2014年10月アーカイブ

2014年10月31日

10/31 【聴】 Tabla Rock Mountain / U-zhaan, U-zhaan(GDHV-003)

IMAGE
Asa-chang&巡礼、Rei Harakami、井上薫、大友良英等のアルバムに参加。インド旅行記の執筆でも知られるタブラ奏者U-zhaanが、自身初となるソロアルバムをドロップした。タブラの演奏を始めて19年目のアルバムとのこと。ほぼ全曲に大物アーティストが参加、HIFANA, 環ROYx鎮座DOPENESS, Ametsub, ハナレグミ, De De Mouse, 坂本龍一、Cornelius, Babui, agraphなど豪華な顔ぶれが、彼の初ソロに華を添える。全9曲。

そういえば亭主自身、U-zhaanの名前はかなり前から知っていた。今回が初ソロというのはかなり意外、相当にキャリアを積んでいるためすでにソロはリリース済みと思っていたのだ。その昔、WikipediaにU-zhaanのエントリが上げられたところ速攻で消されたり(現在はちゃんとエントリが作られている)、もしかしたら知る人ぞ知るアーティストだったのかもしれない。もっとも、本作以前でも充分にその演奏は知られている。国内の楽曲でタブラが使われているといえばほぼU-zhaanの仕事といっても差し支えない。

満を持してリリースされた本作。ラップであったり、エレクトロニカであったり、あるいはメロウなポップであったりと彼のジャンルの幅広さ、タブラの応用力の広さが存分に発揮されている。特にその高速ビートは、ブレイクビーツと相性が良い。"Ametsub"とのコラボによるM4 "Welcome Rain"の小気味よさ、トリップ感は特筆ものだ。なお本アルバムには異色の選曲として、坂本龍一とのコラボによる"Technopolis"のカヴァーが収録されている。ピアニカの合奏によるゆる~いカヴァーはお遊びか、それとも教授の体調にあわせたものか。

個人的にタブラといえばまずタルヴィン・シンが思い浮かぶのだが、最近あちらはとんと見かけない。どこに行ってしまったのだろうか、こちらを聴いていたら久々にタブラの曲を集中的に聴きたくなってしまった。

2014年10月29日

10/29 【聴】 Angel & Devil / The Bug, Ninja Tune|Beat(BRC420)

IMAGE
ダブ・アーティストであるケヴィン・マーティンのソロ・プロジェクト"The Bug"の最新アルバム。Cold CutzでおなじみNinja Tuneからのリリース。リズ・ハリス、コープランド、ミス・レッドらゲストアーティスト・ヴォーカルが参加した豪華なアルバム。12曲に日本盤ボーナストラック2曲を加えた全14曲。

大きく分類するならば、ダブステップ。地を這うような重低音と、ブレイクビーツ的なドラム/パーカッションというダークな組み合わせはこれまでにも多くの同じジャンルのアーティストらが指向してきたものだ。ところが本作のダブステップはこれまでのダークな作風とは一味もふた味も違う。低域は地獄の底までも暗く、対するパーカッションは上滑りしながらシャカシャカと落ち着きのないリズムを刻む。肝心の中域も不協和音が中心であり、やけに不安をあおる。録音も意図的にヒスノイズを多くしているようだ。全体的にザワザワと落ち着かない音、心地よい音とはお世辞にもいえないトラックは好き嫌いが分かれる。個人的にはこういうサウンドもあっても良いし、ダブステップの魅力ともいえる邪悪さを直接的に表現していると積極的に評価したい。

2014年10月28日

10/28 日々雑感

以前はわりと熱中していたスマホゲームだが、最近はとんと遊ばなくなった。

iPhoneでは、「にゃんこ大戦争」、そして「グランブルーファンタジー」をプレイしていたが、なんとかプレイヤーの興味を惹こうと、あわよくばお金を使ってもらおうと運営側が次々としかけてくるイベント類に疲れ果て(あるいは飽きて)てしまったのだ。

期間限定イベント、時間限定イベント、追加シナリオ、レアアイテムゲット、レアキャラゲット、ガチャのための経験値稼ぎ、他プレイヤーとの協力、競争、バトル。

開始当初はゲームを楽しんでいたはずなのに、いつの間にか単純作業の繰り返しになっている。ゲームを遊んでいるはずがいつのまにかゲームに遊ばれ、貴重な時間を無駄にしている。目も随分わるくなった。

あるときハタと気がついて、ゲームをきっぱりとやめた。

以降、スマホでは一切ゲームをしていない。

--

亭主自身はゲームそのものを否定しない。常識の範囲内で、他人に迷惑をかけず、日常生活に支障のない範囲で楽しむ分には問題はなかろうし、そもそも日常生活に支障をきたしたとしても、それはその人の人生である。こと大学生以上の人間に対してとやかくいう筋合いはない。

ただ一つ指摘しておきたい。

ゲームで得られたレアアイテムやキャラクターは、決して現実に持ち越せない。やり込みで得られた膨大な経験値は現実世界で役に立たない。ゲームを効率よくこなすための手順は他のゲームにすら使うことができない。

あるときハタと気がついて、それを空しく感じないならば、それでも良いと思うのだけれど。

2014年10月27日

10/27 事故通信(7)

最近、いろいろとツッコミどころが多い案件が続くのだけれど、結果的にブログにしたためることが出来ずにいる。
理由は簡単で、「お疲れだから」。ブログを書こうとPCの前に座るものの、ツッコむ前に睡魔が襲ってくる。眠気の前には、怒りも、落胆も掻き消される。結果、何も書かずに一日が過ぎる。

このところの亭主の記事があからさまに手抜きというか、盛りが少ないのはそのせいです。

どうもすみません。

先週のことになるが、事故を起こした相手側の保険会社から電話があった。

亭主の車の修理見積もりが、80万円を越えるらしい。

75万までは保険金でまかなえるが、80万円は保証できない。ディーラーと相談してリサイクル部品を使えば75万円以内で押さえられることがわかった。ソレで良いかと、要約すればそういう話。電話口の担当者、コバヤシという人物なのだが、日本語が苦手なのかディスコミ体質なのか、話が全く見えないまままくし立てるので、聴いていると頭痛がしてくる。何度か聞き返して確認して、やっと上のような話だと理解した。

