2014年9月アーカイブ

2014年9月30日

09/30 【聴】 Syro / Aphex Twin, Warp|Beat(BRC-444)

IMAGE

UKはコーンウォール出身で1991年にAFX名義の"Analog Bubblebath"でデビュー。以降はCaustic Window, Polygon Window, Universal Indicator, Gak, Power Pill, Q-Chasticなど多彩な名義を使い分け、エレクトロニカ、アンビエント、ドリルンベースなどの作品リリースを重ねるAphex TwinことRichard D. Jamesの最新作。日本盤はボーナストラック1曲を含む全13曲。

繊細な芸術家、無邪気な子供、理系オタク、あるいは凄みさえ感じられる狂気の人・・・様々な顔を使い分け、常にエレクトロニカ/アンビエントのジャンルで台風の目となっていたAphex Twin。古いファンならば、ヴィヴィッドな感性が光る"Selected Ambient Works(1992年)"を思い出すだろうし、新しいファンならばブレイクビーツの極北・ドリルンベースなどと呼ばれ絶賛された"Richard D. James Album(1996年)"や"Windowlicker(1999年)"の狂気と幼児性をまず思い出すことだろう。本作は、"Windowlicker"以降のエレクトロニカ/グリッチ路線を継承、2001年にリリースした"drukqs"の直接的な続編といった趣の作品に仕上がっている。Aphex Twinが得意とする人を食った演出は控えめに、ハネるようなビートと、美しいメロディとが微妙な違和感を持って奏でられる。ファンやグリッチが好みのユーザならば文句無く楽しめる内容かと。

2014年9月26日

09/26 【聴】 Opening / Willits, Overlap|Plancha(ARTPL-054)

IMAGE
ミズーリ州はカンザスシティ出身。現在はサンフランシスコを拠点に活動する電子音響系アーティスト・クリストファー・ウィリッツの最新作。坂本龍一やMatmosらとのコラボでも知られる彼の最新アルバムは、穏やかで静謐な7曲のアンビエント=エレクトロニカ。日本盤にはアルバム・ジャケットの映像のモチーフとなったDVD映像が添付されている。

ウィリッツ、フェネス(Fennesz)らを筆頭に、地味に人気のアンビエント=エレクトロニカ。以前のアンビエントが、ハウスやトランス、レイヴ・ミュージックなどと強く結びついているのに対し、昨今のアンビエントはとにかくオーガニックなイメージが強い。明確なリズムや、ケミカルな打撃音を一切使わない、まるで荒野に響き渡るようなサウンド。美術館やアートギャラリーのBGMにでも使えそうな品のよさと広大な空間表現、サンプリングを使わずに表現された自然のサウンドスケープに安らぎをおぼえる。何度聴いても新鮮に感じられるのは、このオーガニックな風合いが曲に複雑な凹凸をつけるためだろう。

09/25 【動】 東京マラソン2015落選のお知らせ

このたびは東京マラソン2015にお申込みいただき、誠にありがとうございました。

定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選を行いました結果、
誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

昨年は偶然にも当選しましたが、今年は案の定落選しましたのでご連絡。

毎年、いろいろと御託を並べて荒ぶっておりましたが、今年はお疲れモードもいよいよ極まった感あり、連絡のみとさせていただきます。今回の倍率は、

・申込者数合計・倍率 305,734人(10.6倍)
・マラソン(42.195㎞) 304,825人(10.7倍)
・10㎞ 909人 (2.3倍)
と過去最高。私の妻も、知人も、軒並み落選しています。
年中行事となったこのエントリ、このエントリがないとなんとなく物足りない秋の夜です。



2014年9月23日

09/22 【聴】 Cowboys / Yasushi Ide, Grandgallery(XQKF-1070)

IMAGE
DJ/プロデューサー/コンポーザーとして、寡作ながらも良質なハウス・ミュージックを発表。1998年リリースのPurple Nightから実に16年ぶりとなるソロ・アルバムリリースとなった井出靖の最新作。

ヤン富田、Mutebeatらとともに、日本のクラブ・シーンの特に「濃い」部分で活躍してきた井出靖。他の「濃い」アーティストがそうであったように、彼もまたどっぷりとダブの世界にはまっている。ダークで、ディープなダブのリズムに重ねるはヒップホップ/レゲエのリズムと金原千恵子のストリング。優美だがマニアックなアレンジは文句無く「玄人受け」するサウンドと言って良い。

