2015年7月アーカイブ

2015年7月30日

07/30 【聴】 Burn it Down / Octave One, 430West(4WCLCD2 600JP)

IMAGE
Lawrence Burden, Lenny Burden, Lynell Burden, Lance Burden, Lorne Burdenの5人兄弟によるデトロイト・テクノのプロジェクト、Octave Oneの最新作。全11曲。ヴォーカリストにAnn Saunderson(デトロイト・テクノのオリジネーターであるKevin Saundersonの奥様)が参加するほか、彼らの別名義Random Noise Generationでも数曲がクレジットされている。

有名な話だがデトロイト・テクノには3人のオリジネーターがいて、それぞれに方向性が異なっている。ブラック・ミュージックを意識したエレクトロを志向するJuan Atkins、内省的でアーティスティックなエレクトロニカの作品を作り出すDerrick May、そしてシカゴ・ハウスに影響を受けたポップでゴージャスなハウスのKevin Saundarson。デトロイト・テクノフォロワーたるOctave Oneの作風はこれまでDerrick Mayに近い位置に居たのだが、本作に限ってはKevinの影響を大きく受けている。Annのソウルフルなヴォーカルをフィーチャーしたハウストラックと、Random Noise Generationをフィーチャーしたアシッドなエレクトロニカとがほぼ交互に表れると、ハウス・アンセムとなった"Inner City"以来さっぱり存在感が薄れていたKevinのデトロイト・テクノにもさらなる展開がありそう、そんな気にさせられる。

2015年7月26日

07/26 日々雑感

またしても着地点を定めず書いてみる。

このところ、なぜか『MASTER TAPE ~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~(NHK-BS2, 2010年1月放送』を何度も見直している。

「ひこうき雲」は1973年にリリースされた荒井由実(現在の松任谷由実)のファーストアルバム。村井邦彦(音楽プロデューサー・元アルファレコード社長)に見出され、フィンガーズの追っかけからシンガーソングライターとしてデビューすることとなった彼女が、キャラメル・ママ(その後のティン・パン・アレイ)の強力なサポートを受けて制作されたアルバムである。NHK-BS2の放送では、松任谷由実が当時の録音スタジオを訪れ、ディレクターだった有賀恒夫、レコーディングエンジニアだった吉沢典夫と再会。さらにキャラメル・ママのメンバーだった松任谷正隆、細野晴臣、林立夫らもスタジオに集合し、皆でアルバムのマスターテープを聴きながら当時の思い出を語る。

亭主はキャラメル・ママの世代を下り、YMOから強烈に音楽にのめりこみ始めたので、「ひこうき雲」がリリースされた当時の状況はよく分からない。ただ、YMOから過去へとさかのぼり、キャラメル・ママの音楽へと到達した頃の自身の状況を思い出すと、松任谷由実を始めとする出演者の思いにひどく共感して、知らぬ間に涙目になってしまうのだ。

若い頃の亭主は、常に自らの居場所を捜し求めていた。家を出て、2畳ばかりの予備校の寮で暮らし始めたときも、大学に入り、病院のようなつくりの学生寮に住んでいたときも、常に違和感や孤独感、閉塞感とともに暮らしていた。結婚し、自らの家を持ち、家族たちと暮らしている現在に至ってもこの違和感は治まらない。むしろかつての辛かったけれど自由だった頃を思い出し、あの頃に戻れたらもっとより良く生きられたのにとすら考えている。

人生は短い。あらためて自らの人生を振り返れば、その時々の自分の選択が正しかったのだろうかとの疑念が持ち上がる。人生は壮大な実験場で、今の人生は考え得る様々な人生のなかのほんの1つのケースに過ぎないだとか、あるいは自分の存在などこの長い歴史のなかではごくごくちっぽけな存在に過ぎないだとか―――あえて小さく評価して納得しようとしているが、それでもたびたび気持ちが揺らいでしまう。

亭主もまたあと数十年もすればこの世界から消えうせる。そこから10年もすれば、自分がこの世界に居たことの痕跡はきれいさっぱり失われる。

目の前にある、妻と愛犬が微笑む写真も、妻からの手紙も、背後を埋め尽くすCDのコレクションも、すべてがこの世から綺麗さっぱり消えてなくなるのだ。こればかりはどうしようもないと思いつつ、それでもあきらめる事ができないでいる。

2015年7月25日

07/25 【聴】 まほうのおんがく / 谷本早也歌, 惑星|Newtok(WCAT-001)

IMAGE
"Her Ghost Friend"のDJ Obakeと電子音楽家・レコーディングエンジニアの戸川光によるプロデュース。谷本早也歌(さやか)の1stアルバムが惑星レーベルからリリースされた。ジューシィ☆フルーツのデビュー曲「ジェニーはご機嫌ななめ」のカヴァーを含む全20曲。

シンセによってPSGサウンドをエミュレートした、いわゆるチップ・チューンのピコピコサウンドが特徴的なアルバム。YMCKあたりを彷彿とさせるが、どうやら作品にはYMCKのYokemura氏も関わっているようで、連想としてそう遠くはない。イラストは"Her Ghost Friend"のおのしのぶが担当しており、作品全体としてはあのへん(と遠くの範囲を円を描くように指す)のアーティスト界隈からのリリースといってよい。

