された手に動きが生まれ、作品そのものが生き生きと輝き始めたようにも見えた。以降亭主が何かを決めるときは、多少大げさでも良い、やりすぎでもよいから、大胆に動くように心がけている。

--

あえて改良するならば、3のタイポグラフィと4のカラーあたりだろうか。もう少し考えてみたい。

2014年7月23日

07/23 【読】 「ランドセル俳人の五・七・五(小林 凜、ブックマン社)」

「ランドセル俳人の五・七・五(小林 凜、ブックマン社)」

2001年5月、大阪生まれ。小学校時代に酷い虐めを受け不登校となった筆者が、8歳から11歳までの間にしたためた俳句をまとめたもの。虐めの苦悩、四季折々の自然の風景、あるいは人々との交流などが、小学生らしい斬新な視点によって詠まれている。全78ページ。なお本書には筆者の母親ら関係者による経緯の説明、エッセイなどを含む。2013年4月刊行。

俳句と出会った筆者が、新聞への投稿・入選を経て、俳句を自らの自己表現の場と定めた経緯が詳細に記されている。事なかれ主義を通した学校側との対立、同級生らによる陰湿な虐めなど地獄のような日々から逃れた筆者。だが、学校の外側にははるかに広く、おおらかな世界と人々が待っていたのだという。小学生という枠をはるかに超えた人々との交流、学校生活では決して味わうことのできないヴィヴィッドな体験は、彼を着実に成長に導いている。斬新な視点とヴィヴィッドな感性によって彩られる俳句の数々、しかし一方でオーソドックスな俳句のフォーマットをもしっかりと継承している。練達な言い回しに小学生ならざる才能を感じる。 虐めの日々を詠った俳句が多いのは、彼自身の心の傷の深さを反映してのものだろう。彼の置かれた境遇に思いをめぐらしつつ、興味深く読むことができた。

筆者の句のなかから、特に亭主が心に残った句を、いくつか書きとめておく。

「ぬかるみに車輪とられて春半分」
「煌煌とまた煌煌と月見どき」
「携帯の音かき消して蝉しぐれ」

あらゆる光景が、小学生の感性を介して17文字へと問答無用で流れ込み、見事な小宇宙を成す。

2014年7月21日

07/21 【聴】 Look to the Rainbow / Astrud Gilberto, Verve|MGM(821-556-2)

IMAGE
1940年ブラジル生まれ。夫であったジョアン・ジルベルトとともに録音した「イパネマの娘」が大ヒット、ボサ・ノヴァの女王として知られるアストラッド・ジルベルトの1966~67年作品。ボサ・ノヴァのスタンダード「ビリンバウ」や、アントニオ・カルロス・ジョビンの「フェリシダーデ」「フレーヴォ」、マルコス・ヴァーリの「さびしい人生」などを含む全17曲。

ギル・エヴァンスらがアレンジに加わっているものの、全体としてはボサ・ノヴァ色の極めて強いアルバム。アストラッドの物憂いヴォーカル、素人臭いが身近に感じられる歌い方が心に染み入る。2~3分前後の曲がつぎつぎと現れては消えていくあっさりした構成に一抹の寂しさを感じられる人もいるだろう。いわゆる「サウダージ」と呼ばれる感覚、ラテン世界の陽気さとは一線を画する寂しさを楽しむことが出来れば、本作はより味わい深いものとなる。

なお本アルバム、デジタルリマスター盤などは発売されていないようで、亭主自身かなり聞き込んだと思われる中古盤を購入している。全体にクタビレたスリーヴと、手垢のつきまくったCDに「もう少しクリーニングしろよ」と文句をいいそうになったが、このCDを売った人はかなり本作を聞き込んでいたにちがいない。売主のアルバムに対する思い、アルバムを売る経緯などを思いつつ、クーラーの効いた部屋でしみじみと聞いている。

2014年7月20日

07/20 【聴】 ピカピカふぁんたじん / きゃりーぱみゅぱみゅ, Warner(WPZL-30870,1)