もちろん本作にはダブ以外の楽曲も収録されている。M4"Whispering Drums"ではアフリカ的な素朴なドラム・ビートを志向しているし、M6 "Wishing on a Star"ではElectric Sitarをフィーチャーしたインド的なサウンドにも挑戦している。全体としては8曲と少な目ながらも、何回聴いても楽しめる密度の濃いアルバムに仕上がっている。この飽きのこないところがダブの良さとなり、多くのベテランアーティストを惹き付けるのかもしれない。

2014年9月20日

09/20 【読】 「もし犬が話せたら人間に何を伝えるか(沼田陽一、伊藤ハムスター、実業之日本社」

「もし犬が話せたら人間に何を伝えるか(沼田陽一、伊藤ハムスター、実業之日本社」

日本エアデール・テリア協会元会長。犬に関する著書を多く出版する沼田氏が、犬に関するエピソード、小ネタを集めて作った書。1992年刊行を加筆修正、伊藤ハムスター氏のイラスト・コミックを加えたものが本作となる。

犬の成り立ち、生態など犬に関する基本知識と、犬の能力、犬に関する歴史的エピソードなどをショート・ストーリ仕立てにまとめた作品。いわゆる学術書・ノウハウ本といった趣は一切無く、うんちく中心・お話中心というライトな構成は好みの分かれるところか。忠犬ハチ公の真実、中世ヨーロッパで活躍した名犬たち、あるいは著者自身の体験談など、どこから集めてきたのか、あるいはちょっと調べればすぐに集まる話なのか良くわからない小話が次々と提示される。犬の嗅覚、視覚、聴覚などを語る部分はそれなりに勉強になるが、科学的な記述がないため「お話」で終わる。「犬は人間の話が理解できる」「犬は人間の駆け落ち先がわかる」などと書かれても、そこに根拠や原因が提示されないため「ふーん」で終わる。犬をもっと知りたい、犬の気持ちが理解したいという人には不満の残る内容だろう。

一方で伊藤ハムスター氏のわんこの絵は可愛い。ショートコミック、挿絵、あるいはちょっとしたイラストに至るまで、素敵なわんこの絵柄が全編に掲載されていて、ページごとに癒される。

2014年9月18日

09/18 Kindle最新バージョンが登場

「Fire HD 6」「Fire HD 7」「Fire HDX 8.9」「Kindle」が一挙に登場、新製品は全部で5種類

突如としてKindle最新バージョン「Kindle Voyage」の予約受付が開始

亭主はKindle Paperwhite 3G(2012年バージョン)を所有しております。2012年バージョンは、内蔵メモリが2GBytes(ユーザは1.25GB使用可能)と少しもの足りず、今回発売される新しいKindleシリーズでの内蔵メモリ拡大(4GBytes)に魅力を感じています。

新しいKindleシリーズ、バックライトなし、3Gなしの"Kindle"は10/2発売、6980円。

バックライトあり、3Gありが選択でき、Kindleよりも解像度の高い"Paperwhite"は10/4発売で10280円。

バックライトあり、3Gあり、Paperwhiteよりも解像度が高く、明るさ自動調整、感圧式のページめくりがついた"Voyage"は11/4発売で21480円。

あ、上のリンクにはPaperwhiteの記事はありませんが、AmazonのページにはしっかりとPaperwhiteがラインナップされていますので念のため。

4GBytesもあれば、保存できる書籍の数が倍増します。いままでよりはいくぶんメモリを気にせず読書が出来そうです。Kindle Fireシリーズにも新製品が出たようですが、Kindle Fireシリーズのバッテリー駆動時間は、最大でも18時間。Kindleシリーズは、1日30分の読書でも数週間バッテリーが持続しますから、もっぱら読書が目的の亭主の眼には、Kindleシリーズしか見えません。

買おうかなぁ、でも今の2Gbytesでも、蔵書管理すれば充分に使えるんだよなぁ。

・・・もう少し考えて見ます。

2014年9月16日

09/16 ホームページデザイン変更の件(没案)

