2015年9月アーカイブ

2015年9月30日

09/30 【読】 積読通信

  【英語】
「英語リーディングの秘密(薬袋善郎、研究社)」
「英語リーディングの真実(薬袋善郎、研究社)」
「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文(越前敏弥、D携書)」
「その返事、ネイティブはイラッとします(デイビッド・セイン、朝日新書)」


英語関連の本しかないので、なかばヤケ気味に英語関連の本ばかりを読んでいる。

つい昨日「孤独のグルメ2(谷口ジロー+久住昌之、扶桑社)」がAmazonから届いて、大変面白かったのだが基本的にこの「読」のコーナーでは漫画は紹介しないことになっている。大した理由ではない、読むときは大量かつ一気に読むので、レビューの対象にすると記事執筆の負荷が激増するからだ。

英語関連の本も、読んでみるとなかなか面白いし、こういった本ばかり読んでいるのでアタマの中が多少なりとも英語向けになっている。

先日テレビで、アメリカの人が話しているのを聞いて、何を話しているのかが「具体的な英語の文章として」アタマに入ってきたときにその効果をまざまざと実感した。面白いのでもう少し続けてみるつもりだ。

ところで、上に挙げた最初の3冊、薬袋氏の2冊と越前氏の1冊は、以前に読んだことがあって、なかなか歯ごたえがあるというか、手ごわい本たちだ。特に越前氏の著書は、書名からも分かるとおり非常に難解。本腰を入れて取り組んだほうがよさそうだが、どちらかといえば受験英語向き、英会話能力の向上にはあまり効かないような気もしている。

09/30 【食】 豚骨ラーメン「極」(極みてっぺんラーメン、静岡県清水市)

20150930kiwami.jpg
静岡県清水市、清水駅前アーケード街の入り口にある豚骨ラーメンの店。横浜家系のとんこつ醤油をベースとしたラーメンで、醤油と塩ベースがある。今回は醤油ベースの「極みラーメン」に具材増しの「てっぺんラーメン」を注文した。

先にも書いたように、横浜家系を思わせるケモノ汁のラーメン。麺は普通茹ででもかなり固め、しかも太麺ということでごわごわとした食感が楽しめる。チャーシューは中華そばを思わせるベーシックな味、そのほかネギ、味玉、ほうれん草、ノリなどがついてくる。

好みはあろうが、個人的に麺はかなり好み。固ゆでもだが太麺のボリューム感がうれしい。ただし分量は物足りなく、2、3口すすったところで「え?もう終わり?」という感じ。ケモノ汁は(今回は脂少なめで注文したせいか)水っぽさが感じられた(亭主はスープの旨みが薄いと胃がもたれるのだ)。このテのラーメンは材料を惜しむと即座にスープの味に反映されるのだが、この店はどうなのだろう?塩味を抑え、豚骨味をもう少し前面に出してもよさそうだ。

いろいろと不満もあるが、清水駅前でラーメンを食べる際の有力な候補としておきたい。

09/30 【読】 「ネイティブはこの『5単語』で会話する(晴山陽一、青春出版社)」

「ネイティブはこの『5単語』で会話する(晴山陽一、青春出版社)」

大学卒業後に出版社に入社、英語教材の開発を手がけるほか、英語教育関連のソフトウェア開発に従事してきた著者が、ネイティブ会話に頻出する5つの単語"have", "get", "take", "give", "make"の様々な意味・使い方を示した書。

中学英語でも特に早い時期に習う、これらの単語。それぞれ「持つ」「手に入れる」「取る」「与える」「作る」という意味を持つこれらの単語、実は非常に豊かな意味を持つのだという。ネイティブとの会話には、100語あれば充分と著者は別の本で解説しているが、なかでもこの5つの単語は動詞として使い勝手がよく、たとえば"have"などは「所有する」をベースとして10種の使い分けが出来るのだそうだ。極端な話、動詞として5つの単語さえあれば日常会話に不便はまったくない、というのが著者の主張。小難しく考えがちな英語学習を、シンプルにし、英会話の敷居をぐっと下げることが本書の主眼と言える。