IMAGE

おなじみきゃりーぱみゅぱみゅの最新作。プロデュースはいわずとしれた中田ヤスタカ、CMタイアップ曲「ゆめのはじまりんりん」「もったいないとらいんど」などを含む全12曲。なお本作ではCapsuleのアルバム"Lounge Designers Killer"より"po po pi do"がカヴァーされている。限定盤には前作「なんだこれくしょん」のワールドツアーの様子を収録したオフィシャル・ドキュメンタリー映像を含むDVDが添付される。

どこまでも陽気で、かわいらしいデジタル・ポップ。きゃりーの魅力を最大限に引き出すトラックの数々は、コンサバになりすぎず、かといって聴き手を突き放すでもない絶妙なバランスで作られている。これまでの作品に比べるとタイアップ曲は控えめ、ごく短い時間にインパクトをもってくるCM曲のテクニックも最小限で、じっくりとコシを据えて聴く曲が多い。そもそも音楽性にせよキャラクターにせよしっかりとイメージを確立しているきゃりーであるから、あらためて奇抜な曲でキャラを作る必要がないのだろう。奇抜さを押さえたためか非常に堅実な内容、好感が持てる。

2014年7月18日

07/18 【聴】 High Life / Eno Hyde, Warp|Opal|Beat(BRC-427)

IMAGE

ブライアン・イーノとカール・ハイド(アンダーワールド)によるユニット"Eno Hyde"のアルバム第2弾。4月に発売された"Someday World"の続編という位置づけだろうか、アンビエント/エレクトロニカの要素を多分に含む、メロウなデジタル・ポップ。全7曲。

アップテンポなビートと豪奢なアレンジが印象的だった"Someday World"の世界観を補完するかのような、味わい深いサウンド。あちらが「陽」ならばこちらは「陰」なのだろうか、いや作品としては決して暗くなく、むしろロマンティシズムに溢れているといっても良いくらいだ。カール・ハイドが奏でるギターがアルバム全体をポップに仕上げる一方で、イーノの艶のある(しかしどことなくつっけんどんとした)ヴォーカルが作品の陰影を際立たせている。それにしてもこの作品リリースのペースはスゴイ。リリースする作品、ひとつづつはわりと小粒なのだが、これだけタイトルを連続させるともはや無視できないというか、常に彼らの作品に注目せざるを得なくなる。アイドルが何かのCMタイアップで制作した曲を間髪入れずにシングル化することはよくあること。ただしイーノのような超ベテランアーティストが、イキオイに任せてアンビエント/エレクトロニカのアルバムを連続リリースするというのは奇跡に近いのではなかろうか。

2014年7月17日

07/17 【読】「小暮写眞館(下)(宮部みゆき、講談社文庫)」

「小暮写眞館(下)(宮部みゆき、講談社文庫)」

ミステリ作家として、またゲームのノベライズや妖怪・時代小説作家としても活躍する宮部みゆきが、講談社創業百周年記念として2010年に書き下ろした作品。どこにでもいる高校生の少年を主人公に、様々な人々の人間模様を描く現代ミステリ。

家族とともに、古い写真館つき住居に引っ越してきた高校生・花菱英一(花ちゃん)。容姿・頭脳・運動神経ともに平均レベル、サラリーマンの父というなんら特徴のない彼の日常は、一人の女子高生がもたらした一枚の写真から変化し始める。かつて写真館で撮られたという古い写真、その中には本来ありえない場所に女性の顔が浮かぶ、いわゆる「心霊写真」だった。写真の謎を解くべく動き出した英一。ツテをたどっての地道な調査は、やがて英一と、彼の周囲の人々を巻き込んだ静かな「事件」へと発展していく。

発展していく。

上巻に2つのエピソード、下巻に2つのエピソード。あわせて4つのエピソードから構成されている。下巻では、心霊写真探偵(心霊探偵ではない)としてすっかり世間的に認知されてしまった英一が、新たな不思議写真の鑑定を引き受けるところからスタートする。ただし物語は上巻からさらに複雑化する。不思議写真の鑑定に小暮写真館の謎、英一の家族や周囲の人間関係がモアレのように重なり、複雑な模様を描く。英一がこの模様の全てを解き明かせるかどうか、が下巻の主な主題となる。彼が行き着く先はいったいどこなのか、それは読んでのお楽しみ。