ここ数日、ホームページのデザインなどを考えておりました。

没となったデザインへのリンク

最近流行の「一枚絵」を使ったデザイン。筆記体フォントと黒を基調とした配色を構想していましたが、どうも気に入りません。背景色が黒というのは、デザインとしてはインパクトがあるものの(個人的には)テキストを中心としたサイトには向かないように思います。コントラストが強いため、目が疲れます。いちおう当方にも、テキストサイトとしての矜持があります。かれこれ足掛け18年もサイトを運営しておりますので。

ちなみにこの没となったデザイン、元ネタはハワイウォーターのラベルだったりするのですが、冷静に見ると全く似ていません。「学ぶ」の語源は「真似る(まねぶ)」だとはよく言う話。うろ覚えな模倣が、いつしかオリジナリティになっていくのかなと、思う今日この頃です。

2014年9月13日

09/13 【読】 「書楼弔堂 破暁(京極夏彦、集英社)」

「書楼弔堂 破暁(京極夏彦、集英社)」

妖怪小説家、妖怪研究家(あるいは妖怪馬鹿などと呼ぶ人も)、デザイナーなどとして活動。「京極堂シリーズ」「巷説百物語シリーズ」などの著作で知られる京極夏彦氏が、小説すばるにて連載していたシリーズの単行本。開国以降、文明開化に沸く明治時代を舞台に、自らの生き方を求めてさまよう人々を描いた「探書小説」。 

シリーズとおしてのストーリ・テラーは、元士族で現在は病気療養を理由に妻子から離れ隠棲する「高遠」。殿様商売の会社勤めを辞め、鬱々とした日々を送っていた氏がひょんなことから入り込んだのは、「弔堂」なる屋号を持つ奇妙な建物の古本屋だった。灯台のような店の内部にびっしりと並べられた古今東西の書物は、おおよそ無いものは無いともいえる品揃え。奇妙なのは屋号や建物の形ばかりではない。店主である「弔堂」は元僧侶。端整な顔立ちと膨大な知識、知識に裏打ちされた推理力で人の心中をずばりと言い当てる。新旧時代の混乱する中で弔堂へと迷い込んだ人々に、その人に生きるに必要な「本」を売るのが彼の仕事だ。

実を言うと京極夏彦の作品は久しぶりに読む。けして氏の作品が嫌いになったわけではないのだが、「幽談」や「冥談」、「遠野物語Remix」や「死ねばいいのに」などといった最近の作品に興味をそそられなかったのだ。妖怪に対する深い考察がふんだんに盛り込まれ、様々な伏線が錯綜する「京極堂シリーズ」、必殺仕事人のような仕掛けが小気味いい「巷説百物語シリーズ」などに比べると最近の作品はとにかく薄味で、薀蓄や複雑な構成を好みとする亭主には物足りなかった。一方で本作は、その人に合った本を探すという「探書小説」という新しいジャンルを提案したばかりか、その仕掛けが非常に「京極堂」的で読んでいてワクワクさせられる。明治初期という舞台設定から文体そのものは非常に古めかしいが、文体から想像される景色の鮮烈さ、コントラストの強さは、京極氏本来の作風が戻ってきたようで非常に楽しく読むことができた。迷い込む人々の豪華さもだが、作品中のエピソードひとつひとつが全体へとつながっていく構造の複雑さに読書の楽しさを十二分に感じさせてくれた。読み進めるうちに本作最大の仕掛けが明らかとなるのだが―――これは読んでのお楽しみ。

2014年9月10日

09/10 日々雑感


ついにAppleが4.7インチの「iPhone 6」と5.5インチの「iPhone 6 Plus」を発表

Appleが満を持してスマートウォッチ「Apple Watch」を発表


今回発表されたiPhone 6の売りは大画面、薄型、CPUパワー向上。目新しいコンセプトの提示はなく、そろそろ進化が止まった感があります。新しいコンセプトとしてApple Watchの発表がありましたが、同様のコンセプトの製品がAndroidから発表されたり、他のメーカーから独自仕様のスマートウオッチが製品化されていたりとまだまだ突き抜けきれていない、というのが正直な感想です。

iPodが音楽プレーヤーを、iPhoneが電話を再発明したように、Apple Watchが時計を再発明したのかといえるのかどうか。亭主はそもそも腕時計を着ける習慣がなく、たとえこの製品が素晴らしいものだったとしても購入する予定はまったくないのですが、スマートウオッチが今後どのように使われていくかについては興味のあるところです。