一方、サウンドの傾向は幅広い。どことなく「パンダとササノハ」を思い出させるM4「バイト」M5「朝寝坊」などでは、東京で一人、なりふりかまわず生きていく女の子のライフスタイルが垣間見える。一方でM16"Forest", M19"Sakura"などには女性らしい感性、アンビエントやエレクトロニカ的なトラックメイキングもある。可愛らしさの背後にどこか退廃的なものが感じられるあたりはやくしまるえつこにも通じるものがある。まるでおもちゃ箱のようなキラキラ感と楽しさ、これからの作品にも期待大。

07/25 【聴】 Salis / DJ 3000, Motech Records(MTCD008JP)

IMAGE
アルバニア出身、DJ 3000ことFranki Juncajiの2013年リリースのアルバム。自身のレーベルMotechよりリリースされた本作は、最新アルバム"Besa"と同様のポジティヴで楽しいデトロイト・テクノ。全13曲。

内省的で、コンセプチュアルな作品の多いデトロイト・テクノというジャンルにあって、本作は例外的に非常に明るい。アフリカのビートを使ってみたり、アラビア風だったり、ダブ・ステップ的だったりと様々なアプローチを試みてはいるものの、その背後には常にコミカルな「ノリ」、サービス精神が感じられる。どこか日本のテクノ、たとえばケンイシイあたりの作品とも通じるものがある。DJ 3000のテクノに親しみが湧くのは、彼の出身であるアルバニアもまたブラック・ミュージックの勢力圏外、同じブラック・ミュージックに憧憬を抱く者どおしだから、だろうか。

2015年7月22日

07/22 【聴】 Besa / DJ 3000, Motech Records(MTCD009JP)

IMAGE

アルバニア出身、DJ 3000ことFranki Juncajiの最新アルバム。デトロイトテクノでも特にラジカルな作風で知られるMad Mike(Underground Resistance)が主宰するSubmergeからデビュー、デトロイトテクノ系アーティストの一員として活動してきた彼の最新作は、とっても前向きなポップ・チューンのテクノ。全12曲。

2002年デトロイトでデビューしたのちオランダ(およびヨーロッパ)へと活動の拠点を移し、Detroit Grand PubahやBuscemiらとの交流を重ねてきたDJ 3000。2011年に古巣であるデトロイトへの帰還を果たし、以降は自身主宰のレーベル"Motech"から着実にアルバムをリリースしている。内省的で、ともすれば思想面・アート面ばかりが取り沙汰されがちなデトロイトに対し、本作のポップ・チューンぶりはある種の「救い」であり、テクノに対する新たなブレイクスルーを予感させる。内省ばかりでは人は沈滞してしまう。スノッブな作風は人々を孤独感で覆ってしまう。DJ 3000のアルバムは、人々に新たな活力を与えてくれる。これは貴重だ。

2015年7月20日

07/20 【聴】 Moonbuilding 2703 AD / The Orb, Kompakt|Beat(BRC-474)

IMAGE
Alex PatersonとThomas Fehlmannの二人からなるアンビエント・ハウス・ユニット、The Orbの最新フルアルバム。おおよそ10年ぶりにKompaktレーベルよりリリースされる本作は、2703年という遠い未来を幻視したコズミック・アンビエント。

このところLee Scratch Perry(レゲエの大御所)とのコラボ、David Gilmour(Pink Floydのギタリスト)とのユニットなど、コアなジャンルでの活動が目立ったThe Orb。Kompaktからの久々のリリースは、彼らの原点であるアンビエント・ハウスへと今一度立ち戻るベーシックな作品。シンプルなビートと、どこかオーガニックな味わいのあるメロディの組み合わせは、夏の夜、うねる草原の向こう側に明るく照らし出された屋外レイヴ会場から漏れ聴こえてくるかのようなハウス・ミュージックだ。アルバムそのものは宇宙旅行をイメージしたとあるが、亭主のイメージはもっともっと地球に近い。まるで地を這うかのようなベースとバスドラに、重力の井戸の底で生を謳歌する地球の生命たちのヴィジョンが重なる。

なお日本盤アルバムには、オリジナル4曲(9~15分)に加えて"Moon Quake 1"、"Moon Quake 3"の2曲(いずれも3分程度)が収録されている。本編のイメージと直結するミニマルなアンビエント、こちらもなかなかよい。

2015年7月18日

07/18 【聴】 Syncopation Hazard / 山中千尋, Blue Note|Universal(UCCQ-9024)

IMAGE

NY在住のジャズ・ピアニスト、山中千尋さんが「ラグタイム王」として名を馳せたアメリカのピアノ演奏家Scott Joplinの作品をカヴァーした作品。編成はいつものトリオ構成、ベースは脇義典、ドラムはJohn Davis。全11曲。

全11曲のうち6曲がScott Joplinの曲。"The Entertainer", "Maple Leaf Rag", "The Easy Winters", "Reflection Rag", "Sunflower Slow Drag / Ladies in Mercedes", "Heliotrope Bouquet"。さらにKeith Jarrettの"New Rag", William Bolcomの"Graceful Ghost Rag"といったラグタイムのカヴァーの再カヴァー、残り3曲は山中さんのオリジナル作となる。Scott Joplinのカヴァーはいずれも超有名曲ばかり、だれもが一度聴けば「ああ、あの曲ね」と思い当たる曲ばかりだ。ジャズ定番のトリオ構成だが、いわゆるゆったりとした展開は一切なし。ラグタイムのリズム同様にさくさくと、高速で曲が進んでいく。この展開の速さ、ジャズらしからぬスピード感を快適とするか、性急とするかは人それぞれだろうが、山中さんの作品の振れ幅の一つとして非常に面白いことは確か。エレクトリック・ピアノや控えめなシンセ・エフェクトが入っているなどちょっとした仕掛け、いたずらも随所に見られ、いわゆるコンサバティブなジャズの形式にとらわれない自由さもある。