本件に関しては当方が被害者であり、しっかりと保障してもらうように再三にわたりお願いしている。しかも相手は個人ではなく、会社だ(そう会社なのだ)。

リサイクル部品を使うという話は当方まったく聞いていない。どこかからかき集めてきた部品でニコイチ、サンコイチするなどとはもってのほかだ。

大体、見積もりが当初から25万、75万ときて80万超まで跳ね上がっている。見積もるたびに値段が跳ね上がるとはいったいどういうことか。

かいつまんでいうと、そんなことを話した。

一歩、いや百歩ゆずってリサイクル部品を使うとして、リサイクル部品を使ったら50万で済んだ、だの、サビだらけの部品を使ったから安くついただの、手抜きの理由にするのは断じて認めないといった。

部品リストをつくって、コレとコレはリサイクル部品にしますとしっかり決めろと文句をいった。

保証金額ぎりぎりまで新品部品を使い、どうしてもリサイクルにしなければならない部分のみリサイクルにしろといった。

はいはい申し訳ありませんそのようにいたします失礼しますと、担当者はそのまま電話を切った。

--

翌日、再度コバヤシという人物から電話があった。上司とも相談させていただき、75万円の補償額にもう5万円乗せて80万円まで出す、ついてはどうしても必要な部品をリサイクル部品にさせて欲しいとのことだった。ではどこがリサイクル部品になるのかと訊いたところ、トランクとテールランプとバンパーだという。

呆れた。

そんなに大物ばかりリサイクルにして、たった5万円しか減らせないというのはどういうことか。

しかも全て外装品である。雨にも当たれば、紫外線にもさらされる。使い古しのリサイクル品を、よりによってヤレが酷い外装品に使うとはどういうことか。

全てを新品にしたら80万どころか100万に近づく規模ではないかと文句をいった。

それでも相手側は、リサイクル品はディーラーがストックとしても保有していたもので、ヤレなどは一切ありませんと主張する。

ご了解いただけたら直ちに修理に入りますので―――って、おい。

まだ修理していなかったのか。

--

コバヤシは、「見積もりが全て出まして、カタギリさまからご了解が得られませんと修理をすることが出来ません」などというが、3週間ものあいだ一体何をやっていたのかとつくづく呆れた。これからどれくらいかかるかと訊いたところ、さあ1ヶ月ですか2ヶ月ですかと無責任な答えが返ってきた。

もういい、保障できる範囲の80万いっぱいつかって修理してくれと答えて受話器を置いた。


2014年10月25日

10/25 まはろくんあろはくん通信

まはろくんと、あろはくん。2匹とも元気で過ごしています。

家に来た頃は暴れん坊だったあろはくん、最近はちょっと落ち着いてきた様子。闇雲に暴れまわるようなことはなくなり、「遊び」と「お休み」のメリハリがついてきたように思います。

突然の仔犬に当初は緊張状態だったまはろくんも、時間が経つうちに家族として認識してくれたようです。匂いを嗅ぎまわったり追い掛け回したりせず、あろはくんの遊んでいる脇で寛ぐことも多くなりました。

あろはくんを家族に迎えたものの、まはろくんのあまりの緊張ぶりに「多頭飼い」は無理だったかと思った亭主と妻でしたが、最近はまはろくんの兄貴ぶりに随分助けられています。適度にじゃれあい、おもちゃを取り合い(しかし最後はまはろくんが弟に譲ります)、2匹連れ立って歩き回っているのを見ると、2匹が本当の兄弟のように見えますよ。

01bccde931116f2fcc8c219c07293694324d0d8efc.jpg
016109c48ec137df63f29c773a95b63b2cec71c747.jpg

10/25 【聴】 渚にて / 小島麻由美, AWDR LR2|Space Shower Music(DDCB-12068)

IMAGE
出産・育児を経て4年ぶりに復活したコジマユの最新オリジナルミニアルバム。2014年7月発売。2015年のデビュー20周年に向けて12月にはフルアルバムリリースも控えている。全6曲。

表題作「渚にて」ほか、ビーチでの恋を描いた曲を集めた作品。「月影のナポリ(Tintarella di Luna)」、浜口庫之助の「夕陽が泣いている」の2曲がカヴァー曲として収録されている。もともとコジマユの曲はレトロ調なものが多いが、本作のようなカヴァーとの相性は抜群に良い。独特のねばりつくような歌唱と、浮遊感のあるアレンジが作品の雰囲気をさらに高めている。フルアルバムのリリースも楽しみだ。

2014年10月22日

10/22 【聴】 Afro-Cuban / Kenny Dorham, Blue Note|EMI(0946-3-92744-2-0)

IMAGE

トランペット奏者・Kenny Dorhamによる1955年のアルバム。当時目新しかったキューバン・リズムを取り入れた意欲作は1980年代のブルーノート再発により再評価され、その後はDJらがクラブで積極的にプレイしたことから近年においても絶大な人気を誇っているという。オリジナル7曲に、再発盤は別テイク2曲を加えた全9曲。

本作は2部構成となっている。第1部は、Kenny Dorhamのほか、トロンボーンにJ.J. Johnson、テナー・サックスにHank Mobley、バリトン・サックスにCecil Payne、ピアノにHorace Silver、ベースにOscar Pettiford、ドラムにArt Blakey、そしてコンガ(キューバンサウンドには欠かせない)にCarlos "Patato" Valdes、カウベルにRichie Goldbergが参加して、キューバ音楽とハード・バップの融合を試みる。対する第2部はHank Mobley, Cecil Payne, Horace Silver, ベースにPercy Heath、そしてArt Blakeyという編成によるアグレッシヴな演奏。こちらもハード・バップにカテゴライズされている模様。名レコーディング・エンジニアとして知られるRudy Van Gelderおよびそのスタジオで録音。さらに2007年リマスタリングの本作においてもRudyがマスタリングに携わっている。