もっとも、亭主が読んだ限りでは、この5つの単語はより具体的な動作を表す動詞で言いかえが可能。たとえば"make a reservation"は"reserve"で言い換えることが出来るし、"had shock"は"shocked"でも良い。ただし、実際に言いかえてみると(あるいは口に出して読んでみると)細かい部分でニュアンスが違うようにも感じられる。5単語を介することでより婉曲的、控えめな表現になるとでもいおうか。論文ならば5単語をつかわずに具体的な動作を表す動詞を使うのが正確を期するという意味でも望ましい。このあたりはTPOによるといったところか。

もう一つ、本書は、5単語を額面どおり「持つ」「手に入れる」「取る」「与える」「作る」と訳することの危険性をも示唆する。"have"は「持つ」ではなく、「密接な関係、切っても切れない関係にある」という極めて抽象的な概念として覚えるべきで、この概念を常に意識していれば、ネイティブが"have"を使う意味も自然と理解できる(他の4単語も同じく)。単なる慣用句集として使うのではなく、英語話者に共通する「意識」を感覚として体得することが本書の最終的な目標といえるだろう。

2015年9月28日

09/28 【聴】 The Travelling Kind / Emmylou Harris & Rodney Crowell, Nonesuch(548243-2)

IMAGE
カントリー・ミュージックのベテランアーティスト二人、Emmylou HarrisとRodney Crowell 共作によるカントリー/ブルーズのアルバム。2015年5月、Nonesuchレーベルからのリリース。全11曲。プロデュースはJoseph Lee "Joe" Henry。これまたカントリーミュージックの大物プロデューサー。

古きよき時代のアメリカを想起させる、味わい深いサウンド。EmmylouとRodneyのダブル・ヴォーカルにRodney自身のギターが加わり、どこか家庭的な雰囲気すらある。実は二人は2013年にすでに"Old Yellow Moon"というアルバムをリリースしている。時をあけず二作目ということもあるのだろう、完成度も、リラックスの度合いも前作を上回っていて圧倒的に聴きやすい。詞もシンプルかつ分かりやすい単語を選んでいる。ロカビリーあり、フォークあり、もちろんカントリーありとアメリカの伝統音楽の真髄が存分に楽しめる。

2015年9月27日

09/27 【聴】 The More Things Stay the Same / Dego, 2000Black|BBQ(BBQ100CD)

IMAGE
UK Drum'n'Bassのビッグ・ネーム"4Hero"のメンバーだったDennis McFarleneことDegoの2ndソロ・アルバム。全13曲。彼自身のレーベル2000Blackからのリリースとなる。

かっちりしたドラムシーケンスと、うねるようなベースラインが特徴的なDegoの楽曲。Drum'n'Bassとも、また一般的なブレイクビーツとも異なる作風は「ブロークン・ビーツ」などと呼ばれているらしい。4Hero以降のDegoの活動、たとえば2000Blackからリリースされた"Good Good"コンピレーションやKaidi Tathamとの共作"A Next Set A Rockers"、2011年のソロアルバム"A Wha' Him Deh Pon?"などではブロークン・ビーツの枠組みを駆使した良作を多くリリースしていて、亭主的には4Heroよりも気になるアーティストとなっていた。

そして今回4年ぶりとなるソロアルバムでは、ファンクやブギー、アフロビートなど様々なジャンルをも取り込みつつ、自身の「ブロークン・ビーツ」の幅を広げている。印象的かつ攻撃的なトラック・メイキングは以前と変わらないが、様々なアーティストの交流によってリズムやアレンジにバリエーションが生まれており、今後の新展開が期待される。

2015年9月22日

09/22 【聴】 Forest Flower / Charles Lloyd, Atrantic|Warner(WPCR-27053)

IMAGE
テナーサックス・フルート奏者のCharles Lloydの1966年作品。60年代に一世を風靡したフラワー・ムーブメントに直結する、サイケ・ジャズの名演。モントレー・ジャズ・フェスティバルの模様を録音したもの。ピアノはKeith Jarrett、ベースはCecil McBee、ドラムはJack DeJohnnette。全5曲。