ラグタイムという古典を、ジャズという編成・アレンジによって再解釈した作品。暑い夏に、エアコンのキンキンに冷えた部屋で楽しみたい。

2015年7月17日

07/17 積読通信

ついに、積読となっていた全ての本を読了することができた。

本人は結構な達成感なのだけれど、おそらくこの繁盛記を読んでいるかたにはなんのこっちゃという類の話なのだろうから、勝手にお祝いする。

おめでとうございます。

ありがとうございます。

本棚の積読コーナーに、長い間積みあがっていた本の山はいつも亭主の心の隅にあって気にかかっていた。「口に入れたものは(それがどんなものであろうと)吐き出さず、飲み込む」が身上である亭主にあって、「妻文庫」のような意図せず積まれた本を読むことはある種の苦行―――とも思われたのだが、読んでみるとどの本もそれなりに楽しく、得るものがあって、結果的に全てを楽しく読めたのは幸いであった。もっとも、出張の行きかえり、電車や飛行機の中でひたすら本を読みふけるというのはそれなりに疲れることではあったのだけれど。

それは、まあそれとして。

積読通信はセカンドステージへと移行する。

「英語リーディングの秘密(薬袋善郎、研究社)」
「英語リーディングの真実(薬袋善郎、研究社)」
「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文(越前敏弥、D携書)」
「英文法、ネイティブがもっと教えます(デイビッド・セイン+森田修、NHK出版)」
「その返事、ネイティブはイラッとします(デイビッド・セイン、朝日新書)」
「その英語、ネイティブは笑ってます(デイビッド・セイン+岡悦子、青春出版社)」
「英語リスニング 聴き取れないのはワケがある(デイビッド・セイン、青春出版社)」
「ネイティブはこの『5単語』で会話する(晴山陽一、青春出版社)」

英語関連の本で、これまで「参考書」としてレビュー対象外となっていた本を読み返すことにする。

よし、それではまあ、いってみましょうか。

07/17 【読】 「錨を上げよー上ー(百田尚樹、講談社)」

 「錨を上げよー上ー(百田尚樹、講談社)」

元放送作家。「海賊とよばれた男」「永遠の0」などの著作で知られ、近年は安倍総理との対談、自民党若手との勉強会などで政界における存在感を示す百田氏の2010年作品。大阪生まれの一人の男の波乱万丈の生涯を描く。本屋大賞受賞作。上下巻だが今回は上巻のみ読了した。

作田又三。昭和30年大阪は下町で労働者階級の家庭の長男として生まれる。子供の頃から短気で粗暴で下品、腕っ節が強く、頭に血が上ると何をしでかすか分からない。その凶暴な性格から近所から悪童として恐れられ、疎まれてきた彼の、幼少期から二十歳あたりまでの人生を綴ったのが上巻となる。

実は本書、妻が購入したが少し読んで放り投げていたもの。妻曰く「悪いことが延々書いてあるだけでつまらない」とのこと。たしかに作田の所業はすさまじく、 喧嘩では子供から大人、教師を相手にして徹底抗戦を貫く。暴言を吐き、暴力をふるい、盗みを働いたり、学校をサボってはそのたびに学校を停学となる。性行為を覚えてからは下品な行動がさらにエスカレートし、女性の読者はもちろん、男性読者にとっても不快なシーンが連続する。しかもストーリはひたすら小刻み、こまかいエピソードが連続するうえに作田自身が改心することもいっさいないため読んでいて達成感が無い。舞台そのものは大阪出身の百田の心象風景をそのまま書き表したものと思われるが、この内容ではいかな「本屋大賞」の後押しがあっても読み勧めるには相当な我慢が必要だろう。

ただ1点、この作田という男、劣等生ではあるが決して頭は悪いほうではないのは救いだ。高校時代には学校に私服を導入するため 教師たちと論戦を繰り広げ大人たちをやりこめる。恐ろしい集中力で英語や数学の勉強に取り組み大学に入ってしまう。大学のサークルで出会った女性と付き合うため、当時盛んだったマルクス主義のテキストを丸暗記してしまう。チンピラのような物腰、しかしそのロジックは純粋で、筋が通ったものである。作田自身 は喧嘩や盗みをするものの、すべてやむを得ぬ事情、本人は曲がったことが大嫌いなのだ。このあたりのマルチな才能は、映画「フォレスト・ガンプ」の主人公を髣髴とさせるが、生憎こちらは徹底して運が悪い。カタルシスがないので途中で何のために読んでいるのかと疑問に思うこと度々であった。

亭主は今回やっとの思いで上巻を読み終えたのだが、正直下巻は読む気が失せた。面白いのかもしれないが、とにかく読んでいて疲れた。世間では百田氏自身ずいぶんと悪名を上げているようだが、そういう悪名とは別に、しばらくは百田小説は遠慮したいところだ

