聴(軟)タイトル
2017.02
<<2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2018>>
IMAGE
・・・・・・・・・

News for Lulu / John Zorn, Hat Hut(har ARTCD-6005)

(2017.02.25)

IMAGE
・・・・・・・・・

Koreni / Bojan Zulfikarpasic, Label Bleu(LBLC-6614)

(2017.02.23)

IMAGE
・・・・・・・・・

Planets / Jeff Mills, Axis|U/M/A/A(UMA-9090-9091)

(2017.02.21)

IMAGE
・・・・・・・・・

The Ginza Shuffle / Jos van Beest Trio, 澤野工房(AS118)

(2017.02.21)

IMAGE
・・・・・・・・・

Mad Nomad / Henri Texier, Label Bleu(LBLC86568)

(2017.02.13)

IMAGE
□・・・・・・・・

At Birdland 1962 (The Inner Man) / John Coltrane, Charly(SNAP060CD)

 John Coltrane(Alto-Soprano Sax)、Eric Dolphy(Alto Sax, Flute)、McCoy Tyner(Piano)、Jimmy Garrison(Bass)、Elvin Jones(Drums)のクインテット編成によるライブアルバム。1962年、NYはBirdlandでの演奏を収録している。 全4曲、A面はMr.P.C.、Miles Mode、B面はMy Favourite Things、Body and Soul。ちなみに国内限定盤のタイトルは"The Inner Man"。なぜかA面とB面が入れ替わっている。

 コルトレーンと、エリック・ドルフィー。二人のサックス奏者がガチでぶつかり合う、そんな激しいアルバムの本作。セッションなどといえば穏便に聞こえるが、当時この二人はかなり競り合っていたようで、 楽曲からも二人の攻撃的なオーラがヒシヒシと伝わってくる。M1"Mr.P.C."冒頭からのコルトレーンのソロから間髪入れずに、エリック・ドルフィーのソロが始まる。どちらも感情をほとばしらせながらの演奏、 実際にBirdlandで聴いていた人たちはどう感じていたのだろう。

 もちろん本作はサックス同士のバトルだけのアルバムではない。M2"Miles Mode"で繰り広げられるMcCoy Tynerのピアノ・ソロは、サックスという強音楽器のプレッシャーをものともしない堂々たるもの、 しかもそのあとをサックスがしっかりと締めていて、クインテットが最後にぴしりと纏まる。いうまでもなく、この2曲ですでにこのアルバムは完結している。国内盤がなぜA面とB面を入れ替えたのかについては、 (もしかたら日本人にもなじみの深い"My Favourite Things"を冒頭に持ってくることでキャッチ―さを狙ったものかもしれない)という憶測もできそうだが、このアルバムに求められるものはキャッチ―さではない。 いうまでもなくアーティスト同士のぶつかり合い、演奏からにじみ出る緊張感なのだ。(2017.02.13)

IMAGE
・・・・□・・・・

Bring on the Night / Sting, Univesal|A & M(06007532113698)

 UKロック・アーティストのStingが、1985年にリリースしたライブ・アルバム。Branford Marsalis(Sax)、Kenneth David Kirkland(Keyb., Sax)ほかジャズアーティストらを率いたバンド編成でのアルバムリリース、 ディスク2枚組はDisc 1に7曲、2に7曲を収録している。ジャズ喫茶四谷いーぐるの100枚のうちの1枚。

 そもそも亭主はロックというものを聴いてこなかったため、Stingに関する情報はほとんどない。かつてThe Policeのヴォーカルとして活躍したくらいは知っているが、亭主の中では伝説の音楽番組"Beat UK"でよく映っているアーティスト、 くらいの印象しかなかった。本アルバムを聴いてあらためてStingというアーティストを聴いて、ああ、やはりBeat UKだなぁとは思ったものの、演奏から感じられるフュージョンのテイストやライブの臨場感などは実に亭主好みで何度聞いても飽きることがない。 歌詞も世相を反映しつつ嫌味がないため、気持ちよく聞ける。バックバンドが良いせいか、中身がぎっしりとつまっているのも良い。(2017.02.07)