ネタ本である「ジャズ喫茶 四谷いーぐるの100枚」によれば、Charles Lloydといえばジャズよりもロックとの親和性が高いらしく、当時のサイケデリック・ロックのファンに好んで聴かれていたらしい。当時のヒッピー文化、フラワー世代などと称される反戦・平和主義・自由主義の若者たちを取り込むサウンド。フリージャズ、ロック的な分かりやすさもさることながら、亭主にはアイランド・ミュージック、エキゾチック・ミュージックの要素が強いように感じられる。特にM1 "Forest Flower (Sunrise)", M2 "Forest Flower (Sunset)"の2曲は、どことなくMartin Dennyを髣髴とさせる。そもそもCecil McBeeとJack DeJohnnetteによるリズム隊のリラックス感、間の取りかたがアイランド・ミュージックそのもの。ゆったりとしたリズムに身を任せると、まるで深い密林の奥でひっそりと咲く原色の花々を覗き込んでいるような気分にさせられる。

2015年9月21日

09/21 リサイクル店にて

使用していないオーディオ機器を、リサイクル店に売りに行った。

スピーカ2セット、カセットデッキ、シンセ、DVDプレーヤなどあわせて5点。買い叩かれるとおもいきや、意外と高い値で買ってくれた。

お店の方からは「全部珍しい品で査定していて楽しかったです、ありがとうございます」との言葉。

今回売った品物は、2000年あたり、ハードオフが地方に林立し、マニアの家に眠っていたオーディオ機器が大量に売りに出された頃、亭主が確保した機器ばかり。その後市場は(PSE法施行などをきっかけに)急速に縮小している。現在はヤフオクなどで一部の機器が回転寿司のようにぐるぐると売り買いされているものの、かつての賑わいはない。

今回は使わない機器を中心に売りに出している。残る機器はそれなりにレアであるし、活用のしがいもある。今後とも大事に使っていく予定。

ところで、売りに行った機器は、いずれも亭主の部屋のクローゼットの中で眠っていたもので、ほとんど使う予定のないものばかりだった。今回売ったことでクローゼットの中にはいくらか空間ができたものの、そのなかでも半分のスペースはこれまで他のところに置いてあった物の移し変えで埋まってしまった。個人的にはドラスティックに売ったつもりだったのだが、そうでもなかったらしい。

世間では「ミニマリズム」「断捨離」などと称してシンプルな生活を送る人が増えているそうである。

亭主もいくらかはこの考え方に共感する一方、全てを捨て去ってしまうのは違うかな、とも考えている。

たとえば亭主の理想とする「ミニマリズム」とは、「音楽」と「本」だけに囲まれる生活である。自分の気に入ったもの、好みのものだけに囲まれて暮らしたい。それ以外はなくてもかまわない―――とはいえ、なかなか理想と現実のギャップは埋まらない。

2015年9月18日

09/18 【聴】 The Koln Concert / Keith Jarrett, ECM|Universal(UCCU-6002)

IMAGE
ジャズ・ピアニストKeith Jarrettが、1975年1月24日、ケルンのオペラ劇場にて演奏したソロ・コンサートの模様を収録したライブ盤。彼のイマジネーションの限りを尽くした、渾身の即興演奏、全4曲。

ジャズ・ピアニストという肩書きで紹介したものの、本作におけるKeith Jarrettの演奏はジャズとも、クラシックとも異なっている。全4曲のうちM1 "Part 1"は26分という長時間録音だが、これに限って言えば色彩豊かで叙情的、ドビュッシーの演奏を髣髴とさせる。一方M2 "Part 2 a"などはむしろガーシュウィンを思わせる躍動的で楽しい演奏。ともすればドローンやミニマリズムに傾きがちな即興音楽とは一線を画する、まるで豊かな表情を持った曲となっている。ちなみに録音には観客の歓声や拍手のほか、Keith自身が演奏中に発する声も録音されていて劇場の臨場感を味わうこともできる。