2015年7月14日

07/14 【読】 「フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略(クリス・アンダーソン、日本放送出版協会」

「フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略(クリス・アンダーソン、日本放送出版協会」

WEIRD誌編集長。2006年刊行の「ロングテールー売れない商品を宝の山に変える新戦略」が世界的ベストセラーとなり、2007年にTIME誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた著者の2009年作品。当時はまだまだ目新しかった販売戦略「無料(フリー)」の解説書が本書となる。なお亭主は本書をKindleストアから「無料」で入手している。

Googleの検索システムやLinuxのオープンソースOSなど、世界で大きな影響力をふるった「無料」という販売戦略。ライバル会社からシェアを奪い取り、ビジネスにパラダイムシフトをもたらすこの大胆な戦略のすべてを本書にて記している。そもそもこの戦略は、かつてアメリカの酒場が提供していた「飲み物を注文すれば食事は無料」となるフリーランチのシステムや、「無料で石けんの試供品を提供する」といた販売促進策として始まったものなのだという。「損して得とれ」とはよく言われる言葉だが、何かを無料で提供することで、別の方向から利益を得るというやりかたは、IT技術が発達した近年さらに複雑さを増している。消費者、販売者、スポンサーなど登場人物はいよいよ増え、相互に交換される価値もまた多様化している。LinuxやPerl、Pythonといったコンピュータソフトウエア、GmailやTwitter、FacebookなどといったWebサービスのみならず、音楽や本、ビデオレンタルなどなど無料の範囲は急激に拡大していて、成功を収めたビジネスモデルも少なくない。だが、その一方で無料を掲げて失敗したケース、他社の無料化によって市場から駆逐されたケースなど不幸な例も確かにある。新しいビジネススキームとして注目度は高いものの、成功失敗の明暗が分かれやすく、しかもアイデア勝負の面もある。共存共栄といかない、シーン全体を盛り上げていきにくいのが、この販売戦略の難しいところだ。

本書は「無料」に関する様々な例を紹介するとともに、それらがどのような歴史や思想、戦略のもとに生まれたかを詳しく解説する。そして今後の世界経済が「無料」と切り離せないものへと変化していくことを予言する(そして4年後となった現在その予言はほぼ成就したといってもよい)。あわせて本書には「無料」のビジネスモデルに関する様々な否定的意見、懐疑的意見に対する回答が記されている。無料を脅威として感じている、あるいはまだまだ自らには縁遠い話と感じている人にはぜひ目を通してもらいたい内容。

ちなみに亭主、本書を無料で手に入れたものの、しばらくKindleのなかで積読にしていた。どうせ無料のコンテンツなのだからうわっつらのみを記した薄っぺらい本なのだろうとタカをくくっていたのだ。読んでみるとこれが予想以上に濃い内容、読み始めたところなかなか止めることができず、結局最後まで熟読してしまった。こんな有用な本が本当に無料でよいのだろうかと思ってしまったのだが、そういう疑問もまた本書にて解消される。

07/14 【訃報】横田進(Susumu Yokota)さん

テクノ/ハウス系クリエータとして活躍、Harthouse, Sublime Recordsから多数のヒット作をリリースしたほか、近年は自身のレーベルSkintoneからエレクトロニカの良作を継続的に発表していた横田進(Susumu Yokota)さんが、病気療養の末3月27日に亡くなっていたとのこと。享年54歳。

"R.I.P. 横田進(ele-king)"

このところ、2000年あたりのCDレビューのをチマチマと補完していて、氏の作品についてもレビューを書き直したり、またCDを聴きなおしていたりもした。氏の作品はどれもが日本人的な奥ゆかしさと華やかさ、そして控えめなウィットに彩られていて、「日本発世界」をまさに体現したテクノ/ハウス/エレクトロニカだった。

氏の作品は2012年の"Dreamer"が最後だったという。1992年に活動を開始、デビュー20年目の節目となる作品が遺作となってしまった。3年ものあいだ闘病生活を送っていたということなのだろうか。54歳とは、まだまだこれからというときに残念でならない。

謹んでお悔やみを申し上げます。

2015年7月 9日

07/09 【聴】 Ultimate Suburbia Suite Collection - Future Antiques/ Toru Hashimoto for Suburbia Factory, Universal(UICZ-1596/7)

IMAGE
Suburbiaこと橋本徹による、ボサノヴァ系音楽のコンピレーション。「未来におけるクラシック音楽」をコンセプトに、CD2枚全52曲をほぼノンストップで詰め込んでいる。Disc 1は26曲、Disc 2は26曲入り。2015年5月リリース。

これもどれだけの人が知っているかはわからないのだが、2003年10月に同名の書籍が出版されている。こちらも"Evergreen"同様に多数のアルバムのレビューを収録している。先に紹介した"Evergreen"と合わせて読むと非常にボリュームがあり、どこまで読み込めたかは正直自信が無い。カラフルなジャケット写真が多数掲載されているので、ファッション誌をめくるようにぱらぱらと眺めるだけでも楽しい。