巻末の宮部氏へのインタビュー含む解説によれば、宮部氏自身は本作を「ミステリ」というよりは「現代小説」と位置づけていたという。たしかに、本作には明確な被害者も、また事件らしい事件もない。あるのはお騒がせな心霊写真、それとてけして不気味なものではなく、むしろ「不思議写真(上にも書いたが)」といったほうがしっくりくる。これまで現代小説で凄惨な事件ばかりを書いてきた著者、かなりお疲れだったようで、本作を執筆するにあたっては楽しんで書くことができたようだ。読み終わってふぅと息をついて、頭の上にラストの光景を思い返してみれば、本作はミステリというよりも青春小説。青春の思い出を遠い過去へと置いてきた亭主には、彼らの悩みすらうらやましくみえてしまう。上巻だけ読んで投げ出した妻は、はたしてこの感覚を受け入れてくれるだろうか。勧善懲悪、人生大逆転の大団円が大好きな妻にこのよさが判ればよいのだが。

2014年7月15日

07/15 【聴】 A Day in the Life / Wes Montgomery, CTI|A&M|Verve|Universal(UCCU-6016)

IMAGE
天才ジャズ・ギタリストとして話題を呼んだウェス・モンゴメリー1967年の作品。ビートルズの楽曲"A Day in the Life"、パーシー・スレッジの大ヒット曲「男が女を愛するとき」など、ポップスやロックを大胆にカヴァーした内容は、当時大きな反響があったという。プロデューサーはクリード・テイラー。ピアノにハービー・ハンコック、ベースにロン・カーター、ドラムにグラディ・テイトらが参加している。なおモンゴメリーは本作のヒットを契機として以降ポップス寄りの作品を多くリリースしたという。全10曲。

これがジャズか?と問われても、亭主自身まったく確信が持てない。原曲はジャズに対するカウンターカルチャーという位置づけであったロックやポップス、ジャズ・アーティストらが楽団に名を連ねているもののアレンジそのもは非常にスムーズで、ストリングス・アレンジなどはパーシー・フェイス・オーケストラを思わせる。ジャズからポップへの大胆な架橋が、モンゴメリーの悪仕掛けによるものなのか、それともテイラーの戦略なのかはわからないが、あえてポップへと寄り添った内容は当時としてもかなりの冒険、リスナーたちもかなりの戸惑いをもって聞いたに違いない。内容は決して悪くない。いや、悪くないどころかフュージョン・サウンドの一形態と聴けば非常に上質でもある。

それでもやはり躊躇してしまうのは、本作がジャズという枠組み・歯止めをはずした「なんでもありサウンド」に聴こえてしまうからだろうか。

2014年7月13日

07/13 Waterman Expert Essential Black GT

本日所要にて白金高輪に行っておりました。

帰りにちょっと時間があいたため、以前から行きたかった銀座の伊東屋に立ち寄り、Watermanの万年筆Waterman Expert Essential Black GTを購入。

20140713waterman.jpgWatermanを選ぶ前は、BobさんオススメのParker Ingenuityを狙っていました。ただお店で実際にIngenuityや、ほかのParkerの万年筆を試し書きしていたところでは、Parkerというブランドは筆圧の強い亭主の手にはどうも馴染まないようで、ペン先が常にザラザラ、ごりごりとして落ち着かないのですね。お店の人にいろいろ選んでもらった結果、Watermanが一番書きやすかったという次第。さてではデザインはどうしましょうということで、一番万年筆らしい、ペン先が金色に輝くモデルを買いました。インクの色もまた万年筆らしいブルーブラック。これから仕事では、これをメインに使っていく予定です。

それにしてもお店のショーケースにはありとあらゆるメーカの万年筆が並んでおりまして、見ているだけで楽しいというか、楽しすぎて眩暈が起きるほどでした。お店の人との試し書き、いろいろなモデルを書き比べてみることで、自分の嗜好、自分の筆記に対するこだわりが見えたようで、非常に面白い経験でした。