その後にブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブで人気に火がついたキューバン・サウンド。気軽に踊れる機能性と、どこかチープで愛嬌のあるリズムに多くの人が魅了されていることだろう。アルバム発売当時の日本では、コンガの間の抜けた打撃音をジャズらしからぬと敬遠したようだが、今聞いてみると豪華絢爛、実に楽しい。4人編成のホーンによる大迫力のバップ・サウンドといい、複雑を極めるパーカッションといい、これのどこが敬遠されたのだろうか。わからない。

2014年10月21日

10/21 【聴】 I Give to You My Love and Devotion / Cola & Jimmu, Herakles| ritmo calentito(RTMCD1110)

IMAGE
フィンランド出身の音楽家ジミ・テナーと、ソウル・インヴェストゲーターズのニコル・ウィリスによるユニット"Cola & Jimmu"の2ndアルバム。往年のシカゴ・ハウスを髣髴とさせるモータリックなビートと、ニコルによるソウルフルなヴォーカルとが交錯するハウス・ミュージック。

前作"Enigmatic"の続編的アルバム・・・と思いがちだが、実際には印象がかなり異なる。ハウス・ミュージックをベースにしているのは確かなのだが、全体的に異形な雰囲気に包まれているのだ。不協和音をふんだんに使ったアブストラクトなリフと執拗に繰り返されるトラックの組み合わせは、一度聴いたら忘れられないインパクトを持つ。野次馬根性的に「面白さ」だけを追求するのであれば、前作よりも本作のほうが圧倒的に面白い。異形な雰囲気は、たとえば狂気であるとか、宇宙的であるなどの言葉に置き換えることができるかもしれない。

2014年10月20日

10/20 【聴】 Enigmatic / Cola & Jimmu, Herakles|ritmo calentito(RTMCD1061)

IMAGE
フィンランド出身の音楽家ジミ・テナーと、ソウル・インヴェストゲーターズのニコル・ウィリスによるユニット"Cola & Jimmu"の1stアルバム。往年のシカゴ・ハウスを髣髴とさせるモータリックなビートと、ニコルによるソウルフルなヴォーカルとが交錯するハウス・ミュージック。

かつては豪奢かつモンドな色彩のテクノ・ミュージックを、また"Kabu Kabu"名義でアフロ・ミュージックを指向して来たジミ・テナー。多才な音楽遍歴を持つ彼の次なる到達点は、正統派ハウス・ミュージックだった。欧州で電子音楽というとダッチトランスやユーロトランスなどといったジャンルが真っ先に思い浮かぶのだが、本作のそれはフランキー・ナックルズやラリー・レヴァンも真っ青の正統派。ニコルのヴォーカルも絶妙で、いわゆるポップ・ミュージックとは一線を画するファンクネスを感じる。それにしてもジミ・テナーのソツのなさ、器用さには恐れ入る。もちろん偉大なるハウスの先人はいたのだが、その先人と肩を並べるほどの完成度の高さは、かつてモンドなエレクトロニックを得意とした彼の遍歴と結び付けるのが難しい。

ちなみに本作はまだまだテクノの要素を多分に含んでいるので、ジミ・テナーのサウンドを充分に知っている人にはよい入門編になろう。

10/20 日々雑感

これまた以前の出来事になるが、金曜日にいわき駅から小銭入れが送られてきた。確認すると確かに私の小銭入れだ。

水曜日に落として、金曜日に戻ってくるのだから凄まじく手際が良い。迅速に対応いただいたいわき駅の方には篤く御礼を申し上げたい。

--

えー。

なんだっけ。

落し物が駅に届けられ、一週間が経過すると駅がある自治体の警察署に、落し物として届けられるという。以降は駅への問い合わせは出来ず、警察署に問い合わせて欲しいとのこと。

それってどうなんだろうね。管理が駅から警察に移ったが最後、絶対に持ち主に戻らないように思える。

駅で管理するならば、駅同士の横のつながりで、落し物がどの駅に届けられたか把握できようが、警察署に移ってしまっては、落とし主は路線にある全ての警察署に電話をしなければならなくなる。

なにしろ落し物をどこで落としたのか、把握している人の方が珍しいであろうし、善意の第三者が落し物を拾ったとして、どこの警察署に届けるかわかるはずがないのだ。

落し物が戻らない理由は、大量消費社会の弊害ではなく、ひたすらに管理側の問題だと思うのだが。


Posted from するぷろ for iOS.

2014年10月18日

10/18 事故通信(6)

木曜日のことになるが、朝、整形外科に行った。

当初ムチウチの後遺症が心配されたが、1週間ほど頭痛と首痛、それにめまいに悩まされただけで済んだ。

体調はもともと良くないため、どこまでがムチウチの症状なのか、それともいつものお疲れなのかはわからない。

はっきり言える事は唯一つ、そもそも交通事故などに遭わなくても調子の悪いものは調子が悪いのだ。それは自分が一番良くわかっている。

朝起きても昨日の疲れが抜けきっていない、また目が覚めても頭痛が酷いと暗澹たる気持ちになる。諦めるほかはないのだろう。これから死ぬまで、朝はずっとこんな状態が続くのだ。上手く付き合っていかなければならない。

自宅に戻り、保険会社向けの書類を書く。通院日を記入し、記入日を書いて封緘する。

翌日ポストに入れた。

しかして、車はまだ修理から帰ってこない。

2014年10月16日

10/16 日々雑感

昨日の出張、帰宅途中の常磐線特急電車で、小銭入れを落とした。

車内で飲み物を買ったとき、小銭入れからコインを出して支払ったのは覚えているのだが、自宅に戻ってポケットの中のものをテーブルに出したとき、小銭入れがないことに気がついたのだ。

すぐにJR東日本お問い合わせセンターに電話し、落し物が届けられているかを確認する。残念ながらこのときは届けられていなかったが、1時間ほどして再度問い合わせたところ、特急電車の終着であるいわき駅に、似たような小銭入れが届けられているとのことだった。亭主が乗っていた車両、座席の近くだったというからほぼ間違いない。

お問い合わせセンターの担当者によれば、忘れ物を取り戻すためには、二つの方法があるという。一つは直接いわき駅に出向くこと。もう一つは最寄の駅に行き、いわき駅から着払いの宅急便を発送してもらうための書類を書くことだ。