2015年9月16日

09/16 【聴】 Something Blue / Francesca Tandoi Trio, 澤野工房(AS142)

IMAGE
イタリア生まれ、ハーグ王立音楽院卒業後オランダを中心に活動する女性ピアニスト・ヴォーカリストのFrancesca Tandoiの2014年アルバム。流麗なピアノ・トリオとソフトで優しいヴォーカル曲、Francescaの魅力を余すところなく楽しめる作品。BassはFrans Van Geest、DrumsはFrits Landesbergen。全12曲。

Bill Evansの"Waltz for Debby"、D. Modugnoの"Volare"、George Garshwinの"Someone to Watch Over Me"など有名曲のカヴァーと、彼女自身によるオリジナル曲とから構成されている本作。クラシック仕込みの美しく端整なピアノと、控えめに響くベース、ドラムのトリオにヨーロピアン・ジャズの品のよさを感じさせる。一方のヴォーカル曲はLady Kimを思わせるしっとりとした歌い口、B.Johnsonの"Save Your Love for Me"などでは力強い声も披露する。ヨーロッパの良作を多く紹介する澤野工房にあって特に変化に富んだ、個性的なアルバムと言えるだろう。

それにしてもジャケットの写真、美貌もさることながら射るような視線が痛い。

09/16 【動】 東京マラソン2016落選のお知らせ

すっかり時候の挨拶になってしまい、巷ではこれがないと夏が終わった気がしない、などという人もいるとかいないとか。

このたびは東京マラソン2016にお申込みいただき、誠にありがとうございました。

定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選を行いました結果、
誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
ことしは11倍といいますから、正直相当な自信があったとしても当選は至難の業であったといえましょう。

あと、「運試し」とばかりに応募した人が結構多かったように思います(^^;)
それはそれでよいのですけどね。

2015年9月15日

09/15 日々雑感

そういえば先日妙なことがあった。

亭主のTwitterアカウントに、弟らしきアカウントのフォローがあったのだ。

亭主のアカウントは、現在3代目。以前は初代アカウントで積極的に発信していたが、Twitterへの精神的な依存が高まりすぎたため、アカウントを削除していた。その後受信専用、ニュースなどを読むためのアカウントを取得し、もっぱら天気予報や地震情報を読んでいた。もちろん発信は一切していない。亭主の本名である「かたぎり」とは全く関係の無いアカウント名、しかもiPhoneの電話帳やFacebookとも一切関連付けていない。

一方、フォローしてきた弟らしきアカウントは、弟や亭主ならば「ああ、弟のアカウントね」というもので、アイコンには弟の息子の写真が使われていた。とはいえ、そのフォロー、フォロワーたちは本当に雑然としていて、手当たり次第フォローしていたという印象すらある。もちろんこちらも発信は一切していない。

不審に思い、弟に連絡を取ったところ、たしかにそのアカウントを取得済み、ただしずっと前に登録して使っていないアカウントだったのだという。

念のため弟がアカウントを確認したところ、案の定のっとられており、手当たり次第にフォローを繰り返す迷惑アカウントになっていた。即座にTwitterからアカウントを削除し、こちらからもそのアカウントへはアクセス不能となった。

しかし、疑問は残る。

弟は亭主の3代目のアカウント名を知らないし、もちろん亭主も弟がTwitterをやっていたことなど知らなかった。互いのスマホに、互いのTwitterアカウントは記録していない。ならば、どうやって弟を騙るのっとり犯は、無数に存在するアカウントの中から、私のアカウントまで到達しえたのだろう。

