聴(軟)タイトル
2017.06
<<2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2018>>
IMAGE
・・・・・・・・・

Monk Studies / Chihiro Yamanaka, Blue Note|Universal(UCCQ-9303)

(2017.06.22)

IMAGE
・・・・・・・・・

AI am a Boy / Sugiurumn, Bass Works(BWRCD-003)

(2017.06.19)

IMAGE
・・・・・■・・・

Folk Rocker2 / Stumble Bum, Message Design Center|Deep Orange

 井上民雄(Vo., Guitar)と笠原敏幸(Vo., Bass)によるフォーク/ロック・デュオ、Stumble Bumの2ndアルバム。ゲストに椎野恭一(Drums)、大西ツル(Electric Guitar)、岡村美央(Violin)、土屋佳代(Accoustic, Organ)、スーマー(Banjo)、Kotes(Blues Harp)、 アンディー(Clarinet)らが随時参加、前作からのコンセプトである「レイド・バック」なフォーク/ロックを、若干ロックよりなアレンジで聴かせてくれる。全11曲、なお本アルバムは書籍扱い、大判のブックレット(歌詞カードと写真付き)にCDが添付されているという体裁を採っている。 2012年作品。

 小坂忠を意識した牧歌的な歌詞が印象的な、オールドスタイルの日本語ロックをフィーチャーしたアルバム。言うまでもなく2012年に作られた音楽たちであるが、そのコンセプトは日本語ロックが産声を上げた1970年の音楽シーンとつながっている。 現在のポップ・ミュージックがソーシャルなつながり(ありがとう、だの、絆だの)を意識し、その前のポップ・ミュージックが強い自己愛を、さらに前には若者の切ない愛を意識していたとするならば、本作はそのさらに前、 アメリカ発のロック・サウンドに様々な日本語を乗せようとしていた、いわゆる試行錯誤の時代にまでさかのぼる。かつては日本語ではロックは無理と言われていたものが、はっぴいえんどの出現がブレイクスルーとなり、見事に発展したことは音楽ファンならば誰しも知っている話だろう。 本作にはアメリカ発であるロックが持つ初期衝動と、日本人ならではのびさびの世界が絶妙に両立している。亭主はこういうサウンドが大好きであるし、もしレコードならば音溝がなくなるくらいまで聞いたことだろう。(2017.06.09)

IMAGE
・・・・・■・・・

Folk Rocker / Stumble Bum, Deep Orange(XQJA-1001)

 井上民雄(Vo., Guitar)と笠原敏幸(Vo., Bass)によるフォーク/ロック・デュオ、Stumble Bumの1stアルバム。2009年、ドラマーの椎野恭一氏が主産するDeep Orangeレーベルからアルバムリリースを果たした。 もともと井上氏も笠原氏も1970〜80年代からスタジオ・アーティスト、ライブ・アーティストとして数多くのアーティストをサポートしてきた超ベテランである。全9曲。

 現在は横浜を活動の拠点とするStumble Bum。「レイド・バック」(くつろいだ、リラックスしたの意)なアコースティック・サウンドが彼らの音楽の特徴だ。亭主などはこのアルバムを聴いてまずマッシュルームレコード時代の小坂忠を思い出した。 素朴な歌いくち、田園風景をモチーフにした牧歌的な歌詞は小坂忠あるいは1970年代フォーク・シーンに直結している。ただ、かつてのフォークに比べると曲の展開がシンプルで、歌詞もメロディラインも地味である。ギターを片手に、心の赴くまま、 指の動くまま自由にメロディを紡いでいる、そんなフリースタイルな曲が多い。「そうきばらず、まあゆっくりしていけよ」曲からのメッセージは常に穏やかで、優しい。

 亭主がこのアルバムを聴こうと思ったきっかけは、先日職場の飲み会で行った「楽天酒家おおみか店」にこのアーティストのチラシが貼ってあったからだ。なんとなく渚十吾が指向するオーガニック・サウンドを想像していたが、 それよりももっと素朴な、オーガニックやアートといった横文字が似合わない時代のフォークに近かった。格別スタイルを強調することのない、自然発生したかのような彼らのサウンドが、疲れた心と身体に優しく響く。(2017.06.09)

IMAGE
・・・・■・・・・

Everything At Once / John Beltran, Delsin(dsr-d4)

 デトロイト・テクノ第2世代、John Beltranの最新作。Beltranといえば、1990年代はベルギーのR&Sレコードのサブレーベル、Apolloからアンビエント系テクノでメジャーデビューするなど活動当初はデトロイトと少し距離を置いていたようだが、 現在はDerrick Mayが主宰するデトロイトテクノ・レーベルTransmatのコンピレーションには必ず参加、デトロイトテクノの代表的アーティストとなった。全17曲。

 デトロイト・テクノといえばオーケストラとのコラボが話題となったJeff Mills、ブラック・ミュージックとしての立ち位置を強めるMoodymannらの活躍が目立つ。Derrick MayやJuan Atkinsらデトロイト・オリジネーターたちの作風とは方向を異にするアーティストが多い中で、 Beltranのそれはオリジナルに極めて近い。シンプルで、美麗で、内省的。聴く人のエモーションに訴えかける精神性の高さが本作にも備わっている。(2017.06.06)