少し迷ったが、駅の事務所が閉じるまでにはまだ時間があったため、最寄り駅に行って書類を書いた。

疲労困憊だったため、自ら禁じていたエナジードリンク"Monster Energy"を駅の売店で買い、家に帰って飲んだ。

疲れた。

--

亭主が電車の中で小銭入れをなくすのは、これで3回目になる。

1回目はどこでなくしたか忘れてしまったが、2回目は常磐線特急の中、3回目もまた常磐線特急の中で落とした。

降りる際に、様々な荷物をまとめるのに気をとられて、小銭入れを窓際や座席に置き忘れてしまうらしい。亭主の不注意は今に始まったことではない。なにか複数のことを同時にしようとすると、どこか一つがおろそかになる。あることをしようとしていても、別のことを頼まれると、その前にしようと思っていたことをごっそり忘れてしまう。

性格なのだろうか。それともなにか脳の機能に普通の人と違う部分があるのだろうか?

妻は、10日前に車を追突されたのとからめて、亭主の運が低下しているという。

亭主は、不運が原因とは全く思っていない。もともと不注意な人間なのだ。疲れて注意力が低下しているから、様々なトラブルにあいやすくなっているのかもしれないが、どんな不運だろうが、不幸だろうが、力技で乗り越えることが出来ると思っている。

これまでずっとそうしてきたからだ。

--

とはいえ、小銭入れをこれ以上なくすわけにはいかない。落としやすいならば対策は必要だ。

亭主は電車に乗っているとき、iPodやらiPhoneやら、本やら切符やら財布やらあれこれを出したり入れたりする癖がある。本を除けば、それらはたいてい胸のポケットか、ズボンのポケットに入っている。音楽を聴いたり、メールを見たり、本を読んだりこれからの予定を確認したり車内販売を利用したりする場合には、それらをだしたり入れたり、あるいは一時的に窓辺やとなりの座席や、前方のポケットにいれることになる。電車から降りる際、いそいでこれらをかき集める。だが、どうしても見残し、取り残しは起こる。

実際、起こった。

ではどうすればよいか。

(1) つなげる
 全ての小物をストラップやキーチェーンでつなげれば、そもそも忘れることがなくなるかもしれない。
 だが、何かと何かをつなげるということは、何かを使いたいときに別の何かがぞろぞろと出てくることでもある。iPhoneを使おうとしたら、キーチェーンだの小銭入れだのが出てきては使いにくいことこの上ない。

(2) しまいこむ
 全ての小物をポケットに突っ込むのではなく、全ての小物をカバンなどに詰め込んでみてはどうだろうか。
 残念ながら、電車のなかでこれら小物を出したり、入れたりした結果、窓辺やとなりの座席に無意識に仮置きしてしまう可能性を否定できない。

(3) まとめる
 複数の小物の機能を一つにまとめてしまう。たとえばiPhoneで曲を聴くようにすればiPodは不要になるはずだ。札入れと小銭入れをまとめれば小銭入れは不要になるはずだ。

(4) すてる
 そもそも小物は持たないようにする、というのも解決方法の一つだ。小銭入れは持たない。電車の中で音楽は聴かない。あれもこれもと欲張るからとっちらかり、管理できなくなるのだ。ならば最初から管理する対象を減らしてしまえばよかろう。
 小銭入れを落としても良いような、安物にすることも考えられる。実際、以前100円ショップで買った小銭入れを使っていたことがあるが、これは使いにくい上にデザインもいまひとつで、捨てるに際しては一切の躊躇をしなかった。

どうしたら良いかはおいおい考える。世の中の多くの人にとっては普通なことが、亭主にとっては「よいしょ」と掛け声をかけないと出来ないことだったとしたら、亭主は自らの心のあり方を今一度見つめたほうが良いのかもしれない。

2014年10月15日

10/15 【読】 「今夜は眠れない(宮部みゆき、角川文庫)」

「今夜は眠れない(宮部みゆき、角川文庫)」

平凡な家族を突如襲った大事件。「放浪の相場師」なる人物が母親に贈った5億円の財産によって、「僕」と父さん、母さんの日常は一変する。周囲の人間の詮索、擦り寄る親族、見知らぬ人間からの脅迫、宗教団体や他人からの寄付の強請、そして執拗に追いかけてくるマスメディア・・・家族の平和を取り戻すべく、「僕」と親友による真相究明が始まる。1998年中公文庫から刊行。今回は角川から2002年に刊行された版を購入した。

宮部みゆきが得意とする、素人少年探偵による真相究明の物語。平和な日常をとりもどすべく奮闘する少年たちの姿は、これまでにも彼女の作品でたびたび描かれてきた。本作の主人公「僕」こと緒方雅男は(他の作品と同様に)ごくごく平凡な、サッカーが大好きな中学1年生。夏休みの自由研究と称して暑い中をあちこち聞きまわる展開は、彼女の作品ではおなじみのシーンだろう。 今回のホームズ役は彼の親友で将棋部の「島崎」。若干ニヒリストの側面があるものの、基本的には心優しい天才少年という役どころの彼の助けを借りて、徐々に事件の概要が見えてくる。

270ページという分量はミステリとしては少し短め、展開が速いのでさくさくと読める。伏線をしっかりと貼りつつも、最後まで全体構造が読めない構成は見事。

10/15 【読】 「UFOスピリチュアル対談 中丸薫×秋山眞人 異星人が教えてくれた日本の近未来(中丸薫、秋山眞人、学研)」

「UFOスピリチュアル対談 中丸薫×秋山眞人 異星人が教えてくれた日本の近未来(中丸薫、秋山眞人、学研)」

国際ジャーナリストとして活躍、中東を訪問した際に神の啓示を受け、以降は世界平和のため「太陽の会」「国際問題研究所」などで活動する中丸薫氏と、「スプーン曲げ」で脚光を浴び、以降精神世界、神話、占術などの分野にも活動の場を広げる超能力者の秋山眞人氏による対談本。歴史の影にあって語られることのほとんどない異星人(あるいはさらに高次の存在)たちの実態と、地球が現在抱える様々な問題、未来に向けての展望を記した書。