これが全然他人のアカウントならば偶然や無作為抽出の結果であるが、家族のアカウントとなると話は別だ。

不審である。不審なのだが、どうやってそれ以降原因を追究したものかわからない。

恐ろしいことがあった、情報漏えいには気をつけなければと思うしかないのだろうか。

2015年9月14日

09/14 日々雑感

このところブログ更新が緩やかなのは、2001年1月近辺のCDデータベースを延々と更新しているからで、必ずしも亭主が人事不省になっているわけではない。

本当はこのブログに皆の読みたい記事をガンガン載せてPVを稼いでもよいのだろうが、ライフハックだの政治活動だのオカルトだのといった分野は他のサイトで散々扱われている。そもそも根拠に乏しい、憶測にまみれた話題に持論を展開できるほど厚顔無恥でもない。

亭主が、自信を持って「事実に則っている」といえるのは、亭主の実体験と亭主の心の中の動きくらいしかない。誰にも望まれないCDと本のレビューを黙々と上げ続ける理由は、ひたすらそれに尽きる。あとはもう少し世の中の役に立つというか、お得な情報が含められればよいのだけれど(今の状況ではそれすら難しい)。ブログの質を上げるにはどうすればよいのか、暗中模索の現在である。

2015年9月12日

09/12 【食】 和なり(特製和なりそば、茨城県日立市)

20150912wanari.jpg
茨城県日立市諏訪町。石内十文字近くにあるラーメン店。随分前に開店していて、亭主自身この店の前を何度も通っていたのだが、なかなか開店しているときには通らず今回が初めてとなる。

特製和なりそばは、濃厚な鶏のダシと、これまた濃厚な魚のダシとを組み合わせた濃厚スープに、まっすぐ・細め・固ゆでの麺をあわせたもの。トッピングとしてみじん切りたまねぎ、ノリ、チャーシュー、メンマ、味玉そしてカイワレが入っている。鶏と魚の合わせだしとなれば、これは問答無用で「うまい」。ただし今回のスープは少し薄め、腹の中でもたれた。個人的にはもっと濃厚が好みだ。麺は九州は長浜ラーメン風、ばさっとしてゾロっとしている。店には「固ゆでです」とあったので、より九州ラーメンっぽい雰囲気でもある。バリ硬や粉落としもできるのだろうか。よくわからない。チャーシュー、煮卵は標準的。うまい。いちばんの工夫(と思われる)みじんぎりのたまねぎは、濃厚スープに非常に合っていてこれは文句なく美味。最後までおいしく食べることができた。

九州ラーメンの応用形というか、流行のあわせダシを使った発展形ラーメン。近いのでまたちょくちょく行ってみることにしよう。

09/12 【読】 「その英語、ネイティブは笑ってます(デイビッド・セイン、岡 悦子、青春出版社)」

「その英語、ネイティブは笑ってます(デイビッド・セイン、岡 悦子、青春出版社)」

デイビッド・セイン氏と岡悦子氏の共著。日本人が英会話の際に言いがちなフレーズが、実はネイティブにとっては失礼・非常識・稚拙な言い回しだったりする―――そんな数々の事例を紹介しながら英語における表現のあれこれを解説した書。

たとえば、「わくわくしてきた」を英語で言うとしよう。日本語ならばこれを直訳して"I'm so exciting"などといいたいところだが、英語ではこれは「私は、人をワクワクさせる人間なのだ」という意味になってしまう。正しくは"I'm so excited"。本書ではこのような例が6章に分かれたーっぷり収録されている。ざっくりと章立てをいえば「そのまま英訳はいけません」「シンプルな表現」「ネイティブに一目置かれる言い回し」「使い勝手のよいフレーズ」「決まり文句」「単語のもっと便利な使い方」。いずれも覚えておけば英会話のグレードはぐっと上がるし、たとえば映画などで多用されるくだけた言い方が理解できるはずだ。

もちろんナマの英語を知ることはとても大事なのだが、さらに大事なのは、英語を使う人の気持ち、文化的背景や価値観、相手を思いやり尊重する気持ちなどを充分に慮ることだろう。紋切り型の口調や命令形はどんな言語でも失礼に当たる。なんでもPleaseで済ませられるわけでもない。相手を気遣うためにはどのような単語を使えばよいかを理解することは、ひとつひとつの言い回しを丸暗記するよりよほど使い勝手がよいだろう。