とくにスマートウオッチが他のデバイスと大きく異なるのは、表示画面の小ささ。表示が小さいということは同時に、情報を入力する方法もまた制限されるということになります。Apple Watchの側面にあるデジタルクラウンというか竜頭がホームボタン兼用の新しい入力デバイスとなるとして、また赤外線通信や加速度センサや心拍計が搭載されたとして、果たしてこれまでのスマートフォン、ウェアラブルデバイスとなにが違うのか。あらかじめアプリがインストールされ、使い方が想定されているとはいえ、それでなにかが再発明されるのか、亭主にはよくわかりません。

まったく新しい製品が発表された時、人はどのような反応を示すのか。それがどのように使えるのかを興味津々に考える人がいる一方で、ああ自分とは関係ないやと早々に諦める人もいます。しかしiPod発売当初、これが音楽プレーヤのみならず、音楽ビジネス全体を変化させるデバイスであることに気がついた人はどれだけいたでしょうか。iPhoneが通話機能そっちのけでTwitterやFoursquareなどのソーシャルなコミュニケーションツールとして使われる可能性を考えた人はどれだけいたのでしょう。

残念ながら一般ユーザである亭主には、Apple Watchがもたらす世界のその先が見えません。

―――見えるのは、かつてCASIOが発売したDatabankという時計型情報ツールの幻影。

Posted from するぷろ for iOS.

2014年9月 8日

09/08 【聴】 Take Kontrol / Roni Size, Mansion Sounds(MANSIONCD1)

IMAGE
UKはブリストル出身の音楽プロデューサー。ドラムンベース系アーティストとして、Reprazent, Breakbeat Eraといったプロジェクトでも活動するRoni Sizeの最新アルバム。全16曲。

高速ブレイクビーツ/ドラムンベースをフィーチャーしたデビューアルバム"New Forms"(1997年)で、多くのアーティストをノックアウトしたRoni Size。未来の音楽、全く新しいサウンドと絶賛されたそのサウンドに(もちろん)亭主もやられたことをはっきりと覚えている。時間軸方向に圧縮された濃密なブレイクビーツ、ネオンライトのように煌々と輝くメロディラインに、亭主自身はっきりとした「音楽の未来」を感じていた。時は過ぎ、アルバムリリースを繰り返していくうちにその新鮮さは失われたものの、Roni Sizeのサウンドは昔も今も変わっていない。過激であること、目新しいことが当たり前となってしまった現在、彼の音楽はむしろクラシックスといった感すらある。もちろん、本作"Take Kontrol"をクラシックスと呼ぶのは乱暴に過ぎる、という意見もあるだろうし、本作が充分にイノベーティヴであるという意見もあるだろうが・・・。

2014年9月 6日

09/07 日々雑感

たまには近況などを。

ここ1週間ほどめまいが酷く、会社でも家でも厳しい状況が続いている。

仕事も、家も手を抜くことができないため、辛い身体に鞭を打って・・・というよりも、すっかりガタがきて思うようにパワーの出ない車のアクセルをめいっぱい踏み込むようにして、なんとかしのいでいる。ドリンク剤を飲んでみたり、レッドブルやMonster、Raisin、Samuraiなどのパワードリンクを飲んでみたり、いやこんなものばかり飲んでいてはいかんと、水筒に麦茶をつめて飲んでみたりしているのだが、飲み物で解決するようなものでもないような気がする。朝昼晩と食事をしっかりとり、土日にはジムで汗を流し、朝晩の犬の散歩でなるべく歩くようにしているが、それで体調がよくなったという実感もない。

以前は4時に起きてランニングをしていたのだが、最近は疲れが酷く、起きることができなくなってしまった。家人に体調不良は一切伝えず、朝走らないのは、単に「やる気がない」からだと説明している。体調が悪いからといって仕事が減るわけでも、家事が減るわけでもないからだ。

朝食をとったあと「花子とアン」を妻と見ていたところ、ここ1週間の疲れが急に出たか、頭と身体が同時に動かなくなったのだが、結局一日無理やり過ごしてしまった。ジムでの運動はもちろん、一日5回のまはろくんの散歩、車2台の洗車もしてしまった。動物病院にあろはくんのワクチン接種にも行ってきた。22時にやっと自分の時間となりパソコンの前に座ったが、そのまま1時間半ほどパソコンの前で寝てしまい、さきほどやっと起き出して、ぽつぽつとこのテキストを打っている、というわけ。