いい歳になったんだし、いつまでも景品で貰ったペンでもなかろうと。万年筆生活は、まずはここからスタートです。

どうぞ、よろしく。

07/12 【読】 「犬の心へまっしぐら~犬に学び、共感し、人間との完璧な関係を築くために~(アンジェロ・ヴァイラ、中央公論新社)」

「犬の心へまっしぐら~犬に学び、共感し、人間との完璧な関係を築くために~(アンジェロ・ヴァイラ、中央公論新社)」

犬と人間との関係改善のために活動。「犬から学ぼう」という趣旨の団体"Think Dog"代表を経て、現在は「動物と人間の関係改善研究センター」コーディネイターとして活躍する氏が、犬との接し方、犬とさらに深く理解しあう方法について解説した本。氏は動物認知学、神経言語学、心理学などに精通しており、チベット仏教から瞑想の方法なども学んでいるという。

犬を知り、犬を理解し、犬が何を考えているか、何を欲しているかを気付くことで、犬と人間との関係は劇的に改善する。犬に語りかけ、犬の言葉に耳を傾け、そして互いが理解しあうことが、人間と犬、両者にとって幸福であると本書は記している。著者にとって犬は人間に気付きを与える師であり、素敵な遊び相手であり、そして同じ人生を生きる道連れである。力による調教、人間からの一方的な押し付けは犬に決して良い影響を与えない。犬の欲求を満足させるとともに、社会的規範を犯さないようにすること、犬と人間がまるで「六本足の動物」のように生きること、それが本書の最終目的となる。

面白いのは本書が、いわゆる「人間の心理学」、人間が、人間向けに作り上げた心理学の枠組みを積極的に利用している点だろう。たとえばエイブラハム・マズローが提唱する「欲求のピラミッド」、生理的欲求、安全への欲求、社会的欲求、進歩への欲求は、そのまま犬にも当てはまる。脳というハードウェアは犬と人間では大きく異なるのだろうが、もし心理学が充分に抽象化され、純化されているならば、その枠組みは生物共通のものとなる。ならば狼から飼いならされ、人間にとって無二のパートナーとなった犬などはたやすくこの枠組みに収まるのだろう。仮定としては大胆だが、著者の実績はその仮定を補ってあまりある。

本書は、氏の提唱する"Think Dog"のごく初歩的な部分、理論的な下地を事例をもとに紹介している。ノウハウ本としては充分とはいえないが、理論部分は非常に濃厚で読み応えがある。理論部分が多いということは、応用面を考えつつ、これからじっくりと取り組めるということでもある。犬を愛し、犬とともに生きていきたい人にはぜひ読んでもらいたい本

2014年7月12日

07/12 【読】 「プーさんと仲間たち~そのままでいこう(PHP研究所編、PHP文庫)」

「プーさんと仲間たち~そのままでいこう(PHP研究所編、PHP文庫)」

おなじみディズニーのキャラクター、「くまのプーさん」を題材に、登場人物たちの考え方や生き方を悩める現代人と照らし合わせた本。100エーカーの森に住む、プーさん、ピグレット、ティガー、イーヨーら仲間たちの愛らしいイラストと、子供にかたりかけるような文体は癒しを狙ったものか。2014年6月刊行。

プーさんを題材とした本はPHP文庫からこれまでに何冊か出ているようで、本作はシリーズのひとつ、という位置づけ。全112ページ、オールカラーという構成は、プーさんのイラストのためといってよい。「自分らしく生きるヒント」が書かれた内容、らしいが、プーさんの世界観からあまりにも乖離しているため読んでいてもさっぱり癒されない。「データに頼るな」だの「素敵な化学反応のチャンス」だの、そんな言葉がいったいプーさんの世界のどこにあるのだろう。説教臭い、それらしい言葉を重ねているあたりも小ざかしい。おそらくこれを書いた人間(たち)は、プーさんの世界などまったくどうでもよかったに違いない。世の中には、これとは180度正反対の、心にすんなり染みる言葉がつづられた本がいくらでもある。愛らしいイラストを眺めて癒されるならばそれでよし、しかし文章を読む価値は一切ない。