2015年9月11日

09/11 近況報告

今回の豪雨災害で被害にあわれた栃木、宮城、そして茨城県各地域の皆様に心よりのお見舞いを申し上げます。

亭主の住む地域は雨・風こそ大変強かったものの、幸いにも堤防の決壊などの災害はなく、人・家ともに被害は一切ありませんでした。

ご心配をおかけしましたが、ご安心ください。

2015年9月10日

09/10 【聴】 Never Let Me Go / Robert Lakatos Trio, 澤野工房(AS066)

IMAGE
1975年にハンガリーはブダペストで生まれる。ピアニストのBela Szakcsi Lakatosを父に持つキーボーディスト/ピアニストのRobert Lakatosの2007年作品。2006年にチューリヒのRadio DRS Studioで録音されたものだそう。Lakatos(Piano)、Fabian Gisler(Bass), Dominic Egli(Drums)のトリオ編成による現代的なジャズのアルバム。

カヴァー曲をメインとした作品集。"Never Let Me Go / Bill Evans", "My Favorite Things / Rodgers & Hammerstein", "When Will the Blues Leave / Ornette Coleman"などビッグ・ネーム、有名曲がならぶ。彼の父であるBelaの作品"Last Time Together", 彼自身による"Waltz for Sue"なども収録されており、心からジャズとピアノを「楽しめる」アルバムに仕上がっている。Lakatosのピアノはスムースでスタイリッシュ、いわゆる感情の奔流がみられないあたりは欧州のジャズらしいというべきだろうか。録音も非常に良く、特にピアノのウェットな音色、ドラムの皮の張り具合や質感が良く出ている。オーディオ的にも非常に聴き甲斐のあるアルバムだが意外性はもうすこしあっても良かったのかもしれない。

09/10 【読】 「過ぎ去りし王国の城(宮部みゆき、角川書店)」

「過ぎ去りし王国の城(宮部みゆき、角川書店)」

ミステリ、ゲーム小説、時代小説など多彩なジャンルの作品を手がける宮部氏が、角川の「怪」に連載していた作品が単行本化された。2015年4月刊。一枚の絵を巡り、一人の少年と少女が未知なる冒険へと脚を踏み出す社会派サイエンス・ファンタジー小説。妻文庫。

尾垣真(おがきしん)。受験勉強にいそしむ学友たちを尻目に、いちはやく県立高校への推薦入学を決めた中学3年生。推薦入学に通る程度には真面目で優秀、しかし格別頭が良いわけでも運動が出来るわけでもなく、また顔だちにも背格好にも秀でたものがないという実にありふれた少年が本作の主人公。実家のカレー屋を手伝うため銀行へとやってきた彼は、銀行の壁に無造作に貼られた一枚の絵に釘付けとなる。写実的なタッチで描かれた中世ヨーロッパの城と思しき絵に魅せられた彼は、偶然にもその絵を家に持ち帰ってしまう。一体誰が描いたのか。なぜ銀行の壁に無造作に貼られていたのか。絵の謎を解くべく動き始めた彼は、やがてその絵に秘められた驚くべき力を目の当たりとする。

「社会派サイエンス・ファンタジー小説」などとあえてごちゃっと形容してみたが、実際そのワードのどれもが本書には含まれている。主人公である真は格別特徴の無い、ごく普通の少年として描かれているが、そんな彼にも学校生活にはそれなりの葛藤があり、アツレキに煩わされている。主人公と偶然行動を共にすることとなる城田珠美(しろたたまみ)は学校では典型的ないじめられっ子であり、孤立している。本書に登場する人物は、いずれもがどこかに悩みを抱えていて、それが物語全体を通じた一つのテーマと繋がっている。本書はファンタジー小説でもありそこが救いでもあるのだが、ファンタジーであるがゆえのモヤモヤ感もあって、最後まで安心できない展開。400ページ弱とページ数はあるものの、行間広め、文字も当然少なめであっさり読むことができた。

2015年9月 9日

09/09 【食】 宝華ラーメン(油そば、国分寺市)