体調を整える、といってもどこから整えてよいかわからないが、睡眠時間は確保したほうがいいような気もする。4~5時間の睡眠、それも30分~1時間おきに目が覚めるような睡眠で良いはずもない。

世間にはショートスリーパーという、2~3時間も寝れば頭すっきり、体力も回復する人がいるという。ショートスリーパーの人は、とにかく睡眠の質が高く、一日に必要な脳と身体の休息を、短い睡眠時間の間に効率よくとることができるのだそうだ。

ショートスリーパーはともかく、どうやったら睡眠の質を高められるのだろう。ぜひご教示願いたいものだ。


2014年9月 3日

09/03 【食】 味の帝王(帝王チャーシュー麺味噌味、日立市)

20140903ajinoteiou2.jpg
茨城県日立市東金沢町。国道六号塙山交差点を東進、右側にある味噌ラーメンの店。以前から市内のあちこちの電柱に「味の帝王」なる広告があったのだが、入るのは今回が初めてとなる。いや実は、広告のある町内付近をぐるぐると捜していたのだが、全く関係ない場所を探していた。めんぼくない。

店内は「ラーメンがメインの食堂」、といった趣。こざっぱりとしていて、おかしな能書きがあちこちに貼ってあったりしないのが良い。メインは、「なつかしのラーメン」と「帝王ラーメン」の2種、それぞれに味噌・塩・醤油味があるが今回はオーソドックスに帝王ラーメンの味噌味を注文した。おっと、チャーシューを追加してチャーシュー麺にしてみた。900円。

以前見た看板に、「味噌ラーメン」が売りと書いてあった気がしたので味噌味を注文してみたのだが、正解。麺は黄色い中華麺で、軽くウエーブがかかっている。こころもち太めだが思ったよりもボリュームは感じられない。コシはほどほど、喉越しもよく、うまい。味噌味のスープは、いわゆる札幌ラーメン的な味噌味ではなく、濃厚スープに味噌をほどよく溶かしたもの。前回訪れた「宮本商店」が濃厚豚骨醤油ならば、こちらは濃厚鶏がら味噌、といったところだろうか。濃厚だが脂っぽさはほどほど、しつこすぎないのが良い。特筆すべきはチャーシューで、赤身肉をしっかりと煮込んである。世間で流行の背脂たっぷり、脂身たっぷりのチャーシューに比べると繊維っぽく、歯ざわりがぎしぎしと特徴的だ。これもうまい。麺、スープ、チャーシューと、どれも非常にオーソドックスながらもクオリティは高く、全体として美味、完成度の高いラーメンだった。

ちなみに亭主がチャーシュー麺を好んで食べるのは、チャーシューが好きで好きでたまらないから、というわけでは必ずしもない。普通にラーメンを注文して、もし万一「はずれ」だった際に、なんとかはずれの残念感をリカバーするためだ。一般に、チャーシューがまずい店、というのはそうそうない。トッピングの主力ということでどの店も力をいれている、ということもあるのだろうが、そもそも「醤油やもろ味でじっくり煮込んだ肉がまずいはずがない」。

今回の味の帝王でも、「はずれ」をリカバーする方策としてチャーシューを注文してみたのだが、亭主の懸念はいい意味で覆った。赤身を主体としたチャーシューは、脂少なめ健康によい上に、お店の個性をしっかりと出している。歯ざわり、味わいも申し分なく、結果的にラーメン全体の質を高めることに成功している。

2014年9月 2日

09/02 カバンの中身

亭主が日々持ち歩いているモノ、通勤カバンの中に何が入っているかをざっくりご紹介。

通信系ガジェット
・au Apple iPhone 5 64GB
・au Sharp E05SH

iPhoneは私物、E05SHは会社用の携帯です。E05SHはゴツくて、使いにくいことこの上ないのですが、しかたない。

記録系ガジェット
・ICレコーダー SONY ICD-UX544F

交通・ID関係
・定期入(SUICA , バスカード、名刺)
・IDカード

小物
・財布
・小銭入れ
・ハンカチ
・ロート Eyestretch(目薬)
・フリスク
・万年筆 Waterman expert essential black GT
・お守り
・CD (カーステレオ用)