プーさんは個人的に非常に好きなキャラクターだっただけに、PHP研究所のあざとさばかりが際立つ本となってしまった。

2014年7月11日

07/11 【聴】 A Fragment / Yukihiro Takahashi, Alfa|Sony GT(MHBL-261)

IMAGE
ユキヒロさんの昔懐かしいミュージック・クリップ集が再発された。1981~84年にアルファレコードからリリースされたソロアルバムから5曲をセレクト、音楽とともに幸宏さんの日常を切り抜いている。なお、各曲の間にもちょっとした幕間劇が挿入されており、こちらの音楽もまたソロアルバムから選曲している。ただしこちらはあくまでも幕間という趣、意図的に、途中でぶちりと切れるので要注意。監督は映画「四月の魚」でユキヒロさんを主演に起用した大林宣彦監督。

フィーチャーされている音楽は"Walking to the Beat", "Something in the Air", "Drip Dry Eyes", "Poisson D'Avril", "Brand New Day"の5曲。幸宏さんのお洒落で、しかし、ちょっと病的な日常が描かれている。ギクシャクした動きと緊張しているかのような上ずった声は、はにかんでいるようにも、また神経症が発症したかのようにも見える。ハラハラ、ヒヤヒヤと見ているほうが落ち着かないので、亭主などは画面はそこそこ、音楽を中心に楽しんでいた。画面は当時のVHSビデオの復刻、色ずれ、色むらが激しい上にピンボケもひどく、いかにも80年代という感じのローファイぶりなのだが、音楽に関してはリマスタリングによってしっかりと高音質に仕上がっている。あえて昔の音源を楽しむ必然性はないのでリマスタリングに関しては大歓迎だが、劣化した画面とのミスマッチは最後まで気になった。

2014年7月10日

07/10 【聴】 The Art of Acid / Hardfloor, Hardfloor(HFCD04)

IMAGE

ラモン・ツェンカーとオリバー・ボンズィオによるテクノ・ユニット、ハードフロアの最新フルアルバム。1992年の"Acperience EP"の大ヒット以降、一貫してTB-303にこだわり続ける彼らの最新作は、骨太で疾走感のあるアシッド・テクノ。

アシッド―――と銘打たれてはいるものの、作品自体はこれまでと同じくTB-303を使ったビヨビヨの4つ打ちテクノ。フィルタを駆使し、抑制状態の前半からじわじわとテンションを上げていく、フロア独特の高揚感が味わえる。いわゆるミニマルな作品あり、疾走するかのようなスピーディな作品あり、メロウに徹した作品ありと、とハードフロアとしてはアレンジの幅が広い。ともあれ本質は依然としてハードフロアであり、かたくなに4つ打ちとTB-303にこだわるあたりはさすが伝統芸能とうなるほかない。そういえば、先日リリースされたゲッカンプロボーラーのアルバム"TEN"にもハードフロアリミックスが収録されていたが、あれもよかった。大御所となってもいっさいぶれることのない作風は、最新音楽をおいかけるあまり足元がおろそかになりがちな亭主にとっては「確固たる陸地」であり、90年代テクノシーンにおけるホームポジションでもある。

2014年7月 8日

07/09 スマホ使いこなしの件で備忘録

命の危険も!? 「スマホにカバー」がNGな理由をメーカーに聞いた(ウレぴあ総研)

「正直カバーはおすすめしません。特に長時間スマホを操作される場合は、カバーで放熱が阻害され、電池の安全温度を超えてしまう恐れがあります。また充電時は長時間電池が高温域にあるため、カバーは取り外して充電してほしいのが本音です。」(メーカコメント)
なお、記事の筆者は3キャリア(au、docomo、Softbankと思われます)に本件問い合わせたものの、キャリア自体がアクセサリを売っている、という矛盾もあって完全に納得のいく回答は得られなかった様子。