天照大神を過去世に持ち、金星に棲むという異星人「アシュター・コマンド」とのコンタクトを通じて自らの使命に目覚めた中丸氏。その思想はアメリカ発祥の思想・ニュー・エイジ運動に多くの共通点が見られる。高次の存在とのチャネリング、ヒーリング、あるいは近年話題となったアセンションの考え方まで、ニュー・エイジ思想に大きな影響を受けているものと思われる。

一方、秋山氏といえばユリ・ゲラー来日をきっかけにブームとなったスプーン曲げを発端に、UFOブーム、超古代文明、近年の東洋思想ブームに至る国内の超常現象ムーブメントとほぼ連動しているように見える。アメリカと日本、その成立や進展は多くの部分で異なるものの、エリア51・ロズウェル事件あたりから始まった内外情報の急速な混合によって、近年は比較的統一感のある「議論の場」が形成されつつある。実際、スピリチュアルの分野に近しい中丸氏と、サイキックである秋山氏では語られる視点が異なるようで、対談の内容にちぐはぐな部分も少なからずある。しかし、そこは百戦錬磨の両氏。互いの意見を否定することなく、やんわりと受け止めて議論を展開させていく。この流れをみていると、いわゆる超常現象否定派の面々が「面倒くさい人間」であるかのように思えてしまう(苦笑)。

もっとも本書を楽しむためには、ちょっとした準備が要る。真に受けすぎず、またいちいち「それは違う」と血圧を上げることなく読むには、それなりの予備知識が必要なのだ。300ページという分量ながら、その内容は極めて多岐にわたる。UFO、古代史、ヒーリング、超能力、果てはロスチャイルドやフリーメーソン、イルミナティや国内外の政治家、政治団体、アセンションや東洋思想に至るまで、おおよそこれまでにオカルト雑誌で扱われてきた内容が全て凝縮されているといって良い。いうなればスピリチュアルの紅白歌合戦である。新しいアーティストからベテラン演歌歌手まで、全ての歌を知っていれば(それが好き・嫌いは別として)それなりに楽しめるというものだ。予備知識があるなら眉につばをつける必要すらない。絢爛のエンターテイメントとして読みたい。

2014年10月14日

10/14 オススメコミックなど

以前のエントリで、亭主とコミックの距離は以前よりもずっと遠くなった―――などと書いていたが、Kindle Paperwhiteで気軽に電子書籍タイトルを購入できるためか、亭主とコミックの付き合いは依然つづいている。

紙媒体で購入しているタイトルは

  • ハンターハンター(冨樫義博)
  • 進撃の巨人(諫山創)
  • ジョジョリオン(荒木飛呂彦)

の3タイトル。いずれも有名すぎるほどに有名なので、あえて説明するまでもない。

Kindleで継続的に購入しているタイトルは

  • ワンピース(尾田栄一郎)
  • 新世紀エヴァンゲリオン(貞本義行)
  • ヒストリエ(岩明均)
  • 銀の匙(荒川弘)
  • めしばな刑事たちばな(原作:坂戸佐兵衛、作画:旅井とり)
  • スピリットサークル(水上悟志)

の6タイトル。上から4つまでは説明しなくてもよいだろう。

5つめの「めしばな刑事たちばな」は最近亭主が超絶オススメしているタイトルの一つで、いわゆるグルメコミック。ただしその内容はB級グルメに限られる。本庁から地方の警察署へと飛ばされてきた通称「めしばな刑事」こと立花が捜査そっちのけで立ち食い蕎麦だの、駄菓子だの、牛丼だのの話題を喋りまくる。捜査に一切貢献しないばかりか、周囲までもが立花のペースに乗せられてグルメ談義に華をさかせる展開が楽しい。

「スピリットサークル」はいわゆる輪廻転生モノ。中学2年生、多感な時期に出会った主人公の少年と少女が、実はいくつもの前世からつらなる因縁によって深くかかわっていたという内容。少年が垣間見る自身の前世の数々、中世や古代の前世を体験することで、少女との因縁、そしてスピリットサークルの真実を理解していく。

Webコミックで注目しているのは、以下の3タイトル。


「Re:モンスター」は、不慮の事故によって命を落とした主人公が、前世の記憶と、能力を引き継ぎつつモンスター最弱といわれるゴブリンへと転生してしまったことから始まる下克上ストーリ。RPG仕立ての展開と、敵を食うことでどんどんと強くなっていく主人公の活躍に毎回ワクワクしている。

「ワンパンマン」は「アイシールド21」の作者、村田雄介が、ネットで公開されているONE原作のコミックをグレードアップして描いたもの。あらゆる敵を「ワンパンチ」で粉砕する最強ヒーロー(しかしやる気はまったくなし)のサイタマと、異能力者の集団であるヒーロー協会、そして地上を虎視眈々と狙う侵略者との血で血を洗う戦い―――のはず。

最後は「寿司 虚空編」だが・・・

これはもう問答無用に観てもらうしかない。かいつまんでいえば巨大な数に魅入られた寿司屋の物語なのだが、あっという間に発散していく巨大数の凶悪さといい、メタにメタを重ねる展開といい、一コマごとに油断がならない。ちなみに亭主が超絶オススメしているタイトルのもう一つが、これ。

2014年10月13日

10/13 【聴】 Singles Best 2002-2012 Memories / Round Table featuring Nino, Flying Dog(VTCL-60320)

IMAGE

北川勝利と伊藤利恵子によるネオ渋谷系ユニット・Round TableがヴォーカリストNinoを全面的にプロデュースしたプロジェクトのベストアルバム。"April", "Nino", "Distance"の3枚のアルバムと多数のシングルのなかから14曲をセレクトしている。2012年リリース。