さて"Future Antiques"。"Evergreen"に比べるとジャンルはいくぶん広め、ボサノヴァ、ジャズに加えてラウンジやソフトポップス、ポピュラーミュージックなど将来クラシック音楽と見据えられそうな曲がそろっている。またDisc 1と2でも曲の傾向が若干異なり、Disc 1はボサノヴァやジャズが中心、Disc 2はボサノヴァやジャズ(特にトリオ・クインテット)、ポップスなどバラエティが豊かになっている。バカラックを思わせるホーン・アレンジ、快活なハンドクラッピングがアルバムを盛り上げる。Disc 1の"Moon River / Eva"のアレンジ、ジャズの名曲のポップ・チューンののりのよさが本アルバムを象徴している。おもな収録アーティストはPharoah Sanders, Elis Regina, Tania Maria, The Beach Boys, Milt Jackson, Cal Tjader, Marcos Valie, Joao Donato, The Gimmicks, Oscar Peterson, Caetano Velosoほか。

07/09 【聴】 Ultimate Suburbia Suite Collection - Evergreen Review / Toru Hashimoto for Suburbia Factory, Universal(UICZ-1593/4)

IMAGE

Suburbiaこと橋本徹による、ボサノヴァ系音楽のコンピレーション。「いつまでも色あせない音楽」をコンセプトに、CD2枚全58曲をほぼノンストップで詰め込んでいる。Disc 1は28曲、Disc 2は30曲入り。2015年5月リリース。

これはどれだけの人が知っているか知らないのだが、橋本氏は2003年10月に、同名の書籍をDesign Exchangeより出版している。古今東西ボサノヴァやジャズの名作約1000タイトルを一口レビュー付きで網羅した内容、亭主も当時ずいぶんと参考にした記憶がある。2015年5月に発売された本アルバムは、この書籍からのベストセレクション・・・といいたいところだが、実際にはかなりアーティストを絞っている。Roger Nichols & The Small Circle of Friends, Michael Legrand, Elis Regina, Chet Baker, Joyce, The Beach Boys, Bill Evans、Tania Mariaなど往年の大物アーティストの楽曲を(当然ながら)収録しているものの、全体としてはボサノヴァ・ブラジリアンポップスにジャンルを統一させておりアルバム全体の完成度、雰囲気を優先した形。アルバム2枚を通じての収録時間は2時間45分、最初から最後までどっぷりとラウンジングな雰囲気に浸れること請け合い。

2015年7月 7日

07/07 【聴】 Shure M44G

先日秋葉原のヨドバシカメラで、ShureのM44Gを買ってきた。

DJユースで使われている針であるが、MM型カートリッジの定番としてオーディオファンにも人気は高い。ShureにはSC35CというMM型カートリッジもあって、こちらはどちらかといえばスクラッチを多用するDJ向け、トレース力の高さが売りだそうである。

両者をShureの説明から比較すると

SC35C
サウンド・エンファシス:周波数域全部にわたる清澄さ
スキップ・レジスタンス:非常に高い
レコードの磨耗:低い
出力:高い
トラッキングフォース:4.0-5.0g

M44G
サウンド・エンファシス:精緻な高低
スキップ・レジスタンス:非常に高い
レコードの磨耗:特別低い
出力:非常に高い
トラッキングフォース:0.75-1.5g

たしかにSC35Cのトラッキングフォースの高さが際立つ。

20150707shurem44g.jpg

両者を比較すると、M44Gは高域および低域が強調される傾向にあり、特にスネアやバスドラが前面に出るため、人によっては違和感を感じるかもしれない。SC35Cの針圧設定(5.0g)をそのまま引き継いだところ迫力はあるが塗りつぶされたような音になってしまった。とりあえず1.5gまで落としたところ、押し出しが若干緩和されて聴き易くなったのでしばらくは1.5gで聴いてみるつもり。

"音楽図鑑(坂本龍一)", "春がいっぱい(大村憲司)", "MU(KAMIYA)"あたりは亭主の定番で、このあたりが気持ちよく聴ければまず問題ない。

なおM44Gの発売開始はなんと1963年、今年で52年目を迎えるのだというから驚きだ。定番カートリッジとしての完成度の高さが、様々な用途で、多くの人々に支持される理由なのだろう。

2015年7月 6日

07/06 【読】 「遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継(株式会社モバイル&ゲームスタジオ、ソフトバンククリエイティブ)」

 「遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継(株式会社モバイル&ゲームスタジオ、ソフトバンククリエイティブ)」

ナムコにて「ゼビウス」「ドルアーガの塔」などの名作をリリース。その後独立し、ファミコンゲーム「ファミリーサーキット」「ケルナグール」などを手がけたほか、大学講師、日本デジタルゲーム学会理事などをつとめる遠藤氏が、仮想のゲーム会社のスタッフにゲームデザインのなんたるかをレクチャーした本。2012年4月刊。

