聴(軟)タイトル
2021.10
<<2020 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2022>>
IMAGE
・・・・□・・・・

Grand Espoir / Yukihiro Takahashi, Aldelight|Sony GT(MHCL-30701,2)

 高橋幸宏さんの最新ベストアルバム。1980年代にリリースしたソロ作品およびプロデュース作品から砂原良徳さんが選曲・リマスタリングしたコンピレーションが本作となる。 アート・ディレクションはテイ・トウワさんということでSONY GTから継続して再発されているYMOワークスの一つという位置づけ、らしい。ソロ作のDisc 1、プロデュース作のDisc 2の2枚組。

 Disc 1はアルバム「音楽殺人」「ニウロマンティック」「What, Me Worry?」「薔薇色の明日」「Wild & Moody」の5枚から、 またシングルは「Are You Receiving Me?」と「四月の魚 Poisson D'Avril」の2枚から合計15曲をセレクト。以降はPony CanyonのTENTレーベルに移籍している。 テクノポップ、ニューロマンティックが全盛だった時代の作品、シンセを駆使したマッシブな音色が当時を感じさせる一方、ユキヒロさんのヴォーカルは時代を超えて聴く人にそっと寄り添う。 亭主が初めて聴いたユキヒロさんのソロ作Are You Receiving Me?が収録されていたのが個人的にうれしい。 一方5枚のアルバム、2枚のシングルからのピックアップ、ということで性急な感じは否めない。いっそのことすべてのアルバムを紙ジャケット・ボックスセットにしたらよかったのかもしれない。

 Disc 2はラジ、シーナ&ロケッツ、サンディー&サンセッツ、スーザンといった女性ヴォーカル/ユニットのプロデュース曲のほか、 大村憲司、安田成美、ピンク・レディー、S.E.T.(Super Eccentric Theater)、スネークマンショーらへの提供曲など全17曲を収録。 「音版ビックリハウス」に収録されている「ビックリパーティーのテーマ」はカセットでしか聴けないレア曲だが、あいにく亭主は先日ディスクユニオンでカセットを入手している。 ちょっとドヤ顔の亭主である。亭主がことさらに好きな曲Drip Dry EyesはDisc 1にユキヒロさん版が、Disc 2にサンディー版が収録されていて、これも個人的にうれしいポイント。 このあたりの選曲の妙は、さすが砂原さんといったところだろうか。

 コアなファンである砂原さんが、おなじくコアなファンたちに向けて厳選したベストアルバム。ユキヒロさんのベターデイズをまったりと、俯瞰して楽しむのに向いたアルバムといえる(2021.10.26)

IMAGE
・・・・・・・・・

Loco / Halfby, Felicity|P-Vine(PCD-27055)

 (2021.10.18)

IMAGE
・・・・・・・・・

See-Voice / Pasocom Music Club, Pasocom Music Club(PSCM004)

 (2021.10.16)

IMAGE
・・・・・・・・・

フィンランドはどこですか? / Hiroko Taniyama, Yamaha Music Comminications(YCCW-10038)

 (2021.10.14)

IMAGE
・・・■・・・・・

Traveller's Light (Deluxe Edition) / Mushroom Now!, Ext Recordings(EXT-0037)

 近年は温泉DJとしても活躍。1990年代よりアンビエント、テクノ、サイケデリックなど幅広い分野を手掛けるサワサキヨシヒロ氏の1stアルバム。 国内テクノレーベルの草分け、Transonic RecordsからMushroom Now!名義でリリースされた本作が、ボーナスディスク付きで再発となった。 オリジナル・アルバムであるDisc 1、そしてコンピレーションへの提供曲、カヴァー曲、未発表曲などを収録したDisc 2の2枚組。Disc 1は5曲、Disc 2は8曲の全13曲。

 Disc 1はサイケデリックを意識したトランシーなテクノトラック。エスニックでゴア・トランスを意識したM1"Cosmic Koenji"、 チルアウトなサイケ・サウンドが全編に展開されるM2"World Voyage"などを収録する。 中でも出色はM3"2017 Space Flight"。26分という大作は5曲のテクノトラックを繋いだ組曲というコンセプト、シンセのツマミで音色をいろいろといじるあたりはDJミックスの趣もある。

 一方Disc 2では、レーベル・コンピレーションへの提供曲(M1, 3, 4, 8)、Gong(スティーヴ・ヒレッジが所属していたバンド)のリミックス曲M2、また未収録曲(M5, 6, 7)と、なかなかの盛りだくさん。 特にコンピレーションへの提供曲はこれまでアルバム化されていなかったため、サワサキ氏の作品をまとめて、じっくりと聴きたい人には特にうれしい内容といえる。 亭主が最初にサワサキ氏の作品に触れたのはM3"Flozen Coast"だったか。その後はドラムンベースやビッグビート、あるいはアンビエントなど多彩ぶりを発揮する氏の原点に触れられる、そんな貴重なアルバムである。

 ところでExt Recordingsは近年Transonic時代のアルバムの再発をぼちぼちと進めていて、最近では"TRANSONIC RECORDS FROM 1994 TO 1995"が発売されたばかりである。 そのほかINOYAMALANDの再発が手厚いが、ぜひとも他のアーティスト(たとえばPacific 231や松前公高氏)についても再発を期待したいところだ(2021.10.09)