IMAGE
・・・■・・・・・

Live / John Scofield, Soundhills|Enja(FSCD2037)

 John Scofield(Guitar)、Richie Beirach(Piano)、Geroge Mraz(Bass)、Joe LaBarbera(Drums)のカルテット編成、1977年ミュンヘンで収録されたライブの様子を収録したもの。全6曲。いずれも8〜15分とう長尺の曲ばかり、 オリジナルが5曲、最後の曲はSigmund Romberg、Oscar Hammerstein IIのスタンダード"Softly As in a Morning Sunrise"。ジャズ喫茶四谷いーぐるの100枚のうちの1枚。

 ジャズ喫茶界隈では「ジョンスコ」と呼ばれていたというJohn Scofield。Charles Mingus、Miles Davisらとの共演などキャリアは充分な彼だったが、どうもジャズ界隈ではマイナーな存在だったらしい。 楽曲が難解であったことがその理由の一つだったようで、本作においても「難解さ」がなんとなくうかがえる。フリージャズほどフリーではなく、インプロビゼーションというほどインプロビゼーションでもないのに、 どこかとっつきにくい印象を受けるのは、おそらく曲がいずれも長く、またそこに明確なメロディや、展開が見えないからだろう。アンビエントミュージックによくある「面白い!でも二度と聞かない!」という感想が、 はたしてこのアルバムにも当てはまるかはひとそれぞれだろうが、亭主に限って言えばレビューを書くべく何度も本作を聴いているにもかかわらず、アルバムの全体像がいまひとつつかみにくく、レビューを書くのに苦戦している。 面白いかといえば面白いだろうし、二度聴くかといえば、そりゃあ二度聴くこともあるだろう。だが、「こういうアルバム」というアウトラインがつかめないことには、時間が経過したのちこのアルバムを聴こうという気持ちが湧き起らない。 それなりに枚数を持っている人間にとって、「時間が経過した後もまた聴くか」はかなり重要なことなのだ。(2017.02.07)

IMAGE
・・・・□・・・・

Bring on the Night 2 / Sting, Virgin|A & M(CD6705)

 Bring on the Nightを注文したところ、Disc 2だけが届いた。どうやらDisc 2を"2"という独立したアルバムとして売るレーベルがあったようである。明らかに相手方の手続きミス(こちらは2を頼んでいない)なのだが、 まあ良いとしよう。(2017.02.07)

IMAGE
・・・・■・・・・

Duo / Kenny Drew, Steeple Chase(SCCD-31002)

 NY出身で1940年代からMiles Davis、Sonny Rollinsらと活動。1961年以降は拠点をヨーロッパに移したピアニストKenny Drewが、ベーシストであるNiels-Henning Orsted Pedersenとのデュオで作り上げたアルバム。 1973年Copenhagenでの録音。全11曲。ちょうど先月紹介したLee Konitzの"I Concentrate on You"もCopenhagen録音、しかもあちらはサックスとベースとのデュオである。注目すべきはLee Konitzのアルバムも、 またKenny DrewのアルバムもデンマークのSteeple Chaseレーベルからリリースされたことだろう。良作アルバムを数多くリリースするSteeple Chase、要チェックである。

 さて、そんなわけでKenny Drew。かつてはハードバッパーとして知られていた彼だが、本作では非常におしゃれなジャズを指向している。ピアノのほかハモンドオルガンを使用するなど小粋な趣向、ベースの奏法も様々で、 最後まで興味深く、また楽しく聞ける。編成のシンプルさからストイックな作品と思いきや、むしろ賑々しいサウンドにすら思えてしまうあたりがこのアルバムのすごいところだ。バンド編成といえばトリオが最良と思っていた亭主、 デュオの面白さをあらためて認識することとなった。(2017.02.03)