本書が作られることになったもともとのきっかけは、2003年、東京大学駒場キャンパスで実施された「ゲームデザイン&エンジニアリング論」だったという。当時先端だったモバイルゲームに関する話題を盛り込んだ授業は非常に好評で、その後もゲーム業界、大学院などから講義の依頼が相次いだ。本書は過去に実施された授業から、様々なゲームの要素を体系化し、ゲーム制作のノウハウを含めてまとめたものとなる。ゲームとは何か、ゲームの歴史から始まって、様々なゲームシステム、難易度、世界観、AI、カードゲームやシューティング、ドライブ、パズルゲームのデザイン、サウンドの作り方、近年盛り上がりを見せるモバイルゲーム、オンラインゲームまでを体系的に説明していく。ゲームの基礎部分、ゲームシステムや難易度などの考え方については現在においても通用するものがある一方、モバイルゲームに関してはやはりテクノロジーの進歩著しく、携帯ハードの歴史的な部分を述べるにとどまっている。課金ゲームの功罪、チートを繰り返すプレーヤーへの対応などには遠藤氏らしい達観が見られる。1980年代からゲームを作り続け現在に至る、氏の経験と功績から導き出された達観ぶりには玄人ゲーマーも一目おくところであろう。古今東西の珍しいボードゲーム、カードゲームについても言及しているあたりもゲームマニアの遠藤氏らしいこだわりだ。

2015年7月 4日

07/04 Kindle Paperwhite 2015 (2)

朝注文したKindle Paperwhite 2015が届いた。

朝注文すると夜届く。日本の物流おそるべしであるが、運送会社に相当な負担がかかっているのではないかと不安にもなる。早晩日本の物流システムは破綻するので、今のうちに恩恵を享受しておくべしと、そういうことなのだろう。そういうことにしておく。

以前に比べるとパッケージはシンプルになった。あけると本体とUSBケーブル、それに冊子が2冊ついてくるが、冊子の一方は保障など重要事項の通知、もう一方は電源の入れ方。厚みがあって内容があるようにも見えるが、様々な言語で記載されているので、実質はどちらも2ページづつである。要するに必要事項のみで他には何も書いていない、といったところだろう。

以前はWi-Fi+3G版を購入したが、今回は素直にWi-Fi版を購入した。聞く所によれば、Kindleの3G機能はオフにできないため、Wi-Fi単独版に比べると電池の消耗が早いのだそうだ。3GはDocomoの通信網に乗り入れているという。3G通信はテキストのみの書籍データをダウンロードする際に用いられ、亭主が利用するコミックはWi-Fiでしかダウンロードできないのだという。シンプルなパッケージ同様、機能にもシンプルさ、割りきりが求められる。

おもむろにスイッチを入れてみる。以前と同様、購入時にはすでに亭主のAmazonアカウントと紐付けされているので、Wi-Fi設定と、Facebook, TwitterなどSNSとのアカウント連携さえすればよい。Amazon Cloudから以前Paperwhiteに保存していた書籍ファイルをもう一度ダウンロードすれば、以前との環境が再構築される。読みかけになっている本のページすら引き継がれるので一切不便さを感じない。この快適さがAmazon-Kindleなのだ。



ためしに読みかけになっている本を読んでみたのだが、dpiが212から300へと高解像度になりフォントが美麗になったのと、全体的に動作が高速になっている「印象」はするものの、実感はまだ湧いてこない。内部メモリが2Gから4Gbyteに倍増し、端末側にダウンロードできる本の冊数が増えている(それでも亭主にとってはまだまだ少ない容量だ)。

はて、一体何が変わったのだろう?

07/04 Kindle Paperwhite 2015

つい先ほどの話、魔が差してKindle Paperwhite 2015のWiFiモデルを注文してしまった。

お急ぎ便ならば本日到着、Amazon Prime会員ならば4000円オフだというので、ためしに4000円オフのクーポンを入力していたら、一瞬前後不覚になり注文を確定させてしまった。あろうことか、Kindle純正の充電アダプタまでチェックボックスに入れている。くらくらする頭で注文ステータスを確認すると「出荷の準備中」になっていてもう手遅れである。なんてこった。

亭主自身は、2013年2月にKindle Paperwhite(初代)を購入し、ほぼ毎日快適な読書生活を送っている。毎日使っているものなので、今回の買い物は決して無駄というわけではないのだが、初代機が充分に使えているのにもう一台増やしてどうするつもりなのだろうか。



以前は電子書籍に消極的だった亭主だが、最近はすっかり電子書籍に慣れ親しんでいる。電子書籍で読むのが適切な本、というのはたしかにあって、使いどころを押さえれば、こんなに便利なものはない。

たとえば、コミックのような比較的ページ数が少なく、巻数の多い本は電子書籍にうってつけだ。亭主は「ヒストリエ(岩明均、講談社)」や「ワンピース(尾田栄一郎、集英社)」の最新刊をKindleにいれて持ち歩いている。「ワンピース」は現在78巻まで刊行されているが、全巻を書籍として本棚に収めておくスペースがない。いい年したオッサンが、コミックを本棚に並べておくのも気恥ずかしい。電車の中や職場での休み時間に読むこともできる。カバンに入れても電子書籍であれば軽い。

試し読みしたい本も電子書籍に向いている。世間で評判の本、興味を惹いた本は、まずは電子書籍で1巻だけを買ってみる。ハズレだったときには(たとえばKindleならばAmazonの端末管理画面から)削除すればいい。中途半端な巻数の書籍を中古書店に売ったり、古紙回収に捨てたりするのはさすがに気が引ける。

また、電子書籍でしか読めない本もある。「極東ブログ」を主宰するアルファブロガー、finalvent氏の「考える生き方」などは電子書籍でしか入手できないし、雑誌からのクリップ記事を安価で購入することもできる(ただし経験上クリップ記事はたいして面白くないものが多い)。好きな作家はあまり多くないが、古典の名著などは無料で手に入る。中身をちょっと確認するのに都合が良い。