「ちょびっツ」「.hack」「無人惑星サヴァイヴ」「トップをねらえ2!」「ARIA」などなど、多数のテレビアニメあるいはテレビ番組に楽曲を提供しているにふさわしい内容、14曲すべてがアニメの主題歌あるいは挿入歌となっている。もっとも、昨今のアニメ主題歌にはアニメのタイトルも、主人公ロボットの名前も、勧善懲悪なイデオロギーの連呼もない。普通のポップ・ミュージック、どこにでもいそうな女の子による等身大のラブソングといって差し支えないだろう。もともとネオ渋谷系の彼らだが、普通の楽曲もソツなくこなす。Ninoの愛らしいヴォーカルも素敵だ。2012年の活動10年目で一区切りを迎えたそうだが、アニメの主題歌として消費されるだけでなく、時間を経ても(アニメ抜きでも)楽しめるアルバムに仕上がっているのがうれしい。

このプロジェクトはとりあえず2012年で終了とのこと。彼らの次なる活動・活躍に期待したい。

2014年10月12日

10/12 日々雑感

以前、お詫びする側とされる側の認識の違いについて、少し書いた件。

亭主は、「スマホに届く長いメール」も苦手だ。

長いメールに、短いメールで返答することが、無礼にあたらないかと不安になるからだ。

長いメールを書く人は、それなりに気分が高まっていて、書きたい気持ちも書きたいことも山ほどあるに違いない。携帯orスマホの小さい画面でちまちまと打ち込んでいる姿を想像すると、その労力・苦労には頭が下がる。しかし亭主は、携帯orスマホの小さい画面で文字を打ち込むのが苦手なので、その労力・苦労に報いて長文メールを書こうという気にならないのだ。

ならば短いメールで返せばよかろうと思うのだが、それなりに気分の高まった状態にある相手に、そっけないメールを返してはがっかりされるだろう。相手は気分が高まっているだろうが、こちらは相変わらずのダウナー状態である。無理やり相手に話を合わせ、あるいは気分に合わせることが苦痛でならない。

結果、亭主は返事を書かない。

無礼かもしれないが、無理やり相手に話を合わせたり、そっけないメールを返すよりもマシだと思うからだ。

今日も一通、長いメールが来た。

返事を書かないと心に決めつつ、何かあるたびに律儀にメールを送ってくれているその人に思いをいたすと、ひたすら憂鬱な気分だ。

10/12 【読】 「ドミトリーともきんす(高野文子、中央公論新社)」

「ドミトリーともきんす(高野文子、中央公論新社)」

1979年デビュー。「絶対安全剃刀」「おともだち」「ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事」「るきさん」などの作品で知られ、寡作ながらもコアなファンを擁する高野文子の最新作。架空の学生寮「ドミトリーともきんす」を舞台に、寮母さんとのその娘、そして一風変わった4人の若き科学者たちとの交流を描く。

ドミトリーともきんす、1階は寮母さんの「ともこさん」と娘の「きんこさん」の住居、2階に4人の学生さん、朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹 がそれぞれ暮らす寮室がある。寮生はおりにつけ1階に降りてきて、食事を食べたり、きんこさんと遊んだり、あるいは雑談をしたりする。いずれも高名となる科学者たちである。雑談の内容は高尚で、どこか浮世離れしている。理系な会話はとんと苦手なともこさん、若い頃の科学者たちの言葉に耳を傾ける。

寮生の会話は、彼らの著書から多くの素材を得ている。彼らの著書にかかれてあったことば、その思想がコミックという形で現れているといえばよいだろうか。各エピソードの最後には著書の解説も収録されている。実は本書、ちょっとした科学エッセイというか、科学読本としての役目もあるのだという。 日常の何気ないエピソードを、彼らの深い思索と直結させる構成は見事。一般人代表ともいうべきともこさん、子供代表とでもいうべききんこさんの視点を通すことで、彼らの思索がユーモラスな日常として自然に頭に入ってくる。

ところで高野文子の作品といえば、音楽的であったり詩的であったりオペラ的であったりと作品ごとにリズムが異なるのが面白い。本作はといえば良く出来た講義録をぱらぱらと眺めているような軽快さ、快活さが感じられる。科学が得意な人はもちろん、苦手な人もこのリズムにあわせて少しスウィングしてみてはどうだろうか

2014年10月10日

10/10 事故通信(5)

出勤前に警察署に行き、今回の事故で受けた怪我の診断書を提出した。

警察署の交通課に行ったところ、担当の警部さんが出迎えてくれ、しばらく立ち話。かたぎりさんには処分はないです、減点も反則金もありません、怪我大変でしたね・・・と気を遣っていただいた。手続きはこれで終わり、あとは警察が処理します、とのこと。どうもお世話になりました、よろしくお願いしますとお礼を言って警察署を出た。

--

会社で資料と格闘していると、携帯電話が鳴動した。相手方の保険会社、物損担当者からだ。

かたぎりさんでいらっしゃいますか、いまお電話よろしいでしょうか、このたびはご迷惑をおかけしました、お怪我はいかがですか、

立て板に水、ト書き棒読みのここまでは定型句。

と思ったらいきなり本題が始まった。

「修理の見積もりが55万になりまして」 「え?」
「お車の査定が23万になりまして全損扱いになります」 「はぁ?」
「特約が50万ですがお車修理されますか?」 「・・・(絶句)」

・・・

・・・あのね。

あんた自分で日本語しゃべっているって自覚してる?

まず修理の見積もりが55万になった件。ディーラーの人間と話した限りは15万円と言っていた。それがなぜ40万円も跳ね上がるんだ?

お車の査定が23万はわかるが全損扱いってのはどういう意味だ?全損扱いとなることにどんな意味があるんだ?

特約?特約がなんだって?50万って何がどうなったから50万なんだ?

言っていることがわからない。これで修理するかしないかなど決められるわけが無い。

担当者にちょっと待てと、落ち着いて話せ順序だてて話せと文句を言う。修理の見積もりが55万は、ディーラーがそう言ったのならばそうなのだろう。車の査定が23万というのもまあそんなものだろう。そこから先がさっぱりわからない。特約というのは何なのか、結局いくらまで保障できるのか。23万なのか50万なのか合計の73万なのか。

一つ一つ担当者に問いただした。

要するに、

「修理の見積もりが55万だった」
「車の査定で出された補償額と、相手側が加入していた特約の合計73万までは修理できる」
「修理するか?」

ということだった。結論から言えよ、あんたは表か何かにまとめたものを読んでいるのだろうが、電話口の人間には言葉でしか伝わらないのだ。何かを相手にまとめて、わかりやすく説明するという能力がまったくない。本当に大丈夫なのだろうか?言葉のたびに相手を混乱させ、不安にさせ、絶句させて何が「ご安心ください」だ。もしかしてアレか?アレなのか?