【スマホ】要注意! 電池を余計に消耗させてしまう"NGな使い方"7(ウレぴあ総研)

常駐アプリを入れすぎない、充分にバッテリ容量が減ってから充電する、手で包み込むように持って放熱を阻害しない―――などの使い方によって電池の寿命を延ばすことが出来るという記事。

--

亭主自身もiPhone 5Sをソフトケースに入れて使っている。

auショップで5Sに機種変更した際にあわせて購入したもので、非常に柔らかい、少しスモークがかかった素材がiPhone全体を包み込んでいる。購入当初はラメが入っているのが気に入らなかったのだが、使っているうちに慣れた。

ソフトケースを使っている理由は単純で、(1)傷防止、(2)手を滑らせないため、(3)万一手を滑らせて落としてもケースが保護してくれるため。

特に(2)は重要で、亭主のような粗忽者は、取り出した際に適度な滑り止め感がないとつるりとiPhoneを落としてしまうのだ。実際、ソフトケースが少し汚れてきたということで購入したプラスティックのハードケースは、背面が非常に滑らかで使いにくかったため、1回使ったきり、デッドストックと化している。

スマホからの放熱を妨げず、手が滑らず、万一手が滑ってもiPhoneをしっかり保護してくれる、という意味ではソフトバンパーを使うのが良いのかもしれない。ネットを探ってみると、"SGP NEO HYBRID EX iPhone 5"という2層構造で衝撃を吸収するソフトバンパーの評判がよいようだが・・・3500円は高い。

2014年7月 7日

07/07 いつも見る夢

昨晩、日立駅から電車に乗る夢を見た。

現実世界では非常にモダンな、ガラス張りの橋上駅舎。しかし夢の中のそれは、線路のすぐ脇に建てられた素朴な建物だ。駅員が切符をぱちぱち検札している改札を抜け、下り線の線路を横切るとすぐにホームにたどりつく。

ホームは一方が上り線、もう一方が下り線で駅の表示以外は椅子だけという簡素なもの。

駅舎とは反対方向に待合室と売店があって、ガムやみやげ物などを売っている。

駅を出ると駅前ロータリーがある。ロータリーの周囲には昭和30年代を思わせる木造の店が立ち並び駅前をにぎわせている。

20140707station.jpg絵に描くとこんな感じ。亭主はと言えば改札からホームに入り、椅子に座って電車を待っているのだが、とにかく電車がやって来ない。待ち続けて、ようやく来たかと思うと、これがもう絵に描いたようなローカル線各駅停車の鈍行。しかも急いでいるときに限ってこの駅が終点だったりする。

亭主はもうなんどもこの駅の夢を見ているのだが、この駅からどこかに出発したという記憶がない。椅子に腰掛けているか、改札あたりをうろちょろしているか、ようやくやってきた電車に乗り込もうとしている光景ばかりが思い出される。そもそも、電車の本数が少ない。1時間に1回、ヘタをすると2時間くらいは待っている。仕事があるのに、妻が待っているのに、電車が来るまでじっと(ときにはiPadをいじりながら)待ち続けている。

一度、駅を出て駅前を散策してみたことがあった。

宮田川の扇状地に作られた古い町並みは駅を中心に発展していて、駅からまっすぐ山の方に向かって広い道が通っている。
ただし、車通りも、人通りもほとんどない。古くからの木造の建物は、板壁の薄い茶色をさらに薄い色へと退色させながら時間を止めている。

あまりに何回も同じ夢を見ているので、駅周辺の地形はほとんど覚えている。

ところが亭主自身は(夢の中では)日立市の住民でないらしい。

なかなか来ない電車を待ちながら、昭和30年代の風景に溶け込んでいる。

2014年7月 6日

07/06 【聴】 Ten / Gekkan Probowler, Aorizm(ARZM-0038)

IMAGE
現在はyaskikutaとHIDEの兄弟ユニット。青春まっしぐらなテクノポップを得意とするゲッカンプロボーラーの最新アルバム。2004年発売の1st「テクーニョ」から10年を経て制作されたアルバムは、クラブを意識しまくった骨太のテクノ・ポップ。ゲップロお得意の青春まっしぐらな歌詞がフィーチャーされた13曲に、Hardfloorがリミックスした"MINA-303"を含む全14曲。