一方で電子書籍で読むのに向かない本ももちろんある。

たとえば、長編小説。電子書籍は基本的に視線が固定されるため眼精疲労が起こりやすい。また電子書籍は読んでいる位置が感覚的に把握できないため、余計に長く感じられるようだ。

任意の場所を探し出して読むタイプの本もまた電子小説には向かない。辞書や辞典、マニュアルにありがちな、ページをぱらぱらとめくる読み方は、順次等間隔でページを進める電子書籍にはできない読み方である。ページをぱらぱらとめくることでの検索スピード、瞬間的に見えた活字や絵をしっかりとらえる目と脳の情報処理能力を侮ってはいけない。電子書籍のメリットと謳われているページジャンプやタグ検索、文字列サーチは、こういった人間の高速検索とは別物と考えたほうが良い。

蛇足ながら、大判の本を電子書籍にすると、文字や図が潰れてしまうので(当然ながら)読むことができないので、これも電子書籍には不向き。

電子書籍と通常の書籍は、「本を読む」ことにおいては同じであるものの、細かい部分が異なる。一方が一方を完全包含するという状況は今後もない。



初代Paperwhiteをどうするかと考えて、弟にTELしたところあっさりと引き取ってもらえることになった。弟はSonyの電子書籍サイトで本を購入しPS-Vitaで読んでいたそうだが、最近使っていないそうだ。Amazon-Kindleは以前から興味があり、ぜひ試してみたいとのこと。Amazonで購入した電子書籍は、Kindleで読めるほか同じコンテンツがiPhoneやAndroid, PCなどにダウンロードしても読むことができる。弟にはぜひともAmazonとKindleストア、そしてKindleが作り出すエコシステムを体験してもらいたいと思っている。


2015年7月 3日

07/03 積読通信

月にほぼ1回づつ、記事としてUPしてきた積読通信。
いわゆる「書籍」としての積読は先が見えてきたので、Kindleで積読になっている本を加えてみた。

【小説】
○錨を上げよ(上)(百田尚樹)

〔Kindle〕
【ノンフィクション】
脱亜論(福沢諭吉)
フリー(クリス・アンダーソン)
遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継(遠藤雅伸)

昨今悪名を上げている百田尚樹の作品は、妻が読んだもののおもしろくなかったらしく、(上)のみで放置されていた。Kindleの最初の2タイトルはいずれも「なんとなく」ダウンロードしたもので積極的に読みたいとは思わない。結果、消去法で遠藤さんの本をぼちぼち読んでいる。しばらくはKindle方面での読書が続くことと思われる。

ちなみに英語関係の本、コンピュータ関連の本は相当量積読になっている。かねがねこれらの本を読みたいと思っているが、そもそもこれらの本は「全部読む」ことに価値がなく、結果として「読んだ」という証明としてのブログ記事をUploadできないでいる。

07/03 【聴】 わたくしの二十世紀 / Pizzicato One, Universal(UCCJ-2125)

IMAGE
小西康陽のソロ・プロジェクト、Pizzicato Oneのセカンド・アルバム。前作「11のとても悲しい歌」に続くアルバム第2弾もまた女性・男性ヴォーカルを多数起用したダウナーなポップ・ミュージック。全16曲。

参加アーティストは、おおたえみり、ミズノマリ、西寺郷太、enaha、YOU、市川実和子、ムッシュかまやつ、UA、甲田益也子、吉川智子、小泉今日子。「きみになりたい」や「マジック・カーペット・ライド」など過去に小西が手がけた曲のセルフ・カバーも含まれている。先にも述べたように、全体的に悲しみに満ちた、静かな曲で統一されているが、ピチカート・ファイブの野宮真貴が歌うとおそらくはアンニュイで、お洒落なポップ・ミュージックに仕上がるものと思われる。本作に参加するヴォーカリストたちはいずれもベテランぞろい、実力派ぞろいであるが、なぜか小西のトラックに乗せるとアンニュイばかりが強調されてしまう。よいのか、それともわるいのか、よく分からないがアルバムのコンセプトにはよくあっている。

07/03 【読】 「とっぴんぱらりの風太郎(万城目学、文藝春秋)」

「とっぴんぱらりの風太郎(万城目学、文藝春秋)」

小説家として長編小説を数多く執筆。エッセイストとしても知られる万城目(まきめ)学氏渾身の歴史エンタテイメント小説。全746ページ。

時は豊臣の治世。忍者の風太郎は、ある事件から故郷である伊賀の里から追放され、京のはずれのあばら家で自堕落な生活を送っていた。生きる目的も、なりたいものも、明日すべきことすら見つからず、ただ空腹とヒマをもてあます日々。しかしそんな彼の生活は、同じく伊賀の里から追放されたマカオ帰りの忍者で悪友の黒弓が持ってきた瓢箪をきっかけに変わりはじめる。京の瓢箪屋に卸す瓢箪をつくるため、畑を耕し始めた風太郎を待ち受ける運命とは。