修理すると答えて電話を切る。カーディーラーに連絡して見積額が跳ね上がった理由を確認したところ、トランク部分の凹みが予想以上に内側に食い込んでおり、かなり内部まで手を入れないといけないとのこと。修理の時間も2週間以上になるだろうとのこと。

ディーラーからも修理要否を問われたので、修理してくださいと頼んでおいた。

いやはや。

2014年10月 9日

10/09 事故通信(4)

夕刻、事故を起こした相手から電話が来た。

亭主のことを気遣っての電話らしい。電話の向こうでしきりに、こちらの怪我を気遣い、謝っている。

お会いしたい、会ってぜひとも直接お詫びしたいとのことだが、お気遣いありがとうございます、ですが直接お詫びされるまでもありませんのでと丁重に辞退した。

亭主はこういう状況が苦手だ。お詫びする側とされる側、双方の認識なり、感情なりがそれなりにマッチしていればお詫びの場を設けても良いとは思うのだが、今の心境はとてもそこに至らない。

確かに事故に遭った当初は憤慨し、一方的に損害を与えてきた相手に対してそれなりに怒りの気持ちを持っていた。

だが今、怒りの気持ちはとうに失せている。

怒りを持続するだけの体力・気力がないからだ。

スリランカ初期仏教の長老で、日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事するアルボムッレ・スマナサーラ師は、その著書「怒らないこと~役立つ初期仏教法話I~」で、「怒りは自分を焼き尽くす『火』」だと、また「『怒り』が気づかないうちにからだを壊す」と説いている。「怒りの人間は動物以下」とまで書いている。怒りが何も解決しないことは、亭主だけでなく、人ならば誰しも一度は感じていることだろう。

今年ノーベル物理学賞を受賞し、現在はアメリカ・カリフォルニア大学サンタバーバラ校で教授を務める中村修二氏は、青色LED開発の原動力を「怒り」であると自身へのインタビューで語っている。しかし、「怒り」という負の感情をいつまでも持続させるためにはそれ相当の体力・気力を使う。本当に「怒り」が原動力なのだとしたら、それは、怨念のように自身の周りを渦巻き、周囲の人々を暗い気分にさせ、あらゆる事柄を困難にさせる厄介者だったことだろう。

対する亭主には、怒りを持続するだけの気力がない。

車を「壊された」こと、重篤でないにせよムチウチにしたこと、亭主の仕事や家庭の都合をことごとく台無しにしたことに怒りを感じても、それを持続させることができない。

妻にこれを言えば「そんな腑抜けたことでどうする」と怒られるだけなので、口には出さない。

ただじっと頭と首の痛みに耐えつつ、この巨大な黒雲が頭上を過ぎ去ってくれることを、無表情・無感情・無気力に待つばかりだ。

2014年10月 8日

10/08 事故通信(3)

いつもお世話になっているカーディーラーに、「壊された」車を持ち込んだ。

持込が一日遅れたのは、昨日が店の定休日だったからだ。

事情を説明し、ディーラーのサービスさんと、「壊された」車をじっくり眺める。この車は、後部から追突された際に、トランク部分を壊してフレームのゆがみを最小限にするよう作られているのだという。修理に2週間はかからないだろう、大体20万くらいあれば何とかなるだろう、とのこと。

しっかりと現状復帰をお願いします、くれぐれもよろしくお願いしますと念を押しておいた。

代車を要望したところ、さっそく損保会社に連絡し、代車を用意しても良いかとの確認をしてくれた。すぐにレンタカー会社に連絡し、代車を確保してもらった。

待つこと20分。

代車として、ブルーバード・シルフィがやってきた。わりと新しめのモデルらしく、ナビつき、キーレスエントリつきとなっている。

亭主の父親が、以前にブルーバード・シルフィに乗っていたので、運転フィールはおおよそわかる。ディーラーのサービスさんに迅速な対応のお礼をして、車に乗り込んだ。このクラスの車はキビキビと動く。アクセルを踏めばタイヤにダイレクトに力が伝わる。まるでゴーカートのような運転フィール、FFらしい前のめりなGのかかりかたといい、軽々としたハンドリングといい、このごろの車らしい。

このごろの車らしいが、運転していて楽しいとは思えない。

走りを楽しむための趣味の車ではなく、徹底した実用の車だ。以前、最近の車はつまらなくなったとぼやいていた父親の気持ちが良くわかる。今亭主が乗っている車が走れなくなったとして、次はどんな車を買えばいいだろう。ゴーカートみたいな車は、正直言って欲しいと思わない。かといって86だのZだのと「いかにも」な車に乗る気もない。妻と、犬二匹が乗る車だ。快適に過ごせる車であるならばそれに越したことはない。

きびきびと、くるくると走るゴーカートのような車に乗って、会社に着いた。


2014年10月 7日

10/07 事故通信(2)

本日、整形外科を受診してきた。

「頚椎捻挫、全治2週間」

いわゆるむちうち。

ただし、むちうちとは基本的に本人申告が通用することから、本人が痛いといえば痛い、治ったといえば治ったことになる、なんともやっかいな病気のようだ。

X線検査の結果、頚椎にじゃっかんのずれが見られるものの、これは長年のものであろうとの医師の診断。そのほかには特に異常もなく、あとは本人の申告に任せるといったところ。薬局で鎮痛剤の成分を含んだ湿布を貰って帰ってきた。

自宅で湿布を貼った後は、少し遅くなったが会社へ。ただし、通勤途中から首がどんどんと重くなり、会社到着時には鈍痛が首から頭にかけて広がった。鈍痛があろうがなかろうが、仕事は進めなくてはならない。頻繁にかかってくる保険会社(なにしろ相手の保険会社の車担当と人身担当、こちらの保険会社の車担当と人身担当のあわせて4名とやりとりしなければならない)からの電話にいちいち対応しつつ、ギリギリと歯を食いしばりながらの仕事となった。