アナログシンセとヴォコーダにこだわった、ばりばりのポップ・チューン。亭主は電気グルーヴ以降の国産テクノユニットとして、Ryukyudiskoとともに注目している。当初はあっという間に消費されると思っていた「青春」サウンドも、気がつけば10年、着実にクオリティを高めている。そういえば前回の「ロマンティーク」も、前々回の「エレベスト」も亭主は大絶賛している。今回ももちろん大絶賛。初音ミク以来すっかりコモディティ化してしまったデジタル・ポップのなかで、しっかりとその存在感を発揮している。そもそもテクノ・ポップそのものが多くの駄作、量産品に埋没している状況にあって、安易なスノビズムに陥らない胆力はもっともっと評価されていい。

そんなわけで"Ten"。10周年記念アルバムということで気合が入りまくっているのはもちろん、聴く人をしっかりと泣かせてくれる。悩みやわだかまりを抱え、無我夢中で真夜中を疾走するかのような「笑い飛ばすだけ」のメロウなビート、問わず語りの詩と美しいコーラスを組み合わせた「空」のカタルシス、いずれも心にじわりと染みいる。こんな初老のおじさんが、いい年して車を走らせながら若い頃を思い出してうるうる来てしまうなど、他人が見たら笑い種なのだろうが―――。

2014年7月 5日

07/05 【聴】 Agharta / Miles Davis, Columbia(467897-2)

IMAGE
「ジャズの帝王」マイルス・デイヴィスが1975年に発表した作品。Side Aに2曲、Side Bに2曲、いずれも12分~32分という長尺の曲から構成されている。ソニー・フォーチュン(Alto Sax, Soprano Sax, Flute)、ピート・コージー(Guitar, Synth, Percussion)、レジー・ルーカス(Guitar)、マイケル・ヘンダーソン(Elec.Bass)、アル・フォスター(Drums)、ムトゥーメ(Percussion)が参加。奔放な演奏はエレクリック・マイルスの真骨頂といえる。

斬新なアイデアと、奔放な演奏。本作品が1970年代にすでにリリースされていたというのが、周回遅れでやってきた亭主の第一印象。フリージャズ、インプロビゼーション、ミニマル・ミュージックなどのジャンルは、現代においても充分に「新しい」「挑戦的」と評される分野だが、マイルスが40年も前にすでに志向し、しかも完成させていたということを考えると、いま必死になって新しさを追求しているアーティストたちはいったい何を探しているのだろうと、いぶかりたくなる。もちろん、40年も経てばテクノロジーは進化しているから、CDJなどの機材を駆使すれば、これまでの膨大な音楽ライブラリから任意の音源をそれこそ最速で提供することは可能だろう。しかし、マイルスによって大きく拡がったジャズというジャンルの枠は、以降40年が経過してもいまだ壊されていないばかりか、多くの意識的・無意識的フォロワーによってその枠組が相当な強度を持つまでになっている

2014年7月 2日

07/02 【聴】 Piano Improvisations Vol.1 / Chick Corea, ECM(ECM1014)

IMAGE
ジャズ・ピアニスト、チック・コリアが、ヨーロッパの名門レーベルECMよりリリースしたソロピアノのアルバム。1971年録音。自由奔放、優雅かつきらびやかなピアノの音色が、聴く人の心を癒す。全13曲。

亭主が参考にしている『ジャズ喫茶四谷「いーぐる」の100枚』によれば、国内では本作をきっかけにしてソロピアノの一大ブームが巻き起こったのだという。スタン・ゲッツ、マイルス・デイヴィスらのバンドで活動し、やがてソロでの活動を始めたチック・コリアを、当時のファンは大変に期待していた。「即興演奏」などと銘打たれてはいるものの、計算しつくされ、完成度を高めた演奏はまさに「洗練」の一言。聴くほどにピアノの魅力、コリアの魅力が伝わるアルバム。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。