20150909houkaramen.jpg
JR国分寺駅北口、駅前通りにあるラーメン店。今回は名物の「油そば」を注文。

写真では分かりにくいが、ウェーブのかかった中太麺に、豚骨スープのようなタレとラードで作ったような脂が入っている。具は見たとおり、チャーシュー、メンマ、なると、カイワレ、そしてたっぷりのネギ。いただく際にはどんぶりの下にある濃いタレと、麺、具などを良く混ぜて食べる。濃い味のタレではあるが、麺と混ぜることによって程よく薄まり、良い感じになる。スープがないため満腹感はほどほど、ただしスープの味の濃さにずいぶん助けられている。

09/09 【読】 「英文法、ネイティブがもっと教えます(デイビッド・セイン、森田修、NHK出版新書)」

「英文法、ネイティブがもっと教えます(デイビッド・セイン、森田修、NHK出版新書)」

デイビッド・セイン氏と森田修氏の共著。ネイティブ話者の使う「生きた英語」の視点から、日常会話に役に立つ・英語話者にちゃんと伝わるための様々な知識を英文法にからめて解説した書。2012年刊。

全部で7章からなる本書。「代名詞」「形容詞・副詞」「接続詞・接続副詞」「動詞・不定詞・動名詞」「前置詞」「時制・仮定法」「否定・疑問文」と英文法に関するほぼひとそろいの章立てで構成されている。中学生レベルの単語、平易な文章、クイズ形式で進行する構成は、読み手に適度な難しさと、読めることへの自信を与えてくれる。中学校や高校などで教わったものの、英語としての本来の意味あいを知らずに現在に至っている人には、まさに目からうろこ、最初からこういう風に教えてくれよといいたくなるような内容かと。もっとも、分かりやすさに力点を置いたため、なかなか網羅的な解説はできていない。まずは英語学習・英会話学習のとっかかりとして利用するのが良いだろう。

09/09 【読】 「歴史は『べき乗則』で動く~種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学(マーク・ブキャナン、ハヤカワ文庫)」

「歴史は『べき乗則』で動く~種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学(マーク・ブキャナン、ハヤカワ文庫)」

1961年オハイオ生まれ。ネイチャー誌、ニュー・サイエンティスト誌の編集者を経て、現在はサイエンスライターとして活躍する氏が、世界で発生する様々な事件のメカニズムを数理で読み解いた書。国内では2003年に邦訳・単行本化。今回は2009年に文庫化されたものを購入している。

世界規模で大きな脅威となっている巨大地震。日本においても今後来ると予想されている東海・東南海地震への不安が高まっている。ところが阪神淡路大震災や東日本大震災などからも分かるとおり、地震の予知というのは一向に当たる気配がない。プレート・テクトニクスによる地殻の動きの解明、GPSを使った位置計測、古文書を紐といての周期理論、はては様々な宥観異常現象に至るまであらゆる方法を駆使しても、大地震がいつ来るかはさっぱりわからないままだ。本書は「なぜ地震の予知があたらないのか」を端緒にして、地震発生のメカニズムが、「べき乗則」に従っていること、地震発生のみならず、株価の暴落や人類の歴史そのものすらも「べき乗則」によって支配されていることを明らかにする。「べき乗則」が一体何なのか、を理解するには本書を読んでいただくのが一番早いかもしれないが、ひらたくいえば、「べき乗則」とは、「臨界状態における相の急激な変化」や「フラクタル(自己相似性)」や「カオス理論」を確率論・統計学的に展開したものである。ぜんぜんひらたくなっていない。

本書では、そんなぜんぜんひらたくない「べき乗則」なる理論を、膨大な例をもちいて説明しようとする。砂山の崩落、生物の大量絶滅、戦争の歴史、あるいは都市の成り立ちにいたるまで、様々な例が読者の眼前に開陳される。外国のライターらしい長広舌とレトリック、くどいまでの説明にはすこしうんざりさせられるが、そもそも数学や科学の知識に乏しい人にも分かりやすく説明しようとするならばこの程度の冗長はむしろ必要なのだろう。本書で「べき乗則」なるものの本質がどの程度読者に伝わるかは疑問だが、従来の科学理論や経済理論では計り知れない人知を超えた「なにか」が我々の背後に横たわっている、そんな「なにか」の一端を垣間見る助けにはなろう。