若干20歳の若き忍者・風太郎。血気盛んな若者―――というよりも、最近多い「めんどくさい」タイプの若者といったほうがしっくりくる。指図されるのは大嫌い、他人の発言にいちいちつっかかるが自分からやりたいものはなく、いつもイライラと不機嫌でいる。忍術の腕はそこそこだが天才的というわけでもなく、また努力家というわけでもない。なにやらいろいろと考えても結局まとまらず、激しい口調で周囲にあたりちらす。そんなわけだから事件は常に周囲から起こるのだが、それが風太郎には気に食わない。現実には「あるある」な人間なのだろうが、小説の主人公としてはちと魅力に欠けている。オープニングの風太郎と同輩の忍者・蝉との忍術戦のスピード感には息を呑まれたが、里を放逐されてからの生活はとにかくグダグダ、イライラ、あまり期待が持てなかった、というのが正直なところだ。

ただ、ストーリが進み、様々な人間が風太郎とかかわり始めると、俄然物語が色彩を帯びてくる。悪友で天然系の黒弓、同輩の忍者で涼やかな美女の常世、瓢箪屋・瓢六の義左衛門など、個性的で人間味あふれるキャラクターたち。どれもリアルとは程遠い人々ではあるが、風太郎の周囲ではとても魅力的に感じられる。物語は歴史小説、エンタテイメント小説、忍者小説などの様相を呈しながら、轟々たる歴史のうねりへと突入していく。気がつくと作品世界にすっかり魅了され、また風太郎もいっぱしの「主人公」としておのが人生を懸命に追いかけている。

2015年7月 2日

07/02 日々雑感

3日連続で東京に出張することになり、今日がその1日目。朝4時に起き、ハワイコンビをつれて近所を散歩したあと、始発の特急に乗り込む。途中コンビニで買ってきたパンと、コーヒー牛乳で手早く朝食を済ませ、積読の本を読み始める。

上野駅で特急を降り、秋葉原駅までは京浜東北線。駅近くのマクドナルドで、会議の時間までアイスコーヒーを飲みながら本の続きを読む。

会議は秋葉原の某オフィスビルにて、朝からほぼいちにち缶詰状態。昼食は仕出し弁当が用意された。昼食を食べて疲れが襲ってきたため、売店でミンティアを買った。本当はフリスクが欲しかったのだがなかったのだ。働かなくなった脳を活性化するために買ったつもりなのだが、ミンティア程度の刺激ではぜんぜん活性化されない。単なる御菓子だった。

午後6時にようやく会議が終わり、すぐさま上野駅へ。上野駅のインドカレー屋で、カレーとナンの夕食。水を買い、19時の特急で帰宅。車中では積読の本の続きをひたすら読む。21時に帰宅、ハワイコンビをつれて近所を散歩して、妻とハワイコンビを寝かしつける。アマゾンで買ったCDをホームページに追加し、Luke Vibertのアルバムを聴きながらレビューを書く。引き続きこの「日々雑感」を書いている。

いつもの一日。いつもの生活。

積読の本は、一日で480ページを読み終え、ブログは記事2本を書いた。なのにまだ物足りない。というか心の中が満たされない。ふわっとした話だが、もしかしたら次のステップへと進む時期、次の趣向を考える時期なのかもしれない。

そもそもこのサイトの名前"Plannet"は"Planning on the Network"を略したものである。次はどんな仕掛けを考えようかと、ぞわぞわしている今日この頃である。

07/02 【聴】 Luke Vibert's Nuggets Vol.3 / Luke Vibert, Lo Recording(LO103CD)

IMAGE
Wagon Christ, Kerrier Distinctほか多彩な名義を使い分け、アシッドやトリップ・ホップなどのジャンルで異彩を放つLuke Vibertの2013年アルバム。全26曲、様々なジャンルの音楽をごった煮にした一風かわったコンピレーション。

収録アーティストはFrank Mcdonald, Alan Hawkshaw, Francis Monkman, Brian Bennett, Les Hurdle & Frank Ricotti, Jeremy Lubbock , Adrian Baker & Roy Morgan, Trevor Bastow, Irving Martin & Brian Dee, Les Hurdle & Thorir Baldursson, Bill Campbell & Aaron Harry, James Asherら。曲数に対してアーティスト数が少ないことからもわかるように、一人(一組)のアーティストに複数の曲がクレジットされている。いずれも大御所ロック/プログレアーティストであり、Jeremy Lubbockのようにマイケル・ジャクソンの"Speechless(2001)"のアレンジを手がけるなど確かなキャリアを持つ。ただし日本においてはいずれもまだまだ知られていない面々ともいえる。解説ではこれらの曲をコズミック・ディスコ、ロボット・ロック、サイファイ・ファンクなどなど奇妙な(しかも全く聞き覚えの無い)ジャンルに分類している。文面だけみればなんだか化かされているような、馬鹿にされているような気もするが、そもそもLuke Vibert自身人を食ったような曲を多くリリースするアーティストである。ジャンルわけは奇妙であるが、その曲はいずれも完成度が高く、またそれ以上にオールディーズの持ついぶし銀の輝きを放っている。

26曲という曲数もあるし、曲そのものがいぶし銀であることもあるのだろう、先に購入したSuburbia Suite同様にイージー・リスニングの佳作として素直に楽しめる。ブラジリアン・フュージョンの大御所・Azimuthが演奏していそうな快適なフュージョン(まるでかつて放送していたNHK-FMのCrossover Elevenでプレイされそうな曲)も入っている。暑い夏にはぴったりな涼しげなコンピレーション。オススメ。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。