疲れ目の亭主にとって目薬は必需品。眠気覚ましのフリスクは会議の友。お守りは以前実家から送ってきてくれたものです。効果ははたして。全体でもブリーフケースに楽々入る分量、数は多いように見えますが詰め込んでみるとほとんどカサがないため、通勤はいつも楽々です。

--

日帰り出張では、上の荷物に加えて、以下の荷物を持ち運びます。

記録系ガジェット
・Canon Powershot G16(必要に応じて)

再生系ガジェット
・kindle paperwhite 3G(必要に応じて)
・Apple iPod classic 160GB

入力系ガジェット
・iBuffalo BSKBB11SV(Bluetooth Keyboard)

電源関係
・Elecom Mobile Battery 4700mAh
・iPhone 5用ACアダプタ

小物
・本
・コピー用紙(数枚)およびこれを入れるフォルダ

特にコメントするべきものはありませんが、デジタルカメラ(Powershot)は意外とかさばるようで、最近は持ち運びの頻度が減っています。Twitterやメールとの連携を考えると、iPhoneのデジカメ機能のほうが使いやすいです。あとはBluetooth Keyboardにせよ電源にせよiPhoneのアクセサリですね。

コピー用紙は落書き用ではなく、会議のメモです。よく、後生大事に仕事の書類を持ち歩いている人がいますが、もしカバンを盗まれたり、落としたりしたら、出張と関係ない情報までごっそり失うわけですから、最小限の情報のみ持ち運ぶようにしています。

それでも上の荷物を落としたならば大損害。知らない間にカバンのファスナーが開いていることもありえます。

気をつけたいものです。

09/02 【読】 「考える生き方(finalvent、ダイヤモンド社)」

「考える生き方(finalvent、ダイヤモンド社)」

アルファ・ブロガーで、「極東ブログ」主宰。国際政治・宗教・言語学などに通じ、隠されたレイヤーから様々な事物を鋭く読み解くことに定評のあるfinalvent氏が、自身の半生を振り返った書。学生生活、起業、結婚、子育て、難病、そして学ぶこと、生きること、考えることについて淡々と記している。

50代も半ばを迎え、「爺」などという呼び方が徐々になじんできた感のある、finalvent氏。亭主は氏の「極東ブログ」をやまもといちろう氏のブログで知り、以降ずっと愛読している。政治や国際紛争、各種時事ネタを判りやすく解説する氏のブログはマネジメントが生業となりつつある亭主にとっては一般教養、大いに参考になっている。「極東ブログ」には時事ネタだけでなく、たとえば料理の話、書評、英語ネタ、あるいは日常生活の小ネタなどもちりばめられていて、たとえば英語の参考書の紹介があると、早速亭主もリンク先のAmazonから購入したりもする。ただ、氏自身がどのような人間であるかはブログにも詳細に記されておらず、以前から「謎の人」であった。

本書ではそんな氏の半生が、淡々と、平坦に記されている。ドラマチックな展開を期待してもおかしくないイベントの数々、しかし氏の書き口、語り口はあくまでも淡々、盛り上がることなく進んでいく。達観しているというか、諦念の境地というか、常に冷静なブログ記事が持ち味の氏らしい内容と、つくづく感じいる。もっとも、クライマックスが無いわけではない。(読み手の印象にもよるが)亭主などは氏が「多発性硬化症」を発症した部分を読んで、ああ、ここがおそらく氏の物語における最大の山場なのだなと、漠然と感じた。突然奪われた視覚、原因不明の病に対する恐怖、自らは、家族はどうなるのか―――。だが、氏はそんななかでもクールに徹する。自身の病気を分析し、日頃の生活から症状悪化の原因をつきとめ、なんとか病と折り合っていこうとする。その分析的でクールな態度に、むしろ明確な「生への執着」を感じたのは亭主だけではあるまい。

ブログのような短いテキストの集成ではなく、非常に密度の濃い、長いテキストで構成されているため本を読みなれない人にはちょっと厳しいかもしれないが、文章も、また構成もフラットなのでどこから読んでもいいし、どこで中断しても良い。氏が到達した「考える生き方」とはなにかに思いをいたしつつ、静かに読みたい。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。