もともと頭痛持ちだが、首の動きを意識して抑え込んでいたために、かえって首筋が痛くなったのかもしれない。

いやはやとんだ災難を抱えてしまったものだ。

これでこちら側には何の得もないのだから、やっていられない。

2014年10月 6日

10/06 事故通信

本日18時15分ごろの出来事。仕事を終え、会社から家に戻る途中の国道で、渋滞のため停車していたところ背後から追突された。

不意のことで首を守る余裕がなく、衝撃で頭が相当揺れた。

相手は、社用車に乗った中年男性。促され、近くの家具店の駐車場に移動した。頭が揺れたショックと、事故に遭ったというショックからしばらく呆然状態だったが、なんとか名刺を交換した。相手側は警察を呼び、会社に電話を掛け、なにやらてきぱきと手続きをしている。どこかに電話をかけている際、「お釜を掘っちゃいまして~」などと説明していて、こちらに対して損害を与えた、他人の車を壊したという意識に薄いことにふつふつと怒りがわいてきた。

もちろん、こちらも手続きをしなければならない。上司と会社の管理部門、それに家に連絡した。会社はすぐにつながったが、家からはなんの返事も無い。

一通り電話を終えたので、改めて車を眺める。亭主の車は後部バンパーが大きく凹み、トランクもまたおおきく歪んでいる。自走は出来たがおそらくフレームも歪んでいるだろう。亭主自身も、首に違和感がある。救急車で運ばれるまでもないが、頭が相当揺れたため鞭打ちにでもなったのかもしれない。もっとももともと眼精疲労が酷く、また頭痛が酷かったので、どこまでが持病で、どこまでが損害なのかは良くわからない。もちろん相手の車も前方が大きく壊れている。ちょっとぶつかった程度の騒ぎではない。

それまでわいわいと電話で連絡を取ってきた相手が、その電話をもって近づいてきた。保険会社からだという。コールセンタの女性が、マニュアル通りにてきぱきとこちらから情報を引き出そうとする。お詫びの言葉、気遣いの言葉もあるが、基本的にこちらの心証を損ねないよう、不安に陥らせないように会話しているようにしか聞こえない。無駄というものがない。相手に反省というものが感じられないため、文句を言ってやりたいのは山々なのだが、警察が到着したため電話を早く切り上げざるを得なくなった。

警察による現場検証が始まった。こちらは停車していたので完全に被害者、相手側は加害者となった。最初に現場を確認したのち、被害者と加害者に別れて事情聴取。相手が何を言っているかはこの時点では判らないのだが、警察から相手側の言い分などは一切聞かされなかったので、こちらは引き続き被害者で良いのだろう。それにしてもなぜ追突されたのか、良くわからない。おそらく相手は携帯電話か、スマートフォンでも弄っていたのだろうが、相手が一切弁明しないのだから追及しても「よそみ」程度に片付けられるのだろう。不利なことは一切言わないはずだ。

調書を書き、捺印して、帰宅。

帰宅すればしたですべきことがある。妻はメールを見ていなかったようで、時間どおりに帰ってこなかったと気分を害している。そもそも妻も風邪を引いていて、体調はけっしてよくないのだ。夕食をとったあと、ひととおり家事をこなした。犬の散歩にも行った。風呂に入ったものの、調子がだんだん悪くなってきたので早々に湯船から上がった。

明日は近所の整形外科に行く予定。

2014年10月 4日

10/04 日々雑感

妻の部屋の模様替えを手伝ったところ、ニトリで買った大型の机と、社長椅子が余った。

以前に、何も考えずに「余ったら私が貰うよ」などと言ったことがあって、何の躊躇も無く亭主の部屋に運び込まれた。

この家に越してより、亭主は自分の部屋に小さなちゃぶ台を置き、そこにディスプレイとキーボード、それにマウスを置いてちゃぶ台トップ環境としていたのだけれど、今回机と椅子が入ったことから本格的にデスクトップ環境に移行した。若干雑然としてはいるが、必要なものが机の上にすべてあって、手が届く状態になっている、というのは気持ちいいものだ。

なんとなく独身の頃を思い出した。

myroom20141004.jpg机の奥には、サブのオーディオシステムが置いてある。

Speaker : Celestion 5
Power Amp : 茨城オーディオ12v6 p.p. Tube Amp(真空管アンプ)
USB-DAC : Audinst HUD-mx2
再生ソフト : iTunes 11

Audinst HUD-mx2はスピーカ(RCA)とヘッドフォン端子の切り替えが可能であることから、AKG K-501を併せて使用している。

なお、再生ソフトとしてFoobar 2000も併用している。こちらはM2TECH Hiface-Evo(DDC) - Rotel RDD-06(DAC)を経てメインシステムへと接続しており、Foobar 2000の音はメインシステムから再生される仕掛けだ。亭主のPCオーディオは、メイン、サブ、ヘッドフォンの3種を気分に応じて使い分けているが、いまのところどれもほぼ均等に使っていて、しかもどれもそれぞれに気に入っている。

一番良い(と思われる)もの、気に入ったものしか使わない亭主にとって、3種を均等に使うというのは実は珍しいことだ。

--

サブのオーディオシステムの下には、カラーボックスを都合4個並べた本棚がある。ちゃぶ台を使っていた頃は、カラーボックスに何でもかんでも突っ込んで、ちょっとした「魔窟」状態になっていた。ただ、机を入れたところ本棚の一部がアクセス不能となってしまったため、この部分の荷物整理を試みている。デジカメやそのアクセサリ、海外旅行に行ったときの外貨の余りや、読まずにとりあえず放り投げていたダイレクトメールの類は整理できたものの、ここ数年買ったCDは整理しきれずに机の下に積んである。

myroom20141004-2.jpgもちろんCDを整理する衣装ケースは背後に30箱ほどあるのだけれど、正直もう入るスペースがない。衣装ケースに入れてしまったが最後、埋もれて2度と出てこないような気もしてならない。

このCDをどう整理するか、いっそのこと背後の衣装ケースを全て処分して、CDを壁面一面に収納するようなラックを自作してしまおうかなどと妄想している今日この頃である。






月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。