それにしても地震予知はちーともあたらない。本書を読めば、今の地震学者がいかに意味のないことにこだわっているか、いかに地震予知が無益であるかがよく分かる。我々に出来ること、それはいつ地震が来てもよいように備え、覚悟を決めることらしい。

2015年9月 4日

09/04 日々雑感

20150904domuya.jpg
ちょこちょこと、トップページのデザインを変えている。

亭主の趣味としてシンプルなデザインを心がけていて、今回はリンクを画像の中に配置してみた。これまで単なる「絵」だった画像に「機能性」が加わり、より自らのイメージに近づいているのではないかと思っている。

ちなみに、以前は画像に少し奥行きを持たせたり、角をとったりと小細工もした。今回は絵そのものはシンプルにべた貼りしている。エフェクトは、一つのページに一種類くらいに抑えたほうがメリハリがあって、良い。

ついでに、トップページの3枚の絵は、どれも亭主がハワイはオアフ島で独自に撮ったもの。
多くの画像があるなかで、特にお気に入りだったりする。


09/04 【聴】 Olha Quem Chega / Tania Maria, Universal(UICY-77191)

IMAGE
ブラジリアン・ジャズの女王・Tania Mariaが1971年にリリースしたボサノバ|サウダージ・グルーヴのアルバム。オリジナルは全11曲、2002年にボーナストラック2曲を収録して再発されたのち、2015年に橋本徹監修によるSuburbia Suite Collectionの1枚として\1000というベストプライスで再々発売されている。

昨今はすっかりハスキー声が板についたTania Mariaだが、この頃の声は非常にキュート。ブラジリアン・ジャズの歌姫としてもはや国内でも定番化しているElis Reginaを思わせる、甘くて舌足らずな歌い方に魅了される。1948年生まれというから23歳のときに制作したアルバム、ということになる。なるほどTania Mariaにも若い頃があったのだと、よくわからないことに感心してしまった。こと今の彼女を知る人間にはぜひ聞いてもらいたいアルバムだろう。

基本的にはボサノバ・サンバのリズムをベースとした、シンプルな癒しのサウンド。彼女自身の愛らしい声と、それを包み込むストリングス・パーカッション・ギターなど音楽隊の品のよさに好感が持てる。1曲1曲が短く、全体でも40分弱とあっさりしているのも良い。

2015年9月 2日

09/02 【聴】 Orphaned Deejay Selek 2006-08 / AFX, Warp|BEAT(BRE-51)

IMAGE
Richard D. Jamesの変名プロジェクト・AFXがWarpレコードより久々にリリースしたアルバムが本作。アシッドで刺激強め、全8曲のブレイクビーツ/テクノ。

Richard D. JamesといえばAFXのほかAphex Twin, Polygon Window, Caustic Windowなど様々な名義を使い分け、エレクトロニカ、アンビエント、ブレイクビーツなどこれまた様々なジャンルの作品をリリースするまさに「天才肌」のアーティスト。多作家でもあり、アルバムがリリースされるとなるとレコード店がこぞって販促用の売り場を設けるほどの人気を誇る。AFX名義ではAnalogue Bubblebathシリーズなど前衛的なエレクトロニカが多かったが、本作もまた負けず劣らずの個性を持ったアルバムに仕上がっている。曲そのもののフォーマットは非常に真っ当というか、オーソドックス。彼が得意とする狂気は感じられないものの、ビートの激しさ、有無を言わせる怒涛の展開に彼の強い個性がうかがえる。全8曲だがアルバム全体としては30分弱と短いため、気がつけばぐるぐるとループして聞いている。しかもなかなか飽きることがない。興味を惹かせる強い個性と、噛めば噛むほど・・・の奥の深さとが両立したまさに「天才」の作品。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。